2016年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2016年(2016 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、金曜日から始まる閏年平成28年。この項目では、国際的な視点に基づいた2016年について記載する。

他の紀年法[編集]

各紀年法による2016
西暦 2016年
MMXVI
干支 丙申
和暦 平成28年
檀君紀元 檀紀4349年
 - 主体暦 主体105年
民国紀元 民國105年
タイ太陽暦 พ.ศ. 2559
ローマ建国紀元 2769
アルメニア暦 1465
ԹՎ ՌՆԿԵ
アッシリア暦 6766
バハーイ暦 172–173
ベンガル暦 1423
ベルベル暦 2966
英国元号 64 Eliz. 2 – 65 Eliz. 2
ビルマ暦 1378
世界創造紀元 7524–7525
コプト暦 1732–1733
エチオピア暦 2008–2009
ユダヤ暦 5776–5777
ヒンドゥー暦
 - ビクラム暦 2072–2073
 - インド国定暦 1938–1939
 - カリ・ユガ 5117–5118
完新世暦 12016
イラン暦 1394–1395
ヒジュラ暦 1437–1438
UNIX時間 1451606400–1483228799

カレンダー[編集]

1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
3月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
4月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
11月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

できごと[編集]

1月[編集]

  • 1月1日 - イスラエル中部テルアビブ(Tel Aviv)中心部にあるパブと付近のカフェで銃乱射が発生し、9人が死傷した[1]
  • 1月2日
  • 1月3日 -サウジアラビアのジュベイル外相がイランとの外交関係を断交すると発表。サウジアラビアがシーア派指導者シャイフ・ニムル英語版師らを処刑したことに対し、シーア派国家イランの首都テヘランで抗議のデモ隊がサウジ大使館を襲撃した事件を受けたもの[8]
  • 1月4日
    • インド北東部(ミャンマーバングラデシュとの国境付近)で、マグニチュード(M)6.7の地震が発生し、これまでに少なくとも9人の死亡が確認された。[9]
    • 中国の上海証券取引所でサーキットブレーカーが導入されたが、初日にサーキットブレーカーが発動し、取引停止となった。中国で年明け最初の営業日の下げ幅としては過去最大となった。
  • 1月5日 - 中国寧夏回族自治区銀川市で、走行中の路線バスから出火し、乗客17人が死亡・32人が重軽傷を負った。警察当局は、バスを放火した疑いが強まったとして、同自治区内に住む男を容疑者と特定し行方を追っていたが、男は同日中に身柄を拘束された[10]
  • 1月6日
  • 1月7日
    • フランスパリで警察署に押し入ろうとした男が警察官に射殺された[13]
    • リビアズリテンにある警察の訓練学校にトラックが侵入し、爆発して50人が死亡[14]
