Wikipedia:井戸端

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
The Aguelmim Lake, Tikjda, Algeria.jpg
相談と質問

井戸端
利用案内
調べもの案内
執筆・翻訳者の広場
For Non-Japanese Speakers

このページ(井戸端)は、ウィキペディア日本語版について、運営や方針、新しいアイディアや作業の仕方、その他様々なことで質問や提案、議論、意見交換を行なう場所です。

  • 既に似た質問がないか質問を行う前にご確認ください(→過去ログ検索)。
  • よくある質問(FAQ)もご確認ください。
  • ウィキペディア日本語版やウィキメディア・プロジェクトと関係のない話題を投稿するのはご遠慮ください。

This page is used to ask, propose and discuss the operations, policies and new ideas of Japanese Wikipedia. If you want to write in the languages other than Japanese, you can use Help for Non-Japanese Speakers too. If you hope to inform something rather than to discuss, you can post it to お知らせ which had been a branch of Village Pump until 2007.


次のような内容には、このページ(井戸端)ではなく専用のページがあります。

ウィキペディア全体に関して
個々の専門分野に関して
個々のページに関して
個々の利用者(アカウント)に関して

井戸端以外に適切な議論の場所がある場合、投稿が移動される場合があります。ご了承ください。


過去ログ
井戸端の過去の議論をこちらから検索することができます。
井戸端タグ
井戸端の過去の議論を井戸端の話題タグカテゴリから検索することができます。
最近の更新
井戸端ウォッチリスト - サブページを含めた井戸端の投稿状況が確認できます。
サブページ
運営方針
  • 投稿された全てのトピックは、サブページに移動します。
  • サブページは、Category:井戸端の話題にカテゴライズしています。
  • サブページは、最新の投稿から10日間経過するか、最初の投稿から30日が経過すると、井戸端への読み込みが解除されます。

出典テンプレートの新聞記事にある「coauthors」に入力しても何故か表示されません。

Wikipedia:出典テンプレートの新聞記事にある「coauthors」に入力しても何故か表示されません。テンプレートが壊れているのでしょうか?--昼日新聞会話) 2017年5月10日 (水) 15:36 (UTC)

{{Cite news}}のことでしょうか?Template:Cite news/docの編集履歴を見たところ、 2016年11月13日に「日本語版で使用されていない引数は削除」という要約で「coauthors」が除去されているようですが…詳しい方のコメントをお待ちします。--Sazanamiya会話) 2017年5月13日 (土) 07:32 (UTC)
この編集ですね。coauthorというのは著者という意味でありますから、著者 (first=, last=) パラメータが指定されていないと残念ながら、動きません。日本人に代表される姓名の表記規則が異なった国の人の名前は前に申し上げました2パラメータの代わりにauthor=をお使いいただけます。この編集の場合ですと、以下のようにすればちゃんと執筆者名が表示されます。--Kkairri[][] 2017年5月15日 (月) 17:03 (UTC)
{{Cite news  
  | authors = 平井一敏
  | title = 春深し 祭り活況 心楽し 糸切りからくり 細やかさで魅了 久田見祭り
  | newspaper = [[中日新聞]]
  | location =
  | pages = 朝刊 中濃版 12
  | language = 
  | publisher = 中日新聞社
  | date = 2017-04-18
  | url = 
  | accessdate = }}
↓ここを確認!
平井一敏 (2017年4月18日). “春深し 祭り活況 心楽し 糸切りからくり 細やかさで魅了 久田見祭り”. 中日新聞 (中日新聞社): pp. 朝刊 中濃版 12 
(追記)documentationでの編集はcoauthorsを始めとしたパラメータを、ビジュアルエディターから使えなくしただけで、coauthor表示機能自体は除去されずに残っているようです。--Kkairri[][] 2017年5月15日 (月) 17:06 (UTC)
詳しい説明ありがとうございます。質問された方はWikipedia:出典テンプレートの引数を使ったのに…と困惑されたようなので、このページをちょっと書き換えてみます。--Sazanamiya会話) 2017年5月16日 (火) 00:42 (UTC)

執筆依頼の形式の改善に関する提案。[ソースを編集]

提案  このような形式では、『さぁ、何か記事を執筆しよう!』と思った人がいても、執筆できる記事が有るのかどうか、見つけるだけでも一苦労ですから、『面倒だからやめよう』となるケースも、少なくないと思います。
ですので、例えば、こんな感じの形式に改善すべきだと思うのですが、どうでしょうか?
改善するにしても、各ジャンル色々有りますし、少なくとも、僕一人で全ジャンルを編集する気力は有りません。
ですので、形式の変更の是非を聞きたいのと、改善するとなれば、皆様のお力も借りたいのとで、こうして提案させて頂いた次第です。
それでは、皆様のコメント等、お待ちしています。--ただのしかばね会話) 2017年5月14日 (日) 19:35 (UTC)
 追記 語弊が有ったみたいなので、追記します。僕が言っているのは、『読みにくいから、改行を追加しませんか?』という事です。この改行には、単に改行タグを挟む他にも、リスト用のタグを使う事も含まれます。--ただのしかばね会話) 2017年5月17日 (水) 09:27 (UTC)

 報告 丸二日が経過してもコメントがない為、コメント依頼してきました。一応、報告しておきます。--ただのしかばね会話) 2017年5月16日 (火) 19:53 (UTC)
 追記 提案者である僕が提示すべきだと思い、具体的なリストを作成してみました。--ただのしかばね会話) 2017年5月17日 (水) 12:11 (UTC)


ただのしかばねさんがよくないと思っている形式を「水平式」改善すべき形式を「箇条書き式」として、Category:執筆依頼 のPortalの執筆依頼を分類してみました。適当なので抜け、間違いがあったらすみません。傾向として依頼が多いページは水平式を採用してますね。Portal:ドラマ/執筆依頼は箇条書きをスクロールできるようにしていて面白いと思いました。--Sazanamiya会話) 2017年5月17日 (水) 01:06 (UTC)

水平式

Portal:日本の都道府県/愛知県/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/青森県/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/秋田県/執筆依頼、Portal:アジア/執筆依頼、Portal:アニメ/未筆、Portal:アフリカ/執筆依頼、Portal:医学と医療/執筆依頼、Portal:生き物と自然/執筆依頼、Portal:イスラーム/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/大阪府/執筆依頼、Portal:オーストラリア/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/岡山県/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/沖縄県/執筆依頼、Portal:音楽/執筆依頼、Portal:音楽/執筆依頼/重要記事、Portal:化学/執筆依頼、Portal:玩具/執筆依頼、Portal:気象と気候/執筆依頼、Portal:北アメリカ/執筆依頼、Portal:教育/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/京都府/執筆依頼、Portal:キリスト教/執筆依頼、Portal:クラシック音楽/執筆依頼、Portal:軍事/執筆依頼、Portal:競馬/各種依頼、Portal:建築/執筆依頼、Portal:サッカー/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/静岡県/依頼、Portal:写真/協力者募集中、Portal:食/執筆依頼、Portal:植物/各種依頼、Wikipedia:執筆依頼/人文科学、Portal:神話伝承/執筆・加筆依頼、Portal:数学/執筆依頼、Portal:スポーツ/執筆依頼、Portal:生物学/執筆依頼、Portal:戦争/執筆依頼、Portal:地球科学/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/千葉県/執筆依頼、Portal:朝鮮/執筆依頼、Portal:手塚治虫/執筆依頼、Portal:哲学/執筆依頼、Portal:鉄道/執筆依頼/鉄道駅、Portal:鉄道/執筆依頼/鉄道車両、Portal:テロリズム/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/東京都/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/徳島県/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/奈良県/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/新潟県/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/福井県/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/福岡県/執筆依頼、Portal:舞台芸術/執筆依頼、Portal:文学/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/北海道/執筆依頼、Portal:漫画/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/三重県/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/山梨県/執筆依頼、Portal:ヨーロッパ/執筆依頼、Portal:ラジオ/執筆依頼、

箇条書き式

Portal:アメリカ合衆国/執筆依頼、Portal:イギリス/執筆・加筆依頼、Portal:日本の都道府県/石川県/執筆依頼、Portal:イタリア/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/茨城県/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/岩手県/執筆依頼、Portal:宇宙開発/各種依頼、Portal:映画/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/愛媛県/執筆依頼、Portal:LGBT/執筆依頼、Portal:音響・映像機器/執筆依頼、Portal:温泉/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/香川県/執筆依頼、Portal:環境/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/熊本県/執筆依頼、Portal:クルーズ/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/群馬県/執筆依頼、Portal:言語学/執筆依頼、Portal:航空/執筆依頼、Portal:コンピュータ/執筆依頼、Portal:コンピュータゲーム/執筆依頼、Wikipedia:執筆依頼/社会科学、Portal:書物/執筆依頼、Portal:スペキュレイティブ・フィクション/依頼、Portal:鳥類/Things you can do、Portal:鉄道/執筆依頼/列車、Portal:ドラマ/執筆依頼、Portal:バス/執筆依頼、Portal:バスク/執筆依頼、Portal:美術/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/広島県/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/福島県/執筆依頼、Portal:物理学/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/山形県/執筆依頼、Portal:ユダヤ教/執筆依頼、

混合

Portal:日本の都道府県/神奈川県/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/岐阜県/執筆依頼、Portal:果物/各種依頼、プロジェクト:携帯電話/執筆依頼、Portal:ゲーム/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/高知県/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/埼玉県/執筆依頼、Portal:自動車/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/島根県/執筆依頼、Portal:鉄道/執筆依頼/鉄道その他、Portal:テレビ/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/栃木県/執筆依頼、Portal:日本の都道府県/富山県/執筆依頼、Portal:日本の地理/執筆依頼、Portal:文学/執筆・加筆依頼総合版、Portal:法学/まだない項目、Portal:日本の都道府県/宮城県/執筆依頼、Portal:メディア/各種依頼、

形式不明

Portal:お笑い/執筆依頼、Portal:ソフトウェア/執筆依頼、Portal:ディズニー/執筆依頼、
コメント Sazanamiyaさん、まとめありがとうございます。--ただのしかばね会話) 2017年5月17日 (水) 07:59 (UTC)

コメント 基本的には、各ジャンルの実際の執筆者に委ねればいいと思います。他分野と比べたときに形式が揃っていなくとも、そこの分野で順調に機能・運用されているならばそれでいいでしょう。「散らかっていたから片付けてあげたよ」=「あなたの部屋、私が思う「整然」とは違う状態だったから、私が思う「整然」になおしておいたよ」って、たいてい、迷惑に感じると思いませんか?--柒月例祭会話) 2017年5月17日 (水) 07:29 (UTC)

