メインページ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2021年11月12日、ウィキペディア日本語版の記事数が130万項目を達成しました。

""選り抜き記事

八丈小島

八丈小島のマレー糸状虫症伊豆諸島南部の八丈小島東京都八丈町)にかつて存在したリンパ系フィラリア症を原因とする風土病である。この風土病は古くより八丈小島および隣接する八丈島では「バク」と呼ばれ、島民たちの間で恐れられていた。本疾患の原因は主に東南アジアで流行するフィラリアの一種であるマレー糸状虫 Brugia malayi の感染によるもので、八丈小島は日本国内唯一のマレー糸状虫症の流行地であったが、1948年(昭和23年)から始まった東京大学伝染病研究所佐々学を中心とする研究者と島民による防圧活動により1968年(昭和43年)には感染者がいなくなり、同島でのマレー糸状虫症の流行は終息した。……


""新しい記事

""新しい画像

""強化記事

ウィキペディアは非営利団体であるウィキメディア財団によって運営されています。並びに以下の姉妹プロジェクトも運営しています。

ウィキペディアは日本語をはじめ約300の言語で執筆されています。全ての言語版についてはウィキペディアの一覧全言語版の統計をご覧ください。以下は特に規模の大きな言語版です。

ウィキペディアの運営は皆様の寄付によって成り立っています。ご理解・ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。