名古屋テレビ放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名古屋テレビ放送株式会社
Nagoya Broadcasting Network Co,.Ltd.
Nagoya Nbn logo.svg
名古屋テレビ放送本社.jpg
名古屋テレビ放送本社社屋
(窓ガラス一面にウルフィがいる)
種類 株式会社
略称 NBN、名古屋テレビ、ナゴヤテレビ、メ〜テレ
本社所在地 日本の旗 日本
460-8311
愛知県名古屋市中区二丁目10番1号
設立 1961年9月6日
業種 情報・通信業
法人番号 6180001039048
事業内容 テレビ放送事業
代表者 代表取締役社長 横井正彦
資本金 4億円
売上高 232億2149万円
営業利益 24億351万円
純利益 25億507万円
純資産 381億188万円
総資産 460億2841万円
従業員数 260人
決算期 3月
主要株主 トヨタ自動車(34.63%)
朝日新聞社(19.56%)
テレビ朝日(17.31%)
読売新聞東京本社(10.00%)
日本テレビ放送網(5.625%)
(2005年3月31日現在)
主要子会社 株式会社セントラルパーク
株式会社名古屋テレビ事業
株式会社名古屋テレビ映像
株式会社セントラルパーク・アネックス
名古屋テレビ開発株式会社
名古屋テレビネクスト株式会社
外部リンク http://www.nagoyatv.com/
特記事項:中京テレビ放送[注 1]として設立、本放送開始前に名古屋放送に変更。
テンプレートを表示
名古屋テレビ放送
英名 Nagoya Broadcasting
Network Co.,Ltd.
放送対象地域 中京広域圏
愛知県岐阜県三重県
ニュース系列 ANN
番組供給系列 テレビ朝日ネットワーク
略称 NBN(現在は公式的には不使用)
愛称 メ〜テレ
呼出符号 JOLX-DTV
呼出名称 なごやテレビ
デジタルテレビジョン
開局日 1962年4月1日
本社 〒460-8311
愛知県名古屋市中区橘2丁目10番1号
北緯35度9分2.55秒
東経136度54分11.85秒
座標: 北緯35度9分2.55秒 東経136度54分11.85秒
演奏所 本社と同じ
リモコンキーID 6
デジタル親局 名古屋 22ch
アナログ親局 名古屋 11ch
ガイドチャンネル 11ch
主なデジタル中継局 #チャンネル参照
主なアナログ中継局 #チャンネル参照
公式サイト http://www.nagoyatv.com/
特記事項:
日本テレビ系。
テンプレートを表示
旧社屋(現社屋完成後はメ〜テレアネックス)。建物左部には、かつては愛称がない時のロゴマークが付いていた。2010年9月に解体。

名古屋テレビ放送株式会社(なごやテレビほうそう、Nagoya Broadcasting Network Co.,Ltd.)は、中京広域圏放送対象地域とし、テレビジョン放送事業を行っている特定地上基幹放送事業者である。

通称は名古屋テレビ。略称はNBNだが現在は公式的には使用されず[注 2]、2003年度からは専ら愛称『メ〜テレ』が広く使用されている。ANNに加盟するテレビ朝日系列局[注 3]

コールサインJOLX-DTV(名古屋 22ch)、リモコンキーIDは「6」。

目次

概要[編集]

2003年4月よりメ〜テレという名を局の愛称として採用。以後、テレビ朝日系列のニュース・情報番組での制作協力クレジットや報道記者のテロップ、新聞テレビ欄などで表記されている。

現在はトヨタ自動車[注 4]の持分法適用会社でもあり、朝日新聞社グループとともに過半数の株を占めている。かつてのマスコミ出資は毎日新聞社読売新聞社があり、殊に読売グループはテレ朝系完全移行後も相当数出資を続けていたが、現在でも比率を下げながら資本関係を維持している。

独立局テレビ神奈川(tvk)とぎふチャン(GBS岐阜放送)友好協力関係協定を結んでいる、テレビ神奈川は中日新聞が株主に入っている。テレビ神奈川の筆頭株主で社屋を共有している神奈川新聞社は、朝日新聞社の関連会社である。

同局の関連会社として、久屋大通地下のセントラルパーク地下街などがある。

在名および地方の民放局で唯一、東京の制作・営業拠点を「支社」ではなく「本部」と称している。

2010年、USENが運営していたスカパー!プレミアムサービスケーブルテレビ局用の衛星放送「シーエスGyao」の事業譲渡を受けて衛星放送に参入、「エンタメ〜テレ☆シネドラバラエティ」(運営は子会社の「名古屋テレビネクスト」が担当)を展開している。在名局運営の衛星放送局は初であり[1]、かつ現状唯一の事例である。

1970年代から1990年代にかけて、東海3県の緑化推進運動の一環として『グリーンキャンペーン』を展開していた。同キャンペーンのイメージキャラクターは佃公彦が手掛けた。

1991年以降はほぼ毎年、連続または単発ドラマを制作し、全国ネットやローカル枠で放送しており、ローカルドラマのメ〜テレとも呼ばれる。

本社・支社[編集]

本社
〒460-8311愛知県名古屋市中区橘2丁目10番1号
東部支社
愛知県豊橋市大橋通1丁目68番地 静銀ニッセイ豊橋ビル
岐阜支社
岐阜県岐阜市橋本町2丁目8番地 濃飛ニッセイビル
三重支社
三重県津市中央1番1号 三重会館4階
東京本部
東京都中央区銀座5丁目9番8号 クロス銀座ビル[注 5]
大阪支社
大阪府大阪市北区中之島2丁目3番18号 中之島フェスティバルタワー16階

資本構成[編集]

