この記事は移動拡張半保護されています。(拡張半保護の方針による移動拡張半保護)
この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

三浦春馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

みうら はるま
三浦 春馬
生年月日 (1990-04-05) 1990年4月5日
没年月日 (2020-07-18) 2020年7月18日(30歳没)
出生地 日本の旗 日本茨城県土浦市[1]
死没地 日本の旗 日本東京都港区[2]
身長 178 cm[3]
血液型 AB型[3]
職業 俳優
歌手
ジャンル テレビドラマ映画舞台CM
活動期間 1997年 - 2020年
事務所 アミューズ[2](最終所属)
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
14才の母
ごくせん 第3シリーズ
ブラッディ・マンデイ
サムライ・ハイスクール
大切なことはすべて君が教えてくれた
陽はまた昇る
ラスト♡シンデレラ
僕のいた時間
おんな城主 直虎
オトナ高校
TWO WEEKS
映画
キャッチ ア ウェーブ
恋空
君に届け
永遠の0
進撃の巨人
銀魂2 掟は破るためにこそある
SUNNY 強い気持ち・強い愛
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
コンフィデンスマンJP -ロマンス編-
アイネクライネナハトムジーク
舞台
キンキーブーツ
罪と罰
テンプレートを表示

三浦 春馬(みうら はるま、1990年平成2年〉4月5日[3] - 2020年令和2年〉7月18日[4])は、日本俳優歌手茨城県土浦市出身[1]アミューズに所属し活動していた[2]

来歴

芸能活動

4歳の頃から児童劇団のアクターズスタジオつくば校[5]に所属し[6]1997年NHK連続テレビ小説あぐり』で子役としてデビュー[2]

アクターズスタジオ時代には、松永一哉鈴木和也とともにダンスチームBrash Bratsを結成(改名前はkeepout,INAZUMA)[7][8]、ボーカルを担当していた[8]。(2005年に活動休止[8])。

2004年アミューズに所属する[9]

2006年、『キャッチ ア ウェーブ』で初めて映画で主演を務める[10]。同年、テレビドラマ『14才の母』(日本テレビ)でヒロインの恋人役を演じ、注目を集める[11]

2007年度、映画『恋空』で第31回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞[12]

2008年、『ブラッディ・マンデイ』(TBS)で初めて連続ドラマで主演を務める[13]

2009年堀越高等学校を卒業。

2009年6月、『星の大地に降る涙』で初めて舞台に出演する[14]

2009年10月期の『サムライ・ハイスクール』(日本テレビ)、2010年1月期の『ブラッディ・マンデイ Season2』(TBS)と、2クール続けて連続ドラマの主演を務めた[注釈 1][15]

2010年2月、同じ事務所所属の俳優・佐藤健との共同企画作品、DVD「HT 〜N.Y.の中心で、鍋をつつく〜」を発売。発売初週で12,000枚を売り上げ、同年3月1日付のオリコンDVDランキングで総合5位を獲得、日本人男性俳優の「アイドル・イメージ作品部門」での歴代最高順位を記録した[16]

2011年、『大切なことはすべて君が教えてくれた』(フジテレビ)で初めて月9ドラマで主演を務める[注釈 2][17]

2013年度、ドラマ『ラスト♡シンデレラ』(フジテレビ)、自ら企画を提案し主演したドラマ『僕のいた時間』(フジテレビ)[18]で、第51回ギャラクシー賞個人賞を受賞[19]

2014年度、映画『永遠の0』で第38回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞[20]

2016年度、舞台『キンキーブーツ』で、第24回読売演劇大賞優秀男優賞と杉村春子賞を受賞[21]

2017年ロンドンに2ヵ月短期留学する[22]

2018年4月12日より放送されている紀行番組世界はほしいモノにあふれてる』(NHK総合)で司会を担当。

2019年6月1日より、「ポール・スミス」ブランド初の日本におけるメンズ ブランドアンバサダーに就任[23]

2019年8月7日、主演ドラマ『TWO WEEKS』(フジテレビ)の主題歌で歌手デビューを果たした[24]

死去

2020年7月18日、仕事場に姿を見せなかったため関係者が自宅を訪ねたところ、クローゼットの中で首を吊った状態で発見された。その後病院に搬送され、死亡が確認された[25][26][27]。30歳没[25][27]。室内には遺書らしき物が残されていたことから、警視庁自殺とみて詳しい状況を調べている[25][26]