    • 中国株式市場で株価が急落し、サーキットブレーカーが再び発動され、翌日からサーキットブレーカーが停止された。
  • 1月8日
    • エジプトハルガダにある「ベラ・ビスタホテル」が刃物を持った男たちの襲撃を受け、観光客3人が負傷、治安部隊が被疑者に発砲し1人が死亡、1人が重傷を負った[15]
    • 米・フィラデルフィアISIL支持者が、2013年に警察から盗まれた拳銃を使い、警察官に少なくとも11回発砲して重傷を負わせ、逮捕された。被疑者は「アッラーフからこの行為を実行するようお告げを受けた」と供述[16]
  • 1月11日 - イラクで連続テロが発生し48人が死亡。このうち、バグダードのショッピングモールに武装集団が押し入って銃を乱射し、18人が死亡した事件についてISILが犯行声明を出し、「戦闘員が異教徒の溜まり場への攻撃に成功した」と主張した[17]
  • 1月12日
  • 1月13日、オリンピック競技が行われるブラジルリオデジャネイログアナバラ湾で数千匹に及ぶ大量の魚の死骸が打ち上げられた。同湾は近くのスラム街などから生活排水などが直接流れ込み、深刻な水質汚染が問題となっているが、州政府は「水質はオリンピック基準を満たしている」と競技開催に問題はないと主張している。[23][24]
  • 1月14日 - インドネシアジャカルタのショッピングモール「サリナ」の近くで少なくとも6回の爆発があり、交番が被害が出た。また、サリナの向かいにあるスターバックスの外で銃撃戦が発生。これらの爆発・銃撃戦で被疑者4人を含む6人が死亡し、2人の被疑者が逃走中。インドネシア情報機関の幹部は「被疑者はISILと関連があるとみられていて、証拠を収集中だ」と述べた[25][26]
  • 1月16日 - 2016年中華民国総統選挙の結果、民進党蔡英文が与党・中国国民党朱立倫主席、野党・親民党宋楚瑜主席を破り初当選を果たし、台湾初の女性総統が誕生となった。[27]同時に行われた、国会に当たる立法院議員選挙でも、民進党が初めて過半数の68議席を取り(定数113,過半数は57席以上)、1996年以来初めての総統、立法両方の政党交代も達成した。その一方で、国民党は立法院議員選挙で取れた議席は35席に留まり、国民党は創党以来初めて完全に政権をなくなってしまうことになった。
  • 1月20日 - 米国の研究チームが「海王星の外側に地球の10倍程度の質量がある新たな惑星が存在する可能性がある」と発表[28]
  • 1月22日 - 北朝鮮の朝鮮中央通信が米・バージニア大学の学生を「アメリカ政府の黙認と操縦の下、朝鮮に観光目的で入国し、朝鮮への敵対行為を働いた」として拘束したと発表[29]
  • 1月29日
    • 韓国仁川国際空港で家庭用カセットコンロ用ガスボンベ、電線、アラビア語で「お前らへ送る最後の警告」と書かれたメモ(文法が不正確でプリンターで印字されており、自動翻訳機が使われた可能性がある)などが見つかった[30]
    • パラグアイ東部のペドロフアンカバジェロ市で日用雑貨店経営者の日本人男性がバイクに乗った2人組の男に射殺され、2人は逃走した。同市では2009年にも雑貨店経営者の日本人男性が男に射殺されている[31]
    • 日銀が「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を導入[32]
  • 1月30日 - シリアの首都ダマスカスで3個の爆弾が爆発し、少なくとも45人が死亡、100人以上が負傷し、ISILが犯行声明を出した[33]