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:[2][3][4][5]

2015年3月31日[編集]

資本金 授権資本 1株 発行済株式総数 株主数
4億円 8億円 500円 800,000株 19
株主 株式数 比率
トヨタ自動車 277,000株 34.62%
朝日新聞社 156,500株 19.56%
テレビ朝日ホールディングス 138,500株 17.31%
読売新聞東京本社 080,000株 10.00%
日本テレビ放送網 045,000株 05.62%

過去の資本構成[編集]

沿革[編集]

  • 1959年11月24日 - 中京テレビ放送としてテレビジョン放送局免許を申請。
  • 1961年
    • 7月10日 - 競願者と申請を一本化し、改めて中京テレビ放送としてテレビジョン放送局免許申請。
    • 7月14日 - 中京テレビ放送に予備免許交付(呼出符号:JOLX-TV)。
    • 8月30日 - 中京テレビ放送株式会社、創立総会開催。
    • 9月6日 - 中京テレビ放送株式会社(現在の同名局とは別)設立。
    • 11月25日 - 第1回株主総会で名古屋放送株式会社に社名変更決定(略称はNBN、通称は“名古屋テレビ”)。
  • 1962年
    • 3月10日 - 試験電波発射開始。
    • 3月13日 - 中京テレビ放送から名古屋放送に社名変更。
    • 3月20日 - 名古屋放送に本免許交付(呼出符号:JOLX-TV VHF:11ch)。
    • 3月25日 - サービス放送開始。
    • 4月1日 - 本放送開始。日本テレビと日本教育テレビ(NETテレビ、現・テレビ朝日)のクロスネットとしてスタート。開局当初は名古屋市中区内のビルのテナントとして本社とスタジオを置き、名古屋テレビ塔内に演奏所を置いていた。開局当時は上空から100万枚のビラが撒かれ、開局を記念したパレードが行われた[注 7]
  • 1963年11月23日 - 放送開始前にケネディ大統領暗殺事件の一報が入り、画用紙に書いた紙を映す形でキー局日本テレビよりも早く速報。ただし「暴漢に襲われ死亡」と誤報もしていた。
  • 1965年10月 - 名古屋市中区下茶屋町(現在は中区橘)に本社・スタジオ・演奏所を一体化した新社屋(後のメ〜テレアネックス。現在は解体)完成。
  • 1966年
    • 4月1日 - NNNに加盟(1973年3月まで)。
    • 12月 - カラー放送開始。中京地方の局では3番目。
  • 1969年
    • 4月1日 - 中京ユー・エッチ・エフテレビ(現在の中京テレビ放送)が開局。この日から名古屋放送は日本テレビとNETテレビの人気番組をネットし、残った番組を中京テレビに割り振るという変則クロスネットを採用。
    • 10月 - 久屋大通公園に「希望の泉」を建設、名古屋市に寄贈。
  • 1970年
    • 1月 - 中京テレビ放送とともにANNに加盟。
    • 3月 - 全日本大学駅伝中継をNETテレビ系列で全国放送。
    • 4月 - 日本テレビとの間で、ゴールデンタイムの枠固定を目的とした3年間の番組ネットに関する業務協定を締結。
  • 1972年
    • 6月1日 - この日発足のNNSに加盟。
    • 4月 - 平和公園に「桜の園」を建設、名古屋市に寄贈(開局10周年の記念事業)。
    • 9月 - 日本テレビとの協定を破り、10月編成で土曜19時30分-21時30分の2時間枠をNETテレビとの同時ネット番組とする事を発表。
    • 9月26日 - 日本テレビが名古屋地裁に上記編成に対し契約保全の仮処分を申請。係争となる。
    • 10月4日 - 名古屋地方裁判所が和解勧告を出し、翌日に日本テレビとの間で和解調書に調印。契約の有効性を認めながらも、土曜20時台はNETテレビの同時ネット番組を放送する事となった。
    • 10月21日 - 例年、名古屋放送でネット受けしてきた「プロ野球日本シリーズ・巨人軍ホームゲーム」が、この日より中京テレビでの放送となる。
    • 12月27日 - 日本テレビ社長の小林與三次、NETテレビ社長の横田武夫、名古屋放送副社長の川手泰二、中京テレビ社長の佐藤信之介のトップ会談で、東海圏のテレビネット一本化が決定。いわゆる「変則クロスネット」の解消。詳細はネットチェンジの項を参照。
  • 1973年4月1日 - NETテレビとの単独ネットとなる。
  • 1977年10月 - 自社発による全国ネットのテレビアニメ『無敵超人ザンボット3』放送開始。

(後に機動戦士ガンダム聖戦士ダンバイン重戦機エルガイム機動戦士Zガンダム機動戦士ガンダムZZも名古屋テレビ制作で放映される。)

