NNSアナウンス大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

NNSアナウンス大賞(エヌエヌエスアナウンスたいしょう)とは、日本テレビ放送網を始めとするNNS系列各局のアナウンサーの中で、毎年優秀なアナウンサーに対し与えられる賞である。

概要[編集]

  • 1981年からNNS系列各局のアナウンサーの資質向上を目的に開始された。
  • 大賞は、テレビ部門・ラジオ部門の2部門制で、各部門に1名ずつ与えられる。
  • ラジオ部門は、札幌テレビ放送子会社であるSTVラジオ日本テレビ放送網の関連会社であるアール・エフ・ラジオ日本を含む13局が対象。
  • 2006年度に、新人部門(入社3年以内のアナウンサーが対象)が新たに設けられた。
  • 2008年度は、テレビ部門の選考が激戦だったため、特別に「最優秀パーソナリティ賞」を設置している。
  • 授賞式は毎年3月頃に行われ、『北海道・東北』、『関東・中部』、『西日本』、『九州』の4ブロックからノミネートされた10人前後のアナウンサーの中から受賞者が発表される。
  • 最優秀賞は第1回で徳光和夫、第6回で大友寿郎(現:青森放送常務取締役ラジオ局長)が獲得。

近年の主な受賞者[編集]

回数 大賞 新人賞 その他
テレビ部門 ラジオ部門
第21回
2000年
緒方喜子中京テレビ放送
第22回
2001年[1]
保岡栄二四国放送 佐藤正幸福井放送 福岡竜馬福岡放送
第23回
2002年[2]
松本志のぶ日本テレビ放送網 重盛政史福井放送
第24回
2003年[3]
藤井利彦中京テレビ放送 室田智美札幌テレビ放送
第25回
2004年[4]
森中慎也札幌テレビ放送 原口太平青森放送
第26回
2005年
河村亮日本テレビ放送網 谷口祐子札幌テレビ放送
第27回
2006年[5]
平川健太郎日本テレビ放送網 佐伯りさ南海放送 松岡陽子中京テレビ放送 特別新人賞:伊東幸子青森放送
第28回
2007年
田村啓美青森放送 橋詰佐織高知放送 我妻絵美中京テレビ放送
第29回
2008年[6]
小澤昭博讀賣テレビ放送 細淵武揚アール・エフ・ラジオ日本 内田拓志テレビ新潟放送網 最優秀パーソナリティ賞:平井雅幸テレビ岩手
第30回
2009年[7]
羽鳥慎一日本テレビ放送網 谷戸礼子福井放送 鹿内美沙中京テレビ放送 特別賞:日本テレビ開局55年記念「アナウンサーコンチェルト」
第31回
2010年[8]
熊谷明美札幌テレビ放送 秋山博子青森放送 加藤智也宮城テレビ放送
第32回
2011年[9]
伊藤拓宮城テレビ放送 青山友紀山形放送 林マオ讀賣テレビ放送
第33回
2012年[10]
藤井貴彦日本テレビ放送網 小林幸明アール・エフ・ラジオ日本 緒方太郎福島中央テレビ 特別賞:
テレビ岩手宮城テレビ放送福島中央テレビ全アナウンサー
第34回
2013年[11]
松井礼明福岡放送 上野由加里青森放送 中谷しのぶ讀賣テレビ放送 最優秀パーソナリティー賞:恩田千佐子中京テレビ放送
第35回
2014年[12]
吉田太一中京テレビ放送 亀谷哲也西日本放送 鈴木沙喜代宮城テレビ放送
第36回
2015年[13]
急式裕美札幌テレビ放送 岩本和弘福井放送 佐野祐子中京テレビ放送
第37回
2016年[14]
三浦隆志讀賣テレビ放送 松下香織山形放送 小山悠里札幌テレビ放送
第38回
2017年[15]
田中毅日本テレビ放送網 田村修秋田放送 酒井美帆テレビ新潟放送網

脚注[編集]

関連項目[編集]