2020年のテレビ (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2020年のテレビでは、2020年(令和2年)のテレビ分野(主に日本)の動向についてまとめる。

テレビ番組関係の出来事[編集]

1月[編集]

1月上期[編集]

1月中期[編集]

1月下期[編集]

  • 22日
    • 【トーク・追悼】テレビ朝日系『徹子の部屋』にて、前日逝去した俳優の宍戸錠(86歳没)を追悼し「追悼・宍戸錠さん」と題し、宍戸が過去に出演した回を特集して放送[52][注 14]
    • 【バラエティ・特番】NHK BSプレミアムにて、2018年12月15日に放送した『菅田将暉TV』に続く、俳優自らの冠プロデュースによる生放送特番『○○TV』シリーズ第2弾として、長澤まさみ(女優)が自らプロデュースする『長澤まさみTV』を放送(21時 - 22時29分)。長澤が学生と組んでアニメーションを制作し、自ら声優も担当する「アニメーションチャレンジ」と、バカリズム(お笑い芸人)書き下ろし脚本にてバカリズムと長澤による2人芝居「コメディチャレンジ」を柱に構成、また長澤に対する視聴者からのメッセージや質問も紹介した[53][54]
    • 【地域報道・情報・鳥取県・島根県山陰放送(BSS、TBS系)の平日夕方枠地域報道番組『テレポート山陰』のキャスターを務めた秦まりな(山陰放送アナウンサー)が卒業。[要出典]
  • 23日 - 【アニメ・東京都】TOKYO MXにてこの日の23時 - 23時30分枠で『BanG Dream! 3rd Season』を放送開始。ブシロードオーナーの木谷高明が製作総指揮を務め、柿本広大が監督。本作はBS日テレ(2K・4K)やサンテレビ等でも放送[55]
  • 24日
    • 【オリンピック・キャンペーン・民放連】在京民放キー局5社、および全国民放各局[注 15]がこの日、東京オリンピック共同企画『一緒にやろう2020』の一環として、18時40分 - 19時にオリンピック応援番組『東京オリンピックまで半年!民放同時放送 一緒にやろう2020大発表スペシャル』を生放送した。番組では東京キー局民放各社のアナウンサー(日本テレビ・桝太一、テレビ朝日・弘中綾香、TBS・安住紳一郎、テレビ東京・竹﨑由佳、フジテレビ・宮司愛海)が共同でMCを務め[56]桑田佳祐サザンオールスターズ)による応援ソング「SMILE〜晴れ渡る空のように〜」も発表された[57]。各局別の視聴率は日本テレビが10.3%を記録し、以下フジテレビ(6.5%)、テレビ朝日(5.7%)、TBS(5.2%)、テレビ東京(1.5%、いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区。世帯・リアルタイム)の順だった[58]
    • 【情報・表現問題】テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ宮崎を除く各局。山梨放送〈日本テレビ系列〉へもネット)の21日放送分において、コメンテーターの玉川徹(同局報道局員)が、大阪府箕面市箕面大滝について「トンネル工事により滝の水が涸れた」と発言したことに、同市の倉田哲郎市長名で「2006年頃に誤報道され風評被害を受けた。当時からマスメディア等に抗議するとともに事実誤認であると周知し、それが認知されてきたところでの発言」と番組に対し抗議文を送り訂正を求めた。これを受けてこの日の同番組エンディングでアシスタントの同局アナウンサー・斎藤ちはるが経緯を説明し謝罪した[59]
  • 26日2月22日3月29日4月26日6月7日 -【ドキュメンタリー・自然】『NHKスペシャル』にて、福山雅治がプレゼンターを務める、大自然や希少生物の営みに迫るドキュメンタリーシリーズの第3部となる『ホット・スポット 最後の楽園 season 3』を全5回に亘り、NHK総合・BS4Kにて同時放送[60]
  • 26日 - 2月16日 -【お笑い】NHK BSプレミアムの萩本欽一冠司会のコントバラエティ番組『欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)』の新シリーズを4週連続で放送(22時50分 - 23時50分)。今期最終日の2月16日は生放送を実施、ゲストとして草彅剛(俳優、元SMAP)が出演した[61][注 16]
  • 26日 -【食・追悼】フジテレビ系『くいしん坊!万才』(キッコーマン一社提供)は当初の予定を変更し、18日に逝去した宍戸錠(俳優、4代目リポーター)の追悼として、1982年1月28日に放送した北海道松前町の「ゆでダコ」を放送した[62][注 17]
  • 28日
    • 【映画・追悼】NHK BSプレミアム『プレミアムシネマ』(13時 - )ではこの日、18日に逝去した宍戸錠の追悼企画として出演映画『ギターを持った渡り鳥』(1959年日活作品、小林旭主演)を放送した[63]
    • 【地域報道・情報・鳥取県・島根県】山陰放送『テレポート山陰』、森谷佳奈(山陰放送アナウンサー)がこの日からキャスター復帰。[要出典]
  • 29日 - 【情報】テレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』はこの日、中華人民共和国の旗 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(以下、コロナと表す)による、同市への渡航歴のない日本人ら3人の感染が確認されたと発表したことを受け、10時台前半(9時55分 - 10時25分)の番組[注 18]を休止して拡大放送した[64]
  • 31日 - 【アニメ】1月14日(13日深夜)よりTOKYO MX他で放送の『A3! SEASON SPRING & SUMMER』が、制作上の事情により28日(27日深夜)放送の第3話をもって打ち切り、第4話以降の放送を延期するとこの日発表。2月15日に公式サイトで詳しい説明がなされ、制作工程上のスケジュールの問題に加え、コロナ肺炎の流行に伴う不測の事態も重なり、予定していた内容と相違ある状況だと判断、スケジュールを再検討するため延期を決めたとしており、4月以降に放送を再開するよう調整を進めていることも発表した[65]

2月[編集]

2月上期[編集]

  • 2日
  • 3日28日 - 【紀行】テレビ朝日のミニ紀行番組『世界の街道をゆく』(キヤノン一社提供)は、月内放送予定だった「かくも奥深き食文化の道III・中国」を、コロナ感染拡大を考慮して放送延期とし、2018年9月放送の「遥かなる音楽家たちの道・ドイツ」のアンコール放送に変更した。
  • 5日 -【バラエティ・紀行】テレビ東京系『水バラ』枠[注 22]にて、山崎弘也アンタッチャブル)メインによる新旅バラエティ特番『ザキヤマが○時○分、そこ行きます!ロケスケ流出ふれあい旅』を放送。収録前に、同局公式LINEおよびツイッターで関係者向けロケスケジュールが誤って送信されネット上が騒然とし、そのすぐ後に企画の一つだったことが話題となった[72]。番組ロケは栃木県日光市にて行われ、山崎と土屋アンナ(モデル・女優・歌手)、寺脇康文(俳優)が野岩鉄道会津鬼怒川線を巡るを旅を展開した。
  • 6日 -【トーク】テレビ朝日系『徹子の部屋』にて、朝日放送テレビ制作の日曜昼のトークバラエティ番組『新婚さんいらっしゃい!』が本年放送開始50周年[注 23]を迎えることから、同日放送のゲストに『新婚さん〜』司会の六代桂文枝(落語家・タレント)と山瀬まみ(タレント)を迎え、東西長寿番組同士のコラボトークを展開した[73]
  • 7日 - 【アニメ・表現問題】1月12日(11日深夜)より放送開始していたアニメ『異種族レビュアーズ』について、TOKYO MXは「編成上の都合」として、2日(1日深夜)放送の第4話をもって打ち切り終了し、第5話以降は放送しないことをこの日発表した[74]。その後サンテレビでも同様の理由で放送の打ち切りが18日に発表されている[75]。この番組については題材として異世界の性風俗店を扱っている点や過激な描写が話題となり、BPO青少年委員会にも視聴者から番組の内容を問題視する意見が寄せられていたほか[74]、海外でも北米のアニメ配信サイトで配信基準から外れたことを理由に配信打ち切り・削除されている[76]
  • 8日 - 【映画】フジテレビ系『土曜プレミアム』にて、2019年に公開され、第43回日本アカデミー賞優秀賞最多12部門など数々の賞を受賞した、魔夜峰央の漫画を原作とする映画『翔んで埼玉』(東映配給、武内英樹監督、二階堂ふみGACKT主演)を地上波初、完全ノーカットにて放送した(21時 - 23時20分)。
  • 9日
    • 【ドキュメンタリー・オリンピック・食】読売テレビ制作・日本テレビ系で、1964年東京オリンピック選手村の料理を担当した料理人たちの奮闘を描いたドキュメンタリー番組『東京オリンピック1964 魂のレシピ〜世界をもてなした伝説の料理人たち〜』(15時 - 16時25分)を放送。番組では松下奈緒(ピアニスト・女優)がナビゲーターを務め、選手村で提供された数々の料理メニューなどを紹介、また当時選手村厨房で勤務していたコックたちの現在の姿も紹介した[77]。またナレーションはムロツヨシ(俳優)が務めた[78]
    • 【音楽・追悼】BSテレ東(2K・4K)にて、1月29日に逝去した歌手の梓みちよを偲ぶ追悼特番『緊急追悼特番 ありがとう! 梓みちよさん』(19時 - 20時54分)を生放送。番組では故人と縁が深かった中尾ミエ伊東ゆかり田辺靖雄をゲストに招き、故人との想い出を語った他、貴重な映像を交え「こんにちは赤ちゃん」「二人でお酒を」など梓の数々のヒット曲を紹介した[79]。なお同番組には当初園まりも出演予定だったが、体調不良により出演を取りやめたことが番組内で発表された[80]
  • 11日
  • 12日 - いずれも【追悼】前日急逝した元プロ野球選手・監督・野球解説者の野村克也(84歳没)を偲んで、以下の番組では次の内容で放送した。
    • 【報道・教養】NHK総合『クローズアップ現代+』ではこの日「密着半年 野村克也さん 最期のメッセージ」を放送。番組では2日に放送された『目撃!にっぽん「ひとりを生きる 野村克也84歳」』(上述、15日に再放送)の映像を紹介しながら“人としてどう生きるべきか”、“何を大切に生きるべきか”を世に問うた野村の最期のメッセージを発信した[84][66]
    • 【トーク】テレビ朝日系『徹子の部屋』では野村克也・克則(三男、東北楽天ゴールデンイーグルス一軍作戦コーチ、元捕手)父子が揃ってゲスト出演した回(1月20日収録)を放送[85][注 27](克則はこれが初出演。また、15日にBS朝日でも再放送)。
  • 14日
    • 【音楽関連・不祥事】男性シンガーソングライター・Mの不祥事により、各局で番組テーマ曲の差し替えなどの対応に追われた[86][87]
      • 【情報・バラエティ】日本テレビ系平日昼枠の情報バラエティ番組『ヒルナンデス!』では、2011年3月28日の放送開始から使用してきたM作詞・作曲のオープニング・エンディングテーマの使用を中止、同日放送分より別の楽曲を使用。同日は同局内の音楽ライブラリーにある音源を使用した[86][87]。また翌週(17日〜)以降についても使用する予定はないとした[87]
      • 【紀行】テレビ朝日の紀行情報番組じゅん散歩』(メ〜テレ同時ネット(金曜除く)、一部地域へ遅れネット)の番組テーマ曲についても、同日の放送(「信濃町」編)より28日まで、別の楽曲に差し替えて放送した[86][87][88]。なお、7月1日放送からの新テーマ曲使用開始までの4か月間(3月2日 - 6月30日)は、散歩人(番組ナビゲーター)の高田純次(タレント・俳優)の選曲によるオープニング曲を週替わりで放送した。→7月1日も参照
    • 【スポーツ・ドキュメンタリー・人物・追悼】NHK BS1ではこの日、11日に逝去した元プロ野球選手・監督・野球解説者の野村克也(84歳没)を偲んで、追悼特集番組『野村克也さんをしのんで』と題し、楽天監督時代(2006年 - 2009年)に放送したドキュメンタリーをアンコール放送(21時 - 21時50分)。2007年10月8日放送の『考えて野球せぇ〜野村楽天 躍進のヒミツ〜』と2008年10月に『クローズアップ東北』(仙台局制作、総合テレビ〈東北6県〉)で放送された『プロなら実を残せ〜野村克也が語る最終戦2008〜』の2本を放送した。
  • 15日 - 【トーク・追悼】BS朝日では『ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜』(土曜18時 - 18時55分)のこの日の放送[注 28]の3時間前(15時 - 15時55分)に野村克也(11日没、享年84)の追悼として、2015年10月31日に放送された野村のゲスト出演回を再放送した。

2月下期[編集]

  • 16日17日(15・16日深夜) - 【スポーツ・追悼】TBS系週末深夜のスポーツニュース番組『S☆1』では2日に亘り、生前不定期レギュラーとして出演していた野村克也(11日没、享年84)の追悼企画として、同番組における野村の解説・名場面を特集して放送した。
  • 16日
    • (15日深夜)【バラエティ】テレビ朝日系『松之丞カレンの反省だ!』は、レギュラーMCの講談師(神田松之丞→)6代目神田伯山の襲名に伴い、番組タイトルを『伯山カレンの反省だ!!』に改題[89]
    • 【スポーツ・追悼】この日も、11日に逝去した元プロ野球選手・監督・野球解説者の野村克也(84歳没)の追悼として、以下の番組を放送。
    • 【音楽・バラエティ】TBS系でこの日、中居正広(タレント、元SMAP)MCの音楽バラエティ特番『UTAGE!』(不定期放送[注 30])の3時間SP『UTAGE!バレンタイン2日後SP〜紅白愛の歌合戦〜』を放送(18時 - 20時54分)。中居のアシスタントMCは渡辺麻友(女優、元AKB48)に代わり宮田俊哉Kis-My-Ft2舞祭組)が務めた[93]
    • 【紀行・食】テレビ東京系『日曜ビッグバラエティ』枠にてこの日、お笑いコンビ・爆笑問題太田光田中裕二)冠司会の食べ歩き特番『爆問THE看板メニュー〜町中華すべて980円以下!大評判の25軒SP〜』を放送。番組では町の中華料理店の看板メニューを紹介、爆笑問題と、宇垣美里(フリーアナウンサー)と角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)と共に町中華の看板メニューを食べ歩いた。なお爆笑問題が同局系ゴールデン枠の番組に出演するのは2011年9月以来8年半ぶり[94]
    • 【音楽・人物】BSフジ(2K・4K)にて、2009年5月に逝去したロックシンガーの忌野清志郎にスポットを当てた特別番組『輝き続けるキヨシロー』(18時 - 19時55分)を放送。番組では”なぜ忌野清志郎は、こんなにも多くの人から愛されているのだろうか?”をテーマに、忌野を敬愛するアーティストや著名人らが出演し、忌野に関するエピソードを語った他、木村拓哉(俳優、元SMAP)が忌野から贈られた曲「弱い僕だから」を披露した[95]
  • 17日 - 【アニメ】1月10日よりAT-X、TOKYO MX、BS11、毎日放送で放送中だったアニメ『とある科学の超電磁砲T』について、コロナの影響により制作上の都合がつかなくなったとして、製作委員会のPROJECT-RAILGUN Tは21日(AT-X以外は22日(21日深夜))に予定されていた第7話の放送を延期することを発表した。なお、同日は第6話の再放送を行い、第7話の放送については決まり次第改めて発表する[96][97]
  • 19日
    • 【バラエティ・歴史】NHK総合にてこの日、漫才コンビ・サンドウィッチマンの冠司会、松村正代(NHKアナウンサー)アシスタントによる“新番組”『サンドの時代屋はじめました』を放送。第1回となるこの回はメインゲストに斉藤由貴(女優)を、パネラーに福地桃子(女優)と元NHK解説委員長柳澤秀夫(フリージャーナリスト)を迎え、斉藤が10歳だった時の1976年(昭和51年)を象徴的な出来事や懐かしの映像などを紹介して振り返った。なお本番組は同枠(水曜20時15分 - 20時42分)で放送している『サンドのお風呂いただきます』と併せて不定期放送を予定[98]
    • 【報道・スポーツ・人物】テレビ朝日系『報道ステーション』のスポーツコーナーの特集にて、前年2月に白血病に罹患し闘病していた競泳選手の池江璃花子日本大学)に、同番組スポーツコメンテーターの松岡修造日本テニス協会理事)によるインタビューを放送。1年ぶりに公の場に登場した池江が、闘病中の心境や将来の展望、今伝えたい思いなどを松岡の問いに応えながら「今、生きていることが奇跡」などと率直に語った[99]
  • 21日
    • 【バラエティ・芸能・追悼】TBS系の芸能バラエティ番組『爆報! THE フライデー』ではこの日、11日に逝去した元プロ野球選手・監督の野村克也(84歳没)の追悼特集を放送。野村の生前最後の映像として、逝去18日前の1月24日に行った、野村を恩人と慕う元プロ野球選手との再会の模様を紹介した[100]
    • 【情報】フジテレビ系平日午後の情報番組『直撃LIVE グッディ!』でキャスターを務める宮澤智(フジテレビアナウンサー)がこの日の放送を欠席。番組では「アナウンサーの働き方改革の一環です」と宮澤が欠席した理由を説明した[101]
  • 22日
    • 【スポーツ・ドキュメンタリー・人物・追悼】この日も、11日に逝去した元プロ野球選手・監督・野球解説者の野村克也(84歳没)の追悼として、以下の番組を放送。
      • TBS『バース・デイ』(土曜17時 - 17時30分。一部地域でも番販・遅れネット)では「ありがとう 野村克也さん」と題し、社会人野球シダックス監督時代の秘蔵映像とともに、野村の波乱万丈な野球人生を振り返った。なお同日は楽天の本拠地宮城県の系列局東北放送(TBC)へも同時ネットされた。
      • BSフジでは、2016年1月1日に放送した『The GAME〜震えた日〜 1992年プロ野球日本シリーズ西武VS野村ヤクルト 伝説の死闘〜』を再放送(19時 - 20時55分)、ゲストには石毛宏典広澤克実飯田哲也(いずれも元プロ野球選手)の3名が出演(野村はVTR出演)した[102]
    • 【特番・編成・動物】BSテレ東ではこの日「猫の日」にちなみ、2018年[注 31]から3年連続で関連番組の集中編成を実施。本年のタイトルは『BSキャッ東』で、早朝から夜まで12時間以上に亘り猫関連の番組を編成。当日は中川翔子(歌手・タレント)の愛猫が一日社長に就任、10時から特別番組『社長も社内も猫だらけ! BSキャッ東 緊急モフモフ生放送!』を放送した他、猫を題材とした映画『猫が教えてくれたこと』の新作吹き替えバージョン(日本語ナレーション・田中要次、16時 - 17時30分)、『CIAOちゅ〜る presents オールねこ感謝祭!!』(いなば食品一社提供、19時 - 19時54分)、『ポチたまペット大集合!ほっこりニャンコてんこ盛り2時間SP』(20時 - 21時54分)などの番組を放送した[103][104][105]
  • 23日 -【特番・紀行・教養・歴史・文化】BSテレ東ではこの日「富士山の日」を記念して『ゴールデンまるまる富士山スペシャル』と題し、19時より約3時間半にわたり、富士山にちなんだ特番を放送。19時からは『空から日本を見てみよう[注 32]のスタッフによる、富士山を多角度から愉しむ『富士山に感謝!富嶽三七七六景〜なぜ日本人は富士山が好きなのか?〜』(4K制作)を、21時からはスピードワゴン井戸田潤小沢一敬)がナビゲーターを務める『穴場の富士山の楽しみ方 全部やってみた!』をそれぞれ放送した[106]
  • 24日
    • (23日深夜)【バラエティ・近畿広域圏】関西テレビでアナウンサー特番『カンテレアナウンサー真冬の挑戦SP 〜カンニング竹山局長のドラマ制作指令を遂行せよ〜』を放送(1時 - 1時59分)。竹山隆範“アナウンス局長”の指令の下、同局アナウンサー19名があらゆることにチャレンジするスペシャル番組の第3弾[注 33]で、今回の目玉は竹上萌奈(2015年入社)が監督・脚本・主演を担当する番組内ドラマ『雨のちヒーロー』の放映と、アナウンサーによる太宰治の『走れメロス』のリレー朗読の2本[107][108]
    • 【お笑い】日本テレビ系にて、東西のお笑い芸人が集結し爆笑ネタを披露するお笑い特番『日テレ系お笑いの祭典 NETA FES JAPAN』を放送(19時 - 21時54分)。司会は今田耕司(タレント・司会者)と有吉弘行(お笑いタレント)のコンビが務めた[109]
  • 25日 - 【音楽】NHK総合の歌謡番組『うたコン』のこの日の放送(NHK大阪ホール[注 34])は、コロナの影響を考慮し、リスク拡大防止策として無観客で行われた。この日は上沼恵美子(タレント)、五木ひろし(演歌歌手)らが出演した[110]
  • 26日 - 【音楽】NHKはこの日、『NHKのど自慢』(総合、日曜、ラジオ第1同時放送)について、コロナの影響を考慮して3月1日(岡山県高梁市)、8日(山形県米沢市)、15日(長崎県諫早市)の3週分の公開生放送の中止を発表[111]。このため、3月1日・15日はレギュラー放送を休止し、前者は2019年12月15日放送の『NHKのど自慢 熱唱・熱演・名場面2019』を再放送し、後者は『NHKのど自慢チャンピオン大会2019熱唱名場面』に内容変更[注 35]している。
  • 27日
    • 【健康問題】この日、コロナの影響により、各局ではコロナ感染拡大防止策として、番組の観覧等の当面中止や一部番組変更などが発表された。
      • 【情報・バラエティ】日本テレビ系『ヒルナンデス!』は、この日の放送から当面の間、一般視聴者のスタジオ観覧を中止することを番組内で発表した[112]
      • 【情報】TBS系平日ワイド帯番組『ひるおび!』も、この日の放送より視聴者のスタジオ観覧を当面の間見送る措置を執った[113]
      • 【お笑い・近畿広域圏】NHK大阪放送局ではこの日、3月6日にNHK大阪ホールで開催、近畿2府4県のNHK総合テレビで生放送する予定だった『第50回NHK上方漫才コンテスト』本選(19時30分 - 20時42分)の開催及び放送延期を発表[114][114][115]。なお同日読売テレビも『漫才LoversSP 第9回ytv漫才新人賞決定戦』の延期を発表した[114][116]が、こちらは8月2日に行われることが決定した。→8月2日の出来事も参照
      • 【バラエティ・近畿広域圏】関西テレビも、一般視聴者がスタジオ観覧している『胸いっぱいサミット!』『快傑えみちゃんねる』『ちゃちゃ入れマンデー』『ウラマヨ!』(各番組共に一部系列局及び独立放送局でも放送)の4番組について、3月10日まで観覧を中止することを発表。翌3月11日以降については状況を見て判断するとした[117]
  • 28日 - 【お笑い・近畿広域圏】テレビ大阪(TVO、テレビ東京系)はこの日、3月16日(15日深夜)0時35分から3時間枠でよしもと漫才劇場から生放送を予定していた『漫才スプリング2020』の放送延期を発表[118]
  • 29日
    • 【報道・政治】コロナ関連の続報や、18時から行われる安倍晋三首相の会見などを盛り込んだ報道特別番組放送のため、18時台を中心に放送内容の変更や番組差し替えが行われた。
      • NHK総合でこの日18時より、安倍による記者会見の模様を伝えるニュース特番を放送(当初は18時25分までの予定だったが、会見が長引き18分延長、18時43分まで放送された)[119]。このため、当初18時5分から放送予定だった『土曜時代ドラマ 螢草 菜々の剣・第6話』は休止となり、翌週3月7日の同時間帯に振替放送された。
      • テレビ朝日系『ANNスーパーJチャンネル』(17時30分 - )もこの日、安倍の会見を伝えるため、放送時間を30分拡大し18時30分まで放送(この日放送予定の『人生の楽園』は翌週3月7日へ順延)。
      • フジテレビ系では『FNN新型コロナ緊急特報 安倍首相“国民へ呼びかけ”』を18時 - 18時30分に放送[注 36]、同日放送予定だった『MUSIC FAIR』(ゆず特集)は4月4日に移動して放送された[120][121][注 37]
      • 上記以外にも、TBS系『報道特集』内でも中継し、CS放送の日テレNEWS24TBS NEWSでも速報扱いで中継した。
    • 日本テレビ系
      • (28日深夜)【音楽・不祥事】深夜音楽番組『バズリズム02』(バカリズム司会、一部地域へもネット)は、同日放送分に出演予定だったシンガーソングライターのMの不祥事に伴い、出演場面をカットして再編集し放送した[86]
      • 【演芸】日曜夕方の長寿演芸番組『笑点』は、コロナの影響を考慮し、公開収録を行っている後楽園ホール東京・水道橋)でこの日予定の公開収録を中止、日本テレビスタジオでの無観客収録に変更して行った。また番組サイドでは出演者及び観覧客に高齢者が多いことを考慮し、後楽園ホール及び地方会場[注 38]での公開収録自体も当面差し控える[123]
    • いずれも【映画】
    • 【特番・文化】NHK BSプレミアムのアニメ・ゲーム特番『全○○大投票』シリーズ第5弾で、RPGシリーズ『ファイナルファンタジー』(スクウェア・エニックス)の特集番組『発表!全ファイナルファンタジー大投票』を放送(21時 - 23時30分・23時45分 - 翌3月1日0時45分)。なお、事前特番として1月27日に、歴代作品を振り返る特集番組『歴史秘話 ファイナルファンタジーヒストリア』が同じくBSプレミアムにて放送された(22時30分 - 23時19分)[125]

3月[編集]

3月第1週[編集]

3月第2週[編集]