三浦は前日まで、TBS系列で9月からスタートする予定のドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』の撮影に参加していたが、翌18日の朝から連絡が取れなくなっていた[28]

所属事務所のアミューズはホームページ上にコメントを掲載し、三浦が7月18日午後2時10分に都内の病院で死去したことを公表した[4][25]

葬儀・告別式は親族と所属事務所の関係者だけの密葬で7月20日に執り行われた[9][29]。所属事務所には追悼式などを望むファンの声も多く寄せられているが、新型コロナウイルスの感染予防にも配慮した上で時期を考慮し、別途機会を設ける意向であると見解を示した[30]

2020年7月31日、所属事務所が追悼サイトを立ち上げた[31]

影響のあった活動

三浦がMCを務めていたNHK総合の紀行番組『世界はほしいモノにあふれてる』では、生前に収録を終えていた計3回分は予定通り放送される見込み。また、8月15日放送予定の特別ドラマ『太陽の子』についても、同様に予定通りに放送する見込みである[32]

生前の2019年から歌手活動も行っており、2020年8月26日に2ndシングル『Night Diver』がリリースされる予定であった。同CDは全3曲収録であり、そのうちの1曲「You&I」は三浦が作詞・作曲に初挑戦した[33]。また、タイトル曲『Night Diver』を同年7月24日にテレビ朝日系の音楽番組『ミュージックステーション』に生出演して披露する直前の死去だった。三浦の死去を受け、同番組は公式サイトの出演者欄に追悼メッセージを掲載したほか、当日の放送で同作品のミュージックビデオが流された[34]。『Night Diver』は7月24日に先行配信され、CDは当初の予定通りリリースされる見込みである。売り上げの一部は、三浦が生前より取り組んでいたチャリティイベント「Act Against AIDS」にて支援を続けていた認定NPO法人「フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダーJAPAN」を通じて、ラオスの小児病院「ラオ・フレンズ小児病院」に寄付される[35]

生前最後の仕事となったTBS系火曜ドラマおカネの切れ目が恋のはじまり』には、主要人物のひとりとしてキャスティングされており、4話目の途中まで収録していた。三浦の急逝によりドラマ自体を見送ることも検討されたが、協議を重ねた結果、台本を練り直して全4話の物語として完結させることになった。同年9月15日から放送される予定[36]

人物

人柄

  • 名前には「(1990年)午年の春に生まれ」、「天空を元気に駆け上がっていく駿馬のように」という意味や願いが込められている[37]。名づけ親は父方の親族の女性である[38]。三浦姓は父親側の姓である[38]
  • 特技はサーフィンサッカー[39]。小学校で2年間、中学校で2年間、サッカー部に所属[37]
  • 子供の頃から背が高く、子役時代から実年齢より上に見られることが多かった[40]
  • 「俳優をやめたい」と、悩み苦しんでいた時期があった[41]。21歳の頃、2012年2月5日放送の『ホンネ日和』(TBS系)で、三浦は兄のように慕う寺脇康文と対談し、役者として自信を無くし苦悩した日々について語っている[41]。19歳の頃の『サムライ・ハイスクール』撮影時、今までに感じたことの無い疲労感に襲われ、「役者をやめて俺は農業の道に行こう」、「とにかく今の状態から逃げ出したい、故郷へ戻りたい」この一心だったという。この時は母親に説得され思い止まったが、すっかり俳優として自信が無くなってしまったという[41]

家族・親族

三浦は映画『永遠の0』のインタビューで自身の祖父について触れ、「祖父は実際に戦場には行かなかったが戦争体験者で、学徒兵として召集がかかり、特攻隊員として適性検査を受けたが目が悪くて試験に落ちてしまった。戦争が終わったあと勉強して学校の先生になり、最終的には校長にまでなり、瑞宝章をもらった。」と述べている[42]

