世界コスプレサミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世界コスプレサミット
World Cosplay Summit
WCS2008ブラジルチームのパフォーマンス
WCS2008ブラジルチームのパフォーマンス
イベントの種類 コンクール
開催時期 7月下旬~8月上旬
初回開催 2003年10月12日
会場 オアシス21ほか
主催 世界コスプレサミット実行委員会(外務省、名古屋市、名古屋観光コンベンションビューロー、中部国際空港、大須商店街連盟、テレビ愛知、株式会社WCS)
後援 愛知県、経済産業省、国際交流基金、観光庁、中部運輸局 [1]
協賛 全日本空輸、あにスタ、第一興商、ブラザー工業、ドワンゴ、エクシング、ダイコク電機、SUNSHINE SAKAE、ブシロード、シペラス、日本デザイナー芸術学院・日本マンガ芸術学院、パソナテック、サンヨーハウジング名古屋、流行発信、グッドウィル、ライブラ [2]
運営 株式会社WCS、テレビ愛知
最寄駅 名古屋市営地下鉄栄駅
公式サイト

世界コスプレサミット(せかいコスプレサミット、World Cosplay Summit、WCS)とは世界コスプレサミット実行委員会が開催しているコスプレの世界最大のイベントである。日本と世界各国のコスプレイヤーとの交流、および海外での日本漫画人気認識することを目的とする。開催を重ねるごとに参加国が増え、世界各国からの取材がある。

2003年にテレビ愛知が初開催、2006年から日本の外務省が後援し、2009年度からは主催者である実行委員会の構成員となった。2006年からは外務大臣賞が授与されている[3]2007年国土交通省が所管するビジット・ジャパン・キャンペーンの一環として認められた。2009年には外務省名古屋市名古屋観光コンベンションビューロー、テレビ愛知、中部国際空港大須商店街で構成される世界コスプレサミット実行委員会を設立した。2012年より実行委員会に株式会社WCSが加わり、2013年からは株式会社WCSが主体となりイベント運営を行っている。

歴史[編集]