  • 9日13日 - 【情報・トーク】フジテレビ系平日昼帯枠の情報・トークワイド番組『バイキング』では、東日本大震災の被災地を訪問する年1回恒例のロケ企画「坂上忍の東北お手伝い旅」を1週間に亘り放送。坂上と榎並大二郎(フジテレビアナウンサー)のほか、宮城県出身のお笑いコンビ・サンドウィッチマン(元番組レギュラー、9日除く)が参加し、松島でのカキ漁の手伝いや、仙台市にある伊達みきお(サンドウィッチマン)の母校をサプライズ訪問した[151]
  • 9日
    • クイズ・活動進退】テレビ朝日系のクイズバラエティ番組『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』で、さまぁ〜ず大竹一樹三村マサカズ)と共同司会を務める優香(女優・タレント)が、この日放送されたスペシャル(20時30分 - 21時48分)を最後に産休に入ることを発表[152]。→4月20日の出来事も参照
    • 【編成・バラエティ・情報・北海道北海道文化放送(UHB、フジテレビ系)はコロナ感染拡大の影響による小中学校などの一斉休校を受け、この日から当面の間平日の15時台に「ときめきバラエティ」枠を設け『痛快TV スカッとジャパン』の再放送や単独のバラエティ番組を放送。当該枠設置に伴い通常フルネットしている『直撃LIVE グッディ!』は14時50分で飛び降りる。また13日からは運動不足解消対策として元プロ野球選手で野球解説者の森本稀哲が考案しYouTubeで配信されている「ひちょり体操」を夕方のローカルワイド番組『みんテレ』内で放送。さらに同局公式サイト内でも配信[153]
    • 【バラエティ・紀行・食・静岡県】静岡朝日テレビにてこの日、マツコ・デラックス(コラムニスト・タレント)が静岡市内を練り歩くローカル冠特番『マツコ、静岡でマグロを喰らう。』を放送(18時57分 - 20時)。マツコのエスコート役は須藤誠人(同局アナウンサー)が務めた[154][155]
  • 11日
    • 【報道・災害】東日本大震災から9年の節目となるこの日、NHK・民放各局にて関連の特集番組・報道特別番組を放送。
      • NHK総合では、例年通り震災関連番組を多数編成した。
        • 【情報】午後枠情報番組『ごごナマ』のこの日の放送は「特集 東日本大震災から9年」と題し[156]村上弘明(俳優、岩手県陸前高田市出身)、佐藤朱(AKB48宮城県仙台市出身)、白鳥久美子たんぽぽ福島県郡山市出身)の3名を迎え、13時05分 - 15時30分までの約2時間半に時間繰り下げ・拡大し生放送した(途中ニュース中断あり)[注 49]
        • 【地域報道・東北地方・関東広域圏】18時台のローカルニュース枠も、岩手・宮城・福島の各県では震災関連のニュース特集を中心に編成。特に福島県域の『はまなかあいづToday』は18時のニュースをネット返上の上、10分前拡大(18時 - 19時)し放送された。また、関東地方でも『首都圏ネットワーク』を一部震災9年関連の内容で放送した[注 50]
        • 【報道・人物】19時からの『ニュース7』は放送時間を30分拡大して放送。スタジオには連続テレビ小説あまちゃん』(2013年度前期)でヒロイン役を演じたのん(女優)がゲスト出演し、被災地とのつながりなどの思いについて語った[157]
        • 【ドキュメンタリー】20時 - 20時55分には『NHKスペシャル "復興ハイウェー" 変貌する被災地』を放送した[158]。このため、関東地方では『首都圏ニュース845』が『首都圏ニュース』に改題の上10分繰り下げ・短縮(20時55分 - 21時)して放送された(それ以外の地域でも、21時前のローカルニュースが臨時に20時55分からの5分枠に縮小された)。
      • 【情報】テレビ朝日系『大下容子ワイド!スクランブル・第2部』(12時50分 - )は放送時間を80分拡大し、15時まで放送した[注 51]
      • 【報道】TBS系では『Nスタ』の特別番組として、通常枠と別に13時55分 - 15時49分の枠にて『Nスタスペシャル 震災9年の真実〜“想定外”から命を守れ〜』を放送した[159]
      • 【ドキュメンタリー】フジテレビほかでは、15時50分 - 16時50分枠にて『わ・す・れ・な・い〜死者をゼロにする情報とは〜』(関東地区は『メディアミックスα』枠)を放送した[145]
      • 【紀行】NHK BSプレミアムでは、俳優の篠山輝信がバスや列車などを乗り継いで被災地を巡る『篠山輝信×震災9年の東北旅』(21時 - 22時)を放送した[158]
    • 【バラエティ】フジテレビ系水曜22時枠の『BACK TO SCHOOL!』(2019年10月30日 - )がわずか半年足らずで終了[160]
  • 12日 - 【報道・オリンピック】NHK総合『ニュース7』は前日に続き、放送時間を30分拡大して放送。この日は番組冒頭から19時30分頃まで東京オリンピックの聖火リレースタートを前に、ギリシャの旗 ギリシャオリンピアでの聖火採火式の模様を生中継。ゲストには吉田沙保里(元女子レスリング選手)が出演した[注 52][注 53]
  • 13日 - 【報道】BS日テレ(2K・4K)平日22時台の『深層NEWS』(CS・日テレNEWS24でも時差放送あり)でこの日、スペシャルコメンテーターとして元NHKアナウンサーの青山祐子が出演。青山のテレビ出演はNHK時代の司会番組『スタジオパークからこんにちは』を第1子出産のために降板した2012年1月20日以来となった[161]
  • 14日 - 【紀行】NHK総合『ブラタモリ』でタモリ(お笑いタレント・司会者)のアシスタントを務めた林田理沙(NHKアナウンサー、2018年4月より在任)がこの日放送の「島原天草〜なぜキリシタンは250年も潜伏できた?〜」の回を最後に番組を卒業した[162]
  • 15日
    • 【お笑い】TBS系にてこの日、人気・実力派のお笑い芸人出演による大型お笑い特番『ザ・ベストワン』を放送(18時 - 21時)。司会は笑福亭鶴瓶(落語家・タレント)、今田耕司(タレント)、水原希子(ファッションモデル・女優)のトリオが務め、第1回目の主な出演者として、爆笑問題、東京03、ミルクボーイらが出演した[163](以後も不定期特番として放送)。なお、第2弾は8月2日に放送予定で、鶴瓶・今田に加え本田翼(女優)がMCに参加[164]
    • 【紀行・近畿広域圏】関西テレビにてこの日、かつて放送されていたJR西日本単独提供のロケ番組『走れ!ガリバーくん』(1996年 - 2005年)[注 54]の復活特番『走れ!ガリバーくん2020』を放送(16時 - 17時25分、テレビ新広島岡山放送同時ネット)。今回は2つの旅で構成、1つ目は松江出雲野々村真(タレント)とりんごちゃん(ものまねタレント)が、2つ目は尾道倉敷丸山桂里奈(元女子サッカー選手)とゆきぽよ(ファッションモデル・タレント)がそれぞれ旅した。案内人は松江・出雲を梅田淳(フリーアナウンサー、元関西テレビアナウンサー)[165]、尾道・倉敷編は吉原功兼(関西テレビアナウンサー)がそれぞれ務めた[166]
    • 【音楽・バラエティ】BSフジ(2K・4K)ではこの日18時 - 19時55分、水前寺清子(歌手)の歌手生活55周年記念番組として『水前寺清子デビュー55周年特別番組 55チータ! 人生は三百六十五歩のマーチ』を放送。出演は水前寺の他、証言者として先輩歌手の山田太郎、同時期に水前寺と同じ日本クラウンからデビューした美川憲一が出演。MCは水前寺の番組で共演する中田有紀(フリーアナウンサー)が務めた[167][注 55]

3月第3週[編集]

  • 16日21日 - 【報道・情報・健康問題】NHK総合にて緊急特番『新型コロナウイルス〜(続)いま あなたの不安は何ですか?〜』(16日:19時30分 - 20時42分。21日:9時30分 - 10時「続」)を放送。キャスターは武田真一、林田理沙(ともにNHKアナウンサー)[168][注 56]
  • 16日 -【音楽】TBS系にてこの日『COUNT DOWN TV』の特別番組として『CDTVスペシャル!卒業ソング音楽祭2020』と題した4時間特番を放送(19時 - 22時57分)[169]
  • 17日 -【教養・バラエティ】朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系『名医とつながる!たけしの家庭の医学』がこの日の3時間スペシャル(19時 - 21時48分)をもって終了、初代番組『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』(2004年4月13日 - )から続いたABC・テレ朝系火曜20時台のビートたけし冠司会『家庭の医学』シリーズが16年の歴史[注 57]に幕を下ろした[170]
  • 17日・25日 -【情報】フジテレビ系平日午前枠の情報バラエティ番組ノンストップ!』(一部地域を除く)のレギュラー出演者で、隔週火曜に出演していた千原せいじ千原兄弟)が17日、同じく水曜の兵動大樹矢野・兵動)が25日の放送を最後にそれぞれ番組を卒業[171]
  • 18日 -【バラエティ】日本テレビ系水曜19時台で放送されていた『衝撃のアノ人に会ってみた!』(2019年4月 - )がこの日の放送を最後に、わずか1年でレギュラー放送を終了。
  • 19日 - 22日 - 【スポーツ・編成】フジテレビ系で中継放送を予定していた『世界フィギュアスケート選手権2020』(カナダの旗 カナダモントリオール)がコロナの影響により中止となり、これに伴う代替企画として『春くるプロジェクト』と題する特別編成を実施した[172]。概要は以下の通り。
  • 19日〜31日 - 【スポーツ・編成】19日から11日間開催される予定だった第92回選抜高等学校野球大会阪神甲子園球場)をNHK(総合・Eテレ・ラジオ第1)と、毎日放送(MBSテレビ・ラジオ)および同社系列CS放送・GAORAにて中継する予定となっていたが、コロナの影響により開催中止(11日に主催の日本高等学校野球連盟毎日新聞社から発表)となったのを受け、NHK・毎日放送・GAORAでの予定番組が以下のように変更となった。
    • 【アニメ】NHK総合では19日 - 22日の13・14時台に代替として、野球を題材としたアニメ『MAJOR 2nd(第1シリーズ)』第1 - 14話を再放送(以降、24日 - 26日に第15〜25話も再放送[注 59][173]
    • 【近畿広域圏】毎日放送では、例年関西ローカルにて放送されている大会ダイジェスト番組『みんなの甲子園』をはじめ、同局にて今春の選抜高校野球関連番組すべての制作・放送が中止となった[174]
  • 19日
    • 【クイズ・バラエティ】テレビ大阪制作・テレビ東京系のを題材としたクイズバラエティ番組『二代目 和風総本家』(2018年10月 - )が、この日の2時間SPを最後に1年6ヶ月の歴史に幕を下ろし、前身の『和風総本家』(2008年4月 - 2018年9月)から続くシリーズも12年間の歴史に幕を下ろした[175]
    • 【報道】この日の夜遅く、コロナ肺炎問題に関して専門家会議のメンバーが緊急記者会見を開き、各局がこの模様を深夜帯の番組で報じた。NHK総合では、22時45分 - 23時30分に緊急報道特別番組を急遽編成して会見を生中継。これに伴い、前述の『新型コロナウイルス 続・いま あなたの不安は何ですか?』が休止(振替放送日時は前述の通り)となったほか、『ニュース きょう一日』『時論公論』が両番組とも10分繰り下げとなった。民放各局でも、『news zero』(日本テレビ系)、『報道ステーション』(テレビ朝日系)、『news23』(TBS系)など深夜の報道番組で会見の模様が速報で伝えられた。
  • 20日
  • 21日〜4月11日 - 【料理】BSテレ東(2K・4K)にて、速水もこみち(俳優)が司会を務め、自ら料理を披露する特別番組『もこめし』を4週連続で放送(土曜10時30分 - 11時)。速水のパートナー役には所属事務所の後輩にあたる入江甚儀(俳優)が出演した[178][179][180][注 65]
  • 21日
    • 【紀行・バラエティ】フジテレビ系の紀行バラエティ番組『もしもツアーズ』(一部地域を除く)で3代目ツアーガイドを務めた福原遥(女優、2017年4月より在任)が、この日の放送をもって番組を卒業[181]
    • 【情報・特番・近畿広域圏】朝日放送テレビにてこの日11時 - 14時の枠で、同局平日早朝枠情報番組『おはよう朝日です』放送開始40周年記念特番として、3時間特番『おはよう朝日です40周年記念特番 THE挑戦〜みんな第一歩を踏み出そうSP〜』を放送。司会は『おは朝』平日版の岩本計介川添佳穂(共に同局アナウンサー)両名が務め、同番組コメンテーターの野々村真(タレント)、浅尾美和(元ビーチバレー選手)、東貴博Take2)、井上公造(芸能リポーター)など『おは朝』レギュラー陣も出演。なお当初、21・22日に吹田市万博記念公園で開催を予定していたイベント『ABC SMILE EXPO 2020』(3月21日・22日)の初日に公開生放送する予定だったが、コロナ感染拡大防止の観点によりイベントが中止されたため変更され、大阪市福島区の本社スタジオからの放送となった[182]
    • 【お笑い】BSフジ・BSフジ 4Kにてこの日、開局20周年記念特番として、芸歴20年のお笑いコンビ10組が集結して漫才を披露する『お笑い成人式!』を放送(19時 - 20時55分)。お笑いコンビ・ますだおかだ岡田圭右が司会を務め、審査員長を相方の増田英彦がそれぞれ務めた[183]
  • 22日
    • (21日深夜)【スポーツ・公営競技・バラエティ・関東広域圏】フジテレビ(一部系列地方局にネットあり)の競馬予想バラエティ番組『馬好王国〜UmazuKingdom〜』MCを2017年1月の番組開始時から務めてきた小嶋陽菜(タレント・ファッションモデル)がこの日の放送を以て降板。なお小嶋は前身の『うまズキッ!』(2013年1月 - 2016年12月)[注 66]からMCを務めており、延べ7年3ヶ月担当した競馬番組のMCを卒業した[184]
    • 【情報】TBS系の情報ワイドショー番組『サンデージャポン』(一部地域を除く)のレギュラーパネラーを2007年から務めていた西川史子(医師・タレント)が、この日の放送をもって番組を卒業[185]

3月第4週[編集]

3月第5週[編集]

  • 31日
    • 【音楽】NHK総合の火曜夜の歌謡番組『うたコン』の女性司会者に、前月まで小郷知子(NHKアナウンサー)の産休入りの後を受けて代役を務めた片山千恵子(同)に替わり、赤木野々花(同)が新たに就任[220]
    • 【バラエティ】日本テレビ系火曜夜の長寿バラエティ番組『ザ!世界仰天ニュース』がこの日4時間SP(19時 - 22時54分)を放送、スペシャルゲストとしてタモリ(お笑いタレント・司会者)が出演した。同番組のダブル司会を務める笑福亭鶴瓶&中居正広ともに親交が深いタモリにちなんだ特別企画として「私は見た!タモリの仰天事件!」などの企画が行われた。なお、タモリが日本テレビの番組に出演したのは[注 77]2008年11月29日に放送された特番『タモリ教授のハテナの殿堂?』以来約12年ぶり[261][262][注 78]
    • 【教養・バラエティ】BS朝日(2K・4K)にて、これまでに2回特番で放送されたサウナ専門番組『サウナを愛でたい』を火曜22時台にてレギュラー放送開始。MCはヒャダイン(ミュージシャン・音楽プロデューサー)、ナレーションは壇蜜がそれぞれ務める[263]

4月[編集]

4月第1週[編集]

  • 1日
  • 2日
    • 【教養】NHK Eテレにて、哲学をテーマにした教養番組『世界の哲学者に人生相談』の第3シーズンがこの日より放送開始(木曜22時50分 - 23時20分)。司会は高田純次(タレント)と池田美優(モデル)。
    • 【紀行・教養・バラエティ】テレビ東京系『世界ナゼそこに?日本人 〜知られざる波瀾万丈伝〜』はこの月より放送枠を移動(月曜21時→木曜21時枠)し、タイトルも『ナゼそこ?』に改め、内容も日本にフォーカスを当てるものに一新。司会は『世界ナゼ〜』からユースケ・サンタマリア(俳優・タレント)と新井恵理那(フリーアナウンサー)がそのままスライドして務める[175][276][266][277]
    • 【近畿広域圏】朝日放送テレビ
    • 【バラエティ・東京都】TOKYO MX1の木曜20時台で新バラエティ2本を開始。前半(19時58分 - 20時27分)は3人組ダンスボーカルユニット「Lead」が歌・ダンス・コントと縦横無尽にパフォーマンスを演じる新番組『Leadバラエティ』、後半(20時27分 - 20時56分)にて、メンズアイドルグループ「Contact+」が初のテレビレギュラー番組に挑む『顔ラン!』をそれぞれ放送開始[271]
    • 【報道・経済】BSテレ東(2K・4K)の平日22時枠経済ニュース番組『日経プラス10』毎週木曜日の特設取材コーナーを担当するリポートキャスターとして、トラウデン直美が登場[280]。これにより、トラウデンは前述の『スイモクチャンネル』と2本連続で木曜日のBSの情報・報道番組に出演することとなる。
  • 3日
    • (2日深夜)【音楽・トーク・神奈川県】テレビ神奈川(tvk)にて毎週木曜深夜(金曜未明)0時 - 0時15分、酒場を模した特設スタジオに歌手・女優の上野優華が女将となり、ゲストを迎えて音楽と酒を語らう異色トーク番組『上野優華の角打ちゆうか』をこの日より放送開始[281]
    • NHK
    • 【トーク・バラエティ・追悼】この日も各局にて、3月29日に急逝した志村けん(享年70)を追悼する企画が放送された。
      • TBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』はこの日2時間SP(20時57分 - 22時54分)で放送、志村がゲスト出演した2019年4月5日放送回(2時間12分SP)を再編集して放送した[286]
      • フジテレビ系『ダウンタウンなう』はこの日の放送内容を変更し、2016年1月8日放送の「志村けんプレゼンツ 本音ではしご酒 新春スペシャル」を再編集して放送した[287]
    • 【トーク】TBS系金曜夜の笑福亭鶴瓶司会のトーク番組『A-Studio』(花王一社提供)がこの日、放送12年目を迎えるにあたってリニューアルを実施、新MCとして藤ヶ谷太輔Kis-My-Ft2)が加入。番組に男性MCが加入するのは史上初で、鶴瓶とのダブルMC体制になる。同時に番組名も『A-Studio+』(エー・スタジオ・プラス)に変更[288][289][290]
    • 【バラエティ・食】テレビ東京系金曜19時枠(18時55分 - 19時56分)で、フードファイターたちがデカ盛りグルメにチャレンジする『デカ盛りハンター』をこの日より放送開始[276]、MCはお笑いトリオ・パンサー(吉本興業所属)と、お笑いコンビ・カミナリ竹内まなぶ石田たくみグレープカンパニー所属)の2組が務める[266]
    • 【クイズ・不祥事】フジテレビ系のクイズ番組『超逆境クイズバトル!!99人の壁』について、フジテレビがこの日、2019年10月まで解答権のないエキストラを番組に参加させるなど一部不適切な手法を用いて制作していたことを発表。今後の同番組の放送については未定とした[291]。なおこの件について、司会を務める佐藤二朗(俳優)が翌4日の自身のTwitterで謝罪した[292]
    • 【情報・秋田県】秋田放送の金曜夕方枠の新情報番組『えび☆ステ』がこの日より放送開始。秋田駅西口の新スタジオからの放送で総合司会は前番組『エビス堂☆金』から引き続き廣田裕司関向良子(共に同局アナウンサー)が務める[293][177]。また当日19時 - 19時56分に『えび☆ステ』特別編も放送し、特別編のコーナー「ACTION!」には特別リポーターとして秋田県出身のタレントである生駒里奈(元乃木坂46、由利本荘市出身)が特別リポーターとして出演した[293]
    • BS朝日
      • 【アニメ】金曜19時台にアニメ枠を新設し、『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』を放送開始(テレビ朝日系列の地上波本放送から6日遅れでネット)。同局での両番組の放送は初となり、両番組としても地上波では2019年10月より土曜夕方の「アニメタイム」枠に移動しているが、BSとはいえゴールデンタイムでの放送復帰となる[294][295]
      • 【スポーツ】金曜20時台にて新日本プロレスの中継番組『ワールドプロレスリングリターンズ』を放送開始。なお、『ワールドプロレスリング』は1973年 - 1986年9月までNET→テレビ朝日系の地上波で金曜20時枠で放送[注 81]しており、ゴールデンタイムのプロレス中継がBS朝日に局を変えて32年ぶりに復活するかたちとなる[296]。これにより、『ドラえもん』『クレしん』そして『ワープロ』と、かつてのテレビ朝日系の金曜夜のゴールデンタイムのラインナップがBS朝日で復活した。
  • 4日
    • (3日深夜)【音楽・神奈川県】テレビ神奈川(tvk)にて毎週金曜深夜(土曜未明)0時15分 - 30分に、男女混成ダンス&ヴォーカルグループ「lol」の冠番組となる『lol-box』をこの日から放送開始[297]
    • NHK
    • 日本テレビ系
      • 【バラエティ・動物・追悼】土曜夜の志村けん冠司会の動物バラエティ番組『天才!志村どうぶつ園』にて、2004年4月の番組開始以来16年間園長(司会)を務めた志村が3月29日に急逝したことにより、この日の2時間スペシャル(19時 - 20時54分)の内容を変更し、志村を追悼する特別編を放送した[301]。なお、番組は志村没後もタイトル及び出演者を変更せず継続[301][302](9月終了予定。→#9月も参照)。
      • 【スポーツ・報道】週末のスポーツニュース番組『Going!Sports&News』でこの日の放送より、放送開始10周年スペシャルキャスターとして、川口春奈(女優)が1年間(2021年3月まで予定)毎週土曜に出演[303]
      • 【情報・愛媛県】南海放送(RNB)の土曜昼枠地域情報番組『Beans』は、この日より女性司会者が前週までの吉田奈央に替わり、甲斐彩加(同局アナウンサー)へ交代した[304]
    • テレビ朝日系
      • 【紀行】朝日放送テレビ制作『朝だ!生です旅サラダ[注 87]は、コロナ感染拡大の防止として、レギュラーの小西陸斗(同局アナウンサー)のみが出演し、過去に放送されたものを再編集して放送した[305]
      • 【報道・情報】『中居正広のニュースな会』(一部地域を除く)の放送時間を、この日から30分拡大(12時 - 13時26分)[306]
      • 【地域報道・北海道】北海道テレビの午前枠地域報道ワイド番組『イチモニ!』はこの日より、これまでの6時30分 - 8時を1部とし、9時30分 - 10時40分に第2部を新設、放送時間を2部制に移行[307]
    • TBS系
      • 【情報・スポーツ】毎日放送制作『サタデープラス』は、この日の放送から「日本の朝を元気にしたい!」を合言葉に、スポーツに関わる「人」「食事」「健康」「青春」「物語」を取り上げる内容にリニューアルし、MC陣の丸山隆平(関ジャニ∞)と小島瑠璃子(タレント)が続投、関西ジャニーズJr.内のユニット「なにわ男子」の藤原丈一郎と、「Lil かんさい」の西村拓哉嶋崎斗亜が日本各地の絶景を全力で走る新企画を始動[202]
      • 【編成・スポーツ・映画】この日20時から放送予定だった『オールスター感謝祭2020春』の放送中止[308](→5月28日も参照)を受け、18時25分[注 88]放送予定の『炎の体育会TV90分スペシャル』は予定を60分拡大して21時まで放送し、この日は「マスク・ド・スラッガー」を放送した[309]。また、21時からは映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(2017年公開、瀬々敬久監督、佐藤健土屋太鳳主演)を放送した( - 23時48分)[310]
      • 【情報・中京広域圏】CBCテレビの午前枠ローカル情報番組『なるほどプレゼンター!花咲かタイムズ』は、この日の放送から新レギュラーとしてガンバレルーヤ(漫才コンビ)が登場する予定であったが、このほどコロナ感染が発覚した黒沢かずこ(森三中)の関係者と3月下旬に接触していたことが明らかになったため、同局サイドはこの日のスタジオ生出演を防疫上の観点から取り止める措置を執った[311]
    • 【情報・バラエティ】テレビ東京系『出没!アド街ック天国』が、この日の放送で1995年4月の放送開始[注 89]から25周年、通算1250回目を迎えるのにあたり、拡大特番『出没!アド街ック天国 アド街の25年SPECIAL』(21時 - 22時24分)を放送、同番組で25年間に紹介した国内外各都市の秘蔵映像などを一挙紹介した[312]
    • フジテレビ系
      • 【バラエティ・編成】『関ジャニ∞クロニクル』のリニューアル・枠移動に伴い、土曜午前枠のジャニーズ2番組(『いただきハイジャンプ』『KinKi Kidsのブンブブーン』)の放送時間を拡大(前者:10時25分 - 11時5分、後者:11時5分 - 11時45分、一部地域を除く)[203]
      • 【報道】夕方のニュース番組『Live News it!』週末版のメインキャスターとして生野陽子(フジテレビアナウンサー)がこの日の放送から1年ぶりに復帰[313]
      • 関西テレビ
        • 【情報・バラエティ】フジテレビ系土曜8時半枠で、新情報バラエティ番組『土曜はナニする!?』を放送開始。司会は情報番組初司会となる山里亮太南海キャンディーズ)と、フジテレビ系で初のレギュラー出演となる宇賀なつみ(フリーアナウンサー、元テレビ朝日アナウンサー)が務める[314][315]
        • 【紀行・近畿広域圏】関西ローカルの土曜18時30分 - 19時に関西各地を紀行する新番組『フットマップ〜今すぐ行きたい!エエとこツアー〜』を放送開始[206]。後藤輝基(フットボールアワー)を司会に起用し、後藤とゲストが2週ごとに関西お出かけスポットをロケして歩く内容。なお後藤のアシスタントとして2020年度同局新人アナウンサーの舘山聖奈が登板[206]
      • 【新潟県】NST新潟総合テレビ
    • 【情報・東京都】TOKYO MXの土曜17時台の情報番組『田村淳の訊きたい放題!』は、この日放送の新年度から前週までの古瀬絵理(フリーアナウンサー)に替わり、中村仁美(フリーアナウンサー)にアシスタントが交代[318]
    • 【音楽】BS朝日(2K・4K)にて、3月まで水曜夜に放送していた『日本の名曲 世界の名曲 人生、歌がある』がこの日より土曜19時枠に移動し、番組タイトルも『人生、歌がある』と改めて放送開始。司会(ショー・ホスト)も布施明(歌手)から西田ひかる(タレント)と中澤卓也(演歌歌手)に交代[319]
  • 4日・5月6日 -【お笑い・追悼】NHK総合にて、3月29日に急逝した志村けん(享年70)を追悼し、志村をメインとした"大人のコメディ"をテーマとしたコント特番『となりのシムラ』(2014年 - 2016年、全6回)を再放送。4日は第5回(2016年9月22日放送)を17時15分 - 17時58分の枠で放送した[320]。また、5月6日には第1回(2014年12月16日)と第4回(2016年3月26日)そして最終回となった第6回(2016年12月26日)の計3回分を放送した(15時30分 - 17時44分)[321]
  • 5日(4日深夜)
  • 5日(朝 - 夜)
  • 5日〜26日 - 【音楽】NHK BSプレミアム『The Covers』は1か月に亘り「カバーズスペシャル月間」と題して特集放送。5日は「JUJU×ユーミン名曲三昧!」(22時50分 - 23時20分)と特別編「名曲選2020」(23時20分 - 23時50分)の2本立てを、12日は「80年代名曲スペシャル」(ゲスト:スチャダラパー岡崎体育)を、19・26日は作詞家の松本隆にスポットを当てた特集「松本隆SP」として「松田聖子&歌姫の名曲特集」(19日)「80年代男性スター名曲特集」(26日)をそれぞれ放送した(12日以降はいずれも22時50分 - 23時20分)[344][345]
  • 6日
    • いずれも(5日深夜)【関東広域圏】
      • 【トーク】 - 日本テレビにて、この日より1時25分 - 40分枠でトーク番組『イントロ』を放送開始(第1回は1時35分 - 50分)。毎回各界のクリエーターを招いてその時々の思いなどを語ってもらう番組で、ホステス(司会)は佐藤真知子(日本テレビアナウンサー)が務める[346]
      • 【スポーツ・情報】テレビ朝日にて、前年11月から3月まで[347]月1回土曜未明(金曜深夜)で放送してきたeスポーツ情報番組『ReAL eSports News』が、この日から月曜0時45分 - 0時59分(日曜深夜)枠でのレギュラー放送に昇格(東日本放送など一部地域へもネット)。出演者は引き続き、山里亮太(南海キャンディーズ)がメインキャスターを務め、サブキャスターの並木万里菜(テレビ朝日アナウンサー)も続投する[348][349]
      • 【情報・経済・文化】テレビ東京にて、月曜2時5分 - 2時35分(日曜深夜)に田村淳ロンドンブーツ1号2号)がモノづくり、ビジネスの最先端を『Mixalive Tokyo』を拠点に生み出し、発信する新番組『Mixalive presents 田村淳が豊島区池袋』をこの日より放送開始[186][266]
    • NHK
      • 総合テレビ
        • 【紀行・追悼】笑福亭鶴瓶司会の『鶴瓶の家族に乾杯』はこの日の予定内容を変更、3月29日に急逝した志村けん(享年70)を追悼し「志村けんさんありがとう〜2010年 福島県小野町の旅」と題して放送。志村がゲスト出演し、福島県小野町を旅した回(2010年3月29日・4月5日放送)を再編集して放送[350][注 93](ただし『ニュース7』3分拡大の為、19時33分 - 20時45分)[注 94]
        • 【編成・報道・ドキュメンタリー】この日『ニュースウオッチ9』を30分拡大し22時30分まで放送したため、同日22時から放送予定の『逆転人生』を休止[注 95]
      • Eテレ
    • 【教養・知育】テレビ東京系で、民放テレビ史上初の0歳から2歳児を対象とした知育番組として、前年12月16日から5日間限定放送した『シナぷしゅ』が視聴者からの反響が大きかったためレギュラー化してこの日から月 - 金曜の帯番組としてスタート。7時35分から8時までの本放送に加え17時30分から再放送も行われる[353][276]
    • 【地域報道・北海道】北海道文化放送の夕方枠地域報道番組『みんテレ』は、この日の放送から放送時間を16時48分 - 19時に短縮すると共に、メインキャスター陣に千須和侑里子(UHBアナウンサー)が加入する[354]
    • 【東京都】TOKYO MX
      • 【アニメ】1979年にフジテレビ系『世界名作劇場』で放送されたアニメ『赤毛のアン』(日本アニメーション制作、全50話)のHD版を、月曜19時 - 19時30分枠で放送開始[355]
      • 【バラエティ】男性アイドルグループ「Love-tune#7ODER project」メンバーがあらゆることに体を張って体験・紹介するバラエティ番組で、3月まで金曜未明(木曜深夜)枠で放送されていた『イケダンMAX』が、この日から月曜20時 - 20時30分に放送枠を移動すると共に、タイトルも『イケダン7』と改めて放送開始[271]
  • 6日〜17日 - 【情報・福岡県RKB毎日放送(TBS系)の平日午後のローカル情報番組『今日感テレビ』は、レギュラー出演しているローカルタレントがコロナに感染し、また番組共演者の中に濃厚接触者が出たことにより、2週間の予定で放送休止(同局が6日に発表)[356][357][358]
  • 7日
    • (6日深夜)テレビ東京系
      • 【バラエティ】『ソコアゲ★ナイト・月曜』(火曜未明)枠にて、3月まで平日夕方の帯枠(関東ローカル)で放送されていた『青春高校3年C組』(2018年4月 - )を移動、週1回全国ネット化(一部地域を除く)[359][266]。また同番組では“担任”に三四郎 (お笑いコンビ)、“学年主任”に日村勇紀(バナナマン)がそれぞれ就任、関東ローカル枠時代に引き続いての出演となる[360]
      • 【音楽・ドキュメンタリー・関東広域圏】この日より火曜(月曜深夜)1時 - 1時30分、アイドル梁山泊と言われるハロー!プロジェクトの研修生が憧れのプロデビューを目指し、汗と涙を流す姿を追うドキュメンタリー番組『ハロドリ。』を放送開始。なお当番組はBSテレ東でも13日(12日深夜)から月曜(日曜深夜)1時15分 - 45分の枠で放送開始[361]
    • 【報道・政治・健康問題・特番・編成】新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づくコロナ感染症対策の緊急事態宣言の発令という事態を受け、NHK総合および民放各局[注 96]で特別報道体制を敷いた。
      • NHK総合 - 午前中から緊急事態宣言関連のニュースを断続的に放送。このうち、正午の全国ニュースは緊急事態宣言関連の報道特番扱いで14時10分まで拡大し、衆参両院の議員運営委員会における質疑の生中継を中心に放送した。このため、『BENTO EXPO』『連続テレビ小説「エール」(再放送)』『ごごナマ・第1部』がいずれも休止となった[注 97]。このほか、通常なら12時15分 - 12時20分に放送される各地のニュースが1時間55分繰り下げ(14時10分 - 14時15分)となったほか、『ごごナマ・第2部』は10分繰り下げ・短縮(14時15分 - 14時55分)となった。また、夜間の番組を大部分変更。19時からの『ニュース7』は緊急事態宣言発令に伴う安倍晋三首相の緊急記者会見の中継や関連ニュースのため75分拡大(19時 - 20時45分)して放送され、これに伴い『サラメシ』『うたコン』が両番組とも休止となり、後者については番組初の緊急休止となった[362]。その後、各地のニュース・気象情報を挟んで21時からの『ニュースウオッチ9』は緊急事態宣言関連のニュースや安倍首相への生インタビューを中心に30分拡大して22時30分まで放送。さらに、『クローズアップ現代+』は22時30分 - 23時15分に繰り下げ・拡大(『プロフェッショナル 仕事の流儀』は休止)し、政府がこの日閣議決定した新型コロナ関連の緊急経済対策について特集した。インターネットでも、NHKのニュースサイトやスマートフォン・タブレット端末向けのニュースアプリで10時頃から22時30分まで総合テレビの新型コロナ緊急事態宣言関連報道の放送同時提供を行ったほか、放送常時同時配信・見逃し番組配信サービス『NHKプラス』でも同様の時間帯に総合テレビの同時配信画面を新型コロナ緊急事態宣言関連ニュースを放送している間に限り、利用登録の有無に関わらず受信契約確認を促すメッセージが表示されない状態で視聴出来るようにする措置を取った。
      • 日本テレビ系 - 15時50分からの『news every.』を20時54分まで延長し、19時以降は『NNN緊急報道特別番組 news every.特別版』のタイトルで放送。更に21時からも『NNN緊急報道特別番組 news zero特別版』を放送する緊急報道特別編成に差し替えた。このため、同日予定の『火曜サプライズ』と『幸せ!ボンビーガール』(いずれも2時間SP)の両番組を休止、いずれも14日へ移動して放送[注 98][363][364]
      • テレビ朝日系 - 19時から安倍首相会見の模様をANN報道特別番組『生中継 緊急事態宣言で総理会見』として放送、21時から『報道ステーション』を54分前倒しで放送。このため『林修の今でしょ!講座2時間SP』と朝日放送テレビ制作の『そんなコト考えた事なかったクイズ!トリニクって何の肉!?』をそれぞれ休止(前者は28日に移動)[365][366][367]
      • TBS系 - 15時49分からの『Nスタ』を20時57分まで延長し、19時以降は『JNN報道特別番組 Nスタスペシャル「新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言」』のタイトルで放送。それに伴い、同日予定の『出川哲朗の恥の王様』(毎日放送制作)は5月12日へ移動となった[368]。→5月12日の出来事も参照
      • テレビ東京系 - 18時55分からの『ありえへん∞世界』を一部差し替える形で安倍首相の記者会見を放送した[369]。また、22時からの『ガイアの夜明け』の放送を休止、この時間帯を『緊急報道スペシャル 安倍総理が生出演「緊急事態宣言」で日本は? 生活は?』と題して放送、キャスターは23時からの『ワールドビジネスサテライト』の大江麻理子が務めた[366][370]
      • フジテレビ系 - 19時から安倍首相会見の模様を『FNN特報 首相が緊急事態宣言を発令〜私たちの暮らしどう変わる?〜』として放送、このため、放送予定であった『今夜はナゾトレ』と『潜在能力テスト』をそれぞれ休止[371]
    • 【バラエティ】テレビ朝日系『ロンドンハーツ』にて、前年の闇営業問題で芸能活動を休止していた田村亮(ロンドンブーツ1号2号)がこの日の放送から地上波テレビに復帰[372]
    • 【音楽】BSテレ東(2K・4K)にて、かつてテレビ東京系で放送された演歌専門の歌謡番組『演歌の花道』(大正製薬一社提供)をリメイクし『BS演歌の花道』として復活、この日から火曜19時台(19時 - 20時)で20年ぶりにレギュラー化。語りは杉本るみが務める[373][注 99]
    • 【アニメ】渡航原作でTBS他でこれまで2シリーズ放送されたテレビアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の第3期『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 完』が、コロナの影響に伴い、10日(9日深夜)に放送開始予定だったのを延期すると発表した。放送予定は決まり次第発表するとし、それまでの間は第2シリーズ『〜続』を再放送する[374]