交友関係

  • 中学生の頃からゆずの大ファンで[43]、ゆずの楽曲「うまく言えない」のミュージック・ビデオにも出演した[44]。この出演を機に、親交を深めていたという。
  • 高校の同級生には俳優の鮎川太陽戸谷公人Hey! Say! JUMP八乙女光がいる。また、鮎川とは親友でもあった。
  • 2009年の日本テレビ系ドラマ「サムライ・ハイスクール」で共演した城田優とは10年来の親友として、また兄のようにも慕っていたという。三浦が自死をした7月18日、城田はTBS系列音楽の日』の生放送に出演するため同局でスタンバイしていたところに訃報が届いた。城田はGReeeeNの楽曲『キセキ』とディズニー映画「リメンバー・ミー」の劇中歌『リメンバー・ミー』を泣き腫らした赤い目のまま歌い上げた[45]。7月23日、インスタグラムを更新し、三浦を偲ぶ言葉を綴った[46]
  • 2011年のテレビ朝日系列ドラマ「陽はまた昇る」で共演した俳優の佐藤浩市の統率力に感銘を受け、“師”と仰いでいた[47]
  • 憧れる俳優は小栗旬であることを多数のインタビューで公言している。2008年のドラマ「貧乏男子」で初共演し、その後も「クローズZERO」などの作品で共演し、プライベートでも交流を深めた。三浦は小栗について「自分が本当によくない時期に、誰よりも早く電話をくれて、『おいでよ』って言ってくれたのは旬さんだけなんですよね。行動してくれる人もなかなかいない中、僕のことを気にかけてくれる。この位置にいるのにそうしてくれるので、みんな旬さんのもとで一緒に仕事したいなと思うはずです。やっぱり憧れますし、自分もそんな男になっていきたいです。」と語った。小栗は三浦について2010年にバラエティ番組で、もともと年下は苦手だったが、1番最初に慕ってついてきてくれたのが三浦だと語った。また2018年に行われた2人の対談では三浦について「ずっと気になっている存在。心配するときもあるし、ちゃんと生きててほしいなって思います(笑)」と語った。[48]

受賞歴

2007年度

2009年度

2013年度

2014年度

2016年度

2017年度

2019年度

  • ソウルドラマアワード アジアスター賞[49]

ディスコグラフィー

シングル

発売日 タイトル オリコン
2019年8月7日 Fight for your heart[24] 12位
2020年8月26日 Night Diver[35]

出演

テレビドラマ

Webドラマ

  • tourist ツーリスト(全3話出演)(2018年、TBS、テレビ東京、WOWOWで放送後、Paraviにて配信開始) - 天久真 役[65]

映画

舞台

  • 地球ゴージャスプロデュース公演
    • 地球ゴージャスプロデュース公演Vol.10「星の大地に降る涙」(2009年6月 - 8月)
    • 地球ゴージャスプロデュース公演Vol.12「海盗セブン」(2012年3月 - 5月)
  • 劇団☆新感線「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロック III」(2012年12月 - 2013年2月)
  • 地獄のオルフェウス(2015年5月 - 6月、Bunkamuraシアターコクーン/森ノ宮ピロティホール) - ヴァル 役[75]
  • キンキーブーツ(2016年7月 - 8月、新国立劇場中劇場 / オリックス劇場) - 主演・ローラ 役
    • キンキーブーツ再演(2019年4月 - 5月、東急シアターオーブ / オリックス劇場)
  • シアターコクーン・オンレパートリー2019 DISCOVER WORLD THEATRE vol.5 Bunkamura 30周年記念「罪と罰」(2019年1月 - 2月、Bunkamura シアターコクーン/森ノ宮ピロティホール)- 主演・ラスコーリニコフ 役[76]
  • ミュージカル「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド〜汚れなき瞳〜」(2020年3月、日生劇場) - 主演・男(ザ・マン) 役[77]

紀行・ドキュメンタリー

ミュージック・ビデオ

CM

作品

書籍

  • PHOTO BOOK『たぶん』(2007年12月、ワニブックスISBN 978-4-84-704051-1
  • 写真集『Letters』(2008年10月10日、主婦と生活社ISBN 978-4-39-113695-1
  • 写真集『Switch』(2010年2月5日、マガジンハウスISBN 978-4-83-872042-2
  • 写真集『三浦春馬 ふれる』(2015年3月26日、マガジンハウス)ISBN 978-4-83-872667-7
  • 書籍『日本製』(2020年4月5日、ワニブックス)ISBN 978-4-8470-8281-8
  • 書籍+ドキュメンタリー写真集『日本製+Documentary PHOTO BOOK 2019-2020』(2020年4月5日、ワニブックス)ISBN 978-4-8470-8280-1