返信 僕一人で編集する気力はなく、また、迷惑になる可能性もある為に、『形式の変更の是非を聞きたいのと、改善するとなれば、皆様のお力も借りたいのとで、こうして提案させて頂いた』次第です。強行する気も無ければ、強要する気も有りません。
そして、Portal:漫画/執筆依頼で依頼されてる記事で、何か書けるのは無いかと思った時に、僕自身が『面倒だから止めとこ』って思った事があるのです。それを、後日ふと思い出して、『そういえば、他の執筆依頼ページでは、どうなっているんだろう?』と思ったのが、今回の提案をしたキッカケです。
一度は執筆しようとページを開いた僕が、書ける記事を探すのが大変だからとページを閉じたのです。ならば、他にもそういう人は少なくないのではないか、順調に機能・運用されているように見えて、実はそうではないのではないか。愚考では有りますが、僕はそのように思ったのです。--ただのしかばね会話) 2017年5月17日 (水) 07:59 (UTC)
ただのしかばねさんの感想を否定するつもりはないです。というか確かに、私も「うわっ」「こんなの本気で書く気あるの?」と感じる依頼ページもあります。ただ、それはあくまでも普段そこに出入りしていない人がパッと見でそう感じるということであって、日頃からそこを利用して執筆している人たちにとっては何の不自由もない、今のほうが便利だからこうなった、ということもありえます。なので、その人達が今のままで不自由なければそれでしいし、その人達が不自由だと思えば変えればいいでしょう。
実際に個々の事情を具体的に検討していくと、いろいろ難しいことがあって容易ではなく、全部まとめて一括での検討というのはうまくいかないこともあります。例えばで言うと、私は「日本の地理」の依頼関係をやったり(整理したり、記事を書いたり)していますが、あいうえお順、市町村順、水系順・山系順、座標順、タイプ別など、いろいろ「並べ方」があります。どれがいいかなーとか考えながら色々調べ物をして検討していくうちに、結局その記事を書いちゃったほうが早いし生産的だ、なんてことも多々あります。(同じ系統で括ることができる場合には、同じ文献でいくつもの記事をまとめて書ける、なんてことになるので。)
そういう意味では、Portal:漫画/執筆依頼で感じられたことであれば、Portal:漫画で提案なさったほうが、具体的に突っ込んだ議論ができるだろうと思います。私はそちら方面はさっぱりわからないのであてずっぽうですが、五十音順、作者別、掲載誌別、年代別、ジャンル別など、記事を書く上での便宜はいろいろあるだろうなーとは思います。議論の範囲を絞ったほうが、参加者も募りやすいし、論点も絞りやすいし、具体的な実現可能性も大きいんじゃないかなーと思います。
ただ、これはある種の感情論ですが、その分野で精力的に記事を書いている方が「執筆依頼が不便だから変えよう」と言えば説得力があって話が通りやすいけれど、全然その分野で実績がない人が急に言いだしても通りにくい、という面はあるかもしれませんよね。
それから、ここは井戸端ですから、感じたこと、思いつきをパッと提案すること自体は悪いことではないです。軽いご提案がきっかけで、意見や賛同が集まれば本格的な検討が始まるかもしれません。上の私の意見も、私一人の意見にすぎないのですから、ただのしかばねさんに賛同する方が多く集まれば、それが実現に向うかもしれません。--柒月例祭会話) 2017年5月17日 (水) 09:13 (UTC)
返信 確かに、『並べ方』には、普段そのジャンルを書いている方々にとって見やすい並べ方が有るでしょうし、普段そのジャンルを書かれている方々が決めた方が良いと思います。ですが、僕が言っているのは、『読みにくいから、改行を追加すべきではないか』ということです。語弊が有ったみたいでスミマセン、一応追記もしておきますね。--ただのしかばね会話) 2017年5月17日 (水) 09:27 (UTC)
ああ、なるほど、おっしゃることはわかりました。
感想レベルで言うと、私も確かに「読みやすくなった」という印象はもちます。が、改行タグ<br>を使って体裁を整えるというのは、歓迎されないかもしれません。(Wikipedia:改行時の注意点Help:ページの編集などに詳しい解説があります。)改行タグで強制的に体裁を整えるというのは、閲覧環境次第ではかえって見にくいということにもなりかねません。たとえばこの編集なんかは、要するにただのしかばねさんの閲覧環境では「このあたりで改行されると見やすい」のでしょうけれど、それはブラウザの設定や画面の幅、フォントの設定などに依存しますから、別の閲覧環境のもとでは「わけがわからないところで改行されている」ことになってしまいます。従前の方法では、各人の環境に合わせて自動的に行が繰られていました。
たとえばPortal:コンピュータゲーム/執筆依頼なんかでは、div colと箇条書き手法が併用されています。1項目ずつ箇条書きにしたほうが見やすいでしょうけれど、数が増えるとやたら画面が縦長になります。[[なになに]] - [[これこれ]] - [[ほにゃらら]]という形式では、その逆で、コンパクトですがギチギチに詰まっていて見えにくい、という感じはありますよね。どっちがいいかというと、その時次第じゃないでしょうかねえ。私も「コンパクトな方がいい」と思うときもあるし、「箇条書きの方がいい」と感じる場合もあるし。
根本的には、執筆依頼の件数が多すぎて山積みになっていることが「見えにくさ」の原因でして、根本的な解決は、ひとつづつ執筆依頼を消していく、つまり、記事を書いていくことだ、と思います。--柒月例祭会話) 2017年5月17日 (水) 09:47 (UTC)
返信
具体的なリストでも使用した形式の方が、ある程度多い項目の場合は、良いと思います。ですが、ある程度少ない項目の場合は、通常の改行タグで改行するにとどめた方が、良いと思います。また、件数がわずかの項目ならば、コンパクト形式の方が良いとも思います。
後、同じ件数でも、ジャンルによって異なります。歌手名などで有れば、増えやすい項目と思いますので、改行すべきですが。公共施設名などで有れば、増えにくい項目ですので、改行は必要ありません。……そういったケースも、有ると思います。
今回の具体的なリストですが、それを考慮した上で、感覚的にまとめてみたモノです。そして、その過程において、リストに記載するまでもなく、改行タグを追加すれば良いだけだと思った記事は、そう編集した事も有り、ご指摘の編集も、その一つです。
項目


のように(注)なっては分かりにくいですし、神奈川県道738号・静岡県道337号仙石原新田線のような長い記事名は、一行の方が良いと感じるからです。
(注):環境によっては上手く表示されないかも知れませんが、『項目』が右寄せになった次の行で、『名』が左側に来ています。『項目名』が行をまたがった時を示したつもりです。--ただのしかばね会話) 2017年5月17日 (水) 12:11 (UTC)

返信 (戻します)『根本的』はそうかも知れませんが、『卵が先か、鶏が先か』になっていると思います。『記事を書きやすくするために、見やすくすべき』『記事を書いていけば、見やすくなる』だからです。--ただのしかばね会話) 2017年5月17日 (水) 12:11 (UTC)

報告 提案者である僕が提示すべきだと思い、具体的なリストを作成してみました。--ただのしかばね会話) 2017年5月17日 (水) 12:11 (UTC)

完全に主観に基づいた個人的な意見ですが、変更には反対です。例として挙げられているPortal:コンピュータゲーム/執筆依頼は私の環境では「ソフト:単品」の一覧が片側にしか表示されず、縦に長く伸びすぎてスクロールさせるのが面倒であり、逆に見づらく感じます。--PuzzleBachelor会話) 2017年5月17日 (水) 15:07 (UTC)
返信 なるほど、そういう環境は、予想外でした。ところで、「ソフト:単品」のところだけですか? 新規作成依頼の項目の、ジャンルだとか、歴史だとか、そういう部分は2列に並んでいますか? それとも、そういうところも、片側にしか表示されませんか?
もし、ジャンルとかは2列に並んでいるのであれば、件数の問題と言う事になります。逆に、片側になってしまうので有れば、そのタグそのものに、ブラウザが対応していないという事になります。
それと、そもそも、どのブラウザのどのバージョンをお使いなのか、教えて頂けると幸いです。--ただのしかばね会話) 2017年5月18日 (木) 08:40 (UTC)
返信 2列に並んでいないのは「ソフト:単品」だけです。「ジャンル」や「メーカー」は2列になっています。今少し試してみたのですが、箇条書きが3重(行頭が「***」)になっているとこのようになってしまうようです。
ブラウザは IE11 です(OS は Win7 と Win10)。--PuzzleBachelor会話) 2017年5月18日 (木) 14:50 (UTC)
  •  横から失礼 - 執筆依頼単体の頁で見ればいろいろ見にくい点があるのかもしれませんが、Portal読み込み用に作られていて、読み込み先ではそんなこともない、ということもあります。形式を揃えても良いかもしれませんが、それは執筆依頼のページの可読性を高めるだけで、読み込み先のPortalページではかえって読みにくくしてしまうことがあるかもしれません。この点にご留意ください。通常のページでしたら、箇条書きにした上でdiv colで30em指定などにすれば、すっきりするかもしれませんけれど、この話を考えるとそうもいきません。確かに読みにくいものがあることは認めますが、㭍月例祭さんの仰るように、ケースバイケースが1番宜しいのではないかと思います。--FMmice (会話/履歴) 2017年5月19日 (金) 15:08 (UTC)
FMmiceさんが提示された執筆依頼を見てきました。上でいう「水平式」「箇条書き式」の両方が使われていて、なおかつどちらも見にくく感じる部分がありました。部外者が勝手にやるのもどうかと思うのでやっていませんが、以下を実行するだけでももう少し視認性が上がると思います。
  • 箇条書きで書かれている「洋画」「邦画」を2列にする。
  • 水平式で書かれている「監督」「俳優」の後ろにある他言語リンクを(en)(de)など2文字に統一する。
  • 執筆済み項目を除去する。
全般としてはケースバイケースに賛成です。上の「Portal:映画」や「Portal:食」のように執筆依頼がページと同じ幅で読まれるものと、「Portal:文学」や「Portal:日本の都道府県」配下のようなページの半分の幅で読まれるものを同じ形式にしたら片方が見にくくなることはほぼ自明だと思います。--PuzzleBachelor会話) 2017年5月21日 (日) 13:34 (UTC)


