魔入りました!入間くん

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

魔入りました!入間くん
ジャンル 学園ファンタジーギャグコメディ
漫画
作者 西修
出版社 秋田書店
掲載誌 週刊少年チャンピオン
レーベル 少年チャンピオン・コミックス
発表号 2017年14号 -
発表期間 2017年3月2日 -
巻数 既刊27巻(2022年6月8日現在)
アニメ
原作 西修
監督 森脇真琴
シリーズ構成 筆安一幸
キャラクターデザイン 佐野聡彦
山本径子(第1シリーズ)
原由美子(第2シリーズ)
音楽 本間昭光
アニメーション制作 BNピクチャーズ
製作 NHK
放送局 NHK Eテレ
放送期間 第1シリーズ:
2019年10月5日 - 2020年3月7日
第2シリーズ:
2021年4月17日 - 9月11日
第3シリーズ:
2022年10月 -
話数 第1シリーズ:全23話[1]
第2シリーズ:全21話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

魔入りました!入間くん』(まいりました いるまくん[2])は、西修による日本学園ファンタジーコメディ漫画作品[3]。通称『入間くん[4][5]。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、2017年14号(2017年3月2日発売)[2]より、連載中。西の『週刊少年チャンピオン』での連載は本作が初めてとなる[2]。2022年1月時点でコミックス累計発行部数は800万部を突破している[6]

コミックス1巻の発売に合わせて、書泉ブックタワー書泉グランデ芳林堂書店高田馬場店、芳林堂書店コミックプラザで2017年7月7日から同年8月6日まで複製原画の展示が行われた[3]。『週刊少年チャンピオン』2018年22・23合併号(2018年4月26日発売)では同誌連載中の『吸血鬼すぐ死ぬ』(盆ノ木至)とのコラボ企画が開催され、それぞれの作品扉ページで2作品間で衣装を交換したキャラクターが描かれた。またコラボサイン色紙、ポストカードの読者プレゼント企画も実施された[7]

2018年5月には、コミックス5巻の発売に合わせてアニメイト渋谷店にてサイン会が開催された。西にとっても初めてのサイン会となった[8]

2019年からはテレビアニメが製作、放送されている。

あらすじ

14歳の鈴木入間は鬼畜外道な両親に金銭目的で大悪魔・サリバンに売り渡される。しかしサリバンは入間に対し危害を加えることはなく、自分の孫になることを懇願する[2]

承諾した入間はサリバンが理事長を務める悪魔学校に入学し、人間であることを隠して学園生活を送ることになる。望みである平穏な生活とは裏腹に様々なトラブルが入間に襲い掛かるが、それらを乗り越える度に注目を浴び、不本意ながら有名人になりつつ幸せを掴んでいく[3]

登場人物

声の項はテレビアニメ版の声優

主要人物

鈴木 入間(すずき いるま) / イルマ
声 - 村瀬歩[9]
誕生日:10月4日 / 身長:158センチメートル / 体重:56キログラム / 所属師団:魔具研究師団 / 使い魔:エギーちゃん(ナベリウス・カルエゴ)
本作の主人公。14→15歳。一人称は「僕」。触角がトレードマークで、小柄な体格と中性的な容姿で女装すると女性と勘違いされるほどの少年。人間界の出身だが、エゴイストの父(声 - 大河元気)と母(声 - 舞原由佳)のせいで人並みの平穏とは無縁のトラブルまみれの生活を送った苦労人で、他者の頼みを断ることが絶対出来ない極度のお人好しに育つ。トラブル突破のために常人離れした圧倒的危機回避能力・サバイバル術・合気道大食い・機械修理といったスキルを有し、いかなる窮地でも平静さを保つ強靭なメンタルを保つ超人と化し(ただしカルエゴからは危険に慣れすぎていることを不安視されている)、無限大の防御力を持つが、攻撃力はゼロ。圧倒的危機回避能力は不意打ちや、自分からわざと危険に向かった際も発動するが、その瞬間の危険しか把握出来ずキリヲや六指衆には気付かなかった。料理は食える時に食うの精神のため13冠のベヘモルト並に食べるが、作るのは煮たり焼いたりすれば良いという考えなので苦手(収穫祭では普通に出来ているためただ焼くだけなら問題はない)。地頭は悪くないが昔からあまり学校に行けなかったことと人間界と魔界の常識の違いにより勉強は苦手で、座学のテストでは猛勉強の末に平均点を取った。
指に装着した悪食の指輪(あくじきのゆびわ)により周囲からはこの魔力込みで実力と認識されている。魔法詠唱が必要な時は使用しているが本人はこの魔力に頼るのはズルと考え、必要時以外の使用を控えている。ギメル(ランク3)に昇進した際に自我を得た悪食の指輪の化身を「アリさん」と呼び相棒同然の関係を持つ。
クズな両親に売られた当初は自分の置かれた環境に大いに困惑するも何だかんだで馴染んでゆき、サリバンのことも「おじいちゃん」と呼び、学校行事にも前向きに取り組んでいる。
人間と露見しないよう目立たず平穏に暮らすことが望みだったが、特待生として入った悪魔学校の入学式でいきなり新入生代表として挨拶をさせられ、そうと知らないまま壇上で禁忌呪文を唱えて場を騒然とさせてしまった上に、さらにはこれに嫉妬し決闘を申し込んで来たアリスを成り行きで倒してしまい、一躍有名人となる。その後も問題回避・解決のための数々の行動を起こすが、その結果かえって悪名が高まってしまう。同時に様々な悪魔たちとの交友関係が広がって行き、クラスメイトを中心に周りに大きく影響を与えていく。そんな魔界の生活が彼に変化を齎し、それまでの控えめで無欲な性格から「現在の生活・居場所を守りたい」という望みを抱くようになる。
最初は使い魔が教師であることと、飛行テストで問題を起こしたことで測定不能とされアレフ(ランク1)だったが、特訓のすえに処刑玉砲(しょけいぎょくほう)でアリスを打ち破りベト(ランク2)に、師団披露(バトラパーティー)にてギメル(ランク3)に昇級となった(本来はキリヲの起こした事件の大きさから賞は手に入らない筈だったが票が非常に多かったため特別に上がった)。
カルエゴ達教職員の意向により、クラスメイト全員で収穫祭までの修行を受けることとなりリードと共にバチコに稽古をつけてもらい、強力な弓を扱えるようになった(リードは途中からロビンに修行をつけてもらっていた)。収穫祭ではリードと組み、持ち前のサバイバル技術を用いて行動していた。伝説のリーフを探して別行動をしていたが、オロバスとオチョの襲撃を受け、オロバスの策略に嵌まるも恐怖を乗り越え、魔界で生きる決意を改めた。その後は伝説のリーフを取り返すべく行動し、クララがオロバスに襲われた際は遠方から弓で助けた。クラスメートの協力もあり伝説のリーフを取り返すことに成功し、リードと共に若王となる。これにより、リード共々ダレス(ランク4)に上がった。更に音楽祭ではへー(ランク5)へとランクを上げた。アクドル大武闘会(うんどうかい)では収穫祭での約束を果たすべくリードと女装してチームデビムスとして参加する。第6種目のぐるぐる的当てでは以前よりも遥かに上達した弓の腕前で周囲を圧倒し一位になった。最終種目のライブでは出来ることは全てしたいという思いからアリさんに頼みイルミのまま入魔となってライブを成功させた。オペラにサリバン家の悪魔として期待して良いかと聞かれた際は肯定し、13冠の集いの招待状を渡され参加することになる。そこで他の三傑の孫達と対面し、次期魔王候補として推薦される。13冠からの質問に対しては魔界に詳しくないこともあり、バビルスのような魔界にしたいと答えた。本人は質問に上手く答えられなかったと考えているがこの質問には意味がなく本質は食事にあるため、食べ物を完食しておかわりまで要求したことから好印象を持たれている。
2年生に進級した後の最初の位階昇級試験の心臓破りでは、チマ、ギャルソンとチームになる。開始からしばらくしてシーダと交戦、シーダから「悪魔(ヒト)に撃つことをこわがってる」と見抜かれ、実戦では相手を傷つける覚悟が必要だと指摘される。チマの風船を割られるが、ギャルソンが床に空けた毒の穴から逃走を成功している。
入魔(いるま) / 悪入間(あくいるま)
自我を得た悪食の指輪「アリさん」の性格改変魔法により生まれたもう一つの人格。一人称は「俺」。目付きが鋭く口調は荒く常に強気で手段を選ばない、主人格である入間とは正反対の性格。しかし他人の頼みを断れないお人好しである点は共通している。この人格は周囲には彼の悪周期と勘違いされている。
イルミ
入間が女装してアクドルになった姿。元々は熱で倒れたケロリのために何か手伝おうとしていた所、クララの提案で行ったものだが、想像以上に人気が出てしまい大勢のファンが出来たため、度々ケロリのお願いなどからこの姿になる。周りからは謎のアクドルと認識されているが一部の勘の鋭い者からは正体を気づかれている。
また、収穫祭での特訓でリードと共にバチコから女装を強制された際は、「イルミナティ」(リードは「リンディ」)を名乗る。髪型もロングヘアのイルミと異なり、ボブカットになっている。
アスモデウス・アリス
声 - 木村良平[9]
誕生日:6月6日 / 身長:178センチメートル / 体重:67キログラム(羽と尻尾除く) / 所属師団:魔具研究師団 / 使い魔:ヴィーノ(ゴルゴンスネーク)
名門アスモデウス家嫡男。一人称は「私」「(最初だけ)僕」。「炎を自在に操る」魔術を得意とする。
美青年で規律を重んじる優等生。学年首席でさらに実技成績学年1位。文武両道で料理も出来る万能人。常識人でもあるため魔界の情報に疎い入間に色々説明したり、問題児クラスの貴重なツッコミ役になっている。一方で入間のことになると急にボケになったり、金持ち故に感覚が周りと違うことがある。実母と魚が苦手。当初は自分から新入生代表の座を奪った入間を嫌悪していたが、自ら申し込んだ決闘で完敗した結果心服し、以後入間を常に「入間様(イルマ様)」と呼び付き従う。本人は従僕になったつもりだったが、程なく入間に自分を「友達」だと言われすっかり感激し、以後は周囲に対し自身が入間の「おトモダチ」であることをよく強調する。なおアリスの思う「おトモダチ」の定義は「血の盟約」のため、周囲からは引かれている。
普段は冷静沈着だが非常に短気で、他者を寄せ付けない空気をまとっていることが多いが、入間に対してはいつも満面の笑みをたたえて接している。また入間が関わると分かりやすいほど感情的になる。クララとは喧嘩友達で「アホ」呼ばわりしつつ、常に入間との「おトモダチ」度を競っている。当初はウァラクと呼んでいたが音楽祭への練習以降はクララと呼んでいる。サブロとは犬猿の仲で実質的なライバル関係にある。悪周期形態では酔ったように哄笑しながら暴れまくる。
問題児クラスが音楽祭で優勝し、全員が4以上に昇給した後に、入間に自身とクララを「親友」と言われたことを機に、クラスの全員を集めて自らが仕切り、自分とクララ以外のクラス全員は入間の「オトモダチ」であり、自分とクララは「シンユー」だと宣言し、しかも「シンユーは2名まで」と周囲に釘を刺す。
収穫祭ではサブロと組み、強い魔獣を倒してポイントを稼いでいた。ドロドロ兄弟との戦いで彼等の能力を見抜き、自ら悪周期となり大暴れするもサブロに止められる。その後も順調にポイントを重ねていたが、入間の危機を知り急いで駆けつける。オロバスに攻撃したことでリタイアとなるも、入間の矛でいられればいいという考えからオロバスに強力な一撃を入れ、勝利を入間に託す。実力的にはランクが上がっていたがリタイアのため昇級は無かった。本人は入間とランクがお揃いになったため満面の笑みを浮かべていた。音楽祭ではランクは変わらず、入間とお揃いで無くなったことを寂しく思っていた。入間のために魔具研究師団へ向かった所でキリヲと再会。当初はキリヲの本性を知らなかったこともあり談笑していたが、キリヲの目が以前見せてもらった元祖返りと同じだったことで、入間に害をおよぼすつもりだと知り交戦するも逃げられた。心臓破りではゼゼ、シルビアとチームとなる。開始から暫くは順調に隠れらていたが、途中でカムイのチームと合流し、直後にサリバンの復活を阻止するミッションへ向かう。その道中で教師の一人・エイトと遭遇し、カムイに自身のチームメイトも任せて単独で交戦。自分以上の炎魔術の使い手であるエイトに劣勢に立たされるも新しく身につけた青い炎で交戦する。
問題児クラス内ではアロケル共々家系能力が一切不明。エイトからは圧倒的な状況も打開出来る魔術と言われているが、どんなに追い詰められた際も使うのを渋っており、口に出すのも拒んでいる。更に入間から幼少時から鍛えていた炎の魔術を絶賛されたことから炎の魔術しか極力使わないようにしている。
ウァラク・クララ
声 - 朝井彩加[9]
誕生日:5月5日 / 身長:153センチメートル / 体重:50キログラム(羽と尻尾除く) / 所属師団:魔具研究師団 / 使い魔:ボス(ファルファル)(声 - 大河元気)
本作のヒロイン。入間と同級の女子生徒。一人称は「わたし」「(最初だけ)あたし」。魅力度2%→10%。
奇矯な性格のために周囲から浮いており、彼女の能力を利用しようとするものだけが残っていた。本人はそれを自覚し仕方がないと諦めていたが、見返りなしで遊びに付き合ってくれた入間に心服し、アリスと共に入間の「おトモダチ」となる。以後は入間を「イルマち」と呼び、行動を共にする。アリスのことは「アズアズ」と呼びつつ、入間を巡ってよく諍いを起こすケンカ友達となる。常識に囚われぬ柔軟で豊かな発想と思考の持ち主で、時折周囲の者には理解不能な言動をとる一方、彼女のお転婆が窮地を救うこともある。また、性格のよく似たやんちゃな兄弟達の長女なため以外と面倒見の良い一面も持つ。自分やアリスも知らないうちに入間と密会していたアメリに嫉妬を感じたことを機に入間への恋心を自覚し、「いつかは(自分の魅力でイルマちを)メロメロにしてやる」と心に誓っている。
収穫祭ではエリザベッタと組み行動していたが、1人で行動していた所をオロバスに狙われる。彼の生み出した幻に精神的に追い詰められるも、駆けつけた入間やアリスによって助けられる。伝説のリーフを咲かせるのに一役買うも、入間とリードに優勝して欲しいとしてポイントを受け取らなかった。心臓破りではストロー、ヤバシとチームになる。開始早々教師の一人スージーと遭遇し、チームプレイで善戦してかなり持ち堪えるもの敗北する。
家系魔術は「呼び出し(トイトイ)」。一度見た物を魔力で複製し、召喚できる。
アザゼル・アメリ
声 - 早見沙織[10]
誕生日:3月13日 / 身長:190センチメートル / 体重:69キログラム(羽と尻尾除く) / 位階:ヴァウ(6) / 所属師団:生徒会(生徒会長)
名門アザゼル家嫡子。バビルス2年生。一人称は「私」。長身の美女で、常に気高き立ち居振る舞いで威風堂々としているが、密かに人間界の少女漫画ファンで、恋に恋する乙女の一面も持つ。前収穫祭優勝者であり、圧倒的な実力と頭脳、カリスマ性を持っている。生徒会長という立場から恨みも買われているが、その実力から表立って反抗されることはない。料理はシンプルに下手。将来は父親の仕事を手伝おうと考えているが、実力を見込んだオペラにスカウトされた際は入間と一緒にいられることから保留にしている。父親からは溺愛されている。
ある時、魔界に存在しない植物を発生させた入間が人間ではないかと疑い、かねてから読めない少女漫画を朗読・解説させることを思いつく。結果、入間を人間と概ね確信しているが少女漫画の朗読を続けさせるために黙認し、そのまま交流を続けていくうちに、ある騒動をきっかけに入間への恋心を自覚。父親が入間が人間だと気づきかけ、元の世界に返そうとした時には入間を優秀な「悪魔」と言い切って助けた。以来入間のことを思う時には照れからしどろもどろになることが増えた。
アクドル大武闘会では父親の勧めで警備のボランティアを行っていたが、そこでチームメイトの抜けたデビムスと出くわし「メリー」として参加を頼まれる。当初はそのことに困惑していたが、ケロリのアクドルへの思いと、かつて彼女の歌に助けられた(ウォルターパークで魔獣と戦う時勇気づけられた)ことから参加を決める。周りのアクドルがかわいさのために手を抜こうとする姿に対し、全力な悪魔の姿を恥ずかしいと思わないと述べ、圧倒的な力で第1から第4までの種目全てで一位をとった。優勝後は元々イルミの正体に気づいていたこともあり、入間に軽い女装趣味があると勘違いしている。
家系魔術は「幻想王(ロマンチスタ)」。自己暗示により全能力を向上させる鼓舞魔術。とても強力な反面、相手に臆すれば敗北必至の諸刃の剣。また、リミッター解除による強化のため使用後は激痛に襲われる。使用時には髪が光る。
ナベリウス・カルエゴ
声 - 小野大輔[11]
誕生日:2月14日 / 身長:182センチメートル / 体重:65キログラム(羽と尻尾除く) / 位階:ケト(8)
バビルス筆頭教師。一人称は「私」「(13話から24話まで)俺」。独身。趣味はサボテン収集。口癖は「粛に」「厳粛に」。
優秀で生真面目、プライドが高く陰湿だが厳粛な教師で、生徒を「ゴミ」「問題児」と呼んでいるが、公私混同するような真似はせず真っ当な理屈の範疇で厳しくしている。的確に資質や能力を判断し、策を立てられる。生徒の努力に関してはしっかり認め、教えを請われれば正しい姿勢としてスパルタながらもしっかり教える。普段の厳しい言動や行動から生徒からは散々な言われようをすることもあるが、なんだかんだで好かれており本人もあからさまに生徒が太刀打できない様ならば助ける。自身の性格故、サリバンの緩さを嫌っているが、上司なので逆らえず、オペラとは先輩後輩の仲で、パシリにされていたため苦手としている。ロビンのことは使い魔授業の影響で目の敵にしている(入間の成績に関係するため授業中は大人しくしている)。兄が1人いる。実は音楽祭で優勝したことがあり、バラム曰く大抵の楽器は使えるらしい。
使い魔召喚試験で手違いから入間に召喚され使い魔になったショックで寝込み、後日ようやく復帰するも、使い魔として召喚された時に濡れ衣で捕まって会議に出られず、挙げ句の果てには問題児クラスの担任を押し付けられる形となった(とはいえ、家庭訪問の際、サリバンは「やっぱりカルエゴ君に頼んでよかった」といった発言をしていたため、何にせよ担任はやらされたと思われる)。新任だったころはダリが教育係であった。
「入学式で禁忌呪文を唱える」「アスモデウスと決闘する」などの騒ぎを起こした入間を目の敵にし(それでも評価は平等に行なっている)、さらに入間に使い魔にされてしまってからは益々入間のことが嫌いになったが、その一方で入間が危険に慣れすぎているために無茶を躊躇しないことを懸念している。また、収穫祭で入間が行方不明になった際には少し贔屓ともとれる言動をしている。問題児クラスが全員ダレス(4)となり、入間に至ってはそうそう起こり得ない一年にしてへー(5)になったため注意を促している。
代々家が番犬の家系であり、幼少時からバビルスの次期番犬として育てられた。バビルス在学時代は一年生のころから規律に厳しく魔力に対しては並の上級生を上回る才能を持っていた(アリス同様最初からランクはダレス(4)だった)。かつての謎の番長として行動していたオペラと特徴が一致していたことから勘違いで何度も絡まれており、それを解決するべく行動していた所正体がオペラだと知り、戦いを挑むも敗北、しかし攻撃を一度耐えたことからオペラに認められてバラムと共に(強制的ではあるが)パシリになる。
エギーちゃん
カルエゴの使い魔形態。容姿は蝙蝠の翼とウェーブかかった黒髪が一本生えた白ヒヨコ(但し手足には黒い爪のようなものが一本のみ)。ふわふわとした体毛から、「モフエゴ先生」とも呼ばれる。この形態でも魔術使用に支障はないが、本体の使用時より見た目上可愛いものが発現している。使い魔は主人の性格などが強く反映されるため彼の姿は入間が基本的に無害な人物であることが影響している。
ケルベロス
カルエゴが攻撃を繰り出す際に出現する、金色の毛並みをした三つ首の巨大な犬。ケルベリオンとも呼ばれる。攻撃技は、その鋭い爪を振るう『番犬の鉤爪(ケルベロビュート)』。
使い魔ではなくナベリウス家に取り憑いている犬の幽霊のような存在。家系能力とも異なり、ナベリウスの血におりこまれた魔力そのもので、最初に"躾"を叩き込み、主と認めさせなければ牙を向きツメを振り下ろす凶悪な獣である。そのため、カルエゴが使い魔召喚をしてもケルベリオンが威嚇して追っ払うので彼に使い魔はおらず、カルエゴが一年の使い魔召喚の監督官なのもそれが一番の理由(一年が召喚した使い魔をケルベリオンが牽制するため抑止力となるから)である。
尚、入間の使い魔状態でも呼び出すことは可能であるが、その際は仔犬のような姿になる。
サリバン
声 - 黒田崇矢[12]
位階:テト(9)
13冠にして魔界三傑の一柱。一人称は「僕」、「(最初だけ)我が輩」。悪魔学校バビルス理事長。かつては魔王デルキラに側近として仕えていた。
口髭とスキンヘッドと牛角が特徴。長身痩躯の老魔だがギャグシーンでは二頭身の卵体型になる。契約を結び義理の孫として迎えた入間を全力で可愛がり甘やかしたがる孫馬鹿。普段はマイペースな好々爺だが魔界で三指に入る大悪魔。なぜ人間の入間を孫にしたのかは謎。彼の親しい者は、孫どころか子供がいないことを知っているので疑問に思われている。周りの悪魔からは慕われており、同じく三傑の二人からも魔王を勧められた。目立つのが嫌という入間のために、彼とその友人であるアリスとクララを問題児クラスに入れた。
TS計画では自身の孫である入間を次期魔王候補に推薦。
オペラ
声 - 斎賀みつき[12]
サリバンのSD(セキュリティデビル)。猫耳がある三つ編みの容姿だが、性別不詳。一人称は「私」。
普段は冷淡で無表情だが、毒舌でドSな一面を持つ。家事が完璧で尻尾でゲームをするなどかなり器用。実力も高く、魔獣を圧倒する程。表情よりも猫耳の方が感情豊か。当初は入間を養子にしたことに疑問を持っていたが、彼に懐かれるのはまんざらではなく、様々なアドバイスを与えることもある。彼が人間であることから魔界の危険性と人間界に戻る方法を伝える一方で、サリバン家の後を継ぐ者として彼に期待している。
また、バラムとカルエゴの先輩でカルエゴをパシリ扱いしており、時には言葉攻めで弄り倒すこともあるため、カルエゴが苦手とする数少ない人物。
バビルス在学時代からサリバンに仕えており、彼の目指す学校を作るために謎の番長として学校内の不良達を懲らしめていた。この時は黒髪で癖っ毛であり、噂で知られていた特徴がカルエゴにかぶってしまっていたことから迷惑が行くことになってしまい、自身の行動を止めるべく行動していた彼に見つかってしまう。口封じのためにカルエゴと戦い圧倒するが、自身の一撃を耐えた彼と異常な力を持つバラムを見て、二人をパシリにした。
アリクレッド
声 - 三木眞一郎[13]
悪食の指輪の化身。当初は自我がなく、入間がベト(2)に昇進した際に自我を得、ギメル(3)に昇進した際に意志疎通を可能とした。魔術への造詣が深く、入間に魔術を教育・指導しており、相棒にして師弟関係にあり窮地を共に力を合わせて切り抜ける(バラムの授業を初めて受けた際に入間の背中に羽がないことで騒がれ、上着を引き剥がされる寸前シャツを伝って自分の腕を小さな羽に変えて誤魔化す等)。入間に変化術を掛けられた容姿はタキシードを着た単眼の紳士。正体が露見するとどんな騒ぎになるか不明なため、安全が保障されるまで表に出ようとしない。入間を最初はご主人と呼んでいたが本人が嫌がったため「イル坊」と呼び、入間には「アリさん」と呼ばせている。入間に性格改変魔法をかけて「入魔(悪入間)」モードを作り、大騒動を引き起こした。キリヲの悪意に気づくもまだ喋れなかったため上手く伝えられなかった(キリヲの首根っこを掴みはした)。入間のランクがダレス(4)になった直後から応じなくなったが(妙に眠かったらしい)、入間のランクがへー(5)になると同時に目を覚まし(なる前にどでかいトランペットの音で目が覚めた)、入間と唯一無二の相棒となる。更にランクが上がった影響で大きさを変えたり、指輪から一定範囲内ならば離れて行動出来る様になった(一定範囲を越えると引き戻されるらしい)。
一人称は「俺ちん」で、普段の態度は男性だが、たまに女の格好をして振る舞い「女優」と言う言葉を口にしたりしている(婦人服や帽子、金髪のカツラをかぶったり胸が膨らんだりしている)ため性別は不明。
悪食の指輪(あくじきのゆびわ)
黄金の指輪型の魔具。持ち主の魔力を溜め込み、放出することが出来る。しかし魔力が枯渇すると、黒い影のような怪物(自我を持つ前のアリクレッド)が指輪から出現し、無差別に周囲の魔力を吸い取る。また、一度指に嵌めると外すことが出来ない。
当初は出力の調整がまだだったため、サリバンの魔力が全開放状態だったが、後にサリバンの調整によりダイヤル式に形が変わり、「小悪魔(デビル)モード」「悪鬼(デーモン)モード」「魔神(イフリート)モード」の三段階に魔力の放出量を切り替えることが可能となった。また、緊急時の際は「パンドルーラ」と呪文を唱えると指輪内の魔力を全開放出来る。
入間が位階袋鳥から位階の章を取り出す際、章の代わりに入間の右手に嵌まり、以後魔力が無い入間でも魔術が使用出来るようになった。