DVD

脚注

注釈

[脚注の使い方]
  1. ^ これは当時の若手俳優にとって異例のことであった。
  2. ^ 初めて平成生まれの俳優が月9ドラマの主演を務めた。
  3. ^ 多部未華子と共演
  4. ^ a b 多部未華子とダブル主演
  5. ^ 2013年は多部未華子と共演
  6. ^ 当該機種のほか、同社のau向け機種の機種別カタログの表紙にも起用された。

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 三浦春馬がしびれた日本の“技、食、そして人” 4年かけ全都道府県を旅した日々”. ORICON NEWS. オリコン (2020年5月5日). 2020年7月18日閲覧。
  2. ^ a b c d 俳優の三浦春馬さん自殺か 自宅マンションで死亡―東京”. 時事通信社 (2020年7月18日). 2020年7月18日閲覧。
  3. ^ a b c 三浦 春馬”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2020年7月18日閲覧。
  4. ^ a b 三浦春馬に関するお知らせ(2020年7月20日)”. AMUSE. アミューズ (2020年7月20日). 2020年7月20日閲覧。
  5. ^ アクターズ出身アーティスト”. アクターズスタジオ. 2013年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月18日閲覧。
  6. ^ 俳優の三浦春馬さんが死亡 30歳 自殺か”. 毎日新聞社 (2020年7月18日). 2020年7月18日閲覧。
  7. ^ “三浦春馬さんとダンス松永一哉「沢山ありがとう」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ). (2020年7月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202007200000165.html 2020年7月21日閲覧。 
  8. ^ a b c 三浦春馬さん、誰も気づけなかった「SOS」と現場をピリつかせた気になる「異変」”. 週刊女性PRIME. 主婦と生活社 (2020年7月20日). 2020年7月21日閲覧。
  9. ^ a b “三浦春馬さん密葬 所属アーティスト参列なし、お別れの会は後日開く予定”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月21日). https://hochi.news/articles/20200720-OHT1T50239.html 2020年7月21日閲覧。 
  10. ^ 朝ドラ子役、「14歳の母」注目/三浦春馬さん略歴”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2020年7月18日). 2020年7月18日閲覧。
  11. ^ 俳優の三浦春馬さん死去、自殺か 30歳”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2020年7月18日). 2020年7月18日閲覧。
  12. ^ Japan|俳優の三浦春馬が死去 「ポール・スミス」のメンズブランドアンバサダーとしても活躍”. SEVENTIE TWO (2020年7月18日). 2020年7月18日閲覧。
  13. ^ 三浦春馬が単独初主演&佐藤健と共演も ドラマ『ブラッディ・マンデイ シーズン1』初の独占配信が決定”. スパイス. イープラス (2020年6月17日). 2020年7月18日閲覧。
  14. ^ “三浦春馬、「目頭が熱くなってしまう」ミュージカルナンバーは?”. J-WAVE NEWS (J-WAVE). (2019年12月25日). https://news.j-wave.fm/news/2019/12/1220-5.html 2020年7月18日閲覧。 
  15. ^ “三浦春馬 異例の2期連続連ドラ主演”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2009年11月25日). オリジナルの2009年11月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091126223728/http://www.daily.co.jp/gossip/article/2009/11/25/0002538484.shtml 2010年2月24日閲覧。 
  16. ^ ““鍋トモ”三浦春馬、佐藤健、DVDアイドル・イメージ部門最高位と初週売上記録更新”. ORICON NEWS (オリコン). (2010年2月24日). https://www.oricon.co.jp/news/73663/full/ 2020年7月18日閲覧。 
  17. ^ 注目ドラマ紹介:「大切なことはすべて君が教えてくれた」 戸田恵梨香と三浦春馬が教師役で月9初主演”. MANTANWEB (2011年1月17日). 2020年7月18日閲覧。
  18. ^ 三浦春馬インタビュー”. テレビドガッチ. プレゼントキャスト. 2014年1月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年8月15日閲覧。
  19. ^ a b 第51回ギャラクシー賞受賞作品放送批評懇談会、2014年6月4日閲覧。
  20. ^ a b 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月16日閲覧
