Wikipedia:井戸端

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェノヴァの要塞と黒海 (ウクライナ)
相談と質問

井戸端
利用案内
調べもの案内
執筆・翻訳者の広場
For Non-Japanese Speakers

過去ログ
1階層あたり最大200件まで表示

Wikipedia:井戸端/過去ログ

このページ(井戸端)は、ウィキペディア日本語版について、運営や方針、新しいアイディアや作業の仕方、その他様々なことで質問や提案、議論、意見交換を行なう場所です。

  • 既に似た質問がないか質問を行う前にご確認ください(→過去ログ検索)。
  • よくある質問(FAQ)もご確認ください。
  • ウィキペディア日本語版やウィキメディア・プロジェクトと関係のない話題を投稿するのはご遠慮ください。

This page is used to ask, propose and discuss the operations, policies and new ideas of Japanese Wikipedia. If you want to write in the languages other than Japanese, you can use Help for Non-Japanese Speakers too. If you hope to inform something rather than to discuss, you can post it to お知らせ which had been a branch of Village Pump until 2007.


次のような内容には、このページ(井戸端)ではなく専用のページがあります。

ウィキペディア全体に関して
個々の専門分野に関して
個々のページに関して
個々の利用者(アカウント)に関して

井戸端以外に適切な議論の場所がある場合、投稿が移動される場合があります。ご了承ください。


過去ログ
井戸端の過去の議論をこちらから検索することができます。
井戸端タグ
井戸端の過去の議論を井戸端の話題タグカテゴリから検索することができます。
最近の更新
井戸端ウォッチリスト - サブページを含めた井戸端の投稿状況が確認できます。
サブページ
運営方針
  • 投稿された全てのトピックは、サブページに移動します。
  • サブページは、Category:井戸端の話題にカテゴライズしています。
  • サブページは、最新の投稿から10日間経過するか、最初の投稿から30日が経過すると、井戸端への読み込みが解除されます。

「です・ます調」でしょうか、「だ・である調」でしょうか。[編集]

こんにちは、Lです。
私が読む Wikipedia の標準名前空間の記事は、たいてい「だ・である調」によって書かれています。一方で、 Wikipedia や Help 名前空間のページは、「です・ます調」によって書かれていることが多いと感じました。
しかし、私が言いたいのは、「逆で書かせてくれ」ということではありません。
私は、現在の使い分けがもっともしっくり来ていて、逆に「です・ます調」によって書かれた標準名前空間のページを読んだのですが、少なからず違和を感じました。また、「だ・である調」によって書かれた Help ページは、見たことはありませんので想像ですが、偉そうに物を言われている気がします。このような、単なる感じ方によって慣例ができただけでしょうか。それとも、方針やガイドラインが存在するのでしょうか。
些細なことかとは思いますが、気になりましたので、ここに質問させていただきます。 -- Seya L (talk) 2015年8月11日 (火) 12:30 (UTC)

コメント ガイドラインです。Wikipedia:表記ガイド#文体。なぜこうなったのか経緯はわかりませんが、仰る通りしっくり来ますね。--JapaneseA会話) 2015年8月11日 (火) 12:52 (UTC)
コメント 「です・ます調」は敬体、「だ・である調」は常体といいます。ネットを検索すると、使い分け方などの解説を見ることができます。常体は客観的事実を冷静に述べるのに適している、とのことなのでやはり記事を常体で書くのが良いのでしょうね。--Tatsubou会話) 2015年8月19日 (水) 11:08 (UTC)

仮リンクの使い方について[編集]

ボクシング分野のWikipediaで活動していますが、最近Template:仮リンクを使用せずに直接多言語版Wikipediaへ飛ぶリンクが良く見受けられます。例としては、マイラ・ゴメス内にある「カトリエル」のような使い方です。このリンクの記述の仕方だと「カトリエル」の日本語版Wikipediaページがあると思ってクリックをするとスペイン語版Wikipediaページへ飛んでしまいます。日本語版Wikipediaページ以外へのリンクはTemplate:仮リンクを使用して「カトリエルスペイン語版」と記述するべきだとも思うのですが、[[:es:Catriel (Río Negro)|カトリエル]]このような記述の仕方はWikipediaの編集ルール上問題ないのでしょうか?--Fightbox会話) 2015年8月14日 (金) 14:23 (UTC)

Help:言語間リンク#本文中への組み込みに記述されているように「他言語版の記事への直接リンクよりも、日本語版内への未執筆リンク(赤リンク)の方が推奨されます。」ガイドラインかなにかで一律禁止にするとまた問題がでるので、気になる人がテンプレートで直していけばいいのではないでしょうか。--Afaz会話) 2015年8月14日 (金) 14:39 (UTC)
コメント ウィキペディア日本語版の開始が2001年、{{仮リンク}}の初作成が2008年で7年の開きがありますので、全体の割合で見れば仮リンクテンプレートの利用数はまだ多くなっていない状況なのだと思われます。そして、テンプレートの使用は絶対ルールではないので、ご質問の通りの書き方(2001年以降テンプレートが出来るまで使われてきた古いやり方)を使用して問題ありません。--119.150.59.112 2015年8月15日 (土) 11:07 (UTC)
コメント Wikipedia:リダイレクト#他言語版へのリダイレクトを作成しないで挙げられている理由がそのまま当てはまります。このような一見日本語の記事が存在しているような誤解を生む表現は避けるべきでしょう。スペイン語版へのリンクを直接記述する方がまだ良いと思います。なお、Wikipedia:井戸端/subj/解消済み仮リンクも参考になると思います。--アルビレオ会話) 2015年8月15日 (土) 12:10 (UTC)

ありふれた記事名[編集]

コメント 19241977観光列車DV、どれも(私の)想像と違った記事内容でした。また、どれも改名提案で反対意見が出ています。理由は「他に該当する記事がないから」という御意見が主流だと思います。記事単体で考えれば、それも良いのですが、言うまでも無くWikipediaには内部リンクという機能があります。例えば、稲田朋美から誤ってDVにリンクされていますが、これは間違えても仕方ないと思います。今後もこのような誤リンクが出る事でしょう。なお、観光列車や数字記事などに現状、誤リンクが少ないのは、一因として私が最近修正した事もあります、実際は多々あります。