悪魔学校バビルスの関係者

問題児クラス

サブノック・サブロ
声 - 佐藤拓也[14]
所属師団:魔王師団 / 使い魔:オーマ(ケルビー
名門サブノック家次男。一人称は「己(うぬ)」で、二人称は「主(ぬし)」。魔王になることを夢見ている猪突猛進だが堂々とした性格をした文武両道の美丈夫。常に尊大な態度で、目上の者に対しても決してへり下ることが無く、首周辺には家系能力を使用するための複数の金属板を首飾りのように身に着けている。入間を一方的にライバル視しているが実質的なライバルはアリスである。
入学当初は「力が全て」という考えで、入学式の日にいきなり教師に暴力を振って力を誇示したために問題児クラスに編入された暴れん坊だったが、自らの無謀さが招いた絶体絶命の窮地を入間に救われて感謝の言葉を述べ、それまでの非礼を詫びた後、入間の行動に影響され以前よりは思慮深くなった。
ウォルターパークと言う遊園地で魔獣と戦った際、窮地に陥ったアリスを壁になることで助け、撤退を試みた際にアリスが入間に気を取られ成長していないこと、彼の野望が勝利ではなく“イルマの矛になること”だろうと一喝した。
収穫祭ではアリスと組み強力な魔獣を倒しポイントを集めていたが、途中でドロドロ兄弟と競争することになる。勝負後はドロドロ兄弟も連れて行動していたが、入間を助けに向かったアリスを野望に向かったからと止めなかった。最後は力尽きて眠ったものの、それまでのポイントからランクは上がった。
魔王に興味を持った入間に魔王について色々語った際、彼の「今まで目を向けてなかったものに向き合う」という言葉を受けて実家に帰り、叔父のバールから時期魔王を決めるTS計画への推薦を持ちかけられるも断った。
家系魔術は「武器創生(ぶきそうせい)」。噛んでいる物質と同質の武器を造り出せる。
クロケル・ケロリ
声 - 東山奈央[15]
誕生日:11月4日 / 身長:155センチメートル / 体重:魔りんご66個分! / 使い魔:ブリザードウルフ、スノーキングフォックス
名門クロケル家長女。一人称は「私」。魅力度51%。熱に弱く、能力の酷使や興奮するなどして体温が高くなると倒れてしまう。
実はアクドルのくろむとして人気を得ており、正体露見防止のため特注の超認識阻害眼鏡を常に掛け、アクドル活動時には外している。また、彼女自身も大のアクドルファンである。
幼少期は母親や兄妹と同じように笑顔を見せない性格で優秀な兄妹と常に比較されていたころ、アクドルの映像に魅了されたことから、家族を見返すためにアクドルとして活動、自分より目立っている入間に嫉妬しているが、同時に窮地を救われた恩から好意を持つという複雑な感情を抱いている。
収穫祭ではカムイと組み、たくさんの魔獣を従えて魔獣にポイントを集めさせていた。更に魔獣を使ってアロケル達と激闘を繰り広げるも叶わず、自身達をポイントにすれば勝てると言う魔獣達に対して自分がどんなに輝いてもファンがいなくては意味がないとし労いの言葉をかけた。収穫祭以降は魔獣や一部の生徒から女王と呼ばれているが本人は恥ずかしがっている。大武道会では勝利のために収穫祭での約束を使って入間とリード、更に突然空いてしまった枠を埋めるためにその場に訪れたアメリを引き連れてチームデビムスとして出場した。第7種目の大騎馬戦で負けたことから焦るも励ましてくれた仲間達の姿を見て自分が一人じゃないことを自覚し、序盤はロックでカッコイイ姿を見せ、後半でとびっきり可愛い姿を見せる作戦を立て、ライブを大成功させた。
家系魔術は「氷面(ひょうめん)」。水の温度の調節、特に冷却を得意とする。その応用なのか本質なのかは不明だが、氷を自在に操ることができる。
アンドロ・M・ジャズ
声 - 柿原徹也[16]
所属師団:魔術開発師団 / 使い魔:スプ(スプリット・ウルフ)
アンドロ家次男。窃盗癖から頻繁に金品を盗むため、購買部からブラックリスト入りされており、入学時もスリが原因で問題児クラスへ。勉強は苦手だが計算など数学が得意で頭も切れる。周りの生徒からもクールで大人っぽいと称されている。一族の方針から優秀な兄に常に馬鹿にされ、その経験から頼りにされると期待に応えたいという願望が強く、自身が頼りにされる「お願い」を拒否出来ない。仲の良いリードからは「ジャジー」と呼ばれている。収穫祭の時はアロケルとパートナーを組む。
一族の家訓は「卑しいことこそ美しく」。無駄に指が動くとカチカチと音が鳴り相手に気付かれやすくなる指輪を、自分への枷として全指に着けている。限界まで開いた指がまるで蛇であるかのように自在に動く技を持つことから、「蛇使いの盗賊(サーペントシーフ)」の異名を持つ。
ウォルターパークで魔獣に襲われた際、ギメルだからリーダーだと前に押し出され危うく餌食になりかけた(一緒に行動していたリード、ゴエモン、カムイは全員ベト)。
アンドロ家は完全実力主義“盗った方より盗られた方が悪い”な家系のため、実力が上のため言い返せず何もかも一流に悪い兄を持つ彼は領域を侵され続けた(主に身に付けていた財布や時計を盗られたり、自分の部屋に女連れ込まれて酒盛りされた)せいか『自分に弟か妹がいれば絶対優しくするのに』と言う考えを持ち続けていた。
終末日前の家庭訪問の際にカルエゴから盗みがバレた時の逃亡策を考えるように言われ、兄から渡された“破耳笛”を首飾りのように下げており、ウォルターパークに出現した魔獣、青牛を倒すためリード、ガープ、カムイと連携して青牛を(一時的に)倒した。
収穫祭では当初アロケルとの協力で他の生徒を騙し順調に点数を重ねていたものの、オロバスの策略によってリタイアとなってしまう。しかしそれでも諦めずに、リタイアした者が行くテントからオロバスの行動を監視し、アロケルに連絡することで一矢報いる。
一時収穫祭でオロバスが優勝の名乗りを受けた際、異議を唱えて教師達が見落としていたポイントの存在を指摘した。
収穫祭後の打ち上げで兄弟子にあたるドロドロ兄弟に出会い「俺らの師匠は最高だよなぁ!」と言われ瞬時に「ちょっと何言ってるか分かりません」と答えて話が噛み合わないと判断した。
自身の使い魔である「スプ」があまりにも自分のイメージと違うことを悩んでいる(本来は体が大きくて凶暴な見た目なのだが、彼のは何故かキュートな子犬になっている)。だが、自分と同じ盗み癖があったことで、自分らしいと納得した。
家系魔術は「盗見(ピット)」。対象が隠し持ったものを見抜き、盗むための最短ルートを視ることができる。盗む以外に射撃などでも応用が利く。
シャックス・リード
声 - 山谷祥生[16]
誕生日:9月 / 所属師団:遊戯師団 / 使い魔:クレバーモンキー
シャックス家長男。騙す快感と消耗するスリルを好むお調子者なギャンブル狂のゲーム好きな美少年。入学時にギャンブル騒動を引き起こし問題児クラスに編入となったお調子者のムードメーカー。一部の友人を愛称をつけて呼んでいる。
身長が低いことがコンプレックスであり、普段は尻尾を支えに浮くことで背を誤魔化している。姉のジャッキー曰く元々は特別親しい友人も作らず、つまんないが口癖であったが、今では本人もクラスメイトが大好きだと認めている。
収穫祭では入間のパートナーとなり、それ以降彼を家に呼んだりするなど親しくなっているが、お互いに自分の方がお兄さんであると頑なに主張し合っている。
収穫祭では修行によって身につけた凄まじい集中力から伝説のリーフの情報を手に入れ、入間と共に若王となった。その後収穫祭の約束を果たすために大武闘会に出ることになり、イルミとくろむの正体を知る。大武闘会ではリンディとして女装し、第5種目のしっぽ綱引きに参加した。女性の悪魔との綱引きを望んでいたが相手が何故か男ばかりであり、怒りからビーバ達に圧勝するもギャリーに敗れる。大武闘会後は自身が戦ったビーバ達から興味を持たれているが、本人は嫌がっている。心臓破りでは自分を慕う後輩のために奮起していたが、開幕直後にロビンの奇襲を受け、片方の風船を破壊されるものの咄嗟の判断で視界を奪いその場から逃れる。その後は暫く隠れていたが、やる気を出して部屋を出た瞬間にオリアスにもう一つの風船を破壊されリタイアとなった。
家系魔術は「感覚強盗(コントローラー)」。対象の五感を任意で強奪でき、その箇所は黒く変色する。複数箇所の強奪も可能だが、その場合魔力の消費も跳ね上がる。
イクス・エリザベッタ
声 - 本渡楓[17]
使い魔:フローラ、ルアージュ、リリアン(フローラル・パピヨン)
長身巨乳、魅力度89%の美女。色気はあるが勉強は不得手。「素敵な旦那様と幸せに暮らす」と言う野望を持ち、能力から無条件で異性の好感を得られることから純愛に強い憧れを抱いている。収穫祭ではクララと組み周りを魅了することでポイントを集めていた。終盤ではケロリ達と協力してアガレス達と戦い、それによってランク上がった。音楽祭では主役のリリスを務めた。
家系魔術は「好感度(フルラブゲージ)」。対象の嗅覚に働きかけ、自身に好意を抱かせ奉仕させる。ただし、術をかけすぎると使用者や相手を暴走させてしまう恐れがある。また、使用にはいくつかの制約(“密室”、“距離”、“好きな殿方には使わない”)がある。
カイム・カムイ
声 - 梶原岳人[17]
ですます口調の梟型の男子生徒。紳士だが根っからのオープンスケベで、セクハラにより問題児クラスへ編入。女体研究師団なる師団を独自に設立しようとするなど、カルエゴが感嘆するほど性知識への造詣が深い変態紳士(エロマエストロ)[注 1]
ハットとの修行において召喚術師としての能力ではなく魔獣を従える弁舌力を鍛えられ、収穫祭ではケロリが従えた魔獣の通訳と士気を高める役割を担っていた。アガレス達との戦いでは魔獣の指揮をとり戦った。心臓破りではマリアンヌ・ウズとチームとなる。チームが女子であることに大喜びして二人からはドン引きされ、マリアンヌに至ってはいきなり抱きついてきたことから逃げられた。その後を追いかけていた途中でアリスと合流。ミッションを聞くとアリスに燃やされながらも行動を共にし、その途中でさり気なく教師と出会った際の行動も決めていた。エイトに遭遇すると即座にアリスにその場を任せて理事長室に突入。待ち伏せしていた教師の一人・モモノキと交戦することになるも、一年生の使い魔を即座に使いこなし足止めを行う。
家系魔術は「翻訳(なかよし)」。生物の言語を自動翻訳し会話を可能にする。その本質は生物の統率。鳥類は統率が早い。本来ならば困難な他者の使い魔も統率可能。
アガレス・ピケロ
声 - 吉永拓斗[18]
常に寝間着で常時寝ている怠惰な男子生徒。雲のような使い魔を連れており、「ししょー」と呼んでいる。アイマスクを被っているが、素顔は絶世の美少年。その美貌はロノウェも嫉妬し、焦りを覚えるほど。普段からだらけている一方で非常事態に咄嗟に周りを守ったり、収穫祭で周りを助けようとするガープに厳しいながらも正論を述べたりなど冷静な一面を見せることもある。
サボリ癖が酷過ぎて問題児クラスへ。「出席日数は最低限で良い」と言う考えで不登校児に成っていたが、ガープに引っ張られて毎日登校し、そのお節介を疎ましく思いながらもつるんでいる。
家系能力の関係上感知能力が高く、ウォルターパークの際は魔力が三箇所に集められていることに唯一気付いたり、魔獣が現れたのをいち早く感知したりした。収穫祭ではガープと組んだ。この際、外で困っていた人を助けていた(ガープによって半ば無理矢理)ことで一部の生徒から「殿」と呼ばれている。
家系魔術は「寝床(マイエリア)」。地面を自由自在に操る。本質は寝床とみなしたものを操ることにある。ウェパルとの修行後は、堅牢な建造物を作り上げるほどに能力の質が向上している。
ガープ・ゴエモン
声 - 大河元気[18]
藁人形のような容姿の男子生徒。一人称は「拙者」で、語尾に「ござる」を付ける。実家は道場を運営している。
「『お仲間』を百人作る」と言う野望を持つ世話好きなお人好し。怠惰から一人でいたアガレスを放っておけずよくつるんでいる。収穫祭でもピケロと組んだ。収穫祭ではその性格故に困っている人を見捨てる様な真似はせず、アガレスに静止されたにも関わらず多数助けたが、結果としてその功績が2人のランクを上げることとなった。
家系魔術は「風太刀(かまいたち)」。風刃を自由自在に操る。
アロケル・シュナイダー
声 - 土岐隼一[19]
使い魔:スマートホーク
獅子型の男子生徒。惚けた見た目に反し、座学成績学年1位の「百識の王」。
収穫祭から鬣をオールバックにして伸ばし、マスクで表情を隠すようになる。パートナーはジャズ。収穫祭の途中でオロバスによってジャズがリタイアとなってしまうも、本来収穫祭が個人戦であることからリタイアテントを利用して、ジャズと共に一矢報いる。その後追い詰められても尚諦めずに行動しようとする入間達の元へと現れ、オロバスから手に入れたポイントを勝つときはジャズと二人でなくては意味がないからと入間に渡し、入間達に問題児クラスの勝利を託した。
王の教室解放の際に交渉したフルカスとは親身な関係にあり、その娘の誘いでサバト(合コン)に出席している。そのためプルソンからは彼女ができたのだろうと疑われている。
問題児クラス内ではアスモデウス共々家系魔術が一切不明。アスモデウスに関しては強力な家系魔術を持っているが本人がその使用を渋っていることなど多少作中で触れられているが、彼の場合は一度も触れられておらず完全に謎。
プルソン・ソイ
おかっぱ頭の男子生徒。家系の教えから他人に干渉することを避けており、入間たちクラスメイトとの接点はあまりなく存在すらもあまり認知されていなかった。一方彼自身は、クラスメイトがこっそり行なっていることを知っていて、クラスメイトのことを良く見ていた模様。
本来は饒舌であるが目立ってはいけないという父の教えに従い、母から渡されたトランペットを吹いて感情を発散するうち、バビルス生徒からはその正体を知られぬまま「妖精(ピクシー)」と呼ばれるようになる。
王の教室に居続ける条件から彼の位階を上げる必要ができたため、音楽祭にて活躍して欲しいと言われるも家の関係上当初は断っていた。しかし、入間の説得を受けたことで出場を決め必死に特訓する。本人はそのことに満足感を得ていたものの、父から音楽祭に出るのをやめて家に帰るように言われたことで、音楽祭に出たい思いと家族のことで板挟みになり姿を消す。その後入間に自分の恥ずかしい秘密を暴露されると言う予想外の方法で慌てて姿を現し、今まで自分が思っていたことを全て入間にぶつける。音楽祭当日もどちらを選ぶか迷い続けていたが母の言葉に背中を押され、音楽祭を成功させた。その後父に電話で音楽も当主の座も両方諦めずに新しい当主になると宣言した。
目立たないことを信条としているが女子にモテることも望んでおり、カルエゴにモテるための秘訣を尋ねた他、他校女子とのサバト(合コン)に出席したアロケルを咎めるなど男女交際について敏感な一面を持つ。心臓破りではセパータとニコマルとチームになる。本人は隠れてやり過ごそうとしていたが、チームの二人が巨大過ぎた上に、自身の魔術では他人までは隠せないことから何とかして隠そうとするも上手くいかず、自分では守れないことを謝罪をする。更にそこに追加の教師が纏めて来たことで追い詰められるものの、自分を慕ってくれる二人を隠すべく魔術が覚醒。兄に教えてもらった事を思い出して二人と共に隠れて一度はやり過ごすも、直後にアトリに気づかれてしまいリタイア。ショックを受けて酷く落ち込むも二人からは感謝された。
家系魔術は「認識阻害(にんしきそがい)」。姿と気配を消し去る。魔力量とイメージをコントロールする事で他者にも付与が可能であり、心臓破りの土壇場で覚醒した。