4月第2週[編集]

  • 8日
    • 日本テレビ系列
    • テレビ東京系
      • (7日深夜)【トーク・バラエティ・関東広域圏】2019年10月より土曜昼前に放送していた『あちこちオードリー〜春日の店あいてますよ?〜』が放送時間を水曜未明(火曜深夜)1時35分 - 2時5分枠に移動[266]
      • 【紀行】水曜20時台(19時54分 - 20時54分)には新番組『水バラ』を新設。太川陽介(歌手・俳優)をホスト役として、毎回ゲストを招き”今までになかった視点での新しい旅番組”を旗印とする企画をおくる[276][266]。なお初回は18時25分からの2時間半SPで『ローカル路線バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅3 富岡製糸場松本城』を放送。
      • 【バラエティ】『家、ついて行ってイイですか?』はこの日、特別編として『今年は家のTVでお花見楽しもう!ワケあってOAしなかった…1年前の「日本のお花見」SP』と題し2時間SPで放送(21時 - 22時54分)。今回は、花見を楽しめなかった視聴者へ向けて、前年までに取材したエピソードを紹介。ゲストには佐藤二朗(俳優)と百田夏菜子ももいろクローバーZ)が出演[377]
    • フジテレビ系列
      • (7日深夜)【トーク・関東広域圏】フジテレビにて、石橋貴明とんねるず)がホスト役で、焚火を囲みながら対談するトーク番組『石橋、薪を焚べる』を水曜未明(火曜深夜)0時25分 - 0時55分枠で放送開始(一部地域へもネット)[187]。初回ゲストにはカンニング竹山(タレント)が登場した[378]
      • (7日深夜)【バラエティ・情報・近畿広域圏】関西テレビの水曜未明(火曜深夜・0時55分 - 1時25分)枠、前月終了した『和牛のギュウギュウ学園』の後継として、同じく和牛(漫才コンビ、吉本興業所属)メインによる新情報バラエティ番組『和牛の以上、現場からお伝えしました。』を放送開始。同番組では”現場”にこだわり、話題の場所やモノ、人物などを”事件”として紹介していく[379]。初回ゲストとしてツートライブ(吉本興業所属)、BOYS AND MENDa-iCEの3組が出演した[380]
      • 【情報・健康問題・福島県・中京広域圏】福島テレビ(FTV)は、ローカル情報番組『サタふく』にレギュラー出演している女性タレントがコロナに感染したことを受け、当該人物とスタジオで作業に当たったスタッフについてこの日から当面の間自宅待機とし、健康状態の経過観察を行っていることを発表。また同局は現時点で番組スタッフや同局関係者に体調不良を訴えている人物はいないとした[381]。また東海テレビも、同じ女性タレントがレギュラーを務めている『スイッチ!』の番組スタッフや同局関係者の中に体調不良を訴えている人物はいないことを局の公式サイトで明らかにした[382]
    • 【バラエティ】BS朝日(2K・4K)『春風亭昇太の少年時代工房』が番組タイトルを『オトナの楽園 昇太秘密基地』と改題・リニューアル、前番組から引き続き水曜22時台(22時 - 22時54分)にて放送開始[383]
  • 8日〜19日 - 【編成・東京都】TOKYO MXは、新型コロナ緊急事態宣言発令を受け、8日から19日まで緊急編成対応を実施。概要は以下の通り[384]
  • 9日
    • (8日深夜)【バラエティ・関東広域圏】テレビ朝日にて「ナスD」こと友寄隆英(テレビ朝日社員)の冠番組『ナスDの大冒険TV』を放送開始(木曜2時21分 - 2時51分枠(水曜深夜))。地上波本放送の1週前には、AbemaTVで先行配信される[386]
    • 【バラエティ】読売テレビ制作・日本テレビ系木曜21時台の『秘密のケンミンSHOW』は、みのもんたの勇退に伴う後任司会として、田中裕二(爆笑問題)が就任、引き続き司会を務める久本雅美(タレント・女優)と共に進行を務める。同時に番組タイトルも『秘密のケンミンSHOW 極』に改題[195][387]
    • 【お笑い・演芸】BS朝日(2K・4K)木曜夜の演芸番組『お笑い演芸館+』が、この日から放送時間を22時 - 22時54分に移動・1時間短縮、同日放送回より4K制作へ移行。この日のゲストにはミルクボーイ、U字工事ネルソンズかが屋の4組が出演[388]
  • 10日 -【バラエティ・近畿広域圏】朝日放送テレビほか『探偵!ナイトスクープ』(一部地域遅れネットあり、CS放送・スカイAでも放送)は、この日の放送より、一連の闇営業問題で謹慎処分となっていた真栄田賢(スリムクラブ)が、約10か月ぶりに復帰。併せて、コロナ感染拡大の防止のため、番組初となる無観客で収録が行われた[389]
  • 11日
  • 12日(11日深夜)〜5月31日(30日深夜) - 【音楽】NHK総合『シブヤノオト』は、7日に発令されたコロナ緊急事態宣言を受け「出演者・スタッフの安全に配慮する」とし、この日予定の生放送を含む期間中の全放送を休止[407]。なお、休止中の代替番組として、スピンオフ特番『シブヤノオト Presents』シリーズの過去放送回のアンコール放送や『SONGS OF TOKYO』などを編成した。→6月7日の出来事も参照
  • 12日
    • 【映画】テレビ朝日系『日曜プライム』枠にて「春の映画スペシャル」と題し、2015年公開のディズニー映画『シンデレラ』(実写版、ケネス・ブラナー監督、リリー・ジェームズ主演)を放送した[408]
    • 【情報・バラエティ・関東広域圏】TBS日曜午後枠の情報バラエティ番組『噂の!東京マガジン』(一部地域へもネット)はこの日より特別編として、過去放送分のVTRを構成して放送[注 105]
    • 【バラエティ・福岡県】福岡放送(FBS)にて3月まで土曜深夜に不定期で放送されていた福岡を掘り下げる検証バラエティ番組『地元検証バラエティ・福岡くん』は、4月より第2日曜日の12時35分 - 13時30分枠で月1回レギュラー放送となり、この日、レギュラー化第1回を放送。司会は深夜時代から引き続きお笑い芸人の斉藤優(パラシュート部隊)と伊藤舞(同局アナウンサー)が担当[410]
  • 13日
    • 【料理】 NHKは、コロナ感染防止対策の観点から放送センターなどでの外部出演者を招いてのスタジオ放送を休止しており、1957年の番組開始から60年を超える長寿番組『きょうの料理』(Eテレ)でも外部からの料理講師による番組収録を休止し、番組テキスト(NHK出版刊)と異なる形で過去のレシピなどの再放送を検討している旨を発表。こうした状況から番組公式SNSにて出演者である外部講師などによるメッセージやレシピを発信する事も進めているという[411]
    • 日本テレビ系
    • テレビ朝日系
      • 【報道】『スーパーJチャンネル』は、テレ朝社内からのコロナ感染者が確認されたことを受け、この週よりメインキャスターの担当曜日変更措置を実施。月 - 水曜を渡辺宜嗣(テレビ朝日報道キャスター)と林美沙希(テレビ朝日アナウンサー)、木・金曜を菅原知弘(同)と大木優紀(同)がそれぞれ分担する形に変更される[413]
      • 【報道】『報道ステーション』は、月 - 木曜メインキャスターの富川悠太(テレビ朝日アナウンサー)のコロナ感染による休養と、共演者及び番組スタッフなどが自宅待機という状況となったことにより、同日放送分から当面、小木逸平(同、金曜メインキャスター)が富川の代理メインキャスター、森葉子(同、フィールドリポーター)がサブキャスター代理を務める[414]。→6月4日の項も参照。
      • 【地域報道・愛媛県】愛媛朝日テレビ(eat)の平日夕方枠ローカル報道番組『スーパーJチャンネルえひめ』は3月末で同社を退職した坂口愛美(現・文化放送アナウンサー)降板後の新キャスターとして、サンテレビ(SUN、独立局)から移籍した松浦宏子(同局アナウンサー)がこの日より就任[415]
      • 【地域報道・福岡県】九州朝日放送(KBC)の平日夕方枠地域報道番組『シリタカ!』は、女性メインキャスターの高崎恵理(フリーアナウンサー、熊本県在住)が、コロナによる緊急事態宣言に伴う行動自粛によりこの日より当面の間番組を休演する[416]
    • 【クイズ・バラエティ】TBS系月曜20時枠にてクイズバラエティ番組『クイズ!THE違和感』をレギュラー放送開始[417]。司会はお笑いコンビ・千鳥のノブが務め、レギュラー解答者には大悟(千鳥)の他、お笑いコンビ・霜降り明星せいや粗品)、関西ジャニーズJr.内のユニット「なにわ男子」の大西流星大橋和也・藤原丈一郎を起用、進行役は田村真子(TBSアナウンサー)が務める。初回は19時からの3時間SPで放送した[418]
    • テレビ東京系
      • 【バラエティ】月曜19時台の『YOUは何しに日本へ?』が放送時間を30分拡大、18時25分 - 20時の枠での放送となる[266]
      • 【単発枠】月曜20 - 21時台(20時 - 21時54分)に2時間単発枠『月曜プレミア8』(主に2時間ドラマを編成)を新設[注 106]。3月まで20時枠でレギュラー放送してきた『世界!ニッポン行きたい人応援団』は、同枠内で月1 - 2回放送する編成を執り、同枠初回でも3時間SP(20時 - 22時48分)として放送[276][266][419]
      • 【経済・報道】新年度よりキャスターシフトの変更を行った『ワールドビジネスサテライト』(BSテレ東〈4K・8K〉同時放送)は、この週より出演者シフトを2班に分ける再変更。月・水・金曜のA班はメイン・大江麻理子、サブ・相内優香、解説・滝田洋一日本経済新聞編集委員)のシフト、火・木曜のB班はメイン・須黒清華、サブ・北村まあさ(フリーアナウンサー)、解説・山川龍雄(日経ビジネス編集長)のシフトとする[420]。また「トレンドたまご」コーナーは当面休止扱いになる。
    • フジテレビ系列
      • 【教養・バラエティ】関西テレビ制作月曜22時枠の教養バラエティ番組『新説!所JAPAN』がこの日からタイトルを『所JAPAN』へ改題・リニューアル、新たなレギュラーとして佐々木希(モデル・タレント)が加入[421]
      • 【情報・報道・健康問題・福井県福井テレビ(FTB)はコロナ問題報道に力を入れるとして、夕方17時台のローカル情報番組『福井テレビ Live News&おかえりなさ〜い』をこの日より当面無期限休止とし『福井テレビLive News』をフルサイズ(フジテレビ発の『Live News it!』パートを含む)にて放送する[422]
      • 【スポーツ・人物・追悼・CS】CS放送・フジテレビONEにて、9日に永眠した元プロ野球選手・指導者で野球解説者の関根潤三(93歳没)を追悼し、長老プロ野球関係者に野球界への思いを語ってもらう同局のインタビュー番組『さらば、愛しきプロ野球…』(第5回)で関根が出演した際の映像を『関根潤三氏追悼特別放送』としてこの日の23時 - 24時に放送(28日に再放送)[423]
    • 【アニメ】『アイドリッシュセブン Second BEAT!』公式サイト及び同アニメの制作を担当しているTROYCA(トロイカ)は、コロナによる日本政府からの緊急事態宣言が発令されたことにより制作スケジュールが影響が出ているとして、TOKYO MXやBS11などで放送されている同アニメの第二期作品の第5話以降について無期限の放送延期とすることを発表した[424]
  • 14日
    • 日本テレビ系
      • 【スポーツ・イベント】読売テレビはこの日、毎年7月下旬に滋賀県彦根市松原水泳場を舞台にして行われている『Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト選手権大会』(8月に日本テレビ系にて放送)の本年開催を、コロナ感染拡大の影響で緊急事態宣言が発令されたことにより「多数のチームが機体の制作が困難になった」として中止することを発表[425]
      • 【バラエティ】『火曜サプライズ』にて、2018年10月からイギリスの旗 イギリスでの演劇留学のため番組を一時降板していたウエンツ瑛士(タレント・俳優)が、この日の2時間SP(19時 - 20時54分)より約1年半ぶりに同番組に復帰、司会に再就任(且つ、帰国後初の本格的なテレビ出演となる)[426]。当初7日予定だったが、上述の報道特番により順延となっていた[注 98]
    • 【バラエティ】テレビ東京系で、過去2回特番で放送された内村光良ウッチャンナンチャン)司会の動画バラエティ『内村のツボる動画』を、同日より『火曜エンタ』枠にて月1回レギュラー放送[276]
    • 【人物・追悼】BS朝日(2K・4K)にて、10日に逝去した映画監督の大林宣彦(82歳没)を追悼し、2019年3月7日に放送されたインタビュー番組『シネアスト4〜記録対談!大林宣彦監督が語る映画の神髄』(司会:安藤桃子(映画監督))を23時 - 23時54分の枠にてアンコール放送[427][428][429]

4月第3週[編集]