チャンピオンシップが開催されるオアシス21
世界コスプレサミット2014セントレア
2003年
10月12日、初めての開催となる「世界コスプレサミット2003」を開催。会場は名古屋市中区大須ローズコートホテル。ゲストにコメディアンコージー冨田を迎えた。イタリア、ドイツ、フランスの3か国から5名の海外コスプレイヤーを招聘。各国代表によるパネルディスカッション、撮影会、交流会を実施、国内外から注目を集めた。
2004年
8月1日、「世界コスプレサミット2004」を開催。4か国計8名の海外コスプレイヤーが参加。会場は大須。テレビ愛知局内・スタジオ会にて、代表国参加者によるコスプレ事情の紹介とディスカッション。撮影会、交流会を実施。「神社仏閣、電脳街、若者からお年寄りまで集う商店街」といわれる名古屋・大須商店街でコスプレイヤー100名が参加し、初の「大須コスプレパレード」を実施した。
2005年
7月31日8月7日、「世界コスプレサミット2005」を開催。「愛・地球博」EXPOドームで、初めての「世界コスプレチャンピオンシップ」が開催された。3,000人の観客が見守る中、7か国参加によるパフォーマンスコンテストが行われ、総合優勝はイタリア代表が選ばれた。また司会進行として篠原ともえ、司会進行補佐として古谷徹声優)がガンダムのアムロ・レイのコスプレで登場、以降司会進行補佐としてチャンピオンシップに登場。
2006年
8月56日、「世界コスプレサミット2006」を開催。外務省、国土交通省から後援を受け、世界9か国が参加。会場は名古屋市東区東桜のオアシス21。「世界コスプレチャンピオンシップ」では、初参加のブラジルが優勝した。
2007年
8月4・5日、「世界コスプレサミット2007」を開催。会場はオアシス21。タレントの中川翔子がコスプレ親善大使に任命され、各国代表者と共に外務省・愛知県庁を表敬訪問した。メキシコ、韓国、デンマークが加わり、12か国までネットワークが広がった。10,000人を集めた「世界コスプレチャンピオンシップ」は、ハイレベルなパフォーマンスが繰り広げられる中、フランス代表が初勝利。
2008年
8月23日、「世界コスプレサミット2008」を開催。ゲストコメンテーターの加藤夏希と各国代表者が外務省を表敬訪問した。世界13か国が参加。「大須コスプレパレード」では300名が集まり、100メートルに及ぶ長い行列が出来上がった。「世界コスプレチャンピオンシップ」では、2006年に続いて2度目となるブラジル代表が優勝。
2009年
8月1 - 3日、「世界コスプレサミット2009」を開催。オーストラリア、フィンランドが加わり世界15か国から計30名が参加。1日午前に行なわれた錦通でのプレミアムパレードには河村たかし名古屋市長が参加した。また、今年はチャンピオンシップの日本代表選考会を本選と同日の8月2日にサンシャイン栄で開催したのち、チャンピオンシップ本選をオアシス21で開催した。チャンピオンシップは、同日の代表選考会で優勝した日本代表が「戦国BASARA」のコスプレで初優勝を果たした。また8月3日には2004年以来となるシンポジウム名古屋大学で開催された。
2010年
7月31日・8月1日、「世界コスプレサミット2010」を開催。参加したのは、15か国から計30名のコスプレーヤー。過去最高となる15,000人の来場者が訪れたチャンピオンシップでチャンピオンに輝いたのは、イタリア代表の2人。「ゼルダの伝説」のコスプレで電子的なテクニックを使い観客を盛り上げた。
2011年
8月6・7日、「世界コスプレサミット2011」を開催。史上最多世界17か国の代表コスプレーヤーがパフォーマンスを披露する世界コスプレチャンピオンシップ2011において、ブラジル代表のマウリシオ兄妹が世界一に輝いた。この2人は2006年に続き2度目の世界一で、ブラジルが2006年、2008年に続き3度目の優勝を飾った。
2012年
8月4・5日、「世界コスプレサミット2012」を開催。10周年記念大会。参加国にイギリス、ロシア、インドネシア、見学参加国に香港と台湾が新しく加わり全部で22の国と地域となった。アニメソングのライブを行うなど、10周年を祝うイベントも開催された。世界コスプレチャンピオンシップでは、2009年に続き日本代表が優勝の栄冠を掴んだ。
2013年
8月2・3日、「世界コスプレサミット2013」を開催。見学参加国として新たにベトナムとフィリピンが加わり、24の国と地域が参加した。イベントは地元と海外ボランティアの協力により2009年から行われているが、同じくボランティア団体である、おもてなし学生実行委員会が発足した。10年間に及ぶテレビ愛知事業部の主催を離れて、独立した会社により初めて運営された年となった。
2014年
7月26日 - 8月3日、「世界コスプレサミット2014」を開催。新たにクウェートとポルトガルが見学参加国として加わり、26の国と地域が参加した。集客動員数は全世界で120万人を超える。中部国際空港でオープニングイベントが開催された。8月1日、前夜祭として名古屋市公会堂でNAGOYAアニソンフェス2014(有料)を開催、藍井エイル奥井雅美LiSAMay'nらが登場した。また、チャンピオンシップを初めて屋内(愛知県芸術文化センター・コンサートホール)で開催した。昨年までの会場であるオアシス21も会場として利用し、ゲスト声優のトークショーを行いながらチャンピオンシップのライブビューイングを行うなど、多くの観客・コスプレイヤーで賑わった。

各年のゲスト・審査員[編集]