  • まず、数字については、ノート:1924およびノート:1977プロジェクト:数学/数#新しい整数記事を作成する前にを根拠にした御意見と、プロジェクト:数学/数#整数記事のフォーマットを根拠にした御意見が出ており、判断つきかねました。私見では、1924などは数字の記事がなくとも、記事名にすべきではないと思います。
  • 短い英数字(2~3とすべきか4とすべきか5とすべきか・・・迷いますが文字程度の)についても、誤解を招きそうなので、数字同様、記事名にすべきではない(曖昧さ回避にすべき)と思います。例えばM77は該当記事が他にもありませんがen:M77を見るに、誤リンクを生み出しそうです。
  • 観光列車も非常に紛らわしいものがありますが、明確な基準を設けるのは難しいかもしれません。ノートでは誰しもが紛らわしさを感じながらも、方針・ガイドラインに基づき、改名に反対しています。

何かしら記事名の方針・ガイドラインを修正すべきなのか、あるいは現状で問題ないのか、運用次第で解決できるのか?皆様の御意見を伺いたく思います。 --JapaneseA会話) 2015年8月23日 (日) 17:44 (UTC)

コメント これは酷いですね…。「悪い記事名」の例としてWP:Dあたりに載せたいくらいです。同じ記事名のものがなければ曖昧さ回避不要、というほど単純な話ではありませんし、この辺りならガイドラインはそのままでいけるような気もしますが、……これにとどまらず数十、数百(あるいは数千?)の同様の問題をかかえる記事があるわけで、根本的な解決にはガイドラインの改定が不可欠になると思います。--Hisagi会話) 2015年8月23日 (日) 23:19 (UTC)
コメント (個々の合意は必要ですが)個人的には
  • 1924、1977は、1900のような曖昧さ回避化
  • 観光列車は、ジョイフルトレインを観光列車に改名、または新規記事の作成
  • DVは、ドメスティックバイオレンスへのリダイレクト
ですね。たいていは分野を跨ぐので、ガイドライン等ウィキペディア全体の規約に書き込むことも考えなくてはいけないのですが、なにせパターンが多すぎて網羅するのも難しいのかなとも思っています。事例の積み上げと紹介で対応したほうが、手続きとしては無難かなとも感じます。曖昧さ回避の整理は、記事を立ち上げたときについでにやってくれるとありがたいのですが、(純粋な記事書きさんにとっては)めんどくさい作業なのかもしれません。--Triglav会話) 2015年8月24日 (月) 00:57 (UTC)
コメント これは本来記事があってよさそうな一般的な語句の記事が未作成で、同じ文字列の一般的ではない語句の記事が作成されたとき、曖昧さ回避をどうするか、そもそも記事が1つしかない段階で曖昧さ回避にして良いか、という話ですね。確かに存在しない記事を曖昧さ回避にするのもためらうところですが、Wikipedia:曖昧さ回避では「近い将来執筆される可能性がある主題については曖昧さ回避のページに記述しておいて構いません」とあります。すこし裏ワザ的な手順ですが、このような語句を見つけたところで、一般的な語句をWikipedia:執筆依頼に登録して、それを持って「近い将来執筆される可能性がある主題」として曖昧さ回避する、というのはどうでしょうか。方針・ガイドラインを修正せず、運用で解決できると思います。--アルビレオ会話) 2015年8月24日 (月) 10:04 (UTC)
コメント 数字名記事では他に122413491418256212012121212123456が存在しています。他にはS14という記事がありますが、シルビアではありません。--JapaneseA会話) 2015年8月25日 (火) 13:19 (UTC)
プロジェクト:数学/数#新しい整数記事を作成する前にはそもそも記事名を変えない根拠にはなっていないと思われます。何故なら今後何か特筆すべき性質が見つかればそれらの整数が単独記事として立項される可能性はあるからです。単独記事として絶対に立項されないであろうことが明らかな場合ならわかりますが、1924というリンクを見ただけで「1924は絶対に何の特筆性もない数だから、これは数字の記事ではないに違いない」などと思うわけもないでしょう。実際1729みたいに何の変哲もない数が数学的に面白い特徴を持っていることもあるわけで、記事名からはそれが特筆性のある数に関する記事なのか、それとも商品名の類なのかどうかを判断することはできません。WP:NCなど現行のガイドラインで対処できることだと思われます。--AT会話) 2015年8月28日 (金) 08:31 (UTC)
コメント 私が違和感を感じたのは「観光列車」くらいで、あとはせいぜいDVDV (曖昧さ回避)へのリダイレクトにした方がいいかなと思う程度でした。数学にもテレビ番組にも精通していない者にとっては、「1924」と聞いてもなんのこっちゃわかりません。なので、特筆性が存在する方の記事が先に使用して構わないと思います。でも、「観光列車」であれば、その概要が説明されているだろうな、とは想像します。Wikipedia:記事名の付け方#記事名の重複を回避する場合をよく読めということに尽きるのではないでしょうか?--野田オリックス会話) 2015年8月28日 (金) 16:17 (UTC)
コメント 整数に関しては、プロジェクト:数学/数の整数記事のフォーマット節、記事名の項を根拠として、1924などは整数そのものの記事のために空けておくことにすべきです。そして、特筆性の関係で整数の記事を作成できない場合は、ここを曖昧さ回避ページとして使用する。というのが良いのではないでしょうか。つまり現在の1924は1924 (テレビ番組)か何かに改名して、跡地は「整数1924、1924年、ドキュメンタリー番組1924」あたりの曖昧さ回避として利用するというのが、閲覧する場合に便利となると思います。仮に改名が不可能としても、1924の冒頭には曖昧さ回避用のハットノートを設けるべきでしょう。年号を検索するつもりの人を1924年に誘導する必要があります。--124.98.187.157 2015年8月29日 (土) 05:56 (UTC)
返信 私の意見は逆で、1900など、1900 (日本テレビ)を作るためにわざわざ曖昧さ回避を設置するのはおかしいと思います。数字としての1900が、1899 の次、1901 の前の整数としての意味しか無いのであれば、百科事典として解説する必要がある内容とは思えませんし、年号を調べたい人はきちんと「年」を付けて検索すれば済むだけの話です。無論、数字や数学としての1924に特筆性がある記事が書けるのであれば、後発でも優先的に記事名を使って構わないと思います。(本件に類似するの問題としてWikipedia:井戸端/subj/地名等に由来するひらがなの名称は由来元へ転送するのが妥当なのか?という話題を立ち上げました。)--野田オリックス会話) 2015年8月29日 (土) 08:14 (UTC)