  • 1986年5月 - 音声多重放送(JOLX-TAM)開始[注 8]。在名局での音声多重放送の開始は最後発。
  • 1987年4月1日 - 社名を正式に名古屋テレビ放送に変更。愛称を“NagoyaTV”とするが、後に[いつ?]名古屋テレビ[6]に戻る。同時に「N」を図案化したロゴマークも作成している。また、開局以来初の自社制作による朝ワイド番組『おはよう名古屋テレビです』放送開始。
  • 1988年11月 - 第20回全日本大学駅伝対校選手権大会をテレビ朝日との共同制作により長時間生中継。以降、毎年恒例化。
  • 1998年4月1日 - 愛称をカタカナ表記の“ナゴヤテレビ”とする。マスコットキャラクター「逆立ちちゃん」登場。
  • 2002年3月 - 環境マネジメントシステムに関する国際規格ISO14001認証取得(中京地方の放送局で初)。
  • 2003年
    • 3月31日 - 愛称を“メ〜テレ”とする。同時に新マスコットキャラクター「ウルフィ」が登場。
    • 7月16日 - 独立放送局のテレビ神奈川(tvk)と友好協力関係協定を結ぶ。岐阜放送(ぎふチャン)とも友好協力関係があり、業務提携も行われている。
    • 11月24日 - 旧社屋(現:メ〜テレアネックス)の隣に完成した新社屋(マスターは東芝製アナログ・デジタル統合マスターに更新)から放送開始。
    • 12月1日 AM11時 (JST) - 地上デジタル放送(JOLX-DTV)開始。
  • 2007年3月 - オンラインショップ「メ〜コレ」(「名古屋テレビコレクション」)のサービスを開始。
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年1月2日 - 2012年の年間視聴率において開局以来初のゴールデンタイム・プライムタイムそれぞれ在名局首位を獲得し二冠達成(全日は中京テレビが獲得)。

ネットワークの移り変わり[編集]

  • 1962年
    • 4月1日 - 日本テレビ・日本教育テレビ(NETテレビ)のクロスネット局として開局。関西発全国ネットは読売テレビ毎日放送(MBS)。ちなみにこの時点で放送していたNETテレビの教育番組はCBCにネットしていた。
  • 1964年
  • 1966年
    • 4月1日 - ニュースネットワークNNNに加盟。
  • 1969年
    • 4月1日 - 中京ユー・エッチ・エフテレビ放送(1970年から中京テレビ放送)開局。しかしこの時点でのネット一本化は行われず、クロスネットの体制を維持。この日以降は日本テレビ・NETテレビ両局の人気番組を中心にネットし、その残りの番組を中京テレビにネットするという変則クロスネットを採用した[注 9]
  • 1970年
    • 1月1日 - 中京テレビとともにニュースネットワークANNに加盟。前述したが、1970年4月より3年間の契約で、ゴールデンタイムに関しては番組枠を確保するために日本テレビと同時ネットする協定を結んだが、1972年9月にその協定を破り、土曜日の一部をNETテレビとの同時ネットに移行。
  • 1972年
    • 6月1日 - この日発足のNNSに加盟する。
    • 12月28日 - この日に、1973年4月1日をもってNETテレビマストバイ局になることが決まる。
  • 1973年
    • 4月1日 - NNN・NNSを脱退(中京テレビが入れ替わりに加盟)。これにより日本テレビの番組が姿を消す。NETテレビマストバイ局として再出発。この日民間放送教育協会に加盟し教育番組のネットも開始。関西発全国ネットはMBSに統一したが同局から東海テレビ・CBCに向けた分は移行しなかった。
  • 1975年
  • 1977年
  • 1983年

チャンネル[編集]

親局[編集]

ANN加盟局のリモコンキーID地図
赤で塗られている地域ではID5、
青で塗られている地域ではID6である。

主な中継局[編集]

愛知県[編集]

岐阜県[編集]

三重県[編集]

アナログ放送の主な送信所[編集]

2011年7月24日停波時点

愛知県[編集]

岐阜県[編集]

三重県[編集]

区域外再放送[編集]

長野県のコミュニケーションネットワーク阿南泰阜村コミュニケーションネットワーク区域外再放送をしている。

廃止

情報カメラ設置ポイント[編集]

番組編成の特徴[編集]

  • 1977年開始の『無敵超人ザンボット3』を皮切りに、途中時間帯を変更しつつも40年近くにわたり全国ネットのテレビアニメを制作していた(ガンダムシリーズの初期3部作も当局による制作。なお、1990年代に同局で放送した『機動戦士Vガンダム』 - 『機動新世紀ガンダムX』の4作はテレビ朝日の制作である)。なお、NNN系列時代にも全国ネットのアニメ『六法やぶれクン』(1969年)を制作した実績がある。
  • 在名民放テレビ局の中で最もアナウンサーに力を入れている局であり、女子アナウンサーを起用した番組をよく製作することで知られる。しかし、メ〜テレでは実務経験が求められる[要出典]ため、女子アナの多くは中途採用者で新卒者は少なく、加えて雇用面では契約社員という待遇であるため、フリーアナに転身する者も多い。岡山裕子小島一宏らも、元はメ〜テレのアナウンサーである。
  • 自社製作番組に宮地佑紀生矢野きよ実伊藤秀志などの在名の地元タレントを起用することが多い。
  • 以前は在名他局と同様に、自社製作番組に吉本興業のタレントたちを積極的に起用していた。2000年以降から関係が希薄になっていったものの、現在では麒麟ロバートキングコングらを番組のレギュラーに起用している。また、さまぁ〜ず伊集院光スピードワゴンなどを擁するホリプロビビる大木などを擁するワタナベエンターテインメントなど東京のプロダクションとの関係も強めている。
  • 同じテレビ朝日系列局で隣接地域局でもある朝日放送ABCテレビ)とは友好関係にあり、朝日放送の番組を数多くネットしている。
  • ANN系列局の中で、『水曜どうでしょう Classic』の放送がもっとも遅い。また、番組改編期には頻繁に時間移動をする。そのため自社ホームページのお問い合わせのカテゴリの中の上位に名を連ね、多くの意見が寄せられるという。因みに番組のチーフディレクターを務める藤村忠寿は名古屋市の出身である。
  • 古くからドラマを自社製作していたが、全国ネットではなく、あくまでもメ〜テレのみでの放送を前提としているものだった。ただ、それが全国的に話題になることも多かった。また、このようにドラマ製作の実績があることから、開局記念番組などで全国ネット放送のスペシャルドラマも数多く作っている。
  • 他の在名局では深夜枠に多くの自社製作番組を制作・放映しているが、メ~テレの場合平日は「ネオバラエティ」や「ナイトinナイト」のネットに加え、外国ドラマの放映まで行っているため、深夜枠の自社製作番組が少ない(しかし内容のよいものが作られるため一部の製作番組は多くのネット局を持つ)。また、系列局番組ネットによる枠確保のために自社製作番組を終了させる、といった措置も少なくない(『水曜どうでしょう』放映の場合など)。
  • ニュース速報のIDは、英略称「NBN」のモールス符号「-・ -・・・ -・」である[注 11]。この方式は、10分毎の局名告知の際にモールス信号を使っていた、短波時代のJJYに近い。
  • テレビ朝日系列に一本化して以降、テレビ愛知と同様に、長らく中日巨人戦の中継を放送していなかった。ただし、テレビ朝日系列局製作のヤクルト広島阪神主催の対中日戦に関しては過去に時折放送し、実況をメ〜テレ側で差し替えることもあった。また、大洋 - 横浜・阪神主催の場合は独立局製作の映像にメ〜テレ独自の実況を乗せて放送したこともあった。一方の中京テレビは、日本テレビ製作の巨人対中日戦を放送することができる。しかし、2006年4月29日にはテレビ朝日製作の東京ドーム巨人対中日戦の中継を放送した。クロスネット時代に日本テレビ製作の巨人対中日戦を中継して以来のことで、メ〜テレにとっては34年ぶりの生中継であった。2007年・2008年にもテレビ朝日製作の巨人対中日戦中継を放送している。
  • 在名局の中で恒常的な終夜放送を一番早く開始したのはメ〜テレである。当初は気象情報に音楽を流すものであったが、徐々にその枠も減少し、現在では深夜番組が充実したためにあまり流さなくなった。ただし、プロ野球の日本シリーズやゴルフ中継など、延長放送を対応する番組が存在する放送日は、時間調整のクッション役としてその枠を多く取る。
  • 在名放送局のホームページの中で唯一FAQ(よくある問い合わせ)のページを定期的に更新しており、テレビ朝日の個別の番組についてネット受け可否や放送日時・時間を詳細に対応している。