生徒会

ロノウェ・ロミエール
声 - 鈴木達央[20]
位階:へー(5)
名門ロノウェ家嫡男。2年生。元バビルス風紀師団団長。一人称は「僕」または「ロノウェ」で、時折語尾に「ロノウェ」を付ける。
非常に口達者で褐色長髪の美男子。ナルシストで周囲がウンザリするほど常にハイテンション。男に触られることが苦手だが、自分からだったり、親しい者ならば平気。父がウォルターパークの所有者であるため、そのコネで自由に堪能可能であり、その際に共に遊んだ入間を気に入っている。普段の態度から誤解されがちだが実力は高く、根は真っ直ぐとしており、ウォルターパークでの事件では避難所から体をはって方向を変えたり、音楽祭のヒントを与えたりしている。前音楽祭に優勝してアメリに初めて敗北を刻みつけた存在である。SD見習い[21]ミギ(声 - 舞原由佳)とダリ(声 - 土岐隼一)を侍らせることがある。
家系魔術は「注目(カリスマ)」。如何なる状況でも自身に注目を集められる。戦闘時に使うことで敵の視線を引き付け、囮になることも可能。
ザガン・ジョニー・ウエスタン
声 - 江口拓也[22]
眼鏡をかけた男性。かつては不良であったが、アメリにスカウトされ生徒会に入った。キッシュライトとは同級生であるが、先に生徒会に入っていたことから「先輩」と呼ばれておりそれを嫌がっている。
スピンオフ作品「魔界の主役は我々だ!」では、非公認師団である我々師団の公認許可に厳しい態度を取りつつもその成長には一定の理解を示している。
キマリス・キッシュライト
声 - 八代拓[22]
そばかすが特徴の男性。かつては引きこもりであったが、アメリにスカウトされ生徒会に入った。
同級生であるジョニーには敬語で接する。
グシオン・サニー・グレイヴ
声 - 石井マーク
後ろ髪を結んだ髪型の男性。かつて1人で修業をしていた所をアメリにスカウトされ、生徒会に入った。
アスタロト・スモーク
声 - 山本希望
アメリを除く上級生の中で唯一の女性メンバー。アメリが入間に好意を寄せていることを密かに見抜いている。
アンプシー・ナフラ
位階:ギメル(3)
常に悪臭を漂わせる全身ローブ姿の女性の悪魔。1年生。「口なしナフラ」の異名を持つ。なぜか近づいた者は卒倒するという噂がある。
普段の背丈は入間の半分にも満たないくらいだが、纏うローブは背丈を自由に変化させる特別な魔具であり、本来の姿は普通の悪魔と大差なく、中々の美少女でもある。
収穫祭ではあるきっかけで入間に懐き、終始入間の傍についてまわっていた。後にクララとも仲良くなり、「ギョーちゃん」と呼ばれるようになる。
「ぎゃ行」以外をあまり口にすることがないが、イントネーションで何が言いたいかは大体伝わっている。
初登場時は不気味な風貌だったが、入間に懐いて以降はその不気味さが薄れ、ぬいぐるみのような風貌に変わった。

魔具研究師団

アミィ・キリヲ
声 - 逢坂良太[23]山本亜衣(幼少期)
誕生日:13月13日 / 身長:162センチメートル / 体重:48キログラム(羽と尻尾除く) / 位階:ベト(2) / 所属師団:魔具研究師団(団長)
名門アミィ家嫡男。3年生。元祖返り。常に笑みを浮かべた京都弁のメガネの美青年。虚弱体質ですぐに吐血したり気絶してしまう。幼少期から魔力が少なく、親族から煙たがれている。魔力が一切ない入間と息が合い、入間達が入団することになる。首には魔力を溜めるネックレスをしている(事件の際に魔力を解放するために壊したが、音楽祭以降は入間と同じ指輪の形をしたものを着けている)。その本性は元祖返りした狂気的な思考の持ち主であり、他人が絶望の表情を浮かべることに興奮する。
幼少期には自身に親しげに話しかけてくれた少女・ナギ(声 - 佐々木未来)がいたが、彼女共々いじめられてしまい、ある日いじめっ子に大切な物を奪われ絶望した彼女の表情に興奮を覚え、自身が他人の絶望を好んでいることを知る。
サリバンがいない隙に学校の生徒と教師を皆殺しにしようと画策したが、計画に気づいた入間達によって止められてしまい逮捕される。その後自らの意志でウォルターパークへと送られ、ウォルターパークの破壊を兼ねて他の悪魔と共に行動していた。六指衆によって助けられ、そこまでの仲間を絶望した顔が見たいからと切り捨てた。音楽祭に紛れてバビルスの校内に入り、魔具研究師団でアリスと再会するも、彼がキリヲの本性に気づいたため撤退する。
家系魔術は「断絶(バリア)」。透明な障壁を発生させ、如何なる攻撃をも防ぐ。幼少期は油断すると解けてしまっていた。
エリゴス・シネル
声 - 利根健太朗
所属師団:魔具研究師団
2年生。非公式ファンクラブ「アメリ親衛隊」隊長。一人称は「我(こち)」。
絵に描いたようなオタクで、ある願望から解散選挙の引き金を引き起こした元凶。連行後は生徒会に扱かれ、魔具研究師団に押し付けられた。筆記試験では不正により補習地獄のため師団室で宿泊し、師団室を私物化している。