その場合の問題は、記事の名前から何の記事なのかわからなくなってしまうということです。数字の中には特筆性のあるもの、いま現在は特筆性がないもの、そして今後も特筆性がないであろうもの等々が存在しますが、それらは一般的に見た目からは区別ができません(数学者ですら今後1900に特筆性が出ないと予言することは不可能です)。そのためJapaneseAさんが仰っているように誤リンクが実際に生じています。重要なのは「いま現在紛らわしいページが存在するかどうか」ではなく「利用者や編集者にとって実際に紛らわしいかどうか」でしょう。--AT会話) 2015年8月29日 (土) 08:42 (UTC)
そもそも「ウィキペディア内の記事の有無」など関係なく、「大多数の一般の方がその語句にどういう意味を期待するか」というのを優先すべきという話でしょう。「1900」や「1924」という語句をみれば、普通の感覚なら単なる数字または西暦を連想するはずです。不満ならご家族や職場の方にでも尋ねてみてください。こんな記事名を名乗られては迷惑です。実際にも害が出ているでしょう。言ってしまえば、記事名についても「身の程を弁えろ」ということでしょうか。本来の意味や一般的な意味が記事として成立するかはともかく、それを差し置いて妙な記事が記事名を占有するのは避けたほうが良いでしょう。--Hisagi会話) 2015年8月29日 (土) 08:52 (UTC)
コメント おっしゃるとおり、わざわざ曖昧さ回避を設置するのはおかしいです。となると「1900」は、その解説の代わりをしている記事「1000」へのリダイレクトとなりますが、そうすると「1000」の冒頭は{{redirect}}の案内だらけになってしまうので、しかたなく曖昧さ回避としています。--Triglav会話) 2015年8月29日 (土) 09:50 (UTC)
コメント 誤リンクの問題は、記事編集した人の問題であるし、気づいた人が適宜修正すれば良いだけのように思います。DVにしたって、映像機器関係の記事を書いている人にとっては、ドメスティックバイオレンスのリダイレクトにされてしまうと間違う可能性は十分にあります。
Hisagiさんの言わんとすることはわかるのですが、「1924」が現時点で単なる数字でしかない場合、単なる数字をわざわざ辞書に示す必要は無いと思います。1924と検索してテレビ番組の内容しか出てこないのなら、ほかに「1924」に大した意味が無いと思うのが普通の感覚でしょう。仮に、「1924」が数学者の間では知っててあたりまえのような数値であったとします。そのようなときに、Wikipediaを調べるとテレビ番組の内容しか出てこない、そういうような事例が発生すれば、確かにWikipediaがバカにされそうです。でもそれを解消するには、バカにしていないで、学術の内容を立項していただくしか解決方法は無いと思います。
あと、偶然発見しましたが、19841985は数の記事と曖昧さ回避が混在していて酷い状況になっていますね。--野田オリックス会話) 2015年8月29日 (土) 11:32 (UTC)
「記事編集した人の問題であるし、気づいた人が適宜修正すれば良い」とのことですが、そういう問題と手間を生じさせないためにWP:Dが定められているのです。「紛らわしくて間違えたとしてもそれはその人のせい」というのは当ガイドラインに真っ向から反する考えでしょう。--AT会話) 2015年8月29日 (土) 11:45 (UTC)
いやですから、それは執筆者次第ですよねということです。DVと聞いてデジタルビデオの規格を思い浮かべる人とドメスティックバイオレンスを思い浮かべる人は両方いるはずです。現在は廃れた技術ですので知らない人もいるかもしれませんが、少なくとも10~20年前に家庭用ビデオカメラに何らかの形で携わったことのある人にとっては馴染みのある言葉だと思います。--野田オリックス会話) 2015年8月29日 (土) 12:42 (UTC)
グーグル先生に聞いてみましょう。--Triglav会話) 2015年8月29日 (土) 12:48 (UTC)
返信 仰りたいことが正直よくわからないのですが、両方思い浮かべる人がいるから何なのでしょうか。曖昧さ回避ができないということでしょうか? しかし2つの内容が平等な場合の曖昧さ回避の指針も存在しますよ(WP:D#曖昧さ回避の種類と方法)。しかも数字の場合はDVと違って平等とも言えないですし。明らかに数字の意味が先で番組名などはそこから取っているわけですから。このようにDVと数字では全く状況が異なるので、まずは数字の話を終わらせてからにしましょう。--AT会話) 2015年8月29日 (土) 13:18 (UTC)
返信 私はDV自体を曖昧さ回避もしくは曖昧さ回避へのリダイレクトにすることは良い思っていますよ(前述)。でも、現状だってotheruseだって誘導できているし、DVを曖昧さ回避の内容にしたところで、大して状況は変わらないですよね。直接飛ばしたいならパイプ処理するしかありません。--野田オリックス会話) 2015年8月29日 (土) 13:42 (UTC)
返信 私は野田オリックスさんが数字の記事の話をしていたから意見を述べたのであって、DVに関しては元々何も意見を申し上げていません。これ以上議論が長引くと可読性も悪くなりますし、「数字記事については曖昧さを回避するために何らかの対処をすべき」ということで良ければ、議論を一旦終了させませんか。--AT会話) 2015年8月29日 (土) 13:49 (UTC)
返信 承知しました。ATさんの『誤リンクが実際に生じています。』という発言が、話の流れから「DV」の件だと思っていましたので、何かの数字の記事について述べられていたのであれば申し訳ございません。--野田オリックス会話) 2015年8月29日 (土) 14:28 (UTC)

(インデント戻します) 返信 なるほど。私はJapaneseAさんの「数字記事などに現状、誤リンクが少ないのは、一因として私が最近修正した事も」という発言を念頭に置いていました。何はともあれありがとうございました。--AT会話) 2015年8月29日 (土) 14:35 (UTC)

小中学校の曖昧さ回避[編集]

小中学校の曖昧さ回避を精力的に作成されている利用者さんがおられますが、消滅した自治体や統合された小中学校名の旧校名を使用しての曖昧さ回避を多数作成されています。一例を挙げますと、昨日作成された高松町立高松中学校は2校記載されています。この2校は消滅した自治体のケースですが、2校ともすでに曖昧さ回避の高松中学校に記載されています。このような曖昧さ回避は必要なのでしょうか?必要以上の細分化には当たらないのでしょうか?--Zonoz会話履歴) 2015年8月23日 (日) 23:12 (UTC)