  • 15日
    • 【報道・健康問題】テレビ朝日系『報道ステーション』のチーフプロデューサーら番組スタッフ2人がコロナに感染していたことを、同局がこの日公表した。同番組では、既に前述の通り月 - 木曜メインキャスターの富川が感染していたことが明らかになっている。同局はこの日の番組内でスタッフが感染した事実を明らかにしたほか、富川の感染確認に至るまでの経緯についても説明した。また、富川は番組宛てにコメントを寄せ「番組で繰り返し感染予防を呼びかけていた立場にもかかわらず、このような事態を招き、大変なご迷惑をおかけしました」などと視聴者に謝罪した[430]。→4月13日、6月4日の出来事も参照
    • 【バラエティ】フジテレビ系水曜22時枠で、占いを題材とし、1月に深夜帯で単独放送した『突然ですが占ってもいいですか?in赤羽』をレギュラー化した『突然ですが占ってもいいですか?』を放送開始(初回は21時からの2時間SP)[160][431]。レギュラーとして共に同局系のバラエティ番組初レギュラーとなる水野美紀(女優)と池田美優(ファッションモデル・タレント)が出演[432]
  • 16日(15日深夜)〜5月21日(20日深夜)- 【バラエティ・関東広域圏】テレビ東京「ドラマパラビ」枠で、藤原竜也(俳優)をメインとしたバラエティ番組『藤原竜也の三回道』を放送(全6回)[433]。2018年の『藤原竜也の二回道』同様ドラマ枠で放送。
  • 16日
    • 【報道・政治】NHK総合にてこの日『ニュース7』を拡大し、コロナ緊急事態宣言の全国拡大に伴う安倍首相の記者会見の模様を伝えた。これにより、同日予定の『所さん!大変ですよ』『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』両番組を休止し、翌週23日へ順延とした。また、フジテレビ系でも19時57分からの『直撃!シンソウ坂上SP』を途中中断して安倍の会見を放送したため、同番組の放送時間が5分延長、21時59分(一部地域は21時53分)までとなった(このため以降の番組は5分繰り下げて放送)ほか、日本テレビでも21時前のスポット枠で『news zero速報』として伝えた[434]
    • 【教養・追悼】NHK BS1ではこの日、10日に逝去した映画監督の大林宣彦(82歳没)を追悼し、大林が映画界を目指す若者達に自らの思いを語った『最後の講義「大林宣彦」』(2018年3月11日放送)を23時 - 23時50分枠でアンコール放送した[435][436]
  • 17日 -【報道・政治】この日の夕方、小池百合子東京都知事と安倍晋三首相が相次いで記者会見を行ったのを受け、NHK総合は夕方の番組を大部分変更。16時 - 16時50分に小池都知事の会見を中継する報道特番を、18時 - 18時45分に安倍首相の会見を中継する報道特番をそれぞれ編成した。これにより、16時20分から放送予定だった『連続テレビ小説名作選「ひよっこ」』が休止となった。さらに『ニュース シブ5時』を40分短縮(16時50分 - 17時30分)とした上で、17時30分 - 18時に各地のコロナ関連のニュースを伝える時間帯を確保した[注 107]。また、民放各局でも『news every.』(日本テレビ系)『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)『Nスタ』(TBS系)などの各ニュース番組で小池知事・安倍首相の会見を生中継した。
  • 18日6月13日 -(4月17日 - 6月12日深夜)【バラエティ・関東広域圏】TBS土曜未明(金曜深夜)の『NEWSな2人』も、コロナの影響で収録が一時休止となり、この期間の放送を休止した(6月20日(19日深夜)より放送再開)。
  • 18日
    • 【音楽】テレビ朝日系の老舗音楽番組『題名のない音楽会』(出光興産(出光昭和シェル)一社提供、一部地域及びBS朝日〈2K・4K〉時差ネット)はこの日(北海道テレビ、静岡朝日テレビ、福井テレビ〈フジテレビ系〉[注 108]、BS朝日は翌19日)より、産休のため降板した松尾由美子(テレビ朝日アナウンサー)の後任のサブ司会者として武内絵美(同)が新たに就任、メイン司会の石丸幹二(俳優・歌手)とコンビで司会を務める。武内が音楽番組の司会を務めるのは『ミュージックステーション』でタモリと共同司会(2000年4月 - 2004年3月在任)を務めて以来16年ぶり[437]。なお同日と翌週25日は2週に亘り「題名プロ塾・葉加瀬太郎編」を放送した。
    • 【スポーツ・公営競技】テレビ東京・BSテレ東(2K・4K)の競馬中継『ウイニング競馬』は同日放送(中山グランドジャンプ他を中継)より当面の間出演者・スタッフを開催競馬場に派遣せず、テレ東本社スタジオ及び特設ブースから中継。また一部レギュラー出演者はリモートで出演[438]
    • 【紀行・関東広域圏】フジテレビ土曜正午枠『ぶらぶらサタデー』(一部地域へもネット)で放送の『有吉くんの正直さんぽ』のこの日の放送は通常と異なり、放送200回突破を記念して特別企画『有吉くんの正直さんぽ 放送200回記念!おさんぽサミット2020!』を放送。同番組で旅人を務める有吉弘行と生野陽子(フジテレビアナウンサー)が司会を務め、ゲストパネラーに番組最多出演38回を誇る井森美幸(タレント)、小峠英二(バイきんぐ)、街歩き情報誌の編集長らを迎え、これまでの放送で行った場所、今後行ってみたい街・店などについてトークした[439]
  • 18日・19日6月8日 -【映画・追悼・関東広域圏・北海道・広島県・BS】10日に逝去した映画監督の大林宣彦(82歳没)を偲び、大林がメガホンを執った代表作であり、1983年公開の『時をかける少女』(主演:原田知世)を追悼特別放送した。18日は日本テレビ・札幌テレビの2局ネットにて、13時30分 - 15時30分の枠で放送[440][441][442]、なお、番組の最後に大林追悼のテロップを表示した[443]。翌19日未明(18日深夜)には中国放送(RCC、TBS系)で放送(1時58分 - 3時52分)[444][注 109]され、さらに6月8日にはNHK BSプレミアム『プレミアムシネマ』(21時 - 22時45分)でも放送された。
  • 18日〜5月2日 - 【アニメ・映画】SFアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(GAINAX制作、初放映:1995年10月 - 1996年3月、テレビ東京系)の誕生25周年を記念し、NHK BS4Kでこの日から3週にわたり映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』3作品を4Kリマスター・5.1chサラウンドで放送[445]。なお、事前特集として10日にBS4Kにて『歴史秘話エヴァンゲリオンヒストリア』が放送された(14日にBSプレミアム・総合テレビで再放送)。→5月16日の出来事も参照
  • 19日
    • NHK総合
      • (18日深夜)【トーク・バラエティ】シンガーソングライターの岡崎体育とロックバンド・ヤバイTシャツ屋さんがMCを務める、出演者全員がテレワーク型で進行する新トークバラエティ番組『よなよなラボ』(月1回、第3日曜〈土曜深夜〉0時5分 - 1時5分)を放送開始。同番組は3月まで放送された『テンゴちゃん』を改題・リニューアルしたもので、SNSを駆使して番組を進める[446]。初回となるこの日のゲストはお笑いトリオ・四千頭身が出演する[447]
      • 【ドキュメンタリー・人物・追悼】15時5分 - 16時11分の枠にて、映画監督の大林宣彦(10日没、享年82)を追悼し、彼の映画作りの姿に密着したドキュメンタリー番組2本(『目撃!にっぽん「それでも僕は映画を撮る〜監督・大林宣彦 80歳の決意〜」』2018年10月7日放送、『クローズアップ現代+「大林宣彦 生きる覚悟」』2019年11月28日放送)を再放送[436]
    • 【映画・追悼】BS朝日(2K・4K)にて、10日に逝去した映画監督の大林宣彦(82歳没)を偲び、大林がメガホンを執った1981年公開の『ねらわれた学園』(主演:薬師丸ひろ子[428][429]を14時 - 15時54分の枠で放送する。
    • 【教養・情報】BSテレ東(2K・4K)日曜21時枠にて、日本全国の名門校の知られざる魅力を紹介する教養情報番組『THE名門校 日本全国すごい学校名鑑』を放送開始。MCは登坂淳一(フリーアナウンサー、元NHKアナウンサー)、アシスタントは角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)が務める[448]
    • 【編成・情報・福岡県】RKB毎日放送は、番組のレギュラー出演者がコロナに感染した関係で6日から番組を休止中(当時)の『今日感テレビ』について、同月20日からの放送再開を断念し休止期間を延長した。同番組スタッフを18時台ローカルニュース『今日感ニュース』に移し、また『今日感テレビ』が通常放送されている時間帯は『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(CBCテレビ制作。TBS、北海道放送他へもネット)を5月22日まで臨時ネットした[449]。→4月6日〜17日、5月25日の出来事も参照
  • 19日・26日 - 【映画・追悼】WOWOWプライムにて、3月29日に急逝した志村けん(享年70)の追悼特集として、ザ・ドリフターズの主演映画のうち、志村加入後に松竹で制作された4作品(第13〜16作)を2週にわたって編成。19日は『超能力だよ全員集合!!』と『ザ・ドリフターズの極楽はどこだ!!』(いずれも1974年公開、渡辺祐介監督)、26日は『ザ・ドリフターズのカモだ!!御用だ!!』『正義だ!味方だ!全員集合!!』(いずれも1975年公開、瀬川昌治監督)と、1週2本ずつのペースで放送した[450]。なお、この4作品は5月にもWOWOWシネマで放送された[注 110]
  • 20日
    • (19日深夜)【音楽・関東広域圏・CS】フジテレビ(関東ローカル)及び同局CS放送・フジテレビONEで、日本時間19日午前に開催のコロナ感染症との戦いを支援するストリーミングコンサート『One World: Together at Home』(日本語字幕版)の模様を放送(1時30分 - 3時40分)した[451]
    • 【報道】NHK総合のニュース番組でこの週より当面、臨時人事を実施。『おはよう日本』では、平日6・7時台のメインキャスターである高瀬耕造、桑子真帆(ともにNHKアナウンサー)が同日より隔週交代で出演。この週は高瀬が、翌27日からの週は桑子が担当する[452]。また『ニュース7』では担当アナウンサーシフトを3班体制に変更。その内訳は月 - 水曜が瀧川剛史上原光紀、木・金曜は井上裕貴・赤木野々花、土・日曜が青井実池田伸子(全員NHKアナウンサー)といった体制となる[453]
    • 【クイズ】テレビ朝日系『Qさま!!』にて、優香(タレント・女優)の産休に伴うピンチヒッターMCとして、女性アイドルグループ・乃木坂46メンバーの高山一実が就任。なお、高山の就任は同日放送の90分SP(20時30分 - 21時48分)の冒頭にて発表された[454]。→3月9日の出来事も参照
    • 【編成・情報・地域報道・近畿広域圏】朝日放送テレビの早朝枠情報ワイド番組『おはよう朝日です』(平日版)は、この日よりコロナ対策でアナウンサーシフトを変更。同番組の司会とアシスタントを月・火曜を岩本計介と津田理帆が、木・金曜を平日版アシスタントの川添佳穂がメイン司会となり、アシスタントを藤崎健一郎が担当する。水曜に関しては、岩本・津田、川添・藤崎の組み合わせで隔週交替で担当[455]
    • 【編成・地域報道・山口県】山口放送『KRYさわやかモーニング』(通常の放送時間は5時20分 - 6時30分)はコロナ対策として、この日の放送から当面の間、30分繰り下げて5時50分から放送開始時刻を変更した[256][注 111]
    • 【アニメ・制作】アニメ制作会社の東映アニメーション(本社:東京都練馬区)はこの日、同社制作の日曜朝のアニメ3作品(『ヒーリングっど♥プリキュア』〈朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系列〉、『デジモンアドベンチャー:』〈フジテレビ系〉、『ONE PIECE』〈同〉)について、コロナ感染拡大を受けて安全対策に最大限の配慮をするべく、26日以降の放送を中断・延期すると発表。『プリキュア』はこれまで放送したエピソードの中から厳選して、『デジモン』は3月まで放送されていた『ゲゲゲの鬼太郎(第6作)』の再放送を、『ONE PIECE』は「ワノ国編」の再放送をそれぞれ行い[456]、いずれも6月28日より新作の放送を再開予定[457][458]。→6月28日も参照
  • 20日〜26日 - 【編成・情報・バラエティ・東京都】TOKYO MX、8日〜19日予定(当時)の緊急編成対応を延長継続(15日発表)[459]。報道番組を除く自社制作の生放送4番組(『5時に夢中!』『バラいろダンディ』『週末ハッピーライフ! お江戸に恋して』『日曜はカラフル!!』)の休止を1週間延長し、平日帯枠、『5時』の時間帯は『ホークス戦2019ダイジェスト』、『バラいろ』の時間帯は海外ドラマ『CSI:マイアミ5』をそれぞれ代替で放送した[460][459]。→4月8日〜19日の出来事も参照
  • 20日〜5月29日 - 【編成・情報・地域報道・近畿広域圏】毎日放送は、この日よりコロナ対策として、平日午後枠の『ちちんぷいぷい』と夕方枠の『ミント!』のローカル2番組を一本化した『おうちにいようよ[注 112] ちちんぷいぷい&ミント!』として放送し、出演者及びスタッフの接触機会を減らすという取り組みを行った[461][462]。→6月1日の出来事も参照
  • 20日~7月10日 - 【紀行】NHK BSプレミアムで年2シーズン放送されている『にっぽん縦断 こころ旅』(旅人:火野正平〈俳優〉。朝版:平日7時45分 - 7時59分、とうちゃこ版:火 - 金曜19時 - 19時29分。再放送あり、BS4Kでも放送)は、3月30日より三重県からスタートしていた「春の旅」について、コロナの影響によりロケ及び放送を中断(17日の放送にて発表)。20日より『こころ旅 プレイバック』と題し過去の傑作選を編成、BSプレミアムでは2014年「春の旅」をアンコール放送[463]、BS4Kでは2019年「春の旅」を4K画像で初放送した。→7月13日も参照

4月第4・5週[編集]

  • 22日
    • 【ドキュメンタリー・賞】この日(日本時間)行われた国際メディアコンクール「ニューヨークフェスティバル」にて、フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(日曜14時 - 14時55分)がドキュメンタリー・宗教哲学部門の銀賞を受賞。同番組の受賞は前年(銅賞)に続き2年連続で、本年度受賞作品は2019年6月2日に同番組で放送された『おじさん、ありがとう〜ショウとタクマと熱血和尚〜』。なお、コロナ感染拡大の影響を鑑み授賞式は行われず、ウェブサイト上での発表となった[464]
    • 【地域報道・情報・鳥取県・島根県】山陰放送『テレポート山陰』キャスターを務めた森谷佳奈(山陰放送アナウンサー)が卒業。[要出典]
  • 22日〜5月13日 - 【スポーツ・バラエティ・近畿広域圏】毎日放送のスポーツバラエティ番組『戦え!スポーツ内閣』(一部地域でも同時ネット)は、コロナの影響でスタジオ収録が当面出来ず、且つこれまでの収録ストックが底をついた状況を考慮し、この日より4週に亘り過去放送分をまとめた総集編を放送[465]
  • 24日
    • いずれも【トーク】
      • 【追悼】テレビ朝日系『徹子の部屋』にて、23日朝に急逝した岡江久美子(63歳没)を偲び、追悼特集として「追悼・岡江久美子さん」を放送した[466][注 113]
      • 【バラエティ】TBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』の2時間スペシャル(20時 - 22時)にて、YOSHIKIX JAPAN)が波乱万丈の人生を語った回(2018年3月30日放送)を再編集して放送。また、YOSHIKI本人からの緊急メッセージも併せて紹介した[467]
  • 25日
    • (24日深夜) - 【討論】テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』ではこの日「激論!“新型コロナ”緊急事態宣言と日本」をテーマに討論、本年の最少人数となる6人で行われた[468]
    • 【トーク・バラエティ・不祥事・近畿広域圏】関西テレビのトークバラエティ『胸いっぱいサミット![注 114]の前週18日の放送で、ハイヒール・リンゴ(漫才師)が「試して欲しい改良マスク」について紹介した際に不適切な発言を行って批判を受けたとして、この日の放送の冒頭で自ら謝罪した[469]
  • 25日・5月10日 - 【トーク・バラエティ・特番】テレビ東京にてこの日、出川哲朗(お笑いタレント)、IKKO(美容家・タレント)、みやぞんANZEN漫才)の3名による冠特番『出川・IKKO・みやぞんの割り込んでいいですか?』を放送(25日:11時30分 - 13時1分〈関東ローカル〉、5月10日:16時 - 17時25分〈テレビ東京系〉)。同特番は元々ロケ番組を制作する予定が、東京都からの外出自粛要請を受け中止、構想を変更し僅か3日で制作した前代未聞の「在宅」バラエティであり、出川らがそれぞれ自宅や所属事務所などからリモートで繋ぎながら出演し、各所に割り込み(ゲスト)としてギャル曽根、濱口優(よゐこ)、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、りんごちゃんらが登場した[470][471]
  • 26日
    • (25日深夜)【ドキュメンタリー・人物・追悼】NHK Eテレにて、10日に逝去した映画監督の大林宣彦(享年82)を追悼し『ETV特集「青春は先頭の消耗品ではない 映画作家 大林宣彦の遺言」』(2017年9月2日放送)を0時30分 - 1時29分の枠でアンコール放送した[436]
    • NHK総合
      • 【音楽】『NHKのど自慢』の代替番組として(12時15分 - 13時)音楽特番『お家でSING!』を放送。Little Glee Monster(以下「リトグリ」と記す)が「家にいる子どもたちへ、一緒に頑張ろう!」という思いを込めたスペシャルライブを実施。番組では『第87回NHK全国学校音楽コンクール(Nコン2020)・中学校の部』課題曲としてリトグリが描き下ろした新曲『足跡(あしあと)』など5曲を披露。なおMCは土屋礼央RAG FAIR)と赤木野々花(NHKアナウンサー)が務めた[472]
      • 【教養・ドキュメンタリー】日曜夜の教養番組『ダーウィンが来た!』のナレーターが交代(和久田麻由子(NHKアナウンサー)→中山果奈(同))[473]
    • 【トーク・バラエティ】朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系にて、放送50年目を数える『新婚さんいらっしゃい!』にてこの日、特別編として、長年司会を務める六代 桂文枝(落語家・タレント・司会者)の代名詞である「椅子コケ」をまとめた「桂文枝イスコケ50連発SP」を放送した[474]
    • 【お笑い・演芸・近畿広域圏】毎日放送にて、同局でこれまで放送した漫才番組の膨大な映像アーカイブから傑作をランキング形式で紹介する漫才特番『MBS That's!オール漫才〜実力派コンビが選ぶネタのセルフベスト〜』を放送(15時 - 17時)。同番組にはティーアップ笑い飯ダイアン銀シャリの4組(いずれも吉本興業所属)が出演し、彼らのセレクトによる傑作ネタを、当時のエピソードを交え紹介[475]。同特番は5月31日以降、毎月最終日曜日に月1回ペースで放送されている。
  • 26日〜5月31日 - 【アニメ】テレビ東京系『ポケットモンスター』は、コロナの影響により、安全に配慮した番組制作を行う関係上一部制作作業を見合わせるとして、6週に亘り、過去の放送回を再放送した[476](6月7日より新作放送再開[477])。
  • 27日
    • 【報道】NHK総合『ニュースウオッチ9』では、この週より担当キャスターシフトを週替り2班体制に変更。その内訳はA班:有馬嘉男(NHK報道局記者)・星麻琴(NHKアナウンサー)、B班:一橋忠之(同)・和久田麻由子(同)となる[478]
    • 【バラエティ】フジテレビ系『関ジャニ∞クロニクル』の新シリーズとなる『関ジャニ∞クロニクルF』、月曜23時枠にて放送開始[203][479]
    • 【地域報道・情報・北海道】札幌テレビ放送(STV、日本テレビ系)の平日早朝枠地域情報番組『どさんこワイド!!朝!』は、この日よりコロナ対策として放送時間を当面の間5時50分 - 6時30分に変更[480]
  • 28日 - 【地域報道・情報・鳥取県・島根県】山陰放送『テレポート山陰』は、この日より担当キャスター曜日としてシフト変更が行われた。小崎純佳アナウンサーが火曜担当に。丸山聡美(山陰放送アナウンサー)が水曜担当に。[要出典]
  • 28日6月30日 - 【アニメ】4月から毎日放送、TOKYO MX、AT-Xなどで放送中のアニメ『放課後ていぼう日誌』について、コロナの影響を鑑み、28日(MBS、MX、AT-X)以降に放送予定だった第4話から放送及び配信を延期した[481]。→7月28日の出来事も参照
  • 29日(28日深夜) - 【お笑い・トーク】フジテレビにて、3月まで放送していた志村けん(3月29日没、享年70)の冠番組『志村でナイト』の後番組としてこの日より『志村友達』(水曜〈火曜深夜〉0時55分 - 1時25分)を放送開始。ホスト役は大悟(千鳥)と柴田英嗣(アンタッチャブル)の2人が務め、志村が『志村X』時代から残したコント映像を肴にしてゲストとトークを展開する[482]
  • 29日・5月2日 - 【ドキュメンタリー】NHK総合『NHKスペシャル』にてシリーズ企画『未解決事件』の第8弾『未解決事件 File08 JFK暗殺』を2回に亘って放送(29日〈エピソード1〉:19時30分 - 20時30分、5月2日〈エピソード2〉:21時 - 21時54分)。同シリーズで初めて日本国外の未解決事件を扱ったこの回、1963年に発生した当時のアメリカ大統領ジョン・F・ケネディ暗殺された事件の謎を再現ドラマを交えて紹介した。なお29日の本編終了後(20時30分 - 20時50分)には『ケネディとその時代』と題したミニドキュメントを放送した[483]
  • 30日5月7日(29日・5月6日深夜) - 【バラエティ・近畿広域圏・追悼】読売テレビ『浜ちゃんが!』(日本テレビほか遅れネットあり)では2週に亘り、前月急逝した志村けんの追悼として、番組MCであり志村と親交のあった浜田雅功(ダウンタウン)が、志村との共演を振り返る「浜ちゃんと志村けん極秘映像スペシャル」を放送、これまでに放送した同番組の正月特番などの映像を見ながら在りし日の志村を偲んだ。なお日本テレビでは5月14日・21日(13・20日深夜)に放送された[484]
  • 30日
    • 【情報・放送事故】テレビ朝日ほか『グッド!モーニング』は、この日の放送で実施したデータ放送クイズ「お天気検定」にて、「2020年1月1日から4月29日までに本州で最高気温を記録した場所」の三択問題〈青:岐阜多治見、赤:新潟糸魚川、緑:東京青梅〉で本来は緑が正解であるにもかかわらず、データ画面で青が正解となる表示ミスが発生。このため緑を選択した視聴者に正解ポイントが入らないという事故となった。局側はこのミスを番組公式ツィッターにて謝罪すると共に[485]、5月1日放送の同番組の「お天気検定」の時間帯にデータ放送に参加した視聴者に対して6ポイントを加算(して正解者には更にポイントを加算)する措置をとることを表明した[486]
    • 【編成・東京都】TOKYO MXはこの日、コロナ対策で8日より生放送を取りやめていた『5時に夢中!』『バラいろダンディ』などの番組について5月7日より順次放送を再開することを発表。なお同局では再開にあたっては感染防止対策を厳格に実施した上で内容や安全性を最大限に考慮することも併せて表明している[487]

5月[編集]

5月上期[編集]

  • 1日
    • 【編成・報道・バラエティ】NHK総合ではこの日『ニュース7』を放送時間を45分延長して放送[488]した関係上、同日放送の『さし旅』を20時15分 - 20時42分に繰り下げ。このため、同日放送予定の『チコちゃんに叱られる!選』は休止となったが、2日の再放送枠(8時15分 - 9時)を本放送に昇格して放送した[注 116]
    • TBS系
      • 【報道・健康問題】夕方ニュース『Nスタ』のスタッフ1名が、前日の夜にPCR検査を受けたことを同番組のメインキャスターである井上貴博(TBSアナウンサー)が明かした。また井上自身も当該スタッフと接触したことからこの日の放送は自宅からのリモート出演となった。なお井上のスタジオ復帰についてはスタッフの検査結果が出てから改めて判断する[490]としていたが、4日の放送でスタジオ復帰した[491]
      • 【クイズ・トーク・紀行・バラエティ・追悼】『ぴったんこカン・カン』では、4月23日に急逝した岡江久美子(63歳没)の追悼特集として、2011年11月18日放送回(『はなまるマーケット[注 117]放送15周年を記念し、同番組で共同司会を務めた薬丸裕英〈タレント・俳優、元シブがき隊〉と共演)を再編集し特別放送[492]。同日の番組終盤にて薬丸が岡江への思いを綴った手紙を直読した[493]
  • 1日・8日 - 【教養・BS・中京広域圏】NHK名古屋放送局制作で、草彅剛(元SMAP)が司会を務める教養特番『最後の○○ 〜日本のレッドデータ〜』を、1日にBSプレミアムで全国放送(22時 - 22時59分)、また8日に東海3県で総合テレビの地域番組『金とく』にて放送(19時30分 - 19時56分)した。番組では絶滅の危機にある「日本の多様性」に焦点を当て、日本各地に潜在する「最後の○○」を徹底リサーチ、その影響などについて検証した[494][495]
  • 2日
    • (1日深夜)【バラエティ】テレビ朝日系『タモリ倶楽部』の同日の放送より、1982年の番組開始から足掛け38年に亘り使われたお尻映像によるオープニングをやめ、タモリによる挨拶からスタートする形となった[注 118]。また休止中の「空耳アワー」(但し、投稿募集は継続中)に代わる新コーナーとして、過去単発で放送された「マッチングタモリ」を始動[496]。→4月11日の出来事参照
    • 【情報】この日放送のTBS系『新・情報7DAYS ニュースキャスター』で、コメンテーターを務めるビートたけしが一部週刊誌が報じた元弟子名義の保険証の不正使用疑惑について強い口調で否定した[497]
    • 【映画・追悼・山口県】山口放送(KRY)にて同日、下関市出身で、3月31日に逝去した映画監督の佐々部清(55歳没)を追悼し、この日の13時 - 15時5分に同局制作の映画『チルソクの夏』(2004年公開、監督:佐々部、主演:水谷妃里)を放送した[498]
  • 3日
    • 【バラエティ】日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』は、この日「イモト×安室奈美恵…感動の初対面再び 人生最大!涙のドッキリ完全公開SP」と題し、2018年7月29日に放送したイモトアヤコ(タレント)と安室奈美恵(元歌手、2018年9月引退)との初対面の模様を、再構成して放送した[499]
    • 【スポーツ】フジテレビ系にてこの日『緊急生中継!中居正広のスポーツ珍プレー好プレーみんなで生サプライズを起こしましょうSP』と題したスポーツの伝説の名場面を一挙公開する特番を3時間に亘って放送(19時 - 21時54分[注 119])。同特番では視聴者アンケートでランキングを決定する「逆転劇ベスト10」などを紹介[500]。また番組内では東京タワーの特別ライトアップ演出も生中継で行われた。
  • 3日〜6月14日 - 【アニメ】フジテレビ系『ちびまる子ちゃん』では、コロナによる制作スケジュール遅延により、7週に亘り「春のさくらももこ祭り」と題し過去の人気作品を放送した[501]。→6月21日の出来事も参照
  • 3日~6月28日 -【アニメ】テレビ東京系のアニメ2番組にて、コロナにより新作の制作に影響が出たため、この期間、再放送などで対応した。→7月5日の出来事も参照
  • 4日
    • NHK総合
      • (3日深夜)【アニメ】1978年に宮崎駿監督で放送された『未来少年コナン』のデジタルリマスター版を同日より放送(0時10分 - 0時35分)。これは4月6日(5日深夜)から放送開始された『キングダム(アニメ第3シリーズ)』がコロナの影響により制作スケジュールに遅れが生じ、放送中断している関係上[504][505][注 120]。→6月13日・14日・22日(21日深夜)も参照
      • 【教養・報道・災害】この日22時 - 22時50分の枠で放送される予定だった『アーカイブス秘蔵映像でよみがえる にっぽんの廃線100』(後述)が放送中に千葉県を震源とする震度4の地震により緊急ニュースに切り替わった為途中で放送中断[注 121]。→6日の出来事も参照
    • 【教養】日本テレビ系にて、櫻井翔)と池上彰(ジャーナリスト)のタッグによる教養特番『櫻井翔×池上彰 教科書で学べない「ニッポンの超難問」』を放送(19時 - 21時)[507]。第4弾の今回は、コロナ感染拡大問題を中心に、一部生放送を交え解説を行った(櫻井はリモートで出演した)。
  • 4日〜18日 - 【バラエティ・近畿広域圏】毎日放送『痛快!明石家電視台』は後述する番組収録の当面休止により収録ができず、前週(4月27日)放送分を最後にストック切れとなり、3週に亘り「緊急総集編」を放送した[508]。→3月4日、5月25日もそれぞれ参照
  • 5日 - 【バラエティ・教養】NHK総合『チコちゃんに叱られる!』のスペシャル版として『チコちゃんに叱られる!「エール」コラボSP』をこの日の8時15分 - 9時30分の枠で放送。当初は前日4日の19時30分 - 20時42分の枠で本放送予定だったが『ニュース7』延長対応のため、2回続けて再放送枠を本放送に昇格する形となった[注 116][489]
  • 6日
    • 【教養・文化】NHK総合にてこの日、4日に地震ニュースの為途中で放送中止となった特番『アーカイブス秘蔵映像でよみがえる にっぽんの廃線100』を放送(9時 - 9時50分[注 122])。同特番では、廃止となった鉄道路線を、全国のNHK放送局の秘蔵映像や廃線のその後、当時の秘話などで紹介[509][注 123]。司会は三宅裕司(タレント)と赤木野々花(NHKアナウンサー)が務め、ゲストに六角精児(俳優)らが出演。なお、7月4日(21時15分 - 22時5分)と同月18日(15時55分 - 16時45分[注 124])にもそれぞれ再放送されたほか、8月1日にはBSプレミアムにて拡大版(18時 - 19時30分)で放送される予定。→4日の出来事も参照
    • 【教養・ドキュメンタリー・経済・スポーツ】テレビ東京系にてこの日、池上彰(ジャーナリスト)と松井秀喜(元野球選手〈巨人→ニューヨーク・ヤンキース〉、ヤンキースGM付特別アドバイザー)両名によるドキュメンタリー特番『池上彰×松井秀喜 in キューバ』を放送(22時 - 23時24分)。番組では池上と松井が キューバを取材し、米国との国交回復後の経済変貌や、野球の強さについてリポートした[510]。ほか、両名による対談にて、池上が松井に将来的な巨人監督就任の可能性について質問した[511]
  • 6日〜27日 - 【クイズ】TBS系『東大王』(一部地域除く)では6日の2時間SP(19時 - 21時)より、視聴者がテレビのリモコンを使用し全ての問題に参加できる生放送を実施[512]。この企画は27日まで行われ、同番組は約1か月間生放送となった。
  • 6日〜7月17日 - 【音楽・人物・追悼・CS】フジテレビ系CS放送・フジテレビTWOにて、2018年5月16日に逝去した歌手・西城秀樹(享年63)の三回忌にあたり「西城秀樹追悼特集」を編成。6日より、かつてフジテレビ系で放送された歌謡番組『夜のヒットスタジオ』(1968年 - 1990年)から西城が出演した回から傑作選として、隔週水曜23時 - 翌木曜0時の枠で放送[注 125]。また29日より、1981年〜1983年にフジテレビで放送された『ザ・スター[注 126]の西城出演回(1981年6月放送)を『ザ・スター 西城秀樹〜人生の四季〜2020年特別編』と題しCS初放送。こちらは地上波未公開映像を加え、7月17日まで全4回に亘り放送された(各回、金曜23時30分 - 翌土曜0時)[513][514]
  • 8日
    • 【バラエティ・騒動】この日一部スポーツ新聞が日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』に出演中のイモトアヤコと女性お笑いトリオ・森三中大島美幸村上知子黒沢かずこ)が今夏に卒業し、後任に女性お笑いトリオ・3時のヒロイン(吉本興業所属)が就任すると報じた[515]件について、イモトはその日のうちに自身のInstagramで卒業を否定し[516][注 127]、翌9日には森三中のスタッフも公式Instagram上でこの件を否定した[518]。日テレサイドも「そのような事実はない」として報道を強く否定[519]しており、また、3時のヒロインも17日にTBS系で放送された『サンデージャポン』で「そんなわけはない」とこの件を否定した[520]
    • 【音楽】テレビ朝日系『ミュージックステーション』(以下『Mステ』)がこの日、4月3日の3時間SP以来約1か月ぶりに生放送を再開[注 128]。司会のタモリと並木万里菜(テレビ朝日アナウンサー)は通常通りスタジオ出演、当日のゲストとして小沢健二スガシカオRADWIMPSToshlゴスペラーズSuperflyの6組がリモート出演し、新曲やカバー曲などを披露した[521]。なお『Mステ』は4月17日より3週に亘り通常の生放送を取り止め、これまでの放送からVTRによる特別編を放送していた[522]
    • 【放送事故・気象・秋田県】秋田放送(ABS、日本テレビ系)はこの日の23時前から翌9日の14時前にかけて7回にわたって放送した『ABSお天気情報』にて、気象庁が発令していないにも関わらず「宮城県西部特別警報が発表されています」との誤った内容の特別警報音声が流れていたことを発表。同局では9日に誤りであったことを認めて謝罪すると共に、事実と異なる音声が流れた原因について調査を行っている[523][524]
  • 9日
    • NHK
      • (8日深夜) - 【トーク・追悼】Eテレ『SWITCHインタビュー 達人達』(土曜22時 - 22時59分)の再放送(土曜0時 - 0時59分)にて、3月に急逝した志村けん(享年70)の追悼として、志村が予てから大ファンだった女性テクノポップグループ・Perfumeと対談した「志村けん×Perfume」の回(2015年11月14日放送)を再構成して放送した[525]
      • 【スポーツ・ドキュメンタリー】総合テレビにてこの日『NHKスペシャル「ふり向かずに 前へ 池江璃花子 19歳」』(19時30分 - 20時30分)を放送。番組では、2019年に白血病で倒れた競泳選手・池江璃花子日本大学)にスポットを当て、壮絶な闘病そして未来への夢を追い、前へ踏み出そうとしている池江の姿を捉えると共に、今伝えたいという池江自身のメッセージを伝えた[526]
  • 9日〜30日 - 【お笑い・スポーツ】テレビ東京系『そろそろ にちようチャップリン』の兄弟番組として『俺たち、どようびチャップリン〜大爆笑!伝説ネタ祭り〜』を、土曜22時30分 - 23時の枠に期間限定放送。レギュラー版の『そろそろ にちようチャップリン』も継続放送されるため『追跡LIVE! Sports ウォッチャー』を挟んだ2部構成となる。これに伴い『Sports ウォッチャー』は30分縮小し、再び23時開始に戻った[527][528]
  • 10日
    • 【トーク】NHK総合でこの日夜に、プロデューサークリエイターらがそれぞれの分野の垣根を超え「今、テレビができる事」についてテレワークを通してトークする特番『あたらしいテレビ 徹底トーク2020』を放送(23時 - 翌0時)、佐久間宣行(テレビ東京プロデューサー)、土屋敏男(日本テレビ元プロデューサー、現・シニアクリエイター。「T部長」で有名)、野木亜紀子(脚本家)、疋田万理(メディアプロデューサー)、ヒャダイン(ミュージシャン、音楽プロデューサー)、フワちゃん(YouTuber芸人)らが出演した[529]
    • 【バラエティ】テレビ東京系で、1992年 - 2008年まで放送された人気バラエティ番組『TVチャンピオン』のスペシャル版『TVチャンピオン 大食いから手先が器用まで…もう一度見たいリクエストSP』を放送(18時30分 - 21時54分)。この日は人気企画からレギュラー番組にまで昇格した「大食い選手権」を中心に、田中信夫(声優、2018年10月没)のナレーションやBGMも手を加えずに当時のまま放送した[530]