その他の生徒

入間の上級生
バディン・バラキ
声 - 八代拓
位階:ヘー(5) / 所属師団:放送師団(団長)
師団披露にてトラブルに動じず放送をし続けた功績が認められ特賞を受賞する。見事な披露を見せた入間達に賛辞としてくろむのライブチケットをプレゼントする。
ガルゥ[24]
所属師団:魔術開発師団(団長)
新魔術開発の功績により凄いで賞を受賞するが、その際にダリに「次は特賞を取る」と軽口を叩き合っていた。教師の弱みについて幾分か把握しているなど情報通。
入間の同級生
エイコ
声 - 浅見春那[19]
A組。巻末の「スキ魔」コーナーのヒロイン。
入間とアリスの決闘騒ぎで入間に救われたことがきっかけで彼に感謝と恋心を抱くようになるが、不運続きで入間と全く接触出来ていない。その後はアメリに救われ、アメリの熱烈なファンにもなる。
終末テストでは、入間の役に立とうと必死にテスト対策のノートを纏めていたが、結果的に自身の学力向上につながり、テストでは学年10位になるほどの成績を修める。
入学当初はアリスを苦手としていたが、後にお互いに入間を崇拝する同志であるとわかり、たびたび連絡を取り合っている。
ガー子
声 - 森永千才
A組。ドラゴン型の女子生徒で、エイコの友人。友達思いで、不運続きなエイコのことを心配している。
原作にはわずかなコマにしか登場しないがテレビアニメ版ではエイコに追従する形で大きく出番が増えている。
オロバス・ココ
位階:ギメル(3)
A組。人間態の上半身と馬の下半身というサテュロスのような体格と地に付くほどの長髪が特徴の眼鏡を掛けた男性。趣味は登山。
実技・座学成績学年2位。その後もあらゆる試験で2位を総なめにしている。「実は1位をとれるのにわざと2位をとっているのでは?」とすら言われる未知数な実力者だが、実際は成績首席をアリスとアロケルに奪われていることで偶然次席になっているだけに過ぎない。
2位を総なめにするあまり、周囲からは「2位信仰」と呼ばれ距離を置かれていたことから、問題児クラスに対抗心を交えた強い羨望を抱いており、家系能力に頼らずとも、自分の実力で問題児クラスを追い抜こうと日々自己研鑽に励んでいる。
収穫祭ではオチョに操られ、問題児クラスを標的に使わないよう決めていた家系能力を使ってポイントを集めていた。その途中で自身の行いに疑問を感じるもリードから伝説のリーフを奪う。入間とクララを追い詰めるも駆けつけたアリスによって重症を負うが、オチョから渡されたポイントにより自分の行いに疑問を覚えながらも若王となりかける。しかし、奪い返された伝説のリーフとジャズの機転によりポイントを抜かされ、問題児クラスの結束の力に敗れる。その後入間達に謝罪し、和解した。また、オチョに関する記憶もいつの間にか消された模様。
収穫祭後、距離を置かれていたクラスメイトとも打ち解けており、音楽祭ではA組の朗読劇の主役を務めた。この頃にひょんなことが切っ掛けでエイコと絡むことが多くなり、趣味の登山中に滝行していたエイコを発見し、保護する。
家系魔術は「幻燈(トラウマ)」。対象のトラウマを幻で再現し見せる精神系能力。ただし、術者には対象がどんな幻を見ているのか把握することができない。
アンドロアフレス・イチロ、アンドロアフレス・ニロ
位階:ギメル(3)
本来なら入間たちよりも1学年上だが、授業をサボって傭兵として戦場にいたため留年。「ドロドロ兄弟」で知られている。
幼少期から戦場の英雄に憧れ、家の家業に反発し入学早々脱走して北の戦場に行き死にかけた所をフルフルに救われ弟子入りした過去を持つ。
アリスとサブロがフルフルの弟子であると勘違いし、自分たちのほうが優秀な弟子であると敵愾心を燃やす。しかし、収穫祭終了の打ち上げでサブロから不思議そうなバラムを紹介され間違いが発覚。その後本物の弟子であるジャズとアロケルに出会い「俺らの師匠は最高だよなぁ!」と嬉しそうに叫んだ所、物凄い嫌そうに「ちょっと何言ってるか分かりません。」と言われてしまった。その後理由は不明だが、再度サブロの元へ訪れたらしい。
家系魔術は「逆鱗(スイッチ)」。相手を挑発して理性を削り正気を無くす精神系能力。声量によって威力が変わる。
ハルノ、アヅキ、コナツ、ドサンコ
声 - 三谷綾子(ハルノ)、山本希望(アヅキ)、舞原由佳(コナツ)、井澤詩織(ドサンコ)
B組。サバトで入間達と交流した。明るい性格をしたボブヘアの少女がハルノ、大人しい性格をした黒髪(テレビアニメ版では紺色)ロングヘアの少女がアヅキ、八重歯が特徴の活発な少女がコナツ、一つ目型の少女がドサンコ。
モブとして度々登場しており、アニメでも出番が多くなっている。
収穫祭では1日目にしてリタイアする寸前であったが、アガレスとガープに助けられて最終日まで生き残る。その経緯から彼らとは仲が良い。
ワルブ
所属師団:放送師団
情報収集に長けているが、熱中すると他の行動が疎かになりやすい。
ボボ
所属師団:魔植物師団
魔植物に関して知識が豊富。収穫祭においてアロケルと手を組んで他の仲間たちを出し抜こうとするも、ジャズ&アロケル組の策略により逆にポイントを奪われてしまう。
よっちゃん
声 - 山口智広
本名不明。C組[25]。仲間と共にクララの家系能力を利用していたが、入間に頼まれたアリスに粛清された。
メロニー[26]
B組。額の右から角が生え、左目を髪で隠した少女。姉御肌で、勝気な性格。
収穫祭の1日目でリタイアする寸前だったが、ガープに助けられる。
ギャッツ
C組。音楽祭におけるロック派リーダー。
クラシック派のボニーと対立するも、ロノウェの介入によりお互いを理解するようになり、それでも尚ロックの方が上だと譲らず本番においてクラシック派との真っ向勝負を演じる。
ボニー
C組。音楽祭におけるクラシック派リーダー。
ロック派のギャッツと対立するも、ロノウェの介入によりお互いを理解するようになり、それでも尚クラシックの方が上だと譲らず本番においてロック派との真っ向勝負を演じる。
入間の下級生
クロケル・チマ
位階:ギメル(3)
ケロリの妹。その名のとおり非常に小柄な少女。母親と同じくアクドルとして活動するケロリを応援しており、アクドル大武闘会では応援に訪れる。しかし姉を応援しようとした余り巻き添えを受けそうになり、デビムスが追い詰められるきっかけを作ってしまう。
自身が招いた窮地に泣き崩れてしまうも、その際に励まして涙を拭いてくれた入間に恋心を抱き、悪魔学校への入学を決意する。翌年度に主席入学し、アメリに宣戦布告するとともに入間へ「一番を奪る」と宣言する。
新一年生の26名選抜に選ばれ、心臓破りに参戦。組み分けはチーム・イルマとなる。
キョーシ・シーダと交戦した際には、入間を赤面させたシーダに入間との距離の近さにおいてマウントを取り、迷いの無さについては一定の評価を得たものの、実力では大きな差があったため風船を割られてしまう。
ケロリの他にも兄と姉がいるが共に本名不明。
サブノック・シルビア
声 - 浅見春那
使い魔:ガブライオン
サブノック家長女。サブロの妹。語尾に「ス」を付ける活発な美少女。サブロが中々実家に戻らないために師団披露の際、会えて嬉しいと喜ぶ。
バビルスにはサブロのひとつ下の学年に入学し、入学式にて隣の席に座っていたチマと親しくなる。
新一年生の26名選抜に選ばれ、心臓破りに参戦。組み分けはチーム・アスモデウス。
ゼパル・ゼゼ
使い魔:シャインピーコック
真っ赤な服に身を包み、「全智全能」と書かれた扇子を持ち歩く美青年。現役のモデビル(モデル)として活躍し、自身もその美しさを自覚し自信に溢れている。入試次席。
新一年生の26名選抜に選ばれ、心臓破りに参戦。組み分けはチーム・アスモデウス。
ストロー・フワトロ
位階:ベト(2)
26名選抜の1人。組み分けはチーム・ウァラク。長身の女子生徒で、クララとも気の合う明るい性格だが打たれ弱いところもある。家訓は「魔植物のようにド根性」。
ストラス家とは親戚関係にあり、スージーのことを非常に恐れている。
心臓破りにおけるスージーとの戦いでは、チームの能力を駆使した連携攻撃で一矢報いたものの、スージーの使役する魔植物によって身体を操られ自らの風船を割ってしまう。
家系魔術は「花吹(ハロー)」。どんな場所にでも花を咲かせることができる。
マルバス・F・ヤバシ
26名選抜の1人。組み分けはチーム・ウァラク。バビルス教師マルバス・マーチの親戚。
強面で愛想の悪い男子生徒だが根は素直で、協調性を重んじる優しく冷静な性格。クララとフワトロからは「いい悪魔(ヒト)」と評される。
家系魔術は「完璧把握(かんぺきはあく)」。あらゆる物質の構造を把握することが可能。
ヴィネ・ギャルソン
26名選抜の1人。組み分けはチーム・イルマ。眼鏡の男子生徒。顔の左半分が変色している。
入間のことを数々の優秀な悪魔を囲いハーレムを築いていると思い込み、そのハーレムに自分も加えられてしまうことを恐れ入間と距離を取りたがっている。
家系魔術は「毒牙(ポイズンエキスパート)」。背中に生えた牙角からあらゆる毒を分泌することが可能。毒を中和する解毒剤も作ることができる。
セイル・セパータ
26名選抜の1人。組み分けはチーム・プルソン。長髪長身の男子生徒。
ニコマルとともに音楽祭の映像で見たプルソンのことを尊敬しており、同じチームになったことに感激している。
家系魔術は「伸縮(しんしゅく)」。魔力が続く限り身体の一部を伸ばすことが出来る。
ニックス・ニコマル
26名選抜の1人。組み分けはチーム・プルソン。図体の大きい毛むくじゃらの男子生徒。
セパータと同じくプルソンのことを尊敬している。
家系魔術は「(詩共有(コネクター)」。自分のイメージした思考や感情を相手の頭に流し込むことが出来る。
フィーネ・マリアンヌ
使い魔:スケルドシャーク
26名選抜の1人。組み分けはチーム・カイム。黒髪ポニーテールの女子生徒。
格式高いフィーネ一族の令嬢。根っからのイケメン好き。
心臓破りではイケメンと同じチームであることを望んでいたが、まさかの変態のカムイとのチームだったことにショックを受ける。あまりのセクハラにカムイから逃げていた時にチーム・アスモデウスと合流し、懇願して一緒に行動してもらう。
ウズ
使い魔:ゴーレム
26名選抜の1人。組み分けはチーム・カイム。右目が前髪で隠れている女子生徒。
マリアンヌのSD。同じSDのオペラのことは畏怖している。先輩であるカムイを竹刀で追い回すほど気が強い。
エイタ
エイコの弟。入学式前に体調を崩したところを入間に介抱される。

教職員

バラム・シチロウ
声 - 小西克幸[27]
位階:ケト(8)
空想生物学担当教師。カルエゴとは元同級生で仲が良い。「守護の白鴉(ガーゴイル)」の異名を持つ。趣味は絵本作成で、内容は教材としてもとても分かりやすいものだが、外見と悪評のため誰にも読んでもらえなかった。
常にマスクを被った巨漢で、足は鳥のような鉤爪をしている。当初は足に着くほどの長髪だったが、筆記試験後はバッサリ切り、スポーツ刈りにした。しかし音楽祭間近に「羽毛期」と言うものに入り、入間の降魔の儀現在は肩の長さまで髪が伸びている。
牙が獰猛な上、過去の事故で左上唇が損傷して剥き出しになってしまい、周囲に脅威を見せつけないようマスクを装備している。その外見に脅えて生物が逃げ出してしまうため、生物や生徒を撫でまわす触り癖(スキンシップ)がついてしまい、外見が怖いため生徒からは敬遠されているが、当人は生き物好きの優しい性格の善魔。そのため魔生物の知識が豊富で過去にその知識を生かして誰も傷つけずに収穫祭で優勝し名前を刻んでいる。優し過ぎて入間にうっかり正体を明かされるほど。そのため、入間が人間であることを知る初めての部外者となり、彼を守るため協力者となる。収穫祭のための特訓ではアリスとサブロの師匠となって二人を鍛え、収穫祭では解説を行いつつ入り込んできた敵を探していた。音楽祭後はアリスから元祖帰りの話を聞いており入間にさりげなく注意を促している。
問題児クラスが2年生に進級した際に赴任したシーダ、アトリについては、家系能力には反応しなかったものの、その挙動等から危険悪魔と認識して警戒している。
家系魔術は「虚為鈴(ブザー)」。対象の嘘や不正を瞬時に察知する。
ダンダリオン・ダリ
声 - 石井マーク
魔界歴史学担当で教師統括。口癖は「建前は以上!」。柔軟で温和な教師で生徒から人気がある。よくスージーとコンビを組み、行事紹介を行う。温和ではあるが悪魔らしい攻撃的な気質を出すこともある。
カルエゴには畏怖する教師が多い中、態度を変えず接している希少な存在ではあるが、カルエゴが新任の時彼が教育係であった。しかし、その事実を知らない者達からは嘘や冗談と思われ信じてもらえなかった(後に家系魔術で嘘が解るバラムが本当だと伝えている)。
バルス・ロビン
声 - 吉永拓斗
使い魔学担当の新任教師。愛称は「ロビー」。真面目で丁寧な好青年だが一点集中すると他に目が行かない悪癖を持つ。一方で一度一点集中すると寝食なしでも平気でいられる強靭な精神力と体力の持ち主。使い魔授業の件でカルエゴから目をつけられてしまっているが、本人はその理由に心当たりが無い(集中するあまり学校へ来るのを忘れており、その間にカルエゴが使い魔になっていたことを知らない)。
収穫祭ではリードの修行を受け持ち、ひたすらにゲームをさせて集中力をつけさせた。リード達が若王になった際には他の教師と違い弟子の元へ駆け付けず、彼らに手を出したオチョに重傷を負わせた。
心臓破りでは、第一陣として出撃。開始とほぼ同時に弟子であるリードのチームメイト1名の風船を割った。
家系魔術は「一射必中(いっしゃひっちゅう)」。「百射百中」の派生能力で、放った矢は一切の干渉を受けず的に必ず命中する。1日1回しか使えないが、集中力が切れない限り永続可能。
ライム
声 - 山本希望
サキュバス誘惑学担当教師。サキュバス誘惑学師団顧問。サキュバス固有能力「審美眼(エロスコープ)」で対象の魅力(エロ)度が図れる[注 2]。アムリリスの弟子。
非常に色気の強い煽情的な巨乳の女性。過去に収穫祭ではその色気で生徒に食材を貢がせていたが、ある人物を誘惑出来なかったために準優勝に甘んじている。収穫祭ではクララとエリザベッタに修行をつけた。
オリアス・オズワール
声 - 梶原岳人
占星術教師。遊戯師団顧問。紳士だがかなり軽い性格。酒が飲めない。彼が来てから収穫祭の怪我人は大きく減ったらしい。王の教室の際にリードとエリザベッタとゲームで勝負し、家系魔術で圧倒するも彼らの作戦によって手を抜いてしまい敗れる。
プライベートではジャージ姿といったラフな格好をしており、家系能力も切っている。また、徹夜でゲームをして日中を寝ているなど不規則な生活をしている。
心臓破りでは、第一陣として出撃。開始から15分経った頃に少し本気を出して家系能力を使い、適当に投げたダーツでチーム・リードの最後の風船を割るが、逆ギレしたリード達に襲われる。
家系魔術は「占星(ラッキーハッピー)」。自身が起こすすべての事象が必ず幸運に繋がる絶対運。本人曰く、ラッキーでもカバーできないこともあるらしい。また、本人が無意識に手を抜いた場合は発動しない。
ブエル・ブルシェンコ
声 - 中村大志
回復術教師。D組の担任。右頬の傷とオールバックが特徴の男性。D組の生徒(主にスピンオフ作品「魔界の主役は我々だ!」の主人公・シャオロン)には苦労している。
入学式当日に、強い悪魔を倒せばランクを早くあげられると考えていたサブロに怪我を負わされ(治しはしたが痛いものは痛かったらしい)、それ以来サブロを恨んでいた。王の教室の許可申請の際には再び対面したサブロにサインする気はなかったが、入間との出会いで精神面での成長を遂げたサブロの姿を見てサインする。
心臓破りでは、第二陣として出撃。
家系魔術は「半永久(ヒール)」。魔力がある限り、どんな傷も瞬時に治せる。ただし痛みは遮断不可能。スピンオフ作品「魔界の主役は我々だ!」では生物のみならず壊された部屋の修復も行っている。
ストラス・スージー
声 - 新井里美
魔生物学教師。魔植物師団顧問。温和な性格の女教師。口癖は「ふい」。「植物の母」の異名を持ち、様々な魔植物を操り使役することが出来る。よくダリとコンビを組み、師団披露や収穫祭といった行事紹介を行う。
心臓破りでは第一陣として出撃。開始早々にチーム・ウァラクと交戦。危険な魔植物を操って窮地に追い込む。クララの自由な発想から生まれた反撃を受けてしまうが、それでも尚、大きな実力差を発揮し、チーム・ウァラクの風船を2つとも割る。
モラクス・モモノキ
声 - 朝井彩加[28]
位階:ザイン(7)
魔術基礎学教師。ポニーテールの美人教師。カルエゴに密かな好意を抱いており、エギーちゃんに変身したカルエゴに対して赤面しながら悶えたり、カルエゴの手帳を盗んだジャズからその手帳を入手した際に狂喜するなど、カルエゴへの恋慕が絡むと普段の冷静な表情を度々崩してしまう。新任の時はカルエゴが教育係であった。
心臓破りでは第二陣として出撃。ミッション"SOS"でサリバーンがいる部屋に現れ、チーム・カイム、チーム・アスモデウスと交戦。
家系魔術は「器用富豪(オールラウンダー)。あらゆる種類の魔術を習得できる。その威力は本人の魔力に比例する。
フルカス
魔術知識学教師。セミロングの妙齢な女教師。知識欲が貪欲で常に勉学を欠かさない。そのためアロケルと意気が合い、終末日には共に学会に出ていた。バビルス以外の学校に通っている娘がいる。
モラクス
声 - 下崎紘史
魔術知識学教師。顎鬚が特徴の老教師。フルカスに並ぶ貪欲な知識欲を持つ。色欲を捨てて勉学をしていたため、性知識に免疫がない。モモノキの祖父で、彼女に対して過保護なところがある。
マルバス・マーチ
声 - 中村大志
拷問学教師。黒髪セミロングで額が出ている男性教師。ロビンからは「ジミー先生」と呼ばれた。実はケロリのマネージャーの弟。カルエゴを苦手としている。
気弱そうな性格で事あるごとに慌てたり怯えたりすることが多いが、それとは裏腹に担当科目は拷問学(本人曰く「工芸の家系だから」とのこと)で、教師寮の自室にはカルエゴやダリですら引くほどの拷問器具がある模様。
心臓破りでは第二陣として出撃。
ムルムル・ツムル
精神医学教師。中性的な見た目の男性教師。アクドルファンで、教師寮の自室にはアクドルのグッズやポスターがたくさんある。
心臓破りでは第二陣として出撃。エリザベッタと戦いたいと思っている。
イポス・イチョウ
戦術学教師。長髪で白目が黒い男性教師。
進級した問題児クラスの新たな昇級試験を決める会議で、問題児クラスが調子こいていると意見したことで、他の教師達が悪ノリして心臓破りが実施される運びとなる。
心臓破りでは第二陣として出撃。座学学年1位のアロケルと戦いたいと思っている。
イフリート・ジン・エイト
学校警備教師。額に二本の角がある男性教師。喫煙家。
かつて炎の魔神・イフリートに挑みその炎を授かった悪魔・エイダが、その炎によって焼き尽くされて灰となり、その灰から生まれたイフリート一族の末裔。
心臓破りでは第二陣として出撃。ミッション"SOS"でサリバーンの部屋へ向かう途中のチーム・アスモデウス、チーム・カイムと遭遇。足止めを引き受けたアリスと交戦し、強力な火炎魔法で圧倒する。
カムカムさん
声 - 下崎紘史
売店員。万引き犯には竹槍で報復している。ジャズとクララを常習犯として出禁、ブラックリスト入りしている(クララの場合は商品を見たらそれを生み出せるからであり、あくまで威嚇しかしない)。
特別講師陣
バルバトス・バチコ
ロビンの従姉。一人称は「あッチ」。ツインテールゴシック・アンド・ロリータ風ファッションが特徴の美少女。可愛いものが大好きだが、非常に我が儘かつ気まぐれの強烈な性格をしている。常にココアシガレットのようなものを口に咥えている極度の甘党。傍若無人な面が強いが、バルバトス家を通して3人しかいない百発百中の弓の名手で「絶望の羽喰(アンデッド・アーチャー)」の異名を持っており、サリバン曰く13冠に劣らない実力らしい。サリバンには会うと赤面し目も合わせられないほど彼を尊敬している。13冠のパイモンとは犬猿の仲。
収穫祭の際にサリバン直々に入間の特訓を頼まれ承諾するも、途中までそのことを忘れ、彼を自分の舎弟の様な扱いをしていた。サリバンと再会した際に思い出し、彼に自分の弓を作らせるも、今までの弟子がみんな弓をあきらめ自身の元を離れたことから彼もどうせあきらめると期待していなかった。しかし、自身の予想を上回る弓を作り出した入間を認め、本格的に修行をつける。その最中で他の悪魔の様に諦めることなく直向きに努力を続ける入間に心を開いていき、自身の大切な弟子として扱う様になる(そもそも弓は性質上、熱中しやすく飽きやすい悪魔向けではなく、人間かつ我慢強い入間は非常に相性が良かった)。収穫祭後サリバンから入間が人間であることを知らされる。
食王・べへモルトが行方不明で、その捜索に天眼・アスタロウが尽力しているため、新13冠候補として名が挙がっている。
大頭領と呼ばれる一族の長から「アクドル大武闘会」のイルミ、特に的当てを見せられ瞬時に正体を把握。嫁入りさせたい、ロビンはどうかと言われ慌てて自分が探すから任せて欲しいと提案した。その後入間に人間の自覚はあるのかと怒涛に責め、「今後女装したとしても弓矢は使うな」と忠告している。その後彼にプレゼントとして羽の耳飾りを渡した。
家系魔術は「百射百中(ひゃくしゃひゃくちゅう)」。一度に百本の矢を発射可能だが、命中率は射手の技量で決まる。
フルフル
魔谷大戦三大英雄の末裔で、ドロドロ兄弟の師匠。地底学院ジャカポの卒業生。周囲から「フルフル軍曹」と呼ばれている智将。収穫祭ではジャズとアロケルに修行をつけた(正確には彼は直接修行をつけていないが彼の連れて行った店で様々なことを学んだ)。ドロドロ兄弟からは非常に慕われている一方、ジャズ達からはクズ呼ばわりされている。ジャズとアロケルが収穫祭で昇級できなかったことで彼等をあざ笑ったが、一方で新しい遊びとして二人に強い興味を持っている。
かつての教師であるベリアールからラズベリィの教育係を持ちかけられるも、ジャズとアロケルとの遊びに夢中であることからそれを拒否した。
ウェパル
セイレーンのような容姿が特徴の女性悪魔。「号泣女帝」の異名を持つ、水魔法の達人。魔海学園レビアロン卒業生。
常に水溜りが出来るほど泣いており、ネガティブかつ臆病だが、手加減が分からないスパルタな性格で家族にも教職は不向きと思われていた。収穫祭ではアガレスとガープに修行をつけた。その後自分の想像以上の成果を見せた二人の弟子に期待している。
かつての教師であるレディ・レヴィからレイヂの教育係を持ちかけられるも拒否し、代わりに競う相手として自らの弟子たちを推薦した。
ハット
一流の召喚士で周囲から「ミスターハット」と呼ばれている。「調教紳士」の異名を持ち、名前の前に男性には「J(ジェントル)」、女性には「L(レディ)」と付ける。13冠のパイモンの執事でもある。
口髭とシルクハット、片眼鏡が特徴の紳士で、常に紅茶を嗜んでいる。収穫祭ではケロリとカムイに修行をつけた。
主人であるパイモンからTS計画に関する命令を受けたものの、自分の想像以上の結果を出した二人に期待を寄せており、彼らを育てることを優先する意思を告げて命令を拒否して弟子へプレゼントを渡した。本人曰く、彼等師匠からのプレゼントは自分達が期待している弟子だということを表すためのしるし。