ゲストコメンテーター 審査員 MC
2004 一本木蛮漫画家コスプレイヤー
古谷徹声優
2005 古谷徹
篠原ともえ
松本零士(漫画家)
影山ヒロノブアニメソング歌手
一本木蛮(漫画家、コスプレイヤー[注 1]
高柳明史(テレビ愛知プロデューサー、テレビ愛知岐阜支社長〈当時〉)
永井伸(名古屋モード学園
2006 永井豪(漫画家)
きただにひろし(アニメソング歌手)
牛島えっさい(コスプレ評論家)
時田裕士(外務省)
2007 古谷徹
中川翔子
モンキーパンチ(漫画家)
水木一郎(アニメソング歌手)
牛島えっさい(コスプレ評論家)
時田裕士(外務省広報文化交流部文化交流課課長補佐)
永田健(国土交通省中部運輸局企画観光部長)
2008[注 2] 古谷徹
加藤夏希
いがらしゆみこ(漫画家)
松本梨香(声優)
吉田博高(株式会社虎の穴代表取締役社長)
中川勉(外務省広報文化交流部文化交流課長)
10名の一般審査員
2009 永井豪(漫画家)
水木一郎(アニメソング歌手)
浜田ブリトニー(漫画家)
10名の一般審査員
スペシャルサポーター:SKE48
落合健太郎
荒井千里(テレビ愛知アナウンサー
2010 影山ヒロノブ(アニメソング歌手)
古谷徹(声優)
落合健太郎
2011 古谷徹(声優)
JAM PROJECT(歌手)
ミルキーホームズ(声優ユニット)
HIMEKA(歌手)
小林裕幸戦国BASARA
高橋信之(出版プロデューサー)
乾たつみ(Cure
落合健太郎
2012 大河内卓哉ブシロード
乾たつみ(Cure)
三原龍太郎(経済産業省
古谷徹(声優)
2013 古谷徹(声優)
岸田メルイラストレーター
杉田智和(声優)
乾たつみ(Cure)
池ノ谷賢(ACOS)
クリス・グレン
2014 古谷徹(声優)
かないみか(声優)
岸田メル(イラストレーター)
乾たつみ(Cure)
Andrea Vesnaver(2013年WCS優勝者)
ドクターオー(ブシロード)
東不可止(テレビ東京 名古屋支社長)
クリス・グレン
2015 古谷徹(声優)
乾たつみ(Cure)
Nek / Nichi(2014年WCSロシア代表)
中里郁子(講談社なかよし』『ARIA』編集部)
平澤直(ウルトラスーパーピクチャーズ
市村龍太郎スクウェア・エニックス
田代智一作曲家
オーサ・イェークストロム(スウェーデン人漫画家)

参加国[編集]

