朴槿恵韓国大統領弾劾訴追

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
弾劾対象となった朴槿恵大統領

朴槿恵韓国大統領弾劾訴追(パク・クネかんこくだいとうりょうだんがいそつい、朝鮮語: 박근혜 대통령 탄핵 소추)は2016年12月9日大韓民国国会朴槿恵大統領を弾劾訴追した政治事件である。弾劾訴追の結果、憲法裁判所は朴槿恵の罷免を認める判断を下し、1987年の同国における民主化以来、初の任期途中での失職となった。また大統領弾劾訴追は2004年盧武鉉元大統領弾劾訴追された事案に続く2例目であった。

弾劾訴追決定までの経緯[編集]

発端[編集]

ソウル特別市清渓川そばの広場で行われた朴槿恵退陣要求デモ(2016年10月29日)
韓国憲法裁判所

2016年10月24日に朴槿恵大統領の親友である民間人の崔順実が国政に関与していた、いわゆる崔順実ゲート事件が発覚し、直後の世論調査では朴槿恵政権の支持率が発足後はじめて10%台に急落[1]。朴に対する弾劾、下野も4割以上の支持を集め、インターネットや大学の学生や教授らからも弾劾要求が噴出した[2][3]。野党側からは朴に対する退陣要求が起こり、11月5日、国民の党所属の鄭東泳議員は弾劾議論に着手すべきと主張した[4]。11月12日に行われた朴槿恵に対する退陣要求デモは主催者発表で100万人が集まる規模となり、政界に衝撃を与えた[5]。11月中旬には検察が朴槿恵を事実上の容疑者とした捜査計画を立てる事態となり[6]、11月20日に検察は朴自身が崔の犯行に加担したとする内容を発表し、法曹界では弾劾を行う理由として不足はないという意見が大勢を占めるに至った[7]

しかし、事件発覚直後の時点で朴槿恵の弾劾は非現実的との見方があった[2][3]ほか、弾劾を行っても事態の不確実性が増すだけで、回避しなければならないと社説で主張した報道機関も存在し[8][9]、弾劾は不可能とする意見もあった[10]。当初、野党から弾劾訴追に関する発言がなかったのは、2004年の盧武鉉大統領に対する弾劾訴追案可決後に大統領支持層が団結し、直後の第17代総選挙で野党(ハンナラ党)が敗北を喫したことが影響しているのではないかとされた[11]

その後も野党からは朴槿恵に対する自発的退陣要求が噴出し、新たに挙国一致内閣を作って国政を任せ、朴は一線から退くといった収拾案が提示されたが大統領府側はいずれも拒否した。しかし弾劾については、弾劾訴追案が仮に国会で可決されても憲法裁判所の決定に最長6カ月を要するなど時間稼ぎに使われかねないという理由から、11月中旬になっても野党側は消極的になっていた[12]。また弾劾訴追を判断する憲法裁判所の所長が2017年1月に任期を迎える予定だったことから、朴が自分に有利な所長候補を任命しようとした場合に混乱が長期化することを恐れる声もあり、朴の任期中には弾劾裁判が終わらないのではと指摘する意見もあった[7]

こうした経緯を経て、11月下旬には野党は朴槿恵に対する弾劾訴追手続きを進めるべきとの意見も出始め[13]、野党や与党セヌリ党の非主流派が大統領弾劾手続きを行う方針を決定し、世論調査では弾劾推進に78%の支持が集まるという結果となった[14]。朴槿恵政権も分裂含みの展開となり、11月23日には金賢雄法務部長官と崔在卿青瓦台民情首席秘書官が辞意を表明した[15]ほか、与党内の主流派からも離脱が相次ぎ[16]、与党非主流派の中心であり党前代表の金武星が親朴派との決別を宣言、弾劾に突き進むことを表明した[17]。11月24日、野党側は弾劾訴追案の採決を12月2日もしくは12月9日とする方針を固めたほか、次期首相候補の指名を棚上げし、弾劾案が可決された場合には憲法の規定に基づいて黄教安首相が大統領代行を務めることも受け入れることを決定した[18][19]。また可決には国会の3分の2以上の賛成を要するため、野党の現有議席だけでは足りず、与党の非主流派に対する弾劾案採決時の意向調査も本格化させた[18]

