ノート:菅野完

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

このページは一度版指定削除されています。削除に関する議論は「Wikipedia:削除依頼/菅野完」をご覧ください。

このページには著作権問題調査依頼が提出され、結論が出ないまま掲載期間満了を迎えました。調査の詳細はWikipedia:著作権問題調査依頼/2016年をご覧ください。

肩書きの順番について[編集]

現在、記事の書き出しは『菅野 完(すがの たもつ、1974年11月12日 - )は日本の活動家、ノンフィクション作家。別名は、noiehoie、のいえほいえ。通称、ノイホイ]。部落解放同盟内の極左であったがのちに転向し、一時期、首都圏反原発連合(反原連)、しばき隊等に所属した。』となっておりますが、私の方で「活動家」と「ノンフィクション作家」の順番を入れ替えましたところ、IPさんに「活動家時代のほうが圧倒的に長い」ことを理由に差し戻されました。私は期間の長短ではなく重要性の方が大事と思って編集した旨説明しましたが折り合いませんでした。(私の編集の根拠といたしましては、Wikipedia:スタイルマニュアル_(導入部)#導入文に「主題が注目に値する理由を明確にしたり、少なくとも導入部にてそのことが紹介されている必要があります」とあること、またWikipedia:スタイルマニュアル (人物伝)#導入部に「5. 人物がどうして重要か(主な活躍を記載する」とあることなどです。)
今後の編集合戦を避けるためにも、あらためて皆様からご意見いただければと思いますのでよろしくお願いいたします。--ぽん吉会話) 2017年4月20日 (木) 07:55 (UTC)