魔王・13冠

デルキラ
声 - 三木眞一郎
先代魔王。現在、行方不明でその魔王の椅子は数百年間空席となっている。「消失の魔王」の異名を持つ伝説的な存在。当時側近だったサリバンを「サっちゃん」と呼んでいた。「伝説のリーフ」に対して悪魔らしくない悪魔に出逢いたいという願いを込めており、その伝説のリーフからは何故か魔界には無い桜が咲いた。
ベリアール
声 - 麻生智久
13冠にして魔界三傑の一柱。地帝学院ジャカポの学長。褐色で痩躯の老魔だが、ギャグシーンでは二頭身の卵体系になる。次期魔王候補の1人だが孫を溺愛しており、次期魔王の座は関心がない。サリバンを次期魔王に推挙。
TS計画では自身の孫であるラズベリィを推薦。
ラズベリィ同様に入間とレイヂの食べっぷりを見て「じぃじも怖い」と呟いた。
レディ・レヴィ
声 - ならはしみき
13冠にして魔界三傑の一柱。水中艦校の魔海学園レビアロンの学長。三傑紅一点で二人より2歳年下のシスター風の衣装を着た女性。次期魔王候補の1人だが孫を溺愛しており、次期魔王の座は関心がない。サリバンを次期魔王に推挙。
TS計画では自身の孫であるレイヂを推薦。
ベルゼビュート
声 - 上田燿司
13冠。英傑次席。8代に続いて13冠に属している名門。まとめ役の苦労人。魔界三傑からは「ベル坊」と呼ばれている。
アスタロウ
13冠。天眼。サングラスドレッドヘアが特徴。次期魔王にレヴィを推挙。行方不明となったベヘモルトを探している。
アスモデウス・アムリリス
声 - かかずゆみ
13冠。色頭。アスモデウス家現当主。妖艶の美女でアリスの実母。ライムの師匠。一人称は「アムちゃん」。息子のアリスをちゃん付けで呼ぶほど溺愛しているが、アリスからは若干の苦手意識を持たれている。勘が異様に鋭い。自身が人間であることをアリス達に伝えるべきか悩んでいた入間にアドバイスを送った。
アマイモン
声 - 田所陽向
13冠。四方筆頭。人狼。次期魔王にベリアールを推挙。「13冠の集い」の出席率の悪さや態度の悪いバールに対して苦言を呈しているが、パイモンが椅子に座るのを手伝って上げたりと根は優しい。
ベヘモルト
声 - ロバート・ウォーターマン
13冠。食王。肥満の巨漢。バビルスの師団披露直前の時期に行われた「13冠の集い」では食物の乱獲を憂いていた。月越し直後の時点では行方不明となっている。
アザゼル・アンリ
声 - 遊佐浩二
13冠。魔関署警備長。アメリの実父。サリバンを人間界への不正渡航と入間がニンゲンであることを疑っている。入間と接触した当初は彼に好感を抱いていたが、親馬鹿でアメリが好意を寄せていると知ると彼を警戒し、目の敵にするようになる。
パイモン
声 - 櫻庭有紗
13冠。精霊主(妖精王)。美少女だが訛りの強いズーズー弁口調。アマイモンと仲が良いが、バチコとは犬猿の仲。次期魔王にサリバンを推挙。
バール
声 - 諏訪部順一
13冠。雷皇。サブロの叔父(父の弟)だがサブロ曰く本当の兄弟ではない。大柄な青年で13冠の中では若輩者だが、常に不遜な態度を取り、目上に対しても物おじせず意見をするほどの胆力の持ち主。
今の平穏な魔界に不満を抱いており、かつての混沌として魔界に戻すべく裏で魔界秩序崩壊を狙う黒幕。バビルス卒業生で元魔具研究師団に属しており、その頃にキリヲと知り合う。幼少期からすでに「元祖返り」の血が濃いキリヲを気に入り、彼の後見人のような立場にあり、よく怒鳴ったりするものの彼に物や知識を与えている。
兄・サブザンに武器の依頼に来た所、帰省したサブロに出会い、彼を次期魔王に推薦する意思を述べるも、自身の力で魔王への道を目指すサブロには断られた。その後、武器を受け取った際に家族に関わるなと警告を受けた。
グラシア
13冠。暗帝。13冠で唯一姿を見せていない。
アムドゥスキアス・ポロ
元13冠。音魔。長身かつ美形の男性だがオカマ口調で基本的にテンションが高く、感情の起伏が激しい。男好きでもあり、バビルスではカルエゴのことがお気に入り(後にサブロも気に入る)。自身のことはポロちゃんと周りに呼ばせている。サリバンとは昔からの知り合いでおサリと呼んでいる。かつて魔王であったデルキラを心から慕っており、それ故に常に近くにいたサリバンに対し嫉妬していた。かつて演奏で敵軍を666時間食い止めた伝説の音楽家。耳が非常に良く、心音などから他者の感情を読み取ることが出来る。音楽に対しての想いは強く、厳格ながらもしっかりアドバイスを送り、相手の良い所は素直に認める。13冠を名乗っていたに相応しい実力を持ち、一音で並の悪魔を凌ぐ魔法を使い、六指衆を圧倒する程の力を持つ。
音楽祭では審査員の一人として招かれるが「王の教室」を開放したことに激怒しており、問題児クラスの元へ行き彼らに宣戦布告する。音楽祭が始まると、それぞれのクラスに厳しく採点しつつも一人一人に的確なアドバイスをしていた。そして、問題児クラスの演目「リリス・カーペット」では、他の審査員が満点の6点を出す中、下手なのにかつてのデルキラと自分とのやりとりを思い出させる入間に嫉妬して1点と最低点を出したが、すぐに「♭(6)」に書き直して彼らを称賛した。その後、問題児クラスの「王の教室」の屋上へ連れてきて、「ギメル(3)」以下の面々を「ダレス(4)」に昇格させ、入間には意趣返しで「ヘー(5)」に昇格させた。帰路に就こうとした時、変装してずっと近くにいたウエトトを捕らえて尋問し彼の失言に激昂して痛めつけるが、「デルキラと再び会う方法」についての取引に応じ、彼らに付いて行った。
音楽の高い才能を持つプルソンに興味を持っているようで、進級前に彼にプレゼントをあげている。

次期魔王候補

ベリアール・ベリィ・ラズベリィ
地底学院ジャカポ1年 / 位階:ヘー(5)
三傑ベリアールの孫。祖父同様の褐色肌でラフな服装をしている小柄な少年。明るく自由人で、入学式当日から数々の問題を起こしている。一方で食器の使い方はメチャクチャだが、食べ物を綺麗に食べる一面を見せている。
魔王となった際に作りたい魔界は「強い者が上に立つ、馬鹿でも分かる楽しい魔界」。
実力も高く、学園内に生徒では彼より上の人物が四人しかおらず、1200人の部下を持っている。
レイヂが暴食、入間が爆食なため、大量の食器という光景を目にした彼は、自分は少食ではないかと思わず口にした。
レヴィアタン・レイヂ
魔海学園レビアロン2年 / 位階:ヴァウ(6)
三傑レディ・レヴィの孫。目を覆うほど長い前髪の青年。礼儀正しい言葉遣いと態度に反して独断規律、傍若無人な人物であるが、本人はあくまでも自らの規律で行動していると豪語する。食べ方も肉などを手掴みで荒々しく豪快に食べる。一方で自分の意見をしっかり言える人物でもあり、勘違いによって入間に失礼な態度をとったことを後で謝罪するなど根は真面目。
魔王となった際に作りたい魔界は「自分の作ったルールを全ての悪魔に従わせる、規律の整った自由な魔界」。
学園の生徒達からは総司令と呼ばれる程のカリスマと高い実力を持つ。

元祖返り

オチョ
黒い前歯が特徴の男性。元祖返り。偽りの一番やみじめな部分を見て笑ったりするのが好きな「2番信仰」。普段は掴み所のない飄々とした性格だが、憤慨すると言動が荒くなるのが癖。
問題児クラスを陥れようと最高位の隠密魔術をかけた状態でバビルス1年生に紛れて収穫祭に参加し、オロバスの対抗心と家系能力に目をつけ、記憶操作の魔術を通じて彼を利用していた。常に彼を慕い付き従う腰巾着のような態度を取りながらも情報収集をし、別れ際にオロバスの記憶を消した。しかし、バビルスの教師までは欺けず、ロビンに腹部を射抜かれる重傷を負うもなんとか逃げ切る。その後、バールのもとへ行き、入間が人間であることを報告した。

六指衆(むさしのしゅう)

ウエトト
声 - 玉野翔矢
六指衆第一指。六指衆リーダー。平凡な容姿の男性。同じ六指衆から「ウー兄」と呼ばれている。人の記憶や写真の人物を消すなどの魔術を扱う。
ウォルターパークのスタッフとして潜入し、ロノウェの世話係を任されていた。脱獄計画後、自分達に関する関係者の記憶や写真の姿を抹消し姿を消す。
バビルスの音楽祭に潜入しポロに接近するも、正体を見破られた上にポロの逆鱗に触れる言葉を出した結果手ひどい制裁を受ける。しかし「デルキラに再び会う方法」を持ちかけ、ポロを引き入れることに成功する。
シーダ
声 - 澁谷梓希
六指衆第二指。三白眼の僕っ子口調の長身美女。
ウォルターパークのスタッフとして潜入し、迷子の入間を助けた後一時ともに行動し、一緒に写真を撮ったり観覧車に乗ったりしていた。
バールからデルキラの残したものを回収するよう命令を受け、2年生に進級した問題児クラスの実技を担当する新任教師としてバビルスに潜入。
教師はあくまでも任務のための手段ではあるが、生徒の能力向上に努める教師としての役割を遂行しようとする意志を持っている。また、ウエトトの魔術によって入間はウォルターパークで自分と出会った記憶の全てを失っているが、自分が消えた彼との写真を大切に持っているなど特別な感情を抱いている。
心臓破りでは第一陣として出撃し、チーム・イルマと交戦。ひと蹴りで壁を粉砕する脚力と、入間やチマが反応できない瞬発力といった驚異的な身体能力で圧倒し、チマの風船を割るがヴィネが空けた毒の穴で逃げられる。
ヒュダーリン
声 - ボルケーノ太田
六指衆第三指。ダンディな男性小人。周囲から「ヒュー」と呼ばれている。
ウォルターパークのスタッフとして潜入し、ミキィと「キャスリン」で勤務。脱獄計画時にトリトンの両手を握り潰し圧倒。
ミキィ
声 - 森永千才
六指衆第四指。眼鏡っ子美女。
ウォルターパークのスタッフとして潜入し、ヒュダーリンと「キャスリン」で勤務。
アトリ
声 - 橘龍丸
六指衆第五指。チンピラ風の軽い性格の長身男性。
ウォルターパークのスタッフとして潜入し、射的でジャズ達の遊び相手を務めた。キリヲの立場に疑問を覚えていたが、彼の性格を知り考えを改める。
バールの命令を受け、2年生に進級した問題児クラスの実技を担当する新任教師としてバビルスに潜入。
自分たちの危険さを察知して尚、牽制して威圧するバラムの態度に興奮している。
心臓破りでは第二陣として出撃。ソイの家系能力を見破り、チーム・プルソンの風船を2個とも割る。
マエマロ
声 - 佐久間元輝
六指衆第六指。カウボーイの格好をしたガイコツの悪魔。
ウォルターパークのスタッフとして潜入し、射的でジャズ達の遊び相手を務めた。

ウラボラス監獄

インプ・ロッキー
声 - 高橋良輔
額に大きな角が1本生えた囚魔。番号は1182番。希少食物の乱獲で懲役15年の刑を課せられた新入り。脱獄計画を企てていたドドド (声 - 中村大志)、バツ(声 - 宮田哲朗)、ロード・ルメロ(声 - 中西伶郎)らの誘いを受けて脱獄に加担するも、寸前でキリヲに切り捨てられて他の囚魔共々脱獄に失敗。キリヲと六指衆に関する全ての記憶を消された。
トリトン
ウラボラス監獄の副看守長。「握手のトリトン」と呼ばれ囚魔たちから恐れられる強者であるが、六指衆ヒュダーリンに得意の家系魔術が全く通用しないまま敗れる。
家系魔術は「握首(あくしゅ)」。万物を握り潰す力を持ち、監獄内においてはその能力を用いて囚魔の手足首を握り潰すことで、ひしゃげた手首に枷をはめる。