テレビアニメに関して[編集]

  • メ〜テレは、旧・名古屋放送(日本テレビ系列)時代の1969年に在名局としては初の自社製作アニメ『六法やぶれクン』を製作して以来、2016年9月開始の『ヘボット!』に至るまで40作品以上を製作している(30分アニメのみ)。このうち、サンライズ(旧:日本サンライズ)制作作品が全体の9割近くを占めている。
  • 土曜17:30枠で名古屋テレビのアニメが系列局で放送していた時代、ABCは同枠で『部長刑事』を放送していた関係で、金曜17:00からの先行放送を行っていた。また、九州朝日放送(KBC)も同枠でテレビ東京系『ヤンヤン歌うスタジオ』を放送していたため、『重戦機エルガイム』まではABCと同時の先行放送を行っていた。(メ〜テレ アニメ史)。
  • 『勇者シリーズ』の終了後、同局のアニメは日曜7:00枠へ移動し、以来、この枠でロボットアニメ以外の子供向けアニメ全般を製作・放送するようになった。これは、メ〜テレの名を用いるようになった現在でも同様である。
  • 自社製作ではないが、1973年に日本テレビ系列局で半年間放送したバージョンの『ドラえもん』は、この地方では当初名古屋放送で放送する予定だった[注 12]。しかし、放送開始直前になって中京テレビとの変則クロスネットが解消し、名古屋放送はNETテレビ系に、中京テレビは日本テレビ系に一本化したため、中京テレビで放送することになった。

『鎧伝サムライトルーパー』二重放映事件[編集]

  • 鎧伝サムライトルーパー』1988年9月3日放送分(第18話・恐怖の妖邪帝王)が、スタッフの人為的ミスにより前週放送済の第17話(明かされた鎧伝説)を2週続けて放送するという放送事故が起きた。放送直後より全国の視聴者から苦情が殺到し、翌日、各新聞でもこの騒動が取り上げられるという騒ぎにまで発展した。
    • 翌週、お詫びの放送とともに「第18話・恐怖の妖邪帝王」を放送し、取りあえず騒動は収まった。しかし、この件が響いて全40話を放送する予定が1話減り、全39話という形で番組は放送を終了した。
    • なお、朝日放送は同枠で前述の『部長刑事』を放送していた関係上、『サムライトルーパー』は金曜17:00枠で先行放送していた。そのため、関西地区では予定通り第18話を放送し、翌週の放送分は別のアニメの再放送で穴埋めした。この先行放送も送り出しは名古屋テレビが行っていた。1998年春の番組改編では現在の日曜7:00枠へ移行して以来、朝日放送も同時ネットで放送するようになった。

深夜アニメ・UHFアニメに関する事情[編集]

※ ここでは「独立放送局」(独立局)を主体として放送しているテレビアニメ作品を歴史的経緯に則り 「UHFアニメ」と称している。

  • 自社製作の深夜アニメ作品に関しては在名局ではCBCが圧倒的に強いためその陰に隠れるようになっているが、実はそのCBCに先駆けて先述の『六法やぶれクン』が在名局のみならず、在京キー局以外で製作した史上初の深夜アニメである。
  • それから約30年後の2000年に、テレビ朝日との共同で『Sci-Fi HARRY』を製作している[注 13]。2016年現在、在名局で深夜アニメの製作実績があるのはメ〜テレとCBCのみである。
  • 2016年6月まで、メ〜テレで放送されている深夜アニメおよびUHFアニメは1本も無い状態が続いていたが、同年7月より9月まで『SERVAMP -サーヴァンプ-』が放送された[注 14]