活動家より著述家が重要だとする根拠はなんでしょうか。著述家としての著作が1〜2冊であり、活動家としては高校生から何十年も継続していることを考えると、真っ先に「活動家」の肩書きとするべきだと思います。松井一郎知事が「君らジャーナリストと認めているんか、菅野完を?」と発言していますが、非常に普通の感覚だと思います(これがジャーナリストだろうと著述家だろうとあまり変わりないと思います)。--はるみエリー会話) 2017年4月20日 (木) 15:33 (UTC)
著作『日本会議の研究』がベストセラーとなり、最近で言えば大宅賞候補となるなど複数の情報源で言及される存在となり、「日本会議ブームの先鞭をつけた[1]」とも評されているからです。『日本会議の研究』出版以前であれば、正直菅野氏はWikipedia:独立記事作成の目安を満たせていなかったのではないかと考えております。
「活動家としては高校生から何十年も継続している」とのことですが、出典はなんですか?本人Twitterでは「私、解放同盟の活動家なんですか?それは知りませんでした。(2012年7月17日)」だそうですが、、、根拠なく「何十年も継続している」とおっしゃったわけではないと思いますので、まずは出典よろしくお願いいたします。--ぽん吉会話) 2017年4月21日 (金) 01:59 (UTC) 微修正--ぽん吉会話) 2017年4月21日 (金) 08:05 (UTC)
著述家と名乗るより古い日付で、菅野完が活動家であった出典がすでに付けられていますので[2]、今更、出典もなにもないと思われます。野間易通もそうですが、誤りならともかく、本人が不快であれば、もしくは、本人の希望通りにウィキペディアを思い通りに変えられるという悪しき前例をつくるのは間違いです。週刊金曜日の「日本会議の研究』で注目の作家 菅野完氏が性的「暴行」で訴えられていた」の記事の他3記事も活動家時代のことで特集が組まれてますし[3][4][5]、産経デジタルでも「元しばき隊、菅野完の正体を私は知っている[6]」のように、「元しばき隊」あっての特集が組まれてます。「元しばき隊」が書いた本[7]だから、話題になったことを示す出典もあり、菅野完が「元しばき隊」であったがゆえに単なる著述家に止まらない特筆性が確認できるので「活動家、著述家」の順番以外ありえないでしょう。「著述家」にしても本人が名刺に印刷して名乗ってる、ということを書くべきですね。--119.104.80.156 2017年4月21日 (金) 09:17 (UTC)
週刊金曜日のお知らせブログの記事は、「7月15日号記事に「誤解を与えるものである」との訴えがあったため、あらためて詳細を明らかにした。[8]」など、特集というより続報という性格のものではないかと思います。産経デジタルの記事も「元しばき隊あっての特集が組まれてます」とのことですが、どちらかと言えば「森友騒動」あって組まれた特集のなかの一記事ではないでしょうか。また、朝鮮日報を出典に「「元しばき隊」が書いた本だから、話題になったことを示す出典」とのことですが、記事で元しばき隊にふれているのはタイトルのみで、記事の中身は著書『日本会議の研究』と日本会議についてものでした。文末に『発刊直前、日本会議が出版社に対して「出版の中止」を要求した事実が知られたことで、さらに本が売れた。[9]』とは書いてますが、元しばき隊だから話題になったなどとは書いてません。出典に書いてないことを主張するのはやめましょう。--ぽん吉会話) 2017年4月25日 (火) 01:12 (UTC)
  • コメント ここまでの議論を拝見しまして「活動家、著述家」の順番に一票といたします。--RXX-7979Ⅲ会話) 2017年4月25日 (火) 04:48 (UTC)
ここまでの議論を見て、「どうして」そう思われたのか、ご説明いただけますでしょうか。--ぽん吉会話) 2017年4月25日 (火) 08:47 (UTC)
  • コメント 『日本会議の研究』の著書はハーバービジネスオンラインのweb連載だと思いますが、わざわざ(Twitter ID:@noiehoie)と署名しており、この「noiehoie」はアクティビストとしてのペンネームです[10]。『日本会議の研究』は、アクティビストの菅野完氏が書いた本なので、もともと活動家として著述活動を行っていたので、「活動家、(フリー)ノンフィクション作家」の順番で良いと思います。--はるみエリー会話) 2017年4月25日 (火) 13:53 (UTC)
これは誤った結論を導いてしまってますね。
  1. 「noiehoieは活動家としてのペンネームである」
  2. 「今現在もハーバービジネスオンラインのweb連載に(Twitter ID:@noiehoie)と署名している」
  3. 「ゆえに菅野完は今現在も活動家である」
ということかと思いますが、、、
まず、ハーバービジネスオンラインのweb連載の署名は<文/菅野完(Twitter ID:@noiehoie)>であって<文/noiehoie(Twitter ID:@noiehoie)>ではありません。(Twitter IDはペンネームではない)
