Wikipedia:タグ爆撃

ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ爆撃は妨害的編集の一種です。

タグ爆撃とは、1つの記事に大量のタグテンプレート)を貼ったり、1種類のタグを大量の記事に貼ることです。本来であればタグづけをするときには、その記事のノートで、何故それが必要なのかを説明し、しっかりと論証を行うべきです。過剰なタグが記事の執筆者に負担を与え、指示や禁止の肥大化によるプロジェクトの緩慢化を招くことは目に見えています。それを防ぐために、例えばグウの音も出ない量の出典を貼り付けなければならないとしたら残念な事です。

タグの貼り付けは善意によるもので、記事の品質向上のために必要なのかもしれません。しかしタグ爆撃は特定の観点に偏っている場合がほとんどです。

タグ爆撃は破壊的な編集行為であり、管理者が許容することはないでしょう。それを行なう編集者は、ウィキペディアからブロックされるはずです[1]

しかし、貼られたタグが明らかに自己説明的なものであるときはこの限りではありません。つまり、わざわざノートページに理由を書くまでもないと考えられるときです。例えば、{{出典の明記}} というタグがつけられると、「この記事には出典がありません。この記事の内容に関する文献や情報源を探しています。出典のない記事は変更されたり削除されたりすることもあります。」という文言が記事の冒頭に表示されます。タグをつけることはすなわち「この記事には出典がないという問題がある」という意見の表明ですから、この場合は何もノートで議論する必要がありません。

ただしそれはタグをつける時点でのことであって、もし他の編集者からタグに関して議論を求められたらどうでしょうか。

現在は廃止されていますが{{cleanup}}というタグがありました。このタグはスタイルマニュアルに沿って記事を編集をするよう求めるもので、記事の改善にはたくさんのアプローチが考えられます。だから{{cleanup}}のようなタグをつけるな、というわけではなく、その記事のどこがスタイルマニュアルに沿っていないのかをノートページで議論することで、初めてこういったタグは有効になるということです。

一度に大量の記事にタグを貼ってまわる行為は、各記事のノートで有益かつ健全な議論をする用意があるという意思表示ではなく、むしろその反対ではないでしょうか。

もしあなたが記事にタグをつけられるのならば、あなたはその記事を別の、もっと読者のためになる形で編集することができるということです。あなたは、ロケットについての記事を編集できるほどの科学の専門家ではないかもしれませんが、誤字を修正するくらいのことはできるはずです。それに、今やMacOSXの辞書にすらウィキペディアの記事が表示されるのですが、記事を読む人が最初に目にするものが画面一杯に表示されたタグだったとしたら、はたしてその人はウィキペディアの健全性を疑わずにいられるでしょうか?

脚注[編集]

  1. ^ でたらめな {{要出典}} の貼り付けは、Wikipedia:妨害的編集として禁止されており、英語版ではガイドラインとして扱われています。日本語版では規定こそないものの管理者の裁量に一任されています。

関連項目[編集]