首都高速神奈川7号横浜北西線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
首都高速道路
Shutoko Expwy Routemark K7.svg
首都高速神奈川7号横浜北西線[1][2]
横浜国際港都建設計画道路1・4・8号高速横浜環状北西線[3]
路線延長 約7.1 km[4][5][6]
開通年 2020年令和2年)3月22日(予定)
起点 神奈川県横浜市青葉区下谷本町 (横浜青葉ジャンクション・横浜青葉出入口[2]
終点 神奈川県横浜市都筑区川向町 (横浜港北ジャンクション・横浜港北出入口[2]
接続する
主な道路
記法
Shuto Urban Expwy Sign K7.svg首都高速横浜北線
E83 第三京浜道路
E1 東名高速道路
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

首都高速神奈川7号横浜北西線(しゅとこうそくかながわ7ごうよこはまほくせいせん)は、神奈川県横浜市青葉区から都筑区に至る建設中の首都高速道路の路線である。全長7.1キロメートル (km) 。

概要[編集]

接続予定の横浜青葉JCT。中央のスペースに横浜北西線が接続する予定である(料金所真下より撮影、2018年5月)
建設中の横浜青葉JCT(2018年5月)

横浜市と国土交通省が「第三京浜道路」と「東名高速道路」を結ぶ道路の建設を構想し、2003年(平成15年)7月から有識者委員会を設立して、沿道住民の市民参画で意見を取り入れながら、計画の策定を本格化させた[7]「日本で初めてのパブリック・インボルブメントPublic Involvement, PI)」を導入した路線であり、保土ヶ谷バイパスの渋滞緩和に役立つと期待されている[8]

2005年(平成17年)8月に道路が通過する概ねのルート・構造の計画が、2008年(平成20年)9月には都市計画素案が公表された[9]。全長約7.1 kmのうち、約4.1 kmはトンネル区間となる予定である[4][5][6]

2011年(平成23年)3月15日に都市計画決定され[3]2012年(平成24年)7月10日に神奈川県知事から認可されて、同月25日に横浜市と首都高速道路株式会社が事業化を正式に表明[10]2014年(平成26年)11月7日に正式に着工した[4][5][6]

開通目標については、2012年(平成24年)7月の時点で2022年(令和4年)4月[10]、着工時点では2021年(令和3年)度としていたが[5][6]2016年(平成28年)3月27日菅義偉官房長官は、首都高速神奈川7号横浜北線と北西線の整備を「最大の悲願」と強調して、2020年(令和2年)に開催を控える東京オリンピック前の開通を目指す方針を示した[11]。2020年(令和2年)3月22日に開通予定である[12]

着工時点では総事業費は約2,200億円で[5][6]、横浜市が約620億円を負担する計画となっていた[10]

規格[編集]

インターチェンジなど[編集]

歴史[編集]

  • 2001年平成13年)8月28日 - 内閣府 都市再生プロジェクト(第二次決定)において、「横浜環状線北側区間と東名高速との接続区間の都市計画決定を早急に実現する」との提言を受けた[13]
  • 2003年(平成15年)7月 - 横浜市と国土交通省が有識者委員会を設立して計画の策定を本格化[7]
  • 2005年(平成17年)8月 - 道路が通過するおおむねのルートや構造等を定めた「概略計画」を公表[9]
  • 2008年(平成20年)9月 - 都市計画素案を公表[9]
  • 2011年(平成23年)3月15日 - 都市計画決定[3]
  • 2012年(平成24年)
  • 2014年(平成26年)11月7日 - 正式に着工[4][5][6]
  • 2019年令和元年)9月26日 - 路線名「高速神奈川7号横浜北西線」および各出入口・ジャンクションの名称が発表される[1]
  • 2020年(令和2年)3月22日 - 開通予定[12]

料金[編集]

首都高速道路も東名高速道路も料金は距離制であるが、首都高速道路には料金に上限があるため、首都高速で遠方まで行く車が料金の安い横浜北西線へ流入し、通過交通が過剰となってしまう問題が懸念された[14]

このため、横浜青葉JCTを介して東名と首都高速を連続利用した場合[15]、首都高速道路の上限料金を引き上げることで、3号渋谷線経由と同程度の料金となるように調整がなされる[16]

脚注[編集]

  1. ^ a b 横浜北西線(横浜北線〜東名高速)が2020年3月に開通します 開通を記念して一般の方を対象としたイベントを開催予定”. 首都高速道路株式会社・横浜市道路局 (2019年9月26日). 2019年9月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『高速横浜環状北西線 事業概要パンフレット』 横浜市道路局横浜環状道路調整部事業調整課、2012年8月。
  3. ^ a b c 横浜国際港都建設計画道路の変更(1・4・8号高速横浜環状北西線の新規追加及び1・4・6号高速横浜環状北線の変更)について”. 神奈川県 (2011年3月15日). 2011年11月24日閲覧。
  4. ^ a b c d “東名と第3京浜結ぶ「環状北西線」着工”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2014年11月8日)
  5. ^ a b c d e f 飯田憲(2014年11月11日). “環状北西線:年度内に本格着工 港北と東名結ぶ”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  6. ^ a b c d e f “横浜港と東名高速を直結/横浜環状北西線が着工/横浜市と首都高”. 建設通信新聞(建設通信新聞社). (2014年11月10日)
  7. ^ a b 『であい道No.1』 横浜市道路局横浜環状道路調整部事業調整課、2003年7月。
  8. ^ 清水草一 (2015年6月28日). “住民の反対ゼロ 変わる高速道路建設、その新たな手法。日本で初めて住民が本格的に参画した横浜環状北西線”. 乗りものニュース. http://trafficnews.jp/post/41183/2/ 2016年6月28日閲覧。 
  9. ^ a b c 『であい道No.17』 横浜市道路局横浜環状道路調整部事業調整課、2008年12月。
  10. ^ a b c d e f “横浜環状北西線整備事業着手へ、市と首都高が正式表明”. 神奈川新聞(神奈川新聞社). (2012年7月25日)
  11. ^ “五輪前に開通へ 横浜環状北西線 菅官房長官表明”. 神奈川新聞 (神奈川新聞社). (2016年3月28日) 
  12. ^ a b 横浜北西線(横浜北線〜東名高速)が2020年3月22日16時に開通します ファンランイベント(2020年2月29日)・一般公開イベント(2020年3月8日)も開催”. 首都高速道路株式会社・横浜市道路局 (2019年12月18日). 2019年12月18日閲覧。
  13. ^ 都市再生プロジェクト(第二次決定)(日本国 内閣府地方創生推進事務局 2001年8月28日付)(2017年1月8日閲覧)
  14. ^ 保土ケ谷バイパスの渋滞も解消か!? 期待の首都高神奈川7号横浜北西線、2020年3月開通! JAFメディアワークス、2019年10月1日(2020年1月24日閲覧)。
  15. ^ 横浜青葉でいったん一般道に降りた場合も、一定時間内に乗り直した場合は対象となる。一方で、東名との分担に関係しない湾岸線の南方面を利用する場合には上限額変更の対象外となる。
  16. ^ 横浜北西線開通後の料金について 首都高速道路、2020年1月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]