オアシス21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯35度10分15秒 東経136度54分34秒 / 北緯35.17083度 東経136.90944度 / 35.17083; 136.90944

オアシス21
Oasis 21.JPG
オアシス21地上公園の全景
公式サイト 公式ウェブサイト

オアシス21(オアシスにじゅういち)は、愛知県名古屋市東区東桜一丁目に所在する、公園バスターミナルなどの公共施設と商業施設との複合施設で、2002年平成14年)10月11日に正式オープンした。なお、公園施設の管理・運営は第三セクターの栄公園振興株式会社が行っている。都市公園としては「久屋大通公園」の一部であるが、公募によりオアシス21の愛称がつけられた[1]

概要[編集]

名古屋テレビ塔から見下ろすオアシス21、東側に隣接するNHK名古屋放送センタービル愛知芸術文化センター、南側に錦通が通り、西側に久屋大通が通る。

錦通久屋大通の交差点の北東に位置する。

建設前は、NHK名古屋放送会館と愛知県文化会館があったが、東に隣接する栄公園と敷地を入れ替える形で名古屋市が整備し、栄公園にはNHK名古屋放送局愛知芸術文化センターが建設された[2]

整備構想については、昭和50年代後半から具体化してきた。まずは、昭和57年の愛知県文化会館の再整備構想、昭和59年のNHK名古屋放送会館の立て替え構想などがあり、昭和60年6月には愛知県と名古屋市、NHKの3者による「栄公園地区の総合的な整備に関する覚書」が締結されるに至った。これは、名古屋市が栄公園地区の整備計画を策定し、愛知県は文化会館の整備、NHKが放送会館の整備をそれぞれ協力しながら推進していく方針の確認であった[3]

当初の計画には、栄地区のバスターミナルをすべて集約した施設を地下2階に設置する構想もあったが、最終的には久屋大通公園の栄バスターミナルを残したほか、施設を半地下構造とすることにより事業費を圧縮した[新聞 1]

整備完了までの暫定的な利用として、駐車場やさまざまなイベントに利用された。そのなかでも、平成9年3月2日から平成10年12月27日までの間、劇団四季による名古屋ミュージカル劇場が設置されたこともある。これは、座席数約1130の劇場であり、「オペラ座の怪人」と「美女と野獣」の公演を行った[4]

また、事業費圧縮の方策として、事業の提案競技方式が採用されることとなった。また、名古屋市都市整備公社が建設し、名古屋市が分割払いによりこれを取得するという建設代行方式が検討された[5]

平成9年2月15日、最優秀案として大林組の案が採用されることとなった[6]

マスコットキャラクターとして、恐竜をモチーフとした「いやしす」が設定されている[7]

当施設では、日本生命レオパレス21寿がきやダイハツキャストなど多くのテレビCMの撮影に使われた実績がある。

商業施設[編集]

オアシス21
Oasis21

※個別店舗については、公式サイトを参照。

毎月21日を「オアシス21の日」として、テナントの店舗で割引や様々なサービスが行なわれている。また、会員限定のイベントへの参加や優待券などが配布される「ファミリークラブ会員」という制度がある。

水の宇宙船(大屋根)[編集]

吹き抜けの地下広場の真上にある。

地面はガラス張りで、中央からがやさしく流れて銀河の広場に光の波紋を描きだす。水面の周りには園路がある。

夜にはライトアップされる。何色か有る

2012年に名古屋市が主催した、第1回名古屋まちなみデザインセレクションにおいて、「オアシス21「水の宇宙船」の上と、そこからみた名古屋テレビ塔」が市民投票によって、まちなみデザイン20選(第1回)に選定されており、名古屋・栄周辺の景色を眺めるには絶好の場所となっている。

「緑の大地」から望む名古屋テレビ塔

緑の大地(地上公園)[編集]

芝生が広く敷いてある。ベンチもあり、花壇樹木も並んでいる。

また愛知芸術文化センターへの連絡橋もある。

このエリアは原動機付自転車自転車は進入禁止区域になっている。

銀河の広場(吹抜公園)[編集]

普段は広場だが、時々ステージがメインのイベントが行われる。

広場の中央、南寄りにはエレベーターが設置されており、このエレベーターで水の宇宙船に行く事ができる。

広場の周りには32店舗の商業施設が銀河の広場を囲む様に所在し、売り場面積は約4,100m2ある。

2009年から冬季にはスケートリンク命名権により「トヨタホームリンク」と呼ばれる)が設置されている。リンクには氷ではなく、特殊プラスティックにワックスを塗ったものを使っており、その為転んでも濡れることがない。

オアシス21 iセンター[編集]

銀河の広場にあるインフォメーションセンター。オアシス21の施設案内の他に、名古屋市の観光案内なども行われている。

バスターミナル[編集]

栄バスターミナル

オアシス21の地下1階にある名古屋市営バス名鉄バス三重交通バスのバスターミナルである。

名鉄バスJR東海バスの高速バスも停車する(時刻表では「栄」と表記)。なお、近隣を運行するものの当バスターミナルを通過するバスもあるが、名古屋駅行きについてはバス停が近隣の道路上にあるため全てが停車する。

停留所にはホームドアが設置されており、バスが停車している時しか開かない。バスの発車時刻が近づくとホームドアの開錠とともにアナウンスがなされる[要出典]

停留所北入口及びショップエリアのトイレの南側にはコンビニエンスストアがある。

かつてはきっぷ発券窓口が名古屋市営バス三交バス名鉄バスJR東海バス4社共同で運営されていたが、2008年(平成20年)3月31日をもって一旦閉鎖され、設備が簡素なものに改められた上で三交バスの単独窓口となっている。三交バスの券売機、バスカード発売機のみが稼働していたが 三重交通がICカード乗車券emicaを導入したのでemicaのチャージ機が設置された。

※停車する長距離高速バスの詳細については、#高速バスおよび各バス路線記事を参照。

※停車する一般路線バス(噴水南のりばに停車するものも含む)の詳細については、栄駅_(愛知県)#バスを参照。

交通[編集]

公共交通機関[編集]

駐車場[編集]

  • オアシス21内には駐車場はなく、同施設では公共交通機関を利用して来場するよう呼びかけている[公式 1]。なお、近隣には市営または民間の駐車場が複数ある。

高速バス[編集]

JRバス
名鉄バス(他社共同運行便含む)

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

WEB[編集]

公式[編集]

  1. ^ アクセス” (日本語). オアシス21. 2012年1月19日閲覧。

新聞[編集]

  1. ^ “「栄公園」全面見直し 名古屋市 事業費100億円膨らみ 地下バスターミナル断念”. 朝日新聞. (1996年12月9日) 

書籍[編集]

参考文献[編集]

  • NHK名古屋放送局、中部旧友会NHK名古屋放送局80年史編集委員会 企画・編集 『NHK名古屋放送局80年の歩み』 NHK名古屋放送局、2006年
  • 『栄公園史 名古屋の「オアシス21」、誕生と発展の記録』 名古屋市・栄公園振興株式会社、2014年全国書誌番号:22505158

関連項目[編集]

外部リンク[編集]