コメント 曖昧さ回避云々より特筆性なしで各記事自体を削除でしょう。--240D:0:BF09:AB00:8DD4:1B09:5C92:8CF2 2015年8月25日 (火) 11:31 (UTC)
旧校名での曖昧さ回避は必要がないという話でしょうか。それとも、別の曖昧さ回避に書かれている項目を重複して立てるべきではないという話でしょうか。前者なら必要あります。後者なら、高松町立高松中学校高松中学校にリダイレクトして、高松中学校の中で言及すればいいだけの話かと思います。あくまで一例ですが、その曖昧さ回避が存在しない場合には、どこかの記事で高松町立高松中学校という内部リンクが貼られた場合(何かの書籍に言及されていた場合でもいいです)には、読者は現在の校名の記事(例えば岡山市立高松中学校)にたどり着くことができないことになります。(高松町が合併して岡山市になったとかかほく市になったなんて、多くの人は知らないわけですし。)その曖昧さ回避があれば、読者はとりあえず岡山市立高松中学校の記事にたどり着くか、かほく市立高松中学校の記事がまだ存在しないことを確認することができます。(その記事自体の特筆性については調査をしていないので、曖昧さ回避先の両記事に特筆性があるということを前提に話をしています。調査の結果、特筆性が存在ないのであれば当然削除すべきですが。)--円周率3パーセント会話) 2015年8月26日 (水) 14:08 (UTC)

他言語版の記事の翻訳など他言語版との関係についての質問[編集]

先日、踏み台昇降を編集していた際に英語版のHarvard step testとの関係について記述されていて、日本語版と他言語版との関連をみて何点か気づいた点を整理しましたので井戸端で質問します。

第一の質問

英語版など他言語版の記事をWikipedia:翻訳のガイドラインの手続きに従って翻訳すれば日本語版でも独立記事として存続できると考えてよいですか。

第二の質問

他言語版の記事を見るとそこまで細分して立項する必要があるの?と思うものもありますが、他言語版から翻訳された記事を日本語版で合意によって統合することはできるのでしょうか。他言語版で独立記事ならば日本語版でも独立記事のほうがよいので慎重な対応をしたほうがよいといったところでしょうか。

第三の質問

英語版など他言語版からの翻訳があったものの出典が全くない立項もしくは出典がない加筆があったとき、その翻訳によって立項・加筆された出典のない部分は翻訳によらない出典のないものと扱いは同じなのですか、それとも翻訳による記事や加筆の場合には何らかの優位性をもちますか。出典が付かなくて大幅に削減されている記事もあったりしますけど、出典がない翻訳記事を同じ図式で考えると事実上翻訳と相反する作業になるような気もするのです。翻訳作業には労力がかかるでしょうから大幅な改稿をしてしまうと翻訳した方に悪いなと躊躇してしまいます。

第四の質問

「日本中心にならないように」は「日本語中心にならないように」なのでしょうか。たとえばサイダーの記事を参照しますと、定義が「国や地域によって」とか「日本では」となっていてWikipedia:日本中心にならないようにを考慮したものなんでしょうけど、そもそも日本語版なのですから定義はあくまでも「日本語では」としておき「他言語では意味が異なることがある」としてその具体例を出典付きで補足する形でよいのではないでしょうか。

第五の質問

たとえば合成樹脂と英語版のplasticがリンクしていること自体は相当する範囲内だと思うんですが、そのことをもって日本語の合成樹脂と英語plasticが同じ意味だという前提を置いてはいけないと思うんですがどうでしょう。合成樹脂の記事では合成樹脂と英語のplasticが必ずしも同じ意味でないことがしっかりと記されています。リンクはしてますけど。怖いのはそういう出典を根拠にした記述がなくて日本語の合成樹脂と英語のplasticは同じでしょというような前提が暗黙裡に置かれているようなときです。ノート:フェルトペンで同様の問題がかなり前に指摘されています。フェルトペンの起源についての記述が日本語でいう「フェルトペン」とは違うものではないかというものです。日本語での概念の正確性、英語での概念の正確性それぞれを保たないと百科事典としての価値を損なうと思うのですがどうでしょう。

御教示ください。--Skimr会話) 2015年8月25日 (火) 00:30 (UTC)

  • 第四の質問の例示は不適切。韓国でもサイダー(사이다)で通用するので、定義はあくまでも「日本語では」とするのはダメ。--hyolee2/H.L.LEE 2015年8月25日 (火) 01:14 (UTC)
    • コメント hyolee2/H.L.LEEさんの論理はおかしいです。ウィキペディア「日本版」なのだから、「日本では」とすることには何の問題もない。発音が対応する英語のciderは日本語のサイダーとは意味が異なることや、発音が対応する朝鮮語の사이다が日本語のサイダーと同様の意味であること等、各言語の事情は参考に書けばよいこと。逆に「日本では」「韓国では」などと記述するのは、ウィキペディアに各国POVを持ち込む行為ではないでしょうか(たとえば「日本では」としてしまった場合、日本で生活する日本語話者の非日本人は「サイダー」をどの意味で使う方が多いのか?、とか、「韓国では」としてしまった場合、韓国ではサイダーという意味なら北朝鮮ではどういう意味を持つのか?などという疑問が直ちに想起されます)。--114.49.35.132 2015年8月25日 (火) 05:11 (UTC)
  • コメント まず大前提として、同じ物の翻訳として作る「Windowsの英語版・日本語版」のようなものとは違って、ウィキペディアの各言語版は基本理念こそ共通するものの、(他言語版を参考にするケースもあるとはいえ)方針からそれぞれに策定するなど、一定の自律性を持ったサイトです。「他言語版と揃えること」を優先する必要はありません。
    • 1つ目ですが、日本語版と英語版で記事存続の基準は違いますので、言語版によって存否が異なることもありえます。例えば、英語版やコモンズではカテゴリに専用のテンプレを張った「カテゴリリダイレクト」が運用されていますが、日本語版では許容されていません。
    • 2つ目についても、特段問題ありません。
    • 3つ目についても、日本語版として書き下ろしたものとと違いはありません。怪しいところについては「訳さない」という選択肢もあるわけですし、翻訳だろうが執筆だろうが「わざわざ独自研究を書き込んだ」労力を考慮することなど、全く必要ありません。
    • 5つ目ですが、文化圏によってものの区分が大きく違ってきますので、(人物や製品などの固有名詞ならともかく)言語版を越えて1対1対応させようというのがどだい無理な相談です。例えば、日本語でネズミと呼ばれる生物群は、英語圏ではmouseratの2つとして認識されています。ネズミからのinterwikiはありませんし、英語版のratからはクマネズミ属につながっていますが、意味合いは一致しません。--Jkr2255 2015年8月25日 (火) 03:44 (UTC)
      • コメント 御回答ありがとうございます。
        • hyolee2/H.L.LEEさんと114.49.35.132さんからは第四の質問についてコメントをいただきました。ありがとうございます。取り上げ方が上手くなかったからか伝わらなかった点があるかもしれません。記事名の設定、記事名に対する定義の正確性(合成樹脂とplasticの例)など考えるべき点は多々あります。これはもう少し時間をかけて整理してから議論をしないといけないかもしれません。
        • Jkr2255さんからは日本語版と英語版で記事存続の基準の違いなどについて詳しく教えていただきました。ありがとうございます。記事も一対一で存在していることが必須ではなく存続や分割なども自律的な判断基準によるものと理解しました。出典がない翻訳記事は翻訳の元となる記事にも出典がなかったわけで、他言語版のもと検証できていなかった部分が翻訳という過程を通ったからといって検証されたものに変化したわけではないので記述の扱いも変わらないわけですね。翻訳によっては複雑な構造になっているものもあるので一部を編集すると全体を崩しそうでこわいんですが、メンテナンスのためのツールもあるのであまり過度に心配する必要はないのかなと思いました。--Skimr会話) 2015年8月25日 (火) 20:29 (UTC)

