首都高速道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
首都高速道路の路線(赤線)および建設中の路線(点線)

首都高速道路(しゅとこうそくどうろ)

本項ではこれらを総括して詳述する。


首都高速道路(しゅとこうそくどうろ)は、首都高速道路株式会社(しゅとこうそくどうろ)が維持・管理等を行なっている、東京都区部とその周辺地域にある路線長322.5km(管理301.3km、新設28.3km)の都市高速道路である。「首都高速」「首都高」と略されることが多い。なお「首都高速」および「首都高」は、首都高速道路株式会社の登録商標である。

道路法で定められている都県道東京都神奈川県埼玉県千葉県)と市道横浜市川崎市)であり、道路構造令で「都市部の自動車専用道路」(第2種第1級・第2級)に区分される。東京都内で完結する路線には都道番号がつかないが、東京都と他県にまたがる路線には都県道番号がついている。

首都高速道路株式会社[編集]

首都高速道路株式会社
Metropolitan Expressway Co., Ltd.
Shuto Urban Expwy Logo.png
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 首都高
本社所在地 日本の旗 日本
100-8930
東京都千代田区霞が関一丁目4番1号 日土地ビル
設立 2005年10月1日
業種 サービス業
事業内容 高速道路、自動車専用道路の管理運営
代表者 菅原秀夫(代表取締役社長)
資本金 135億円
発行済株式総数 2700万株
売上高 連結 : 2,929億6,400万円
単体 : 2,905億7,500万円
(2012年3月期)
営業利益 連結 : 60億2,700万円
単体 : 41億4,300万円
(2012年3月期)
純利益 連結 : 17億1,500万円
単体 : 8億7,500万円
(2012年3月期)
純資産 連結 : 389億5,600万円
単体 : 330億4,000万円
(2012年3月31日現在)
総資産 連結 : 5,554億8,800万円
単体 : 5,456億4,200万円
(2012年3月31日現在)
従業員数 連結 : 4,050人
単体 : 1,093人
(2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 国土交通大臣 50.00%
東京都 26.72%
神奈川県 8.28%
埼玉県 5.90%
横浜市 4.46%
川崎市 3.83%
千葉県 0.81%
主要子会社 首都高速道路サービス(株) 100%
外部リンク http://www.shutoko.jp/
テンプレートを表示

首都高速道路株式会社(しゅとこうそくどうろ、Metropolitan Expressway Co., Ltd.)は2005年10月1日、高速道路株式会社法により設立された。通称は「首都高速道路会社」。日本道路公団等民営化関係法施行法により、首都高速道路公団の業務を日本高速道路保有・債務返済機構(以下「機構」)とともに承継した。

政府および地方公共団体が常時3分の1以上の株式を保有する特殊会社で、当分の間政府から債務保証を受ける。一方、営業年度毎の事業計画や社債の募集、資金の借入については国土交通大臣認可を要する。

また会社は機構との協定[1]に従い、政令で定められた機構への出資金補助金の中から、建設費の一部につき無利子貸付が受けられる。

現在の同社のスローガンは「ひと・まち・くらしをネットワーク」である。

基本理念[編集]

私たちは、首都圏のひと・まち・くらしを安全・円滑な首都高速道路ネットワークで結び、豊かで快適な社会の創造に貢献します。

経営理念[編集]

お客様第一
安全と快適を追求し、お客様に満足いただける質の高いサービスを提供します。
地域社会との共生
地域の皆様とともに、よりよい環境の実現と地域社会の発展を目指します。
社会的責任
高い倫理観と透明性をもって、お客様、地域の皆様、投資家の皆様との信頼関係を築きます。
自立する経営
効率的で健全な経営を行い、新しい分野での事業も積極的に展開します。
活力あふれる職場
社員が自らの力を高め、誇りと達成感を持てる職場をつくります。

トライアングル・ストリーム[編集]

東京を中心に神奈川・千葉・埼玉の3方面へ伸びる首都高速道路のネットワークと、そのネットワークづくりを通じて「ひと・まち・くらし」を支えていくという会社の姿勢をシンボルマークとして表現している。

歴代社長[編集]

業務[編集]

首都高速道路の範囲において、機構と締結した協定に基づき以下の業務を行う。

  • 高速道路の新設又は改築。完了時には、道路資産と債務がともに機構に帰属する。
  • 機構の保有する道路資産を有償で借り受けての、かかる高速道路の管理。

いわゆる上下分離方式を採用した中での「上」に相当する。

路線[編集]

同一路線について法的手続きである都市計画・基本計画・事業計画の各事業段階において(それぞれ若干異なる)「路線名」がつけられているが、案内の分かりやすさのために、一般に標識などで案内されているのは「路線呼称」と「ルートマーク(路線番号・記号)」である。

ここでは路線呼称とルートマークを見出しに記載している(路線番号・路線呼称と道路法上の路線名)。

東京線[編集]

東京都内・千葉県内路線および埼玉県内の東京外環自動車道以南の路線。

環状線[編集]

Shuto Urban Expwy Sign C1.svg C1 高速都心環状線(環状部分)
Shuto Urban Expwy Sign C2.svg C2 高速中央環状線大井JCT - 葛西JCT
  • 都道首都高速品川目黒線(大井JCT - 大橋JCT
  • 都道首都高速目黒板橋線(大橋JCT - 熊野町JCT
  • 都道首都高速5号線(熊野町JCT - 板橋JCT
  • 都道首都高速板橋足立線(板橋JCT - 江北JCT
  • 都道高速葛飾川口線(江北JCT - 小菅JCT
  • 都道首都高速6号線(小菅JCT - 堀切JCT
  • 都道首都高速葛飾江戸川線(堀切JCT - 葛西JCT)

放射線[編集]