  21. ^ a b 第24回読売演劇大賞、大賞に堀尾幸男氏”. 読売オンライン. 読売新聞 (2017年4月2日). 2017年2月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年7月18日閲覧。
  22. ^ 三浦春馬インタビュー「怖がらずにもがき苦しんでいきたい」”. Numero TOKYO. 扶桑社 (2018年9月12日). 2020年7月21日閲覧。
  23. ^ 三浦春馬さんがポール・スミス メンズ ブランドアンバサダーに就任”. PR TIMES (2019年4月5日). 2020年7月18日閲覧。
  24. ^ a b “三浦春馬、主演ドラマ「TWO WEEKS」で主題歌担当「とても刺激的で興奮しました」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年6月23日). https://mdpr.jp/music/1845991 2019年6月23日閲覧。 
  25. ^ a b c d 若手の人気俳優 三浦春馬さん 自宅で死亡 自殺か 警視庁”. NHKニュース. 日本放送協会. 2020年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月18日閲覧。
  26. ^ a b “速報:俳優の三浦春馬さんが死亡 自殺か”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2020年7月18日). https://www.news24.jp/sp/articles/2020/07/18/07683383.html 2020年7月18日閲覧。 
  27. ^ a b “三浦春馬さん 自宅で首つり死亡、自殺か 室内に“遺書””. TBS NEWS (TBSテレビ). (2020年7月18日). https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4032003.html 2020年7月18日閲覧。 
  28. ^ “三浦春馬さん死亡、自殺か 朝から連絡つかず…ドラマ撮影中止に”. デイリースポーツ. (2020年7月18日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/07/18/0013521575.shtml 2020年7月18日閲覧。 
  29. ^ 三浦春馬さんがセコンド…江幡兄弟の塁「戦友」悼む”. 日刊スポーツ (2020年7月21日). 2020年7月21日閲覧。
  30. ^ “三浦春馬さん 葬儀は密葬で執り行われる 所属事務所がコメント発表「悔やんでも悔やみきれない」”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2020年7月20日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/20/kiji/20200720s00041000304000c.html 2020年7月20日閲覧。 
  31. ^ “三浦春馬 追悼サイト立ち上げのお知らせ”. 株式会社アミューズ Official Site. (2020年7月31日). https://sp.amuse.co.jp/20200731/ 2020年7月31日閲覧。 
  32. ^ NHK「せかほし」三浦春馬さん生前収録分は予定通り放送へ 放送総局長が追悼「大事な宝物を失うよう」”. スポニチSponichiAnnex (2020年7月22日). 2020年7月23日閲覧。
  33. ^ 三浦春馬セカンドシングル『Night Diver』8月26日発売”. TOWER RECORDS ONLINE (2020年7月1日). 2020年7月19日閲覧。
  34. ^ “三浦春馬さん新曲MV『Mステ』で放送 「記憶に残してほしい」”. ORICON NEWS (ORICON). (2020年7月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2167708 2020年7月24日閲覧。 
  35. ^ a b 三浦春馬2ndシングル「Night Diver」当初の予定通り発売、売上一部はラオス小児病院に寄付”. 音楽ナタリー (2020年7月23日). 2020年7月24日閲覧。
  36. ^ 三浦春馬さんドラマ、収録途中だった4話で完結 生涯最後の演技が見られる”. SANSPO.COM (2020年7月31日). 2020年7月31日閲覧。
  37. ^ a b “18歳の三浦春馬さん「夢って何なんだろう」/復刻”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ). (2020年7月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202007190000433.html?Page=3 2020年7月21日閲覧。 
  38. ^ a b 《三浦春馬さん他界》名付け親・親族が涙の沈痛告白「春馬ちゃんは生き別れた父親と再会したばかりだった」文春オンライン。2020年7月21日閲覧。
  39. ^ 三浦 春馬 - アミューズ オフィシャル ウェブサイト”. 2019年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月18日閲覧。
  40. ^ 少年俳優』(ISBN 9784835615936)インタビューより。