プログラミング言語関連記事の関連項目のテンプレート化[編集]

プログラミング言語などの記事の関連項目に共通する記事が多数あげられています。これをテンプレートにしてはいかがでしょうか。--プログラム会話) 2015年8月27日 (木) 17:34 (UTC)

コンサートなどのカテゴリ整理[編集]

まずは、Category:大阪市西区の歴史Category:2009年の日本を御覧下さい。カテゴライズには一定の基準が必要なカテゴリのように思いますが、芸能人のコンサートやスポーツなどがカテゴライズされています。これらは可変IP利用者(IP:27.143.219.93ノート / 履歴 / ログ / Whois IPv4IPv6、IP:42.146.63.66ノート / 履歴 / ログ / Whois IPv4IPv6、IP:27.143.217.36ノート / 履歴 / ログ / Whois IPv4IPv6、IP:42.144.120.249ノート / 履歴 / ログ / Whois IPv4IPv6、IP:42.147.50.228ノート / 履歴 / ログ / Whois IPv4IPv6、他にもあるかも)などによる編集で、コンサート記事などに過剰なカテゴリが付加されています(Wikipedia:管理者伝言板/投稿ブロック#2015年8月21日 - 31日新規報告でも報告されており、以前に荒しとしてブロックされています)。編集例です([1])。

ただし、この例ではCategory:コンサート・ツアーを付加しています(下位カテゴリのCategory:ハロー!プロジェクトのコンサート(Berryz工房はハロー!プロジェクトに所属しているので)にカテゴライズする方が良いので、修正しました)。
また、この例[2]では、デフォルトソートを「にせんく」から「2009」に修正しており、改竄前のソートも完璧とは言い切れないものがあります。
このような点から、単純に全Rvするよりは、同時に改善を行う方が良いと考えました。ハロープロジェクト(Berryz工房、℃-ute、スマイレージなど)の各コンサート記事は、内容を確認した上で全Rvかつ修正し、修正しきれていない(どうすべきか判断つかない)デフォルトソートに関しては、ノート:ハロー!プロジェクト#デフォルトソートで協力を求める旨をコメントしました。
ハロープロジェクトは自分の知っているアーティストなので修正できましたが、アーティストだけでもAKB48、ももクロ、X-JAPAN、嵐など多岐に渡り、門外漢ゆえ、同時に行うべき見直し(適切なソートや下位カテゴリへのカテゴライズ)はできかねます。スポーツや各アーティストに詳しい方に修正して頂きたく、御願い申し上げます。また、何か良い御提案があれば、仰って頂ければと思います。

--JapaneseA会話) 2015年8月28日 (金) 02:20 (UTC)(Sutepen angel momo)

利用者サンドボックスから”未完成”記事の無断転載に関して何らかの禁止処置を[編集]

利用者サンドボックスの記事については過去、Wikipedia:コメント依頼/利用者サブページの下書きの記事化Wikipedia:井戸端/subj/利用者サンドボックス記事の扱いについてなどですでに議論ありますが、未完成の下書きの無断コピーについて特に一言いいたいと思います。
履歴継承すればいいみたいなことになってますが、未完成の記事は、まだ書きかけなわけですから、(版削除となる)引用の明示が無い状態の記述があったり、間違った記述、文章の前後関係がばらばら、文書を置いただけの状態のものなど、いろいろ問題があるわけで、これから直そうとおもって下書き保存しているのに、それを勝手に他者が投稿されるようだと、下書きとしておちおち保存できません。サンドブックスはそもそ途中の状態で保存して長期の執筆作業を助けるための機能ではないのでしょうか?
しかも履歴継承に名前が載ってコイツが書いたみたいになるわけで、未完成の下書きを無断で投稿された上に(形式的とはいえ)文責も負わされるような形になるのはおかしいと思います。
利用者サンドボックスの無断記事化は現在は禁止されていませんが、最低でも利用者の会話ページで連絡をとって了承を得るか返事がない場合でも1週間待つぐらいのルールは必要ではないでしょうか。それに違反した場合は削除の理由になるようにしてもらいたいです。履歴継承すればいいというのは非常に緩いです。長期的な執筆より無断転載が簡単なのは明らかであり、結局、無断コピーなどは荒しやルールやマナーに無頓着なユーザーが行うわけですから、そういったコミニュティに害を与えるものを保護する現在の状態は本末転倒ではないでしょうか? 完成後まならまだしも、未完成状態で勝手にもっていかれては、記事の内容にも責任がもてません。 --Quark Logo会話) 2015年8月28日 (金) 02:48 (UTC)