アクドル関係者

マル
声 - 篠田有香
くろむ(ケロリ)のマネージャーを務める眼鏡の女性。バビルス教員マルバス・マーチの姉。
魔苦針ドームの朝昼晩ライブで、くろむが倒れる原因を作った入間を責め、手伝いを申し出る彼を「あなたにできることなんてないわ」と突き放そうとした。しかし、入間達がアクドルに女装して会場を盛り上げたことで「とんだ逸材」と見直した。
大武闘会では、ギャリーによって引き抜かれたメルンに代わって出場しようとしたがみんなに止められる。
キュパ
くろむが所属するアクドル事務所デビムスの社長。おじゃる口調で喋り、「推じゃ!!」と書かれた扇子を持ち歩く。
音楽祭の審査員としてバビルスに訪れる。公演後、ケロリにヘルダンスの成功を讃えた。
マチャラ
大武闘会の司会。
ゴンテツ
年配のアクドル専門家。自身もかつてはアクドルとして活躍し、"脚光の一角獣"の異名を持つ。
大武闘会では解説を務めるが、セクハラ発言したり自前のカメラで女性アクドルを撮影したり、男性アクドルには何も喋らないなどあまり真面目に解説していない。
ギャリー
力強い歌声と派手なパフォーマンスで人気のアクドル。キラーチューン所属。元はくろむと同じくデビムスに所属していた。一人称は「あたし様」。
「強欲の歌姫」の異名を持ち、欲しいものを必ず手にしてきた。自由奔放な人物で敵チームを魅了して自分の仲間にしたり、イルミ(女装した入間)に何度も「ブス」と呼んだりする一方で敵チームでも自身のファンならばサインを書くなどファンは大事にしている。くろむと何かと対立しているために不仲説が流れているが、実際はくろむを最高の女であると認めており、くろむと結婚することを野望としている。イルミを敵視しているのも自分を差し置いて彼女の横で歌ったから。
大武闘会で、第5種目のしっぽ綱引きでリンディ(女装したリード)達に圧勝して一位をとり、更には第7種目でもケロリ達に勝利して彼女達を追い詰める。更に得意のロックで確実な勝利を狙いに行くも、カッコイイと可愛いを両立させたデビムスに敗れる。その後結果発表に遅れて現れ、改めてくろむに告白した。またイルミのことも認め、彼女(本当は男だが)をくろむのついでに自分の物にしようとしているが、その所為でくろむから冷たい目で見られ他人行儀されたことに動揺する。
メルン
デビムス所属の農地生まれで大自然育ちの新人アクドル。野菜を差し入れしている。
事務所では数少ない動けるアクドルで、大武闘会ではデビムスチームのメンバーだったが、本番前にギャリーにナンパされて篭絡されて向こうに移籍してしまう。
ネネット
アクドル事務所ムーンプロ所属のアクドル。おかっぱ風の髪型の女性アクドル。
大武闘会では、最後の種目のロックに出れる上位4チームに残るが、ギャリーの演奏をみて敵わないと悟り棄権した。大武闘会後は、悪周期状態のイルミを慕い、ゴンテツからイルミの写真を手に入れている。
ビーバ
アクドル事務所ヘルスカイ所属の男性アクドル。常にキラキラしているさわやかなイケメンで、かなりナルシストな性格。
大武闘会で、第5種目のしっぽ綱引きに出場しリンディの初戦の相手だったが瞬殺された。最後の種目のロックに出れる上位4チームに残り、1番手だったが途中でギャリーに乱入された上に自分達以上に盛り上げたことで引き下がった。大武闘会後はリンディに興味を示して積極的に話し掛けていた。
レジン
ヘルスカイ所属の男性アクドル。クールな長髪のイケメン。
大武闘会で、第5種目のしっぽ綱引きに出場しリンディの二回戦の相手だった。大武闘会後、彼もリンディに興味を示し、リンディをめぐってビーバと火花を散らしていた。
サジャ
位階:ギメル(3)
アクドル事務所ベルラブ所属のアクドル。
若くして「ギメル(3)」になったことで注目されていた。

バビルス関係者の家族・親族

アスモデウス・ビオレ、アスモデウス・リリー
声 - 山本希望(ビオレ)、三谷綾子(リリー)
アリスの親族。ビオレが長髪の美少女で、リリーが短髪の美少女。アリスのことが大好きだが、入間に傾倒して遊んでくれなくなったことに悲観している。
ダヴィデ
声 - 蓮岳大
アスモデウス家執事長。
クララ母
声 - 朝井彩加[29]
本名不明。子供達からは「マミー」と呼び慕われており、とにかく明るく天真爛漫な性格。クララやカルエゴですら振り回されるほど自由気まま。だが、入間の大食いっぷりには慄いていた。
クララ父
本名不明。子供達からは「ダディ」と呼ばれるが、冒険家で各地を旅しているため、本人は未登場。
ウァラク・ウララ
声 - 朝井彩加[30]
ウァラク家長男。姉のクララをはじめとする一家(父は不明)が揃いも揃って不思議系な性格なのに対し、ウァラク家と血の繋がりを疑うほど、真面目でしっかり者の好青年。このため他の兄弟からは逆に変だと思われており、入間とアリスからはウァラク家で一番やばい奴でと勘違いされている。
母曰く、「ウァラク家ではたまにウララのような子が生まれてくる」らしく、カルエゴに「遺伝子の抵抗が見て取れる」と思われた。
コンちー、キー坊
声 - 朝井彩加[29]
ウァラク家次男と三男。両者共に本名不明。
シンシン、ランラン
声 - 朝井彩加[29]
ウァラク家末男と末女。両者共に本名不明。家族からは「ちびーず」と呼ばれている赤子。
サブロ兄
サブノック家長男。本名不明。方向音痴らしく、師団披露の際はシルビアと来たにも関わらず2秒ではぐれた。
サブノック・サブザン
声 - 咲野俊介
サブロの父であり、13冠の1人であるバールの義理の兄の関係にある。普段は工房に籠りきりで鍛冶の仕事をしている。
息子であるサブロとの関係は良好ではなく、サブロからは向上心の無い悪魔だと思われ、自身もサブロが魔王になろうとする目標に反対している。彼自身はサブロが来たことを知ると仕事の手を止めたり、バールにサブロに近づかないよう告げるなど彼のことを嫌っているわけではない様子を見せている。
ヤマンダ
サブノック家のSD。サブロの幼少期から仕えている。
ケロリ母
声 - 舞原由佳
位階:ザイン(7)
本名不明。常に笑顔を見せることのないクールな性格だが、アクドルとして活動する娘を応援している。ただし、娘のライブを生で見たら興奮して倒れてしまうらしく、いつも実家から応援しているため、ケロリ本人は気づいていない。
ケロリ兄
階級、本名共に不明。母と同じ理由で実家でケロリを応援している。
母と性格も似ていて常にクールで無口だが、25巻カバー下の“216話のスキ魔”ではチマがバビルスに入りたいと母にお願いをしているのを聞きつつ、お茶を淹れようとした際に母が発した『好きな悪魔(ヒト)ができたのね』の言葉にあっさりチマが肯定したためか、お茶をぶちまけ思いっきり動揺した。
しかし無口なためか二人に大丈夫かと聞かれても頷いただけで声をあげたことはなく、主席で合格したチマに対して震えながらも『おめでとー!さすがチマ!!』と表示されたケロリからのメッセージをかがけていた。
ばあや
本名不明。幼いケロリにアクドルの映像を見せ、彼女をアクドルに導くきっかけを作った。
アンドロ・M・ロック
声 - 小西克幸
アンドロ家長男。ジャズの兄。酒癖や女癖はおろか、弟以上の手癖の悪さの持ち主。常に弟を小馬鹿にした態度を見せる飄々とした性格。そのためジャズからはかなり嫌われている。一方で師団披露に来たり、家庭訪問に応対したりと保護者代わりの行動もとっており、一応ジャズを気にかけてはいる。
シャックス・シャッキー
シャックス家長女。リードの姉。結婚と玉の輿に目がないがめつい性格で、男には見境のない貪欲な面が目立つ。
ロノウェ・ローズベルト
声 - 高橋広樹
ロノウェ家現当主。魔界有数の実業家。サリバンと懇意。息子のロミエールと同じく「ロノウェ」が口癖で彼を溺愛している。
ロミエールが「レジェンダディ」と呼ぶためか、自己紹介の際もそれを口にし彼とかぶって立って本人に「目立ちたがり」と言われていることからロミエールの目立ち癖は父親譲りと思われる。
その後サリバンと共にロミエールや入間達を“ウォルターパークを救った英雄”と大々的に発表したことで、翌日ホテルに記者が殺到した。
ソイ父
本名不明。ソイの父親で現在の一族の頭領。家系の問題もあって滅多に顔を見せないがかなりのイケメンらしい。妻やソイ曰く口下手。
ソイの兄・プルトンが行方不明になってしまったこともあり、才能のあるソイに頭領となる様に常日頃から言い聞かせてきた。息子が音楽祭に出ようとしていることを知るとバビルスに連絡をかけ、ソイにバビルスを辞めて家に帰ってくるように命じる。しかし、音楽祭の息子の姿を見て今までもっとしっかり見てかなかったことを謝罪し、その上で戻ってくる様に言ったがソイから凄まじい勢いでまくしたてられた。それに対しソイが初めて自分に意見を言ってきたことに驚きながらも妻と共に姿を消した。
ソイ母
本名不明。息子のソイとそっくりな顔をしている。言葉の溢れるソイに言いたいことがあった時のためとして楽器をプレゼントしており、幼いころから彼が楽器を演奏する姿を見ていたため彼の音楽に対する思いにも気づいていた。夫にベタ惚れだから夫の味方をしているが、一族の掟に対してはどうでもよく思っている(本人曰く中立なんてその人の主観だから)。音楽祭では迷うソイに声を掛けて、彼の背中を押した。
プルソン・プルトン
ソイの兄。ソイが幼い頃は一緒に住んでいたが、現在は行方不明。顔が常に認識阻害によって隠されていたため、ソイは顔を知らない。
ナベリウス・ナルニア
カルエゴの兄。魔関署の最奥を守護する。弟同様に厳格な性格の悪魔。
カルエゴの叔父
本名不明。カルエゴがバビルスに入学した時点ではバビルスの教師。
バビルスの番犬としての役割を担っているものの、カルエゴに金の無心をするなど自堕落でちゃらんぽらんな性格。

その他

メーメー
うさぎの様な耳を持つ小柄な多耳族の女性悪魔。魔ーケストラ「ダンテ組」を束ねる。
音楽祭の審査員の一人としてバビルスに訪れる。公演後、ソイをスカウトしていた。

魔獣・魔神

金剪(カナキリ)の長
声 - 中村大志
バビルス新入生が行う飛行レースにおけるコースのひとつである金剪の谷の頂点に立つ魔獣。
入間たちの学年が飛行レースを行った時点では、子ども(声 - 三谷綾子)が怪我を負っていたことから気が立っていたものの、子どもが入間(人間)の血で回復したことで気を落ち着かせた。
その羽根は入間が弓矢を形成する際の触媒としても利用されている。
青牛(マウンテン・ブル)
声 - 中西伶郎
六指衆がウォルターパークを破壊するために生み出した魔獣の一体。
ジャズ、リード、ゴエモン、カムイの連携攻撃ののち、カルエゴの降手の一撃によって倒された。
黄鼠(パンサー・ラッド)
六指衆がウォルターパークを破壊するために生み出した魔獣の一体。
複数の尾による攻撃や毒ガス、弾性に富んだ皮膚など多彩な特性を持つが家系能力を発動したアメリによって倒された。
赤龍(カーマイン・ドラゴン)
六指衆がウォルターパークを破壊するために生み出した魔獣の一体。
アリス、サブロの攻撃を受けながらも圧倒したが、生物の弱点を知り尽くしたバラムが召喚した木樹龍(ニギウプニル)との段違いな魔力の密度の前に倒される。
合成魔獣
青牛・黄鼠・赤龍が合体して生まれた魔獣。
強大な魔力を持っていたもののカルエゴ、オペラ、バラムの同時攻撃によって即座に倒された。倒されてもなお、残った魔力でウォルターパークの半分を焦土にしようとするも、ロノウェによって照準を外された上で入間の悪食の指輪によって魔力を全て吸い尽くされて完全に倒される。
トートー
知識を司る魔神。収穫祭では、バビルスの教師陣の召喚に応じ、神殿内にて後述の始まりのタネの番人を担っている。力付くで倒すか、何か面白い話を聞かせることでタネを授けてくれる。また、魔神ではあるが携帯を所持している。
常に新しい知識を求めており、収穫祭でその知識を得られると期待していたものの、長い間それを得ることが出来ず諦めかけていたが、入間とナフラによる「初恋メモリー」の再現シーンを見て感激、入間に始まりのタネを授け、彼と携帯の連絡先を交換した後、帰り道を教えた。
収穫祭終盤では、森林フィールドに満開した桜を神殿内から眺めた。
イフリート
炎の魔神。その身に纏う獄炎は魔界の炎の始祖とされ、あらゆる物を焼き付くし、焦土に変えた。

『魔界の主役は我々だ!』の登場人物

用語

魔術関連

口頭魔術(こうとうまじゅつ)
魔術の一つにして基本。呪文詠唱により発動。
無口頭魔術(むこうとうまじゅつ)
魔術の一つ。口頭魔術の上位互換で無詠唱で発動。口頭魔術より習熟に時間が掛かる。
家系魔術(かけいまじゅつ)
一般的に家系能力と称される魔術。各家系によって千差万別のため家の特定も可能。修行により強化される。
魔具(まぐ)
主に魔力を込めて使用する道具。

悪魔学校バビルス関連

三傑のサリバンが運営する名門学校。全6学年。生徒数666人。

問題児クラス(アブノーマルクラス)
素行が悪く気性の荒い悪魔でも特に一際問題のある悪魔だけが集められたクラス。通常落ちこぼれ組扱いされるが、現在の問題児クラスは入間を中心としたクラスメイトの数々の活躍でエリートクラスへと変貌しつつある。音楽祭以降はプルソンの存在が知られてクラスメイトが13人認知される様になったため、一部の生徒からは「バビルスの13冠」と呼ばれている。
王の教室(ロイヤル・ワン)
消失の魔王デルキラが在籍していた名誉教室。完全保管魔術を掛けているため常に清潔。デルキラ卒業後、絶対不可侵領域の魔界遺産として数百年間封印されていたが、入間達によって開放され問題児クラスの所有教室となった。

行事

位階昇級試験(ランクしょうきゅうしけん)
バビルスにおけるテスト。いわゆる定期考査。各試験に合格すると位階が昇級するが、成績が酷ければ最悪降格もありえる。
使い魔召喚試験(つかいましょうかんしけん)
バビルス入学後に最初に行われる1年生の位階昇級試験。召喚した使い魔が最初の位階決定の参考になる。監督官はナベリウス・カルエゴ。
飛行試験(ひこうレース)
囀り谷と金剪の谷を使用したレース。このレースにおける行動を「位階袋鳥(ランクふくろう)」が監視・考察し、生徒がこの鳥の胸にある袋に手を入れると、その生徒に見合った位階の章を授ける。1年生はこれによって最初の位階が決定される。
カルエゴによれば、位階袋鳥はここ数百年間鳴いたことすら無かったらしいが、入間が胸の袋に手を入れた瞬間凄まじい声で鳴き出してその場を飛び去り、入間は章の代わりに悪食の指輪が右手の指に嵌まった[注 3]
処刑玉砲試合(しょけいぎょくほうじあい)
処刑玉砲と呼ばれるボールを使ったクラス間での試合。主なルールは以下の通り。
 ・教師の決めたメンバーで、AチームとBチームの2チームに別れる。
 ・それぞれのチームから外野を一人ずつ選び、それ以外は内野。
 ・相手チームのボールに当たった場合、外野に移動。外野からの攻撃も可能。顔面はアウトで、ワンバウンドはセーフ。
 ・魔術の使用はボールのみで、相手チームへの直接魔術攻撃は不可。また、ボール以外(コートなど)に魔術を使用した場合、相手チームのコートに入った場合はアウト。
 ・チームの勝敗は、当てた生徒の位階によって評価も比例し、当てた生徒の位階が自分よりも高ければ位階昇格もある。
細かな差異はあるものの、基本的には人間界のドッジボールと同じだが、入間以外は全員悪魔で魔術も惜しみ無く使用するため、入間は特訓の日々を過ごすこととなった。
師団披露(バトラパーティ)
各師団による発表会および新人団員披露会を兼ねた恒例行事兼位1年生から3年生の階昇級試験。前夜祭・本祭に分かれており、本祭には各生徒の親も参加するいわゆる学園祭授業参観を合わせたもの。
終末試験(しゅうまつしけん)
座学試験。全学年共通の位階昇級試験でいわゆる期末試験。赤点のボーダーラインは40点。合格点によっては昇級が可能だが、赤点・不正行為は降格・補習処分になる。
終末日(しゅうまつび)
長期のストレス発散期間。いわゆる夏休み。期間は30日。学生は主に帰省したり師団活動に集中する。
収穫祭(しゅうかくさい)
1年生後期の位階昇級試験。試験時間は6666分(4日15時間6分)。総監督官はストラス・スージー。学校の裏庭にスージーが設置した森林フィールドで行われる。
ポイント制の試験で、自力で収穫した食材を、フィールドの各地にある報告筒へ提供することでポイントに変える。収穫祭における獲物の多くは10から150ポイントで、これらの獲物を大量に狩ってポイントを稼ぐのが基本的であるが、3000ポイントを越える獲物の場合、倒すにはチーム編成が必須となる。
偽食材の提出と他生徒への過度な攻撃は失格となる。また、試験時間を過ぎてからの収穫もバラムによるチェックが入る。一方で、相手を騙して食材を奪った場合は失格とはならない。
魔獣との戦闘も必須になるため、毎年怪我人も続出し、死傷者も出た年もある。自分ではどうにもならないような危機に陥った際は、リタイアを宣言することで教師による救出の後、脱落(リタイア)テントにて試験が終わるまで待機する。
若王(じゃくおう)
収穫祭において頂点に立った者に与えられる称号。歴代の若王は、後に魔界において重要な役職を担う存在となっている。
伝説の(レジェンド)リーフ
収穫祭の中でも単体で10万ポイントという他とは比にならない高得点が狙える最難関収穫物。かつて収穫されたことは一度もなく、誰も手に入れたことがない伝説の植物で、「収穫する条件が誰にもわからない」ということが伝説と言われている一番の理由。
音楽祭(おんがくさい)
1年生後期の位階昇級試験にして、1年生に残された最後の昇級機会。
合唱・バンド・舞台など音を楽しめればなんでもあり、目立った者勝ちの音合戦。招かれた高名な審査員3名に各持ち点6点から採点してもらう。
心臓破り(しんぞうやぶり)
入間達が2年生に進級して最初の位階昇級試験。問題児クラスのために新たに実施された問題児クラス13名と選抜された1年生26人との合同昇級試験。
問題児クラス1名と1年生2名でそれぞれチームを組み、1年生に付けられた心臓(ハート)に模した風船を悪役(ピカレスク)の教師(キョーシ)達から割られずに制限時間の66分間逃げ切ることになっている。
時間経過とともに教師達は増員され、さらに封印されている大怪魔"サリバーン"(サリバン)の復活を阻止する任務(ミッション)"SOS(サリバーンアウトストップ)"も追加される。
ちなみに、教師達も「自分の巡回ルートを外れない」「戦闘中に出くわしても加勢しない」などのルールを設けている。