Shuto Urban Expwy Sign 1-Ueno.svg 1 高速1号上野線(江戸橋JCT - 入谷出入口
Shuto Urban Expwy Sign 1-Haneda.svg 1 高速1号羽田線(浜崎橋JCT - 高速多摩川橋)
  • 都道首都高速1号線(入谷 - 江戸橋JCT - 浜崎橋JCT - 羽田と連続している)
  • 都道147号高速横浜羽田空港線(羽田 - 高速多摩川橋)
Shuto Urban Expwy Sign 0002.svg 2 高速2号目黒線(一ノ橋JCT - 戸越出入口
  • 都道首都高速2号線道(汐留乗継所 - 荏原
Shuto Urban Expwy Sign 0003.svg 3 高速3号渋谷線(谷町JCT - 用賀
  • 都道首都高速3号線(三宅坂JCT - 用賀)
Shuto Urban Expwy Sign 0004.svg 4 高速4号新宿線(三宅坂JCT - 高井戸
  • 都道首都高速4号線(道路法上は、西銀座JCT - 神田橋JCT - 三宅坂JCT - 高井戸)
Shuto Urban Expwy Sign 0005.svg 5 高速5号池袋線竹橋JCT - 美女木JCT
  • 都道首都高速5号線(竹橋JCT - 高島平
  • 都道254号高速板橋戸田線・埼玉県道254号高速板橋戸田線(高島平 - 美女木JCT)
Shuto Urban Expwy Sign 6-Mukojima.svg 6 高速6号向島線(江戸橋JCT - 堀切JCT)
Shuto Urban Expwy Sign 6-Misato.svg 6 高速6号三郷線(小菅JCT - 三郷JCT
  • 都道首都高速6号線(江戸橋JCT - 加平
  • 都道243号高速足立三郷線・埼玉県道243号高速足立三郷線(加平 - 三郷JCT)
Shuto Urban Expwy Sign 0007.svg 7 高速7号小松川線両国JCT - 谷河内
  • 都道首都高速7号線
Japanese Urban Expwy Sign Template.svg 8 (欠番)
  • 都道首都高速8号線は延長が短い(京橋と銀座の間、数百メートル)ため都心環状線の一部として案内される
Shuto Urban Expwy Sign 0009.svg 9 高速9号深川線箱崎JCT - 辰巳JCT
  • 都道首都高速9号線
Shuto Urban Expwy Sign 0010.svg 10 高速10号晴海線豊洲出入口 - 東雲JCT
  • 都道首都高速晴海線
Shuto Urban Expwy Sign 0011.svg 11 高速11号台場線芝浦JCT - 有明JCT
  • 都道首都高速11号線
Shuto Urban Expwy Sign S1.svg S1 高速川口線江北JCT - 川口JCT
  • 都道242号高速葛飾川口線・埼玉県道242号高速葛飾川口線(小菅JCT - 川口JCT)

その他の路線[編集]

Shuto Urban Expwy Sign Y.svg Y 高速八重洲線(神田橋JCT - 西銀座JCT、汐留乗継所 - 汐留JCT)
  • 都道首都高速4号線(神田橋JCT - 西銀座JCT)
  • 都道首都高速2号線(汐留乗継所 - 汐留JCT)
Shuto Urban Expwy Sign B.svg B 高速湾岸線多摩川トンネル -市川JCT
  • 都道294号高速湾岸線・千葉県道294号高速湾岸線
Shuto Urban Expwy Sign B.svg B 高速湾岸分岐線昭和島JCT - 東海JCT
  • 都道首都高速湾岸分岐線

神奈川線[編集]

Shuto Urban Expwy Sign K1.svg K1 高速神奈川1号横羽線(高速多摩川橋 - 石川町JCT
  • 神奈川県道147号高速横浜羽田空港線
Shuto Urban Expwy Sign K2.svg K2 高速神奈川2号三ツ沢線金港JCT - 三ツ沢
  • 横浜市道高速1号線
Shuto Urban Expwy Sign K3.svg K3 高速神奈川3号狩場線本牧JCT - 狩場
  • 神奈川県道147号高速横浜羽田空港線(本牧JCT - 石川町JCT)
  • 横浜市道高速2号線(石川町JCT - 狩場)
Japanese Urban Expwy Sign Template.svg K4 高速神奈川4号磯子線阪東橋JCT(仮) - 湾岸線(磯子区磯子1丁目付近:JCT名称未定))
  • 構想中であったが、本牧JCTの磯子方面への道路が後から開通したため、開通する見込みがほぼなくなった。しかし、現在のところ候補路線の一つであり、欠番扱いとなっている。
Shuto Urban Expwy Sign K5.svg K5 高速神奈川5号大黒線大黒JCT - 生麦JCT
  • 横浜市道高速湾岸線
Shuto Urban Expwy Sign K6.svg K6 高速神奈川6号川崎線大師JCT - 川崎浮島JCT
  • 川崎市道高速縦貫線
Shuto Urban Expwy Sign B.svg B 高速湾岸線並木 - 多摩川トンネル)
  • 神奈川県道294号高速湾岸線(並木 - 多摩川トンネル)
  • 横浜市道高速湾岸線(本牧ふ頭 - 大黒JCT)

埼玉線[編集]

埼玉県内の東京外環自動車道以北の路線。

Shuto Urban Expwy Sign S2.svg S2 高速埼玉新都心線与野出入口 - さいたま見沼出入口
  • 埼玉県道124号高速さいたま戸田線
Shuto Urban Expwy Sign S5.svg S5 高速埼玉大宮線美女木JCT - 与野出入口)
  • 埼玉県道124号高速さいたま戸田線
  • S1 高速川口線江北JCT - 川口JCT)、5 高速5号池袋線竹橋JCT - 美女木JCT)は、埼玉県内区間についても東京線に所属。
  • S3並びにS4は欠番であるが、高速5号池袋線の延長上にある高速埼玉大宮線が便宜上S5とされたためであり、S3とS4が事業化される計画はない。

建設中・事業中路線[編集]

路線呼称が未定の路線があるため、道路法上の路線名または基本計画の路線名。 これより以下の'斜体は仮称

東京線[編集]

神奈川線[編集]

  • 川崎市道高速縦貫線
  • 横浜市道高速横浜環状北線
  • 横浜市道高速横浜環状北西線

歴史[編集]

東京に高速道路を建設する構想は太平洋戦争以前から存在していたが、本格的に検討されるようになったのは高度経済成長が始まる1950年代後半になってからである。当時の東京では自動車の急増とともに各地で渋滞が頻発するようになり、放置すればやがて交通マヒに陥ると予測されていた。日本国政府はこの問題を解決するため、首都高速道路の建設を決定した。