提案者によるまとめ[ソースを編集]

 感謝 皆さん、色々とコメント、ありがとうございました。
どうやら、全部まとめて、どうこうと考えるのではなくて。個別に、具体的な改善案を(当該ページのノートで)提案し、議論した方が良いみたいですね。
特に、
1.環境によっては、部分的に見づらくなるケース(箇条書きが3重(行頭が「***」)になっている時のみ?)が有る(それも、IE11という、推奨ブラウザにおいて)。
2.ポータルからの読み込みページの場合、『単体では読みにくくとも、ポータルでは読みやすい』というケースが有る。
というのは、予想外でした。
今回の件で、具体的なリストは暫定的では有りますが、出来ていますので、順次、提案してみようと思います。--ただのしかばね会話) 2017年5月23日 (火) 05:38 (UTC)

 報告 コメント依頼を終了しました。改めて言いますが、皆さん、コメント等ありがとうございました。--ただのしかばね会話) 2017年5月23日 (火) 14:44 (UTC)

今後について[ソースを編集]

具体的なリストにあるものを、順次、個別提案していくつもりです。--ただのしかばね会話) 2017年5月23日 (火) 14:44 (UTC)

  • 折角の提案ですが、例に挙げられたケースと具体的なリストを見る限りでは依頼数依存の面が大きすぎます。依頼が少数であれば提案されたスタイルでも支障はありませんが、数多くなると度を超した冗長さで検討することすら空しいでしょう。つまり、依頼の活発さに依存するので、安定して運用することに向いているとは考えにくいです。「見つけるだけで一苦労」だからスッキリさせたいのに、一苦労の度合いが大きい依頼数が多い方が不向きというのでは本末転倒です。提案されているスタイルは、何が書かれるかわからない「執筆依頼」ではなく、何を書くかはっきりしている=記載内容を制御できる「整備目標」的なものが向いているので(そして、2列に限定して考える必要はありません)、プロジェクトを指向すべきで、ポータルではないだろうと。また、ソースレベルで色々やっている場合に余計な事をされて予想外の結果が出たり、見た目を実装するために手を入れにくくなるのでは困るという反応は予想されます。さらに、区分が多段化しているものについてはPortal:コンピュータゲーム/執筆依頼と同じ問題が起きます。まとめると、ある程度依頼数があるもの、執筆依頼自体がポータル側で調整されているもの、階層化されているものについては提案が適するとは考えにくいのです。リストアップされたものでこれらの条件に該当しないものは、現状ではPortal:玩具/執筆依頼Portal:朝鮮/執筆依頼ぐらいでしょうか。そして、これら全てを考慮した上でもう一つの問題として、タブレットサイズでの視認性も考える必要があります。XGAぐらいでどうなるかってのは、考えた方がいいでしょうね。--Open-box会話) 2017年5月25日 (木) 13:06 (UTC)




 返信 
とりあえず、誤解が有るみたいですので、コチラにも書きましたけど、ココにも書いておきます。
(ママなので、自己発言ですが、引用テンプレートを使います)
とりあえず、語弊が有るみたいですが、2列に限っては考えていません。2列はあくまでも例です。
例えば、このように、5列に並べた場合は、どうでしょうか? (項目名の長さによっては2列の方が良いので、例は2列にしていました。)
確かに、現状の河川よりは縦長になりますが、視認性を考えると、5列の方が良いと思うのですが。
尚、『箇条書きが3重(行頭が「***」)になっている』時に生じる不具合に関しては、確かに改善すべきだと思います。--ただのしかばね会話) 2017年5月25日 (木) 18:15 (UTC)


そして、プロジェクトというのがよく分からないのですが、『自分の利用者ページ傘下に、改行を追加した版を用意し、そのページに執筆依頼タグを付けてはどうか?』という事でしょうか?
タブレットの場合、改行を追加した方が見やすいと思いますが、僕はタブレットを持っていないので、確認できません。後、『XGAぐらいでどうなるか』というのも、XGA自体がよく分かりません。

当方、まだまだ未熟者ですので、ご指導、ご鞭撻のほど頂けると、幸いです。--ただのしかばね会話) 2017年5月25日 (木) 18:45 (UTC)

  • コメント - 勝手ながら可読性を考慮し、節のインデントを追加しました。因みにわたくしの意見は、「個別に提案するのが妥当だ」というものではなく、「ポータルそれぞれの個別状況が存在し、それに最適化されている方式も存在し得るため、執筆依頼の方式を一本化することは無益」というものであったことを申し添えておきます(Open-boxさんには汲み取っていただけたようですが)。「5列に並べた場合」と言及されていますが、{{Div col}}で区切られた該当ページは、ノートPCを用いているこちらの環境(Firefox)では3列ないし4列にしか表示されておりません。恐らく大画面のデスクトップパソコンか何かをお使いと推察いたしますが、その場合、ウィンドウの幅を小さくし、ページ下部の「モバイルビュー」をクリックして見た目をチェックしてみてください。Template‐ノート:Reflist#列数指定時の列幅に下限を設定する提案でも議論されているよう、狭すぎる列幅はかえって可読性を損ないます。それはポータルページでの表示でも同じ事です。こちらで柒月例祭さんが指摘されていますように、「よそのPortalまで出張してきて頂」いてごりごりと変更されるのは、いくらこんなものがあっても反感を買うだけだと思うのですが。WP:BOLDには「変更が広範囲に影響するものは注意」とありますし……--FMmice (会話/履歴) 2017年5月26日 (金) 11:44 (UTC)
 返信 
なるほど、そういう意味だったのですが。『ケースバイケースが1番宜しい』=『個別に提案するのが理想だ』という意味かと、勘違いしていました。そうではなくて、『不都合なようでも、総合的に考えると、現状が最善なケースが多い』という感じなのですね。
次に、『5列云々』ですが、僕が現在使用している環境は、確かにデスクトップPCです。ですが、環境によって、列数が変わるといった事は、考慮できておりませんでした。また、モバイルビューの機能には気づいておらず、その機能を使った場合、5列ではなくて2列になるというのも、想定外でした。
僕なりにしっかりと考えての提案のつもりでしたが、浅慮というか軽率な行動だったようで、お恥ずかしい限りです。
尚、コチラでも述べましたが、『よそのポータル』という考えはなく、『同じWikipedia(の一部)』という認識でした。
そもそも、『ごりごりと変更』する意図はなく、独断で編集したり、反対意見を無視して編集したり、する事は有りません。そして、『注意が必要』だからこそ、『気付かれない』という事が無いように、コメント依頼にも出しました
『提案した改善案』自体は問題があるものだったみたいですが、『提案するという行為』そのものは、問題が無いものと考えています。上位ポータルやコメント依頼への告知も行いましたし、ちゃんと説明はした上で、当事者の方が『現状の方が望ましい』という結論を出された時には、依頼を取り下げてもいるからです。--ただのしかばね会話) 2017年5月26日 (金) 20:36 (UTC)

アッキード事件について[ソースを編集]

アッキード事件のWikipedia記事が管理者のアルトクール氏によって削除・ロックされています。

私はこの記事が日本語Wikipediaにおいて非常に重要なものだと考えます。

アルトクール氏の政治的中立性を疑います。この単語は国会でも使用されニュースでも報道された用語であり、決して特定の誰かの妄言ではありません。

Wikipediaは政治的に中立であるべきであり、特定の誰か(ここでは誰のことかは明らかですが。)に都合の良い内容だけを載せたり、歴史を改竄したりするべきではないと思います。——以上の署名の無いコメントは、Stm876ノート履歴)さんが 2017年5月17日 (水) 02:28 (UTC) に投稿したものです(ネイ会話)による付記)。

    • 先程まで保護されていました。 Stm876会話) 2017年5月17日 (水) 05:38 (UTC)
ロックについては、(期限 2017年4月2日 (日) 12:54)と保護記録にあるように、一か月以上前に解除されています。他の記事と勘違いされていませんか?
もし、勘違いされていない場合は。僕は、その辺り詳しくないのでアレですが、あなたが登録したばかりなのが関係あったのかも知れません。
もしくは、変動IPなどであなたのIPが変わった場合、先ほどまでのあなたのIPが、ブロックされていたのかも知れません。(変動IPの場合、プロバイダの利用者の中で、同じIPが使いまわしにされたりします。その為、あなたの前に当該IPを割り当てられていた方が、何らかの問題を起こしていたのかも知れません。また、変動IPでの荒らしの場合、特定のプロバイダ経由のアクセスを、一定期間、総て弾いて荒らしに対応する事が有ります。この場合、『同じプロバイダを利用しているだけ』の善良なユーザーも巻き込まれる訳で、そういった『巻き込み』に有っていたのかも知れません。)--ただのしかばね会話) 2017年5月17日 (水) 09:47 (UTC)
立項の合意形成を経ずに再立項しても即時削除されるだけですので、強硬手段に出られるなどは厳にお控えください。--はるみエリー会話) 2017年5月20日 (土) 14:15 (UTC)
えーと、削除の記録は有りますが、それは荒らしだったからです。特に、記事の作成が規制されたりはしていないと思うのですが、即時削除されるという認識の、根拠の提示をお願いできますか?--ただのしかばね会話) 2017年5月24日 (水) 07:01 (UTC)
改善なき再作成の場合は即時削除されます。ノート:アッキード事件の議論において、現時点で、特筆性は示されていません。--はるみエリー会話) 2017年5月24日 (水) 09:49 (UTC)
返信ありがとうございます。
ノートを見ると、私人に対する名誉棄損の恐れが有るみたいですね。ニュースは全く見ないので、知りませんでした。
一度削除された記事を再作成する場合、ノートも見た方が良いという事ですね、勉強になりました。--ただのしかばね会話) 2017年5月24日 (水) 11:00 (UTC)

ページがウィキデータに登録されたときの新しい通知 (New notification when a page is connected to Wikidata)

以下はKkairriによる仮訳です。原文については、下をご覧ください。

こんにちは

(あなたの言語への翻訳をお助けください) ウィキデータ開発チームは全ウィキペディアに新機能を搭載します。これは新しいタイプの通知(ログインしたときに右上に表示される通知機能であるEchoを使ったもの)で、作成したページがウィキデータの項目に登録されたとき、ページ作成者に通知するものです。

皆様は、ウィキデータがウィキ間リンクを中央管理システムを提供していることはご存知でしょう。新しいページが作成されたとき、ウィキデータの項目を編集して、ページを適切なウィキデータの項目に登録されねばならないのです。この新しい通知では、ページ作成者以外がウィキデータの項目に登録したとき、ページ作成者に通知します。

Screenshot Echo Wikibase notification.png

この機能は、5月30日に、英語版・フランス語版・ドイツ語版を除く全ウィキペディアで導入されます。この機能は、現行のエディタではデフォルトで無効、新しいエディタではデフォルトで有効となります。

これは、開発の第一段階であり、ウィキペディアや他のウィキメディア・プロジェクトでは数か月にわたり、続きます。

質問や提案があれば、教えてください。Phabricatorチケットにコメントを付けることもできます。

この機能を開発してくれたMatěj Suchánekに感謝!

