Wikipedia:ビジュアルエディター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ビジュアルエディター (VE) のポータルにようこそ。

ウィキメディア財団によって開発された新しい編集方法であるビジュアルエディターを使えば、ウィキ記法を覚えなくても編集できます。私たちは、ビジュアルエディターがウィキペディアに貢献する人たちの役に立つことを願っています。

ビジュアルエディター利用者ガイド をお読みください。
リンク張り、画像の追加・除去、引用、テンプレート挿入、表編集などの方法を確認してください。 あなたのウェブ・ブラウザ、PCのOS、ウィキペディアの外装(通常はベクター、モノブックの場合も)を付記してください。

ビジュアルエディターについて[編集]

ビジュアルエディターは、ウィキペディアをビジュアル(見た目のまま)に編集する方法です。これまでウィキペディアで編集を行うには、たとえ記事を微修正するときでも、ウィキ記法というかなり複雑な記法を学ぶ必要がありました。2001年当時はこれも容認できましたが、2015年現在ではこの記法が利用者を遠ざけてしまっています。ビジュアルエディターが、すでにウィキペディアにいる人たちに有用であるとともに、新しく訪れる利用者により快適であるよう願っています。

ビジュアルエディターは、 "α" 版のオプトイン(個人設定で選択すれば利用可能になる方式)機能として、MediaWiki.orgで2012年半ばから、また英語版ウィキペディアでは2012年12月から採用され、2013年4月からは14言語版で2013年6月初めからはほとんどすべての言語版で提供されています。2015年7月現在、75%以上の言語版のウィキペディアで、ログインの有無に関係なく既定のエディターとして利用できるようになりました。未対応のほとんどの言語版では2015年末までに使えるよう努力しています。2014年11月以降、ウィキメディア財団のウィクショナリーとウィキソース以外のすべてのウィキに、オプトインのベータ版形式で提供されています。

私たちは、Mediawiki.orgで定期報告をリリースしていきます。また、WMFウィキに焦点を当てて多言語ニュースレターを発行します。現在の優先課題もご覧ください。

ビジュアルエディターの使用[編集]

ビジュアルエディターで編集することに興味があって使ってみようと思う方は、利用者ガイドよくあるキーボードショートカットの一覧をご覧ください。

ビジュアルエディターには、現在も若干のバグと制約があります。問題に行き当たったら、遠慮なくフィードバックページに報告してください。現段階での制約には、以下のようなものが挙げられます。

読み込みに時間がかかる
たくさんの複雑なページをビジュアルエディターに読み込むには少々時間がかかります。将来的には、このソフトウェアはもっと速くなり、もっと大きなページ群を読み込めるようになるでしょう。
編集が完全にはできない
複雑なフォーマットの要素の一部では、内容の表示と編集はできますが、その構造を編集したり新しいエントリを追加したりはできません。例えば定義リストです。この分野の改善は、私たちの中でも優先順位が高いものの1つです。
ブラウザーへの対応が限定的
現在のビジュアルエディターは、Firefox、Chrome、Safari、Internet Explorerの最新バージョンのみで動作します。古いバージョンのブラウザーでは動作しません。Operaへの対応は限定的です。
主として記事ページが対象で、会話ページは除外
ビジュアルエディターは、いくつかの名前空間に限って有効化されています。ほとんどのウィキペディアでは、記事空間、利用者、ファイル、ヘルプ、カテゴリのページで利用可能です。現在のところ、ウィキペディアページと各ノートページでは使えません。

利用者のみなさんには、編集を保存する前に「変更内容を確認」をクリックすることと、問題が起きたら報告することを推奨します。

手伝う方法[編集]

ビジュアルエディターがその長所を最大限に発揮するためには、多くの面での助けが必要です。大きな分野の1つに、このソフトウェアを実際に使ってバグを見つけて報告することがありますが、それ以外にも以下のような多くの課題があります。 

ヘルプページの刷新
私たちのプロジェクトは、みなヘルプページを設けて新規参加者が投稿しやすいようにしています。残念ながら、これらのヘルプページはすべて、これまでのウィキ記法にのっとって作成されているため、ビジュアルエディターが進化するにつれてスクリーンショットも手引書もすべて時代遅れになってしまいます。もし、私たちの手引書に基づき、ビジュアルエディターに即した形でヘルプページを刷新できれば、大変有用なことでしょう。
テンプレートにTemplateDataを加える
ビジュアルエディターにはすてきなテンプレート編集機能が付随しています。詳細はヘルプページをご覧ください。もし、ウィキペディア上でこれを用いれば、テンプレートの一部はパラメータと説明が付随して使いやすくなっていることに気づくでしょう。付随していないテンプレートもあるでしょうけど。これは、テンプレートにTemplateDataが無いと、この機能がうまく働かないからなのです。TemplateDataの追加に興味があれば、TemplateData編集の手引重要なテンプレートの一覧をご覧ください。
あなたのコミュニティを手伝ってください
あなたのコミュニティを手伝う有効な方法を見てください。
新規参加者を支援する
もし、ビジュアルエディターの導入が成功すれば、これまでよりもっと多くの新規参加者を迎えることができるようになるででしょう。たとえ、編集がこれまでよりずっと容易になったとしても、コミュニティとどうやって付き合っていくかを習得するのは、依然として容易なことではありません。どうか、利用案内やIRCのヘルプチャンネルにいくらかの時間を割き、これら新規参加者がウィキペディアに慣れて溶け込めるようにしてあげてください。

関連項目[編集]