現在放送中の番組[編集]

放送日時はJST。「※HD」は、ハイビジョン対応番組であることを示す。

自社製作・テレビ朝日系列全国ネット番組[編集]

テレビアニメ[編集]

スポーツ中継[編集]

民間放送教育協会共同製作番組[編集]

自社製作・ローカル放送番組[編集]

☆印は一部の局でもネットしている番組。

帯番組
  • メ〜テレNEWS
  • ドデスカ!(平日 6:00 - 8:00)
  • しりたい嬢(火 - 木曜 10:25 - 10:30)
  • UP!(平日 16:48 - 18:56、曜日により19:00まで放送)
  • 宣伝部員ウルフィ
火曜
水曜
木曜


木曜
  • まるまる◎あいち(18:56 - 19:00)
金曜
  • ザキとロバ(0:20 - 0:50)
  • ものしりドリル(18:56 - 19:00)
土曜
日曜
  • ドデスカ!ナイト(1:00 - 1:10)
  • メ〜テレオンブズ(毎月第1日曜 5:00 - 5:15) - かつては『オンブズ11』の題で放送されていたが、地上デジタル放送の開始を機にタイトルを変更。
  • 反転の光(17:55 - 18:00)

不定期[編集]

  • メ〜テレドキュメント
  • 名古屋行き最終列車
  • 名古屋グランパスFC岐阜ホーム戦中継 - グランパス戦は2007年まで在名局が深夜に録画中継を行うことが多いのに対し、1試合程度生中継を行っていた。キー局のテレビ朝日がAFCチャンピオンズリーグの放映権を保持していることから、2009年にグランパスが出場した際に1試合の生中継を含めてホーム戦・全試合を中継した。FC岐阜に関しては、在名局で唯一のオフィシャルスポンサーであることからか試合中継を行っている。また、スカパー!のサッカーJリーグFC岐阜ホームゲーム中継の製作担当をぎふチャンとともに担当している。
    • メ〜テレでは「メ〜テレJ計画」と称して、2007年度末からサッカー(録画)中継に力を入れ始めた。2008年3月23日からは3週連続で週末深夜に録画中継を実施。名古屋グランパスのJリーグ制覇と、FC岐阜のJ1昇格の実現へ力を注いでいる。
  • 中日ドラゴンズビジター戦中継 - ホーム戦の放送権がない代わりに、対巨人ビジター戦を中心に中継するほか、年間数試合程度、自社製作で巨人戦の差し替え及び深夜に録画中継を行うこともある。
  • 夏の高校野球・愛知大会試合中継(決勝戦) - 毎年多くのスポンサーが名を連ねている。2012年までは準決勝も中継していた。
  • そのほかのスポーツの試合(バスケットボールなど)も、不定期で深夜などに録画中継を行うこともある。

再放送枠[編集]

※『土曜ワイド劇場』の再放送が基本だが、TBSフジテレビで放映された権利切れ作品を放送することもある。

テレビ朝日系列局製作・時差ネット番組[編集]

製作局の表記のない番組はテレビ朝日製作

系列外局製作番組[編集]

放送終了した番組[編集]

自社製作・ローカル放送番組[編集]

ニュース[編集]

スポーツ[編集]

生活情報[編集]

ドキュメンタリー・紀行[編集]

音楽[編集]

バラエティ[編集]

ドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

ミニ番組[編集]

放送枠[編集]

自社製作・テレビ朝日系列全国ネット番組[編集]

ドキュメンタリー・紀行[編集]

バラエティ[編集]

テレビアニメ[編集]

自社製作のサンライズ作品[編集]
自社協賛のサンライズ劇場作品[編集]
サンライズ以外の自社製作作品[編集]

スペシャルドラマ[編集]

人形劇[編集]

自社製作・テレビ朝日系列及び系列外局ネット番組[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

民間放送教育協会共同製作番組[編集]

系列外局製作番組[編集]

ニュース[編集]

以上はNNN/NNSクロスネット時代(変則クロスも含む)に放送し、ネットワーク加盟局が一本化された1973年4月より中京テレビへ移行

音楽[編集]

バラエティ[編集]

メ〜テレがネットしたUHFアニメ[編集]

特撮[編集]

ドラマ[編集]

外国テレビ映画[編集]

開局時に東海テレビからネット移行した番組[編集]

開局時にCBCテレビからネット移行した番組[編集]

クロスネット時代の名古屋テレビで放送した日本テレビ系列の番組[編集]

当時の名古屋テレビは、日本テレビ・読売テレビが制作する番組を中心に、NETテレビ・毎日放送が制作する番組から視聴率の高い番組を編成していた。当時は、名古屋テレビの番組の編成が完成するのを待たなければ中京テレビは番組の編成ができないという状況だったため、中京テレビはこれら2系列が制作する番組の中から残った番組と、東京12チャンネル(現:テレビ東京)が制作する番組の中から視聴率が高い番組を編成していた。この結果、中京テレビの視聴率は中京圏域民放4局の中では最低だった。

ほか

1973年3月末に中京テレビへ移動した日本テレビ系列の番組と後番組[編集]

★は、中京テレビから移行した番組であることを示す。
帯番組[編集]
月曜[編集]
火曜[編集]
  • ロンパールーム → 花と空と(再放送)
  • NNNニュース → 伊勢路味の旅
  • 火曜スペシャル → 火曜映画劇場 ★
  • 火曜日の女 → 気になる関係
水曜[編集]
木曜[編集]