こうした中、11月29日には朴槿恵が事件発覚後3度目の国民向け談話を発表し、自身の進退問題は国会に任せ、与野党で合意が得られるならば任期前に辞任してもよいという意向を表明[20]。これは与党主流派からの自発的退陣論に沿った内容であり、弾劾案採決に向かっていた野党や与党非主流派に少なからず動揺を与えた。それでも野党の弾劾推進の姿勢は変わらなかったが、早期の採決を見送らざるを得なくなった[21]。そして11月30日、与党の非主流派より、朴槿恵が2017年4月までに退陣すると表明すれば弾劾案採決に参加しないという新たな提案がなされた[22]。この提案に弾劾案賛成を表明していた与党議員31人のうち21人が賛成する意向を明らかにし、弾劾案可決に必要な与党からの賛成28人が確保できなくなる可能性が出てきた[23]。しかし大統領府側はこの提案には反応せず、12月4日には与党非主流派が早期辞任を表明しても弾劾案採決に参加することを表明[24]。12月5日になって大統領秘書室長が提案受け入れを表明し[24]、12月6日には大統領自身も受け入れを表明したが[25]、既に手遅れであった。

12月2日、野党3党(共に民主党・国民の党・正義党)所属議員と無所属議員、合計171人は、朴槿恵大統領に対する弾劾訴追案を国会に発議(提出)した。採決を12月9日に行うことも決まった[26][27]。12月6日、朴槿恵は与党首脳と会談し、弾劾可決時にはその結果を受け入れると表明[28]。採決前日の12月8日には、野党3党で仮に弾劾案が否決された場合は所属議員が全員辞職することを決定した[29]

12月6日より、一連の疑惑に対する国政調査のため、国会は議員らからなる特別調査委員会の聴聞会を開催。韓国を代表する9つの財閥(サムスングループロッテグループ現代自動車グループSKグループLGグループハンファグループ韓進グループCJグループGSグループ)の首脳級が出席。発言の内容次第では弾劾案可決に影響が出ると注目された[30]。翌7日には、事件に関係し、逮捕や起訴された当事者を国会に呼び出し、事情聴取を行う。しかし、この公聴会には国会が出席を求めた27人中、13人しか出席せず、崔順実本人は健康状態などを理由に午前の聴聞会には姿を見せなかった。そのため、特別調査委員会の金聖泰委員長は同行命令を議決し、崔順実ら欠席したメンバーに対し「同行命令状」を発付する一幕もあった[31]

弾劾訴追の可決[編集]

大統領代行となった黄教安国務総理(2016年12月の閣議にて)

12月9日、国会で弾劾訴追案は議員定数300人のうち299人が参加し、賛成234人、反対56人、棄権2人、無効7人で賛成が可決に必要な3分の2を超え、弾劾案は可決された[32][33]。その様子を朴槿恵は青瓦台でテレビ中継を通じて見守っていたという[34]。可決を受け朴は17時より閣僚を招集し、懇談会を開催[35]。弾劾案可決に対し、朴は国民の声を厳粛に受け止めると表明。国政の空白が最小限にとどまることを希望した[36]

弾劾訴追議決書が国会から青瓦台に届けられた12月9日19時3分(韓国時間)をもって朴大統領の大統領権限は停止され、憲法の規定に基づいて黄教安首相が大統領代行として職務を執行することとなった[37]。ただし、朴大統領は権限を行使できなくなるものの、大統領府での生活、不訴追特権、儀典、警護、別途支給される業務推進費を除く年俸2億1201万8000万ウォン[38]ともいわれる大統領給与が支給され、大統領としての地位は維持された[39]

弾劾訴追[編集]

朴槿恵大統領に対する大統領弾劾訴追は憲法裁判所にて審議され、訴追案可決から180日(2017年6月6日)以内に判断が下される。弁論は特殊な事情がない限りは公開され、大統領に対する強制的な出頭要請はできない[40]

12月16日、朴槿恵大統領の弁護団は、憲法裁判所から提出を求められていた答弁書を同裁判所に提出した。内容は「弾劾される理由はない」という反論を加えた。答弁書は延べ24ページにわたる。[41]

判決が出るまでの間、朴槿恵大統領は盧武鉉元大統領の弾劾訴追の時と同様、今まで通り青瓦台にて生活するものと考えられた[39]

2017年2月4日に予定されていた特別検察官チームによる青瓦台の家宅捜索は捜索令状まで用意されたが、軍事上の機密が存在することを理由に青瓦台に拒否され、実現しなかった[42]。また2月9日にいったんは実施が決定した特別検察官チームによる朴槿恵への事情聴取も実現しなかった。捜査期限を迎える前日の2月27日、黄教安大統領権限代行は捜査チームより要請されていた捜査期間の延長を承認せず、2月28日に捜査を終了した[43]