コメント 現状、明文化こそされていませんが、ブロック例も出ていますし、「コミニュティに害を与えるものを保護する」というのは語弊があるでしょう(明文化したところで、荒らし目的でやる人は出るでしょうし、事前規制はWikipediaの原理上、実効的な方法はなさそうです)。未完成の記事は「百科事典的な記事」としてふさわしいものではないので、WP:DEL#Eとして削除することも可能でしょう。--Jkr2255 2015年8月28日 (金) 03:19 (UTC)
言いたかったのは、保護する”ような”現状という意味です。若干言葉足らずでした。
引用について、厳しく指摘する利用者とそうでない利用者がいますが、法例を上げて主張される方がいうには、引用元を明示しないといけない、一字一句変えてはならない、でない場合は版削除とのことです。実際に版削除になった例もみます。下書きで体裁を整えてないまま投稿されると、結局、方々に迷惑がかかるような気がしますし、何よりも盗用された側は誰しも気分が悪いでしょう。私は昔はサンドボックスを使わずにテキスト文書としてローカルディスクに保存する方法で下書きを保存してましたが、やはり下書きにサンドボックスは使わない方が良いという結論になるのでしょうか。下書きのためにあるのに、サンドボックスが利用者に不便といういかがなものかと思います。
事前規制が難しいというならば、事後規制は可能ではないでしょうか。
つまり
  1. 利用者サンドボックスからのコピーは履歴継承と転載元の利用者への通知を義務づける。または通知するbotを作る。
  2. 他人による転載に関しても、コピー元の利用者に削除方針「ケース F: 投稿者本人から依頼がある場合」の適用を認める
こういったことは可能ではないでしょうか。
これならば問題のある未完成記事の場合は、執筆者が削除依頼または即時削除の依頼をできるし、執筆者と転載者の意見が対立しても削除依頼の場で意見を言え、それを見て管理者が判断できると思います。また執筆者本人として即時削除が認められるならば、文字通り投稿を取り消せるわけです。
先に言われたケースEは、一見してちゃんと百科事典的に書かれている下書きに対しては適用され難いと思いますし、それは明らかな悪戯投稿ということでしょうから、未完成記事の転載問題には当てはめにくいかと思います。--Quark Logo会話) 2015年8月28日 (金) 04:47 (UTC)
横から失礼いたします。過去のこの種のケースとしては、(既にご存知かとは思いますが)Wikipedia:削除依頼/ジュ・ド・ポームも参考になるかもしれません。これは「他の利用者のサンドボックスから(履歴継承をした上で)転記を行なった初版投稿者が、自ら削除依頼を出した」というものでしたが、最終的には存続で終了となっています。「利用者サンドボックスは自由に使って良いよ。その代わり、サンドボックスに一度投稿したら、手続き上のルール違反さえなければ、誰でも自由に使用できるようになるから注意してね」では、正直「下書き」「テスト投稿」の場としては使いづらいのではないかと思います。ある程度自力で仕上げたものを、ある日突然他の方に(無論履歴継承手続きをした上で)ごっそり持ってゆかれる、というのは、心情としては「盗まれた」ないしは「奪われた」というものに近いでしょうね・・・。ジュ・ド・ポームの「初版投稿者」の方については、別件との絡みもありその後無期限ブロックとなっていますが、この「他の利用者サンドボックスからの転記」については「横取り」「盗用」と随分厳しく批判を受けていました。ただ、「利用者サンドボックスだけ、標準名前空間その他もろもろとは別のルールで運用する」というのも、難しいのかもしれません。Quark Logoさんの上記のご提案事項2点が、現行のライセンスの元でできる「ギリギリ」のラインではないかと思います。(そもそも「通知を義務づける」というよりも、「事前に会話ページで当該下書きの投稿者に自主的な投稿を呼びかける」→「一定期間以上反応がない場合は、会話ページで通知する」というようなプロセス、「他者の下書きを転記」はあくまで最後の手段となるような形、を義務づけたほうが安全かもしれませんが・・・)--Rienzi会話) 2015年8月28日 (金) 07:10 (UTC)
コメント まず、ご意見の主旨からは外れますが、下書きであっても記事と同じライセンスで公開している以上、版削除となるような下書きは投稿しないことが求められていると思います。さて、未完成であることについて、{{工事中}} や、一般的な {{注意}} などを用いて未完成であることを明示しておくことが出来ると思います。強制力は有りませんが、より不適切な行為である印象を与えることが出来るのではないでしょうか。規制については、「履歴継承をしていれば良い」というのはライセンス上の最低限であり、これにウィキペディア内部で通用するルールを追加することは可能だと思います。例えば「利用者名前空間から記事名前空間への移動や複製を行えるのは、原則その利用者が行う場合に限る。例外は、利用者会話ページにその旨通知した後、○○週間が経過した場合。」など。なお、ウィキペディアの外部に関しては、ライセンスが守られている限り、難しいものだと思います。--Frozen-mikan会話) 2015年8月28日 (金) 07:26 (UTC)

声優の顔写真を掲載して欲しくないという提案[編集]

私は声優の顔を見たくないと思う人間の一人です。 wikiで声優を検索すると顔写真がのっていなかったので以前まではよかったのですが、 本日検索したところ数名の方の顔写真がのっており、また他の声優の方のところでも画像が募集されていました。 wikiにくるまえに検索をかける際も顔をみないようにするため声優の名前を知っていても声優の名前で検索をかけず、 アニメのタイトルなどからwikiにきて、そこから声優を検索しています。

私のほかにも声優の方々の顔写真を見ざるを得ない状況をよしとされない方が少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。 顔写真が必要なら声優の名前で検索すれば今の世の中画像くらいすぐ出てきます。

声優は夢をうっているはずです、見たくない人間もいます。 声優の顔を見たくない人間のため、どうか顔写真の掲載をやめていただくか、 せめて「画像を見る」等のボタンを押したら写真の部分が表示されるなどの対処が可能であればして頂きたいと思いました。

--タナッセ会話) 2015年8月28日 (金) 13:57 (UTC)