木曜日はNETテレビ・毎日放送メインの番組編成。

  • ロンパールーム → 姿三四郎(再放送)
  • NNNニュース → お料理と冷凍食品
金曜[編集]
土曜[編集]
  • ロンパールーム → さすらいの狼(再放送)
  • NNNニュース、NNN海外トピックス → さすらいの狼(再放送)
  • 泣き笑い劇場 → 土曜奥様ショー
  • おんぶおばけ → ストライクボール
  • シャボン玉ボンボン仮面ライダーV3
  • 縁談シリーズ → 土曜映画劇場
  • NNNきょうの出来事 → 23時ショー
  • NNNスポーツニュース → 23時ショー ★
  • 11PM → 23時ショー ★
日曜[編集]

1973年3月末に名古屋テレビで放送したNET・MBS系列の番組[編集]

☆は、同時ネット番組であることを示す。

帯番組[編集]

月曜[編集]

水曜[編集]

木曜[編集]

金曜[編集]

土曜[編集]

日曜[編集]

前年(1972年)10月4日、名古屋地方裁判所が和解勧告を出し、翌日に日本テレビとの間で和解調書に調印。契約の有効性を認めながらも、土曜20時台はNETテレビの同時ネット番組を放送する事となったが、名古屋テレビは『緊急指令10-4・10-10』(遅れネット)と『デビルマン』を放送。同時ネットであれば『人造人間キカイダー』と『デビルマン』の放送枠だった。

土曜20時台の日本テレビ制作『全日本プロレス中継』と金曜20時台のNETテレビ制作『NET日本プロレスリング中継』は、ともに中京テレビでネットすることになった。

腸捻転解消でCBCテレビから移行した朝日放送制作の番組[編集]

帯番組[編集]

金曜[編集]

土曜[編集]

日曜[編集]

番組販売扱い

  • プロポーズ大作戦 - 当時は関西ローカル。腸捻転解消から8か月後に全国ネット開始。
  • 霊感ヤマカン第六感 - 腸捻転解消2年目の1976年4月にネット開始。これが中京地区でのネット再開でもある。

その他、放送していたテレビ朝日系以外のネット番組[編集]

アナウンサー[編集]

現在在籍中のアナウンサー[編集]

過去に在籍していたアナウンサー[編集]

●は元アナウンス部長。

異動[編集]

退社[編集]

契約終了[編集]

その他の著名社員[編集]

  • 西岡明彦 - 広島ホームテレビアナウンサーを経て、サッカーコメンテーター留学後の1999年に数か月間ディレクターとして在籍。後にフリーアナウンサー・サッカージャーナリストへ転向し、J SPORTSを中心に出演。

マスコットキャラクター[編集]

ウルフィ(名古屋市東区オアシス21にて)
  • 宇宙坊や(1973年 - 1987年3月)
  • しろボン(1998年)
  • 逆立ちちゃん(1998年 - 2003年)
  • ウルフィ(2003年 - )

歴代キャッチフレーズ[編集]

  • シェークハンド! (1973年) - 同局がテレビ朝日系列に完全ネット化した当時のキャッチフレーズ。
  • 飛び出せ!名古屋テレビ(1998年)
  • おまじないナヤゴビレテ(1998年 - 2002年)- 後期では「ナヤゴビレテ ナゴヤテレビ」に変更。
  • 笑顔に逢いたい(2002年 - 2003年)
  • 羊の皮をかぶったテレビ。(2003年 - )
  • 6=11(アナログ11ch・デジタル6ch)どっちもメ〜テレ(2003年) - 地デジ開始当時のキャッチフレーズ。
  • メ〜テレにがぶりつき。(2008年 - )- 「メ〜テレ」部分は番組名が入ることもある。
  • 地デジは6ch メ〜テレ(2009年 - ) - ウルフィのシルエットに白抜きで「6ch」と表記。
「羊の皮をかぶったテレビ。」の使用頻度はかなり低く、番組内で自社を強調するネタに出てくる程度で、「どっちもメ〜テレ」はメ〜テレそのものの宣伝、「がぶりつき」は番組の宣伝と区別して使用している。
  • 羊も。狼も。メ〜テレ(2011年 - ) - 2012年4月に迎えた開局50周年を記念したスローガン。
  • まだまだガンバる。メ〜テレ(2014年)
  • 踊ろう6chメ〜テレ(2014年)
同様に「羊も。狼も。」がメインスローガン、「まだまだガンバる。」がメ〜テレそのものの宣伝、「踊ろう6ch」が番組宣伝用のキャッチコピーと区別して使用している。
  • もっと!地元応援団 Go!Go!メ〜テレ(2016年10月 - ) - 2017年4月に迎える開局55周年を記念した新スローガン。

オープニング・クロージング[編集]

オープニング[編集]

