駒門パーキングエリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
駒門パーキングエリア
下り線施設(2012年7月・移設前)
下り線施設(2012年7月・移設前)
所属路線 E1 東名高速道路
本線標識の表記 駒門
起点からの距離 (上り線)90.0km
(下り線)91.6km(東京IC起点)
御殿場JCT (1.6km)
(3.8km) 裾野IC
供用開始日 1969年昭和44年)3月31日
上り線事務所 7:30 - 19:30
下り線事務所 24時間
所在地 412-0038(上り)
〒412-0033(下り)
(上り)静岡県御殿場市駒門
(下り)静岡県御殿場市神山
テンプレートを表示
下り線施設の脇を新東名高速道路が通過する(移設前)

駒門パーキングエリア(こまかどパーキングエリア)は、静岡県御殿場市東名高速道路上にあるパーキングエリアである。

下り線の片側3車線区間はひとまずここで終了する。上り線においては当PAにかけて登坂車線が設けられており、登坂車線区間が終了すると合流せずにそのまま走行車線に切り替わり、片側3車線区間が始まる。また、下り線の東京ICから当PAまでの区間にSA・PA標識に空き情報(空・混雑)の可変表示板が設置されている。次の愛鷹PA - 美合PAまでは空き情報の可変表示板はなく、次に空き情報の可変表示板があるのは当PAから約216km先の上郷SAになる。

当PA付近の東京寄り1.6kmの場所には御殿場JCTがある。なお、新東名高速道路の延伸に伴い、既存の当PA下り線側を1.7km裾野IC側に移設する工事が進められ、2017年(平成29年)4月20日に完成した[1][2]。また、2019年(平成31年)度にスマートインターチェンジが設置される予定である[3][2]

道路[編集]

施設[編集]

上下線の水飲み場は一見普通の構造だが、富士山伏流水を使用していると表示がある。売店では持ち帰り用のボトルを販売している他、飲食物にも使用されており、最近ではテレビ番組で紹介されたため、最近はこの水を持ち帰ろうとする行列ができるほどである。

上り線(横浜町田・東京方面)[編集]

下り線(静岡・浜松・名古屋・小牧方面)[編集]

  • 駐車場[1]
    • 大型 35台
    • 小型 50台
  • ぷらっとパーク(一般道 国道246号からご利用のための駐車場)[1]
    • 大型 14台
    • 小型 47台
  • トイレ
  • コンビニエンスストア「ローソン」 (24時間)[1]
  • ショッピングコーナー 『時之栖 ファクトリーストア』 (9:00 - 21:00)[1]
  • フードコート 『無 mu』 『量 ryo』 『寿 jyu』[1]
    • 『無 mu』 定食、丼、うどん・蕎麦店 (6:00 - 22:00)
    • 『量 ryo』 御殿場高原のステーキ店 (9:00 - 22:00)
    • 『寿 jyu』 ラーメン専門店 (6:00 - 22:00)

バスストップ(廃止)[編集]

PA内にかつて駒門バスストップが併設されていた。東名ハイウェイバスの一部便と富士急行バス(現・富士急湘南バス)の沼91系統新松田 - 沼津駅間、末期は毎年1月の日祝日に一往復のみの運行)が停車していたが、1991年(平成3年)4月に東名ハイウェイバスの停車便がなくなり、富士急行の路線も1995年(平成7年)1月の運行を最後に廃止となっている。

[編集]

E1 東名高速道路
(7)御殿場IC - (7-1)御殿場JCT - 駒門PA - (7-2)裾野IC

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 東名 駒門PA(下り)が生まれ変わります”. 中日本高速道路株式会社・中日本エクシス株式会社 (2017年3月22日). 2017年3月23日閲覧。
  2. ^ a b 東名下り駒門PA、1.7キロ西に移転 新東名の延伸工事で”. 静岡新聞 (2017年3月23日). 2017年3月23日閲覧。
  3. ^ 高速道路開通情報”. 中日本高速道路株式会社. 2017年3月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]