憲法裁判所の判決文

2017年3月10日、憲法裁判所は朴槿恵の大統領罷免を裁判官8人の全員一致で決定し、即日失職。朴槿恵政権は4年12日で幕を下ろし、1987年の民主化以来、任期を全うできなかった初の大統領となった[44][45]。憲法裁判所は訴追理由のうち旅客船・セウォル号の沈没事故をめぐる大統領の職責の問題は判断対象外としたが、崔順実による国政介入疑惑や崔が実質的に支配する財団への企業出資などについては「大統領の地位と権限の濫用」として違憲とした[46]。これを受けた朴槿恵は、2日後の3月12日に青瓦台(大統領府)の公邸から退去し、ソウル市内にある自宅に戻って行った[47]

なお、これにより、韓国憲法(第六共和国憲法)に従って罷免日である3月10日から60日以内に大統領選挙を行うことになった[48]。これを受けて、韓国政府は3月15日の臨時閣議に於いて『2017年5月9日第19代大韓民国大統領選挙を執行する』ことを決定し、布告した[49][50]

3月21日、朴槿恵は収賄容疑で検察に14時間にわたって事情聴取を受けた[51]。そして検察は、この聴取の結果を受け、朴槿恵に対し、3月27日に裁判所に逮捕状を請求した[52]

