コンテンツにスキップ

Wikipedia:サンドボックス

Wikipedia:サンドボックスへようこそ!

ここは、ウィキペディアで編集・執筆をするための練習や実験などに使用できるページです。

ノートページへ投稿するための練習は、Wikipedia‐ノート:サンドボックスを使用してください。ビジュアルエディターの練習には Help:ビジュアルエディター/sandbox が使えます。ログインすれば利用者サンドボックスも使えます。

初心者の方は、このページを編集する前に、ガイドブックやヘルプのページの編集などもぜひ参考にしてください。あなたの今後の編集活動にとって、とても重要な内容が書かれています。

サンドボックスに書き込まれた内容は、日本時間午前0時の時報とともに、この案内文(テンプレート)を残してすべて除去されます。ただし、実際は時報より少し遅れます。また、過去の版は、履歴からたどることができます。著作権上問題のある書き込みや、エチケットに反する書き込みなどはやめてください。もしそのような書き込みを見つけたときは、Wikipedia:管理者伝言板/各種初期化依頼に連絡してください。

ここから下に書き込んでください。[編集]

RE BONSAI™/re盆栽

新しい盆栽の世界観を創出した[1]のRE BONSAI™。 RE BONSAI™(リボンサイ)は、REBORN(生まれ変わる)とBONSAI(盆栽)の造語で、TOUFU株式会社の[2]である。

[3]が、ドライ盆栽の藤田茂男を師事し、 独自の趣味、センス、世界観で確立された新しい盆栽の文化。RE BONSAI™はドライ盆栽とは違い、製法からデザインまで大きく異なる。 若者のファッションやカルチャー、ストリートシーンに、日本の技術、伝統と革新を融合した盆栽アートとして魅了している。光合成と水やりのメンテナンスを必要としない為、屋内のディスプレイとして最適であり、空間の格式を上げる盆栽の魅力を最大限に引き出す。 生きた盆栽にはないカラー、デザイン、このアート性は唯一無二で世界中にここにしかない。

また海外への輸出が難しいとされていた植物検疫もクリアしており、アジア圏(中国・[4]・台湾・韓国・インド・タイ・アブダビ・ドバイ・クウェート・シンガポールが実績)はもちろんのこと、アメリカ、ヨーロッパへの輸出にも積極的。 国内インバウンドのスーベニアとしても大変人気が高い。

TOUFU株式会社(*1)は、TOUFU TOKYO/東富東京の屋号で活動しており、東京から日本一を世界へ発信するという意を込めて、東京の東と富士山の富の頭文字を取った。

  1. ^ TOUFU TOKYO
  2. ^ 商標登録2022-064386(登録6699101)
  3. ^ クリエイティブディレクターの鈴木良夫氏
  4. ^ 香港