開局 - 1969年
二匹が並び「ワンワン」→「11」の文字を形成する。局のチャンネル『11』に引っ掛けた内容のモノクロアニメーション。
1969年 - 1980年
下記のようなカラーフィルム。
  1. 名古屋市内の空撮映像。
  2. 名古屋テレビが建設し名古屋市に寄贈した噴水・希望の泉の映像。
  3. 希望の泉にある女性像の映像が、名古屋テレビ本社前にある同じ像の映像に変わる。
  4. 局舎(旧社屋)全景をバックに、下方に「名古屋テレビ」のロゴを表示。
その後、グレーバックのイラストを表示。その横には各地のチャンネルを表示していた。
なおオープニング及びクロージングのBGMは、メロディは同じだが、こちらではクロージングのものよりも明るい曲調(アレンジ)のバージョンを使用していた。
1981年 - 1987年
当時のマスコットキャラクター、宇宙坊やが当時の名古屋テレビのマークが書いてある玉状の人工衛星に乗り、宇宙から虹を通って名古屋の町へと動き回り去ってゆく。最後にマークとともに「名古屋テレビ」と表示して終了。音声多重放送開始後は、宇宙坊やが去る直前にコールサインをテロップ表示するようになった(正・副両音声について)。
1987年 - 1991年
ミーアキャットがテレビの周りに集まる。そのテレビの画面に「Nagoya TV」というテロップが映り、最後に「きょうもお元気でお過ごしください」「JOLX-TV・JOLX-TAM 音声多重放送」という表示が出て終了。BGMはオフコースが歌う『僕等の時代』のバージョン違い。
1991年 - 2001年
長良川の様子や、そこに生息する魚などを映し出す。その後、「名古屋テレビです」のアナウンス(担当者不明)とともに名古屋テレビの当時のロゴが出て終了。BGMは、明日香というアーティストが歌う曲「長良川」を使用[注 19]。この歌は長良川河口堰建設反対のために歌われたものであったが、その後、長良川河口堰が建設されてしまった。そのため、1995年からは、歌詞が「流れを明日へ」から「流れを止めないで」に変更していた。映像やBGMは、同じものを使用。
2001年 - 2003年3月
山岳に朝日が昇る様子が映り、「名古屋テレビ」という局名とコールサインを表示して終了。BGMは、エリック・クラプトンの『ティアーズ・イン・ヘヴン』をグレゴリアンがカバーしたものを使用。撮影地点は奥穂高岳山頂。このバージョンからハイビジョン撮影になった。
2003年4月 - 2009年3月
アナログ放送 - マスコットキャラクターのウルフィが星に乗って宇宙などで動き回り(途中で数回吠える)、横にウルフィがいる状態で「メ〜テレ JOLX-TV・JOLX-TAM」という表示が出て終了[注 20]。ちなみに、BGMは映画『E.T.』のテーマ曲である。
デジタル放送 - の鳴き声で目が覚めたウルフィ。羊を狙いに行こうとすると牧羊犬が現れ、羊を追っていく。羊の大群がウルフィのいる方に向かって突進、慌てて逃げるもウルフィはその流れに呑み込まれてしまう。憤慨したウルフィは牧羊犬に体当たりをして吹き飛ばし、「名古屋テレビ メ〜テレ JOLX-DTV」の表示とアナウンスが流れて終了。BGMは無い[注 21]
2008年7月24日からは、地上アナログ放送終了告知画面(30秒、BGM、ナレーション付き)を放送。ただし、他局のようにオープニングとクロージングの前後では放送せず、オープニング放送後最初のCM冒頭でアナログ放送のみ告知画面に切り替える形で放送していた。例として、2009年3月までの平日『やじうまプラス』最初のCM冒頭がある。
2009年4月 - 現在
デジタル・アナログほぼ共通 - 滑車状で回転しながら徐々に変化する街を歩くウルフィ。一周し終わる頃にデジタルチャンネルの「6」(ウォーターマークに使用しているもの)とメ~テレの社屋が登場する。その後、以前のデジタル放送用に使用していた局名告知とほぼ同じカットが登場し「名古屋テレビ メ〜テレ JOLX-DTV(アナログ放送は、JOLX-TV JOLX-TAM)」を表示する。
ナレーション担当者は星恭博アナウンサーで、デジタル版では「JOLX-DTV、名古屋テレビ デジタルテレビジョンです」、アナログ版では「名古屋テレビ、アナログ放送です」とそれぞれ入る。

クロージング[編集]

開局 - 1969年
詳細不明。
1969年 - 1980年
最初にグレーバックのイラストを表示。その横には各地のチャンネルを表示していた。
上記の際、音声はBGMと共に、放送終了のアナウンスメント及び各地のチャンネルを順次読み上げていた。その後に下記のカラーフィルムへ。
  1. 夕暮れのの街角(栄交差点付近)と名古屋市電の映像。
  2. 希望の泉の映像。
  3. 名古屋テレビ塔をバックに夜景を映し出す。
  4. その夜景に被る形でロゴマークを表示。
1981年 - 1987年
オープニングとほぼ同様だが、クロージングではコールサインの表示がなかった。
1987年 - 1991年
オープニングとほぼ同様だが、「きょうもお元気でお過ごしください」の表示がクロージングでは「明日もいい1日でありますように…」に変えられていた。
例外として、昭和天皇崩御した翌日の1989年1月8日付の放送終了時にもこの映像を放送していたが、上述の表記は1月9日付の早朝放送の案内の1枚画(「明日は午前6時のモーニングセンサーから通常放送をお送りします」)に差し替えられていた。
1991年 - 2003年3月
オープニングと同様。映像の一部差し替え等もなし。
2003年4月 - 2009年3月
アナログ放送 - オープニングと同様のものが使用しているが、「Goodmorning」の表示がクロージングでは「Goodnight」に変えられている。
デジタル放送 - 共通。
2009年4月 - 現在
デジタル放送・アナログ放送共に共通のもの

番組冒頭のテロップ他[編集]

ハイビジョン制作[編集]

自社製作番組用と、時差ネット用に2種類用意していた。しかし、2008年7月24日より「ハイビジョン制作」に変わり「アナログ」の表示に切り替わったため、基本的に表示しなくなった。

自社製作[編集]

テレビ朝日のものとは異なりHI-VISIONの英語表記はない上、全体的にサイズが小さい。そして、テレビ朝日同様縁取りは行われていない。字幕テロップを同時に表示する場合や『どですか!』では下記の時差ネット用のものを使用していた。

時差ネット用[編集]