関係人物:石川栄耀山田正男

  • 1959年(昭和34年)6月17日 : 首都高速道路公団が誕生。
  • 1962年(昭和37年)12月20日 : 首都高速道路初の路線として、京橋 - 芝浦 (4.5km) 開通。均一料金制による料金徴収を実施。
  • 1963年(昭和38年)12月21日 : 本町 - 京橋 (1.9km)、1号羽田線芝浦 - 鈴ヶ森 (6.4km)、都心環状線呉服橋 - 江戸橋JCT (0.6km) 開通。
  • 1964年(昭和39年)8月2日 : 1号羽田線鈴ヶ森 - 空港西 (4.6km)、八重洲線汐留JCT - 新橋 (0.3km)、神田橋 - 4号新宿線初台 (9.8km)、都心環状線呉服橋 - 神田橋 (0.4km) 開通。
  • 1964年(昭和39年)9月21日 : 都心環状線三宅坂JCT - 霞ヶ関 (1.4km) 開通。
  • 1964年(昭和39年)10月1日 : 都心環状線浜崎橋JCT - 芝公園 (1.4km)、3号渋谷線渋谷 - 渋谷 (1.3km) 開通。
  • 1966年(昭和41年)7月2日 : 京橋JCT (0.1km) 新設。8号線完成。
  • 1966年(昭和41年)12月21日 : 1号羽田線空港西 - 羽田 (0.9km) 開通。
  • 1967年(昭和42年)3月30日 : 5号池袋線竹橋JCT - 西神田 (1.2km) 開通。
  • 1967年(昭和42年)7月4日 : 都心環状線芝公園 - 霞が関JCT (3.7km) 開通。都心環状線完成。
  • 1967年(昭和42年)9月2日 : 3号渋谷線谷町JCT - 渋谷 (2.7km) 開通。
  • 1967年(昭和42年)9月30日 : 2号目黒線一ノ橋JCT - 戸越 (5.9km)、2号線完成。
  • 1968年(昭和43年)7月19日 : 1号横羽線東神奈川 - 浅田 (6.8km) 開通。神奈川県内では初の開通。総延長が50kmを突破。
  • 1968年(昭和43年)11月28日 : 1号横羽線浅田 - 羽田 (6.9km) 開通。
  • 1969年(昭和44年)5月31日 : 1号上野線入谷 - 本町 (3.6km) 開通。1号線完成。
  • 1969年(昭和44年)6月27日 : 5号池袋線西神田 - 護国寺 (3.9km) 開通。
  • 1969年(昭和44年)12月19日 : 5号池袋線護国寺 - 北池袋 (3.0km) 開通。
  • 1971年(昭和46年)3月21日 : 6号向島線江戸橋JCT - 向島 (7.9km)、7号小松川線両国JCT - 京葉道路接続部 (10.4km) 開通。7号線完成、京葉道路と接続。
  • 1971年(昭和46年)12月21日 : 3号渋谷線渋谷 - 東名高速接続部 (7.9km) 開通。3号線完成、東名高速と接続。
  • 1972年(昭和48年)8月7日 : 1号横羽線東神奈川 - 横浜駅西口 (2.2km) 開通。
  • 1973年(昭和48年)2月15日 : 八重洲線西銀座JCT - 神田橋JCT (1.6km) 開通。八重洲線完成。総延長が100kmを突破。
  • 1973年(昭和48年)8月15日 : 4号新宿線永福 - 高井戸 (2.5km) 開通。
  • 1973年(昭和48年)10月27日 : 4号新宿線初台 - 永福 (4.0km) 開通。
  • 1976年(昭和51年)5月18日 : 4号新宿線中央道接続部 (0.7km) 開通。4号線完成、中央道と接続。
  • 1976年(昭和51年)8月12日 : 湾岸線大井 - 13号地(現: 臨海副都心)(2.8km) 開通。
  • 1977年(昭和52年)8月19日 : 5号池袋線北池袋 - 高島平 (8.6km) 開通。
  • 1978年(昭和53年)1月20日 : 湾岸線新木場 - 浦安 (6.0km) 開通。千葉県内では初の開通。
  • 1978年(昭和53年)3月7日 : 横浜駅西口 - 第三京浜接続部 (1.8km)、横浜公園 - 金港JCT (4.0km) 開通。神奈川1号線完成。
  • 1980年(昭和55年)2月5日 : 9号深川線箱崎JCT - 新木場 (7.0km) 開通。9号線完成。
  • 1981年(昭和56年)5月19日 : 湾岸線有明 - 辰巳JCT (1.7km) 開通。
  • 1982年(昭和57年)3月30日 : 6号向島線向島 - 中央環状線千住新橋 (5.2km) 開通。
  • 1982年(昭和57年)4月27日 : 湾岸線浦安 - 東関東道接続部 (6.9km) 開通。東関東道と接続。総延長が150kmを突破。
  • 1983年(昭和58年)2月24日 : 湾岸線大井 - 東海JCT (5.1km) 開通。
  • 1983年(昭和58年)11月30日 : 中央環状線堀切JCT - 四つ木 (1.4km) 開通。
  • 1984年(昭和59年)2月2日 : 3号狩場線新山下 - 横浜公園 (1.8km) 開通。
  • 1984年(昭和59年)12月12日 : 湾岸線13号地(現: 臨海副都心) - 有明 (1.8km) 開通。
  • 1985年(昭和60年)1月24日 : 6号三郷線小菅JCT - 三郷JCT (10.6km) 開通。6号線完成、常磐道へ接続。埼玉県内では初の開通。
  • 1987年(昭和62年)9月9日 : 中央環状線四つ木 - 葛西JCT (11.2km)、千住新橋 - 川口線川口JCT (16.5km) 開通。川口線完成、東北道へ接続。総延長が200kmを突破。
  • 1989年(平成元年)9月27日 : 5号大黒線生麦JCT - 新山下JCT (8.8km) 開通。5号大黒線完成、横浜ベイブリッジ開通。
  • 1989年(平成元年)12月26日 : 大井JCT新設。
  • 1990年(平成2年)3月20日 : 3号狩場線石川町JCT - 横横道路接続部 (7.7km) 開通。3号狩場線完成、横横道路へ接続。
  • 1990年(平成2年)11月27日 : 5号池袋線高島平 - 戸田南 (2.6km) 開通。
  • 1993年(平成5年)8月26日 : 11号台場線芝浦JCT - 有明JCT (5.0km) 開通。11号台場線完成、レインボーブリッジ開通。
  • 1993年(平成5年)9月27日 : 湾岸線空港中央 - 東海JCT (4.2km) 開通。
  • 1993年(平成5年)10月26日 : 5号池袋線戸田南 - 美女木JCT (2.2km)、5号線が外環道と接続。
  • 1994年(平成6年)12月21日 : 湾岸線大黒JCT - 空港中央 (16.4km) 開通。鶴見つばさ橋開通。
  • 1997年(平成9年)12月18日 : 川崎浮島JCT新設、東京湾アクアラインと接続。
  • 1998年(平成10年)5月18日 : 埼玉大宮線美女木JCT - 与野 (8.0km) 開通。埼玉大宮線完成。
  • 1999年(平成11年)7月15日 : 横横道路接続部 - 杉田 (3.5km)、湾岸線三渓園(仮) - 本牧ふ頭 (4.1km) 開通。
  • 2000年(平成12年)4月17日 : 埼玉新都心線新都心西出入口開通。
  • 2001年(平成13年)10月22日 : 湾岸線杉田 - 三渓園 (7.0km) 開通。湾岸線全線開通。
  • 2002年(平成14年)4月30日 : 6号川崎線川崎浮島JCT - 殿町 (3.5km) 開通。
  • 2002年(平成14年)12月25日 : 中央環状線板橋JCT - 江北JCT (7.1km) 開通。
  • 2004年(平成16年)5月26日 : 埼玉新都心線与野 - 新都心 (2.3km) 開通。
  • 2005年(平成17年)10月1日 : 首都高速道路(株)設立。
  • 2006年(平成18年)8月4日 : 埼玉新都心線新都心 - さいたま見沼 (3.5km) 開通。埼玉新都心線完成。
  • 2007年(平成19年)12月22日 : 中央環状線西新宿JCT - 熊野町JCT (6.7km) 開通。湾岸線の13号地が臨海副都心へ改称。
  • 2009年(平成21年)2月11日 : 10号晴海線豊洲 - 東雲JCT (1.5km) 開通。
  • 2009年(平成21年)3月29日 : 1号横羽線大師出入口(横浜方面)開通。
  • 2010年(平成22年)3月28日 : 中央環状線大橋JCT - 西新宿JCT (4.3km) 開通。
  • 2010年(平成22年)10月20日 : 6号川崎線大師JCT - 殿町 (2.0km) 開通。総延長が300kmを突破。
  • 2012年(平成24年)1月1日 : 距離別料金制へ移行。
  • 2012年(平成24年)12月20日 : 開通50周年。
  • 2013年(平成25年)4月1日 : 10号晴海線豊洲出入口に首都高初の自動精算機を設置[4]
  • 2015年(平成27年)3月7日:中央環状線大井JCT - 大橋JCT (9.4km) 開通。中央環状線全線開通。
  • 2016年(平成28年)4月1日首都圏の高速道路料金償還金額見直しにより、自動車料金区分を高速自動車国道と同じ料金区分に再編。首都高のみで完結すつ距離別料金制について、近距離については値下げ、遠距離については値上げとなる。更にNEXCOから出発するICと到着するICにおいて、首都高経由と圏央自動車道東京外環自動車道経由で生じるの料金差額を、どの経由で通っていても、均一料金に統一した。

