ストラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コラン・ド・プランシー著『地獄の辞典』の挿絵におけるストラスの姿
ゴエティア』に記されたストラスのシジル

ストラス (Stolas) は、悪魔学における悪魔の一人。

概要[編集]

ストロス (Stolos)[1] あるいは ソラス (Solas)[2] とも呼ばれる。ヨーハン・ヴァイヤーの『悪魔の偽王国』(1577年)によると、26の軍団を指揮する地獄の大君主である。72人の悪魔たちの性質を記したグリモワール『ゴエティア』でも36番目に紹介されており、同様の記述が見られる。

ゴイサギの姿で現れる[3]が、召喚者の前では人間の姿も採るという。コラン・ド・プランシーの『地獄の辞典』ではフクロウの姿で現れるとされ、頭に王冠を戴いたフクロウのような挿絵が描かれている[4]

ストラスは天文学薬草学、宝石に関する知識に優れ、召喚した者にその知識を授けるという。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Lesser Key of Solomon, p.34
  2. ^ The Book of Ceremonial Magic, p.207
  3. ^ アレイスター・クロウリー編集のThe Lesser Key of Solomonでは「強壮なワタリガラス」 (Mighty Raven) と書かれているが、ヴァイヤーの『悪魔の偽王国』や『ゴエティア』の一部の版ではゴイサギ (羅:nycticoracis、英:Night Raven)と書かれている。
  4. ^ 『地獄の辞典』、p.188。

参考文献[編集]

  • フレッド・ゲティングズ『悪魔の事典』大瀧啓裕訳、青土社、1992年。ISBN 4-7917-5185-X
  • コラン・ド・プランシー地獄の辞典』床鍋剛彦訳、講談社、1990年。ISBN 4-06-201297-9
  • Mathers, S.L. MacGregor and Crowley, Aleister, The Lesser Key of Solomon(1904), The Internet Sacred Text Archive 内の文書 (英語)
  • Waite, A.E., The Book of Ceremonial Magic(1913), The Internet Sacred Text Archive 内の文書 (英語)
  • Weyer, Johann, Pseudomonarchia Daemonum, Twilit Grotto: Archives of Western Esoterica 内の文書(ジョゼフ・H・ピーターソン編集・解題・注釈、ラテン語原文、レジナルド・スコットの英訳) (ラテン語) (英語)
  • Goetia, Twilit Grotto: Archives of Western Esoterica 内の文書(ジョゼフ・H・ピーターソン編集) (英語)