Hello all,
(あなたの言語への翻訳をお助けください)
The Wikidata development team is about to deploy a new feature on all Wikipedias. It is a new type of notification (via Echo, the notification system you see at the top right of your wiki when you are logged in), that will inform the creator of a page, when this page is connected to a Wikidata item.
You may know that Wikidata provides a centralized system for all the interwikilinks. When a new page is created, it should be connected to the corresponding Wikidata item, by modifying this Wikidata item. With this new notification, editors creating pages will be informed when another editor connects this page to Wikidata.
Screenshot Echo Wikibase notification.png
This feature will be deployed on May 30th on all the Wikipedias, excepting English, French and German. This feature will be disable by default for existing editors, and enabled by default for new editors.
This is the first step of the deployments, the Wikipedias and other Wikimedia projects will follow in the next months.
If you have any question, suggestion, please let me know by pinging me. You can also follow and leave a comment on the Phabricator ticket.
Thanks go to Matěj Suchánek who developed this feature!
お願いします! Lea Lacroix (WMDE) (talk)

グルジア語のカタカナ表記[ソースを編集]

Wikipedia:外来語表記法/グルジア語の作成を手伝っていただける方、またはグルジア語の日本語表記に関する文献・情報をお持ちの方はいらっしゃいませんか。少し前にカルトリ王国ロシア帝国下のグルジアを翻訳したときも苦労しましたが、グルジア君主の一覧英語版でさらに困ったことになったので、こちらで質問した次第です。一応英語版にグルジア文字のローマ字表記英語版がありますが、グルジア語は子音連結が多いので、ローマ字に変換しただけで日本語表記もわかる、というわけにはいかないようです。--ネイ会話) 2017年5月17日 (水) 13:57 (UTC)

情報 @ネイさん この言語には全く明るくないのですが、手元に59言語の挨拶や慣用表現を集め、カナ表記も付した書籍がございましたので、そこから読み取り可能な分のみこちらにまとめてみました。その様な性質上、至る所が虫食い状態となっておりますが、何卒ご容赦願います。またラテン文字転写やIPAはお示しの英語版記事と食い違っているものも見られますので、そのうち突き合わせる必要があるやも知れません。ちなみに執筆者の方は該当言語の入門書にも携わっているとの事です([1])。ところで、ベカ・ツィクラウリタマル・サニキゼの記事は当該言語版からの翻訳により作成されている模様ですね。--Eryk Kij会話) 2017年5月26日 (金) 09:57 (UTC)
コメント おお、そういう手がありますか。グルジア文字の転写に関する専門書籍が必要とばかり思っておりました。大変助かります。ひとまず、Wikipedia:外来語表記法/グルジア語へ移動、または転記して草案のたたき台としたいのですが、よろしいでしょうか。--ネイ会話) 2017年5月27日 (土) 04:21 (UTC)
返信 (ネイさん宛) 現状虫食いだらけであるのが何とも不安ですが、叩き台としてもよろしいのかもしれません。主眼はあくまでもカナへの転写であるという事は理解しておりますが、原語での厳密な発音についての情報も今のままではいけないという意識がございますので、関連書籍や『言語学大辞典』も確認したいところです。移動させて頂いてもよろしいでしょうか。--Eryk Kij会話) 2017年5月27日 (土) 05:29 (UTC)
コメント 本件は最初から井戸端で提起するのではなく、Wikipedia‐ノート:外来語表記法ノート:グルジア語ノート:グルジア文字などで提起すべきだったように思います。今回は私のほうで誘導をさせていただきました。Eryk Kij氏の作成されたページですが、内容についてこちらで確認したいこともありますので、移動や転記はひとまず一週間ほどお待ちいただけないかと思います。--雛鳥(Hinadori) 2017年5月27日 (土) 06:38 (UTC)
返信 (雛鳥さん宛) 承知致しました。--Eryk Kij会話) 2017年5月27日 (土) 07:37 (UTC)

「草案」の編集についての疑問乃至質問[ソースを編集]

ガイドラインの草案の編集についての疑問乃至質問です。

最近、Wikipedia:特筆性 (組織)についての提案をWikipedia‐ノート:特筆性 (組織)で行いました。そこで感じた疑問があるので、質問します。

それは、草案を編集するときにあらかじめノートで合意をとる必要があるのかという疑問です。ご存知の通り、「草案」はそれ自体何らかの効力を持つ文書ではなく、ガイドライン作成作業をするためのたたき台でしかありません。そこで、通常の記事やガイドラインと違い、直接編集をしても編集自体は何の効果も持ちません。それ自体何の効果も持たない編集について事前に提案をする必要があるのだろうかという疑問です。

別の言い方をすると、「草案を編集すること」自体が「このようなガイドラインを作ってはいかがですか」という提案だと考えることができます。そう考えると、「草案を編集すること」を提案するということは二重に提案する(提案することを提案する)ことになっているのではないかという疑問です。

ガイドラインの草案を編集する際にあらかじめノートで提案して合意をとるというのは広く行われている慣習だと思います。しかし、通常の記事での分割・改名などの編集やガイドラインの編集と草案の編集との違いを意識しない間違った慣習であるようにも思えます。皆さんはいかがお考えでしょうか。また、単なる「慣習」ではなく何らかのガイドライン等に記載されているのに私が気づいていないだけという可能性も十分あるので m(__)m 、そうであればご教示ください。よろしくお願いします。--ツバル会話) 2017年5月19日 (金) 23:45 (UTC)

コメント 「草案」という言葉を使ってはいますが、{{Proposed}}に書かれているように文書自体が「方針またはガイドラインとして提案中」のもの、つまり「ガイドライン作成作業をするためのたたき台」というレベルを超えて、「これを採用するか審議中の議案」なのです。議案を勝手に書き換えては、まともな審議ができないのは明らかです、--Jkr2255 2017年5月20日 (土) 00:41 (UTC)
(追記) 純粋な「ガイドライン作成作業をするためのたたき台」には、{{Draft proposal}}という別なテンプレートがあります。--Jkr2255 2017年5月20日 (土) 00:44 (UTC)
Jkr2255さんのご意見についてはもう少し調査等してからコメントさせていただきます。--ツバル会話) 2017年5月26日 (金) 00:32 (UTC)
コメントWikipedia‐ノート:特筆性 (組織)で自分が思うような結論が得られないからこのような意見になるのですか?とお伺いしたくなるような意見です。それに、草案のレベルでも実際のプロジェクト内の議論ではその内容を考慮した形で議論されることは多々あり、誤字脱字の類を除いてノートでの議論をすっ飛ばして編集してよいものではないと考えます。--VZP10224会話) 2017年5月20日 (土) 00:46 (UTC)
Wikipedia‐ノート:特筆性 (組織)の方にも書きましたが、この「疑問乃至質問」はWikipedia‐ノート:特筆性 (組織)での議論にインスパイア(笑)されたものですが、Wikipedia‐ノート:特筆性 (組織)での議論を有利に進めようという意図をもっての「疑問乃至質問」ではなく、もう少し全体的なルールについての「疑問乃至質問」です。ここでの議論(の結果)をWikipedia‐ノート:特筆性 (組織)に持ち込むつもりはないので、そのようにご理解ください。--ツバル会話) 2017年5月26日 (金) 00:32 (UTC)
コメントすでに草案の元となるアイデアに対する反対が大多数であるということは、方針と矛盾するなど不適切な案である可能性が高いということだと思います。自身の利用者ページで私案を書かれる程度であれば自由に行って良いと思いますが、コミュニティを軽視して方針無理解と思われる草案を書かれることは、つまり、方針無理解の提案をすることであり、いつまでも納得しないなどがあれば、いずれは利用者の資質に関わる議論に移行することになると思います。--はるみエリー会話) 2017年5月20日 (土) 14:12 (UTC)
Wikipedia‐ノート:特筆性 (組織)の方にも書きましたが、この「疑問乃至質問」はWikipedia‐ノート:特筆性 (組織)での議論にインスパイア(笑)されたものですが、Wikipedia‐ノート:特筆性 (組織)での議論を有利に進めようという意図をもっての「疑問乃至質問」ではなく、もう少し全体的なルールについての「疑問乃至質問」です。ここでの議論(の結果)をWikipedia‐ノート:特筆性 (組織)に持ち込むつもりはありません。全体的なルールに関しての「疑問乃至質問」であるという観点でのコメントをお願いします。--ツバル会話) 2017年5月26日 (金) 00:32 (UTC)

質問「疑問乃至質問」の「質問」というのは、(言い方を変えると)≪「草案」を編集する際にあらかじめノートで提案を行って合意を得るというのは慣習であって明確なルールは定められていないように私には思えるのですが、私の理解は正しいですか?≫という「質問」です。皆さんのご意見を読んでいると、「質問」に関しては≪ツバルの理解は正しい≫と書いておられるように思えるのですが、そう理解してよろしいですか。--ツバル会話) 2017年5月26日 (金) 00:32 (UTC)

コメント残念ながら、ツバルさんの理解は正しくないと皆様はコメントされていると思います。どこかの記事の草案でしたらノートの提案は不要な場合もあるでしょうが、ガイドラインの草案についてはノートでの提案は必要のようですね。今回の提案へのやりとりを見てもその通りだと思いました。なお、Wikipedia‐ノート:特筆性 (組織)ではツバルさんはコメントを2件ほど求められており、うち1件は結論についてです。対話拒否と誤解されかねないので、コメントされた方が良いかも知れません。それと、ついでになんですが、TPPの名称変更の件、全国紙およびテレビ局での呼称の調査を2回お願いしておりますので、よろしくお願いします。--ootahara会話) 2017年5月26日 (金) 03:48 (UTC)
コメント Jkr2255さんが「文書自体が「方針またはガイドラインとして提案中」のもの議案を勝手に書き換えては、まともな審議ができないのは明らか」と述べているのをどう解釈なさったら、「ツバルの理解は正しい」となるのでしょうか。Jkr2255さんのご説明はWikipedia:方針とガイドライン#採用手順の「現在提案中の方針やガイドラインはCategory:草案Category:試験段階の草案にあります」「新しい方針の提案には(引用者注・「議決には」ではなく「提案には」です)、議論と、コミュニティ全体での高いレベルの合意が必要です」に照らしても妥当なものです。むしろJkr2255さんの説明を受けてさえも「ツバルの理解は正しい」と思っておられるのだとすれば、ツバルさんはWikipedia:方針とガイドラインすら確認せずに、草案に関する議論を展開なさっているということでしょうか。--Sumaru会話) 2017年5月26日 (金) 14:57 (UTC)