さらに、活動家として活動していたころのTwitter ID をそのまま使用しているからといって、今も活動家であるとは限りません。
誤った前提から強引に結論を導いてしまってますので、まずはこの点をお改め願います。--ぽん吉会話) 2017年4月27日 (木) 03:12 (UTC)
ぽん吉さんは、菅野完が今も活動家ではないと自分が思う理由をただ言い続けられているだけですが、なんの根拠にもなっていません。このような議論は無駄だと思います。名前はあげませんが、右や左を行ったり来たりする場合もありますが、たいていの活動家は一生活動家である場合が多いです。また、活動家の傍ら文筆業をする人も非常に多いです。菅野完がもともと活動家だったことは事実ですし、それは複数の出典で言及されています。そして、noiehoieは活動家としてのペンネームです。noiehoie(活動家)として文筆業を開始しています。ここ1〜2年の間に名誉棄損訴訟や発禁扱いで話題になり本が売れて著名になったとしても、文筆業の出発点が活動家(アクティビスト)としてのnoiehoie名義であり、活動家ありきの文筆活動であったので、「活動家、(フリー)ノンフィクション作家」の順番で良いと思います。--はるみエリー会話) 2017年4月27日 (木) 12:10 (UTC)
「活動家ありきの文筆活動であった」とする情報源は何なのでしょうか?一次資料に基づく独自研究はお止めください。--ぽん吉会話) 2017年5月10日 (水) 08:45 (UTC)
Linkedinの「フリーランス」は「会社勤めをしていません」「組織に所属していません」という意味合いではないですか?上の「活動家、フリーランス、ノンフィクション作家」のように、活動家や作家など他の肩書と並べて書くと意味不明になっちゃいますね。--ぽん吉会話) 2017年5月10日 (水) 08:45 (UTC)
「会社勤めをしていません」「組織に所属していません」という意味合いでフリーランスと名乗っているとか、活動家や作家などと並べて書くと意味不明になるという情報源は何なのでしょうか? ぽん吉さんの発言についても結局は多くが一次資料に基づく独自研究にすぎません。ダブルスタンダードな発言だと思います。--はるみエリー会話) 2017年5月11日 (木) 15:03 (UTC)
フリーランスは、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主~(記事フリーランス 2017年1月31日 (火) 06:55‎ 定義より)」だそうですよ。『「会社勤めをしていません」「組織に所属していません」という意味合い』で間違ってないと思いますが。はるみエリーさんは、「フリーランス」もそうですが、「一次資料」とか「独自研究」などの言葉の意味を今一度ご確認願います。やりとりが意味不明になりつつあります。--ぽん吉会話) 2017年5月12日 (金) 00:29 (UTC)
はるみエリー氏は情報源を尋ねていますが、ぽん吉氏は情報源を明かしていません。フリーランスの情報源がウィキペディア内の記述では、資料とはいえないでしょう。また、なぜ、「活動家や作家などと並べて書くと意味不明になる」の情報源を明かせないのでしょうか。肩書きに「フリーランス」と記述したら意味不明になるとか、どう考えても独自研究です。--119.104.82.254 2017年5月12日 (金) 05:05 (UTC)
「フリーランス」を「自由業」と言い換えたらわかりやすいですかね?コトバンク引用しますと「自由業 - 一定の雇用関係によらず、時間に束縛されないで、独立して営む職業。多くは特別な技能・技術・知識に基づく専門的職業で、芸術家・芸能人・医師・弁護士・会計士・文筆業など。自由職業。[12]」だそうで、自由業のなかの一例として文筆業がありますね。つまり「自由業(文筆業)」ならまだしも「自由業、文筆業」と書くと文筆業以外に何か別の自由業をやっていることになります。「活動家や作家などと並べて書くと意味不明になる」理由、ご理解いただけましたでしょうか?
フリーランス」は労働の形態であって、職種の説明としては不十分(だからフリーアナウンサーとかフリージャーナリストとか後ろに職種を表す言葉がつく)なのではないですか?「情報源をだせ」といわれましても「まずは辞書を確認しましょう」としか言えません。(もし「フリーランス」を上記以外の別の意味でおっしゃっている場合、その旨ご説明願います)--ぽん吉会話) 2017年5月12日 (金) 07:04 (UTC)
独自研究の羅列はもう結構です。なぜ、「活動家や作家などと並べて書くと意味不明になる」の情報源を明かせないのでしょうか。どの辞書が「活動家や作家などと並べて書くと意味不明になる」の情報源なのか明確にしてください。「フリーランス」と名乗ってるのは菅野完本人なのだから、文句があるなら、本人に「フリーランス」という肩書きはおかしいと言うしかありません。--119.104.96.132 2017年5月12日 (金) 09:01 (UTC)
