Wikipedia:サンドボックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウィキペディアへようこそウィキペディアについてヘルプサンドボックスについて
Sandbox.svg

Wikipedia:サンドボックスへようこそ!

ここは、ウィキペディアで編集・執筆をするための練習や実験などに使用できるページです。

ノートページへ投稿するための練習は、Wikipedia‐ノート:サンドボックスを使用してください。ビジュアルエディターの練習には Help:ビジュアルエディター/sandbox が使えます。ログインすれば利用者サンドボックスも使えます。

初心者の方は、このページを編集する前に、ガイドブックやヘルプのページの編集などもぜひ参考にしてください。あなたの今後の編集活動にとって、とても重要な内容が書かれています。

サンドボックスに書き込まれた内容は、日本時間午前0時の時報とともに、この案内文(テンプレート)を残してすべて除去されます。ただし、実際は時報より少し遅れます。また、過去の版は、履歴からたどることができます。著作権上問題のある書き込みや、エチケットに反する書き込みなどはやめてください。もしそのような書き込みを見つけたときは、Wikipedia:管理者伝言板/各種初期化依頼に連絡してください。


フランク・エドワード・シャーマン(Frank Edward Sherman、1917年-1991年)は、元[[GHQ民政官藤田嗣治の戦後のアメリカフランス行きを支援した、その交流コレクションはシャーマンコレクションとして知られる。

履歴[編集]

  • 1917年生まれ アメリカボストン
  • 1945年11月 来日
    • GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の情報教育局所属の印刷、出版担当官
    • 凸版印刷にて執務を行いシャーマンルームを設置
  • 1959年まで14年間の日本滞在
  • 1991年 死去 墓はハワイにある

シャーマンコレクション[編集]

  • 寄託先  北海道伊達市教育委員会 
  • 管理 NPO噴火湾アートビレッジ 
  • 紹介者 画家・野田弘志
  • 所有者 河村泳静(KPC 河村アートプロジェクト代表)
  • 主な内容
    • 交流者の約500点の絵画類
    • 藤田から送られた数十点の書簡
    • 戦後の芸術家との交流を知ることができる資料類
    • 文化人、著名人、皇室関係者の様々な表情をシャーマン自ら撮影した写真
    • 総数5000点

シャーマンルーム[編集]

参考資料[編集]

  • 履歴なき時代の顔写真―フランク・E・シャーマンが捉えた戦後日本の芸術家たち

フランク・エドワード・シャーマン (著)

  • なぜ日本はフジタを捨てたのか?―藤田嗣治とフランク・シャーマン1945~1949

富田 芳和 (著)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]