太字は初参加の国・地域を示す。

開催年月日 会場 参加
国数
参加国
2003年 10月12日 ローズコートホテル 4 ドイツの旗 ドイツフランスの旗 フランスイタリアの旗 イタリア日本の旗 日本
2004年 08月01日 大須商店街 5 ドイツの旗 ドイツフランスの旗 フランスイタリアの旗 イタリア日本の旗 日本アメリカ合衆国の旗 アメリカ
2005年 07月31日 大須商店街 7 中華人民共和国の旗 中国フランスの旗 フランス、ドイツの旗 ドイツ、イタリアの旗 イタリア、日本の旗 日本、スペインの旗 スペインアメリカ合衆国の旗 アメリカ
08月07日 エキスポドーム
2006年 08月05日 大須商店街 9 ブラジルの旗 ブラジル中華人民共和国の旗 中国、フランスの旗 フランス、ドイツの旗 ドイツ、イタリアの旗 イタリア、日本の旗 日本、シンガポールの旗 シンガポールスペインの旗 スペイン、タイ王国の旗 タイ
08月06日 オアシス21
2007年 08月04日 大須商店街 12 ブラジルの旗 ブラジル、中華人民共和国の旗 中国、デンマークの旗 デンマークフランスの旗 フランス、ドイツの旗 ドイツ、イタリアの旗 イタリア、日本の旗 日本、メキシコの旗 メキシコシンガポールの旗 シンガポール、大韓民国の旗 韓国スペインの旗 スペイン、タイ王国の旗 タイ
08月05日 オアシス21
2008年 08月02日 大須商店街 13 ブラジルの旗 ブラジル、中華人民共和国の旗 中国、デンマークの旗 デンマーク、フランスの旗 フランス、ドイツの旗 ドイツ、イタリアの旗 イタリア、日本の旗 日本、メキシコの旗 メキシコ、シンガポールの旗 シンガポール、大韓民国の旗 韓国、スペインの旗 スペイン、タイ王国の旗 タイ、アメリカ合衆国の旗 アメリカ
08月03日 オアシス21
2009年 08月01日 大須商店街 15 オーストラリアの旗 オーストラリアブラジルの旗 ブラジル、中華人民共和国の旗 中国、デンマークの旗 デンマーク、フィンランドの旗 フィンランドフランスの旗 フランス、ドイツの旗 ドイツ、イタリアの旗 イタリア、日本の旗 日本、メキシコの旗 メキシコ、シンガポールの旗 シンガポール、大韓民国の旗 韓国、スペインの旗 スペイン、タイ王国の旗 タイ、アメリカ合衆国の旗 アメリカ
08月02日 オアシス21
2010年 07月31日 大須商店街 15 オーストラリアの旗 オーストラリア、ブラジルの旗 ブラジル、中華人民共和国の旗 中国、デンマークの旗 デンマーク、フィンランドの旗 フィンランド、フランスの旗 フランス、ドイツの旗 ドイツ、イタリアの旗 イタリア、日本の旗 日本、メキシコの旗 メキシコ、シンガポールの旗 シンガポール、大韓民国の旗 韓国、スペインの旗 スペイン、タイ王国の旗 タイ、アメリカ合衆国の旗 アメリカ
08月01日 オアシス21
2011年 08月06日 大須商店街 17 オーストラリアの旗 オーストラリア、ブラジルの旗 ブラジル、中華人民共和国の旗 中国、デンマークの旗 デンマーク、フィンランドの旗 フィンランド、フランスの旗 フランス、ドイツの旗 ドイツ、イタリアの旗 イタリア、日本の旗 日本、マレーシアの旗 マレーシアメキシコの旗 メキシコ、オランダの旗 オランダシンガポールの旗 シンガポール、大韓民国の旗 韓国、スペインの旗 スペイン、タイ王国の旗 タイ、アメリカ合衆国の旗 アメリカ
08月07日 オアシス21
2012年 08月04日 オアシス21 22 オーストラリアの旗 オーストラリア、ブラジルの旗 ブラジル、中華人民共和国の旗 中国、デンマークの旗 デンマーク、フィンランドの旗 フィンランド、フランスの旗 フランス、ドイツの旗 ドイツ、香港の旗 香港(見学参加)、インドネシアの旗 インドネシアイタリアの旗 イタリア、日本の旗 日本、マレーシアの旗 マレーシア、メキシコの旗 メキシコ、オランダの旗 オランダロシアの旗 ロシアシンガポールの旗 シンガポール、大韓民国の旗 韓国、スペインの旗 スペイン、中華民国の旗 台湾(見学参加)、タイ王国の旗 タイ、イギリスの旗 イギリスアメリカ合衆国の旗 アメリカ
08月05日 大須商店街
2013年 08月03日 オアシス21 24 オーストラリアの旗 オーストラリア、ブラジルの旗 ブラジル、中華人民共和国の旗 中国、デンマークの旗 デンマーク、フィンランドの旗 フィンランド、フランスの旗 フランス、ドイツの旗 ドイツ、香港の旗 香港 (見学参加)、インドネシアの旗 インドネシア、イタリアの旗 イタリア、日本の旗 日本、マレーシアの旗 マレーシア、メキシコの旗 メキシコ、オランダの旗 オランダフィリピンの旗 フィリピン(見学参加)、ロシアの旗 ロシア、シンガポールの旗 シンガポール、大韓民国の旗 韓国、スペインの旗 スペイン、中華民国の旗 台湾(見学参加)、タイ王国の旗 タイ、イギリスの旗 イギリス、アメリカ合衆国の旗 アメリカ、ベトナムの旗 ベトナム(見学参加)
08月04日 大須商店街
2014年 08月02日 愛知県芸術文化センター 26 オーストラリアの旗 オーストラリア、ブラジルの旗 ブラジル、中華人民共和国の旗 中国、デンマークの旗 デンマーク、フィンランドの旗 フィンランド、フランスの旗 フランス、ドイツの旗 ドイツ、香港の旗 香港、インドネシアの旗 インドネシア、イタリアの旗 イタリア、日本の旗 日本、クウェートの旗 クウェート (見学参加)、マレーシアの旗 マレーシア、メキシコの旗 メキシコ、オランダの旗 オランダフィリピンの旗 フィリピン (見学参加)、ポルトガルの旗 ポルトガル (見学参加)、ロシアの旗 ロシア、シンガポールの旗 シンガポール、大韓民国の旗 韓国、スペインの旗 スペイン、中華民国の旗 台湾、タイ王国の旗 タイ、イギリスの旗 イギリス、アメリカ合衆国の旗 アメリカ、ベトナムの旗 ベトナム (見学参加)
08月03日 大須商店街
2015年 08月01日 愛知県芸術文化センター 28 オーストラリアの旗 オーストラリア、ブラジルの旗 ブラジル、カナダの旗 カナダ(見学参加)、中華人民共和国の旗 中国、デンマークの旗 デンマーク、フィンランドの旗 フィンランド、フランスの旗 フランス、ドイツの旗 ドイツ、香港の旗 香港、インドネシアの旗 インドネシア、イタリアの旗 イタリア、日本の旗 日本、クウェートの旗 クウェート、マレーシアの旗 マレーシア、メキシコの旗 メキシコ、オランダの旗 オランダフィリピンの旗 フィリピン、ロシアの旗 ロシア、ポルトガルの旗 ポルトガル、シンガポールの旗 シンガポール、大韓民国の旗 韓国、スペインの旗 スペイン、スウェーデンの旗 スウェーデン(見学参加)、中華民国の旗 台湾、タイ王国の旗 タイ、イギリスの旗 イギリス、アメリカ合衆国の旗 アメリカ、ベトナムの旗 ベトナム
08月02日 大須商店街