5月中期[編集]

  • 12日 - 【バラエティ】毎日放送制作・TBS系にて、これまで2回(1回は関西ローカルで)放送されたバラエティ特番『出川哲朗の恥の王様〜恥の数だけ人生は豊かになる〜』がゴールデン初進出、この日19時からの2時間SPで放送した。当初、4月7日に放送予定だったが、緊急事態宣言に伴う報道特番のため1か月延期されていた[531]。→4月7日の出来事も参照
  • 13日(12日深夜) -【音楽・不祥事】テレビ朝日『フリースタイルダンジョン』に審査員として出演していたラッパーの男が2日に大麻取締法違反で警視庁に現行犯逮捕されたことを受け、同番組の当該人物のこの日以降の出演を見送ることを番組公式サイト上で発表すると同時に視聴者に対して謝罪した[532]
  • 14日21日 -【報道・バラエティ・編成】NHK総合ではこの日『ニュース7』を放送時間を30分延長のため『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』を3分繰り下げ20時 - 20時45分の枠で放送(19時30分 - 19時57分の『所さん!大変ですよ』は休止[注 129])。
  • 14日 - 【バラエティ】日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』はこの日2時間SP『ぐるナイ新旧ゴチメンバー大集合で大混乱!?ゴチ20年涙と笑いの秘蔵映像公開!』(19時56分 - 21時54分)として放送、名物コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!」の現メンバー(岡村隆史・矢部浩之、田中圭千鳥・ノブ、本田翼、増田貴久)及び元メンバー(国分太一、出川哲朗、中島健人渡辺直美他)が出演、過去出演したVIPゲスト(志村けん、星野仙一他)や元メンバーの大杉漣(俳優、2018年没)などの名場面を一挙公開した[533]。当初は生放送の予定だったが急遽前日収録に変更、番組冒頭で岡村が自らの騒動[注 115]について謝罪した[534]
  • 15日
    • 【バラエティ・倫理問題】NHK総合『チコちゃんに叱られる!』で、この日の放送[注 130]の最後に、MCの岡村隆史(ナインティナイン)のラジオ番組における不適切発言[注 115]について「番組からのおことわり」として、岡村の発言についてNHKにも厳しい意見が相次いだことを説明するテロップを映し出し、視聴者にお詫びした[535]
    • 【音楽・特番】日本テレビ系で年1回恒例の音楽特番『THE MUSIC DAY』について、本年は秋以降の放送で検討していることが、この日同局から発表された。具体的な放送時期は今後状況を見て検討する方向。同特番は2013年より毎年7月に夏恒例として長時間にわたって放送、櫻井翔(嵐)が総合司会を務めてきた[192][193]
  • 16日17日・18日・23日 -【不祥事・バラエティ・紀行・通販・編成】ナイジェリアの旗 ナイジェリア出身のタレントB・Oが妻への暴行容疑埼玉県警に現行犯逮捕されたことを受け、テレビ東京では16日、Bがリモート出演した同系『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』では断りのテロップを入れて放送した[536][537]ほか、Bがナレーションを務めていた『YOUは何しに日本へ?』においては、17日の「予習復習SP」をテロップで対応し[536][537]、18日のレギュラー放送はナレーターをパトリック・ハーラン(お笑いコンビ・パックンマックン)に変更して放送した。さらにBがレギュラー出演中の同局『虎ノ門市場』を内容変更の他[538][539]、23日に放送予定だった『虎ノ門市場SP 初夏の北海道!絶景&グルメ』を『まんぷくグルメ旅!うなぎの街で発見…3年待ちの絶品蒲焼!虎ノ門市場SP』に差し替えて放送[540]。→5月25日および「その他関連」の5月16日の出来事も参照
  • 16日
  • 17日
  • 17日〜 - 【演芸】日本テレビ系『笑点』の17日放送より、司会の春風亭昇太日本テレビスタジオから、また三遊亭圓楽大喜利メンバー[注 131]が自宅からリモートでの出演[546][547][545]。同日放送では2016年5月22日の桂歌丸(第5代司会者、2018年没[注 132])勇退の回について振り返り[547]、また圓楽が帯状疱疹を患い通院中であることを明かした[548]。24日および6月7日の放送にて番組史上初の「リモート大喜利」が行われた[549]。31日の放送では2006年5月7日の三遊亭圓楽(5代目。第4代司会者、2009年没)勇退の回を振り返り、また6月7日より演芸コーナーを再開、同日ゲストのミルクボーイ(漫才コンビ)が番組史上初となる「リモート漫才」を披露した。さらに6月21日・28日には綾瀬はるか(女優)がゲスト出演したシーンを振り返った。
  • 17日〜6月14日 - 【アニメ】フジテレビ系『サザエさん』は、コロナによる制作スケジュール遅延のため、17日から5週に亘り新作の放送を休止し、過去の作品を再放送[550]。再放送対応[注 133]は、第1次オイルショックの影響により「6周年記念傑作集」と題して放送した1975年2月2日 - 3月2日の5週以来、45年ぶりとなった[551](→1975年のテレビ (日本)#2月も参照)[注 134]。オープニングは4月より放送中の「東京」編を継続、エンディングのじゃんけんも通常通り最新のものを放送した[552][553][554]。同番組に関して、フグ田サザエ役を1969年10月の放送開始時から務める加藤みどり(声優、ナレーター)が「(コロナの影響により)アフレコが無期限の録音中止となった」ことを4月4日のラジオNIKKEI中央競馬実況中継』で明かしていた[551][注 135]他、フジテレビサイドも十分に配慮しながらアニメ制作を行っており、放送に影響はないとしていた[555][556]。→6月21日の出来事も参照
  • 17日・22日 - 【ドキュメンタリー・バラエティ・動物】テレビ東京系のドキュメントバラエティ『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』(月1回、日曜19時54分 - 21時54分)と、フジテレビ系の動物バラエティ番組『坂上どうぶつ王国』(金曜19時台[注 136])が局の垣根を超えたコラボレーションを実施。今回のコラボは『どうぶつ王国』司会の坂上忍(タレント・俳優・司会者)が『池の水』にSOSを出したことがきっかけで実現。17日放送の『池の水』にて、坂上と、お笑いコンビ・サンドウィッチマン[注 137]がゲストとして登場し『どうぶつ王国』で進行中のプロジェクトである動物保護施設の建設予定地(千葉県)の広大な池にて、『池の水』MCの田村淳(ロンドンブーツ1号)・田中直樹ココリコ)両名と大家志津香(AKB48)、前園真聖(元サッカー選手)と共に水抜きに挑んだ[557][558]。また、22日の『どうぶつ王国』ではこのロケの舞台裏について紹介、淳と田中もゲストで登場した[559]
  • 18日
    • いずれも【クイズ】
      • BPO】フジテレビ系『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』で解答権のないエキストラが番組に参加していたことなどについて、BPOの放送倫理検証委員会が放送倫理に違反する疑いがあるとして審議入りすることを発表した。なお、同番組を巡っては司会の佐藤二朗(俳優)が発覚翌日の4月4日に自身のTwitterで謝罪する事態となり、番組自体も長期休止状態となっていた[560]が、6月6日の2時間SPより約3か月ぶりに放送を再開。その際に番組冒頭においてテロップにより今回の件について謝罪した[561]。→4月3日の出来事も参照
      • 【イベント・特番】日本テレビはこの日、毎年夏恒例のクイズイベント『全国高等学校クイズ選手権[注 138]の今夏の開催をコロナ感染拡大の影響により見送り、適切な時期に開催することを検討していることを発表。ただし今後の状況によっては開催中止となる可能性もあるとした[562]
      • 【バラエティ】テレビ朝日系『Qさま!!』はこの日『Qさま!!15周年記念!今では見られない!あの人気芸能人がこんなコトやってました!!最初で最後(秘)映像SP』と題し3時間SPで(19時 - 21時48分)、2004年の放送開始当初(「ネオバラエティ・木曜日」枠時代)の、お笑いタレントらが過酷なロケに挑戦しながらクイズを出題した貴重映像を特集して放送。番組にはネオバラ時代のレギュラーだったアンタッチャブルロバートオードリーの3組がリモート出演して当時を振り返り、また、産休中の優香も電話出演した[563]
    • 【バラエティ・賞】一般社団法人放送人の会主催による『放送人グランプリ2020』がこの日発表され、毎日放送制作・TBS系の『プレバト!!』が「企画賞」を受賞[564]。なお21日放送の同番組内でも、司会を務める浜田雅功(ダウンタウン)と玉巻映美(MBSアナウンサー)から受賞が発表された。
    • 【情報・健康問題・近畿広域圏】朝日放送テレビの早朝枠情報番組『おはようコールABC』(関西ローカル)のこの日の放送中にMCの増田紗織(同局アナウンサー)が突然声が出なくなるなどの体調異変が生じ、番組視聴者から増田を心配する声が寄せられた。これを受けて同局は「(増田は)放送中に立ち眩みなど体調不良となり、放送終了後に病院で診察させた後、自宅療養をしている」と明らかにした[565]。その後増田は念のため20日まで休養し、21日の同番組で復帰した[566]
  • 18日〜29日 -【教育・福岡県】テレビ西日本(TNC、フジテレビ系)が福岡県教育委員会による休校小中学生向け学習支援動画の一部をサブチャンネルにて『オンラインスタディ学習動画』と題し、平日15時50分 - 16時50分の時間帯で放送した[567]
  • 19日
    • いずれも【教養・バラエティ】
      • 【トーク】NHK Eテレにて、お笑い芸人がビジネスについての講義を行う『芸人先生』の第3シーズンがこの日から開始(火曜22時50分 - 23時20分、ナレーション:秋元真夏(乃木坂46))。初回2週(19日・26日)はずん飯尾和樹やす)がタクシー会社にて講義を行った[568]
      • 【活動進退】TBS系『この差って何ですか?』の司会を2017年4月より務めている川田裕美(フリーアナウンサー)が、この日の2時間SPにてリモート出演し、番組の最後に「8月出産予定のため、今回の放送をもって産前産後休業に入ります」と番組から一時離任することを発表。川田不在中の同番組司会は女性タレントによる週替りとなり、初週となる26日放送分では朝日奈央(タレント、元アイドリング!!!)が出演した[569]
  • 20日
    • いずれも【情報・表現問題】
      • テレビ朝日系『羽鳥慎一モーニングショー』の前日19日放送分で、千葉市中央区JR蘇我駅で撮影された写真1枚が実際には3月に撮影されたものだったとして、この日の番組後半で斎藤ちはる(テレビ朝日アナウンサー)が謝罪した。この写真については多くの鉄道ファンから同番組に指摘があり、Twitter上では同番組を批判するハッシュタグが付され、一時トレンドワードの上位に入る事態にもなった[570]
      • また同じ日に放送されたフジテレビ系『バイキング』では、17日に撮影されたとする東京・表参道竹下通りの映像が実際には3月に収録されたものであったことが判明し、この日の番組の終わりに榎並大二郎(フジテレビアナウンサー)が謝罪した。同映像では既に販売を終了していた大手ファーストフード店の商品告知が映されていたことから「17日の映像ではないのではないか」との指摘が一部で挙がっていた[571]
    • 【情報・バラエティ】BS-TBS(2K・4K)水・木曜夜の『スイモクチャンネル』がこの日より放送再開。4月1日に開始した同番組は翌週8日以降、コロナの影響で放送休止していたが、出演者とスタッフの感染防止対策を徹底したうえで収録を実施。それに先駆けて、13・14日は初回放送(4月1・2日)を再放送した[572]。→4月1日の出来事も参照

5月下期[編集]

  • 22日
  • 23日 - 【お笑い・演芸】フジテレビ系で不定期放送のお笑い特番『ENGEIグランドスラム』(MC:ナインティナイン・松岡茉優)を放送。同日は夕方枠を「マチネ」(16時30分 - 17時30分、北海道文化放送にもネット[注 139])、夜枠(『土曜プレミアム』、27局ネット)を「リモート〜離れていても心は一つSP〜」と題し、初の2部制で放送された。コロナの影響により、前回(3月28日)に続き無観客[注 140]で放送された[578]
  • 24日31日6月7日 - 【スポーツ・特番】NHK総合にて、大相撲夏場所両国国技館)の開催中止に伴い、中継の代替番組として、3週に亘り『大相撲特別場所〜テレビ桟敷へようこそ〜』と題した特番を放送。同特番では過去に放送した相撲関連番組を再放送したほか、角界関係者(現役力士親方ら)がリモートや電話などで出演した[579]
  • 24日 - 【特番】フジテレビ系で毎年恒例となっている長時間特別番組『FNSの日』(FNS27時間テレビ)について、フジテレビは、コロナ感染拡大の影響で同局及び系列局アナウンサーやスタッフを東京の本局へ招集してのスタジオ放送業務や大掛かりなロケーションを実施することが難しく、テレワークシステムを用いた形での番組制作は厳しいと判断、更に収束時期も現時点で予測不可能なことなどから本年夏もしくは秋に予定していた放送を全て断念、1987年の番組開始以来34年目にして中止とする方針を定めたことがこの日明らかとなった[580]。その後、25日にフジテレビから同番組中止が正式にアナウンスされた[581]
  • 25日
    • 【編成・報道・ドキュメンタリー・人物】NHK総合では『ニュース7』を30分拡大し20時まで放送したため、この日放送の『ファミリーヒストリー』(月1回放送)について、同日19時30分から「特別編」として放送予定だったのを変更し、2016年10月20日[注 141]に放送されたケンドーコバヤシ(お笑い芸人)の回をアンコール放送した。
    • TBS系
      • 【バラエティ】2014年から2015年まで放送された冒険バラエティ番組『アイ・アム・冒険少年』(MC:岡村隆史(ナインティナイン)、田中直樹(ココリコ)、川島海荷)が5年ぶりにレギュラー番組として復活、月曜21時枠で放送開始[582]。新たなレギュラーとして、ジャニーズ事務所所属のグループ・Snow Manのメンバー、向井康二目黒蓮が加入[583]。初回は19時からの3時間SP(19時 - 22時)で、人気企画「脱出島」(ゲスト:フワちゃん、伊沢拓司ほか)を放送した[584]。なお、当初4月20日から開始予定だったが、コロナの影響による収録の遅れから1か月延期となっていた[585](同日は「脱出島」の過去放送(第1期レギュラー・特番)分を再編集し特別版として、今回と同様3時間SPで放送した)。
      • 【バラエティ・近畿広域圏】毎日放送『痛快!明石家電視台』はこの日の放送より収録を再開、同日放送回では「復活!リモート収録で明石家メンバーになにをきくねん」と題して、ビデオ通話を駆使して全国の一般視聴者16人とつないでトークを行った。なお、この回は東京支社ラジオスタジオにて収録され、明石家さんま、村上ショージ中川家がスタジオ出演した[586][注 142]。→3月4日、5月4日〜5月18日もそれぞれ参照
      • 【地域報道・情報・福岡県】RKB毎日放送にて、出演者のコロナ感染などの影響で4月6日より放送を休止していた平日午後枠の情報ワイド番組『今日感テレビ』がこの日より再開した[587][588]。→4月6日および4月19日の出来事も参照
    • 【バラエティ】テレビ東京系『YOUは何しに日本へ?』のメインナレーターを務めていたB・Oの不祥事により、同日の放送ではダニエル・カール(タレント)とサヘル・ローズ(同)がナレーターを担当。当面は週替わりでナレーターを起用[589][590]。→5月16日の出来事も参照
  • 25日〜6月29日 - 【食・紀行】BS-TBS(2K・4K)月曜21時台のを題材にしたグルメ紀行番組『吉田類の酒場放浪記』では、コロナの影響によりロケが休止となった関係上、25日(第953回)から6週に亘り、番組ナビゲーターの吉田類(酒場ライター、イラストレーター、詩人)の仕事場およびアトリエからのリモート収録による「吉田類の今日は家呑み」と題した特別編を放送。全国各地から取り寄せた酒の肴をつまみに飲みながら、過去に吉田がロケで訪れた各地の酒場の店主らとテレビ電話で中継をつないだ[591]。また、姉妹番組『おんな酒場放浪記』(金曜23時台)でも5月22日(6月5日再放送)および6月12日放送分をリモート収録にて放送した(22日:寺澤ひろみ、6月5日:倉本康子が出演)[591]
  • 26日(25日深夜)・27日 - 【バラエティ】フジテレビは、恋愛リアリティ番組『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラーが23日未明に逝去した(後述)ことを受け、地上波での26日(25日深夜)の放送及び番組を先行配信していた外資系動画配信サービス・Netflixで26日及び6月2日に予定していた配信をそれぞれ中止。また関係者の一部からは「番組出演者が逝去した以上、放送の継続は難しいのではないか」との指摘もなされた[592][注 143]。その後27日になって番組の打ち切りを同局及び番組制作会社のイースト・エンタテインメントが発表[593]。→「その他テレビに関する話題」の5月23日の出来事も参照
  • 26日 - 【トーク・バラエティ】テレビ朝日系『アメトーーク!』の3時間SPとして『アメトーーーーーーク 運動神経悪い芸人大賞しっかり再編集SP!!』を放送(19時 - 21時48分)。同日は人気企画「運動神経悪い芸人」の名珍場面を再編集し「運動神経悪い芸人GP」を特別開催したほか、「勉強大好き芸人」の傑作回も放送した[594]
  • 28日
    • 【特番・クイズ】TBSはこの日、報道各社に宛てた書面にて、当初4月4日の放送予定から延期としてきた『オールスター感謝祭2020春』の生放送を中止すると正式発表した[595]
    • 【バラエティ・近畿広域圏】毎日放送の新番組『バズ★ナイトナマー!』をこの日より、木曜23時56分 - 翌0時25分枠で放送開始。当初は4月23日から開始予定であったが、コロナの影響で開始が延期になっていた。番組ではお笑いコンビ・アキナ秋山賢太山名文和。吉本興業所属)が司会を務め、若手芸人20組とディレクターがタッグを組んでショート動画を作成し、SNSに投稿して1週間の総再生回数で「バズった」動画をランキング形式で紹介していく。なお番組は当面の間テレワークによるオールリモート形式での生放送となる[596]
  • 29日
    • (28日深夜)【バラエティ・近畿広域圏】毎日放送の新番組『田村淳のコンテンツHolic』をこの日より、金曜(木曜深夜)0時25分 - 0時53分枠で放送開始。当初は4月24日(23日深夜)から開始予定であったが、コロナの影響で開始が延期になっていた。番組では司会の田村淳(ロンドンブーツ1号2号)と他の出演者がインターネットなどで多くのコンテンツが世の中に流れる中「どれを見たら良いか判らぬ」視聴者のために「今、面白いもの」を紹介する[596]
    • 【映画】日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』にて、同名漫画を実写映画化し、2019年に劇場公開された『キングダム』(原作:原泰久、監督:佐藤信介、主演:山﨑賢人)を全編ノーカットで地上波初放送した(21時 - 23時39分)[597]。平均世帯視聴率は16.5%、また個人視聴率も10.1%と高視聴率を記録した(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)[598]
    • 【音楽・健康問題】テレビ東京系夏恒例の歌謡特番『夏祭りにっぽんの歌』が新型コロナの影響により出演者や観客の安全を確保することを優先として今年の放送を断念したことがこの日判明。同番組は7月14日に東京・中野サンプラザで収録し放送予定だった[599]
    • 【クイズ】BS日テレ(2K・4K)の金曜21時枠にて月1回、毎月生放送でおくる新クイズ番組『全国一斉生クイズバトル Q-フェス!』をこの日より放送開始。司会はやついいちろうエレキコミック)が務める。当初は4月17日から開始予定だった[600][601]が、コロナの影響により1か月延期となっていた[602]
  • 29日~6月12日 - 【アニメ】テレビ東京系『ゾイドワイルド ZERO』は、コロナにより新作の制作に影響が出たため、3週に亘りセレクション放送として、過去に放送した話数の中から傑作選を放送した[603]。→6月19日も参照
  • 30日
    • NHK総合
      • 【トーク・バラエティ】『土曜スタジオパーク』にて、総合司会を務める近藤春菜(お笑いタレント、ハリセンボン)・足立梨花(タレント・女優)の両名がこの日の放送から復帰、4月から司会に就任した松岡忠幸(NHKアナウンサー)とのトリオ体制となる。→4月11日、6月27日および「その他テレビに関する話題」5月11日も参照
      • 【バラエティ】月1回放送の視聴者参加特番『NHK杯 輝け!!全日本大失敗選手権大会〜みんながでるテレビ〜』が、この月より番組タイトルを『NHKだめ自慢〜みんながでるテレビ〜』に改題し新装開店[注 144](月1回、土曜22時10分 - 22時50分)。司会は前番組から引き続き村上信五(関ジャニ∞)と東野幸治(タレント)のコンビが務める[604](当初は4月25日から開始予定だったが、コロナの影響により1か月延期となっていた[注 145])。初回放送のこの日は「NHKだめ自慢 リニューアル特別企画」と題して、村上の自宅にて収録した。なお、第1回は6月27日に放送された。
  • 31日
    • 【バラエティ・特番】TBS系にてこの日『傑作!新作!さんまの夢かなえたろか特別編』を放送(18時30分 - 21時)。同番組は毎年正月に放送される特番の特別編として、今回、初夏特番として放送。毎年番組に多数応募される案件をリモートで実現したほか、過去に同特番で放送された貴重なVTRを紹介、また、春に卒業式ができなかった学生たちに向けて、「笑顔のまんま」(歌唱:BEGIN with アホナスターズ)を司会の明石家さんまをはじめとする出演者らが歌唱した映像によるコラボを行った[605]
    • フジテレビ系
      • 【教養】『日曜THEリアル!』(20時 - 21時54分)にてこの日『池上彰緊急スペシャル! 世界を変えた新型コロナ 未来を生き抜く私たちの闘い』を放送。コロナを題材に、第2波に備えて学ぶべきことなどについて池上彰が解説した[606]
      • 【音楽・CS】CS放送・フジテレビONEにて、LUNA SEA(ロックバンド)がホスト役として、医療従事者をはじめとする「フロントラインワーカーズ」を支援するチャリティー音楽特番『MUSIC AID FEST.〜FOR POST PANDEMIC〜』(18時 - 21時)を生放送[607]。同特番はBSスカパー!でも6月14日、地上波(関東ローカル)でも6月17日(16日深夜)に放送されたほか、BSフジ(2K・4K)でも7月26日(25日深夜)に放送される予定[608]
    • 【スポーツ・福岡県】福岡放送(FBS、日本テレビ系)の日曜夕方枠ローカルスポーツ情報番組『夢空間スポーツ』の司会を2016年1月より担当していた石川愛(福岡放送アナウンサー)が、第1子妊娠による産前産後休業入りのため、この日の放送を最後に番組を勇退した[609]
    • 【情報・福岡県】RKB毎日放送(TBS系)の日曜午前枠ローカル情報番組『サンデーウォッチ』司会を2016年4月より担当していた武田早絵(RKBアナウンサー)が、第2子妊娠による産前産後休業入りのため、この日の放送を最後に番組から離れた[610]

6月[編集]

6月上期[編集]