日付記事誕生日節における掲載人物基準について[ソースを編集]

ここ数日、利用者:Sonchou会話 / 投稿記録 / 記録氏による、日付記事の「誕生日」節からの人物除去が非常に気になってます。同氏のこのコメントによると「無出典や一次資料ばかりで固められいて二次資料寄りの出典のない記事(特筆性なし)を除去の基準にしています」とのこと。びっくりしました。日付記事の誕生日節に掲載出来るのは、それまでの実績など全く関係無く、二次資料以上の出典があるかどうかで決まるわけですか。大きな実績があってもそうなるわけですか。そんなの全く聞いたことがありません。著名性特筆性は違うのでしょうか。おそらくこれはSonchou氏の独断だと思いますが、もしWikipedia内に既にそのような基準や方針が設けられているのなら私が知らなかっただけで申し訳ありません。とにかく現状では納得いかないことばかりなのでこちらに提起しました次第です。このような事態が続くようならば、日付記事誕生日節に掲載出来る人物の基準を早急に定めていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。--126.245.71.166 2017年5月21日 (日) 05:58 (UTC)

コメント 著名性があるのならそこには二次資料による言及もあるはずです。それら二次資料による言及が人物記事へ掲示されてから改めて「年」や「月日」記事への掲載をしても遅くはないと考えます。「主演をした」「賞を取った」と無出典(独自研究)や一次資料寄りで固められた人物の記載を認めてしまうと際限なく加筆されて、ただの「名鑑」になってしまいます(ウィキペディアは名鑑ではありません)。単純に独自研究や一次資料寄りばかりの記事だからといってその人物記事の削除依頼をしようとも思いません。その人物記事において二次資料寄りの出典をテンプレートなどで要請して記事を充実させれば良いだけです。--Sonchou会話) 2017年5月21日 (日) 07:41 (UTC)
(追記)126.245.71.166さんは、「『著名性(実績)』があるなら、無出典(独自研究)で成り立っている人物記事でも除去せず日付記事の一覧に名を残すべきだ」と主張しているようにしか私には見えません。「独立記事作成の目安」もそうですが「ウィキペディアは何ではないか」に書かれている方針を理解できるのならそのような主張は出てこないのではないかと思いますが。見渡す限り「月日」や「年」記事などへの内部リンクを貼るだけの一覧は次から次へと加筆されていて、過剰な内容の整理の観点からも除去整理が必要に見えます。それでもなお126.245.71.166さんは「事細かに除去の基準がないならば納得しない」などと仰るのでしょうか。--Sonchou会話) 2017年5月23日 (火) 14:52 (UTC)
コメント ウィキペディア日本語版における「特筆性」の意味については、まずWikipedia:独立記事作成の目安をご覧になってください。--aki42006会話) 2017年5月22日 (月) 09:36 (UTC)
コメント (皆様宛)8月1日を見るに全除去ではないのですね、取捨選択の基準がわかりかねます。この人は有名だから載せる、などというのはダメですが、この人の誕生日が有名(=出典の量と質が極上で検証可能)だから載せるというのはアリです。例えば、その人物の誕生日が祝日になったとか、そういう派生する影響があれば、多くの2次資料で述べられている事でしょう。「バースデーライブを行った」がオリコンで報道されても、日付記事から見ればそれはWP:IINFOです。あるいは、Wikipediaに記事のある人物を全て載せるという手もありますが、誕生日のわかっている人物記事数÷365(366)は、いくつになるのでしょうか。--JapaneseA会話) 2017年5月23日 (火) 15:10 (UTC)
コメント 少なくとも、Wikipediaに記事の無い人物は、掲載対象外だと考えて良いと思います。また記事があり誕生日が明示されていても、特筆性が明らかでない(=対象者と独立した信頼できる公の二次情報源が明示されてない)人物に関しても、掲載対象外にした方が良い様ですね--aki42006会話) 2017年5月25日 (木) 10:59 (UTC)

「かつての仮名遣」の人名の読み仮名について[ソースを編集]

質問 人物の記事において、冒頭部分に「氏名(読み仮名)」と表記する箇所があるかと思います。たとえば安倍晋三氏の記事なら「安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年9月21日 - )」のような箇所のことです。このとき、氏名が仮名(かめい、じゃなくて、かな)で、なおかつ、「ちょっと古い仮名遣」の場合、読み仮名はどうしたらよいですか。具体的には、歴史的仮名遣、定家仮名遣、変体仮名などについてお聞きしたいです。

たとえば2017年現在でも、明治、大正生まれの方を中心に、戸籍の氏名で変体仮名をお使いの方がたくさんいらっしゃるようです。私の住む地域では、地域に住む人が亡くなると一般人でも新聞の地方面に訃報記事が載りますが(訃報広告ではなく記事として掲載されます。東京など大都市では考えられないかもしれませんが地方では割と普通です)、それを見ると変体仮名はまだまだ人名で使われているようです。たとえば「TRON 9-836B.gifTRON 9-836B.gif子(ななこ)」さん、「TRON 9-834D.gifの(しの)」さん、のようなお名前の方です(これは私が考えた説明用のお名前です。特定の人物がいるわけではありません)。この場合、当然に戸籍上の氏名に変体仮名が使われていると思われます(使われてないのにわざわざ変体仮名で表記する人はいないでしょうし)。こういう方の場合、読み仮名はどうするのでしょうか。ちなみに訃報記事においては、見出しは本名で変体仮名を使い、読み仮名として現代仮名遣が使われていました。つまり「佐藤 TRON 9-836B.gifTRON 9-836B.gif(さとう ななこ)」、「鈴木 TRON 9-834D.gif(すずき しの)」という感じです。読み仮名に現代仮名遣を使用すれば変体仮名になじみのない人も読むことができますし、一般的にわかりやすいかなという気がしますが、ウィキペディアの記事の冒頭で表記する場合は何か方針等ありますでしょうか。それとも、「いやいや変体仮名だって平仮名には違いないんだから読み仮名にも変体仮名を使うべき」ということで、「佐藤 TRON 9-836B.gifTRON 9-836B.gif(さとう TRON 9-836B.gifTRON 9-836B.gifこ)」、「鈴木 TRON 9-834D.gif(すずき TRON 9-834D.gifの)」と書くのでしょうか。

また、歴史的仮名遣、あるいは、定家仮名遣の場合は、いかがいたしましょうか。たとえば、平塚らいてう氏の場合、記事の冒頭には「平塚 らいてう(ひらつか らいちょう)」と書かれています。平塚らいてう氏の「らいてう」は本名じゃないですが、もし仮に本名が「鈴木 らいてう」の方がいらっしゃったとしたら、読み仮名はいかがしますか。当時の戸籍上の表記で「鈴木 らいてう」で、かつ広く一般に「鈴木 らいてう」表記で知られている以上そのように表記すべきかなと思いますが、読み仮名としては現代仮名遣で書いた方がわかりやすいだろうと思います。ですので、平塚らいてう氏の記事の冒頭の「平塚 らいてう(ひらつか らいちょう)」という書き方は、個人的にはわかりやすいなと思っています。ただ、「平塚 らいてう(ひらつか らいてう)」と統一すべきとお考えの方もいるようです。

たとえば、水野かほる氏の記事の場合、記事本文にわざわざ「名の『かほる』はいわゆる定家仮名遣であり、読みは『かおる』」との断り書きがあり、かつ、「Kaoru」とローマ字表記している文献も出典として併記されていますが、それでもChiba ryo氏により「水野 かほる(みずの かおる)」から「水野 かほる(みずの かほる)」に直されました(デフォルトソートまで「かほる」になってますが……)。元に戻そうかなーと思ったのですが、こんなことで編集繰り返してもしょうがないでしょうし、もし方針あるならと思いお聞きしました。読み方について「かおる」だとする明確な出典があったとしても、読み仮名も「かほる」にすべきなんでしょうか。特にこの「かおる」「かおり」は男性、女性問わず日本人の名前でよく使われますし、歴史的仮名遣で「かをる」「かをり」、定家仮名遣で「かほる」「かほり」と書かれることもよくあります(人名なら鈴木かほる氏。曲名なら『シクラメンのかほり』もありますね)。

ですので、ぜひ方針あれば教えていただきたいです。なお、議論を拡散させたいわけではありませんので念のためですが、今回は「かつての仮名遣の人名の読み仮名」についてお聞きしておりますので、「徳川家康公の『徳』は当時『德』と表記されていただろうから『德』にすべきか」とかそういうことを議論したいわけではありません。また、豊臣秀吉の妻は「ねね」「おね」として知られていますが、だったらこれも「於祢(おね)」と書くのか、いや「於寧(おね)」なのか、「祢」は旧字体なのか、とかそういうことを議論したいわけではありません。明治以降の人物で、歴史的仮名遣、定家仮名遣、変体仮名を使った名前の場合、読み仮名はどうするのかな、という点を知りたいのみです。--126.189.11.79 2017年5月23日 (火) 14:42 (UTC)