コトバンク(の大辞林)の説明にもありますがフリーランサー(フリーランス)は自由契約者、つまり労働の形態であり職種ではありません(例え確たる情報源があっても「誰某は日本の野球選手、自由契約者」とか書く人はいないでしょう)。linkedinについてはlinkedinでの職業欄の分類などが示されていないのでなんとも言えません。--203.148.113.140 2017年5月12日 (金) 12:58 (UTC)
  • コメント 職歴を「フリーランス2014年2月 – 現在 (3年 4ヶ月)[13]」と本人が公表している、ということが全てであり、ぽん吉さんの推測は独自研究であると判断します。個人事業主なのか、企業に所属している人なのかを職歴に書いたら意味不明というのもぽん吉さんの独自研究です。フリーランスは、活動家ともノンフィクション作家などとも被っていないので、記述してはいけない理由はありません。--はるみエリー会話) 2017年5月13日 (土) 13:04 (UTC)
フリーランスは、ノンフィクション作家と被ってるのではないでしょうか? はるみエリーさん自身も一度「(フリー)ノンフィクション作家」と書いるじゃないですか。「作家(著述)」業以外に、自由業として菅野氏は何をされているのでしょうか?--ぽん吉会話) 2017年5月15日 (月) 08:51 (UTC)
森本学園理事長への取材などは、フリーランスとしての仕事ではないかと思います。自身の職業を「フリーランスの者です」という意味で「フリーの菅野です」と名乗ったのだと思います。--はるみエリー会話) 2017年5月15日 (月) 13:59 (UTC)
森友学園理事長に取材した結果を『菅野完が斬る「森友問題の核心は籠池教育を持ち上げた安倍首相」(週刊朝日)』のように週刊誌等に寄稿してますね。この記事でも「著述家の菅野完氏が~」となってます。「フリーランスは、ノンフィクション作家と被ってる」のをご自身で証明された形になってしまいました。--ぽん吉会話) 2017年5月16日 (火) 08:26 (UTC)
そういう不適切な独自研究を目的とした質問だったのですか。ぽん吉さんの、独自研究しかおっしゃらない議論姿勢には非常にがっかりしました。ノンフィクション作家とは、雑誌にネタを持ち込むことが主な仕事ではありません。そういう、フリーライター系の仕事が多いのであれば、フリーライター系の職種も肩書きに加えるほうがむしろ普通だと思います。フリーランスとして雑誌に投稿しているのなら、フリーランスと肩書きに書くべきです。菅野氏の活動内容から、フリーライターという意味で「フリーランス」と名乗っていると判断しています。フリーランスライターとノンフィクション作家などを肩書きに並べて書くことに強硬的に反対される発言については、まったく方針上の理由が示されていません。--はるみエリー会話) 2017年5月16日 (火) 12:08 (UTC)
「フリーランスとノンフィクション作家」はおかしいとはいいましたが、「フリーライターとノンフィクション作家」については意見を述べてません。「強硬的に反対」など意味不明です。そして議論中にも関わらずコメントの10分後に編集しちゃってるのも如何なものかと思います。(合意形成を軽視してませんか?)
さらに私のことを「独自研究しかおっしゃらない議論姿勢」などと個人攻撃はやめてください。『「活動家ありきの文筆活動であった」とする情報源は何なのでしょうか?』のお返事、まだもらってませんよ?
私は本節冒頭からスタイルマニュアルなどガイドラインを示し、大宅賞などにも触れた上で、重要性(特筆性)の観点からノンフィクション作家を先にかきましょうと申し上げました。はるみエリーさんは、どういった方針・ガイドラインを根拠に「活動家を先に書け」と主張されているのでしょうか。まずは方針上の根拠ぐらい示してください。--ぽん吉会話) 2017年5月19日 (金) 06:19 (UTC)
強硬に反対するつもりがないなら反対をおやめになってはいかがでしょう?ぽん吉氏のみが長々と言い続けている状況は、強硬に反対、としか言いようがないのでは。肩書きは、活動家、フリーライターでいいでしょう。この人が名刺に刷って名乗ってるからってそれとこれとは別です。--106.181.169.148 2017年5月19日 (金) 11:56 (UTC)
スタイルマニュアルの観点から、ノンフィクション作家が重要性が高いとは到底判断できません。菅野氏の著述活動については、大阪府知事の松井一郎が「君らジャーナリストと認めているんか、菅野完を?」と述べるなど、複数の人物から疑義の声があがり、論争が生じています。活動家を否定する出典はないので、活動家については誰もが認めるところですが、論争の生じている文筆業については、本人の主張のみならず出典や注釈をつけて中立的に記述するべきです。Wikipedia:スタイルマニュアル (導入部)では「著名な論争も要約することが推奨される」とありますが、先に論争のない事実を記し、後に論争の要約を記すという順番が自然です。--はるみエリー会話) 2017年5月20日 (土) 06:22 (UTC)

