さいたま新都心駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さいたま新都心駅
駅改札(2005年9月11日)
駅改札(2005年9月11日)
さいたましんとしん - Saitama-Shintoshin
所在地 さいたま市大宮区吉敷町四丁目261-1*
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 サタ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
43,667人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 2000年平成12年)4月1日
乗入路線 3 路線
所属路線 宇都宮線**
高崎線直通含む)
東北本線列車線)
キロ程 28.7km(東京起点)
上野から尾久経由で25.3km
浦和 (4.5km)
(1.6km) 大宮
所属路線 京浜東北線**
(東北本線電車線)
キロ程 28.7km(東京起点)
大宮から1.6km
与野 (1.1km)
(1.6km) 大宮
備考 みどりの窓口
* 正式な所在地。駅西側は中央区にまたがる。
** いずれも正式な線路名称は東北本線
東西自由通路(2006年11月)
東西自由通路(2006年11月)
ホーム(2014年7月)
ホーム(2014年7月)

さいたま新都心駅(さいたましんとしんえき)は、埼玉県さいたま市大宮区吉敷町四丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)のである。

旧・日本国有鉄道(国鉄)の大宮操車場跡地を再開発した「さいたま新都心」へのアクセスのために開設された。駅の所在地は大宮区で、西口は中央区に属する。

乗り入れ路線[編集]

乗り入れている路線は、線路名称上は東北本線1路線のみである(詳細は路線記事および「鉄道路線の名称」を参照)が、当駅には電車線を走る京浜東北線電車、および中距離電車である宇都宮線(東北線)高崎線の列車が停車し、旅客案内ではそれぞれ別路線として案内されている。なお、宇都宮線・高崎線の列車は列車線で運行される上野駅発着系統、上野駅・東京駅経由で東海道線に直通する上野東京ラインが停車する。旅客ホームの無い東北貨物線上を走行する湘南新宿ライン武蔵野線直通列車などは通過する。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

与野市、旧大宮市、旧浦和市にまたがる旧国鉄大宮操車場の再開発で生まれたさいたま新都心に隣接することから命名された。なお当駅の開設は3市の合併によるさいたま市発足はおろか、「さいたま」の市名が決定するさらに前であり、結果として市名を冠することになっている当駅の駅名と市名に直接の関係はない(新市の市名を冠したわけではない)。

なお、当地に新駅の開設が決まった際旧大宮市は駅名を「南大宮駅」とするよう提起した。旧大宮市は1956年頃より当地付近に新駅の設置運動をしており、その仮称を付けようとしたのだが、旧与野市・旧浦和市にもまたがるさいたま新都心の玄関口であり、そもそもさいたま新都心の開発自体に旧与野市や旧浦和市もそれぞれの市に属する面積に応じて予算を投入していたこと、さらには当駅が開設された2000年当時は旧浦和市、旧大宮市、旧与野市の3市合併を前に新市名、市庁舎の位置などをめぐり主に旧浦和市と旧大宮市の間で主導権争いが最も激化していた時期でもあり、当然ながら新駅名を「南大宮」とする旧大宮市の提起に対し旧浦和市議会は猛反発した。そのような中で最終的にはJR東日本単独の判断により駅名は「さいたま新都心駅」に決定された。

駅構造[編集]

電車線と列車線それぞれの上下線間に1面2線、合計2面4線の島式ホームが配置された地上駅で、橋上駅舎を有している。1階がホーム、2階がコンコースと自由通路となっている。建物の設計は、埼玉県狭山市出身の建築家である鈴木エドワードとJR東日本によって行われた。

みどりの窓口自動改札機指定席券売機が設置されている。エレベーターエスカレーターとともにコンコースとホームを連絡する。このうち1・2番線とを結ぶエレベーターは駅事務所などがあるコンコースの上の階まで通じており、そこへは関係者以外立入禁止となっている。

4番線の隣に新宿方面行きの東北貨物線が走っている。当駅では東北貨物線の本線は大宮操車場を挟んだ配線になっており、大宮方面行は遥かに離れたさいたまスーパーアリーナ側を走るため、線路配置などの問題もあり、湘南新宿ラインのホームを設置する計画はない。

宇都宮線と高崎線はいずれも上野方面発着の普通列車のみの停車で、快速「ラビット」(宇都宮線)・「アーバン」(高崎線)や通勤快速などの優等列車はすべて通過となる。また、隣接するさいたまスーパーアリーナで大規模なイベントが開催され多数の来場客がある場合でも、快速の臨時停車などの措置は原則として行われていない。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 京浜東北線 南行 浦和赤羽東京横浜方面
2 北行 大宮
3 宇都宮線(東北線)・高崎線 上り 赤羽東京横浜大船方面
上野東京ライン含む)
東京駅から東海道線へ直通
4 下り 大宮・小山宇都宮熊谷高崎方面
  • 本項では上野東京ラインのラインカラーを紫で示すが、実際のホーム案内はオレンジで案内されている。
  • 2番線ホームの方面標識には、駅名の後に「方面」もしくは「行」という文字の表示がなく、「大宮」とのみ表記されている。