コメント 「鈴木かほる」の記事名は、Wikipedia:記事名の付け方に従って「鈴木かほる」になります。記事本文中でも、記事名に従って「鈴木かほる」と表記します。これが混乱の元なのかと存じます。
導入部定義文ではWikipedia:スタイルマニュアル (人物伝)#名前と読み仮名に従って名前の直後に括弧()をつけ、最初に読み仮名を記載します。ただしここで、読み仮名はWikipedia:スタイルマニュアル#日本語表記に従って仮名遣いは現代仮名遣いを原則とします。「鈴木かほる」の読み仮名は漢字の読み「すずき」に平仮名をそのまま「かほる」ですが、「ほ」はハ行転呼ですので「を」になります。更に「を」は現代仮名遣い#表記法に従って「お」になります。なので読み仮名は「すずきかおる」と表記します。
デフォルトソートはHelp:カテゴリ#ソートキーにあるように、全て平仮名を用い、濁点・半濁点は清音に置換する方法が一般的とされています。よって「すすきかおる」になります。「ほ」が「お」になるのは、読み仮名が変化するのと同じです。
本文中でも定家仮名遣の「かほる」であるのに、読み仮名だけが現代仮名遣いの「かおる」になる訳です。納得しがたい方もいるでしょうから、ノートに提議して異論のないことを確認してから修正してはいかがでしょうか。もし異論が出るようなら、そのまま「かほる」でも良いのではないですか。読者には不親切かもしれませんが、大概の方は読めるでしょうから。--mit freundlichem Gruß LudwigSKDiskussion/Beiträge) 2017年5月24日 (水) 01:21 (UTC)
コメント LudwigSKさんは、鈴木かほるさんについて「『ほ』はハ行転呼ですので『を』になります。更に『を』は表記法に従って『お』になります。なので読み仮名は『すずきかおる』と表記します」と断定してしまっていますが、これはよいのでしょうか?
126.189.11.79さんが説明しているように、水野かほるさんの記事なら「記事本文にわざわざ『名の“かほる”はいわゆる定家仮名遣であり、読みは“かおる”』との断り書きがあり、かつ、『Kaoru』とローマ字表記している文献も出典として併記されてい」る状態です。つまり、水野かほるさんのお名前は「かおる」と発音するという明確な出典があります。しかし、鈴木かほるさんの記事には名の読み方についての記述は全くなく、発音についての出典は全く提示されていません。つまり、鈴木かほるさんのお名前は「かおる」と発音するという明確な出典はありません。たしかに「かおる」を「かほる」と書くのは定家仮名遣でしょうけれど、だからといって「かほる」という文字列が全て常に定家仮名遣とは限りませんよね。DQNネームなどが話題となる昨今、「かほる」と書いて字面どおり「かほる」と発音する可能性もあると思うのですが。
LudwigSKさんは、出典もないのに鈴木かほるさんのお名前の読み方を「すずきかおる」だと断定していますが、これはよいのでしょうか。「かほる」という文字列は全て常に「かおる」と発音すると機械的に判定してしまってよい、ということでしょうか? それとも、読み方を「かほる」にするか「かおる」にするかは、LudwigSKさんのようなウィキペディア執筆者が勝手に決めてしまってよい、ということでしょうか。出典を重視するウィキペディアとは思えない考え方だと思いますが、いかがですか。なお、鈴木かほるさんについては、お名前は字面どおり「かほる」と発音すると思しき出典が既に提示されています(ただ、記事内の読み仮名とは関係のない別の箇所の脚注として用いられていますが)。もちろんたまたま出典元が間違っている可能性もあると思いますが、ここまで自信満々で回答できる根拠は何ですか?--はまだのことはおかもと会話) 2017年5月27日 (土) 10:19 (UTC)
返信 (はまだのことはおかもと氏の2017年5月27日 (土) 10:20‎ (UTC)のコメント宛) アドバイスありがとうございます。平塚らいてう氏と水野かほる氏については、歴史的仮名遣、あるいは、定家仮名遣が用いられている代表例として書かせていただきました。特に水野かほる氏につきましては、「Kaoru」とローマ字表記している文献が出典として併記されていたことから、「かおる」と発音するのは明らかだと思い代表例として書かせていただきました。一方で、括弧書きにて補記させていただいた鈴木かほる氏と『シクラメンのかほり』は、「かほる」「かほり」という単語が用いられている例として列挙したものであり、私は双方を定家仮名遣と断定したわけではありませんので、もし誤解を生じさせたとしたら申し訳ありません。私は出典あればそれに従うべきだと思っております。ですので、Chiba ryo氏が出典を無視してまで水野かほる氏の読み仮名を修正しているのを見て、こちらでお聞きした次第です。もちろん、鈴木かほる氏の記事についても、発音に関する出典があるのでしたらそれに従うべきと考えます。発音も「かほる」だとする出典があるのなら、それに従うべきでしょう。ただ、LudwigSK氏は、鈴木かほる氏の読み仮名は「すずき かおる」だと主張なさっております。存命中の人物記事ですから、当然何かしらの根拠があってのご発言だと思われます。ですので、こちらもノートで議論した方がよいかと思います。--126.151.81.90 2017年5月28日 (日) 19:21 (UTC)
返信 (LudwigSK氏の2017年5月24日 (水) 01:21‎ (UTC)のコメント宛) アドバイスありがとうございます。LudwigSK氏からのアドバイスに基づけば、水野かほる氏の記事の場合、記事名については「記事名の付け方」を根拠に定家仮名遣で「かほる」とし、読み仮名についてはガイドライン「スタイルマニュアル」を根拠に現代仮名遣で「かおる」とする、ということでよさそうですね。おっしゃるとおり、他の方から異論等が出るかもしれませんので、アドバイスに基づき、ノートに提案したうえで反映させたいと思います。特にChiba ryo氏の場合、存命中の人物記事であるにもかかわらず出典があってもそれを無視してまで読み仮名を「かほる」と修正していますので、何かしらの拘りや根拠などお持ちと思われますので、異論が出されるかもしれません。まずはノートにて提案させていただきます。--126.151.81.90 2017年5月28日 (日) 19:21 (UTC)
報告 本件につきまして、「ノート:水野かほる」にて提案いたしました。--126.151.81.90 2017年5月28日 (日) 19:51 (UTC)

「可変IP」あるいは「可変IPアドレス」という表現について[ソースを編集]

ウィキペディアの中で「可変IP」あるいは「可変IPアドレス」という表現を見かけることがあります。IPアドレスの割り当てが固定IPアドレスでないことを表現していることはわかるのですが、どうも不正確な表現あるいはウィキペディアの中でだけ通じるスラングであるように思います。(私が知らないだけで正しい表現なのかもしれないと思ってGoogleで調べてみたのですが、動的IPアドレスという表現が正しい表現のようです[1])スラングに目くじらを立てることはないのかもしれません。しかし、最近、Wikipedia:広域ブロックを読んでいて、その中で「可変IP」が使われていることに気づきました。Wikipedia:広域ブロックは「記事」ではないので、その中でおかしな表現が用いられていても、記事そのものに間違いがある場合のように間違いを広めることにはならないのかもしれません。とはいうものの、日常的にスラングを使っていると、ついつい気づかずに使ってしまうということになるので自制するべきではないかと思います。皆さんはいかがお考えでしょうか。--ツバル会話) 2017年5月24日 (水) 04:42 (UTC)

コメント 個人的には、どうでも良いと思います。なぜなら、、可変IPという表現は、正式名称ではないにせよ、意味が伝わりやすくて、良い呼び方だと思うからです。
『ワロタ』だとか『草生える』みたいなので有ればどうかと思いますが、可変IPの場合は、問題ないケースだと思います。
それに、2007年2月の時点で、知恵袋にて使用されているなど、一般的な名称だと思いますし。--ただのしかばね会話) 2017年5月24日 (水) 06:42 (UTC)
コメント 試しに検索してみたところ、ADSLは「可変IPアドレス」と呼んでいるようです[2]。変動IPアドレスという用語を使っている会社もありました[3]。スラングではなく、会社等によって使う用語が違うだけではないでしょうか。新しい分野だと用語が専門家内でも統一されていなかったりするので、可変IP・動的IPという表現割れも用語が統一されていないだけではないかと。--SilverSpeech会話) 2017年5月24日 (水) 10:35 (UTC)
コメント 蛇足ですが、Fixed に対する Dynamic を直訳すれば「動的」、「固定ではない --> 変わりうる」を重視すれば「可変」や「変動」なだけと思います。なお「動的」は主に機能としての振る舞い、「可変」はその結果としての値の変化に注目した訳し分けとも思えます。技術書等では「動的」が一般的と思いますが、翻訳に「正しい」は無く、そもそも英語を含めて「IP Address」を「IP」(プロトコル)と略す時点で全く不正確ですが、文脈次第では自然です。言葉を単純に断罪しても不毛かと思います。--Rabit gti会話) 2017年5月24日 (水) 13:44 (UTC)
コメント ウィキペディア日本語版では、「可変IP」はIPアドレスよりもむしろウィキペディアをログインせずに使用するユーザのうち、使用するIPアドレスが固定でないユーザを指していることが多いようです。ツバルさんが提示されたWikipedia:広域ブロックは「可変IPと呼ばれるIPアドレスが一定しないIPユーザー」と定義して使っていますが、ほとんどは定義せずに使っているし、そもそもログインしないユーザを単に「IP」と呼んでいることが多いですね。その時点で「ウィキペディア日本語版固有のスラング」であり、「可変IP」についてもいまさらと思います。--アルビレオ会話) 2017年5月25日 (木) 09:02 (UTC)
コメント 少し訂正です。アルビレオさんご指摘の通り、ウィキペディアとしては「動的」より「可変」の方が適切と思います。「動的」は通常、DHCPなどユーザーの使用する機器のIPアドレス自体が動的に変更される機能や仕組みを指すと思いますが、リバースプロキシなどプロバイダ側の仕組みなどで外部から見たIPアドレスがころころ変わる場合や、極端な話も含めればユーザーが複数のIPアドレス(グローバルIPアドレスや接続先プロバイダ等)を持っていて手動でころころ変える場合などは、機器としては「動的」とは言えないが、ウィキペディアなど外部から見た観点では「可変」や「変動」の方が適切と思います。(なお、こちらもアルビレオさんご指摘の通り、Wikipedia:広域ブロックでは「可変IPと呼ばれるIPアドレスが一定しないIPユーザーや」と最初に適切に用語の説明をしており、英語版のen:Wikipedia:Blocking IP addressesでは「Shared and dynamic IP addresses」などプロキシ側による可変も含めた表現もあり、それぞれ妥当な記述がされていると思います。)--Rabit gti会話) 2017年5月25日 (木) 14:58 (UTC)

ご説明いただきありがとうございます。私は一般的な用語として「可変IP」という表現があるのかという疑問を持ったのですが、Wikipedia:広域ブロックで使われている「可変IP」は「IPアドレスが一定しないIPユーザー」(強調:引用者)と定義されているので、ウィキペディア内で用いられるテクニカルタームであり「ユーザー」のつかない「可変IP」「可変IPアドレス」「変動IPアドレス」「動的IPアドレス」とは別物であるということですね。了解しました。--ツバル会話) 2017年5月26日 (金) 08:11 (UTC)