活動家、ノンフィクション作家の順番で合意が取れたと解釈してよろしいでしょうか。--Baledeparse会話) 2017年5月22日 (月) 16:42 (UTC)ソックパペットまたは成り済ましのコメントに取消線--JapaneseA会話) 2017年9月6日 (水) 10:21 (UTC)

(はるみエリーさんへ)「菅野氏の著述活動について複数の人物から疑義の声」は本当ですか?松井一郎氏以外で、誰からどのような疑義がでているのか、お示し願います。--ぽん吉会話) 2017年5月23日 (火) 03:01 (UTC)
  • 大阪府の松井一郎知事「炎上商法狙いの自称ジャーナリスト」[14][15]
  • 田崎史郎氏「あいまいな点が多すぎる。いつ、どういう理由で、というのが抜けている。しかも、とある政治家から直接ではなくて、ワンクッション置いて、このお金はある政治家からのお金ですと言ってる。ワンクッション置いたが、言った人が嘘を言っている可能性もある。そもそも菅野さんの発言で気になったのは、この方は(政治家は)大臣経験者ですか。『そうですね』。現役閣僚ですか。『そうですね』。どっちなんだと(笑)。言われているなかで、どれを信じたらいいんだろうか疑問をもちます」「松井さんは(菅野氏の)信憑性はどのくらいなのか、とおっしゃりたかったと思いますよ。菅野さんという方は存じあげてないので、どれほど正確なことを書かれる方なのか、僕にはわからないんですけどね」[16]。「これは本当なのかなって半信半疑」「アメリカ大統領選挙ではフェイクニュースってのが話題になりましたよね、今回の事はそれが混ざってるような」などと、松井知事のコメントに同意して、僕も菅野氏をジャーナリストとして知らないので信憑性(発言内容の)を”疑う、という意味の発言をモーニングショーでしています。
  • 百田尚樹氏「菅野完はとてつもなくヤバイ!! ジャーナリストでもなんでもない!」[17]
  • フィフィ「籠池サイドの窓口になってる菅野完という人を調べたらnoiehoieというアカウント名でツイッターしていて、以前しつこく私に絡んできた人物だということを知る。ツイッターで「noiehoie フィフィ」と検索するとツイートが出てくる。マスコミはこんな人物をまともに相手していいのかね?」[18]
  • 菅野氏本人が「日テレ、TBS、フジ、テレ朝は、これまで散々、人の時間を奪い、人のネタを使い、クレジットさえ入れず自分の番組を構成してたのに、俺が抜いたら、今度は、「怪しげなフリージャーナリスト」扱いかよw」[19][20]」と自覚。--はるみエリー会話) 2017年5月23日 (火) 11:27 (UTC)
情報源お示しいただき、ありがとうございます。ただ、ご承知の通りtwitterやYoutube動画などは信頼できる情報源ではないので記事執筆には使えないですし、 残りはlivedoorNews(提供社の都合により削除とのこと)、LITRA、ニフティニュース(週刊ポスト2017年4月7日号)なんですが、これらの内容について「アレ?これでいいのかな」と思いました。ちょっと引用しますと:
「田崎氏は、菅野氏、そして会見内容にいちゃもんをつけ、“何者かわからない”“信用できない”といった旨のコメントを繰り返すことで、会見で語られたことはすべてでたらめだと言いたかったのだろう。自分はさんざん嘘やデマをふりまきながら、自分に都合の悪いことはすべて“印象操作”という言葉で片付けてしまう安倍首相そっくりのやり口だが、まあ、これはいつものこと。大した驚きはなかった。」 — LITERAより
で、これだと「田崎氏はいつもデマをふりまいている」など、田崎氏の信頼性に疑義があるという記述の出典になっちゃいますし、
ところが、森友劇場の盛り上がりに危機感を持った官邸や自民党は、仕掛け人である菅野氏についてメディア側にネガティブな情報を流し始めた。 — ニフティニュース(週刊ポスト2017年4月7日号)より
こちらは「官邸や自民党は菅野氏についてネガティブな情報を流した」など、官邸や自民党の信頼性に疑義がある主旨の出典になっちゃいますよ? 