最高速度[編集]

  • 都心環状線50km/h
  • その他概ね60km/h
  • 湾岸線、埼玉県・神奈川県の一部区間で80km/h
    • 湾岸線は6車線道路であり、直線が多くカーブも緩やかである。そのためこの速度を上回って走行する車両が多く、しばしば速度取締りが行われる。空港中央出入口周辺は、自動速度違反取締装置白バイによる取り締まり重点路線に指定されている。

通行料金[編集]

料金体系の変更、料金徴収期間[編集]

2012年平成24年)1月1日午前0時より、それまでの料金圏別「均一料金制」から、料金圏のない「距離別料金制」に移行した[5][6]

2016年平成28年)4月1日午前0時より、首都高の料金区分体系を高速自動車国道と同じ区分にし、それに合わせて新たな距離別料金体制に移行した[7][8]

日本高速道路保有・債務返済機構との協定により、徴収期間は2065年9月30日までと定められている[9]

料金の計算式(2016年4月1日から2021年3月31日まで)[編集]

料金 (Y) は次の式で計算される[10]。ここでは、床関数(ガウス記号)である。

  • Y = 料金(円:消費税込み)= (L * R + F)× 1.08(消費税率)
  • L = 料金距離(入口から出口までの距離 km: 0.1km単位)[11]
  • R = 1 km 当たりの料金の額(円:消費税抜き)(5つの車種毎に異なる)
  • F = 利用1回に対して課する固定額(円:消費税抜き)= 150 円

普通車の場合、ほぼ0.3 km 毎に料金が10円ずつ加算されることになる。

2016年4月1日から2021年3月31日までの料金(消費税 8% 込みの料金)[12]

ETC軽・二輪

ETC普通車

ETC中型車

ETC大型車

ETC特大車

中型車と特大車については、激変緩和措置として、料金額を低くしている。

料金の計算式(2021年4月1日以降)[編集]

消費税率は、8%のままとしている。

ETC軽・二輪

ETC普通車

ETC中型車

ETC大型車

ETC特大車

中型車と特大車の料金が協定の本則通りとなる。

下限・上限料金、現金車の料金[編集]

ETC車(無線通行)
利用した入口 - 出口間の料金距離 (L) に応じて次表のようになる[13]
2016年4月1日から2021年3月31日までの下限・上限料金など(消費税8%を含む。)
  普二輪大二輪  普通車  中型車  大型車  特大車
下限料金 上限料金 下限料金 上限料金 下限料金 上限料金 下限料金 上限料金 下限料金 上限料金
ETC 270円 1,070円 300円 1,300円 310円 1,380円 390円 2,040円 460円 2,600円
現金車 1,070円 1,300円 1,380円 2,040円 2,600円
  • 走行距離が4.2km以下または35.7km以上であるETC車の料金は、上表の下限料金と上限料金を適用する。
  • 中型車と特大車については、激変緩和措置として、料金額を低くしている。
2021年4月1日から当分の間までの下限・上限料金など(消費税は8%を想定した金額。)
  普二輪大二輪  普通車  中型車  大型車  特大車
下限料金 上限料金 下限料金 上限料金 下限料金 上限料金 下限料金 上限料金 下限料金 上限料金
ETC 270円 1,070円 300円 1,300円 330円 1,530円 390円 2,040円 540円 3,290円
現金車 1,070円 1,300円 1,530円 2,040円 3,290円
  • 走行距離が4.2km以下または35.7km以上であるETC車の料金は、上表の下限料金と上限料金を適用する。
  • 中型車と特大車の下限・上限料金が協定の本則通りとなる。
平成28年3月31日までの料金(消費税8%を含む。)
走行距離 普通車 大型車
6km以下 510円 1,030円
6km超 - 12km以下 610円 1,230円
12km超 - 18km以下 720円 1,440円
18km超 - 24km以下 820円 1,640円
24km超 930円 1,850円
ETC車以外(現金支払い、無線通行によらないETCカード支払い)
利用した入口から最も遠い出口までの料金距離に応じて上表の料金となる。この距離が35.7km以下となるのは放射線郊外方向の一部入口からの利用に限られるので、原則的には普通車1,300円、大型車2,040円の一律料金である。
  • 旧料金圏境をまたぐ利用の場合、最初の料金所で料金を支払って領収書(ETCカード支払いでは利用証明書になる。以下同じ。)を受け取り、2番目以降の料金所では領収書を提示する(ただし、かつて料金圏境にあった湾岸浮島本線料金所および川崎浮島料金所は撤去された)。領収書が無いと新たに料金を支払うことになるので、最初の料金所で領収書を必ず受領し、無くさないように注意が必要である。また、領収書には有効時間があり、正当な理由(渋滞など)なく有効時間を過ぎた場合も新たに料金を支払うことになる。
料金距離 (L) について
入口 - 出口間で複数の経路がある場合、首都高速のみを利用した最短経路で算出する。
方向によって最短経路が異なる場合は、実際に利用した方向にかかわらず短いほうの距離を採用する。
常盤橋出入口または八重洲出入口発着で東京高速道路を通過する経路が最短となる場合、当該経路で算出し、東京高速道路の距離は含めない。

