ブエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コラン・ド・プランシー著『地獄の辞典』の挿絵におけるブエルの姿
ブエルのマーク

ブエルBuer)は、悪魔学における悪魔の一人。

概要[編集]

ゴエティア』によると、50の軍団を率いる序列10番の地獄の大総裁

大奥義書』によると、アガリアレプトの配下にあるという。

太陽人馬宮にある時に現れ、自然哲学道徳哲学論理学や全ての薬草の薬効を教え、全ての弱った人、特に男性を癒し、よい使い魔を与える。

『ゴエティア』ではSagittarius.svg人馬宮のシンボル)の姿で現れるとされる[1]が、コラン・ド・プランシーは『地獄の辞典』においてブエルの姿を「星か車輪のような五本の脚を持ち、自ら転がりつつ前進する」と紹介している。『地獄の辞典』第6版以降のM・L・ブルトンによる挿絵では、ライオンの頭と5本のヤギの足を体の周りに持つ姿で描かれており、今ではその姿の方が有名である。また、ヒトデの姿をした悪魔という説もある[2]。『悪魔の偽王国』ではアスタリスクの姿とされる[3]

ブエルの名前の由来は不明であるが、興味深いことに"Buer"(現ゲルゼンキルヒェン)という古都がドイツヴェストファーレンにあった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ いて座の象徴である弓矢を持つケンタウロスの姿とも解釈される。
  2. ^ 『悪魔の事典』、p.334。
  3. ^ Pseudomonarchia Daemonum

参考文献[編集]

関連項目[編集]