反対 検討に値しません。ゴキブリ・毛虫・内臓・深海魚などの写真と同様、映画・小説・マンガなどの結末(ネタバレ)と同様。自分から調べようとしておいて「知りたくなかった」というのは幼稚な我儘にすぎません。結論、それはあなたが「悪い」のです。--Hisagi会話) 2015年8月28日 (金) 14:13 (UTC)
コメント そもそもそれは無理でしょう。そこそこ程度に有名な方々であればテレビにも雑誌にもたくさん出てますし、ウィキペディアの写真程度でどうということはないかと。だって最近のテレビアニメ見てたら主題歌CMの半分以上は声優さんじゃないかというぐらいの勢いですし。最近の若手声優だけに限らず、昔から声優の顔出しは日常茶飯事でしょう、一般人があまり気付かないだけで。
個人的意見ですが、私は逆に声優のビジュアルを把握したうえで声優さんの演技に聞き入るほうがむしろ良いと思っていて。たとえば意外性のあったりするキャスティングの作品を見たときなど、その声優さんの顔を知っている方のほうが誰の声か分かりやすいですし、それで演技の真価が衰えるようなものではないというのが私の場合の経験則なので、知ってて損はないのかなと。--ディー・エム会話) 2015年8月28日 (金) 15:01 (UTC)
コメント 声優は裏方だ。というポリシーで仕事をされている声優さんはいらっしゃるでしょう。そういう方はまず写真を撮られるという機会を作らないと思うのでウィキペディアへの掲載もありえません。一方で、歌手・タレントなどマルチに活動されている方々がいらっしゃいます。こちらは顔を売る必要がありますので、掲載の可能性も出てくるでしょう。これらの方々は、記事上のカテゴリはメインの「声優」となっていますが、写真掲載に関しては副業であるタレントの要素によるものと解釈してあげるのが妥当でしょう。役者と兼業など昔から顔の出ている声優はいらっしゃいました。現在は、そういう人たちが多くなったんだなと考えてあげるのが上手な解釈上の逃げになるのではないでしょうか? --Triglav会話) 2015年8月28日 (金) 15:13 (UTC)
コメント 残虐・グロテスクな描写のある写真については、「表示」のボタンを押すことによって表示されるようになっている例はありますが、著名人の顔写真を「夢を壊す」から「見たくない」というような個人的な理由で載せない(あるいは「表示」ボタンでの表示形式にする)、という判断はできないでしょう。写真をどうしても見たくないというのなら、該当の記事を見ないということしか無いのではないでしょうか。件の提案を通すには、多くの人が賛同できるような合理的な理由を提示しないと難しいでしょう。--松茸会話) 2015年8月28日 (金) 15:15 (UTC)
コメント 心情的には理解できる部分も全くないとは言いませんが、提案自体には微塵も賛同できません。
>声優の名前で検索すれば今の世の中画像くらいすぐ出てきます
おっしゃるとおり、公式サイトや公式ブログなどで顔写真を公表していらっしゃる声優さんたち、アニメやゲームの公式サイトのインタビュー等で顔写真が掲載されている声優さんたちは普通にいらっしゃいます。
それで、なんでウィキペディアだけ公表するな、という話になるのでしょうか。本人が非公表を望んでいる(あるいは公表されているがウィキペディアで利用すると権利侵害などが絡む)ものを暴露した、というのならウィキペディアが責められて当然でしょうが、そういう話には見えません。それこそ、そんなに顔を見たくないのなら、先に公式サイトなり何なりに掛け合って公表を控えてほしいと要望するのが筋ではないでしょうか(到底実現するとは思えませんし、その声優さんたちのファンからも批判されまくるでしょうけれど)。
根本的な点として、まさにその夢を売る仕事に一生懸命取り組んでいる方にたいして「お前らの声だけ聞きたい、ツラなんぞ見たくない」という要望は(タナッセさん個人がどういう価値観をお持ちになろうとそれは自由ですが、そのような価値観をウィキペディアの記事にまで押し付けようとするのは)かなり失礼なものではないかと思いますし、声優さんには舞台俳優などを兼ねていらっしゃる方も少なくないことなどを踏まえれば、いささか了見の狭い提案ではないかと思います。
蛇足ですが、私はインターネットが普及する前にアニメにかなり嵌っていた時期がありますが、当時は特定の声優さんの出演歴なんかは詳しい友達から教えてもらっていましたよ。顔を見たくないが、その声優の情報がほしい、というのなら、それが一番手っ取り早いのではないでしょうか。--Sumaru会話) 2015年8月28日 (金) 15:23 (UTC)

地名等に由来するひらがなの名称は由来元へ転送するのが妥当なのか?[編集]

列車記事は過去に何でもかんでも記事名の後に「 (列車)」を付ける慣習があり、項目名の重複が無いにもかかわらず「 (列車)」を分野名を付けている記事が多く見受けられます。それらのうち、既存の事象からは記事名の重複の可能性が低いと考えられるものについては、順次、「 (列車)」を外していこうと改名提案を行っているのですが、「あかぎ (列車)」で改名提案を行ったところ、「「あかぎ」は「赤城」へのリダイレクトにし、そこに「あかぎ (列車)」へのリンクを設けておけば十分」との意見が出て、議論が硬直しております。

日本語を理解している利用者であれば、「赤城」を調べるのにひらがなの「あかぎ」を用いることはまず無く、漢字の「赤城」とひらがなの「あかぎ」は使い分けるのが本来の記事名のあり方ではないでしょうか?現に同じ「あ か ぎ」の読みでも、「アカギ」の方は全く異なった内容となっています。同様の理由で、「あさま」の冒頭にOtherusesで「浅間」を誘導しているのも余計なおせっかいに思えます。

Wikipedia:井戸端#ありふれた記事名と対局にあるような話題でしたので書かせていただきました。--野田オリックス会話) 2015年8月28日 (金) 15:55 (UTC)