審査結果[編集]

優勝 準優勝 ブラザー賞
2005
1, 2
イタリアの旗 Giorgia Vecchini
Francesca Dani
Emilia Fata Livia
日本の旗 Nakamura-han
2006
3
ブラジルの旗 Maurício Somenzari L Olivas (Mah Psylocke)
Mônica Somenzari L Olivas (Kawaii Aeris)
日本の旗 Mariko
Cyoko
日本の旗 Goldi
Aoisakuya
2007 フランスの旗 Damien Ratte
Isabelle Jeudy
日本の旗 Kikiwan
Naoki Shigure
メキシコの旗 Linaloe Rodriguez Rivera (Linamoon)
Alejandra Rodriguez Rivera (Yunnale)
2008 ブラジルの旗 Jéssica Moreira Rocha Campos (Pandy)
Gabriel Niemietz Braz (Hyoga)
中華人民共和国の旗 Zhao Chin
Zhang Li
日本の旗 Yui
Mino
2009 日本の旗 YuRi
RiE
スペインの旗 Bereniç Serrano Vidal (Piruletosa)
Laura Fernández Ramos (Madoka)
アメリカ合衆国の旗 Elizabeth Licata (fatwetdog)
India Davis (Dia)
2010 イタリアの旗 Luca Buzzi
Giancarlo Di Pierro
ブラジルの旗


タイ王国の旗

Gabrielle Christine Valerio
Gabriel Niemietz Braz (Hyoga)