正直申し上げますと(私なんぞには言われたくないかもしれませんが)、はるみエリーさんがやっているのは「合意形成を行う場合などに、検証可能な事実や出典を中立的でない方法で用い、都合のいいように利用することWikipedia:腕ずくで解決しようとしない#証拠の悪用)」に該当してしまっているように見えます。こういった指摘を受けるのは今回がはじめてではないでしょうから、もうお止めください。--ぽん吉会話) 2017年5月24日 (水) 09:22 (UTC)
話題を逸らさないで下さい。疑義が出ていることについてぽん吉さんの質問には回答済みであり、事実は事実です。また、田崎氏が松井知事に深く同意して自らも同様の意見を持っていることについては、田崎氏個人の記事には書いてもいい内容です。しかし、「田崎氏はいつもデマをふりまいている」などのゴシップはWP:BLPに反するため絶対にどの記事にも書いてはいけません。議論のなかで、Wikipedia:検証可能性を満たす出典を用いて事実確認をすることをやめなければならない理由は一切ありません。菅野完の記事に、菅野に関する上記批判を掲載しようなどという話はまったくしていないので、勘違いをされています。ルールを悪用し、Wikipedia:検証可能性を満たす出典で確認できた事実を無視されるのはおやめください。--2017年5月24日 (水) 09:47 (UTC)
Wikipedia:検証可能性の冒頭には「私たちがウィキペディアで提供するのは、信頼できるソース(情報源)を参照することにより「検証できる」内容だけだということです」方針の節には「1.記事には、信頼できる情報源が公表・出版している内容だけを書くべきです。」とあります。「菅野氏の著述業に疑義がある/論争がある」と書きたいのであれば「信頼できる情報源が公表・出版している内容」をお示しいただく必要があります。「TwitterやYoutubeで疑義を確認できた」は「Wikipedia:検証可能性を満たす出典で確認できた事実」にはなりませんので。
あと「話題を逸らそうとしている」「勘違いをしている」などのレッテル貼りもお止めください。--ぽん吉会話) 2017年5月25日 (木) 01:37 (UTC)
はるみエリー氏の主張は、松井知事のようにジャーナリストに疑義をもつ人がいるから「活動家、著述家」の順番にすべき、ということですよね。「活動家」は疑義がないが、執筆業については、「あんな人がジャーナリストなんて」「彼の言うことは信用できない」と思われてるわけです。菅野完氏本人が、マスコミから「怪しげなジャーナリスト扱い[21]」されてる自覚があるのですから、Wikipediaが、菅野完氏が「怪しくないジャーナリスト」であることを証明しているかのような宣伝的な記事にすべきではありません。ぽん吉氏は、肩書きの順番以外の主張をしたいのであれば、別の節をつくってはいかが。また、「菅野氏の著述業に疑義がある/論争がある」と書きたい、と主張している人がいないのに、はるみエリー氏が「菅野氏の著述業に疑義がある/論争がある」と書きたいと思っていることを前提とした議論を始められたことについて、勘違いしていると思われたのでは。本当に勘違いしている人は自分が勘違いしていると自力では気が付かないものです。ぽん吉氏は他人の発言に耳を傾けるようになさってはいかがかと。--106.181.178.83 2017年5月25日 (木) 09:26 (UTC)
「菅野氏の著述業に疑義がある/論争がある」と書くという話をしているわけではないので、話題を逸らさないで下さい。--はるみエリー会話) 2017年5月25日 (木) 12:22 (UTC)
「論争の生じている文筆業については、本人の主張のみならず出典や注釈をつけて中立的に記述するべきです。2017年5月20日 (土) 06:22 (UTC)」とはるみエリーさんがおっしゃったので、出典を伺ったのですが。「論争の生じている文筆業」は、はるみエリーさんの思い込みではないかと危惧しております。--ぽん吉会話) 2017年6月5日 (月) 02:56 (UTC)