  • 1日
    • 【キッズ・情報・バラエティ】テレビ東京系の子供向け情報番組『おはスタ』がこの日より、3月27日以来約2ヶ月ぶりとなる生放送を再開[注 146][注 147]。なお、当面の間は2m間隔の距離を取り、スタジオの出演者を最小限にして行っている。
    • 【報道・情報・近畿広域圏】毎日放送は4月20日よりコロナ対策として、平日午後・夕方枠にて『ちちんぷいぷい』と『ミント!』を一本化する形で『おうちにいようよ[注 112] ちちんぷいぷい&ミント!』と題するスーパーワイド番組として放送していた形態を5月で解消し、この日から両番組を再分割、それぞれの番組に戻る形で放送を再開[462]。→4月20日の項も参照。
  • 4日 - 【報道】テレビ朝日系『報道ステーション』では、コロナ罹患により4月9日の放送を最後に休養していたメインキャスターの富川悠太(テレビ朝日アナウンサー)がこの日の放送より復帰。なお、感染拡大防止の観点から、この週(1日 - 5日)より当面の間、メインを2班に分け、月 - 水曜は小木逸平(同、旧:金曜→月 - 金曜メインキャスター)と徳永有美(旧:月 - 木曜メインキャスター)が、木・金曜を富川と森川夕貴(テレビ朝日アナウンサー)が担当。また、富川は月 - 水曜のフィールドキャスターも兼務する[611][612]。→4月13日も参照。
  • 5日 - 【報道・表現問題・近畿広域圏】4日午前に兵庫県宝塚市で大学生の男が家族をボーガンで襲って死傷させた事件を巡り[613]、読売テレビが情報番組『朝生ワイド す・またん!』などで使用した容疑者の顔写真2枚のうち1枚が別人の顔写真であったことが本人の指摘で発覚し、同局は同番組や『かんさい情報ネットten.』内で謝罪した。同写真は全国ニュースの素材としてキー局の日本テレビにも送られていた[614][615]
  • 6日7日 - 【編成・趣味・紀行・ドキュメンタリー・バラエティ】NHK総合ではこの両日、東京メトロ日比谷線の新駅・虎ノ門ヒルズ駅の開業を記念して、鉄道関連の番組を特集放送(一部地域を除く)。6日(15時5分 - 18時)は2019年3月14日にBSプレミアムで放送された『ニッポンぶらり鉄道旅「東京の個性派を探して〜東京メトロ日比谷線〜」』、同年2月18日放送の『NHKスペシャル「東京リボーン 巨大地下迷宮」』、本年3月18日にBSプレミアムで放送された『鉄オタ選手権 東急電鉄の陣』、3月17日放送の『サラメシ まるごと新幹線スペシャル』を、翌7日(13時55分 - 15時58分)は2019年8月24日にBSプレミアムで放送された『六角精児の呑み鉄本線・日本旅「夏・石北本線を呑む!」』、2016年10月27日放送の『ドキュメント72時間四国 海だけの小さな駅で」』をそれぞれ再放送した[616][注 148]
  • 6日
  • 7日
    • (6日深夜)【音楽】NHK総合『シブヤノオト』がこの日、4月5日以来2か月ぶりとなる生放送を再開[620]
    • 【バラエティ・健康問題】毎日放送制作・TBS系『プレバト!!』の制作スタッフ1名が発熱によりPCR検査を受け、その結果が出るまで収録を見合わせていることがこの日判明[621]。その後6月10日に当該スタッフは検査の結果陰性であったことが毎日放送から発表された[622]
    • いずれも【福岡県】
      • 【情報】RKB毎日放送(TBS系)の日曜午前枠ローカル情報番組『サンデーウォッチ』は、前月まで司会を務めた武田早絵の産休入りを受け、この日の放送から新司会者として武田伊央(同局アナウンサー)が昇格[623]
      • 【スポーツ】福岡放送(FBS、日本テレビ系)『夢空間スポーツ』は、新司会者に今年度入社の新人アナウンサーである中谷萌をこの日の放送から起用した[624]
  • 7日・14日 - 【クイズ】朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系『パネルクイズ アタック25』では放送45周年記念特別企画として、番組史上初となる特別総集編を放送。初代司会者・児玉清(俳優、1975年4月 - 2011年4月在任、2011年5月16日没、享年77)時代の貴重映像も放送された[625]
  • 8日 - 【バラエティ・趣味・紀行】BS日テレ(2K・4K)月曜21時枠にて、友近(お笑いタレント)と中川家・礼二(漫才師)がMCを務める鉄道バラエティ番組『友近・礼二の妄想トレイン』を放送開始[626]。当初4月13日放送開始予定だったが、コロナの影響で2か月延期となっていた[627][626]
  • 9日
    • NHK総合
      • 【報道・表現問題】7日に放送された『これでわかった! 世界のいま』において、アメリカ合衆国における反人種差別デモの背景である米国内の黒人の現状についてわかりやすく紹介しようと製作したCGアニメーションを放送し、同番組の公式Twitterに同一の動画を投稿したところ、視聴者などから「問題の実態を正確に表現していない」などと批判が寄せられたため、NHKが「不快な思いをされた方々にお詫びする」と謝罪の意を表明。当該の動画についてTwitterから削除するとともに、NHKプラスにおける同番組の配信を停止する措置をとった[628]
      • 【音楽】『うたコン』が渋谷・NHKホールからの生放送を再開。感染拡大防止の観点から、当面は出演者やバンドメンバーの人数を減らし、無観客で行う。この日は氷川きよし天童よしみ西川貴教らが出演した[599]
    • 【バラエティ・千葉県千葉テレビ(チバテレ、独立局)はこの日、自社制作バラエティ番組『白黒アンジャッシュ』(2004年10月 - 、火曜23時 - 23時30分。一部の局へもネット)について、出演者の個人的事情により所属事務所からの番組出演自粛申し入れを受け、9日の放送を以て一時休止とする措置をとった[629]。ただし同局は「打ち切りではない」としている[630]
  • 10日17日 - 【クイズ】TBS系『東大王』(一部地域を除く)に、伊沢拓司が代表を務めるクイズ集団「QuizKnock」が参戦。レギュラーである東大王チームと元東大王・伊沢らによる対決を展開した[631]
  • 12日26日 - 【映画】日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』にて、SF映画の金字塔『バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ』3作品を3夜連続で放送。12日に第1作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年)、19日に『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(1989年)、そして26日には『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』(1990年)を、いずれも日本語吹替版で、主人公の高校生「マーティ」(演:マイケル・J・フォックス)の声を山寺宏一が担当したバージョンを地上波初放送した[632]
  • 13日14日22日(21日深夜) - 【アニメ・ドキュメンタリー・人物】NHK総合ではこの両日、アニメ関連番組を多数編成。13・14日両日には『未来少年コナン・デジタルリマスター版』を一挙再放送(15時5分 - 16時33分)した他、13日には、2013年8月26日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀 宮崎駿スペシャル “風立ちぬ” 1000日の記録』(16時34分 - 17時47分)、14日には2018年7月14日放送の『NHK映像ファイル あの人に会いたい高畑勲』(14時50分 - 15時)、2019年12月17日放送の『東京ミラクル 第3集 「最強商品 アニメ」』(16時35分 - 17時24分)、22日には、2017年9月6日にBSプレミアムで放送された『久石譲inパリ〜「風の谷のナウシカ」から「風立ちぬ」まで〜宮崎駿監督作品演奏会』(0時45分 - 2時14分)をそれぞれ放送した[633]。→5月4日(3日深夜)も参照
  • 13日 - 【情報】TBS系『王様のブランチ』(一部地域を除く)は司会を務める男性タレントの芸能活動自粛を受け、この日の放送以降、当該人物の番組出演を見合わせ[634]。同日放送の番組冒頭にて、司会の佐藤栞里(タレント)が、当該人物を除くメンバーで放送していくことを説明した[635]
  • 14日
    • (13日深夜)【芸能・芸術・近畿広域圏】関西テレビではこの日2時15分より140分枠にて自社製作の演劇舞台をノーカット放送する『おうちで舞台〜カンテレ劇場〜』を月1回深夜枠で放送開始。第1回は『はい!丸尾不動産です。〜本日、家に化けて出ます〜』(主演:兵動大樹矢野・兵動)・桂吉弥ABCホールにて収録)を放送[636]
    • 【バラエティ・教養】テレビ朝日系『相葉マナブ』ではレギュラー出演者の一人が芸能活動を自粛したことを受け、同日放送分より当該人物の出演部分をカットして放送[637]
  • 15日 - 【報道】日本テレビ系『NNNストレイトニュース』(日テレNEWS24でもサイマル放送)のキャスターシフトを変更、この週より月・火曜を矢島学杉上佐智枝、水・木曜を藤田大介森富美、金曜を安藤翔後藤晴菜(いずれも日本テレビアナウンサー)が担当。
  • 15日・22日 - 【音楽】TBS系『CDTVライブ!ライブ!』が、3月30日の初回4時間SP以来約2ヶ月半ぶりに生放送[注 149][638]。22日は約3ヶ月ぶりとなる生放送4時間SPで放送した(19時 - 22時57分、中断ニュースあり)[639]

6月下期[編集]

  • 19日
  • 20日
    • いずれも【音楽】
      • 【追悼】フジテレビ系『ミュージックフェア』(塩野義製薬一社提供、一部地域を除く)では1964年の放送開始当初から番組テーマ曲の制作や音楽監修などに携わった作曲家の服部克久(6月11日逝去、83歳没)を偲び「追悼 服部克久特集」と題した特別企画を放送した[注 153][644][645]
      • 【CS】TBS系CS放送・TBSチャンネル2にて、かつて同系で放送されたランキング歌謡番組『ザ・ベストテン』(1978年 - 1989年)をCSで初再放送(初回:19時 - 20時)[646][注 154]。初回は1980年12月25日放送回(第152回)を放送、またCSオリジナル企画として黒柳徹子近藤真彦によるスペシャル対談が放送された[647]
  • 20日・27日 - 【映画】フジテレビ系『土曜プレミアム』では「2週連続巨獣SP」として、米国モンスターバース制作による怪獣映画2作品を放送。20日はモンスターバース第1回作品で『ゴジラ』のリメイク版『GODZILLA ゴジラ』(2014年公開、監督:ギャレス・エドワーズ)を、27日は第2作となる『キングコング: 髑髏島の巨神』(2017年公開、監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ)をそれぞれ放送した[648]
  • 21日
    • フジテレビ系
      • 【アニメ】日曜18時台の『サザエさん』『ちびまる子ちゃん』の両長寿アニメが、この日より新作エピソードの放送を再開。両番組ともコロナの影響により、5月から前週14日までの間は再放送で対応していた[649]
        • 『サザエさん』については、フジテレビが「今後も制作スタッフ及び番組関係者すべての皆さんの安全と感染防止に配慮した上で、番組制作を行って参ります」と細心の注意を払うコメントを発表。同日は「姉さんのメガホン」「波平、父の日卒業」「お騒がせ一家ですみません」の3本を放送した[650][651]。→5月17日〜6月14日も参照。
        • 一方の『ちびまる子ちゃん』は同日から8月23日までの10週に亘り、同アニメの放送30周年を記念して「アニメ化30周年!10週連続さくらももこ脚本祭り」と題し、原作者のさくらももこが脚本を手掛けたエピソードから10本を厳選、新作として放送。初日の同日(第1244話)は「まる子、ノラ犬に追いかけられる」の巻を放送した[649][652][653]。→5月3日〜6月14日も参照。
      • 【お笑い】志村けん(3月29日没、享年70)の冠番組であり、4月29日より水曜(火曜深夜)に放送中の『志村友達』(イザワオフィス企画・制作)のゴールデン枠3時間特番として『志村友達 大集合スペシャル』をこの日19時から放送(19時 - 21時54分[注 155])。同特番ではゲストにザ・ドリフターズ加藤茶仲本工事高木ブー)、柄本明研ナオコ桑野信義ダチョウ倶楽部肥後克広上島竜兵)、磯山さやか渡辺直美といった面々に加え『志村友達』でMCを務める柴田英嗣(アンタッチャブル)と大悟(千鳥)も出演[注 156]、進行は4月1日の志村追悼特番に引き続き西山喜久恵(フジテレビアナウンサー)が務めた。同特番では『ドリフ大爆笑』『志村けんのバカ殿様』『志村けんのだいじょうぶだぁ』(いずれも同系)からの傑作コントを放送した[654][655]他、番組冒頭にて加藤・仲本・高木による『ドリフ大爆笑』のオープニングが再現された[656]。平均視聴率は12.2%(関東地区・世帯・リアルタイム、ビデオリサーチ調べ)。
      • 【バラエティ・趣味・CS】CS放送・フジテレビONEにて、ゲーム番組『ゲームセンターCX』(出演:有野晋哉〈よゐこ〉)の放送300回を記念して、この日18時 - 23時に約5時間(300分)の生放送特番『ゲームセンターCX300〜300回記念300分生放送SP〜』を放送した[657]
  • 27日 - 【トーク・バラエティ】NHK総合『土曜スタジオパーク』がこの日、NHKスタジオパーク(5月閉館)から最後の生放送。当日は「お引っ越しだよ!土スタSP」と題し、ゲストに中川大志(俳優)と小野文惠(NHKアナウンサー)が出演した。→7月4日および「その他テレビに関する話題」5月11日も参照
  • 28日
    • いずれも【アニメ】
      • 東映アニメーション制作の日曜朝アニメ3作品が、この日より新作エピソードの放送を再開した。3番組ともコロナの影響により制作スケジュールに遅れが出ていたため、4月26日から前週21日までの間は再放送で対応していた。→4月20日の出来事も参照
        • 朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系『ヒーリングっど♥プリキュア』はこの日放送の第13話「辞める?辞めない?迷えるひなた!」の回より再開[458]
        • フジテレビ系日曜9時台「アドベンチャーサンデー」枠デジモンアドベンチャー:』『ONE PIECE』の両アニメも放送を再開。前週まで『デジモン』は5月31日まで休止(『ゲゲゲの鬼太郎』を6週に亘り再放送。6月7日・14日は事前特番を放送)、『ONE PIECE』は「ワノ国編」を再放送していた。この日は、前者は第4話、後者は第930話をそれぞれ放送した。なお、放送再開に合わせ、6月19日 - 8月30日の期間「アドベンチャーサンデー」公式特設サイトにて参加型特別企画「アフレコチャレンジ」を実施[457][658][659]
      • テレビ東京系『ポケットモンスター』のこの日の放送にて、春日俊彰オードリー)がゲスト声優として出演、このうちの1本である「はねろ!コイキング」の巻に、春日をモチーフにしたキャラクター「カスキング」の声を担当した。また、もう1本は「かぶれ!ヤドキング」の巻を放送した[660]
    • 【スポーツ・トーク】テレビ東京日曜11時台前半枠(独立局のテレビ和歌山奈良テレビびわ湖放送で遅れネット放送)のゴルフトーク番組『石田純一のサンデーゴルフ』(2018年4月8日 - )は、番組ホストの石田純一(俳優・タレント)自身のコロナ感染騒動で批判が殺到するなど悪影響が生じたことから同局が放送継続を断念、この日の放送をもって2年3ヶ月の歴史に幕を下ろした[661][662]
    • 【ドキュメンタリー・音楽・人物】BS日テレ(2K・4K)にて、2019年9月21日に福岡放送(FBS、日本テレビ系)で放送された、福岡県出身で同郷の歌手松田聖子のヒット曲「SWEET MEMORIES」等も手掛けた作曲・編曲家の大村雅朗(1997年6月29日没、享年46)に焦点を当てたドキュメント特番『風の譜〜福岡が生んだ伝説の編曲家 大村雅朗〜』[注 157]をこの日18時30分 - 19時54分の時間帯で全国放送した。なお本年は松田聖子のデビュー40周年という節目の年でもあり、今回は大村の命日の前日にあたる日の放送となった[663]
  • 29日
    • (28日深夜)【音楽】コロナと闘う医療従事者への支援を目的としたチャリティー音楽イベントとして、4月19日(日本時間)にオンライン開催された「One World: Together at Home」を主催した慈善団体グローバル・シチズン英語版による第2弾となる”ワクチンの開発支援と世界各地への普及支援”を目的としたイベント「Global Goal: Unite for Our Future英語版」の日本語字幕完全版をTBS・フジテレビおよびBS-TBS・BSフジにて同時放送(1時25分 - 3時25分)。日本語版の番組進行は江藤愛(TBS)と三田友梨佳(フジテレビ)の両アナウンサーが務め、ゲストには松任谷正隆(音楽プロデューサー・作曲家)と渡辺直美が出演した[664][665]
    • TBS系
      • 【情報・表現問題】この日放送の『グッとラック!』で、15日に放送された北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)に関するニュースの中で北朝鮮に全く関係のない映像が放送されていたとして、メインキャスターの国山ハセン(TBSアナウンサー)が謝罪した。当該映像は日本国内で撮影されたドキュメンタリー映像だったという[666]
      • 【バラエティ・トーク】平日深夜日替わりバラエティ枠『テッペン!』(月 - 木曜、一部地域を除く)の新レギュラー番組がこの日より放送開始[667]。月曜日は、霜降り明星ミキEXIT(いずれも吉本興業所属)の「お笑い第七世代」3組が「ワンランク上の男=“Mr.ダンディズム”」になるために極意を学ぶ新トークバラエティ『霜降りミキXIT』をスタート[668]。なお『テッペン!』の4番組及び『有吉ジャポンII』(後述)はいずれも当初4月下旬より開始予定だったが、コロナの影響で収録スケジュールに遅れが出ていた為2か月延期となっていた[585][668][注 158]
  • 29日 - 7月3日 - 【教養・知育】テレビ東京系知育番組『シナぷしゅ』の1週間限定企画「ねんどくいず」にて、『モヤモヤさまぁ〜ず2』などを手掛ける同局名物プロデューサーの「伊藤P」こと伊藤隆行がナレーション初挑戦した[669]
  • 30日
    • いずれも【バラエティ】
      • TBS系『テッペン!・火曜日』の新番組として、ジャニーズWEST(ジャニーズ事務所所属)の配信限定冠番組[注 159]を地上波レギュラー化した『パパジャニWEST』をこの日から放送開始[670]
      • 【千葉県】千葉テレビは出演者の個人的な事情により、16日から放送休止していた『白黒アンジャッシュ』をこの日から放送を再開。同時に、当面の間児嶋一哉単独によるMCで継続(6月17日に発表)[671]。→6月9日の出来事参照

7月[編集]

7月上期[編集]

  • 1日
    • 【紀行・音楽関連】テレビ朝日『じゅん散歩』(岩手朝日テレビ同時ネット(金曜除く)、一部地域へ遅れネット)のオープニングがこの日の放送(「目白台」の回)より一新。また、番組のファンであり高田純次(タレント。同番組の散歩人)を敬愛すると語る斉藤和義(シンガーソングライター)の書き下ろしによる新曲「純風」を新テーマ曲として採用[672][673]。なお同番組で以前テーマ曲を担当していた音楽家の不祥事により、3〜6月は高田の選曲によるオープニング曲を週替わりで流していたが、斉藤の新曲起用により、4か月半ぶりに番組テーマ曲が復活した。→2月13日の出来事も参照
    • 【バラエティ】TBS系『テッペン!・水曜日』の新番組として、これまで数回特番で放送し好評を博した、バナナマン・サンドウィッチマンの冠タッグによる『バナナサンド』をレギュラー放送開始[667]。初回ゲストとして星野源(シンガーソングライター・俳優)が出演した[674]
  • 2日 - 【トーク・バラエティ】TBS系『テッペン!・木曜日』の新番組として、中居正広、宮川大輔(タレント)、そしてバラエティ番組で初めてMCを務める本田翼(女優)のトリオによる新トークバラエティ『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』をこの日から放送開始[675]。なお初回は本田が急性虫垂炎のため入院したため欠席、代わって中居が本田の役割をこなした[675]
  • 3日 - 【芸能・教養】NHK Eテレ『にっぽんの芸能』にてこの日、歌舞伎俳優の十代目松本幸四郎と劇団「未来座=祭 SAI=」による新作舞踊作品『夢追う子〜ハレの日への道しるべ』制作の舞台裏に迫るドキュメントを「踊れ、今こそ〜幸四郎と舞踊家47人の挑戦〜」と題して放送[676][677][678]
  • 4日
    • (3日深夜)【バラエティ】TBS土曜未明(金曜深夜)枠では、有吉弘行の冠番組『有吉ジャポン』( - 2020年3月)をリニューアルした形の新番組『有吉ジャポンII ジロジロ有吉』(司会:有吉弘行・田中みな実)をこの日から放送開始[667]。初回は1時間SP(0時20分 - 1時20分)[679]
    • NHK総合
      • 【報道・災害】この日九州南部を襲った大雨熊本県鹿児島県大雨特別警報が出されたことにより、大雨に関連する最新情報を伝えるため、8時15分より特設ニュースを編成して放送。このため『連続テレビ小説 エール(再放送・第6話)』などを除き、14時15分まで定時番組を原則休止して放送、15時 - 16時5分も特設ニュースを放送した。さらに『ニュース7』も15分拡大し19時45分まで放送した。
      • 【トーク・バラエティ】『土曜スタジオパーク』はこの日よりNHK放送センター内の別スタジオから放送。同日は「新装開店SP」と題し、ゲストに所ジョージが出演。なお、上述の大雨関連ニュースのため、14時15分 - 15時の枠(25分繰り下げ、5分短縮)に変更して放送した。→6月27日も参照
      • 【ドキュメンタリー・科学】『NHKスペシャル』ではこの日、タモリと山中伸弥京都大学iPS細胞研究所長兼教授)のタッグによる人体シリーズの新作として『タモリ×山中伸弥 人体VSウイルス〜驚異の免疫ネットワーク〜』を放送。この回では、コロナの感染拡大が続く中、感染防御や免疫力に焦点を当て、最先端の科学で迫った[680]。ゲストには石原さとみ(女優)と福岡堅樹ラグビー選手2019年W杯日本代表)が出演[681]。なお『ニュース7』15分延長のため、19時45分 - 20時58分の枠に繰り下げて放送された。
      • 【音楽】『SONGS』ではこの日の放送にて、郷ひろみ(歌手)が10年ぶりに同番組に出演し「郷ひろみ 日本を元気に!スペシャルメドレー」と題し、郷が昭和・平成・令和それぞれの時代を代表するヒット曲を、最新曲「ウォンチュー!!!」も含めメドレーで披露した[682]
    • 【音楽】フジテレビ系『土曜プレミアム』枠にて、年1回恒例のアカペラの全国大会『青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2020夏』を放送[683]
    • 【アニメ】テレビアニメ『魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜』(原作:SILVER LINK.制作)がこの日より、TOKYO MX、BS11ほかで放送開始。当初4月放送開始予定だったが、コロナの影響で制作スケジュールに大きな影響が発生したのに伴い、当初予定から3ヶ月延期されていた[684]
  • 5日(4日深夜) - 9月27日(26日深夜、予定) - 【アニメ・関東広域圏】テレビ朝日の深夜アニメ枠『NUMAnimation』にて、『新世紀エヴァンゲリオン』のテレビシリーズ(1995年 - 1996年、テレビ東京系で初放送)を放送。今回はシリーズ史上初の試みとして、第壱話「使徒、襲来」放送の翌週(12日)以降、視聴者からの投票で放送話を決定する「新世紀エヴァンゲリオン 地上波補完計画」と題した企画を実施する[685]
  • 5日
    • テレビ東京系
      • 【アニメ】コロナの影響で5月3日から2か月間新作を休止、再放送で対応していたアニメ2本が、この日より新作の放送を再開。→5月3日~6月28日も参照
        • 『キラッとプリ☆チャン』は第107話「キラッCHU、アイドルになりたいッチュ!」の回より再開[686]
        • 『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』は第155話「雨の日のミツキ」の回より再開。
      • 【スポーツ・トーク・バラエティ】前週終了した『石田純一のサンデーゴルフ』の後番組として、ゴルフバラエティ番組『日曜ゴルフっしょ!』を放送開始。前番組アシスタントを務めていた山内鈴蘭SKE48)が同番組にも引き続き出演すると共に、岡田圭右ますだおかだ)と藤森慎吾オリエンタルラジオ)がレギュラーとして出演[662]。→6月28日の出来事も参照
    • 【スポーツ・福祉】WOWOWプライムにてこの日、コロナに対処する医療従事者チャリティイベントとして、『女子ゴルフ黄金世代×WOWOW スペシャルマッチ2020』と題する女子プロゴルフチャリティー大会を千葉県印旛郡栄町の成田ヒルズCCで開催し、この日の14時よりノンスクランブルで生中継した。出場選手は渋野日向子(サントリー)、勝みなみ明治安田生命)、大里桃子伊藤園)、原英莉花日本通運)、小祝さくらニトリ)、河本結リコー)の6選手で、2人一組によるチーム対抗形式で行われた[687][688]
  • 5日・12日 - 【お笑い・関東広域圏】日本テレビにて、3月30日に特番で放送された「お笑い第七世代」による新バラエティ番組『〜第7世代が○○してみた〜お笑いG7サミット』を、前月終了の『第7キングダム』(4月5日 - 6月21日)の後番組としてレギュラー放送開始(関東ローカル)。レギュラー出演者には3月特番にも出演した霜降り明星、四千頭身ガンバレルーヤらの他、新たにぺこぱはなしょーぼる塾らが追加。また、12日には同局系にて22時30分 - 23時25分枠で特番第2弾が放送された[689]
  • 5日・19日 - 【編成・報道・選挙・ドキュメンタリー・自然】NHK大河ドラマ麒麟がくる』の第21話以降の放送休止を受けて、総合テレビの本放送枠での代替番組として、5日は同日に投開票の東京都知事選挙の開票特番(19時59分 - 20時50分)を放送、19日には『ダーウィンが来た! 今こそ見たい!日本の生きものスペシャル』(19時30分 - 20時43分)を、それぞれ放送[690][691][692]
  • 6日
    • 【報道・災害】NHK総合ではこの日、九州を襲った豪雨で福岡・佐賀長崎の3県に大雨特別警報が出されたことにより、『ニュース7』を20時45分まで75分、『ニュースウオッチ9』を22時45分まで45分、『ニュースきょう一日』を22時45分から30分、それぞれ拡大して放送した。これにより同日放送予定の『鶴瓶の家族に乾杯』『逆転人生』『ストーリーズのぞき見ドキュメント 100カメ」』の3番組が休止となった[693]
    • TBS系
      • 【バラエティ】月曜19時台にて、有田哲平くりぃむしちゅー)がMCを務める新バラエティ番組『有田プレビュールーム』を放送開始。初回は2時間SP(19時 - 20時57分)。当初は4月27日開始予定だったが、コロナの影響で2か月延期となっていた[585][694]。同番組開始により、TBS月曜ゴールデン・プライム枠の新番組が全て出揃う形となった。
      • 【報道】『news23』は、メインキャスターの小川彩佳(フリーアナウンサー)が、この日から産休のため[695][696]、サブキャスターを務める山本恵里伽(TBSアナウンサー)がメインを、田村真子(月・火・木曜、隔週水曜)と上村彩子(金曜、隔週水曜)(共にTBSアナウンサー)がサブをそれぞれ代行[697][698]。→「その他テレビに関する話題」6月29日の出来事も参照
    • 【編成・バラエティ】テレビ東京系、月曜22時枠にバラエティ番組枠を新設[699][700][701]。第1弾として、6日・13日にサンドウィッチマンMCの一般視聴者参加によるリモートクイズ番組『サンドウィッチマンの脱落テスト!』を放送[699][700]。続いて20日に『電気ネズミとチーズ泥棒』、さらに8月3日・10日にはフワちゃんが地上波MCに挑戦する『芸能人飼育バラエティ 視聴者様に飼われたい!』[702]といったように、以後も多彩なラインナップを予定。
  • 7日9日 -【報道・災害】NHK総合では九州北部に大雨特別警報が発令されたことを受け、7日も『連続テレビ小説 エール(再放送・第8話)』などを除く定時番組を休止し、特設ニュースを放送[703]。した。また翌8日も岐阜長野の2県に大雨特別警報が発令されたことを受け、8時15分から『あさイチ』など一部番組を休止して特設ニュースを放送、また『ごごナマ』も13・14時台とも特設ニュースに伴い短縮して放送した。続く9日は『あさイチ』を前半・後半共に5分繰り下げ短縮(前半:8時20分 - 9時、後半:9時10分 - 9時55分)して10分間ニュースを伝えた。『ニュース7』は各日とも拡大して放送(7日:19時 - 19時57分、8日・9日: - 20時15分[注 160])。
  • 7日
    • 【バラエティ】朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系火曜20時台にて新バラエティ番組『これって私だけ?』を放送開始。同番組は、2月15日に放送した単発特番『ガチ探し!検索不能〜一度で良いから見てみたい〜[704]』をレギュラー化。出演者は単発特番から引き続き、MCは沢村一樹(俳優)、レギュラーにYOU(タレント)、飯尾和樹(お笑いタレント、ずん)、ミルクボーイ(漫才コンビ)[705][706]。初回は3時間SP(19時 - 21時48分)[707][注 161]
    • 【音楽】BSテレ東(2K・4K)では昭和歌謡の巨人たちにスポットライトを当てた音楽特番『昭和歌謡の輝き! 思い出を紡いだ伝説の作家7人』をこの日の19時 - 21時49分に放送、番組では昭和を代表した作曲家である古賀政男遠藤実市川昭介船村徹三木たかし及び作詞家である星野哲郎阿久悠の7名が生み出した名曲の数々とその裏に隠されたドラマを映像や証言などで詳細に紹介した[708]
  • 8日 - 【アニメ】 長月達平原作で2016年4月から6月にテレビ東京系にて第1期が放送された『Re:ゼロから始める異世界生活』(WHITE FOX制作)の第2期がこの日よりAT-X、TOKYO MXほかにて放送開始。当初4月放送開始予定だったが、コロナの影響で制作スケジュールに大きな影響が発生したのに伴い、当初予定から3ヶ月延期されていた[709]
  • 9日
    • 【音楽】NHKが、コロナによって変わった新しい社会を応援・支援するため、新たに『“ウィズ・コロナプロジェクト”〜みんなでエール〜』を始動[710]、総合テレビでは第1弾として、この日22時30分より『みんなでエール キックオフスペシャル』と題した音楽特番を放送。司会は内村光良が務め、岡村靖幸NOKKO岸田繁くるり)、山口一郎サカナクション)、Little Glee Monsterらが出演、各アーティストらが松任谷由実の「やさしさに包まれたなら」を歌い継ぐ企画などを行った[711]。→「その他テレビに関する話題」7月9日の出来事も参照
    • 【情報】TBS系『ひるおび!』『ゴゴスマ GO GO!-smile!-』の両番組(後者はCBCテレビ制作)の木・金曜ニュース担当として、近藤夏子(TBSアナウンサー)がこの日から登板。
  • 10日 - 【お笑い】NHK総合でこの日放送されたコントバラエティ『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』(不定期放送)にて、新レギュラーとして伊藤健太郎(俳優)が加わることが、番組ホストの内村光良扮する「NHKアメージング・ディレクター」の「三津谷寛治」から発表された[712]
  • 11日(10日深夜) - 【クイズ・関東広域圏】フジテレビにてこの日未明0時55分 - 2時55分に生放送のクイズ特番『クイズピンチヒッター』を放送。MCは東野幸治と本田翼が務め、芸能人らが自身では答えが見つからないマニアックな難問に、知人・家族・フォロワーなどの人脈をフル活用して挑む新感覚のクイズ番組で、田村淳(ロンドンブーツ1号2号)、指原莉乃(タレント、元HKT48)、杉村太蔵(元衆議院議員)、DaiGoメンタリスト)らがクイズに挑戦した[713][714]
  • 12日
    • (11日深夜) 【アニメ】川原礫原作の『ソードアート・オンライン』シリーズの最新作『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』第2シーズンが、この日から毎日放送、TOKYO MX、BS11ほかで放送開始(テレビ愛知のみ15日(14日深夜))[715]。こちらも当初4月17日から放送開始予定だったが、コロナの影響で制作スケジュールに大きな影響が発生したのに伴い、3ヶ月延期されていた。このため、当初予定の4月 - 6月は第1シーズンを再放送した[716]。なお初回放送に先駆け、5日(4日深夜)に毎日放送など各局で第1シーズンの総集編が放送(テレビ愛知は8日(7日深夜)に放送)された[715]
    • テレビ東京系
      • 【バラエティ・クイズ】『日曜ビッグバラエティ』枠で、爆笑問題・太田光が世界で実際に発生した詐欺事件の手口をクイズ形式で探る『爆笑問題・太田光VS世界の詐欺師 世界はこうしてダマされた!〜衝撃事件!巧妙手口を見破れるか?〜』を放送。進行役に太田と初共演となる田中瞳(テレビ東京アナウンサー)が務め、田中は直前番組『モヤモヤさまぁ〜ず2』から連続で出演した[717]
      • 【紀行・教養・大阪府】テレビ大阪制作で放送されていたクイズバラエティ番組『和風総本家』シリーズ(2008年4月 - 2020年3月)のマスコット豆助[注 162]」が出演し、日本の魅力・伝統を外国人向けに紹介するミニ番組『豆助のニッポンっていいな。』(日曜21時54分 - 22時)を、この日から大阪府域ローカルにて放送開始[718][719]
  • 13日
    • (12日深夜)【アニメ・関東広域圏】テレビ東京にて、ホラーショートアニメ『闇芝居』シリーズのスピンオフとなるミニアニメ『忍者コレクション』をこの日より放送開始、月曜未明(日曜深夜)3時5分 - 3時10分枠にて放送( - 9月予定)[720]
    • 【報道】日本テレビ系『news zero』のメインキャスターの有働由美子(フリーアナウンサー)が急病によりこの日の放送を休演。局側では「有働本人の簡易PCR検査の結果は陰性だった」と発表[721]。しかし、コロナ禍の最中であることから大事を取り14日から有働の出演を見合わせていたが[722]、20日放送分から復帰した[723]
    • 【紀行】NHK BSプレミアム・BS4K『にっぽん縦断 こころ旅』(旅人:火野正平〈俳優〉。朝版:平日7時45分 - 7時59分、とうちゃこ版:火 - 金曜 19時 - 19時29分。再放送あり)で、4月20日より放送中断していた「春の旅」が神奈川県からロケを再開し、この日(916日目)から放送再開。なお、31日放送の茨城県の回(927日目)を以て旅を打ち切りとした。→4月20日およびこちらも参照
  • 14日 -【情報・東京都】TOKYO MXの制作スタッフがコロナに感染した疑いがあることが判明したことを受けて、同局の夕方枠情報番組『5時に夢中!』および夜枠情報番組『バラいろダンディ』は大事を取って同社スタジオからではなく、社屋ロビーから生放送を行った[724]
  • 15日 -【映画・追悼】BSテレ東(2K・4K)にてこの日、イタリアの旗 イタリアの作曲家で、多数の映画音楽作曲を手掛けたエンニオ・モリコーネ(7月6日没、享年91)を追悼し、モリコーネが音楽を担当した1965年制作のマカロニ・ウェスタン映画『夕陽のガンマン』を特別放送した(17時58分 - 19時55分)[725]

