Wikipedia:利用者ページ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
参加案内

ヘルプFAQ

ウィキペディアについて
探検方法
引用方法
調べもの案内
利用案内
索引
カテゴリ
ウィキポータル

ウィキペディアへようこそ
参加のスタイル
五本の柱
規則の概要
やってはいけないこと
児童・生徒の方々へ
サンドボックス
利用者名
自己紹介
利用者ページ
利用者ページの削除
利用者名変更の方針
利用者名変更依頼
ウィキペディアン
ユーザーボックス
バベル

方針とガイドライン一覧
プロジェクト関連文書一覧

このページでは、利用者ページとその使い方について説明します。ウィキペディアには、個々の利用者に割り当てられているページがいくつかあります。もし利用者名が「ウィキ助」だったとすると、

  • 利用者ページ - ページ名は「利用者:ウィキ助」となります。
  • 会話ページ - ページ名は「利用者‐会話:ウィキ助」となります。
  • 利用者サブページ - ページ名は「利用者:ウィキ助/ほげほげ」、その会話ページは「利用者‐会話:ウィキ助/ほげほげ」(「ほげほげ」は一例)となります。
  • 利用者スペース - 上記の全てをあわせたものです。

利用者スペースでできること[編集]

利用者スペースは、「百科事典をつくる」というウィキペディアの目的に沿って、割り当てられた利用者が比較的自由に使用できる場所です。ウィキペディアのプロジェクトは、利用者スペースの利用方法に関しては利用者にかなり広い自由裁量権を認めています。しかし、利用者は利用者スペースの所有権を保有するわけではありません。

  • 利用者スペースのコンテンツは、CC-BY-SAおよびGFDLの下で公開されます。
  • 利用者スペースの利用方法は、ウィキペディアの方針とガイドラインに従わなければなりません。
  • プロジェクトにとって役に立たない記述や逆に妨害する記述は除去または削除される可能性があります。著作権侵害の投稿、名誉毀損、他の利用者への個人攻撃、あるいは「自分は管理者である」などと称する虚偽表示などがこれにあたります。
  • 割り当てられた利用者以外の利用者も編集することができます。慣習として通常は編集しませんが、ウィキペディアの方針に合致しないような記述の除去が、適切な行為として認められる場合もあります。また、他の利用者がバーンスターを置くことがあるかもしれません。

利用者ページでできること[編集]

利用者ページは、例えば次の用途に使えます。

利用者自身に関する情報を載せる
興味をもっていること、好きなこと、嫌いなことなど自己紹介を載せてもかまいません。プライバシーに関するあなたの考え方に則って、電子メールアドレス、写真、本名、住んでいる地域、誕生日などを載せてかまいません。ただし、後から考えが変わってこれらの情報をページから除去したとしても、一度公開した情報は履歴として残り続けますので、注意が必要です。
なお、自身の使用言語を表示するための「バベル」や、それ以外のいろいろな属性を表示するための「ユーザーボックス」が活用されることもあります。
記事の下書き
記事を書き貯めてから投稿したいとき、または記事の更新の前に他のユーザ(利用者)からの意見を聞きたい場合などに、サブページ(副ページ)を作ってそこに記事を置いておくこともできます。
利用者の考えを載せる
今後の計画やウィキペディアについてのあなたの考えを記載することも認められます。
ウィキペディアでの作業のためのリンク集
ウィキペディアで作業しやすくするために自分が必要なところにリンクをつくることができます。作業中の項目や作業するつもりの項目、よく使うページや便利なスクリプトなどへのリンクなど色々考えられます。「リンク元の更新」機能を使えば、ウォッチリストのようにも使えます。
お知らせとして
ウィキペディアでの活動があまりできない場合や、ウィキペディアでの活動を止めてしまう場合には、そのお知らせを利用者ページに書いておくのも良いでしょう。

会話ページでできること[編集]

会話ページは、他の利用者があなたとウィキペディアに関連する問題について議論する場所です。他の利用者があなたの会話ページにお知らせや意見を書き込むことがありますし、あなたが他の利用者の会話ページにお知らせや意見を書き込むこともできます。会話ページの使い方についてはHelp:ノートページを参照してください。