報告 Wikipedia:広域ブロックでの「可変IP」の使い方は誤解を招く使い方だと思うので、「可変IP」を「可変IPユーザー」に変更することを提案しました。--ツバル会話) 2017年5月26日 (金) 11:14 (UTC)

脚注[ソースを編集]

各年の○○はいつ作られるべきか[ソースを編集]

Wikipediaは未来予測をする場所ではない、Wikipediaは噂などを集める場所ではないというのは独自研究は載せないという意味ですから、出典があれば未来に予定される出来事を書いても良いということなのか。あまりにも先すぎる「各年の○○」の削除依頼で意見が分かれるていたようなので問題提起させていただきます。断っておきますが、分野により作成基準が異なるようになると思っていますので、何年後まで作ろうという基準作りはしません。あくまでもどの段階で作られるべきかを考えるだけです。

さて、私は交通関連の記事の執筆に数ヶ月関わって、2017年の交通という記事を知りました。そして、その記事に料金改定に関して加筆しました。これは信頼できる情報源による出典に基づいて行いましたので、それこそ歓迎されるものです。しかし過去には、「出典がついている部分があるのに削除された各年の○○」がありました。私は一例しか知らないのですが、Wikipedia:削除依頼/2018~2020年の交通で削除されたものです。2018年、'19年、'20年の交通記事でいずれも2011年に記事が作られ2015年に削除依頼されています。これには

未来のことを書くのはWP:FUTUREに反しています — KAMUI会話)、Wikipedia:削除依頼/2018~2020年の交通

と述べられていますが、出典があれば未来予測には当たらないのではないでしょうか。削除された版は閲覧できませんので、削除依頼から読み取れることだけですが、少なくとも2018年に出典7つあったようなので、無出典部分除去だけでも良かったようにも感じます。交通は計画があり事業が進むので、ある程度の出来事は事業者から発表がありますので、それを出典にできます。逆に、それに乗じて記事を作成するのが、「各年の○○」作成の原因とも考えます。

しかし、上記とは逆に慣例化したものに関しては記述することは不可能です。次のアメリカ大統領選が実施されるかはまだ発表がなく、例年通りなら行われるだろう程度でしょう。それは独自研究ですので、「2036年のアメリカ大統領選」の記述はできません。政治は、いつ衆議院が解散されるかも分からないので、ジャーナリストにおよる見込みで記述はできません(ジャーナリストが「○○に解散するだろう」と言ったことを紹介することは不可能ではない)。

まとめると「出典があれば何年先の出来事でも記述しても良い」ということになるのでしょうか。出典ありきの未来に予定された事項はWP:FUTUREに違反するのでしょうか。前述の削除依頼ではWP:FUTUREが多用されていますので疑問に感じます。

  • 出典があれば何年先の出来事でも記述しても良いのか
  • 出典ありきの未来に予定された事項はWP:FUTUREに違反するのか

広くコメントを求めます--Yuukin0248会話) 2017年5月24日 (水) 10:52 (UTC)

コメント 「出典のある未来の事項」と言っても、物事によって「確からしさ」が違ってきます。たとえば、「次にハレー彗星が接近する時期」は理論計算で予言することができます(もちろん、外的要因で軌道が変わる可能性は否定できませんが)。また、「法改正で○年4月1日からこの制度を施行する」ような場合も、さらなる法改正などの事情がない限り確実に実行されることとなります。交通関係で言えば、三江線の廃止届はすでに提出されているので、取り下げ、それ以前に災害で不通になったなどの事情変化がない限り2018年4月1日付での廃止は確定しています。
これに対して、交通関係の「○年に開業予定」と、数年以上前の段階で言及するものは、大まかな見積にすぎない完成予想とでもいうべき段階です。実際に工事の予定は前後するものなので、不確定な完成予想は予定された「○○年」との関係上ではWP:IINFOにすぎないと考えています(中央リニアの2027年品川 - 名古屋間開業予定、というような大規模なものはまた話が違ってくるでしょうけれど)。--Jkr2255 2017年5月24日 (水) 13:43 (UTC)少し追記--Jkr2255 2017年5月24日 (水) 13:46 (UTC)
コメント 交通の場合は極論言うと100年後に予定される道路の開通でも記述できますからね。2016年度全通が予定されていた(というか見込まれていた)阪神高速6号大和川線は地下水対策の難航で2020年に延期される予定(これも見込みだが)となっています。こういうのが何度も起こっているわけですから、「あくまでも事業者の見込み」という形になりますね。記述自体も見直すべきでしょうね。
例に挙げられたハレー彗星ですが、記載すべきは各年の気象・地象・天象でしょうか。これは2061年に出現すると考えられているのですが、これは「2061年の気象・地象・天象」を作成するというのもふさわしくないですね。2061年です。
少し変わりますが。例ですが、有料道路無料化とかのひとつひとつが細かい「2020年の出来事」が100個確約されたときに、それを全て2020年に記載するのは記述量的に不可ですが、それぞれの分野の項目(2020年の○○)を作成してそこに記述することはできます。ですが総合的な重要度は低い、確約された新名神の部分開通は道路分野では特筆すべきです。それが2020年にある場合は2020年に記載すべきでないが2020年の交通には記載すべきです。この時点でありえないのは、開通が確約されていることだけです。--Yuukin0248会話) 2017年5月25日 (木) 08:19 (UTC)

Wikipedia のログイン時に Google 認証システム等のスマホアプリを利用した 2 段階認証をサポートを希望します[ソースを編集]

MediaWiki の認証で、ID・パスワード以外に、Google 認証システム等のスマホアプリを利用した認証コードを入力するように 改良する予定はないのでしょうか。アカウントの乗っ取り防止などには有効な認証方式だと思います。Foo-bar会話) 2017年5月26日 (金) 04:03 (UTC)

コメント すでにテスト中で、現状では管理者などの権限持ちのみ有効となっています(m:Help:Two-factor authentication)。--Jkr2255 2017年5月26日 (金) 09:17 (UTC)
コメント 了解しました。一般向けリリースを待ちたいと思います。--Foo-bar会話) 2017年5月26日 (金) 10:38 (UTC)

Wikipedia:翻訳のガイドラインとWikipedia:即時削除の方針の矛盾[ソースを編集]

利用者‐会話:Karasunoko#ジュディスリバー累層のSDの続きです。初版投稿者が作成した後すぐに、要約欄に記載した翻訳元の記事名を間違えていた事に気づいたとします。その場合、全般8で削除するのが良いとWikipedia:翻訳のガイドライン#要約欄への記入忘れ・誤記入には記載されています。ところが、Wikipedia:即時削除の方針では、リンクがある場合は全般8は適用できないとあります。現状の方針・ガイドラインを四角四面に守ると、リンク元の全記事からリンク除去、全般8で削除、再投稿、リンク元にリンクを貼る、あるいはケースB-1での審議になります。方針・ガイドラインのどちらか(あるいは両方)を改定すべきでしょうか?私見では全般8を適用して構わないと思います。--JapaneseA会話) 2017年5月27日 (土) 07:43 (UTC)