大阪府知事の松井一郎が「君らジャーナリストと認めているんか、菅野完を?」と述べています。菅野氏本人が「日テレ、TBS、フジ、テレ朝は、これまで散々、人の時間を奪い、人のネタを使い、クレジットさえ入れず自分の番組を構成してたのに、俺が抜いたら、今度は、「怪しげなフリージャーナリスト」扱いかよw」と発言もしていますし、このような状況下で著述系の職業を一番先に記述する必要はないと思います。--はるみエリー会話) 2017年6月12日 (月) 12:55 (UTC)
「君らジャーナリストと認めているんか、菅野完を?」の出典はコチラのironnaの記事かと思いますが、この記事の筆者も「確かに菅野氏はもともとはジャーナリストではない。しかし、その著作が石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞の奨励賞を受賞したベストセラー作家をつかまえて、彼はジャーナリストに値しないと言い切れるメディアの人間はほとんどいないだろう。」と述べてます。ちなみに菅野氏はその後大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション読者賞も受賞されたそうです。存命人物の業績に関する記述は、こうした対象と信頼できる情報源を出典とすべきで、菅野完に「この人たちこそ悪い奴らなんです」と批判され”苦虫を噛みつぶしたような表情”で”悪しざまに”なされたコメント(しかもironna でしかとりあげられてない?)を同列にとるべきではないでしょう。
あと、本人が「~「怪しげなフリージャーナリスト」扱いかよw」と発言したとのことですが、これは何か関係があるのでしょうか?意味分かりませんでした。--ぽん吉会話) 2017年6月14日 (水) 08:52 (UTC)
菅野氏が「怪しげなフリージャーナリスト」扱いされているという自覚がある、という意味です。--はるみエリー会話) 2017年6月20日 (火) 04:45 (UTC)
(間が空いてすみません)「怪しげなフリージャーナリスト」扱いされているという自覚があったとして、それが肩書きの順番にどう影響するのかよく分かりません。活動家より著述家が重要だとする根拠として、私は石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞奨励賞や大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞読者賞など外部の権威ある団体からの評価をあげましたので、同じくらい権威ある団体や専門家からの評価などを示せないのであれば、「活動家より著述家が重要」という結論にならざるをえないかと思います。--ぽん吉会話) 2017年6月28日 (水) 08:35 (UTC)
賞を受賞したことなどで肩書きの順番を決めることには強く反対します。「活動家」を表彰する制度はありませんから、比較できません。そういう基準では、表彰制度が存在する肩書きを前に書きやすくなりますが、そのような基準で肩書きの順番を決めなければならないわけではありません。お笑い芸人の又吉直樹は、第153回芥川龍之介賞を受賞していますが、その瞬間いきなり、「又吉直樹は作家、お笑い芸人である」としたら、さすがに違和感を感じます。もともと、お笑い芸人として長く活動していたのです。と思ったら、やはり、「又吉 直樹(またよし なおき、1980年6月2日 - )は、日本のお笑いタレント、小説家である。」となっていました。菅野完氏が受賞したようなマイナーな賞ではなく、芥川賞受賞作家であっても、必ず「小説家」を前に書くわけではありません。また、又良氏は、お笑いの分野で芥川賞以上の権威のある賞を受賞したわけではありません。菅野完氏は、もともと「活動家」を長く続けていて、著書数は又吉直樹氏よりも少なく賞の権威も又吉氏とは比べものになりません。又吉氏でさえ、「お笑いタレント、小説家」の順番なので、菅野完についても、当然、活動家、フリーの著述家等のままでいいと思います。--はるみエリー会話) 2017年6月28日 (水) 23:35 (UTC)