ETC割引[編集]

環境ロードプライシング
ロードプライシング#都市高速道路の環境ロードプライシングを参照
大口・多頻度割引
運送業者などを対象に実施されている割引。ETCコーポレートカードによる無線通行が前提となっており、暦月1ヶ月間の利用額に応じて割り引かれる。NEXCOと同様に車両単位割引と契約単位割引の組み合わせになっているが、契約単位割引は利便増進事業で追加されたものである。
車両単位割引は、カードごとの月間利用額に応じて次表1のようになる。ただし、2012年1月利用分から2014年3月利用分までは、次表2の内容に拡充される。
表1
月間利用額 割引率
5,000円以下の部分 0%
5,000円超 - 10,000円以下の部分 2%
10,000円超 - 30,000円以下の部分 5%
30,000円超 - 50,000円以下の部分 8%
50,000円超の部分 12%
表2
月間利用額 割引率
5,000円以下の部分 0%
5,000円超 - 10,000円以下の部分 10%
10,000円超 - 30,000円以下の部分 15%
30,000円超の部分 20%
契約単位割引は、1契約者で100万円を超え、かつ、1台平均5,000円を超える場合、5%引き。ただし、2012年1月利用分から2014年3月利用分までは10%引き。
会社間乗継割引
2012年1月1日開始。首都高速に直接接続するNEXCOの高速道路(一般有料道路を含む)との乗継利用で、首都高速の料金距離が6km以下または接続地点に最も近い出入口を利用する場合、普通車100円引き、大型車210円引き。2016年3月31日終了。

廃止された割引(2016年3月31日終了)[編集]

中央環状線迂回利用割引
2012年1月1日開始。放射線上り入口から他の放射線下り出口までの利用(中央環状線より外側の出入口相互間に限る)で、都心環状線を経由せず中央環状線を経由し、かつ、それが都心環状線経由より遠回りの経路となる場合、普通車100円引き、大型車210円引き。
放射道路端末区間割引
2012年1月1日開始。放射線端末の出入口 - 都心環状線内の出入口間の料金を、従前の料金以下に据え置く。また、5号池袋線・6号三郷線・川口線の一部出入口から一定距離範囲の料金を引下げる。中央環状線迂回利用割引との重複適用が可能(例.高島平-葛西)。
埼玉線内々利用割引
2012年1月1日開始。旧埼玉線(戸田出入口を含む大宮線・埼玉新都心線)のみの利用の場合、普通車100円引き、大型車210円引き。
羽田空港アクセス割引
2012年1月1日開始。空港中央出入口または湾岸環八出入口発着の場合、空港西出入口または羽田出入口までの最低料金となるように料金距離を減じる。協定および事業許可においては割引ではない。

2011年までの均一料金[編集]

対距離料金制に変更される直前(2011年12月当時)の料金である。

「東京線」「神奈川線」「埼玉線」の3つの地区(料金圏)別の均一料金。複数の料金圏にまたがって走行する場合は、通過する料金圏ごとに料金が発生する。

通常区間
地区 普通車 大型車
東京線 700円 1,400円
神奈川線 600円 1,200円
埼玉線 400円 800円
特定区間割
上表によらない特定料金が適用された区間の一覧である。案内上は割引扱いであったが、協定および事業許可においては割引ではない。普通車300円(大型車600円)になる「特定区間割300」と普通車500円(大型車1,000円)になる「特定区間割500」があった。
特定区間割300 区間一覧
路線 区間 対象車両
東京線 1号上野線 入谷・上野→本町 ETC車のみ
本町→上野・入谷 全車
1号羽田線 平和島 - 羽田 全車
4号新宿線 永福→高井戸・中央道 全車
中央道・高井戸→永福 ETC車のみ
湾岸線 浮島・川崎浮島JCT - 湾岸環八・空港中央 全車
神奈川線 神奈川1号横羽線 大師 - 羽田 全車
神奈川1号横羽線
神奈川2号三ツ沢線
東神奈川 - 横浜駅西口・三ツ沢・三ツ沢JCT ETC車のみ
神奈川2号三ツ沢線 みなとみらい - 横浜駅東口・横浜駅西口・三ツ沢・三ツ沢JCT ETC車のみ
湾岸線 並木IC(横横道路)・幸浦→杉田 ETC車のみ
杉田→幸浦・並木IC(横横道路) 全車
東扇島 - 川崎浮島JCT・浮島 ETC車のみ
神奈川6号川崎線 殿町 - 川崎浮島JCT ETC車のみ
埼玉線 埼玉大宮線 戸田・美女木JCT - 浦和南 全車
埼玉新都心線 新都心 - さいたま見沼 ETC車のみ
特定区間割500 区間一覧
路線 区間 対象車両
東京線 3号渋谷線 池尻 - 三軒茶屋・用賀・東名高速 ETC車のみ
湾岸線 浦安 - 千鳥町・東関東道 ETC車のみ
川口線 新郷 - 安行・新井宿・川口JCT ETC車のみ
6号三郷線 八潮南 - 八潮・三郷・三郷JCT ETC車のみ
神奈川線 神奈川3号狩場線 阪東橋 - 花之木・永田・狩場JCT ETC車のみ

距離別料金制移行で廃止されたETC割引[編集]

企画割引および社会実験割引は記していない。

  • 時間帯割引(平日夜割、日祝割)
  • 一般向け頻度割引(お得意様割)
  • 会社間連続利用割引(高速ダブる割) - 並木経由で横浜横須賀道路 - 横浜地区の指定出入口(杉田・三溪園・石川町・横浜公園)相互間を利用した場合[15]、普通車100円引き、大型車200円引き。

料金の推移[編集]

