ショタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ショタ: Shota: 正太)は、主に2次元の男性少年を示す単語である[1]

定義[編集]

キスするショタと男性(ルーヴル美術館)

ショタに明確な定義はなく、個人によって定義は変わる。一般的な条件としては、可愛い(童顔)で可愛らしい見た目をした男性(男の子)=ローティーンであることを条件に使われている。ショタを好む人間のことをショタコンと呼ぶ。主に幼く可愛らしい容姿の少年で、半ズボンに白い靴下で描かれることが多い[2]

おねショタ
15歳から25歳くらいまでの女性と年下のショタの関係を おねショタ という[3]

ジャンル[編集]

イケショタ

外見がイケメンなショタのこと[4]

褐色ショタ

茶色い肌をしたショタのこと[5]

男の娘[編集]

女装をしているか女性的に見えるショタのことを「男の娘」と呼ぶ[6]

歴史におけるショタ文化[編集]

パイデラスティア
古代ギリシャにおいて、少年愛は男性市民に課された義務であった。
男色
奈良・平安時代において、仏教での男色文化が広まった。
衆道
江戸時代の日本において、小姓として武士に使えている美少年が年長者と関係を持つ「衆道」があった。

ショタキャラクター[編集]

VOCALOID[編集]

漫画[編集]

ハッピーシュガーライフ[編集]

アニメ[編集]

ショタが主体のアニメは「ショタアニメ」とされる。

地縛少年花子くん[編集]

少年メイド[編集]

ソフトウェア[編集]

ハッカドール[編集]

ゲーム[編集]

ショタが主体のゲームは「ショタゲー」とされる。

原神[編集]

プリンセスコネクト!Re:Dive[編集]

VTuber[編集]

にじさんじ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ショタ(しょた)” (日本語). numan. 2021年12月4日閲覧。
  2. ^ ショタ(しょた)”. 2022年6月19日閲覧。
  3. ^ ショタ(しょた)”. 2022年6月19日閲覧。
  4. ^ イケショタ(いけしょた)”. 2022年6月19日閲覧。
  5. ^ 褐色(かっしょく)”. 2022年6月19日閲覧。
  6. ^ 男の娘(おとこのこ)” (日本語). numan. 2022年1月17日閲覧。

関連項目[編集]