────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────Wikipedia:独立記事作成の目安#特筆性は客観的な証明を必要とする」をご確認願います。「大宅賞読者賞を受賞した」は著述業分野での特筆性を証明する一例です。方法はおまかせしますので(twitterやマイナー週刊誌、youtubeはもう結構ですが)、菅野完の活動家分野での特筆性を証明願います。(なお、ついでに、4月に質問した「活動家としては高校生から何十年も継続している」の出典も、お願いします。)--ぽん吉会話) 2017年6月29日 (木) 00:40 (UTC)

いくら、著述家として虚偽を書いて出版したなど後世への汚点を残したことについての報道が多かったからと言って、「菅野完氏をジャーナリストとして扱うのは問題である。」などTwitterなどで低次元の批判をされている今、あえて著述家を目立たせるように嫌み的ともとれる行動は慎んで下さい。

こちらのエピソードからも、菅野氏のジャーナリストの活動には信憑性があるとはいえません。↓

「菅野が籠池泰典について「大阪府豊中市の国有地売却をめぐる問題が報道された後、財務省の佐川宣寿理財局長から弁護士を通じて『10日間でいいから身を隠してくれ』との連絡を受けた」等とマスコミに情報を漏らし、同日午前中の国会で、民進党の初鹿明博がこの菅野の発言をとりあげたが、同省の佐川局長も籠池の代理人弁護士も、双方が菅野の発言は全くの事実誤認であると完全否定している[82]。」活動家、としておけば「そうだろう」と批判は起きないのに、いきなり「著述家」などとハードルをあげて胡散臭くさせたら、いらぬ批判が出るだけ。菅野氏の名誉のためにも、まず「活動家」であると書かれるほうが良いに決まっています。--106.181.176.22 2017年6月29日 (木) 07:20 (UTC)
またtwitterですか。。。2カ月以上議論しても「活動家のほうが著述家より重要」とする主張を裏付ける根拠(信頼できる情報源)は出てこないようですね。--ぽん吉会話) 2017年6月29日 (木) 09:04 (UTC)
賞を受賞したことなどで肩書きの順番を決めることには強く反対します。活動家の表彰制度は存在しないので比較対象になりません。活動家と著述家の重要性をウィキペディアンが忖度する行為について繰り返されていますが、もうやめませんか。活動歴が長い「活動家」を前に、まだ、1年程度しか自称していない「著述家」を後ろにすることに、なんの不都合があるというのでしょうか。--はるみエリー会話) 2017年6月29日 (木) 09:15 (UTC)
私もやめたいのですが、「著述業より活動家の方が重要」「活動歴が長い」のいずれの主張にも根拠(出典)を提示していただいておりませんので、活動家に関する記述は縮小させていただくことになります。あしからず。--ぽん吉会話) 2017年6月29日 (木) 21:44 (UTC)
活動家のほうが古くから名乗っていることとnoiehoieの著書の出版時に「著述家」と呼ばれていない(あるいは、名乗っていない)ことは既に何度も示しています[22]。活動家に関する記述を縮小する必要はありません。著述家の記述を増やせばいいと思います。また、著述業と活動家のどちらが重要かなどをウィキペディアンが決めるなどについては反対していますし、それについては話合う時間は無意味なのでこれ以上はとりたくありません。賞をとったなどは肩書きを書く順番の基準でもなんでもないことは、又吉直樹氏の肩書きの順番からも明らかであると思います。状況の変化があったときにでも、再び、提案してください。--はるみエリー会話) 2017年7月8日 (土) 08:51 (UTC)
信頼できる情報源に記述が少なければ、wikipedia記事での記述量も比例して減りますので、ご理解願います。なおはるみエリーさんからは、活動家としては高校生から何十年も継続している」の出典をまだいただいてませんので、出典提示または発言修正の方、よろしくお願いします。--ぽん吉会話) 2017年7月10日 (月) 08:47 (UTC)
本人のツイートから判断しました。高校生まで遡らずとも、アクティビストと名乗った活動のほうが古いと何度も示しています(この時点で著述家と名乗っていない)。これ以上ウィキペディアンによる忖度をしても意味はないので、状況が変わりましたら、また、ご提案ください。--はるみエリー会話) 2017年7月10日 (月) 08:56 (UTC)
結局本人twitterしか出典がないのですか。はるみエリーさんがなぜ「活動家」をそれほどまで強調して書きたいのかよく分かりませんが、いずれにせよ出典情報源の記述量にしたがって記事記述は加筆修正いたします。ではさようなら。--ぽん吉会話) 2017年7月10日 (月) 09:07 (UTC)

暴行事件について[編集]

不都合だからと消さないようにお願いします。ここは菅野完の個人サイトではありません。--126.28.175.129 2017年5月13日 (土) 21:05 (UTC)

合意済みの内容に戻します。不都合だから消した方はいません。Wikipedia:存命人物の伝記をお読みいただき、アカウント取得後に議論にご参加ください。--ぽてから会話) 2017年5月14日 (日) 14:45 (UTC)
内輪だけで勝手に合意して決めないでね。で、アカウントを取らないと議論に参加できないルールなんかあるの?--123.225.182.251 2017年5月15日 (月) 18:22 (UTC)
内輪ではなく公開された場で議論して決まったことは明らかです。アカウントを取得していない利用者の発言権は低くなります。--Baledeparse会話) 2017年5月18日 (木) 14:55 (UTC)ソックパペットまたは成り済ましのコメントに取消線--JapaneseA会話) 2017年9月6日 (水) 10:21 (UTC)

コメント WP:RSの無理解による編集が繰り返されているため、半保護を依頼しました。内輪だけで勝手に合意した、などの反論も意味不明です。--はるみエリー会話) 2017年5月16日 (火) 12:31 (UTC)

BLP及び合意形成軽視として半保護。強制対応。なお、裁判中であるならば、なおさらWikipedia:中立的な観点に注意。裁判にかかるものは、誤読させるような書き方や情報の合成に見えかねないものは、不可になります。--Los688会話) 2017年5月16日 (火) 12:53 (UTC)

のいほい氏のTwitterアカウント凍結に関して[編集]

みなさま、はじめまして。初めて書き込みさせて頂きます。 2017年9月19日菅野完氏のTwitterアカウントが永久凍結されました。その後、様子を見てると凍結解除はないような印象を受けます。これまでの氏のネット上での暴言等を考えると当然といえば当然で、あまりにもアカウント凍結は遅かったのではと思ってしまうぐらいです。 アカウント凍結にともなって、ページ上の「出展ソース」の多くがリンク切れになっています。ついてはtwitterがソースになってるものを一度整理してはどうかと思います(何なら氏のページごとなくなってもよいのではと思ってしまうぐらいです) みなさま、どう思われますか?--らいぱち会話) 2017年9月27日 (水) 14:25 (UTC)