1962年に京橋 - 芝浦が開通して以来延伸を続け、延長と物価上昇率を考慮して通行料金を改定している。

普通車の通行料金改定の経緯は下表のとおりである。

首都高速道路料金推移(普通車)[16]
料金改定年月日 普通車の通行料金 備考
東京線 神奈川線 埼玉線
1962年(昭和37年)12月20日 50円 未開業 未開業 京橋 - 芝浦 (4.5km) 開通、暫定料金
1963年(昭和38年)12月21日 100円 本料金へ移行
1964年(昭和39年)08月02日 150円
1968年(昭和43年)07月19日 100円 浅田 - 東神奈川 (6.8km) 開通
1968年(昭和43年)11月28日 150円
1970年(昭和45年)04月01日 200円
1974年(昭和49年)08月01日 250円 200円
1976年(昭和51年)08月12日 300円
1978年(昭和53年)03月07日 300円
1980年(昭和55年)02月05日 400円
1984年(昭和59年)02月02日 350円
1985年(昭和60年)01月24日 500円
1985年(昭和60年)04月01日 400円
1987年(昭和62年)09月10日 600円
1994年(平成06年)05月09日 700円 500円
1998年(平成10年)05月18日 400円 美女木JCT - 与野 (8.0km) 開通
2002年(平成14年)07月01日 600円
2012年(平成24年)01月01日 ETC車:≦6km:500円、≦12km:600円、≦18km:700円、≦24km:800円、>24km:900円 距離別制へ移行
一般車:900円
2014年(平成26年)04月01日 ETC車:≦6km:510円、≦12km:610円、≦18km:720円、≦24km:820円、>24km:930円 消費税増税に伴う値上げ
一般車:930円
2016年(平成28年)04月01日 ETC車:≦4.2km:300円、4.2km≦35.7km:310円 - 1290円、>35.7km:1300円

(ほぼ0.3kmごとに10円加算)

高速自動車国道の大都市近郊区間と
ほぼ同等の距離別制へ移行
一般車:1300円

中央環状王子線が開通した2002年12月には東京線が800円に値上げされる案があったが、廃案となっている。

距離別料金制の導入経緯[編集]

首都高速道路などの都市高速道路で採用されてきた均一料金制は、ネットワークが拡大するにつれて1回あたりの利用距離のばらつきが大きくなり、利用程度に応じた負担という点で不公平さが増すなどの諸課題が顕在化しつつあった。ETCの活用により、大量交通の効率処理と利用区間の把握の両立およびネットワークの有効活用に資する弾力的な料金設定も可能となることから、2000年(平成12年)11月30日の第101回道路審議会において、ETC利用を基本とする新たな料金制度を導入すべきとの答申がなされた[17]

2003年(平成15年)12月22日道路関係四公団民営化の基本的枠組みについての政府与党申し合わせにおいて、2008年度(平成20年度)を目標に対距離料金制を導入することとされた[18]。しかし、経済状況の悪化により延期され、さらに政権交代で計画は見直されることになった。

当初の料金案[編集]

会社発足から間もない2005年(平成17年)11月パブリックコメントが行われ、料率31円/km、ターミナルチャージ290円(いずれも普通車の場合)とする対距離料金制の基本設計イメージが公表された[19]翌年3月の機構との協定および事業許可に平成20年度以降の料金の額として載るも、「社会経済情勢、ETCの普及状況、社会実験の結果等を勘案し、長距離利用者の負担軽減措置の導入など、料金の設定等について改めて検討し、見直しを行う。」とされた[20][21]

2006年(平成18年)12月3日からは、ETC距離別割引社会実験が実施された。内容はETC割引制度#都市高速道路の距離別割引社会実験を参照のこと。

2007年(平成19年)9月、距離別料金の具体案が発表された[22]。この案では、多くの利用が単一料金圏内で完結する現状を踏まえ、また長距離利用負担の抑制の観点などから、料金圏を当面存続し、東京線400円-1,200円、神奈川線400円-1,100円、埼玉線300円-550円(いずれも普通車の料金。以下同じ。)とされた。

導入延期[編集]

しかし、原油価格の高騰などで厳しい経済局面となり、それを受けて2008年8月29日に打ち出された「安心実現のための緊急総合対策」[23]で、対距離料金制の導入は延期されることになった[24]。9月にはリーマンショックが襲い、さらなる対策として打ち出された「生活対策」[25]により、首都高速と阪神高速においても料金引下げが行われることになった。同年12月道路特定財源の一般財源化についての政府・与党合意では、生活対策による料金引下げ後(2011年度以降)に上限料金を抑えた対距離料金制度を検討することとされた[26]

2009年(平成21年)2月24日に国土交通大臣同意がなされた高速道路利便増進事業計画では、2011年度から2013年度までは、東京線600円-800円、神奈川線500円-700円、埼玉線350円-450円、2014年度から2017年度までは、東京線500円-900円、神奈川線400円-800円、埼玉線300円-500円という体系が検討にあたっての基本として示されたが[27]、後述のように政権交代後の計画変更で大幅に見直しされることになった。

政権交代後の新たな料金案[編集]

2009年8月30日に執行された第45回衆議院議員総選挙で、高速道路原則無料化マニフェストに掲げる民主党が勝利した。しかし、首都高速と阪神高速は無料化の対象外とする旨を選挙前から党幹部が発言しており、2010年度から実施の無料化社会実験についての発表資料において、首都高速と阪神高速は対象区間の割合を示す分母からも除外されている[28]

2010年(平成22年)4月9日、民主党政権主導で決められた新たな料金割引案が国土交通省から発表された[29]。この中で首都高速と阪神高速については、移動を阻害しているとして料金圏を撤廃し、下限500円・上限900円とする対距離料金制案が示され、地方議会での議決を前提に同年末から翌年初めごろを目途に試行導入とされた[30]。しかし、割引財源の一部を道路整備へ転用することから、特にNEXCO・本四高速で実質値上げとなる点が目立ち、利用者のみならず与党内からも強い反発を受け、一旦廃案になった。

2011年(平成23年)2月16日に発表された「高速道路の当面の新たな料金割引」では、首都高速と阪神高速については、前年の料金圏なし500円-900円案に地方からの意見を踏まえた新たなETC割引が盛り込まれ、地方議会での審議期間を考慮して2012年から実施とした(新たなETC割引については当面2013年度までの実施)[31]。2月25日から3月4日まで、機構と6会社による利便増進事業計画変更に伴うパブリックコメントが行われた[32]

地方議会の議決は、2011年10月21日までにすべての関係自治体で得られ[33]24日に事業許可変更申請がなされた後[34]11月2日に変更許可が下りて2012年1月1日の対距離料金制移行が正式決定された[35]