発車メロディ[編集]

さいたま市の市歌希望(ゆめ)のまち』が使用されている[1]

利用状況[編集]

2014年度の1日平均乗車人員は43,667人で、JR東日本エリア内の駅では100位[2]。新幹線が停車する大宮駅や、市中心駅の浦和駅と比べて少ないのみならず、中距離列車の停車しない南浦和駅北浦和駅と比べても少ない。普段の利用客は、官公庁への通勤・来訪者や埼玉県立大宮高等学校の生徒が主体である。

さいたま新都心付近、特にさいたまスーパーアリーナでのイベント開催時には非常に混雑する。イベント開催時、特に終了後は各ホームに安全・警備のための係員が増員される。また、列車発車時には客扱終了合図の取り扱いも行われる。

開業以来の1日平均乗車人員は下表のとおりである[2]

年度 1日平均
乗車人員
順位
2000年(平成12年) 15,033 218
2001年(平成13年) 18,935 193
2002年(平成14年) 23,171 165
2003年(平成15年) 25,362 153
2004年(平成16年) 30,901 127
2005年(平成17年) 35,874 113
2006年(平成18年) 38,127 107
2007年(平成19年) 38,548 109
2008年(平成20年) 39,361 108
2009年(平成21年) 39,443 104
2010年(平成22年) 39,090 106
2011年(平成23年) 40,251 102
2012年(平成24年) 41,155 102
2013年(平成25年) 42,135 102
2014年(平成26年) 43,667 100

駅周辺[編集]

さいたま新都心駅付近空中写真(1974年撮影 国土交通省国土画像情報オルソ化空中写真より)。かつての大宮操車場。
さいたま新都心駅付近空中写真(1974年撮影 国土交通省国土画像情報オルソ化空中写真より)。かつての大宮操車場。
東口から見上げたさいたま新都心
東口から見上げたさいたま新都心

東口[編集]

西口[編集]

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
さいたま新都心駅東口 1 新都21・大都23 北袋住宅・西高前・山崎・教育センター前 さいたま市立病院 東武バスウエスト
新都22・大都24 北袋住宅・西高前・山崎・富士見ヶ丘 東新井団地
新高01 首都高速埼玉新都心線)・富士見ヶ丘
2 浦33・大都23・大都24 吉敷一丁目 大宮駅東口
浦44 天沼車庫
北袋住宅・領家住宅 北浦和駅
5 東京・さいたま - 富山・金沢線 富山駅金沢駅兼六園口 兼六坂 日本中央バス 夜行
シルクライナー 京都駅八条口 大阪OCAT 夜行
東毛・京都経由
金山駅南口・名古屋駅太閤通口・奈良ロイヤルホテル 夜行
東毛・奈良経由
6 VIPライナー
プルメリアグランデ
京都・梅田 なんば駅 平成エンタープライズ 女性専用便
夜行
三ノ宮駅
VIPライナー 京都・梅田 三ノ宮駅 夜行
なんば駅
梅田・長堀 天王寺駅
名古屋駅
7 北浦50 与野駅東口・上木崎・本太中学校 北浦和駅東口 国際興業
北浦50-3 北浦和駅ターミナルビル
さいたま新都心駅西口 1 新都11 北与野駅・円阿弥・中並木 大宮駅西口 西武バス
2 新都01 北与野駅・円阿弥・白鍬電建住宅・陣屋 北浦和駅西口 国際興業
新都01-2 北与野駅・円阿弥・白鍬電建住宅 陣屋
新都02 北与野駅・円阿弥 白鍬電建住宅
3 ONライナー号   成田空港 東武バスウエスト
西武バス
国際興業
千葉交通
京成バス
大宮羽田線   羽田空港 西武観光バス
国際興業
東京空港交通
京浜急行バス

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
宇都宮線・高崎線
通勤快速・快速「ラビット」「アーバン」
通過
普通
浦和駅 - さいたま新都心駅 - 大宮駅
京浜東北線
快速・各駅停車
与野駅 - さいたま新都心駅 - 大宮駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ さいたま市の歌「希望(ゆめ)のまち」 - さいたま市(2013年12月24日更新、2015年2月4日閲覧)
  2. ^ a b 「各駅の乗車人員」 東日本旅客鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]