Help:ビジュアルエディター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ビジュアルエディターは、ワープロソフトを使うような感覚でウィキペディアを編集できるエディター(編集ソフトウェア)です。

※こちらの練習用ページで試せます。
↓↓↓

ビジュアルエディターで編集中に、編集内容を保持したまま、従来からあるウィキテキストエディター(ソース編集)に切り替えることもできます

ビジュアルエディター入門[編集]

ビジュアルエディターの単一編集タブ導入後は:
  • ビジュアルエディターを日常的に使っている利用者には、(単一編集タブ導入後一度だけ)ポップアップが表示され、そこで好きなほうのエディターを選ぶことができます(後で変更可能です)。選択肢は以下の4つになります:
    1. 最後に使用したエディターを記憶する (ウィキテキストエディターか、ビジュアルエディターか、どちらか、前回最後に開いたほうのエディターが起動されます)。
    2. 可能であれば常にビジュアルエディターを使用する (ツールバーのボタンからウィキテキストエディターに一時的に切り替えた場合、システムはそれを記憶しません;また、ビジュアルエディターが利用可能な名前空間にのみ適用されます)。
    3. 常にソースエディターを使用する (ツールバーのボタンからビジュアルエディターに一時的に切り替えた場合、システムはそれを記憶しません)。
    4. 両方のエディタータブを表示する (「編集」「ソースを編集」という二つの編集タブが表示されます)
  • 登録利用者はすべて, 個人設定の「編集」 (編集 --> 編集モード:)にドロップダウンメニューが表示されるようになり、そこから選択できます。
  • 利用者はだれでも編集中にツールバーのボタンからエディターを一時的に切り替えることができます

さあ、使ってみましょう[編集]

以下のページでビジュアルエディターを試してみましょう:


編集してみましょう:

  1. 「編集」タブをクリックします。
    もしウィキテキストエディター(従来の編集画面)が起動したら、編集ツールバーの右隅、保存ボタンの左にある鉛筆マークをクリックします。
  2. ビジュアルエディターが起動したらアイコンが並ぶツールバーが現れます。VisualEditor toolbar-ja.png
  3. ツールバーの下のスペースに何か書いてみましょう[1]
  4. それから右上の「ページを保存」(青)をクリックします。「変更内容の保存」という窓が開きます。
  5. 「編集内容の要約(説明)」に編集内容を簡単に書きます[2]
  6. 内容に問題が無ければ「ページを保存」をクリックします。
初心者の方へ:「保存」されると、その編集内容は全世界に公開されます。公開されて困ることは保存しないように注意してください。


編集中に編集方法を切り替えられます[編集]

ビジュアルエディターへの切替アイコン
エディターの切替アイコン

ビジュアルエディターで編集中に従来のウィキテキストエディター(「ソースの編集」)へ切り替えることができます。またその逆も可能です。

  • ビジュアルエディターからウィキテキストエディターに切り替えるには、編集画面の右上、「以上の記述を完全に理解し同意したうえで投稿する」ボタン(青い背景色)の左横の鉛筆マーク(鉛筆のアイコン ソースエディターへの切替アイコン)をクリックしてください。
  • ウィキテキストエディターからビジュアルエディターに切り替えるには、編集画面の右上角に表示される鉛筆マーク(鉛筆のアイコン ソースエディターへの切替アイコン)をクリックしてください。

このとき、以下のような変更メニューが示されますので、落ち着いて希望の方法を選択してください:

ビジュアルエディターのアイコン
ビジュアルエディター
ソース編集のアイコン
ソースの編集

ウィキテキストエディターに切り替えた場合、編集ツールバーが表示されます(Help:編集ツールバー 参照)。

活用する[編集]

ビジュアルエディターを使えば、「見出し」や「太字」などの書式追加、リンク貼り、表作成・編集、参照(脚注)追加も簡単にできます。

VisualEditor toolbar-ja.png

見出し[編集]

  • 見出しにしたい文字列を選択します。
  • ツールバーの「段落▽」をクリックして付与したい見出しレベル(1~4)を選びクリックします。

書式追加[編集]

  • 書式追加したい文字列を選択します。
  • A▽」をクリックしてプルダウンメニューから「太字」「斜体」などの書式を選びます。
鎖アイコン
リンク貼り用の鎖アイコン。

リンク張り[編集]

  • リンクを張りたい文字列を選択します。
  • 鎖アイコン VisualEditor - Toolbar - Linking (small).png をクリックすると窓が現れるので、張りたいページのタイトルまたはURLを入力します。

脚注追加[編集]

  • ツールバーの「参照▽」をクリックすると「基本」・「再利用」の二択のメニューが出ます。
  • そのページで既出の参照先を脚注化するときは「再利用」をクリックして、メニューから選びます。
  • そのページ初の参照先を脚注化するときは「基本」をクリックし、脚注の情報を記して「挿入」をクリックします。
    • 「使用するグループ」を使えば、「脚注」以外に「注釈」「出典」などのグループ化が施せます。

箇条書き[編集]

 箇条書き追加のアイコン
箇条書き追加のアイコン
  • 「番号無し箇条書き」と「番号アリ箇条書き」が選べます。
  • 「インデント」をクリックすれば字下げができ、「インデント解除」で字下げを取り消せます