なお、協定および事業許可においては、2005年度の対距離料金基本設計はそのままで、この料金制度は当分の間の「特別の措置」という扱いになっている[36][37]

首都高X[編集]

ETC車載器のない車に対して、専用通信器と電子マネーEdyカードのセットを数千円の保証料で貸し出し、実際に走った料金との差額を払い戻すシステムのコードネーム。2007年10月22日に通信器の第1号試作機の完成発表が行われ、2008年度の対距離料金制開始に合わせて導入予定とされていた[38]。しかし続報はなく、2011年度の対距離料金制導入にあたってこのシステムには触れられていない。

システムの概要
通信器の本体は、長さ69mm、横幅49mm、高さ13.5mm、質量約65g。車のシガーソケットに差し込んで使用する。
利用者は料金所で一旦停止してEdyカードで上限料金を支払うが、通信器が出口アンテナ通信し、入口・出口のデータを首都高センターに送る。翌日以降に、利用者が再度利用する首都高速の料金所でEdyカードを収受員に手渡しすれば、上限額と通行料金との差額がEdyカード内に払い戻される。首都高速をしばらく使わない場合は、コンビニエンスストアファミリーマートまたはam/pm)に設置されている機械にカードをタッチすれば同様に払い戻される。
保証金は、通信器を返却すればEdyカード代と通信器使用料を差し引いて電子マネーで返金される。
料金所で収受員との電子マネーカードのやり取りが生じるため、ETC無線通行を条件とする割引は適用されない。

交通量[編集]

近年の年度別首都高全線の1日あたり交通量は下表のとおりである。

ただし、2010年度以前は東京線・神奈川線・埼玉線のそれぞれの通行台数を合算したものであり、乗り継いで通行したものも重複してカウントしていた。距離別料金を採用した2011年度以降は、東京線・神奈川線・埼玉線を乗り継いで通行したものは重複してカウントしていない。

年度 通行台数
2009年(平成21年) 1,119,739
2010年(平成22年) 1,113,870
2011年(平成23年) 956,459
2012年(平成24年) 949,430
2013年(平成25年) 950,495

キャラクター[編集]

構想中・計画中路線[編集]

以下の路線は東京圏都市圏自専道等の路線や事業者は未定であり、首都高速道路になるとは限らない。計画・事業化等も未定であり、事業化される見通しも不明である。 斜体は仮称である。

既存路線延伸[編集]

  • 川崎縦貫道路延伸(II期)(富士見出入口 - 北見方JCT - 宿河原JCTもしくは堰JCT)
    • 北見方JCT第三京浜道路と接続予定
    • 宿河原JCTもしくは堰JCT東名高速道路と接続予定
    • 宿河原JCTもしくは堰JCTより以西へ延伸し、稲城大橋を通過し、中央自動車道と接続する計画もある。
    • 富士見出入口から北見方JCT間は、一般道路国道409号(府中街道)になる可能性が高いが、大幅変更になる可能性もある。
    • 宿河原JCTもしくは堰JCT斜体で記載されているが、具体案が決まっていないため仮称が重複している。

地域高規格道路候補路線[編集]

東京都[編集]

神奈川県[編集]

備考[編集]

首都高速道路は都市高速道路であり、都市間高速道路(東日本高速道路中日本高速道路西日本高速道路管理の高速自動車国道など)とは道路の性格が違うため、設計速度・最高速度は、湾岸線や埼玉県内などの一部路線・区間を除き、多くの区間で60km/h以下となっている。都市間高速道路に比べると急カーブが多く、多くが市街地に建設されていることから騒音への配慮も必要なためである。

また、自動二輪二人乗りも事故防止の観点から都心環状線を中心に一部区間で規制されている。

地上一般道路を拡幅し、その上空又は地下運河などの公共用地を最大限利用して大部分が既成市街地の制約の下で計画・設計・建設されているため、必然的に道路の幾何構造(曲線半径や勾配など)が道路構造令で定められる限界値となっている箇所や、出入口やJCTの分合流が左右両側の車線に行われる箇所がある。そのため、短区間で交通が合流したのち分岐する「織込み」が発生する箇所があったり、道路標識が複雑であったりすることがある。また、法律上は高速自動車国道や一般道路と同様に、追い越しをする場合や出口や分岐を右折する場合等を除き、複数車線の一番右側(追越車線)を走行することは禁止されているが、右からの分合流が多いことから会社側は「追越車線はない」とし、右から入って右に出るような場合は右を走り続けても構わないとの趣旨をホームページ上に提示している。

東名高速道路や中央自動車道などの都市間高速道路から首都高速道路に流入する場合は、上記の都市高速道路としての性格を理解して、分合流や交通の織込み、走行速度に注意が必要である。中でも東名高速道路から首都高速道路に入る際には、直後に料金所があるため大幅な速度制限を受ける(100km/h→50km/h)[39]ので特に気をつけなければならない。

首都高速道路(特にトンネル)で事故が発生した場合、AMラジオのスイッチを入れたまま走行していると、チューナーを1620kHzに合わせなくても強制的に放送に割り込み、事故が発生した場所や種類(単独・衝突・追突など)、それに伴う速度/車線規制、渋滞などの情報を運転者に知らせる仕組みになっている。

首都高速道路を舞台とした作品[編集]

  • 惑星ソラリス - 1972年公開のソ連映画
    • ビル街を縫うように走る高架橋やトンネルが連続する未来都市の風景として、1970年に首都高4号線を走行して撮影した映像が使われている。
  • セブンスドラゴン2020
    • ドラゴンによりダンジョンへと変貌している

いわゆるストリートレースもの[編集]

言うまでもなく、これらは暴走行為の一であり、実行は違法である。

ここに挙げた以外でも、自動車を扱った作品では首都高速道路は頻繁に登場し、違法な公道レースが行われている場として描かれる場合も多い。

関連企業[編集]

  • 首都高速道路サービス株式会社(首都高速道路管内のパーキングエリアを管理する企業)
  • 首都高トールサービス西東京株式会社(首都高速道路管内の料金収受業務を行う企業)
  • 首都高トールサービス東東京株式会社(首都高速道路管内の料金収受業務を行う企業)
  • 首都高トールサービス神奈川株式会社[40](首都高速道路管内の料金収受業務を行う企業)
  • 首都高パトロール株式会社(首都高速道路管内の交通管理業務を行う企業)
  • 首都高技術株式会社(首都高速道路管内の維持修繕業務を行う企業)
  • 首都高メンテナンス西東京株式会社(首都高速道路管内の土木設備の維持修繕業務を行う企業)
  • 首都高メンテナンス東東京株式会社(首都高速道路管内の土木設備の維持修繕業務を行う企業)
  • 首都高メンテナンス神奈川株式会社(首都高速道路管内の土木設備の維持修繕業務を行う企業)
  • 首都高電気メンテナンス株式会社(首都高速道路管内の電気設備の維持修繕業務を行う企業)
  • 首都高ETCメンテナンス株式会社(首都高速道路管内の料金所設備の維持修繕業務を行う企業)
  • 首都高機械メンテナンス株式会社(首都高速道路管内の機械設備の維持修繕業務を行う企業)
  • 首都高速保険サポート株式会社 (車の保険や生命保険を取り扱う企業)