師団(バトラ)

バビルスにおける生徒による団体活動。人間界の学校におけるクラブ活動に相当する。ルールはあるが形骸化しており力づくの新入生勧誘が行われ公的に「ルーキーハント」と呼ばれている。活動基準があり「3年生1名以上もしくはダレス(4)の団員3名以上の在籍」が基本条件。この条件が満たせない場合は複数の団長からの推薦状が必要。

生徒会師団(せいとかいバトラ)
バビルスの秩序の守護を担当。会長であるアメリのもと一枚岩の強固な組織作りが行われている。
解散選挙(タイマン)
師団と生徒会が解散を巡り全校投票を行う。生徒会が落選した場合当選師団に乗っ取られるが師団が落選した場合即時解散処分となる。生徒会に拒否権はない。
魔具研究師団(まぐけんきゅうバトラ)
魔具に関する研究及び修理を主な活動とする師団。現団長はアミィ・キリヲ。かつては現13冠のバールが団長を務め、元祖返り傾向の強い悪魔達の巣窟になっていた。
当初は団員がキリヲしかおらず、師団披露でも魔具をただ置物のように展示しているだけで目立たず、周りから「荷物師団」と嘲笑されていた。作中では入間、アリス、クララが入団し、後に生徒会によりシネルも無理矢理加入させられる。
放送師団(ほうそうバトラ)
学校の放送関係の活動をする師団。現団長はバディン・バラキ。
普段は地味だが、作中の師団披露での活躍が認められて「特賞」を受賞する偉業を成し遂げる。
魔術開発師団(まじゅつかいはつバトラ)
魔術の研究と開発を主な活動とする師団。現団長はガルゥ。ジャズが所属している。
師団披露で「凄いで賞」を受賞する。
サキュバス師団(サキュバスバトラ)
サキュバス誘惑学を極めることを活動とする師団。顧問はライム。
師団披露で「努力賞」を受賞する。
遊戯師団(ゲームバトラ)
あらゆるゲームを極めることを活動とする師団。顧問はオリアス・オズワール。リードが所属している。
魔王師団(まおうバトラ)
魔王に関する文献を読み考察談義をすることを活動とする言わばオタク系の師団。サブロが所属している。
風紀師団(ふうきバトラ)
かつてロノウェが在籍・団長を務めていた師団。
生徒会を一方的にライバル視しており、解散選挙を仕掛けるも敗れて解散となった。

魔界施設関連

魔界塔(バベル)
魔界のどこかにある666階建ての塔。
主に665階で13冠が集まって定例会議(「13冠の集い」)が行われている。666階は三傑のみが入れる会議室になっている。
地底学院ジャカポ
三傑のベリアールが運営する魔界西方の地下にある66階建てのタワー学院。
喧嘩や賭け、勉学など様々な勝負が日々行われている。
魔海学園レビアロン
三傑のレディ・レヴィが運営する海底にある水中艦校。
規律を重んじ品行方正な生徒の育成を第一としている。
ウォルターパーク
魔界有数の大型レジャー施設。悪周期のストレスを発散させるために造られた遊園地。ロノウェ家が創設し所有している。なお、園内には極端に治安の悪い裏道も存在する。
ウラボラス監獄
ウォルターパークの地下にある監獄要塞。悪事を働いた囚魔(囚人の悪魔)達が約1600名収容されている。ウォルターパークのスタッフは看守も兼任している。
囚魔の義務は労働と魔力提供で、囚魔の魔力がウォルターパークの動力となっている。
アクアケース
レディ・レヴィが運営する水族館。
水族館とプールが合わさったレジャー施設で、水着を着たまま館内を歩くことが出来る。

その他の魔界関連用語

悪魔(あくま)
魔界の住人。人間的な容姿から、獣人や半人半獣の姿など種類種族は千差万別。角の有無は悪魔によるが、翼と尾は共通。飽き性で忍耐力がなく、自身に無関係なことに関して酷く無関心な傾向が強い一方で面白いことや自身が興味があるもの、好物には滅法目がなくそれらに関しては没頭したり箍が外れやすい。名前は「家名・個人名」の順で、家名は始祖の悪魔の名である。
SD(セキュリティデビル)
悪魔に仕える存在。主人の命を守る他、ありとあらゆることを支える役目を持つ。
魔獣(まじゅう)
魔界の動物。苛烈な生態系により人間界の動物より賢く能力に富む。
魔神(まじん)
魔獣を超越した上位の存在。
使い魔(つかいま)
悪魔に使役された魔獣。使い魔になった魔獣が主人に反抗すると処罰(しつけ)という電撃を浴びる。
位階(ランク)
悪魔間におけるランキング。位階による上下関係が存在し魔界の秩序構築に役立っている。
悪魔学校の生徒は学内で催される試験や師団活動を通じて位階を上昇させることを目標としている。
10段階であり、ランクは「アレフ(1)」、「ベト(2)」、「ギメル(3)」、「ダレス(4)」、「へー(5)」、「ヴァウ(6)」、「ザイン(7)」、「ケト(8)」、「テト(9)」、「ヨド(10)」。各数値をゲマトリアのカタカナ表記で表している。
魔王(まおう)
魔界を統治する絶対的な存在。魔王になるにはヨド(10)のランクを有し13冠全員の承諾が必要。デルキラを最後に現在は空位。
13冠(かん)
魔界を代表する13人の高位悪魔の総称。
13冠の集い(サーティーン・ディナー)
13冠がバベルで一堂に会して魔界に関する事柄を話し合う会議。
悪周期(あくしゅうき)
定期的に悪魔に発生する発作。破壊衝動や犯罪行為など悪意への欲求が高まる。
元祖返り(がんそがえり)
常時悪周期にあるような悪魔的衝動が常に高い悪魔で、危険視もされている。「元祖帰り」「先祖返り」「祖先返り」と間違えられることが多い。他人の苦しみや破壊に強い快感を覚えるが、それ以外のことが楽しめないわけではなく、キリヲや六指衆も事件を起こすまでの行動をそれなりに楽しんでいた。
六指衆(むさしのしゅう)
元祖返りの6人で構成された犯罪集団。「あらゆる悪事にその団体あり」と謳われるほど魔界中に悪名が轟いているが、彼らに関する足跡がほとんどないことから謎に包まれている存在。
その悪名とミステリアス性から意外と人気もあり、子供が戦いごっこで六指衆と自称することも多い。
実は13冠の一人・バールと主従関係にある。
アクドル
魔界のアイドル。語源は「悪を取る」。悪周期になった衝動をアクドルの歌、踊り、姿を見て興奮することで昇華、発散させることができるため、アクドルの活動は重要視されている。
地獄踏み(ヘルダンス)
アクドル界の禁断のダンスと評される高難易度の踊り。その内容は6人組で息を揃えてピッタリと踊ることであるが、集中が苦手である悪魔にとっては想像を絶する苦痛となる。くろむも挑戦するもギャリー以外ついてこれず失敗。だが、音楽祭にて問題児クラス13人(厳密にいえば11人)で挑戦して見事成功する。
アクドル大武闘会(だいうんどうかい)
月越しに行われるアクドルの祭典。全魔界に生中継される大イベントであり、トップアクドルを目指す者たちにとっての憧れの大舞台。
月越し(つきこし)
13日間しかない13月。魔王が業務を離れる祝いの月であり魔界中で祭りが催される。
降魔の儀(こうまのぎ)
所謂、誕生日会のこと。人間界とは違い、毎年やるとは限らないとのこと。
TS(トリックスター)計画
月越し後の13冠の集いにて提案された、次期魔王を選び出し育成するための計画。13冠の全員に候補者を選ぶ権利がある。

人間界および共通関連用語

人間(にんげん)
人類。公では宇宙人幽霊のような扱いになっている。魔界生物は人間の血を少し浴びるだけで傷が治るなどその存在は特別。
現在、魔界では人間は架空の生物というのが一般的なのだが、人間界の実在や悪魔と人間との間に召喚・契約という関係があったこともごく一部の高位悪魔のみが認識・認知している状態。人間界への無許可往来は厳禁。
初恋メモリー(はつこい)
日本で100巻を超える大人気ロングセラー王道ラブコメ少女漫画。アザゼル家に代々伝わる書物らしいが、人間界の漫画がなぜ魔界にあるのかは不明。アメリはこの漫画の大ファン。一時期、入間もアシスタントとしてこの漫画に関わっていた。
召喚(しょうかん)
儀式の一つ。悪魔召喚と使い魔召喚の二つが存在する。
悪魔召喚(あくましょうかん)
人間が悪魔を使役する儀式。人間が対価を支払うことで悪魔が望みを叶える。
使い魔召喚(つかいましょうかん)
悪魔が魔獣を使役する儀式。
最初の召喚から1年を経過すると、使い魔との契約を更新するか解除するかの儀式が改めて行われる。更新する場合は使い魔に対して名前を与え、解除する場合は13時間の間、使い魔を召喚してはならない。

書誌情報

単行本

  • 西修 『魔入りました!入間くん』 秋田書店〈少年チャンピオン・コミックス〉、既刊27巻(2022年6月8日現在)
    1. 2017年7月7日発売[31]ISBN 978-4-253-22516-8
    2. 2017年10月6日発売[32]ISBN 978-4-253-22517-5
    3. 2017年12月8日発売[33]ISBN 978-4-253-22518-2
    4. 2018年2月8日発売[34]ISBN 978-4-253-22519-9
    5. 2018年5月8日発売[35]ISBN 978-4-253-22520-5
    6. 2018年7月6日発売[36]ISBN 978-4-253-22548-9
    7. 2018年9月7日発売[37]ISBN 978-4-253-22549-6
    8. 2018年11月8日発売[38]ISBN 978-4-253-22550-2
    9. 2019年2月8日発売[39]ISBN 978-4-253-22559-5
    10. 2019年4月8日発売[40]ISBN 978-4-253-22560-1
    11. 2019年6月7日発売[41]ISBN 978-4-253-22891-6
    12. 2019年9月6日発売[42]ISBN 978-4-253-22892-3
    13. 2019年10月8日発売[43]ISBN 978-4-253-22893-0
    14. 2019年12月6日発売[44]ISBN 978-4-253-22894-7
    15. 2020年1月8日発売[45]ISBN 978-4-253-22895-4
    16. 2020年4月8日発売[46]ISBN 978-4-253-22896-1
    17. 2020年6月8日発売[47]ISBN 978-4-253-22897-8
    18. 2020年9月8日発売[48]ISBN 978-4-253-22898-5
    19. 2020年12月8日発売[49]ISBN 978-4-253-22899-2
    20. 2021年3月8日発売[50]ISBN 978-4-253-22900-5
    21. 2021年4月8日発売[51]ISBN 978-4-253-22911-1
    22. 2021年6月8日発売[52]ISBN 978-4-253-22912-8
    23. 2021年8月6日発売[53]ISBN 978-4-253-22913-5
    24. 2021年11月8日発売[54]ISBN 978-4-253-22914-2
    25. 2022年1月7日発売[55]ISBN 978-4-253-22915-9
    26. 2022年4月7日発売[56]ISBN 978-4-253-22916-6
    27. 2022年6月8日発売[57]ISBN 978-4-253-22917-3

関連書籍

  • 西修、津田沼篤、コネシマ 『魔入りました!入間くんスターターBOX』 秋田書店〈少年チャンピオン・コミックス〉、2021年4月8日発売[58]ISBN 978-4-253-22500-7
  • 西修、プリンセス編集部 『魔入りました!公式アンソロジー 放課後の!入間くん』 秋田書店〈少年チャンピオン・コミックス〉、既刊1巻(2021年6月8日現在)
    1. 2021年6月8日発売[59]ISBN 978-4-253-22625-7
  • 西修(原作・絵)、針とら(文)『小説 魔入りました!入間くん』ポプラ社〈ポプラキミノベル〉、既刊3巻(2022年4月6日現在)
    1. 悪魔のお友達 2021年8月10日発売[60]ISBN 978-4-591-17073-1
    2. 入間の決意 2021年12月8日発売[61]ISBN 978-4-591-17196-7
    3. 師団披露 2022年4月6日発売[62]ISBN 978-4-591-17353-4

テレビアニメ

『週刊少年チャンピオン』2019年10号にて製作が発表され[63]、第1シリーズは同年10月5日から2020年3月7日までNHK Eテレにて毎週土曜17時35分から18時に放送された[64]。第2シリーズは2021年4月17日から9月11日まで、前シリーズと同じ枠にて放送された[65]。第3シリーズは2022年10月より放送予定[66]

ナレーションは郷田ほづみ[19]。本編終了後はミニコーナー『スキ魔』が放送される。

スタッフ

第1シリーズ[1][67] 第2シリーズ
原作 西修
監督 森脇真琴
シリーズ構成 筆安一幸
キャラクターデザイン 佐野聡彦
山本径子 原由美子
美術監督 吉田ひとみ
色彩設計 高谷知恵
撮影監督 千葉洋之
編集 石井知 小野寺絵美
音響監督 郷田ほづみ
音楽 本間昭光
プロデューサー 小原早織(第1シリーズ第21話以降)
藤田裕介(第20話まで) -
アニメーション
プロデューサー
關山晃弘
制作統括 吉國勲
福山剛 宮本未来
アニメーション制作 BNピクチャーズ
制作 NHKエンタープライズ
制作・著作 NHK

主題歌

OP・ED

「Magical Babyrinth」[68]
DA PUMPによる第1シリーズオープニングテーマ。作詞はSoflan Daichi・宮崎京一・KIMI(ラップ)、作曲は宮崎京一、編曲は飯田涼太。
「デビきゅー」[69]
芹澤優による第1シリーズエンディングテーマ。作詞はos.nishi、作曲はak.homma、編曲はMEG.ME
「悪魔学校バビルス校歌」[70]
悪魔学校バビルス 生徒の皆さんによる第1シリーズおよび第2シリーズ最終回のエンディングテーマ。作詞は西修、作曲は本間昭光
「No! No! Satisfaction!」[71]
DA PUMPによる第2シリーズオープニングテーマ。作詞・作曲・編曲はm.c.A・T、ラップ詞はKIMI(テロップ上では作詞と纏めて書かれる)。
「ココロショータイム」[72]
天月-あまつき-による第2シリーズエンディングテーマ。作詞は天月-あまつき-、作曲・編曲は本間昭光。

挿入歌

「クララランド〜奇跡のちゅちゅちゅ〜」[73]
仲良し満タン!ウァラク一家(朝井彩加)による第1シリーズ第8話・第19話挿入歌。
「キミの小悪魔黙示録」[73]
くろむ(東山奈央)とイルミ(村瀬歩)による第1シリーズ第21話・第22話挿入歌。作詞は西修、作曲・編曲は本間昭光。
「ロノウェのミュージカル」
ロノウェ・ロミエール(鈴木達央)による第2シリーズ第3話・第4話・第13話挿入歌。作曲・編曲は本間昭光。『ミュージックコレクション 悪MAX!!! Vol.2』に収録時の曲名は「太陽のロロロロロノウェ」。
「魔イ魔イティーチャー」
ウァラク一家(朝井彩加)による第2シリーズ第12話挿入歌。作詞は加藤還一、作曲・編曲は本間昭光。
「恋する乙女は最強無敵」
くろむ(東山奈央)による第2シリーズ第16話挿入歌。作詞は西修、作曲・編曲は本間昭光。
「ガヤガヤ森はスーパー魔ーけっと」
ウァラク一家(朝井彩加)による第2シリーズ第19話挿入歌。作詞は大島のぞむ、作曲・編曲は本間昭光。
「クララの子守歌」
ウァラク・クララ(朝井彩加)による第2シリーズ第19話挿入歌。作詞は大島のぞむ、作曲・編曲は本間昭光。