製作局と比べて、数分・数時間ではなく、数日遅く(早く)時差ネットをする番組や、他局製作番組の再放送では、テレビ朝日のものを黒縁取りしたものが使われている(例えば『相棒』の再放送)。これは、11月12日放送の自社製作特番『芸能人おなかの悩み告白しちゃいますSP』で使用してから、それ以降時差ネットの番組や再放送の番組に使用していた。

字幕[編集]

2007年10月ごろまで「文字放送 字幕」と表記しており独自のデザインだったが、2007年11月初めからテレビ朝日と同様の「字幕」と書かれた“ひよこ”のデザインに変更になった。さらにテレビ朝日とは異なり、大きさはやや小さく、黒縁取りをしている。しかし、11月に一度ミスなのか、独自のデザインで表示した日がある。

データ放送[編集]

テレビ朝日同様、2007年10月下旬から『相棒』『おいしいごはん』などで表示している。こちらも黒縁取りあり。

二ヶ国語放送[編集]

「((二ヶ国語))」と表記している。こちらも黒縁取りあり。2008年10月以降はテレビ朝日からのネット番組のみテレビ朝日側からのテロップ出しに変更した。

ウォーターマーク[編集]

地上デジタル放送では、画面右端に「メ〜テレ6」と書かれたウォーターマークがCM中を除き常時表示している。表示開始当初はテレビ朝日系全国同時ネット番組(ローカル扱いの番組は除く)放送時は表示せず、自社製作番組や時差ネット番組、および全国ネット番組でも深夜0時以降放送の番組に限りウォーターマークを表示していたが、2008年10月からは全国同時ネット番組でも常時表示するようになった。2012年4月1日に開局50周年を迎えた事を機に、2011年10月1日から2013年3月31日まで「メ〜テレ 50TH」というウォーターマークを表示していた(2行で表示)。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 現在の中京テレビ放送とは全く関係ない。
  2. ^ ANN系列のドキュメンタリー番組『テレメンタリー』の参加局表示では現在でもNBNと表示されている。
  3. ^ 1972年までは日本テレビ系列局であった。
  4. ^ そのせいか、中継車はトヨタと関係がある日野自動車いすゞ自動車製が多く、社用車のほとんどがトヨタ製である。
  5. ^ テレビ朝日系列局が無い山梨県で重大事故が発生した場合にも対応。
  6. ^ 名古屋放送 取締役会長
  7. ^ ドデスカ!UP!増刊号 あなたが選ぶ!東海地方の心に残るニュース50選』(2012年1月8日放送)より。
  8. ^ 三大都市圏の民放テレビ局では最も遅い音声多重放送の開始で、ANN基幹局でも九州朝日放送より4年遅く、同じANN系列広島ホームテレビでさえも昨年11月に音声多重放送を開始しており、広島ホームテレビよりも半年遅い開始であった。
  9. ^ このため本局は日本テレビの番組が主となっていき、ゆえに1973年にNETテレビとのネットを一本化した際には「逆転ネットチェンジ」と呼ばれた。ただし『桂小金治 アフタヌーンショー』『ワールドプロレスリング』などのように、本局での時差ネットから中京テレビに移動して、NETテレビと同時ネットになったケースも、少なからずあった。
  10. ^ リモコンキーIDを6に採用した局としてはTBSやチューリップテレビと同じ物理チャンネルであり、系列内でも岩手朝日テレビ、広島ホームテレビと同じ物理チャンネルである。
  11. ^ かつてはHTBもモールス符号に似たニュース速報音が入っていたが、1999年に更新した既存マスターのデジタル放送対応に改修された2005年頃からはベル音に似せた音に変更されている(ニュース速報、解除を含む気象警報・交通情報・地震情報の内容に応じて高音と低音の2種類が存在する)
  12. ^ 放送開始前の広告には「名古屋放送にて放映」と書かれたものがあった。
  13. ^ CBCが初参入したのは2002年の『最終兵器彼女』。
  14. ^ メ~テレ独自の公式サイトが開設されるなど企画協力の関係だった。
  15. ^ 『縁談シリーズ・姉さん、乾杯!』まで。
  16. ^ 『花は花よめ』第2シリーズの途中まで。
  17. ^ 『冬物語』の途中まで。
  18. ^ 第37話「男のつぐない」まで。
  19. ^ 既に絶版している。
  20. ^ 過去には、さらにその後「JOLX-TDM」という表示もあった。
  21. ^ 版権上、アナログ放送のオープニングを使えなかった可能性がある。

出典[編集]

  1. ^ 衛星テレビ局としては初ではあるが、かつてCBCラジオ局としてPCMセントラルを運営していた。
  2. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2015』 コーケン出版、2015年11月20日、349頁。
  3. ^ 日本民間放送連盟 『日本放送年鑑'78』 洋文社、1978年12月、224頁。
  4. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』 コーケン出版、1992年11月、324-325頁。
  5. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、342頁。
  6. ^ 開局時の太くて横長のフォントとは異なり、細めのフォントを使用していた。
  7. ^ データ放送の楽しみが広がる 通信コンテンツの系列局相互リンクがスタート! (PDF)
  8. ^ メ〜テレがゲームソフトに出資!テレビ局を舞台にした『特殊報道部』発売決定! (PDF) (メ〜テレ・2012年5月31日)
  9. ^ アナウンサー入社・内定情報2012 テレビ朝日アスク
  10. ^ 鈴木しおり (2007年10月17日). “新人かわら版 竹鈴堂”. 名古屋テレビ. 2014年4月10日閲覧。
  11. ^ 星恭博|無党派的考察日記 - メ~テレ公式サイト

外部リンク[編集]