3月30日深夜(31日未明)、朴槿恵は逮捕された[53]。朴槿恵の逮捕により、韓国大統領経験者では、全斗煥1996年粛軍クーデター光州事件などにより逮捕)、盧泰愚1995年に軍刑法違反などで逮捕)以来3人目の逮捕者となった[53]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “【ソウル聯合ニュース】朴槿恵(パク・クネ)大統領は16日午後、弾劾審判と関連して24ページ分の答弁書を憲法裁判所に提出した。”. ソウル聯合ニュース. (2016年12月16日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/12/16/0200000000AJP20161216004600882.HTML 2016年12月16日閲覧。 
  2. ^ a b “<朴大統領秘線>「大統領、自分の過ちにはあまりにも寛大」「熱血支持者だったがやめた」”. 中央日報. (2016年10月26日). http://japanese.joins.com/article/047/222047.html 2016年12月9日閲覧。 
  3. ^ a b “<崔氏韓国国政壟断>各大学で学生が声明…「内閣総辞職」要求”. 中央日報. (2016年10月27日). http://japanese.joins.com/article/085/222085.html 2016年12月9日閲覧。 
  4. ^ “鄭東泳議員「朴大統領弾劾を議論しなくては」”. 中央日報. (2016年11月6日). http://japanese.joins.com/article/369/222369.html 2016年12月9日閲覧。 
  5. ^ “<韓国・100万人集会>民心に驚く韓国政界…与野党が緊急会議招集”. 中央日報. (2016年11月13日). http://japanese.joins.com/article/552/222552.html 2016年12月9日閲覧。 
  6. ^ “<崔順実ゲート>検察、朴大統領を事実上容疑者として捜査”. 中央日報. (2016年11月15日). http://japanese.joins.com/article/592/222592.html 2016年12月9日閲覧。 
  7. ^ a b “<崔順実ゲート>憲法学者「大統領弾劾の事由は十分」”. 中央日報. (2016年11月16日). http://japanese.joins.com/article/777/222777.html 2016年12月9日閲覧。 
  8. ^ “【社説】朴大統領、権力の未練を捨てて決断を”. 中央日報. (2016年11月8日). http://japanese.joins.com/article/421/222421.html 2016年12月9日閲覧。 
  9. ^ “【社説】朴大統領、弥縫策では突破できない”. 中央日報. (2016年11月4日). http://japanese.joins.com/article/354/222354.html 2016年12月9日閲覧。 
  10. ^ “<崔順実ゲート>「朴大統領の弾劾が不可能な3つの理由」”. 中央日報. (2016年11月12日). http://japanese.joins.com/article/543/222543.html 2016年12月9日閲覧。 
  11. ^ “盧武鉉学習効果か、「弾劾」「下野」言及しない野党”. 東亜日報. (2016年10月27日). http://japanese.donga.com/3/all/27/768935/1 2016年12月9日閲覧。 
  12. ^ “<崔順実ゲート>青瓦台、「大統領退陣論」を拒否”. 中央日報. (2016年11月16日). http://japanese.joins.com/article/634/222634.html 2016年12月9日閲覧。 
  13. ^ “[社説]邪悪な崔順実の共犯、朴大統領を収賄罪で弾劾すべきだ”. 東亜日報. (2016年11月21日). http://japanese.donga.com/3/all/27/785512/1 2016年12月9日閲覧。 
  14. ^ “国民78.4%「朴大統領弾劾推進に賛成」”. 中央日報. (2016年11月24日). http://japanese.joins.com/article/859/222859.html 2016年12月9日閲覧。 
  15. ^ “大統領と決別する党・政府・青瓦台の核心人物”. 中央日報. (2016年11月24日). http://japanese.joins.com/article/878/222878.html 2016年12月9日閲覧。 
  16. ^ “「親朴突撃隊」と呼ばれる議員も「弾劾賛成」”. 中央日報. (2016年11月25日). http://japanese.joins.com/article/906/222906.html 2016年12月9日閲覧。 
  17. ^ “金武星氏、「大統領選不出馬、朴大統領弾劾に率先」親朴と完全な決別”. 東亜日報. (2016年11月24日). http://japanese.donga.com/3/all/27/787981/1 2016年12月9日閲覧。 
  18. ^ a b “<崔順実ゲート>朴大統領弾劾案、「12月2日か9日に採決」”. 中央日報. (2016年11月25日). http://japanese.joins.com/article/897/222897.html 2016年12月9日閲覧。 
  19. ^ “野党3党、来月9日までに弾劾案採決で合意”. 東亜日報. (2016年11月26日). http://japanese.donga.com/3/all/27/789569/1 2016年12月9日閲覧。 
  20. ^ “朴大統領「任期短縮含む進退、国会に任せる」 国民向け談話発表”. 中央日報. (2016年11月29日). http://japanese.joins.com/article/034/223034.html 2016年12月9日閲覧。 
  21. ^ “去就を国会に任せた朴大統領…野党「弾劾強行」”. 中央日報. (2016年11月30日). http://japanese.joins.com/article/052/223052.html 2016年12月9日閲覧。 
  22. ^ “<崔順実ゲート>親朴・非朴系から「4月退陣・6月大統領選論」急浮上”. 中央日報. (2016年12月1日). http://japanese.joins.com/article/110/223110.html 2016年12月9日閲覧。 
  23. ^ “弾劾に賛成の与党非朴派31人中21人「4月退陣約束なら弾劾不参加」”. 中央日報. (2016年12月2日). http://japanese.joins.com/article/147/223147.html 2016年12月9日閲覧。 
  24. ^ a b “大統領秘書室長「朴大統領は来年4月退陣を受け入れる」”. 東亜日報. (2016年12月6日). http://japanese.donga.com/3/all/27/796121/1 2016年12月9日閲覧。 
  25. ^ “朴大統領 4月退陣の意向表明”. 聯合ニュース. (2016年12月6日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20161206003500882 2016年12月9日閲覧。 
  26. ^ “野党3党、朴大統領弾劾案を発議…9日に採決”. 中央日報. (2016年12月3日). http://japanese.joins.com/article/159/223159.html 2016年12月9日閲覧。 
  27. ^ “朴大統領の弾劾訴追案発議 9日採決目指す=韓国野党”. 聯合ニュース. (2016年12月3日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20161202005300882 2016年12月9日閲覧。 