各話リスト

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督総作画監督放送日
第1シリーズ
第1話悪魔学校の入間くん 筆安一幸森脇真琴佐藤まさふみ原将治-2019年
10月5日
第2話使い魔、召喚! 辻橋綾佳
  • 桝井一平
  • キム・ウンヨン
原由美子10月12日
第3話入間とクララ稲垣隆行
  • 尾崎正幸
  • 米山浩平
-10月19日
悪魔のお友達
第4話問題児アブノーマルクラス 金杉弘子三沢伸菱川直樹
  • 山本径子
  • 邱明哲
原由美子10月26日
第5話魔王を目指す者
  • 森脇真琴
  • 稲垣隆行
馬引圭
  • 平岡雅樹
  • 上野泰寛
-11月2日
第6話アメリの仮説 井上美緒辻橋綾佳榎本守
  • 桝井一平
  • キム・ウンヨン
原由美子11月9日
第7話初恋メモリー 佐藤まさふみ野田康行-11月16日
第8話クララにメロメロ 大島のぞむ[74]大久保政雄中西基樹
  • 邱明哲
  • 山本径子
原由美子11月23日
第9話入間の決意、高鳴る努力 加藤還一辻橋綾佳
  • 永田喜敬
  • 林央剛
-11月30日
第10話激闘、処刑玉砲!! 菱川直樹
  • 桝井一平
  • キム・ウンヨン
原由美子12月7日
第11話使い魔といっしょ!金杉弘子佐藤まさふみ
  • 米山浩平
  • 尾崎正幸
-12月14日
師団バトラの挑戦
第12話1年生争奪戦ルーキーハント!! 稲垣隆行東田夏実
  • 山本径子
  • 邱明哲
原由美子12月21日
第13話魔具研究師団バトラ井上美緒三沢伸馬引圭
  • 平岡雅樹
  • 上野泰寛
-12月28日
13冠の集いサーティーン・ディナー
第14話師団バトラのお披露目 宮崎修治
  • 桝井一平
  • ジョン・ジヒ
原由美子2020年
1月4日
第15話キリヲの隠し部屋 加藤還一辻橋綾佳石田智子-1月11日
第16話前夜祭 三沢伸前屋俊広
  • 清水恵蔵
  • キム・ウンヨン
原由美子1月18日
第17話走れ入間、キリヲのもとへ! 筆安一幸菱川直樹
-1月25日
第18話心から望むもの 東田夏実
  • 山本径子
  • 邱明哲
原由美子2月1日
第19話全部拾いたい大島のぞむ稲垣隆行榎本守
  • 尾崎正幸
  • 米山浩平
-2月8日
家族との時間
第20話栄えある表彰柿原優子辻橋綾佳
  • 桝井一平
  • キム・ウンヨン
原由美子2月15日
人間の処遇
第21話アクドルくろむちゃん! 三沢伸川島博明
  • 平岡雅樹
  • 上野泰寛
-2月22日
第22話キラキラの衝撃 宮崎修治
  • 桝井一平
  • 山本径子
原由美子2月29日
第23話馴染みました!入間くん 筆安一幸森脇真琴中西基樹
  • 林央剛
  • 島村秀一
-3月7日
第2シリーズ
第1話指輪の秘密 筆安一幸森脇真琴中西基樹
  • 林央剛
  • 永田善敬
原由美子2021年
4月17日
第2話アメリの決断 辻橋綾佳
  • 志賀祐香
  • 中澤あこ
-4月24日
第3話乙女な悪魔 大島のぞむ森脇真琴川島博明
  • 武内啓
  • ファン・ミンジョン
原由美子5月1日
第4話生徒会長の眺め 馬引圭
  • 加瀬幸治
  • 杉田葉子
5月8日
第5話オトモダチご招待! 筆安一幸三沢伸霜鳥孝介
  • 桝井一平
  • ハン・ヒョンジ
5月15日
第6話王の教室ロイヤル・ワン 加藤還一東田夏実
  • 尾崎正幸
  • 米山浩平
-5月22日
第7話悪魔学校バビルスの教師たち 中西基樹高橋晃5月29日
第8話道化師の奇跡 辻橋綾佳
  • 武内啓
  • フォン・ミジョン
原由美子6月5日
第9話魔界のお勉強 井上美緒吉田徹霜鳥孝介
  • 永田善敬
  • 林央剛
-6月12日
第10話バラムの授業 馬引圭
  • 加瀬幸治
  • 杉田葉子
原由美子6月19日
第11話終末テスト守護このみ中西基樹
  • 桝井一平
  • ハン・ヒョンジ
6月26日
ガールズトーク
第12話カルエゴ先生の家庭訪問 加藤還一馬引圭球野たかひろ
  • 尾崎正幸
  • 米山浩平
-7月3日
第13話ウォルターパーク 辻橋綾佳霜鳥孝介高橋晃7月10日
第14話みんなの遊び相手 井上美緒東田夏実
  • 武内哲
  • ソン・ヒョンジュ
原由美子7月17日
第15話魔獣襲撃 筆安一幸辻橋綾佳
  • 林央剛
  • 永田善敬
7月24日
第16話この感情の名前は 千明孝一
  • 辻橋綾佳
  • 中西基樹
  • 加藤幸治
  • 原由美子
-7月31日
第17話最強の矛 守護このみ
  • 馬引圭
  • 東田夏実
高林久弥
  • 桝井一平
  • ハン・ヒョンジ
原由美子8月7日
第18話僕の欲 井上美緒
  • 三沢伸
  • 辻橋綾佳
霜鳥孝介
  • 米山浩平
  • 尾崎正幸
-8月14日
第19話クララのお家 大島のぞむ辻橋綾佳高橋晃8月21日
第20話夢見るデート 井上美緒宮崎修治
  • 桝井一平
  • ソン・ヒョンジュ
原由美子9月4日
第21話魔界を統べる者 筆安一幸東田夏実
  • 林央剛
  • 吉田和香子
9月11日

BD / DVD

発売日[75] 収録話 規格品番
BD DVD
第1シリーズ
1 2019年12月20日 第1話 - 第4話 EYXA-12785 EYBA-12779
2 2020年1月31日 第5話 - 第8話 EYXA-12786 EYBA-12780
3 2020年2月28日 第9話 - 第12話 EYXA-12787 EYBA-12781
4 2020年3月20日 第13話 - 第16話 EYXA-12788 EYBA-12782
5 2020年4月24日 第17話 - 第20話 EYXA-12789 EYBA-12783
6 2020年5月29日 第21話 - 第23話 EYXA-12790 EYBA-12784
NHK Eテレ 土曜 17:35 - 18:00
前番組 番組名 次番組
魔入りました!入間くん(第1シリーズ)
メジャーセカンド(第2シリーズ)
ラディアン(第2シリーズ、再放送)
魔入りました!入間くん(第2シリーズ)

スピンオフ

公式アンソロジー

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ テレビアニメ版では「変態紳士(ピンクマエストロ)」に変更されている。
  2. ^ テレビアニメ版では「審美眼(イロケスコープ)」および魅力(イロケ)度に変更されている。
  3. ^ このことに対し、サリバンは「位階袋鳥はたまに変な物を出す」「千年を生きていればレアなパターンもある」と語った。

出典

  1. ^ a b アニメ「魔入りました!入間くん」2019年10月から放送決定!!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2019年3月11日). 2019年3月11日閲覧。
  2. ^ a b c d お人好し少年が悪魔学校で奮闘!週チャン新連載「魔入りました!入間くん」”. コミック ナタリー (2017年3月2日). 2017年11月16日閲覧。
  3. ^ a b c 人間の少年が魔界の学園で奮闘するコメディ「魔入りました!入間くん」1巻”. コミック ナタリー (2017年7月7日). 2017年11月16日閲覧。
  4. ^ Inc, Natasha (2020年1月9日). “「入間くん」スピンオフが週チャンで開幕、「我々だ!」のシャオロンらが悪魔学校に” (日本語). コミックナタリー. 2020年1月18日閲覧。
  5. ^ Inc, Natasha (2019年9月26日). “【イベントレポート】アニメ「入間くん」は「原作に忠実に」と制作陣、村瀬歩&木村良平の掛け合いも注目” (日本語). コミックナタリー. 2020年1月18日閲覧。
  6. ^ 原作コミックス第25巻帯の表記より。
  7. ^ 週チャンで「入間くん」×「吸血鬼」コラボ、次々号より「刃牙」を夢枕獏が小説化”. コミック ナタリー (2018年4月26日). 2018年7月6日閲覧。
  8. ^ 西修が初のサイン会を渋谷で、「魔入りました!入間くん」5巻発売記念”. コミック ナタリー (2018年4月26日). 2018年7月6日閲覧。
  9. ^ a b c アニメ「魔入りました!入間くん」メインキャスト発表!!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2019年3月22日). 2019年3月22日閲覧。
  10. ^ 「魔入りました!入間くん」追加キャストの発表!!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2019年7月22日). 2019年7月22日閲覧。
  11. ^ 「魔入りました!入間くん」ナベリウス・カルエゴ役は小野大輔さん!!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2019年7月29日). 2019年7月29日閲覧。
  12. ^ a b 「魔入りました!入間くん」サリバン役は黒田崇矢さん!オペラ役は斎賀みつきさん!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2019年8月19日). 2019年8月19日閲覧。
  13. ^ 「魔入りました!入間くん」第2シリーズ アリさん役は三木眞一郎さん!!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2021年3月16日). 2021年3月16日閲覧。
  14. ^ 「魔入りました!入間くん」サブノック・サブロ役は佐藤拓也さん!!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2019年8月5日). 2019年8月5日閲覧。
  15. ^ 「魔入りました!入間くん」くろむ役は東山奈央さん!!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2019年8月26日). 2019年8月26日閲覧。
  16. ^ a b 「「魔入りました!入間くん」アンドロ・M・ジャズ役は柿原徹也さん!!シャックス・リード役は山谷祥生さん!!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2019年9月2日). 2019年9月2日閲覧。
  17. ^ a b 「「魔入りました!入間くん」イクス・エリザベッタ役は本渡楓さん!!カイム・カムイ役は梶原岳人さん!!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2019年9月9日). 2019年9月9日閲覧。
  18. ^ a b 「魔入りました!入間くん」アガレス・ピケロ役は吉永拓斗さん!ガープ・ゴエモン役は大河元気さん!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2019年9月16日). 2019年9月18日閲覧。
  19. ^ a b c 「魔入りました!入間くん」アロケル・シュナイダー役は土岐隼一さん!エイコ役は浅見春那さん!ナレーションは郷田ほづみさん!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2019年9月23日). 2019年9月23日閲覧。
  20. ^ 「魔入りました!入間くん」第2シリーズ ロノウェ役は鈴木達央さん!!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2021年3月23日). 2021年3月24日閲覧。
  21. ^ 西修 [@osamun24] (2021年11月10日). "ロノウェの後ろに控えてるミギとダリは基本ロノウェの屋敷にいます。SD見習いです。" (ツイート). Twitterより2022年4月24日閲覧
  22. ^ a b 「魔入りました!入間くん」ザガン・ジョニー・ウエスタン役は江口拓也さん!キマリス・キッシュライト役は八代拓さん!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2019年9月30日). 2019年9月30日閲覧。
  23. ^ 「魔入りました!入間くん」アミィ・キリヲ役は逢坂良太さん!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2019年12月2日). 2019年12月14日閲覧。
  24. ^ 西修 [@osamun24] (2019年3月14日). "最後に、皆様から多数ご質問いただきましたので、こちらお答えいたします。" (ツイート). Twitterより2020年4月22日閲覧
  25. ^ 西修 [@osamun24] (2019年3月14日). "C組" (ツイート). Twitterより2020年3月17日閲覧
  26. ^ 西修 [@osamun24] (2019年3月14日). "B組のメロニーちゃんです。" (ツイート). Twitterより2020年3月17日閲覧
  27. ^ 「魔入りました!入間くん」第2シリーズ バラム役は小西克幸さん!!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2021年6月5日). 2021年6月6日閲覧。
  28. ^ 朝井彩加 [@a_ayaka0511] (2020年2月8日). "ちなみに、カルエゴ先生にトキメキを隠せないモモノキ先生の声も演じています!" (ツイート). Twitterより2020年2月8日閲覧
  29. ^ a b c NHKアニメ [@nhk_animeworld] (2019年11月23日). "「入間くん」第8話をご覧いただき、ありがとうございました!" (ツイート). Twitterより2020年2月10日閲覧
  30. ^ 朝井彩加 [@a_ayaka0511] (2021年7月3日). "第2シリーズでもウァラク家ソング歌わせて頂きました!" (ツイート). Twitterより2021年7月18日閲覧
  31. ^ 魔入りました!入間くん 1”. 秋田書店. 2019年9月6日閲覧。
  32. ^ 魔入りました!入間くん 2”. 秋田書店. 2019年9月6日閲覧。
  33. ^ 魔入りました!入間くん 3”. 秋田書店. 2019年9月6日閲覧。
  34. ^ 魔入りました!入間くん 4”. 秋田書店. 2019年9月6日閲覧。
  35. ^ 魔入りました!入間くん 5”. 秋田書店. 2019年9月6日閲覧。
  36. ^ 魔入りました!入間くん 6”. 秋田書店. 2019年9月6日閲覧。
  37. ^ 魔入りました!入間くん 7”. 秋田書店. 2019年9月6日閲覧。
  38. ^ 魔入りました!入間くん 8”. 秋田書店. 2019年9月6日閲覧。
  39. ^ 魔入りました!入間くん 9”. 秋田書店. 2019年9月6日閲覧。
  40. ^ 魔入りました!入間くん 10”. 秋田書店. 2019年9月6日閲覧。
  41. ^ 魔入りました!入間くん 11”. 秋田書店. 2019年9月6日閲覧。
  42. ^ 魔入りました!入間くん 12”. 秋田書店. 2019年9月6日閲覧。
  43. ^ 魔入りました!入間くん 13”. 秋田書店. 2019年10月8日閲覧。
  44. ^ 魔入りました!入間くん 14”. 秋田書店. 2019年12月6日閲覧。
  45. ^ 魔入りました!入間くん 15”. 秋田書店. 2020年1月8日閲覧。
  46. ^ 魔入りました!入間くん 16”. 秋田書店. 2020年4月8日閲覧。
  47. ^ 魔入りました!入間くん 17”. 秋田書店. 2020年6月8日閲覧。
  48. ^ 魔入りました!入間くん 18”. 秋田書店. 2020年9月8日閲覧。
  49. ^ 魔入りました!入間くん 19”. 秋田書店. 2020年12月8日閲覧。
  50. ^ 魔入りました!入間くん 20”. 秋田書店. 2021年3月8日閲覧。
  51. ^ 魔入りました!入間くん 21”. 秋田書店. 2021年4月8日閲覧。
  52. ^ 魔入りました!入間くん 22”. 秋田書店. 2021年6月8日閲覧。
  53. ^ 魔入りました!入間くん 23”. 秋田書店. 2021年8月6日閲覧。
  54. ^ 魔入りました!入間くん 24”. 秋田書店. 2021年11月8日閲覧。
  55. ^ 魔入りました!入間くん 25”. 秋田書店. 2022年1月7日閲覧。
  56. ^ 魔入りました!入間くん 26”. 秋田書店. 2022年4月7日閲覧。
  57. ^ 魔入りました!入間くん 27”. 秋田書店. 2022年6月8日閲覧。
  58. ^ 魔入りました!入間くんスターターBOX”. 秋田書店. 2021年4月8日閲覧。
  59. ^ 魔入りました!入間くん公式アンソロジー 放課後の!入間くん 第1巻”. 秋田書店. 2021年6月8日閲覧。
  60. ^ 小説 魔入りました!入間くん(1)悪魔のお友達 読みたい本が見つかるキミノ書房 - ポプラキミノベル ”. ポプラ社. 2021年9月11日閲覧。
  61. ^ 小説 魔入りました!入間くん(2)入間の決意 読みたい本が見つかるキミノ書房 - ポプラキミノベル ”. ポプラ社. 2022年1月23日閲覧。
  62. ^ 小説 魔入りました!入間くん(3)師団披露 読みたい本が見つかるキミノ書房 - ポプラキミノベル ”. ポプラ社. 2022年4月6日閲覧。
  63. ^ “魔入りました!入間くん:「チャンピオン」の魔界学園コメディーがテレビアニメ化”. MANTANWEB. (2019年2月7日). https://mantan-web.jp/article/20190206dog00m200039000c.html 2019年2月7日閲覧。 
  64. ^ 「魔入りました!入間くん」キービジュアル&初回放送日を発表!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2019年8月30日). 2019年8月31日閲覧。
  65. ^ 「魔入りました!入間くん」第2シリーズ キービジュアル公開!OPアーティストはDA PUMPの皆さん!”. NHKアニメワールド. 日本放送協会 (2021年3月2日). 2021年3月2日閲覧。
  66. ^ 「魔入りました!入間くん」第3シリーズ ティザービジュアル公開!”. NHK (2022年3月16日). 2022年3月17日閲覧。
  67. ^ 魔入りました!入間くん”. NHKアニメワールド. 日本放送協会. 2019年10月5日閲覧。
  68. ^ DA PUMPと芹澤優がアニメ「魔入りました!入間くん」のテーマ曲担当”. 音楽ナタリー (2019年9月2日). 2019年9月2日閲覧。
  69. ^ アニメ「魔入りました!入間くん」オープニングテーマはDA PUMPの皆さん!エンディングテーマは芹澤優さん!”. NHK (2019年9月2日). 2021年3月7日閲覧。
  70. ^ 「魔入りました!入間くん」 ミュージックコレクション 悪MAX!!!”. NHK (2020年3月9日). 2021年3月7日閲覧。
  71. ^ 「魔入りました!入間くん」第2シリーズ キービジュアル公開!OPアーティストはDA PUMPの皆さん!”. NHK (2021年3月1日). 2021年3月7日閲覧。
  72. ^ 「魔入りました!入間くん」第2シリーズ EDアーティストは天月-あまつき-さん!”. NHK (2021年3月5日). 2021年3月7日閲覧。
  73. ^ a b 「魔入りました!入間くん」 ミュージックコレクション 悪MAX!!!”. 魔入りました! 入間くん. NHKエンタープライズ. 2020年3月10日閲覧。
  74. ^ 井上美緒 [@mioinoue] (2019年11月29日). "井上が書かせていただいたのは6、7話で、8話は大島のぞむさんです" (ツイート). Twitterより2021年7月26日閲覧
  75. ^ グッズ”. NHKエンタープライズ キャラクターページ|魔入りました! 入間くん. NHKエンタープライズ. 2020年5月7日閲覧。

外部リンク