Help:目次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ようこそ - ガイドブック - チュートリアル - 早見表 - FAQ - ヘルプ - 用語集 - 利用案内 - 質問
トップ   相談と質問   読者向け   編集入門   新しい記事を書く   記事を育てる   マークアップ   画像などのファイル   コミュニティ    
ヘルプメニュー一覧≫
ショートカット:

Nuvola apps help index.png ウィキペディアヘルプへようこそ!


QA icon.svg 相談・質問・ガイドブック
質問場所の紹介・FAQ・用語集……

Nuvola apps kfig.svg 記事を育てる
スタイルマニュアル・雑草取り・Bot……

Postscript-viewer.svg ウィキペディアを閲覧する
検索・履歴の見方・環境の設定……

Nuvola apps core.svg 問題発生?
ページの改名・分割・荒らし対策・削除……

Emblem-fun.svg 編集に参加してみる
初心者向けのヒント・ヘルプ……

Nuvola apps kcmsystem.svg マークアップ
リンク・脚注・表・テンプレート……

Quill-Nuvola.svg 新しい記事を書く
記事名のつけ方・リダイレクト……

Picframe.svg 画像・音声・動画を入れる
作成・アップロード・記事への挿入……

Globe of letters.svg 翻訳する
翻訳して記事を投稿する

Presa de decissions.png 他の利用者と交流する
コミュニティの紹介・ノートページ……


ヘルプの全メニューを1ページでみるには、一覧をご利用下さい。

今週のヒント

まとまった量の記事を書く
ウィキペディアには書きかけの短い項目が幾つも見られます。あまりにも情報量の少ない記事はウィキペディアを調べ物に使う人をがっかりさせることになりかねません。ウィキペディアを使う人の身になって、新しく項目を始めるときには、ある程度まとまった量の、最低限必要となる事項を盛り込んだ記述にすることを心がけましょう。また自分で書いた項目は、本で調べたり画像を付け加えたりして情報量を増すことを考えましょう。記事を書く際には、文章をいったん下書きして、後で入るはずの言葉を○○○などで下書きしておくと便利です。セーブのときに、せっかく調べたことを○○○へ入れるのを忘れずに!

詳しい情報:Wikipedia:スタブ