  28. ^ “朴大統領「弾劾が可決されれば結果を受け入れる」”. 中央日報. (2016年12月6日). http://japanese.joins.com/article/254/223254.html 2016年12月9日閲覧。 
  29. ^ “弾劾案否決なら議員全員辞職 野党3党が背水の陣=韓国”. 聯合ニュース. (2016年12月8日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20161208002200882 2016年12月9日閲覧。 
  30. ^ “朴大統領親友の国政介入事件で初の聴聞会 財閥トップ8人出席”. 聯合ニュース. (2016年12月6日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2016/12/06/0500000000AJP20161206000900882.HTML 2016年12月10日閲覧。 
  31. ^ 2日目聴聞会に崔被告ら重要証人欠席 与野党議員が非難朝鮮日報
  32. ^ “朴槿恵大統領の弾劾案可決…賛成234票”. 中央日報. (2016年12月9日). http://japanese.joins.com/article/387/223387.html 2016年12月9日閲覧。 
  33. ^ “朴大統領弾劾案が可決 賛成234人・反対56人”. 聯合ニュース. (2016年12月9日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20161209002200882 2016年12月9日閲覧。 
  34. ^ “<朴大統領弾劾可決>朴大統領、官邸でテレビを通じて見守っていた模様”. 中央日報. (2016年12月9日). http://japanese.joins.com/article/388/223388.html 2016年12月9日閲覧。 
  35. ^ “朴大統領 弾劾案可決受け最後の閣僚招集”. 聯合ニュース. (2016年12月9日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20161209003300882 2016年12月9日閲覧。 
  36. ^ “弾劾案可決 「国民の声を厳重に受け止める」=朴大統領”. 聯合ニュース. (2016年12月9日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20161209004300882 2016年12月9日閲覧。 
  37. ^ “朴大統領 午後7時3分から職務停止に”. 聯合ニュース. (2016年12月9日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20161209005000882 2016年12月9日閲覧。 
  38. ^ “올해 박근혜 대통령 연봉 얼마나 올랐나 봤더니…”. 東亜日報. (2016年1月5日). http://news.donga.com/3/00/20160105/75729106/1 2016年12月14日閲覧。 
  39. ^ a b “朴大統領の弾劾案可決 軍統帥権・人事権など権限停止”. 聯合ニュース. (2016年12月9日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/12/09/0200000000AJP20161209001000882.HTML 2016年12月9日閲覧。 
  40. ^ “朴大統領の弾劾審判 憲法裁で最長180日間審理”. 聯合ニュース. (2016年12月9日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/12/09/0200000000AJP20161209001000882.HTML 2016年12月9日閲覧。 
  41. ^ “[時論]「弾劾は不当」と主張した朴大統領の答弁書”. 聯合ニュース. (2016年12月16日). http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20161216004600882&domain=6&ctype=A&site=0100000000 2016年12月16日閲覧。 
  42. ^ “特検「朴大統領の対面聴取、家宅捜索に関係なく進行」”. 中央日報. (2017年2月4日). http://japanese.joins.com/article/414/225414.html?servcode=200&sectcode=200 2017年3月10日閲覧。 
  43. ^ “朴大統領、最後まで法の前に立たず”. 中央日報. (2017年2月28日). http://japanese.joins.com/article/265/226265.html?servcode=200&sectcode=200 2017年3月10日閲覧。 
  44. ^ “韓国憲法裁、朴大統領の罷免を決定”. 中央日報. (2017年3月10日). http://japanese.joins.com/article/714/226714.html?servcode=200&sectcode=200 2017年3月10日閲覧。 
  45. ^ “[韓国大統領罷免]危機の連続だった朴槿恵政権 4年12日で幕下ろす”. 聯合ニュース. (2017年3月10日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/03/10/0900000000AJP20170310001800882.HTML 2017年3月10日閲覧。 
  46. ^ 朴槿恵大統領の罷免を決定 憲法裁「許し難い重大な行為」 民主化後で初、5月にも大統領選(産経新聞)
  47. ^ 朴槿恵氏「真実 必ず明らかに」 韓国大統領府を退去 日本経済新聞 2017年3月12日
  48. ^ 朴大統領を罷免、5月にも大統領選 韓国憲法裁 2017年3月10日 朝日新聞
  49. ^ “제19대 대통령 선거일은 5월 9일 (화요일)” (韓国語) (HTML) (プレスリリース), 大韓民国行政自治部, (2017年3月15日), オリジナル2017年3月16日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20170316030748/http://www.moi.go.kr/frt/bbs/type010/commonSelectBoardArticle.do%3Bjsessionid%3DPnfedA8joP2wwkN860b5Q7dIYSg23zrz1xdoN0LFZRsr4qQ2gGc8o0ifgw8RPi0p.mopwas51_servlet_engine1?bbsId=BBSMSTR_000000000008&nttId=57901 2017年3月15日閲覧。 
  50. ^ “5月9日に大統領選=黄首相は不出馬-選挙運動本格化・韓国”. 時事ドットコム. 時事通信社. (2017年3月15日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031500757&g=int 2017年3月15日閲覧。 
  51. ^ “朴前大統領、初の聴取「誠実に取り調べに臨む」”. 読売新聞. (2017年3月21日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20170321-OYT1T50049.html 2017年3月28日閲覧。 [リンク切れ]
  52. ^ パク前大統領の逮捕状を請求 韓国検察 NHK 2017年3月27日
  53. ^ a b “朴槿恵氏逮捕 大統領経験者では3人目=韓国”. 聯合ニュース. (2017年3月31日3時20分). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/03/30/0200000000AJP20170330003500882.HTML 2017年3月31日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]