Orawan Aggavinate (Alexis Seiz)
Patawikorn Uttisen (Pat)

タイ王国の旗 Orawan Aggavinate (Alexis Seiz)
Patawikorn Uttisen (Pat)
2011 ブラジルの旗 Maurício Somenzari Leite Olivas
Mônica Somenzari Leite Olivas
イタリアの旗 Marika Roncon
Daniela Maiorana
オーストラリアの旗 Tessa Beattie
Jessica L. Allie
2012 日本の旗 Yukari Shimotsuki
Kaito
シンガポールの旗 Frank Koh (Raistlin03)
Valerie Seng (ayatenshi)
シンガポールの旗 Frank Koh (Raistlin03)
Valerie Seng (ayatenshi)
2013 イタリアの旗 Andrea Vesnaver
Massimo Barbera
アメリカ合衆国の旗 Cassandra May (breathlessaire)
Tiffany Tezna (Starlighthoney)
アメリカ合衆国の旗 Cassandra May (breathlessaire)
Tiffany Tezna (Starlighthoney)
2014 ロシアの旗 Nek (Neko-tin)
Nichi
イタリアの旗 NadiaSK
MOGU
デンマークの旗 Shinji
Tiny
  • ^1 Group Champion: フランスの旗 フランス (Pauline Mesa, Laurence Guermond Wendy Roeltgen)
  • ^2 Individual Champion: イタリアの旗 Giorgia Vecchini
  • ^3 3rd: イタリアの旗 イタリア (Alessandro Leuti, Alessia de Magistris)

世界コスプレチャンピオンシップ[編集]

世界コスプレチャンピオンシップは2005年から開催されたもので各国の代表者が舞台でパフォーマンスをし、そしてグランドチャンピオンを決めるコンテスト。これは衣装の完成度だけで無く、演技・演出なども含めて採点される。ステージングパフォーマンスをするコスプレテンペティションとしては、日本でも一番大きく、各国のパフォーマンスは見応えがある。 ただし、近年は審査基準や審査方法などが問題視され、2009年、2012年の日本優勝に関しては八百長疑惑が持たれている。 テレビ愛知の運営的な問題や、一部の関係者による既得権益化している側面も否めない。 これまでの参加国数、参加国、グランドチャンピオンは以下の通り

  • 出場:○、出場なし:-
  • :優勝(グランドチャンピオン、2013年:ANA賞&外務大臣賞)
  • :準優勝(2013年:LIVE DAM賞)
  • 3位(2013年:ブシロード賞)
  • ●:ブラザー賞(衣裳得点1位)
  • シペラス賞(ウィッグがすてき)
  • ドコモアニメストア賞(忠実度得点1位)
開催年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年[4] 2011年 2012年 2013年 2014年
参加国数 3 4 7 9 12 13 15 15 17 20 20 22
オーストラリアの旗 オーストラリア
ブラジルの旗 ブラジル シペラス賞
中華人民共和国の旗 中国 3位
ドイツの旗 ドイツ
デンマークの旗 デンマーク
スペインの旗 スペイン シペラス賞
フィンランドの旗 フィンランド
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
香港の旗 香港 - -
インドネシアの旗 インドネシア 3位 3位
イタリアの旗 イタリア ドコモ
日本の旗 日本 シペラス賞
韓国の旗 韓国 ドコモ
メキシコの旗 メキシコ
マレーシアの旗 マレーシア
オランダの旗 オランダ シペラス賞
ロシアの旗 ロシア
シンガポールの旗 シンガポール
台湾の旗 台湾 - -
タイ王国の旗 タイ 3位
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

協力団体、イベント[編集]