7月下期[編集]

  • 16日 - 【教養・科学】NHK BSプレミアムの宇宙科学番組『コズミックフロント☆NEXT』(木曜22時 - 23時、BS4Kでも同時放送)ではこの日の放送より新ナレーターに坂井真紀(女優)が就任[726]
  • 17日(16日深夜) - 【アニメ・関東広域圏】フジテレビ『ノイタミナ』枠(金曜未明〈木曜深夜〉)にて『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』(筒井康隆原作)が放送開始( - 9月予定)。なお、当初4月 - 6月に放送される予定だったが、コロナの影響により、制作スケジュールに大きな影響があったため、延期されていた[注 163][727]
  • 17日・24日25日(24日深夜)
    • 【報道・音楽・国際問題】BS朝日(2K・4K)では、金曜夜から深夜にかけて放送されている番組『町山智浩のアメリカの今を知るTV In Association With CNN』と『ベストヒットUSA』をコラボさせた特別企画『ベストヒットUSA×アメ知る 夏のコラボ!小林克也町山智浩のアメリカを語る2020』を放送。24日の『町山智浩のアメリカの今を知るTV In Association With CNN』には小林が、25日(24日深夜)の『ベストヒットUSA』には町山が、それぞれゲストとして出演。東京・テレビ朝日の『ベストヒットUSA』のスタジオと、アメリカ・カリフォルニア州の町山の自宅をリモートで結んだ。また17日の『町山智浩のアメリカの今を知るTV-』ではコラボの一部を先行放送した[728]
  • 18日
    • (17日深夜) - 【トーク】NHK総合の生放送トーク番組『おやすみ日本 眠いいね!』(番組ホスト:宮藤官九郎〈俳優・脚本家〉、又吉直樹〈小説家・ピース〉)がこの日、約4か月ぶりに放送再開(0時15分 - 2時39分)[729]。なお同番組は、宮藤が体調不良で休養していたこともあり[730]、3月15日(3月14日深夜)の放送を最後に休止となっていたため、新年度の放送はこれが最初となった[注 164]。また、放送も月1回日曜未明(土曜深夜)から不定期深夜に変更となった[730]
    • 【音楽】TBS系にてこの日、夏恒例の大型音楽特番『音楽の日2020』を14時から9時間18分に亘り生放送した(14時 - 23時18分)。10回目となる今回のテーマは「日本の元気!」で、総合司会は中居正広(タレント・俳優)と安住紳一郎(TBSアナウンサー)が10年連続で担当した[731][732]。今回の企画の一つとして、同特番の音楽監修も務めた編曲家の服部克久(6月11日没、享年83)の追悼企画も行われた[733]
    • いずれも【映画】
  • 19日 - 【ドキュメンタリー・人物・中京広域圏・近畿広域圏】16日に将棋藤井聡太が史上最年少となる17歳11か月で新棋聖となったことを受け、藤井の誕生日であるこの日、彼の地元(愛知県出身)局である東海テレビ(フジテレビ系)が、2017年6月放送の『藤井聡太14才』に続く第2弾となるドキュメンタリー特番『藤井聡太17才』を緊急放送(13時25分 - 14時25分)。前回に引き続き萩本欽一がナレーションを務めた[737]。また、関西テレビでも同日放送(16時 - 17時)[738]
  • 21日
    • フジテレビ系
      • 【クイズ・バラエティ・活動進退】出産の為活動休止していた女性お笑いタレントの柳原可奈子が『今夜はナゾトレ』(一部地域を除く)に1年4か月ぶりレギュラー復帰、この日の2時間SP『今夜はナゾトレ 川柳四天王2020〜夏〜』(19時 - 21時[注 166])にて産休明け後初の番組出演を果たした[739][740][741]
      • 【映画】この日21時 - 22時48分(関西テレビ制作)枠にて、Kaori(ttkk)著のエッセイ本を原作とする映画『今日も嫌がらせ弁当』(2019年公開、監督・脚本:塚本連平、主演:篠原涼子)を地上波初放送した[742]
  • 22日 - 【紀行】テレビ東京系『水バラ』にて『太川蛭子のローカル鉄道寄り道旅 伊勢原箱根』を放送(18時25分 - 21時)。当初2019年10月16日に『太川蛭子の旅バラ』(当時)[注 167]の2時間SPとして放送する予定だったが、東日本台風(台風19号)の影響により放送を見合わせていた[注 168]もので、放送当日は箱根登山電車の全線復旧・運転再開の前日にあたり、それを記念して放送された。旅人はおなじみの太川陽介蛭子能収のコンビで、マドンナとして久松郁実(グラビアアイドル)が参加した[743]。→2019年10月16日の出来事も参照
  • 23日
    • NHK総合
      • 【アニメ】京都アニメーション制作による短編アニメで、2019年11月4日にテレビ初放送された『バジャのスタジオ』の続編『バジャのスタジオ〜バジャのみた海〜』を、この日8時15分 - 8時43分に総合テレビとNHKワールドTVにて同時放送。同アニメは8月14日にEテレでも再放送予定[744]
      • 【ドキュメンタリー】19時30分 - 20時42分にドキュメンタリーとドラマの2部編成スペシャル番組『ドラマ&ドキュメント 不要不急の銀河』を放送。第1部では又吉直樹オリジナル脚本のドラマ作品が生まれるまでの制作現場の軌跡をドキュメンタリーで追い、第2部ではオリジナルドラマ『スナック銀河』をリリー・フランキー主演で放送した[745]。→テレビドラマ関連の出来事も参照
  • 24日〜8月9日 - 【特番・編成】テレビ朝日系では当初この期間に予定されていた2020年東京オリンピック[注 169]、および、テレビ朝日が主催し、毎年夏に東京・六本木にて開催されているイベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION[注 170]の代替イベントとして、「スペシャル番組で日本を元気に!明るく!」をテーマに、『テレビで笑おう テレ朝夏祭り』と題したスペシャル編成で放送[746][747][748]
  • 24日
    • 【オリンピック・特番】テレビ東京系にて、幻の「東京オリンピック開会日」[注 169]となったこの日、『金メダル&名場面50連発!オリンピック ジツは話 本当は今日開幕だったんだSP』を放送(20時 - 21時48分)。番組は小泉孝太郎(俳優)[注 172]国分太一(TOKIO)が司会を務め、孝太郎の実弟である進次郎夫人の滝川クリステル(フリーアナウンサー)や武井壮(タレント)、吉村崇平成ノブシコブシ)がゲスト出演したほか、有森裕子(陸上競技)、冨田洋之(体操)、松本薫(柔道)、登坂絵莉(レスリング)ら五輪メダリストも多数出演した[752][753]
    • 【トーク・バラエティ・近畿広域圏】関西テレビにて、1995年より約25年の長きにわたって放送されてきた上沼恵美子MCのトークバラエティ番組『快傑えみちゃんねる』(1995年7月10日 - 。一部系列局及び独立放送局でも遅れネットで放送)が、この日の放送をもって終了。理由として、スポーツニッポンでは上沼と同局側で今後の番組の在り方について話し合いが行われていたが、局側の意見に対して上沼が反発したことで、急遽終了が決まったと報じたが[754]、同局では「番組として一定の役割を果たすことができた」という考えに加え、コロナ禍で番組収録の継続が困難になったことなども踏まえ、総合的に判断したと発表した[755][756][757]。また上沼も27日に放送された自身がメインを務める朝日放送ラジオ『上沼恵美子のこころ晴天』で関西テレビとのトラブルはないとしたうえで、番組終了はコロナが原因であることを明かした[758]
  • 25日
    • テレビ東京系
      • 【イベント・関東広域圏・愛知県】テレビ東京では『隅田川花火大会』の本年開催(第43回、7月11日)がコロナの影響で中止になったのを受け、例年放送している同大会の中継番組『アサヒビールスペシャル 独占生中継!隅田川花火大会』の特別編として『がんばろう日本 隅田川花火大会 特別編』をこの日、18時30分 - 20時54分枠で放送(テレビ愛知へも同時ネット)。番組では司会を高橋英樹(俳優)と角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)が務め、過去の大会映像のハイライトシーンのほか「がんばろう日本」をキーワードにしたサプライズ企画も実施した[759]
      • 【イベント・大阪府】テレビ大阪も『天神祭』のコロナによる中止を受け、例年放送している同祭の中継番組の特別編として『天神祭生中継2020〜つなぐ 大阪の夏〜』をこの日19時20分 - 20時枠で生放送[760]
  • 26日8月23日 - 【演芸・近畿広域圏】毎日放送では『らくごのお時間』が7月26日に放送100回を迎えるのを記念してこの両日、『人間国宝・桂米朝の落語を味わう』と題し、この年、没後5年を迎える桂米朝の落語を2回にわたり特集する[761]
  • 26日 - 【スポーツ】テレビ朝日系で医療従事者チャリティとして男女プロゴルフの第一人者である石川遼CASIO)と渋野日向子(サントリー)によるスペシャルゴルフマッチプレー『石川遼×渋野日向子ドリームマッチ for CHARITY〜みんなで笑顔に!〜』と題する特番をこの日の13時55分 - 15時20分に放送した。なおAbemaTVではこのチャリティゴルフの完全版を地上波放送終了後に配信した[762]
  • 28日
    • 【バラエティ・事故・中京広域圏】東海テレビの土曜夕方枠ローカルバラエティ番組『ぐっさん家〜THE GOODSUN HOUSE〜 』(一部フジテレビ系列局ネットあり)の収録場所として借用している名古屋市内のアパートが27日未明に火災により全焼し、かつ死者が発生する事態となった[763][764]。これを受け、同局は火災の犠牲者に弔慰を表した上で「番組は継続して参ります」として、今後とも同番組を放送していく方針を改めて示した。同局によると番組のストックは8月分まであるという[765][766][764]
    • 【アニメ】毎日放送、TOKYO MX、AT-Xなどで放送のアニメ『放課後ていぼう日誌』がこの日(MBS、MX、AT-X)以降に放送される第4話より放送及び配信を再開。同アニメは4月7日より放送開始されているが、コロナの影響を鑑み、4月28日以降放送・配信共に延期していた(7月7日 - 21日は第1話〜3話を再放送した)[767]。→4月28日の出来事も参照
  • 31日 - 【情報】読売テレビ・日本テレビ系の午後枠情報ワイド番組『情報ライブ ミヤネ屋』では、3代目アシスタントの林マオ(読売テレビアナウンサー、2015年3月2日より在任)がこの日の放送をもって約5年半出演した同番組から勇退した[768]

8月[編集]

8月上期[編集]

  • 1日2日 - 【映画・追悼・新潟県】NST新潟総合テレビ(フジテレビ系)にて、映画監督の大林宣彦(4月10日没、享年82)を追悼し、大林が長岡花火を題材に制作した『この空の花 長岡花火物語』(2015年公開)を、1日(前編)と2日(後編)の2日に分け、両日13時より放送した[769]
  • 1日 - 【バラエティ・関東広域圏】フジテレビにてこの日、サンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし)と、3月にCBCテレビを退社しフリーアナウンサーに転向した石井亮次のトリオMCによるバラエティ特番『サンドと石井と知りすぎた芸人たちの会!』(13時30分 - 15時25分)を放送。石井が古巣のCBC及びTBS系列以外の番組に出演するのは同番組が初となった[770][771]
  • 2日
  • 2日・9日(1・8日深夜) - 【お笑い】テレビ朝日にて、お笑い第7世代の芸人4組(ゾフィーハナコかが屋ザ・マミィ)によるユニットコント番組『東京 BABY BOYS 9』を放送。番組では、彼らの世界観を存分に発揮し、これまでとは違う全く新しいストーリー性のある新しいコントを展開[779]
  • 3日
    • 【情報・地域報道・近畿広域圏】朝日放送テレビでは、アナウンサー並びに番組出演者のコロナ感染が確認されたため、この日より数日間、出演者のシフトが変更となった[780][781][782]
      • 平日朝枠の『おはよう朝日です』は、司会を岩本計介(同局アナウンサー)→藤崎健一郎(同)、アシスタントを川添佳穂(同)から増田紗織(同、月 - 木曜)・橋詰優子(同、金曜)、『おはようコールABC』との兼務となる気象キャスターを正木明→土曜版担当の吉田裕一(月 - 水曜)と、もう一人別の気象キャスター(木・金曜)、エレクトーン奏者も赤﨑夏実→土曜版担当の小椋寛子にそれぞれ変更。3日に受診したPCR検査の結果、4日夕方までに岩本、川添、正木、赤﨑4人全員の陰性が確認されたため、4人とも5日放送分より復帰した[783][784]
      • 夕方枠の『キャスト』は、メインキャスターを上田剛彦(同局アナウンサー)から堀江政生(同、月・火・木曜)と、同番組初代メインキャスターを務めた伊藤史隆(同、水・金曜)に、女性サブキャスターを塚本麻里衣(同)から津田理帆(同)にそれぞれ変更。男性サブキャスターの古川昌希(同)の代役は置かれない。出演休止期間中に受診したPCR検査の結果、6日までに上田、塚本、古川3人全員の陰性が確認されたため、3人とも7日放送分より復帰した[785]
    • 【情報】読売テレビ・日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』では、この日の放送から4代目アシスタントとして澤口実歩(読売テレビアナウンサー)が登板[768]
  • 3日〜7日 - 【クイズ】BSフジ(2K・4K)の『クイズ!脳ベルSHOW』が放送1000回を記念し、1週間に亘り「1000回WEEK」を展開。それに因み、ゲストには名前に「」のつく著名人が出演。3・4日は千原せいじ千原兄弟)、せんだみつお(タレント)、駒井千佳子(芸能リポーター)、千秋(タレント)、5・6日は松鶴家千とせ(漫談家)、坂下千里子(タレント)、田子千尋(ナレーター)、山咲千里(女優)がそれぞれ出演、最終日となる7日(第1000回)はシークレットゲストが登場する[786]
  • 4日 - 【賞】第46回放送文化基金賞がこの日発表され、テレビドキュメンタリー部門では、日本テレビ系『NNNドキュメント'19』で放送された「なかったことに、したかった。未成年の性被害1」「なかったことに、できない。性被害2 回復への道は」(日本テレビ制作、2019年10月7日・14日[注 174]放送)、同じくエンターテイメント番組部門では、フジテレビ系『奇跡体験!アンビリバボー 仲間たちとの12年越しの約束SP』(2019年9月26日放送)がそれぞれ最優秀賞を受賞した[787][788]
  • 6日 - 【地域報道・近畿広域圏】読売テレビの夕方枠ローカル報道番組『かんさい情報ネットten.』は、7月まで木・金曜アシスタントキャスターを務めた澤口実歩の『ミヤネ屋』転出に伴い、この日の放送から岩原大起(読売テレビアナウンサー)[注 175]が澤口の後任として起用[789]
  • 8日 - 【音楽】NHK総合・BS4K・BS8Kにてこの日、音楽特番『ライブ・エール〜今こそ音楽でエールを〜』を放送(19時30分 - 20時50分[注 176]・21時 - 22時10分)。司会は内村光良(ウッチャンナンチャン)と桑子真帆(NHKアナウンサー)が務める[790][注 177]
  • 9日 - 【トーク・近畿広域圏】読売テレビは関西ローカルにてこの日より毎週日曜6時30分 - 7時枠に新トーク番組『朝からみのもんた』を放送開始予定。番組ホストはみのもんた(フリーアナウンサー)が務める[791]
  • 10日12日15日17日(予定) - 【スポーツ】コロナの影響で開催中止となった第102回全国高等学校野球選手権大会[792]の代替として開催される特別大会『2020年甲子園高校野球交流試合』(阪神甲子園球場)をNHK総合・Eテレ[793]および朝日放送テレビ・BS朝日(2K・4K)・スカイAにて中継放送予定[794][注 178]。また、NHK総合では10・11日の8時15分より特別番組『高校球児へ 最後の晴れ舞台』を放送する[793]。なお、朝日放送テレビでは『熱闘甲子園』(朝日放送テレビ・テレビ朝日共同制作)の代替番組として上記期間中、甲子園交流試合とその裏で繰り広げられる人間ドラマを紹介する『2020高校野球 僕らの夏』を放送(23時台、関西ローカル。テレビ朝日ほか系列局は放送なし)[注 179]。同番組MCは古田敦也(元ヤクルト選手兼任監督、『サンデーLIVE!!』レギュラー)とヒロド歩美(同局アナウンサー)が務め、また、2020ABC高校野球パワーテーマとして、音楽ユニット・ベリーグッドマンの「Dreamer」を起用[796][797]
  • 10日〜13日 - 【バラエティ・特番・近畿広域圏】朝日放送テレビ、平日23時台の『ナイトinナイト』枠を休止し、4日に亘り『真夏のリアタイweeek!』と題して若手芸人らがMCを務めるバラエティ特番を連夜生放送。ラインナップは10日『バック・トゥ・元サヤ』(MC:コウテイ、サブ進行:浅越ゴエ)、11日『#映えしか勝たん』(MC:見取り図)、12日『青春讃歌』(MC:ミルクボーイ)、13日『僕らの灰春』(MC:アインシュタイン)の4本(いずれも23時47分 - 翌0時17分)[798]
  • 10日 - 【音楽・経済】BSテレ東(2K・4K)では「NIKKEI 全国社歌コンテスト」(日本経済新聞社主催)と連動して日本国内企業の“社歌”にスポットライトを当てた特別番組『日本企業のおもしろ社歌大集合! “社歌で日本を元気に!シャカリズム”』をこの日の21時 - 22時25分に放送。出演はバカリズム(タレント)、岡崎体育(シンガーソングライター)、朝日奈央(タレント)の3名。MCは狩野恵里(テレビ東京アナウンサー)が務める[799]
  • 12日 - 【バラエティ・トーク】NHK総合でこの日22時45分 - 23時15分、コメディとトークを融合した新感覚番組『』を放送予定。番組では世の中に溢れる些細な違和感「ん」をテーマに掘り下げる。番組メインパーソナリティは松本穂香(女優)が務め、黒羽麻璃央松田るか池岡亮介ら出演者が松本と共にコメディドラマを演じ、かつ「ん」な部分についてのトークを繰り広げる[800]
  • 15日 - 【ドキュメンタリー・人物】NHK Eテレでこの日18時 - 19時30分、ナチス・ドイツホロコーストの犠牲者であるユダヤ人少女アンネ・フランクについて、彼女のオランダの隠れ家からアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所までその生涯をひとりの少女が追いかけ、その模様をSNSへメッセージを投稿する海外ドキュメンタリー『#アンネ・フランク 時を越えるストーリー』を放送予定。番組では英国女優のヘレン・ミレンがナビゲーターを務める[801][802]

8月下期[編集]

