オセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゴエティア』に記されたオセのシジル

オセOseOsé)は悪魔学における悪魔の一人。

概要[編集]

オゼオズOze[1][2]オソOso[3]ウォソVoso[3]ともよばれる。

ゴエティア』によると、3または30[4]の軍団を率いる序列57番の地獄の大総裁である。一方、ヨーハン・ヴァイヤーの『悪魔の偽王国』では、軍団に関する記述はない。

召喚すると、最初はヒョウの姿で現れるが、その後は人間の姿をとる。召喚者に教養学を教え、神学や隠された物事に関する質問に正しく答える能力を持つ。また、人間を変身させる力や狂気をもたらす力も持つ。オセの力を受けた人間は、自分が教皇などであると信じ込んでしまう。

地獄の辞典』によると、オセは「王冠をかぶっているが、その支配は一日に一時間しか続かない。」という[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ヨーハン・ヴァイヤーの手による『悪魔の偽王国』ではOzeだが、レジナルド・スコットの英訳版ではOseになっている。Pseudomonarchia Daemonum参照。
  2. ^ a b 『地獄の辞典』、p.70。
  3. ^ a b The Lesser Key of Solomon, pp.40-41
  4. ^ ジョゼフ・H・ピーターソン編集の版では3、アレイスター・クロウリーら編集の版では30となっている。GoetiaおよびThe Lesser Key of Solomon参照。

参考文献[編集]

  • フレッド・ゲティングズ 『悪魔の事典』 大瀧啓裕訳、青土社、1992年。ISBN 4-7917-5185-X
  • コラン・ド・プランシー地獄の辞典』 床鍋剛彦訳、講談社、1990年。ISBN 4-06-201297-9
  • Mathers, S.L. MacGregor and Crowley, Aleister, The Lesser Key of Solomon(1904), The Internet Sacred Text Archive 内の文書(英文)
  • Waite, A.E., The Book of Ceremonial Magic(1913), The Internet Sacred Text Archive 内の文書(英文)
  • Weyer, Johann, Pseudomonarchia Daemonum, Twilit Grotto: Archives of Western Esoterica 内の文書(ジョゼフ・H・ピーターソン編集・解題・注釈、ラテン語原文、レジナルド・スコットの英訳)
  • Goetia, Twilit Grotto: Archives of Western Esoterica 内の文書(ジョゼフ・H・ピーターソン編集、英文)

関連項目[編集]