ファイルの挿入[編集]

  • 「挿入▽」から「メディア」を選び、加えたいファイル名を入力します。
  • 表示されたメディアの中から使いたいメディアを選び「この画像を使用」をクリックします。
  • 「全般設定」でキャプションと代替テキストを入力します。
  • 「高度な設定」で配置やファイルサイズを指定できます。
ギャラリーの挿入[編集]
  • 「挿入▽」から「ギャラリー」を選ぶ。
  • 虫眼鏡マークのついた検索窓に探したいテーマ、またはファイル名を入力し、表示された候補画像の中から使いたいファイルをクリック。
  • (表示させたいファイルの数だけ上記手順を繰り返す)
  • 選び終わったら、右上の「挿入」ボタンをクリック。
  • 既にあるギャラリーを編集したいときは、ギャラリーをクリック。
  • 現れた「編集」ボタンをクリック。
  • 新規追加と同じ手順でファイルを追加。
  • 除去したいときは、取り除きたい画像をクリック=>「画像を除去」をクリック

テンプレートの挿入[編集]

  • 「挿入▽」から「テンプレート」を選び、テンプレート名を入力して「テンプレートを追加」をクリックします。
  • テンプレートのデータが整備されていると、挿入が簡単にできます。

表の挿入・編集[編集]

aaa bbb ccc ddd eee
  • 「挿入▽」から「表」をクリックすると、表が新たに挿入されます。
  • 表のどこかを1回クリックして・・・
    • 「削除」をクリックすると、その表を削除することができます。
    • 「プロパティ」をクリックすると、普通の表、ソート可能な表、キャプション付の表、が選択できます。
    • 三角▼をクリックすると、列・行を前後に挿入したり、移動したり、削除したりできます。
  • 四角(セル)をダブルクリックすると、そのセルに文字を記入できます。

もっと詳しく[編集]

他にもいろいろな機能があります。詳しくは利用者ガイドを見てください。

ビジュアルエディターが使えるページと使えないページがあります[編集]

下記は2016年5月現在

  • 使えるページ:記事 - ファイルページ - 利用者ページ - ヘルプページ - カテゴリーページ - ポータルページ
  • 使えないページ:Wikipediaページ - テンプレートページ - プロジェクトページ - モジュールページ - MediaWikiページ - 各ノートページ

テンプレートデータ(テンプレート情報)の整備[編集]

  1. テンプレートの編集画面を開いて少し待つ。
  2. 「テンプレートデータを管理」をクリックすると「テンプレートドキュメンテーションエディター」が開く
  3. 「テンプレートの説明 (ja)」を記入(後でも可)
  4. 「Template preferred format」を選択(わからなかったら「未定義」で)
  5. 「テンプレートの引数」のところで「引数を追加」をクリック
  6. 「パラメーターを追加」の下にある枠「引数名」のところに、テンプレートページで確認できる引数(例えば「著者名」)を記入して「引数を追加」ボタンをクリック
  7. 「適用」をクリック(「テンプレートドキュメンテーションエディター」が閉じます)
  8. ウィキテキストエディターで <templatedata>~</templatedata> の中に引数らしきものが確認できるはず
  9. ウィキテキストエディターで「保存」する。

「Add (数字) suggested parameters」という文字列が表示される場合は:

  • 「テンプレートドキュメンテーションエディター」で「Add (数字) suggested parameters」をクリックすると全部の引数が追加されるようです
  • 下にスクロールすると「テンプレートの引数」のリストが表示されるので、情報を追加したい引数をクリック
  • 引数の情報を記入(「自動入力値」があれば記入。「非推奨」「必須」「推奨」のどれかをえらぶ場合はチェックボックスをチェック)
  • 「完了」をクリック
    情報追加したい引数の数だけ上記を繰り返す
  • 「適用」をクリック
  • ウィキテキストエディターで「保存」

'''注意:'''テンプレートデータエディターは、テンプレートページか解説サブページのいずれかにテンプレートデータを配置します。(Help:TemplateData/ja より抜粋)

FAQ (作成中)[編集]

Q.節単位での編集でビジュアルエディターに切り替えられないのですか?
A.切り替えられますが、それまでに加えた編集は保持されません。これはビジュアルエディターには「節単位の編集」が無いからです。ページ全体の編集であれば、編集内容を保持したままウィキテキストエディターとビジュアルエディターを切り替えられます。
Q.定義の箇条書きはどうすれば使えますか?
A.2016年5月現在、ビジュアルエディターはまだ定義の箇条書きに未対応[3]です。ウィキテキストエディターに切り替えて「;」と「:」を行頭に入力してください。
Q.ウィキテキストエディターを編集するための「ソースを編集」タブが見当たりません。
A.個人設定→編集→エディター→編集モード→「両方のエディタータブを表示する」に設定してください。
Q.
A.
Q.
A.

脚注[編集]

  1. ^ 思いつかなければ「試し書き」「テスト」、好きな言葉などでもOKです
  2. ^ 今回は「テスト」などでも。
  3. ^ phabricator:T39938 にて対応依頼は出ています。

関連ページ[編集]

関連したエディター[編集]