  • 22日〜23日(予定) - 【特番・福祉】日本テレビ系列31局[注 180]にて『24時間テレビ43「愛は地球を救う」』を放送予定。1978年の開始から通算43回目となる本年のテーマは「動く」で、前年に引き続き両国国技館から生放送。「新しい日常での1回目」として行われる今回、コロナ対策として感染リスクを避けるため、史上初となる無観客での放送となる[803][注 181]。メインパーソナリティは井ノ原快彦V6)がキャプテン[805]増田貴久NEWS)が副キャプテンに就任、そして北山宏光Kis-My-Ft2)、重岡大毅ジャニーズWEST)、岸優太King & Prince)がそれぞれ務める[806]
  • 22日(予定) - 【特番】NHK総合にてこの日、この年の様々な大会が中止となってしまった高校生を励ますべく、高校生からのメッセージを募集する特別番組『さよなら!インターハイ』をこの日18時5分から放送予定。MCは兄弟漫才コンビ・ミキ(吉本興業所属)が務める[793][807]
  • 23日(予定) - 【スポーツ】TBS系にてこの日、2020年最初の陸上競技の国際大会となる『ゴールデングランプリ陸上』(国立競技場)を15時から生中継予定[808]
  • 24日(予定) - 【特番・戦争】NHK総合にてこの日、戦後75年特集として『戦争童画集〜75年目のショートストーリー〜』を放送(22時 - 22時45分)。第二次世界大戦の終戦から75周年の節目を迎える本年、コロナの影響で平和教育が次々中止に追い込まれる中、山田洋次(映画監督)、吉永小百合(女優)、坂本龍一(音楽家)といった一流クリエイターが結集、オムニバス形式のストーリーで戦争の記憶を語り継ぐ[809]
  • 27日(予定) - 【バラエティ】フジテレビ系にて、2016年から不定期放送し、2017年より毎年正月恒例(1月3日夕方に放送)となっているの冠特番『嵐ツボ』がこの日19時57分 - 21時54分枠で放送。ゴールデン枠初進出[注 182]となる今回は「嵐ツボHOME」を舞台に、嵐メンバーがアットホームな雰囲気で、ゲストが持ち込んだ様々な企画に挑戦する[810]
  • 30日9月6日13日(予定) - 【音楽】コロナの影響により3月1日から放送を休止していた『NHKのど自慢』が、9月13日の宮崎県高千穂町から公開生放送を再開。ただし密集を避けるため出場者及び観客を通常放送の半分に減らして実施する予定[811]。またこれに先立ち、8月30日には前週の23日にNHK大阪ホール、翌週の6日には8月30日に岩手県陸前高田市にてそれぞれ実際に観客を入れて収録した模様を放送する[811][812]。→3月20日及び3月29日の出来事も参照
  • 31日(30日深夜、予定) - 【スポーツ】テレビ朝日系日曜深夜のサッカー情報番組『やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜』(2002年4月5日 - )がこの日の放送をもって終了、18年5ヶ月の歴史に幕を下ろす[813]

9月[編集]

9月下期[編集]

9月予定[編集]

  • 月内(予定)
    • 【バラエティ・動物】日本テレビ系『天才!志村どうぶつ園』(2004年4月15日 - )が終了、16年半の歴史に幕。「園長」(メインMC)役の志村けんが3月29日に急逝した後も、共演者の一人だった相葉雅紀(嵐)が中心となって番組を継続していた[818][819]。→4月4日の出来事も参照
    • 【情報・バラエティ】フジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』(2018年4月19日 - )が終了、2年半の歴史に幕[820]

10月[編集]

  • 3日 - 【アニメ】読売テレビ制作・日本テレビ系土曜17時30分枠にて、サンライズ制作で高橋留美子原作のアニメ『犬夜叉』の続編となる『半妖の夜叉姫』を放送開始予定[821]
  • 28日 - 【バラエティ・北海道】北海道テレビの深夜番組で、大泉洋鈴井貴之らが出演している『水曜どうでしょう』のレギュラー放送終了後の復活第7弾企画がこの日より放送開始予定(インターネットの有料配信も予定、他地域での放送は未定)。2019年12月から2020年3月にかけて放送された第6弾「北海道で家、建てます」に続いての放送で、今回は2018年8月に収録した海外ロケの模様を放送する[822]
  • 月内(予定)
    • いずれも【アニメ】
      • NHK Eテレの月曜22時50分 - 23時15分枠にて、大今良時原作の漫画をアニメ化した『不滅のあなたへ』を放送開始予定[823]
      • テレビ東京系にて、RPGシリーズ『ドラゴンクエスト』(スクウェア・エニックス)を基とする、三条陸原作・稲田浩司作画・堀井雄二監修により週刊少年ジャンプにて長期連載された漫画『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』をアニメ化し放送開始予定[824]。同作はかつてTBS系でアニメ化され(1991年10月 - 1992年9月)、当時と同様、東映アニメーション制作により、28年ぶり2度目のアニメ化となる。
      • 【関東広域圏】フジテレビ『ノイタミナ』枠(金曜未明〈木曜深夜〉)にて、10月より放送開始予定だった『約束のネバーランド・第2期』の開始延期(→2021年1月開始予定)を受け、同作の第1期(2019年1月 - 3月)の再放送を開始予定[727]
    • 【スポーツ】NHK BS1『ラン×スマ』がタイトルを『ランスマ倶楽部』と改題・リニューアル、再スタート予定。
    • 【バラエティ・動物】日本テレビ系土曜19時枠で、前月終了の『天才!志村どうぶつ園』の後番組として、同じ相葉雅紀MCによる『I Love みんなのどうぶつ園』(仮)を放送開始予定[818][819]
    • 【バラエティ】フジテレビ系木曜21時枠で、前月終了の『直撃!シンソウ坂上』の後番組として、お笑いコンビ・千鳥がMCを務める『千鳥のクセがスゴいネタGP』をレギュラー化して、放送開始予定[820]
    • テレビ朝日系
      • 【報道】
        • 平日夕方枠の『スーパーJチャンネル』は、この月より男性メインキャスターを渡辺宜嗣(テレビ朝日嘱託職員、2010年3月~)から小松靖(テレビ朝日アナウンサー)へ交代する。尚、渡辺は同番組のコメンテーターと、スペシャルリポーターの兼務へとスライドする[825]
        • 『サンデーステーション』は、この月より放送時間を日曜16時30分から日曜21時枠に移動。2018年3月以来2年半振りに21時枠へと戻る[826][827]。キャスターも現在『報道ステーション』のキャスターを務めている小木逸平と森川夕貴(いずれもテレビ朝日アナウンサー)に交代。なお現在21時枠で放送中の『日曜プライム』、並びに日曜夕方・最終便のANNニュースの扱いについては未定[817][828]
      • 【情報】昼枠情報番組『大下容子ワイド!スクランブル』は、9月まで出演した小松靖の『スーパーJチャンネル』転出に伴い、佐々木亮太(テレビ朝日アナウンサー)が小松の後任に起用される[825]
      • 【改編・バラエティ】『サンデーステーション』の枠移動に伴い、土・日曜プライムタイム枠を改編[829][830]
        • 土曜は、弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)出演の新バラエティ番組を新設。21時55分 - 22時25分枠には過去に単発番組で放送された『あざとくて何が悪いの?』をレギュラー化。司会は弘中と山里亮太(タレント、南海キャンディーズ)と田中みな実(フリーアナウンサー)が務める。更に22時25分 - 23時10分枠には同じく『ノブナカなんなん?』をレギュラー化。こちらは弘中とノブ(千鳥)が司会を務める[829]。これに伴い、これまでの同枠であり、同じく弘中が出演している『激レアさんを連れてきた。』(共同MC:若林正恭〈オードリー〉)は「ネオバラエティ・月曜」枠へ移動[830]、2019年3月以来、1年半ぶりに同枠へ復帰する[注 183]
        • 日曜は、土曜未明(金曜深夜)枠で放送していた『爆笑問題のシンパイ賞!!』を21時55分 - 22時25分枠に、水曜未明(火曜深夜枠)の『テレビ千鳥』を22時25分 - 23時枠へ放送時間をそれぞれ移動、ともに全国ネット昇格[829][830]
    • 【紀行・京都府KBS京都メイン制作で同局、BS11、TOKYO MX3局による新番組『京都画報』(月1回)が放送開始。番組では古都・京都の美・知・芸・技・食の5つの分野にフォーカスし、毎月その道に関わる人物をゲストに最新の京都情報を紹介する。番組案内人は常盤貴子(女優)が務め、常盤自らも京都の街を歩き、名所などを紹介する。なお当初は4月開始となっていたが、コロナ感染拡大の中で現時点でロケを行うことは難しいとして番組開始を延期した。3局は10月開始の予定で準備を進めるとしている[831]

12月[編集]

  • 月内(予定)- 【お笑い・特番】朝日放送テレビ(ABC、テレビ朝日系)で、年1回恒例の漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2020』決勝を放送予定。なお朝日放送テレビは7月8日の社長会見で『M-1グランプリ』について、「コロナ問題の状況を見極めつつ、今年度の決勝大会の会場を(ABCの本社がある)大阪とする可能性、また観客を入れない(無観客)形での開催も選択肢にある」と表明している[795]

年内[編集]

その他テレビに関する話題[編集]

1月[編集]

東北放送(TBC)の新CIロゴ
  • 6日 - 【CI・ロゴ・宮城県東北放送(TBC、TBS系)が、仙台市太白区八木山香澄町の旧社屋敷地内に建設していた新社屋の完成に先立ち、新たなブランド戦略として、新CIならびにスローガンとロゴを制定。新スローガンは「はやく、ただしく、おもしろく。」で、新CIロゴは略称の小文字表記「tbc」に同局のリモコンキーID「1」を組み合わせたものを採用[846]
  • 7日 - 【不祥事熊本県熊本朝日放送(KAB、テレビ朝日系)のいずれも50歳代の男性社員2人が社員で作る互助会の会費合わせて約1000万円を横領したとして昨年9月と12月にそれぞれ懲戒解雇されていたことがこの日判明。ただし同局はこの事実を公表しておらず、熊本県警への刑事告訴もしていない[847]
  • 8日 - 【活動進退】テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』のメインキャスターを2014年から務めている大江麻理子(元同局アナウンサー)が、「働き方改革」として1月中は番組を休むことを自身のTwitterで明かした。大江の休暇中は須黒清華相内優香(いずれも同局アナウンサー)が代役を務め[848]、2月3日放送分から番組に復帰した[849]
  • 9日 - 【訃報】2006年にTOKYO MX他で放送された『Fate/stay night』(スタジオディーン制作版)や、同じく2013年にTOKYO MX他で放送された『断裁分離のクライムエッジ』を監督し、2004年にテレビ東京系Get Ride! アムドライバー』でも虎田功名義で監督を務めたアニメーション監督の山口祐司が逝去していたことをこの日、複数の関係者が明らかにした(没年齢不詳)[850]
  • 17日
    • 【不祥事・東京都】2019年1月から3月にTOKYO MXで深夜帯に放送されたバラエティ番組『欲望の塊』の中で行われたゲームで優勝した男性が、優勝賞品の外国製高級車「ランボルギーニ」を獲得したにも関わらず2020年1月現在でも賞品が届いていないことを自身のTwitterで発信し騒動になっていることがこの日判明。男性はスポーツニッポンの取材に対し「地上波(放送)を使った詐欺。法的措置も検討している」と激高。一方同局は「番組は外部の制作プロダクションが制作し放送したもの」とした上で「事実関係を調査中」とした[851][852]。さらに翌18日には同番組の司会を務めていた山本圭壱極楽とんぼ)を始め出演者やスタッフにギャラが支払われていない疑いのあることが判明した。同番組のプロデューサーとは連絡がつかない状況が続いているという[853]
    • 【訃報】現役時代はバックハンドトスを代名詞に昭和を代表する名二塁手として知られ、監督時代には日本プロ野球中継史上最高視聴率(関東地区 48.8%)を記録した1994年10月8日の『中日×巨人』第26回戦(ナゴヤ球場。俗にいう「10.8決戦」)[注 188]の主役となり、現場から退いた後は中部日本放送(CBC)のテレビ・ラジオで解説者として野球中継に出演した元中日選手・監督で野球解説者の高木守道がこの日、急性心不全のため逝去(78歳没)[854]
  • 19日 - 【訃報】1959年に新東宝専属女優としてデビュー、その後は『赤い疑惑』(TBS・大映テレビ制作、1975年 - 1976年)など数々のテレビドラマや映画に出演、1978年にはテレビ神奈川(tvk、独立局)の昼枠情報番組『暮らしのワイド リビング・ポート』の司会を務めるなど幅広い活動を見せ、実相寺昭雄(特撮映画監督、2006年没)の妻でもある女優の原知佐子がこの日夕方、上顎肉腫のため東京都杉並区内の病院で逝去(84歳没)[855][856]
  • 20日 - 24日 - 【配信】在京民放キー局5局が各局で放送している夕方のニュース番組を無料配信ポータルサイト「TVer」を用いて同時配信する実験を5日間にわたり実施。また春には一部の番組についても同時配信する予定[857][858]
  • 20日
  • 21日
    • 【訃報】1955年に日活所属の俳優としてデビューし、映画俳優として数々の作品に出演、その後は日本テレビ系で放送された『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』や『元祖どっきりカメラ』などのバラエティ番組、フジテレビ系『くいしん坊!万才』の第4代リポーターとして活躍した宍戸錠がこの日未明、東京都世田谷区内の自宅で倒れているのが発見され、死亡が確認された(86歳没)[861][862][863]。その後、23日に日活により死亡した日が1月18日であり、死因が虚血性心疾患であったと判明したことなどが発表された[864]
    • 【不祥事・東京都】TOKYO MX『欲望の塊』(上述)で、現在でも優勝賞品のランボルギーニが届いていなかったり、出演者やスタッフのギャラが支払われていない問題で、同局はこの日公式サイトで「外部からの持ち込み番組であり制作著作権は有していない」としながらも「番組を放送した以上責任は当社にある」と謝罪。その上で「問題解決に努力し、今後も引き続き事実確認を進めると共に再発防止のための管理強化について検討する」とした[865]。→1月17日の出来事参照
  • 22日
    • 【BPO】放送倫理・番組向上機構(以下、BPOと記す)の人権委員会はこの日、フジテレビ系の平日朝情報番組『情報プレゼンター とくダネ!』について審理入りすることを発表。2019年8月30日放送の同番組にて、東京都内の公園で進学塾が生徒に大縄跳びをさせていることが騒音にあたるかについて、周辺住民にインタビューを行った件を巡り、今回の審理入りとなった[866]
    • 結婚】フジテレビアナウンサーの三田友梨佳(2011年入社)が、この日までに一般会社員の男性と婚姻届を提出していたことが明らかにされた[867]
  • 24日
    • 【BPO・近畿広域圏】BPOの放送倫理検証委員会は、関西テレビのトークバラエティ番組『胸いっぱいサミット!』にて2019年4月と5月に放送された内容で、出演者の女性作家が「○○(○○は国名)は手首を切るブスみたいなもの」などと発言したことについて「放送倫理に違反する」との意見を公表。既に同局の外部有識者委員会が同様の見解を発表しており、追認した格好となった。同局は「意見を真摯に受け止める」とした[868]
    • 【不祥事】TOKYO MX『欲望の塊』を巡る問題(上述)で、同番組を制作した制作会社の担当者の40代男性がこの日福岡市西区に停められていた自動車内で遺体で発見された。車内で練炭を焚いた跡や遺書とおぼしきメモが残されていたことから、自殺を図ったものとみられている[869]。→1月17日および21日の出来事参照
  • 25日 - 【人事】NHKはこの日、第22代会長上田良一(2017年1月25日就任)の任期満了による退任を受け、第23代会長に前田晃伸みずほフィナンシャルグループ元社長)が就任(任期は2023年1月24日まで)[870]
  • 27日 - 【配信】テレビ東京は同日付でアニメ専門のYoutubeチャンネル『テレビ東京公式 あにてれちゃんねる』を開設したことを発表。同チャンネルではテレビ東京系列で放送中、あるいは過去に放送されていた作品を中心に幅広いジャンルのアニメ作品を配信していくとしている[871]
  • 29日
  • 30日 - 【結婚】フジテレビアナウンサーの竹下陽平(1996年入社)が1月1日の元日に34歳の一般女性と婚姻届を提出し結婚していたことがこの日判明[875]
東北放送(TBC)新社屋
  • 31日
    • 【新社屋・宮城県】東北放送(TBC)の新社屋がこの日竣工[876]。これに伴い1963年に完成した旧社屋(通称:A-site)は解体される[877]
    • 【新会館・北海道NHK札幌放送局が、札幌市中央区の旧市立札幌病院跡地に2017年8月から建設を進めていた新放送会館がこの日竣工[878]
    • いずれも【訃報】
      • 1970年代に吉本新喜劇座員として活躍し、吉本興業時代には『モーレツ!!しごき教室』(毎日放送)などにも出演していた喜劇役者の高石太が虚血性心疾患のため晩年在住していた北海道札幌市内の療養施設で逝去(71歳没)[879]
      • TBS『水戸黄門』や同局『大岡越前』などのテレビドラマに出演し、悪役として知られた俳優の内田勝正がこの日夕方、肝細胞がんのため東京都内の病院で逝去(75歳没)。訃報は2月5日に内田が副理事長を務めていた日本俳優連合から発表された。内田は10年前に胃がんを患いながらも俳優活動を続けていたが、昨年体調を悪化させて入退院を繰り返していた[880][881]

2月[編集]

3月[編集]

秋田放送新社屋(秋田市中通、3月28日撮影)
志村けん(お笑いタレント)逝去(29日、70歳没。写真は西武新宿線東村山駅前にある「志村けんの木」〈2009年8月撮影〉)
NHKの新ロゴ
  • 29日
  • 30日
    • いずれも【視聴率】
      • 日本テレビが2019年度の視聴率でゴールデン帯・プライム・全日帯すべてで年度1位となり、2014年度から6年連続となる年度視聴率三冠を達成[944]
      • 民間の視聴率調査会社ビデオリサーチがこの日、視聴率調査を一新(データ提供は31日より実施)[945]
    • 【ロゴ】NHKがこの日よりロゴをリニューアル(1995年から使用されてきた1世代前のタイプをマイナーチェンジ)すると同時に、各チャンネルの放送画面右上のウォーターマーク、並びに電子番組表(EPG)のアイコン表示を一新[946]。また同日より日本人の名前のローマ字表記を姓・名順に改め、同日の放送及びインターネット配信などで施行[947]
    • 【訃報】演歌歌手で、1995年の『第46回NHK紅白歌合戦』に「男の慕情」で出場した経験を持つ加門亮がこの日午前、全身がんによる多臓器不全のため東京都内の病院で逝去(61歳没)。訃報は翌31日に所属事務所により発表された[948]
  • 31日
    • 【活動進退】2019年度最終日となったこの日、各局のアナウンサーがそれぞれ在職していた局を同日付で退社した。
      • テレビ東京
      • 【近畿広域圏】読売テレビアナウンサーの森武史(森たけし)(1983年入社)が同日付で37年間在職した同局を定年退職し、フリーアナウンサーに転身。なお現在も司会を務める同局『朝生ワイド す・またん!』は続投[951]
      • 【中京広域圏】
      • 【新潟県】
        • 新潟放送(BSN、TBS系)にて2015年にラジオリポーターとして入社し、2016年にアナウンサーへ転属、気象予報士としても活動している久能木百香がこの日付で5年間在職した同社を退職。なお久能木は気象会社へ転職する意向を明らかにしている[200]
        • 新潟テレビ21(UX、テレビ朝日系)アナウンサーの阿部真澄(2013年入社)がこの日付で3年間在職した同社を退職[955]。なお阿部の今後は未定。
        • NST新潟総合テレビ(フジテレビ系)アナウンサーの水谷悠莉(2013年入社、在職7年間)[956]井上綾夏(2017年入社、在職3年間)[957]の2名がこの日付でそれぞれ同社を退職した。なお水谷はフリーアナウンサーへ転向するが、井上の今後は未定。
      • 【山梨県】山梨放送(YBS、日本テレビ系)アナウンサーの三浦実夏(2011年入社)は、第1子妊娠により出産準備のため9年間在職した同社を退職[958]
      • 【兵庫県】サンテレビ(SUN、独立局)アナウンサーの松浦宏子(2017年入社)は、この日付で3年間在職した同局を退職[959]。なお松浦は4月より愛媛朝日テレビ(テレビ朝日系)へ移籍。
      • 【山口県】
        • 山口放送(KRY、日本テレビ系)アナウンサーの八木美佐子(2016年入社)は、結婚準備のため4年間在職した同社を退職[960]
        • テレビ山口(tys、TBS系)アナウンサーの大東和華子(2014年入社)は、結婚準備のため6年間在職した同社を退職[961]
      • 【愛媛県】
        • テレビ愛媛(EBC、フジテレビ系)アナウンサーの山田幸子(1977年入社)は、定年により43年間在職した同社を退職[207]
        • 愛媛朝日テレビ(eat、テレビ朝日系)アナウンサーの坂口愛美(2012年入社)は、東京のラジオ局・文化放送(QR)への移籍を理由としてこの日付で8年間在職した同社を退職[962]
    • 【閉局・BS】ブロードキャスト・サテライト・ディズニーが運営するBS無料チャンネルDlifeビーエスFOXが運営するBS有料チャンネルFOXスポーツ&エンターテイメントがこの日の24時をもって放送終了。ディズニーとFOXは2019年に経営統合しており、両チャンネルともディズニーの日本国内における放送事業の方針を検討した結果、今回の措置となった[963][964]
    • 【BPO】BPOの放送倫理検証委員会はこの日、NHKワールドJAPAN」で2018年11月19日に放送されたドキュメンタリー番組『Inside Lens』の内容について、放送倫理違反があったとする意見書を公表した[965]
    • 【不祥事・倫理問題】TOKYO MXで放送された『欲望の塊』で発生した一連のトラブルについて、総務省はこの日同局に対し行政指導を行った。この中で「放送責任はTOKYO MXにあり、また同局が適切に管理すべき事項」であったと指摘。再発防止策等について取組内容を公表するよう求めた。一方同局は出演者等との問題は既に解決済みとしたうえで、総務省の要請には速やかに対処したいとした[966]。→1月17日・1月21日・1月24日の出来事も参照
    • 【新社屋・北海道】北海道放送が、札幌市中央区北1条西の現社屋に隣接する立体駐車場跡地に建設していた新社屋が竣工し、引き渡しを受ける[967]。1959年完成の現社屋は新社屋稼働後に解体され、旧社屋跡地には複合型ビルを建設する予定[968]

4月[編集]

TBSグループの新CIロゴ
TBSグループの新CIロゴ
山陰中央テレビの新CIロゴ
山陰中央テレビの新CIロゴ

5月[編集]

  • 1日
  • 4日 - 【スポーツ・編成】5月24日 - 6月7日に開催される予定だった大相撲夏場所両国国技館)がこの日、コロナの影響により中止が決定したことを受け、NHK広報局は「大変残念」というコメントを発表した[1027]。→番組関連の5月24日の出来事も参照
  • 8日 - 【訃報】六代目笑福亭松鶴門下の落語家で、1982年の『第3回ABC落語漫才新人コンクール』(朝日放送主催)最優秀新人賞を受賞し、『わいわいサタデー』(朝日放送テレビ)や関西テレメッセージのCMなどにも出演した笑福亭鶴志が、7日夜に体調不良を訴えて大阪府内の病院へ搬送されるもこの日未明、心不全及び腎不全のため大阪府内の病院で逝去(64歳没)[1028]
  • 11日 - 【施設】NHKは東京都渋谷区神南首都圏放送センター開館(1965年)と同時に見学コースとして設置し、1995年に現在の形としてリニューアル、『スタジオパークからこんにちは』(1995年4月 - 2017年3月)『土曜スタジオパーク』(1999年4月 - )などの生放送や各種イベントにも使用されてきた施設「NHKスタジオパーク」をコロナの影響で2月末より臨時休館し、6月に再開を企図していたが、東京五輪・パラ大会の1年順延や放送センター改築工事のスケジュールに変更が生じるなどの状況変化が出てきたため[1029]、9月末の予定を早める形でこの日、施設を再開しないままに閉館することを決め、発表した[1030]。閉館後も『土曜スタジオパーク』は6月27日まで同所から放送し、7月4日より別のスタジオに移動して放送する[1031]。→番組関連の6月27日の出来事も参照
  • 15日 - 【訃報】『M-1グランプリ』(朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系)に7回出場し[注 205]、『オールザッツ漫才』(毎日放送)や『ザ・ベストワン』(TBS系、3月15日)などの番組に出演した吉本興業所属の漫才コンビ「てんしとあくま」メンバー(ツッコミ担当)の川口敦典がこの日、かねてからの持病であった心臓疾患のため逝去(36歳没)[1032]
  • 16日
  • 17日 - いずれも【訃報】
  • 18日
    • 【賞】一般社団法人放送人の会主催で、19回目となる『放送人グランプリ2020』がこの日発表され、フジテレビ主催のドラマ脚本公募『フジテレビヤングシナリオ大賞』がグランプリを受賞した[1039]。また『第6回大山勝美賞』には、テレビ朝日のドラマプロデューサー中込卓也と、北海道テレビ社員で『水曜どうでしょう』などのディレクターとして活躍した藤村忠寿の2名が受賞した[1040]
    • 【音楽・教育・イベント】NHKはこの日、小学校から高校までの各年代を対象に1932年(昭和7年)より開催している『NHK全国学校音楽コンクール』(通称「Nコン」)について、コロナによる合唱団活動への影響が非常に大きいことなどを考慮し、本年度の第87回大会の開催を取り止めることを決定、公式サイトにて告知した。なお本年度の課題曲3曲(小学校の部『好奇心のとびら』、中学校の部『足跡』〈歌唱:Little Glee Monster〉、高校の部『彼方のノック』)については2021年(令和3年)年度の第88回大会へ持ち越すことも併せて発表している[1041]
  • 21日 -【その他・健康問題・民放連】日本民間放送連盟(民放連)並びに日本新聞協会はこの日、「日本社会に新型コロナ流行拡大による医療従事者や罹患者などに対する差別や偏見などが広がっている」として、両団体連名により「新型コロナウイルス感染症の差別・偏見問題に関する共同声明」を発出した[1042]
  • 23日 - いずれも【訃報】
  • 26日 -【事業・通信】フジテレビをはじめフジネットワーク(FNS)28局全社がこの日から、インターネットに接続されているテレビを対象に視聴データの収集・分析を行う「FNS視聴データ利活用プロジェクト」を始動。この日より全放送時間の視聴データの収集を開始(ただしテレビ宮崎(UMK、日本テレビ・テレビ朝日系列とのクロスネット)は日程より遅れて開始予定)、6月1日より分析を開始する[1046][1047]
  • 28日 -【経営・近畿広域圏】毎日放送(MBS)とその親会社のMBSメディアホールディングスは、この日行われた両社の取締役会で、毎日放送のラジオ部門会社分割して設立した新会社(商号未定)に移行する方針を決め、開局70周年を迎えた2021年10月1日から、新会社が毎日放送からラジオ事業の放送免許を引き継ぐことを発表した。これに伴い、毎日放送はテレビ放送事業会社に移行し、商号も「株式会社毎日放送」から変更する予定[1048][1049]
  • 30日 - 【訃報】2004年のCM好感度No.1に選出された大手消費者金融会社・アイフルを始めとするCM音楽やテレビアニメの劇伴音楽などを数多く手掛けた作曲家・ピアニストの蒲池愛がこの日逝去(48歳没)。訃報は6月8日になって所属事務所が公表した[1050]

6月[編集]