札幌メディアパーク・スピカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
札幌メディアパーク・スピカ
札幌メディアパーク・スピカ.JPG
札幌メディアパーク・スピカ、南側外観。右側奥は札幌テレビ放送(STV)本社。
札幌メディアパーク・スピカの位置(札幌市内)
札幌メディアパーク・スピカ
情報
用途 各種催し
設計者 設計組織SMP[1]
構造設計者 伊坂重春[2]
設備設計者 鹿島建設[1]
施工 鹿島建設[3]
事業主体 札幌テレビ放送
構造形式 鉄筋コンクリート造鉄骨造[1]
建築面積 3,905 m²
延床面積 13,456 m² [1]
階数 地下2階・地上2階[1]
着工 1998年4月[1]
竣工 2000年3月[1]
開館開所 2000年4月7日[1]
解体 2008年4月
所在地 060-0001
北海道札幌市中央区北1条西8丁目1-2
備考 2001年グッドデザイン賞[4]
テンプレートを表示

札幌メディアパーク・スピカ(さっぽろメディアパーク・スピカ)は、かつて札幌市中央区北1条西8丁目にあった札幌テレビ放送(STV)所有の大型イベントホール。2000年平成12年)4月から2008年(平成20年)3月まで8年間営業していた[5][6]

概要[編集]

2000年(平成12年)4月7日、STV本社に隣接する市立札幌病院跡地にオープン[7]。「スピカ」の名称は一般公募によって決められた[1]。オープン当時は「テレビ、ラジオ、インターネットに次ぐ第4のメディア」と銘打っていた[4]

デザインを担当した伊坂重春は、1999年(平成11年)までSTV社長を務めた伊坂重孝の親族[注 1]。建物はその大半を地中に埋め込み[9]屋根と周囲の壁面はガラス張りだった。屋根には世界で初めてパターン開閉するシステムを採用した[7]。建物内外にはイサム・ノグチをはじめとした有名芸術家の作品が展示されていた。2005年(平成17年)ごろからは「STVスピカ」という呼び方もされるようになった。

しかし、デザインを重視していたため、音響が悪いなど普通のホールより使い勝手が悪いという指摘があった。オープン当初から赤字続きであり、STVは伊坂重孝の相談役退任をもって、スピカ事業終了へ方針転換する。

2007年(平成19年)4月、STVは2008年(平成20年)3月末をもって閉館すると発表[6]。2008年3月9日、イベントホール、駐車場、レストランの営業終了(S-plazaは20日に営業終了)[10]。同年4月、建物の取り壊しを開始して跡地をヤマダ電機に貸与し[11]2009年(平成21年)6月19日に地上3階建ての「テックランド札幌本店」が開業した[12]

開催されたイベント[編集]

他多数

施設[編集]

  • アリーナ部
    • 周辺部床面積 1,389m2
    • 最大座席数 1,809席
  • STVホール(468席 スピカ閉鎖後も現存)
  • イタリアンレストラン「カフェ・サルーテ」(80席)
  • STVグッズショップ「S-plaza」(スピカ閉鎖後はイベントスペースとしてラジオ公開放送などに使用)
  • スピカパーキング

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 建物の写真については伊坂重春「㈱伊坂デザイン工房」のホームページを参照[2]。ちなみに同社のニュース情報センター「D・Tera・s(D・テラス)」は伊達計画所の設計[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 札幌に咲いた、ガラスの華 札幌メディアパーク建設工事”. 現場から. 鹿島建設 (1999年12月). 2016年12月10日閲覧。
  2. ^ a b 札幌メディアパーク・SPICA(2000年)”. 伊坂デザイン工房. 2016年12月10日閲覧。
  3. ^ 札幌メディアパーク・SPICA”. 実績紹介. 鹿島建設. 2016年12月10日閲覧。
  4. ^ a b 札幌メディアパーク・スピカ”. 2001年グッドデザイン賞. 公益財団法人日本デザイン振興会. 2016年12月10日閲覧。
  5. ^ a b 沿革”. 札幌テレビ放送. 2016年12月10日閲覧。
  6. ^ a b “STV スピカ閉館 来年3月 地デジ対応で負担増”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2007年4月28日)
  7. ^ a b “ガラスのドーム スピカオープン STVが記念式典”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2000年4月8日)
  8. ^ D・tera・s(2005)”. 伊達計画所. 2016年12月10日閲覧。
  9. ^ 一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構 - 申請物件「札幌メディアパーク・spica (PDF)
  10. ^ a b c 1×8スタッフルーム「明日でお別れ」”. 1×8いこうよ!. 札幌テレビ放送 (2008年3月8日). 2016年12月10日閲覧。
  11. ^ ヤマダ電機、札幌都心部に出店 競争激化は必至 ヨドバシ、ビックと同規模 JRタワー集客に影響も”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2008年5月16日)
  12. ^ “ヤマダ電機 札幌本店あす開業 都心部の競争激化”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2009年6月18日)
  13. ^ ハッスル|ファイトカード|2005年05月14日 ハッスル・ハウス vol.7”. ハッスル公式サイト. 2016年3月29日閲覧。
  14. ^ ハッスル|ファイトカード|2005年05月15日 ハッスル・ハウス vol.8”. ハッスル公式サイト. 2016年3月29日閲覧。
  15. ^ TOP > Archive > Live stage > HOTEI 25th Anniversary ALL TIME SUPER BEST TOUR”. HOTEI.COM + TOMOYASU HOTEI OFFICIAL WEBSITE. 2016年3月29日閲覧。
  16. ^ Winter Navigation '07”. プロレスリング・ノア公式サイト. 2016年3月29日閲覧。
  17. ^ Winter Navigation '07”. プロレスリング・ノア公式サイト. 2016年3月29日閲覧。
  18. ^ カレーにはやっぱり北海道米!「スピカカレー博覧会 The Final」開催!”. 北海道米販売拡大委員会 (2008年2月4日). 2016年12月10日閲覧。
  19. ^ a b プロフィール≫2000年以降”. 美空ひばりオフィシャルウェブサイト. 2016年12月10日閲覧。
  20. ^ メーリング・ドラマ「フレンズ」”. PARCO劇場 (2001年9月). 2016年12月10日閲覧。
  21. ^ “10月12日~17日、第18回世界宇宙飛行士会議、無事終了”. YACニュース (公益財団法人日本宇宙少年団). (2003年10月). http://www.yac-j.or.jp/yacnews/passed/200308/ 2016年12月10日閲覧。 
  22. ^ “人体の不思議展・札幌展にポスターと意思表示カードが展示されます!” (プレスリリース), 日本臓器移植ネットワーク, (2004年4月23日), http://www.jotnw.or.jp/news/2004/detail5100.html 2016年12月10日閲覧。 
  23. ^ 就職Revolution 2008”. JOB★STA.net. ジェイ・ブロード (2007年2月23日). 2016年12月10日閲覧。
  24. ^ “【capsule】札幌クラブフェス第1弾出演者発表”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2007年5月10日). http://natalie.mu/music/news/1684 2016年12月10日閲覧。 
  25. ^ 札幌”. 生誕100年記念「伊藤真乗の目と手」展 (2007年9月). 2016年12月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯43度3分41.6秒 東経141度20分37.8秒 / 北緯43.061556度 東経141.343833度 / 43.061556; 141.343833 (ヤマダ電機テックランド札幌本店)