以下は、2005年からコスプレチャンピオンシップの各国代表者を選ぶ、予選会を開いている団体である。

  • オーストラリアの旗 Animania
  • ブラジルの旗 Editora JBC / Festival do Japão
  • カナダの旗 Otakuthon
  • 中華人民共和国の旗 Howell International Trade Fair Ltd.
  • デンマークの旗 J-Popcon
  • ドイツの旗 Animexx / Connichi
  • フィンランドの旗 Cosplay Finland Tour/ Tracon
  • フランスの旗 Japan Expo
  • イタリアの旗 ROMICS
  • 日本の旗 STAR RISE COSPLAY
  • 大韓民国の旗 Samsung Everland/ Wonder Cosplay Festival
  • メキシコの旗 Expo-TNT
  • シンガポールの旗 Cosfest
  • スペインの旗 FICOMIC / Salón del Manga
  • スウェーデンの旗 Comic Con Stockholm
  • タイ王国の旗 Negibose Thailand / Oishi Group
  • アメリカ合衆国の旗 Anime Central
  • ロシアの旗 Hinode
  • イギリスの旗 Hyper Japan
  • インドネシアの旗 Indonesia Cosplay Grand Prix
  • フィリピンの旗 Anime Alliance Philippines
  • ポルトガルの旗 Iberanime (2014)

初期の協力団体、イベント[編集]

  • 中華人民共和国の旗 Hangzhou True Design Company Ltd. (2005–2007)
  • フランスの旗 Epitanime (2005)
  • アメリカ合衆国の旗 Anime Expo (2004, 2005)
  • 日本の旗 Cosplay Festa in 東京ドームシティ (Tokyo, 2006–2008)
  • 日本の旗 Layered XTRM at 大阪城 Bandshell (Osaka, 2007)
  • 日本の旗 Cosplayers JAM Revolution (Osaka, 2008)
  • 日本の旗 Nipponbashi Street Festa (Osaka)
  • アメリカ合衆国の旗 New York Anime Festival (2008, 2009)
  • アメリカ合衆国の旗 FanimeCon (2010)
  • アメリカ合衆国の旗 AM2 (2011)
  • アメリカ合衆国の旗 Katsucon (2012)
  • アメリカ合衆国の旗 Anime Matsuri (2013)

特別番組[編集]

世界コスプレサミット終了後、後日特別番組として予選大会やチャンピオンシップの様子が放送される。ただし放送されるのは地元のテレビ愛知のみで、他のTXN系列局や、同局系のBSデジタル放送であるBSジャパンにはネットされない。

2003年に世界コスプレサミット2003に合わせ特別番組として『MANGAは世界の共通語』が放送され、その後も2005年に『世界コスプレサミット2005 〜MANGAに恋した7カ国の美女たち!〜』、2006年に『世界コスプレサミット2006 〜新たなる挑戦者たち〜』、2007年に『世界コスプレサミット2007 ギザすげ〜奴らがやってきたゼェ〜ット!』、2008年に『世界コスプレサミット2008 みんなのヒーロー大集合!』、2009年には『世界コスプレサミット2009〜真夏だぜ!クールジャポン爆笑祭〜』として放送された。

2012年には初の生中継(8月4日19:30 - 20:54)も実施された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
脚注
  1. ^ 当日はうる星やつらのラムのコスプレを披露。
  2. ^ 2006年、2007年で審査員を務めた牛島えっさいは2008年も審査員となる予定だったがテレビ愛知や外務省を始め、協賛企業・報道各社・名古屋市などに彼を中傷する事実無根の文書が送られるなどのトラブルが発生、テレビ愛知自体に被害が出かねないとの判断から審査員の依頼を取りやめる事態となった[1]
出典
  1. ^ 2013年の後援。開催年ごとに代わる。
  2. ^ 2013年のオフィシャルパートナー。オフィシャルパートナーは開催年ごとに代わる。
  3. ^ 「広報外交文化」日本国外務省のサイト。2011年10月閲覧。
  4. ^ 世界コスプレサミット2010 世界コスプレチャンピオンシップ vol.3(チャンピオンシップ審査発表), 世界コスプレサミット実行委員会, 2010年08月04日.

外部リンク[編集]