  41. ^ a b c エンタがビタミン♪】三浦春馬「役者をやめて農業の道へ」。精神的に追い詰められた過去を赤裸々告白。”. Techinsight. テックインサイト (2012年2月6日). 2020年7月19日閲覧。
  42. ^ この映画を通して祖父に会えた 俳優 三浦春馬(2013年11月27日)日経BizGate公式サイト。2020年7月20日閲覧。
  43. ^ “ゆず新曲が三浦春馬主演ドラマ挿入歌&イメージソングに”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年1月1日). https://natalie.mu/music/news/106999 2020年7月21日閲覧。 
  44. ^ a b “ゆず「恋空」に感動し、新曲PVで三浦春馬に出演オファー”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2008年4月1日). https://natalie.mu/music/news/6345 2020年7月19日閲覧。 
  45. ^ 【三浦春馬さん他界】城田優「楽屋ではマネジャーも声をかけられないほど憔悴」三浦翔平「何も聞かされていなかった」”. 文春オンライン (2020年7月19日). 2020年7月24日閲覧。
  46. ^ 城田優 親友・三浦春馬さん偲ぶ「愛おしい」笑顔の写真とともに「春馬の意思を受け継ぎ、春馬の分まで…」”. スポニチSponichiAnnex (2020年7月24日). 2020年7月24日閲覧。
  47. ^ “師弟関係”だった俳優・佐藤浩市が追悼コメント「一番悔やんでいるのは春馬 お前自身の筈だ」”. 文春オンライン (2020年7月22日). 2020年7月24日閲覧。
  48. ^ 小栗旬&三浦春馬、10年続く“先輩後輩以上の関係性”に迫る「旬さんだけだった」三浦を救った言動とは?<「銀魂2」インタビュー>”. モデルプレス (2018年8月16日). 2020年7月28日閲覧。
  49. ^ “三浦春馬、ソウルドラマアワード2019『アジアスター賞』受賞!<TWO WEEKS>”. ザテレビジョン (ザテレビジョン). (2019年8月29日). https://thetv.jp/news/detail/203017/ 2020年7月19日閲覧。 
  50. ^ 17年大河『おんな城主 直虎』新出演者14人発表 柴咲コウ父は杉本哲太、母は財前直見”. ORICON STYLE (2016年5月26日). 2016年5月27日閲覧。
  51. ^ 世にも奇妙な物語 ’18春の特別編 三浦春馬・主演のタイムワープSF!? - とれたてフジテレビ 2018年4月13日更新
  52. ^ 注目ドラマ紹介:「僕のいた時間」 三浦春馬が難役にチャレンジ 難病に立ち向かう学生役”. =毎日新聞デジタル. 毎日新聞 (2014年1月7日). 2014年1月9日閲覧。
  53. ^ 三浦春馬で“火サス”の名作が32年ぶり復活 民放地上波初4Kカメラで撮影”. ORICON STYLE (2014年5月8日). 2014年5月15日閲覧。
  54. ^ 入倉功一 (2014年5月8日). “三浦春馬&城田優で「火サス」伝説のドラマが復活!”. シネマトゥデイ. 2014年5月15日閲覧。
  55. ^ 綾瀬はるか×三浦春馬×水川あさみ共演『わたしを離さないで』連ドラ化”. ORICON STYLE (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
  56. ^ “三浦春馬がエリート童貞“チェリート”に!新ドラマ「オトナ高校」10月スタート”. ナタリー. (2017年9月5日). https://natalie.mu/eiga/news/247429 
  57. ^ 三浦春馬さん、貴島彩理(テレビ朝日プロデューサー) コメント 土曜ナイトドラマ『オトナ高校』|テレビ朝日 (2017年9月5日) 2017年10月22日閲覧
  58. ^ “Paravi:初のオリジナルドラマは3局で放送 水川あさみ、三浦春馬らが出演”. まんたんウェブ. (2018年8月2日). https://mantan-web.jp/article/20180801dog00m200077000c.html 2018年8月4日閲覧。 
  59. ^ “三浦春馬:東野圭吾原作ドラマで初のバーテンダー役 特報映像公開”. まんたんウェブ (MANTAN). (2018年11月10日). https://mantan-web.jp/article/20181109dog00m200059000c.html 2018年11月19日閲覧。 
  60. ^ “三浦春馬がバーテンダーに 東野圭吾原作『ダイイング・アイ』連ドラ化”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年11月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2123214/full/ 2018年11月19日閲覧。 
  61. ^ “娘を助けるため2週間逃げ切れ!三浦春馬の主演ドラマ「TWO WEEKS」7月スタート”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月14日). https://natalie.mu/eiga/news/331253 2019年5月14日閲覧。 