2月[編集]

予定[編集]

2月[編集]

  • 2月24日 - 韓国の制作会社・出版社「JOエンターテインメント」が、元従軍慰安婦の実話をもとに作成したとする映画『鬼郷』を公開[43]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

日付未定[編集]

周年[編集]

以下に、過去の主な出来事からの区切りの良い年数(周年)を記す。

世相[編集]

アメリカの民間人権団体・フリーダム・ハウスの2016年版報告書によると、195の国・地域のうち「自由」とみなされたのは86、「部分的に自由」は59、「自由ではない」は50で、「自由度が前進した」と評価されたのは43、「後退した」と評価されたのは72となり、同団体は「世界の自由は10年連続で悪化した」と指摘。また、自由度を百点満点で評価し(項目は参政権、表現の自由、少数派の権利など25項目)、日本を96点、アメリカを90点、韓国を83点、中国を16点、北朝鮮を3点、シリアをマイナス1点(最下位)などとした[48]

イベント[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 約26億円

出典[編集]

事件などの場合一部記事を伏字としています。伏字にしなかった場合、Wikipediaの方針により削除されます。

  1. ^ イスラエルで銃乱射、9人死傷 容疑者は逃走CNN.co.jp2016年1月10日閲覧。
  2. ^ 中国が南沙諸島で試験飛行 ベトナム政府が抗議NHK NEWS WEB(2016年1月3日4時34分配信)2016年1月4日閲覧。
  3. ^ 岸田外相 中国を非難 南沙で試験飛行毎日新聞(2016年1月4日11時48分配信)2016年1月4日閲覧。
  4. ^ 中国、南沙の滑走路試験飛行 実効支配進める動き朝日新聞デジタル(2016年1月3日22時47分配信)2016年1月4日閲覧。
  5. ^ 南沙諸島の飛行場へ中国が試験飛行、ベトナムが強く非難TBS News i(2016年1月3日10時59分配信)2016年1月4日閲覧。
  6. ^ 中国、南沙諸島の人工島で試験飛行 アメリカも懸念テレ朝ニュース(2016年1月3日11時53分配信)2016年1月4日閲覧。
  7. ^ ベトナム北部に謎の球体が落下、軍が調査進めるAFP通信(2016年1月8日20時36分配信)2016年1月9日閲覧。
  8. ^ サウジアラビア イランと断交 外相表明 大使館襲撃受け毎日新聞2016年1月4日閲覧
  9. ^ インド北東部、M6.7地震が残した爪あとAFPBB News2016年1月8日閲覧
  10. ^ バス炎上、放火容疑で男拘束=「社会に報復」か、死者17人に-中国 時事ドットコム 2016年1月5日
  11. ^ 「水爆」に疑問 「威力は広島型原爆の半分程度で失敗」との指摘も 波形は過去3回と同規模(1/2ページ)産経ニュース(2016年1月6日23時13分配信)2016年1月7日閲覧。
  12. ^ 「水爆にしては小規模」 北朝鮮発表、韓国は懐疑的朝日新聞デジタル(2016年1月7日7時10分配信)2016年1月7日閲覧。
  13. ^ パリで警察署に押し入ろうとした男を射殺NHK NEWS WEB(2016年1月7日21時36分配信)2016年1月7日閲覧。
  14. ^ リビア 警察施設でトラック爆発50人死亡NHK NEWS WEB(2016年1月7日21時12分配信)2016年1月7日閲覧。
  15. ^ エジプトのホテルに襲撃、外国人観光客3人負傷AFP通信(2016年1月9日9時11分配信)2016年1月9日閲覧。
  16. ^ 米フィラデルフィアでIS支持者が発砲、警官1人が重傷AFP通信(2016年1月9日9時54分配信)2016年1月9日閲覧。
  17. ^ イラクで連続テロ 48人死亡TXNニュース(2016年1月12日配信)2016年1月12日閲覧。
  18. ^ イスタンブールの爆発、死者10人、自爆テロか 現場はブルーモスク立ち並ぶ観光名所産経ニュース(2016年1月12日19時17分配信)2016年1月12日閲覧。
  19. ^ イスタンブール爆発は「ISの自爆攻撃」 トルコ政府AFP通信(2016年1月13日7時3分配信)2016年1月13日閲覧。
  20. ^ マイクロソフト サポート ライフサイクル”. マイクロソフト (2016年1月12日). 2016年1月30日閲覧。
  21. ^ Windows ライフサイクルのファクト シート”. Windows ヘルプ. マイクロソフト (2015年10月). 2016年1月14日閲覧。
  22. ^ 8.1に移行を:Windows 8のサポート終了は1月13日 ITmedia PC USER 2016年1月12日。
  23. ^ リオ五輪 会場近くの海に大量の魚の死骸 日テレNEWS24 2016年1月14日
  24. ^ 五輪=リオ会場付近で数千匹の魚が大量死リオ五輪、海岸に大量の魚の死骸 ロイター 2016年1月14日
  25. ^ インドネシア首都で複数の爆発、銃撃戦も 少なくとも4人死亡AFP通信(2016年1月14日14時43分配信)2016年1月14日閲覧。
  26. ^ 爆発・銃撃で6人死亡ジャカルタテレビ東京NEWSアンサー』(2016年1月14日配信)2016年1月14日閲覧。