コメント Wikipedia:翻訳のガイドライン#要約欄への記入忘れ・誤記入の当該の文言「即時削除にできる条件の1つに、〜(略)〜があります。」のところは「即時削除にできる条件はWikipedia:即時削除の方針を参照してください。」とかにしたほうがわかりやすいかもしれませんが、現状の版でも間違いが書いてあるわけではないので修正の緊急性は低いように思います。
また、Wikipedia:即時削除の方針全般8の条件には「リンク元がないか、そのページが削除されても問題のないリンク(例えば削除依頼からのリンクなど)のみである」とされ、「リンク記事あり=すべて削除不可」ではないので、このケースですと当該ページが削除されてもリンク先が赤リンクになるだけであり、なおかつ投稿者による早期の再投稿が見込めるということで、即時削除可能の条件に該当するようにも思えますが、その解釈ではまずいでしょうか?
より確実・丁寧にするのであれば、削除対象の現記事を「○○○○(記事名)/2017年5月27日の版」とかに一旦改名してから、自動作成された元記事名のリダイレクトページに再投稿していただき、その後で改名移動した過去記事のページを投稿者による即時削除依頼(全般8)で削除、という手順だとリンク先が切れずには済むと思いますが、もとの翻訳者の方がアクティブですぐに再投稿されるのであればそこまで手間をかける必要性も低そうですし。--ディー・エム会話) 2017年5月27日 (土) 09:07 (UTC)
(追記)管理者の方が面倒でなければ、現記事にそのまま履歴補填した翻訳版の再投稿で更新してから、管理者権限で(削除依頼を待ってもどちらでもさしつかえないと思いますが)履歴補填前の過去版を特定版削除でふっ飛ばすという方法でも問題ないとは思いますが、それも手間とメリットの問題の天秤だけで。--ディー・エム会話) 2017年5月27日 (土) 09:11 (UTC)
報告 一応ライセンス条件不備のケースB1案件でもあると思いますので、念のため同時進行で削除依頼を提出しておきました(Wikipedia:削除依頼/ジュディスリバー累層)。
こちらの結論のほうがすぐに目処がつくようであればご本人によるSD依頼(全般8)に切り替えていただくなど、適宜どちらでもてっとり早い方で対処ください。--ディー・エム会話) 2017年5月27日 (土) 11:46 (UTC)
コメント これは即時削除して良いパターンだと思います。我流の解釈かもしれませんが、「リンク元がないか、そのページが削除されても問題のないリンク(例えば削除依頼からのリンクなど)のみである」という条件は、「たまたま自分の版しかないのをいいことに、作成されて長期間が過ぎたページを即時削除する」のを防ぐためにあるものと解釈していました。今回のケースについて考えれば、「再投稿のために本人依頼で即時削除」ということは、記事がすぐ復活するのが前提なので、「一時的に赤リンクが発生するけれど、すぐ解決するので問題ない」とも言えます。
ルールの文言を忠実に守った結果として、ライセンス違反のままの記事を削除できず、そして本人が再投稿したいのにそれすらも妨害している状態となっていますが、さていったい何のためにこのようなことをしなければならないのか、大いに疑問に感じます。明確な問題点を解消するため(今回のようなライセンス問題で削除しなければいけないものや、WP:DEL#Eに当たるものについて本人が削除を希望した場合)の全般8については、リンク元要件は不要と考えます(結局、削除は必要なわけですし)。--Jkr2255 2017年5月27日 (土) 12:23 (UTC)
情報 すみません、当該記事のリンク先となっている3記事「アルベルタケラトプス」「ジュディケラトプス」「オールドマン累層」について見落としていた点があったので補足です(上記の意見を補完するものですので結論は変わりません)。3記事とも「ジュディスリバー累層」への記事内リンクが加筆されたのは削除対象記事の記事立項前であり、もともと加筆当初から赤リンクだったということと([4] [5] [6])、それら3記事もすべて同じ編集者の方の投稿でもあり、このケースでリンク消失による問題があるとする解釈は厳しすぎるように感じますし、実利面でも意味が無いのではないかと思います。ライセンス上の義務履行に対して第三者が削除対応などの義務を負うような方針が現時点で存在していない以上、当該管理者さんを責めるべき案件ではないとは思いますが、このケースでは仮に当該記事を依頼通り削除したとしても、わずか3記事で元々赤リンクだった箇所が一次的に再び赤リンクに戻るだけの影響しかなく、そのことの是非よりもむしろ、ライセンス不備による法律案件の履歴修復を後回しにするデメリットのほうが大きいと考えられますので、仮に今後も同様のケースで即時削除が却下される可能性があるとすれば、その後速やかに必要に応じて通常の削除手続きに移行するためのフローを用意いただく必要があるのではないかとも思います。--ディー・エム会話) 2017年5月27日 (土) 14:15 (UTC)
あくまで即時削除の全般8を使うのでしたら、全般8に「初版で要約欄の不備によりライセンス違反の場合は、リンク元があっても削除対象とする」という文を追加する必要があるかもしれません。または即時削除にこだわらないのであれば、ガイドラインの対処法のところを「緊急扱いで削除依頼を提出する」に書き換えた方が良いかもしれません--aki42006会話) 2017年5月27日 (土) 23:58 (UTC)
コメント 度々すみません。いちおう投稿者の方の利用者ページにてご意向を伺う質問を入れました。ただし、即座に対処の判断が可能であれば返答を待たずに削除いただいたほうが投稿者の方の利益にも叶うと思いますので、返答の有無にかかわらず対処の延期や保留は希望しません。
このようなケースを一般化して考えるなら、いくつか課題があるようにも思えました。
  • 今回の即時削除依頼が出された時点の記事状況・履歴の記載内容だけを見て法律案件の問題が含まれることを即座に把握するのは困難だったと思います。おそらくJapaneseAさんが気づいて指摘されなければ誰も気づかずそのままだった可能性もあったと思います。この点について今回のような問題を回避するためには、本人希望による即時削除依頼を差し戻しする際には本人の利用者ページなどで具体的な削除理由や代替策の是非等について意思確認する手順を加えるのが良いのではないかと思いました。
  • 今回のように即時削除が差し戻しされた案件で改めて削除を求める場合は通常の削除依頼をとるのが本来の原則論だと思いますが、今回の経緯としては、削除を差し戻しされた方の利用者ページに提起、その後井戸端で議論という格好になっており、通常の削除依頼ルール外で実質的に削除の可否を審議することにもなりうるという点で、それがどこまで許容されるのか、若干の疑問を持ちました。つまり、即時削除依頼が差し戻しされたケースに限っては通常の削除依頼を必須とせずに当事者との直接交渉で依頼差し戻しを翻意させることができれば即座に削除可とするのか、あるいは規定の削除審議場所ではない任意の議論で削除の可否を決定してしまっての良いのかどうか、ルールがやや曖昧なのかなという印象を持ちました。そこは原則論を重視するか実質的なスピード感を重視するかのトレードオフだと思いますので、一概にどちらが良いとは言い切れませんが、わかりやすくルールされていればよりスムーズかなと思います。
  • 今回、ライセンス上の履歴不備も包含していたため同時進行で削除依頼をさせていただきましたが、改めて削除依頼を出してみて、思った以上に手間が大変だと感じました。私がたまたま慣れていないだけのことかもしれませんが、即時削除との手間の落差が大きく、中間的な対処方法があればベターかなという気はしました。
気づいた点としてはそんなところです。--ディー・エム会話) 2017年5月28日 (日) 01:04 (UTC)

料金体系

ウィキペディアでは、サービスの料金体系を載せることはできますか? WINシングル定額パケ・ホーダイBiz・ホーダイなど。--Gtef05会話) 2017年5月27日 (土) 20:25 (UTC)

追記:他にも定額データプランモバイルデータ通信定額制も該当すると思います。--Gtef05会話) 2017年5月27日 (土) 20:27 (UTC)
コメント 定額制サービスは、料金が一定額になること自体がサービスですので、むしろ「その価格水準を書かなければ記事として成立しない」と考えます。--Jkr2255 2017年5月27日 (土) 23:11 (UTC)
WP:NOPRICES違反ではないですか? 価格水準ではなく価格自体が書かれていますよ。そして、そもそも価格水準を載せる必要があるのですか? 「料金が一定額になること自体がサービス」ということが分かればいいだけでは?--Gtef05会話) 2017年5月29日 (月) 03:38 (UTC)
コメント サービス料金一覧のようになるケースを避けろというのがWP:NOPRICESの趣旨ですから、価格を絶対に記載してはいけないということではありません。WP:NOPRICESでは『価格について情報源があり、さらに言及することに正当な理由がある場合に限る』とあります。価格についての情報源は一次情報源で補ってよいと考えられますが、『さらに~』以降の意味は、信頼できる二次情報源によってその価格についての評価があるかどうか、ということになります。つまり、「サービスについての信頼できる二次情報源の出典提示があって、初めて価格について言及できる必要条件を満たす」ということです。
今回示された中だと、パケ・ホーダイがギリギリ第三者出典がありますが、ほとんどの内容はドコモの一次資料を焼き直しただけになるので記事としての品質は低いといえます。それ以外は情報源が一次情報源だけだったり、情報源提示が無かったり、脚注はあるがそれは執筆者による注釈でやはり情報源提示がないので、これらも記事の品質は低いでしょう。この価格で定額制をとったことで定額制プランがこういう評価であったとか、パケ・ホーダイにあるITmediaの情報源のように「価格が何かと比較したうえでこうである」といった二次情報源が得られないなら、価格について言及するべきではないといえます。--アルトクール会話) 2017年5月29日 (月) 08:34 (UTC)

加計学園問題について[ソースを編集]

「総理の意向」として学部認可を早めるよう求めた文書が見つかる、また国家戦略特別区域制度を利用して市有地37億円を無償で提供したことについて安倍総理の忖度が疑われた加計学園問題。最初に、Puedoganar様が第3次安倍内閣 (第2次改造)に記述を行い、私含めた複数の編集者が加筆訂正を行っていましたが、はるみエリー氏より「内閣の動きではないものなので除去」されました。そこで私は件の獣医学部を設立しようとしている岡山理科大学に該当記述を転記し、一部修正しましたがそれについては「疑惑の記述の必要はない」とまたもやはるみエリー氏が除去いたしました。ひどまず該当記述はコメントアウトしましたが、朝日新聞始め複数のメディアが便宜供与の疑いを報じており、公共性にかなう記事であると考えております。はるみエリー氏はその一方で江田五月高井崇志玉木雄一郎といった民進党の(元)国会議員による加計問題への関与は事細かく記述しており加計問題をそもそも記述する必要はないと考えているわけではないと思います。よって加計学園問題についての記載は適当か否か、記載するならどの記事がいいのか広く意見を伺いたいです。--Vocared会話) 2017年5月28日 (日) 03:56 (UTC)

  • コメント そもそも、賄賂罪とか政治献金、選挙違反のような何か法的に問題のある立件事項ではないので、マスコミやワイドショーであれこれ大袈裟に話題にしていることをいちいち真に受けて踏襲しながら「第3次安倍内閣 (第2次改造)」の記事内に書く必要もないと思いますが…。ましてや「岡山理科大学」という学校記事に事件でもないそんなことを逐一書くのはそぐわないので、はるみエリーさんの処置は妥当なものと思います。もしその件で内閣総辞職になったとか、総理が逮捕されたとかになったら、その時点で「内閣」や「安倍晋三」に書けばいいことじゃないでしょうか。Vocaredさんが「民進党の(元)国会議員による加計問題への関与」とおっしゃられている点についても、江田五月高井崇志玉木雄一郎では、交流関係や「獣医学部新設」支持・不支持の立場という公的な政治家活動の事実が書かれてあるだけで、別に今回の土地問題に関与したという話ではなく、中傷的な類でもないので、「岡山理科大学」に書き連ねてあったのと一緒くたにして比べるのはちょっと違う気がしました。--みしまるもも会話) 2017年5月28日 (日) 07:19 (UTC)
  • コメント ここは井戸端です。加計学園グループのノートなどで会話し、合意形成のコメント依頼とすべきでしょう。ノートではなく井戸端の方が良いと御考え(複数の記事にまたがるとか)なのであれば、このまま続行でも構いませんが。議論提起者のVocared様、いかがされますか?--JapaneseA会話) 2017年5月28日 (日) 09:28 (UTC)
  • コメント 私は複数の関係者・団体におよぶ記述となると考えたのでこちらにいたしました。ですが加計学園単独の疑惑としてノートでの合意形成とするのにも反対しません。--Vocared会話) 2017年5月29日 (月) 08:08 (UTC)
    • コメント お返事ありがとうございます。では、この場で議論を続けましょうか(他の方によるノートでの議論提起を妨げません)。--JapaneseA会話) 2017年5月29日 (月) 08:36 (UTC)
  • コメント では、本題です。私は「現段階でも記述しても良い」と判断します。ただし・・・内閣が行ったのであれば第3次安倍内閣 (第2次改造)に書くべきであり、そうでなければ除去すべきです。この内閣は、最近なにかと閣議決定しているようですが、加筆したい側は、本件が内閣として行った(あるいは閣議決定した)という出典を提示すれば第3次安倍内閣 (第2次改造)に記載できるでしょう。ただし、私はその場合でも別記事(加計学園グループ森友学園)に詳細を書いて、第3次安倍内閣 (第2次改造)には一文書いてMainタグで良いと思います。次に岡山理科大学の加筆箇所を拝見しましたが、これこそ詳細は加計学園グループに記載して、一文書いてMainタグで良いでしょう。むしろ、加計学園グループに加筆されず他の記事に加筆されているのが不思議です。なお、はるみエリー様の江田五月の編集は2回ですが、いずれも本件とは全く関係ありません。--JapaneseA会話) 2017年5月29日 (月) 08:36 (UTC)