  62. ^ “柳楽優弥×有村架純×三浦春馬、豪華共演が実現 戦争の悲劇を伝えるドラマ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年3月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2157602/full/ 2020年3月17日閲覧。 
  63. ^ 国際共同制作 特集ドラマ『太陽の子』”. NHK_PR. 日本放送協会 (2020年3月16日). 2020年3月17日閲覧。
  64. ^ 三浦春馬さん出演TBSドラマ代役立てず放送へ調整”. 日刊スポーツ (2020年7月31日). 2020年7月31日閲覧。
  65. ^ “三浦春馬、TBS・テレビ東京・WOWOW3局横断ドラマ全話に出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年8月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2116779/full/ 2018年8月3日閲覧。 
  66. ^ “映画『キャプテンハーロック』三浦春馬が声優初挑戦、ハーロック役は小栗旬”. マイコミジャーナル. (2012年5月8日). http://news.mynavi.jp/news/2013/05/08/006/index.html 2013年5月8日閲覧。 
  67. ^ 映画「進撃の巨人」主演は三浦春馬!貞本もキャラデザ参加”. コミックナタリー (2014年4月3日). 2014年4月3日閲覧。
  68. ^ ベールに包まれていた実写版「進撃の巨人」配役が明らかに!(2014年11月20日、映画.com)
  69. ^ “「銀魂2」三浦春馬が伊東鴨太郎、窪田正孝が河上万斉を演じる”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年6月22日). https://natalie.mu/eiga/news/287811 2018年6月22日閲覧。 
  70. ^ “大泉洋×高畑充希×三浦春馬で「こんな夜更けにバナナかよ」映画化!笑いと涙の実話描く”. 映画.com. (2018年4月23日). http://eiga.com/news/20180423/2/ 2018年4月23日閲覧。 
  71. ^ “三浦春馬は眩しい、「コンフィデンスマンJP」長澤まさみの絶賛に東出昌大ら落胆”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年5月9日). https://natalie.mu/eiga/news/330611 2019年5月9日閲覧。 
  72. ^ 三浦春馬主演で伊坂幸太郎「アイネクライネナハトムジーク」映画化、監督は今泉力哉(コメントあり)”. 映画ナタリー (2018年3月11日). 2018年3月12日閲覧。
  73. ^ “新田真剣佑「群青戦記」映画化に主演! 三浦春馬×松山ケンイチ×山崎紘菜も参戦”. 映画.com. (2019年11月27日). https://eiga.com/news/20191127/3/ 2019年11月27日閲覧。 
  74. ^ “三浦春馬さん主演映画「天外者」公開日決まらず”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年7月21日). https://hochi.news/articles/20200720-OHT1T50251.html 2020年7月21日閲覧。 
  75. ^ 大竹しのぶ「何て純粋」三浦春馬と初共演!舞台「地獄のオルフェウス」”. スポニチ (2015年2月24日). 2015年2月25日閲覧。
  76. ^ 三浦春馬と大島優子が初共演、来年1・2月に「罪と罰」上演決定”. ステージナタリー (2018年6月7日). 2018年6月7日閲覧。
  77. ^ “乃木坂46生田絵梨花、ロイド=ウェバーの傑作ミュージカルで三浦春馬と共演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年4月8日). https://natalie.mu/music/news/327041 2020年1月10日閲覧。 
  78. ^ 大いなる鉄路 16,000km走破 東京発パリ行き(BSフジ)、2018年11月30日閲覧
  79. ^ “C&K“泣ける”新曲MVに三浦春馬、渡辺奈緒子出演”. ORICON NEWS (オリコン). (2013年10月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2030082/full/ 2020年7月19日閲覧。 
  80. ^ “三浦春馬が高橋優の「ルポルタージュ」MVに出演、「いい経験をさせてもらった」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年10月13日). https://natalie.mu/eiga/news/252512 2020年7月19日閲覧。 
  81. ^ TCKニュース - 平成26年度TCKイメージキャラクターが三浦春馬さんに決定!メッセージビデオ公開!”. 東京シティ競馬. 特別区競馬組合 (2014年3月19日). 2014年3月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年3月25日閲覧。
  82. ^ 三浦春馬が歌とダンスで“明るい未来を表現” 撮影ではアドリブも”. ORICON NEWS (2019年8月30日). 2019年9月9日閲覧。

外部リンク