  27. ^ 向井ゆう子 (2016年1月17日). “台湾総統選、民進党の蔡英文主席当選…初の女性 : 国際”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/world/20160116-OYT1T50155.html 2016年1月17日閲覧。 
  28. ^ “太陽系に第9の惑星?”. NEWSアンサー』(テレビ東京系列. (2016年1月21日). http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/news/post_104833 2016年1月21日閲覧。 
  29. ^ “北韓 米大学生を敵対行為で拘束”. KBS. (2016年1月23日). http://world.kbs.co.kr/japanese/event/nkorea_nuclear/news_01_detail.htm?No=50106 2016年1月25日閲覧。 
  30. ^ “「おまえらへ送る最後の警告」 韓国・仁川国際空港に不審物 アラビア語表記のメモも”. 産経ニュース. (2016年1月30日13時40分). http://www.sankei.com/world/news/160130/wor1601300023-n1.html 2016年1月30日閲覧。 
  31. ^ “パラグアイで日本人男性が撃たれ死亡 2人組が発砲、逃走中”. FNNニュース. (2016年1月30日12時8分). オリジナル2016年1月30日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/XJYxC 2016年1月30日閲覧。 
  32. ^ “日銀がマイナス金利付き金利付き量的・質的金融緩和を導入”. 日銀「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」に関するQ&A. (2016年1月29日). http://www.boj.or.jp/announcements/release_2016/k160129b.pdf 
  33. ^ “シリア首都で連続爆弾テロ、死者45人 ISISが犯行声明”. CNN. (2016年2月1日9時42分). http://www.cnn.co.jp/world/35077123.html?tag=top;topStories 2016年2月1日閲覧。 
  34. ^ “トヨタ米金融子会社、ローン金利で人種差別”. 日本経済新聞. (2016年2月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM03H2Z_T00C16A2EAF000/ 
  35. ^ “香港の出版社員失踪、中国公安が3人の拘束を認める”. AFP通信. (2016年2月5日17時7分). http://www.afpbb.com/articles/-/3075912 2016年2月5日閲覧。 
  36. ^ “「地震が起きたよう」NY中心部で大型クレーン転倒 路上の男性に直撃、死亡 3人重軽傷”. 産経ニュース. (2016年2月6日14時32分). http://www.sankei.com/affairs/news/160206/afr1602060015-n1.html 2016年2月6日閲覧。 
  37. ^ エリザベス女王が即位64年 歴代の英国君主で最長 5月に90歳の祝賀行事 産経新聞 2016年2月6日閲覧
  38. ^ 台湾地震、5人死亡 17階建てビルなど倒壊 朝日新聞 2016年2月6日閲覧
  39. ^ 地震7小時後 台南強震已釀5死 中国時報(電子報)2016年2月6日閲覧
  40. ^ 2016年2月7日10時7分の投稿.首相官邸(災害・危機管理情報)公式Twitterアカウント(2016年2月7日閲覧)
  41. ^ [1]
  42. ^ [2]
  43. ^ “慰安婦実話映画『鬼郷』14年ぶり完成、2月公開”. 朝鮮日報. (2016年1月19日10時27分). http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/19/2016011901391.html?ent_rank_right 2016年1月19日閲覧。 
  44. ^ “「2016年アンタルヤ国際園芸博覧会」に対する公式参加について” (プレスリリース), 農林水産省, (2015年4月21日), http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/kaki/150421.html 2015年9月18日閲覧。 
  45. ^ Illinois Railway Museum. “$25 Donation - North Shore Line Electroliner”. 2014年12月21日閲覧。
  46. ^ F1開催正式発表 NY近郊市街地コース(日刊スポーツ 2011年10月26日)
  47. ^ 両陛下、フィリピン訪問へ…国交正常化60年で
  48. ^ “世界の自由は悪化10年連続 百点満点で日本「96点」韓国「83点」中国「16点」…トランプ氏に懸念も”. 産経ニュース. (2016年1月28日10時10分). http://www.sankei.com/world/news/160128/wor1601280030-n1.html 2016年1月28日閲覧。 

関連項目[編集]