発行物[編集]

1964年8月1日、首都高速道路開通記念の額面10円の切手が発行された。

脚注[編集]

  1. ^ 協定一覧
  2. ^ 晴海線概要[リンク切れ](首都高速道路株式会社、2013年4月16日閲覧)
  3. ^ 事業概要及び事業評価【事後評価】-高速川崎縦貫線 (PDF)”. 首都高速道路株式会社 (2015年12月4日). 2016年5月31日閲覧。
  4. ^ 高速10号晴海線(下り)豊洲料金所他22料金所において料金精算機を導入します - 首都高速道路株式会社、2013年2月8日閲覧
  5. ^ 距離別料金への移行等のお知らせ”. 首都高速道路 (2011年11月2日). 2011年11月4日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ 平成24年1月1日より首都高の料金は距離別料金に移行しました”. 首都高速道路 (2012年1月1日). 2012年1月1日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ “4月からの首都高の新たな料金について” (プレスリリース), 首都高速道路株式会社, (2016年), http://www.shutoko.jp/fee/fee-info/capitalarea-new/mex-new/ 2016年3月17日閲覧。 
  8. ^ 料金・距離表 (PDF)
  9. ^ 都道首都高速1号線等に関する協定の一部を変更する協定(2016年2月29日付け) 別紙8 料金の額及びその徴収期間 〔4〕料金の徴収期間 ページは、別紙8の表紙を含めて第17ページ目
  10. ^ 都道首都高速1号線等に関する協定の一部を変更する協定(2016年2月29日付け) 別紙8 料金の額及びその徴収期間 〔1〕基本料金の額、〔2〕特別の措置 第2-3ページ、第4-5ページ
  11. ^ 都道首都高速1号線等に関する協定の一部を変更する協定(2016年2月29日付け) 別紙8 料金の額及びその徴収期間 別添2 第20ページから第24ページ
  12. ^ 協定に定められた「料金の額」(R)(例えば、普通車は29.52円)及び「利用1回に対して課する固定額」(F)(150円)のそれぞれに消費税額を加算し、四捨五入により10円単位の端数処理(床関数による。)を行って、算出している
  13. ^ 都道首都高速1号線等に関する協定の一部を変更する協定(2016年2月29日付け) 別紙8 料金の額及びその徴収期間
  14. ^ 首都高速道路株式会社が管理する高速道路に係る高速道路利便増進事業に関する計画 平成23年3月11日 (PDF, 83KB)
  15. ^ 2012年からの会社間乗継割引では、杉田発着のみが割引対象になる。
  16. ^ 首都高速道路の料金改定の経緯 (PDF) - 国土交通省
  17. ^ 第101回道路審議会「都市高速道路の料金体系のあり方等についての答申」 - 国土交通省、2000年11月30日
  18. ^ 道路関係四公団民営化の基本的枠組みについて(平成15年12月22日政府・与党申し合わせ) (PDF, 388KB) - 国土交通省
  19. ^ 第5回 今後の有料道路のあり方研究会 資料2-1 首都高速道路の意見募集要領 (PDF, 541KB)
  20. ^ 都道首都高速1号線等に関する協定 別紙8「料金の額及びその徴収期間」 (PDF, 73KB) - 高速道路機構
  21. ^ 事業許可 別紙-21 「料金の額及びその徴収期間」 (PDF, 62KB) [リンク切れ] - 首都高速道路
  22. ^ 距離別料金に関する懇談会からの提言及び意見募集の開始について[リンク切れ] - 首都高速道路、2007年9月20日
  23. ^ 「安心実現のための緊急総合対策」に関する政府・与党会議、経済対策閣僚会議合同会議
  24. ^ 安心実現のための緊急総合対策(本文) (PDF, 416KB) [リンク切れ] - 内閣府
  25. ^ 平成20年10月30日、新たな経済対策に関する政府・与党会議、経済対策閣僚会議合同会議
  26. ^ 道路特定財源の一般財源化等について(平成20年12月8日政府・与党合意) (PDF, 129KB) - 首相官邸
  27. ^ 首都高速道路株式会社が管理する高速道路に係る高速道路利便増進事業に関する計画 平成21年 2月24日 (PDF, 38KB) - 高速道路機構
  28. ^ 平成22年度高速道路無料化社会実験計画(案) (PDF, 1.68MB) - 国土交通省、2010年2月2日
  29. ^ 高速道路の再検証結果と新たな料金割引 (PDF, 891KB) - 国土交通省、2010年4月9日
  30. ^ 首都高速・阪神高速は道路法上では都府県道または政令市道であるので、道路整備特別措置法第3条の規定により、本来の道路管理者(地方自治体の長)の同意が必要となる。また、この同意にはその自治体の議会の議決が必要である。
  31. ^ 高速道路の当面の新たな料金割引について (PDF, 233KB) - 国土交通省、2011年2月16日
  32. ^ 高速道路の当面の新たな料金割引に関する計画(案)について意見募集を開始します (PDF, 2.95MB) - 高速道路機構、2011年2月25日
  33. ^ 首都高、定額制料金やめます 12年1月から距離制に - asahi.com(朝日新聞社)、2011年10月21日
  34. ^ 奥田副大臣会見要旨(2011年10月24日) - 国土交通省
  35. ^ 距離別料金への移行等のお知らせ[リンク切れ] - 首都高速道路、2011年11月2日
  36. ^ 都道首都高速1号線等に関する協定の一部を変更する協定(平成23年6月13日付け) (PDF, 903KB)
  37. ^ 「都道首都高速1号線等に関する事業」別紙-22(平成23年11月2日変更許可) (PDF, 501KB) [リンク切れ]
  38. ^ ETCを付けなくても距離別料金を適用可能なシステム(「首都高X(エックス)」)の検討を進めています ~ 「首都高X通信器」の第1号試作機が完成 ~[リンク切れ] - 首都高速道路、2007年10月22日
  39. ^ 首都高速道路株式会社|速度規制図[リンク切れ]
  40. ^ 首都高トールサービス神奈川株式会社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

関係法令[編集]