コメント 列車の名を詳しく知っているわけではないですが、見たところ、ほとんどはどこかの地名やものの名を流用しているようですね。新たな言葉をそのために作っている例はあまり無い模様。であれば、その名は必ずオリジナルの名の派生ですから、そのオリジナルの方を尊重すべきだと思います。つまり、列車の名に「 (列車)」をつけるのはきわめて妥当であり、外すのはむしろふさわしくないと思います。--Keisotyo会話) 2015年8月28日 (金) 23:26 (UTC)
コメント「あかぎ」と入力して、「アカギ」や「赤城」に、追加入力なしで辿りつけないのは、日本語の電子事典として致命的な欠陥ではないかと思います。
>日本語を理解している利用者であれば、「赤城」を調べるのにひらがなの「あかぎ」を用いることはまず無く、
# 全ての固有名詞の漢字表記を正確に把握している人はおりませんし、日本語学習者であればなおさらです。適切な誘導がなければ、日本語を読むことはできるが、漢字で書くことはできない人を排除することにもなります。
# 日本語に習熟していても、漢字変換を省略できるのは、利便性が高いです。かなでの入力から漢字項目に辿りつけない電子辞書・事典は、あまり見たことがありません。
--Yhiroyuki会話) 2015年8月28日 (金) 23:43 (UTC)
コメント Yhiroyukiさんのような意見は私も思いました。ただし、地名等に限ってそのような配慮をする必要性があるのか疑問に思います。また、Wikipedia:曖昧さ回避#曖昧さ回避後の項目名にあるように、「項目名 (分野)」の書き方は、他に適切な項目名が無い場合に行うのが原則で、それを用いてまでひらがなの「あかぎ」を潰さねばならない理由がわかりません。なお、「瀬戸」と「瀬戸 (列車)」のように、同じ漢字表記の場合には、元になっている地名の方を優先するのは当然であると考えております。--野田オリックス会話) 2015年8月29日 (土) 00:18 (UTC)
コメント ノート:あかぎ (列車)でも述べていますが、リダイレクト化するか曖昧さ回避に飛ばすか{{Otheruses}}で処理するか...とかいうのは結局のところ程度問題かと思うのです。上で野田オリックスさんが言っていることの繰り返しになりますが、平仮名表記の「あかぎ」から「赤城」へ直接飛ばすニーズがどのくらいあるかと言うことかということです(アカギについては別の考え方で考えるべきと思いますので一旦置いておきます)。そりゃあ文脈次第で「赤城」をわざと平仮名書きで「あかぎ」と書くこともあるかと思いますが、あくまで一般論で「赤城」を「あかぎ」と表記して利用するニーズがどのくらいあるかということを考えるべきだと思います。
そう考えた際に現在の「あかぎ」がどうなっているかということを考慮すべきかと思いますが、現状(議論前)においては数年に亘りあかぎ (列車)へのリダイレクトとなっています。すなわち、「あかぎ」という表記については「赤城」よりも列車名の「あかぎ」として認識されていると考えています(念のため申し上げておきますが、必ずしも現状踏襲が正しいとは申していません。あくまで判断の一要素としてです)。
また、派生で生まれた名称に対して必ずしも分野名をつけなければいけないというルールはないかと思っておりますが、この認識は正しいでしょうか?であれば、派生前の元々の名称と同一の表記となって、かつ元々の名称が派生で生まれたものよりも有意に利用されているものであれば当然派生元の名称を活かすべきだと思いますが、派生前のものと表記が変わっていたり、派生前の名称があまり使われなくなっていたりするする場合においては分野名を省略してしまって問題はないかと考えます(すなわち、「AKAGI」とすべき項目があるならば「赤城」「あかぎ」「アカギ」と同一視する必要はないとの考えです)。
「アカギ」との関係については現状の「アカギ」と「赤城」間での曖昧さ回避をどうするかという議論に帰結すると考えます。すなわち読みが同じであるものを一律に曖昧さ回避に飛ばすかどうかという話です。「あかぎ」という名称が意味するところが「アカギ」と「赤城」が同程度に使われるのであれば「あかぎ」という表記に対して曖昧さ回避に飛ばすことを検討すべきと思いますが、逆に考えるとなぜこれが平仮名表記にのみ適用されるのでしょうか?であれば「アカギ」も曖昧さ回避に飛ばすべきではないでしょうか...という話になってしまうかと思います(ノート:あかぎ (列車)にも書きましたが、こんな馬鹿馬鹿しい議論をするつもりはありません。あくまで一例です。)。現状も「赤城」と「アカギ」という表記で棲み分けができているのであればわざわざ蒸し返す話ではないと考えます。
最後になりましたがYhiroyukiさんのコメントについて、確かに表音文字であるところの平仮名表記から辿り着けるというのは電子辞書・辞典の一つの形かと思いますが、であるならばすべての漢字表記の項目名に対して平仮名表記で辿り着けるようにすべきなのでしょうか?どちらかと言えば平仮名検索という機能については個々の記事での記載方で対応するというよりは本来であればmediawiki側でシステム対応すべき機能かと個人的には考えます(「必要であるならば」です。私は対応のためのコストも勘案して現状そこまでの必要性は感じていませんが...)。日本語初学者のために使いやすくするというのもある意味正しい姿かと思いますが、一方でネイティブ話者の利用感を損なう(=平仮名表記の項目名が潰される)ようであれば本末転倒ではないかと考えます。ただ、私はあまりしつこくなりすぎない程度であれば「あかぎ」とした項目から{{Otheruses}}で「赤城」(曖昧さ回避項目)や「アカギ (曖昧さ回避)」へのリンクをつけることは有用だとは考えていますが。--Shain2006会話) 2015年8月29日 (土) 11:09 (UTC)
>私はあまりしつこくなりすぎない程度であれば「あかぎ」とした項目から{{Otheruses}}で「赤城」(曖昧さ回避項目)や「アカギ (曖昧さ回避)」へのリンクをつけることは有用
現状のシステム、運用だと、これ以上の解はないかと思います。移動自体には反対しておらず、平仮名表記の項目名を潰せというような主張はしていません。 --Yhiroyuki会話) 2015年8月29日 (土) 18:03 (UTC)

cite webについて[編集]

乱歩奇譚におけるこの編集にて公式Twitterの出典をcite webとしましたら、「TwitterはSNSであり、単なる情報発信ツールに過ぎないためCite webのwork、publisherの双方に該当せず」との事でcite webからTwitter statusに変更されました。そこで質問なのですが、Twitterを出典として使う場合、cite webを使用するのは不適切なのでしょうか?また、Twitterはwork、publisherどちらにも該当しないのでしょうか?私としてTwitterというSNSサイトを設置しているという点でTwitterはpublisherには該当するのではないかとは思っていますが、一人では判断しかねましたので、皆様の見解をお聞かせ頂ければと思います。また、cite webのworkの引数にある「大きな作品の一部の場合、作品名」とは具体的には何を指しているのでしょうか?これも前々から気になっていましたので、併せて質問します。--赤羽さん会話) 2015年8月28日 (金) 16:00 (UTC)