会話ページで他の利用者から意見や返答を求められたら、できる限りこれに対応してください。他の利用者からの対話の求めを無視し続けると、場合によっては、対話を拒否しているとみなされ、投稿ブロックが行われることもあります。

割り当てられた会話ページのサイズが大きくなったり時間がたったりしたら、古い議論の過去ログ化などを行ってもかまいません。ただし、ある程度時間が経過してから行ってください。でないと対話を拒否していると受け止められるかもしれません。

サブページでできること[編集]

利用者ページの他にもページが必要ならば、サブページをつくることができます。例えば次の用途があるでしょう。

自分専用のサンドボックス
サンドボックス(下書きページ)として、マークアップテンプレートを試したり、提案しようと考えている方針などの文書を下書きしたりしてもよいでしょう。
会話ページの過去ログ
会話ページのサイズが大きくなったり時間がたったりしたとき。

利用者スペースでできないこと[編集]

利用者スペースの利用方法は、百科事典をつくるという目的に沿っているのであれば、上記に記載されていないものでも容認されるでしょう。しかし、次のような活動は、百科事典をつくるという目的に沿っているとは認められません。これらの活動は、ウィキペディア以外の、ブログ(日記)やウェブページ向けのスペースなどを利用して行ってください。

  • ウィキペディアの活動に関連がない内容のブログ(日記)
  • ウィキペディアに関連しない意見やデータの掲載
  • 過度な個人情報の掲載
  • ウィキペディアをつくる活動からはみ出した娯楽(例えばクイズなど)
  • ウィキペディアのプロジェクトから外れたコミュニケーション
  • 営業広告
  • 公序良俗に反した情報の記載

カテゴリ、テンプレート、リダイレクト[編集]

記事名前空間で使うことが想定されているカテゴリ(Category:1990年生など)に、利用者ページやサブページを入れないでください。これは、書きかけの記事であっても同様です。特に、一部のテンプレートが張られた記事は、自動的にカテゴリに入れられることがあります。これを防ぐためにテンプレートへのリンク用テンプレートを使い、例えば{{stub}}ではなく{{tlx|stub}}のようにしてください。

書きかけの記事に張られたカテゴリは、<!--と-->を使ってコメントアウトしてしまうか、カテゴリへのリンクの前にコロン (:) を追加し([[:Category:1990年生]]のようにして)通常のウィキリンクとしてしまってください(記事を投稿する際にはその部分を直してください)。

利用者の会話ページは、他のページへのリダイレクトにするべきではないと考えられています。ただし、自分の他のアカウントの会話ページへのリダイレクトを除きます。

利用者スペースの編集[編集]

保護[編集]

利用者ページで荒らし行為編集合戦が行われる場合、保護の方針半保護の方針に沿って、通常のページと同様に保護や半保護を行うことができます。利用者はページの保護を保護依頼で依頼することができます。管理者の利用者ページが荒らし行為にあう場合、管理者は自己の利用者ページを全保護にすることもできます。また、管理者が全保護された自己の利用者ページを編集することは問題ありません。

会話ページも、やむを得ない場合は保護あるいは半保護を行ってかまいません。いずれにしても極力保護すべきではありませんし、保護された利用者ページはできるだけ早く保護解除すべきです。

自己による削除依頼[編集]

削除の方針に合致する場合は、利用者ページや会話ページの削除を依頼することができます。利用者ページの削除依頼に提示してください。

ウィキペディアを編集しなくなったという理由など、利用者自身が必要としなくなった場合も、利用者ページの削除を依頼することができます。この場合も利用者ページの削除依頼に提示してください。ただし、他者による有用な編集履歴がある場合は、削除が認められない場合があります。

不用になった利用者サブページは白紙化してください。通常はこれで十分です。もしも、そのサブページに自分自身の投稿履歴しかない場合には、即時削除が可能です。 {{即時削除}} を貼付してください。

他者による編集や削除依頼[編集]

利用者ページに不適切な内容がある場合、他の利用者が会話ページで対応を求め、その利用者自身が対応するのを待つことが推奨されますが、利用者が協力的ではない場合には他の利用者が直接編集するなどの対応を取ることも認められます。削除の方針に合致するものは利用者ページの削除依頼に提出してください。