Wikipedia:偽りの合意形成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

偽りの合意形成(False consensus)は、カンバス不正投票(英語)、または手続きへの他の操作、裁定委員会(日本語版にはない)の裁定に反した議論によって達した合意のことです。

そのような操作に気づいた管理者は、直ちにその合意を無視し、不適切な行動を起こす参加者なく新たな手続きを開始すべきです。

腐敗した合意を適切だととる行動は、裁定委員会あるいは他の管理者によって疑義を呈される可能性があります。

カンバス[編集]

過剰なクロスポスト、キャンペーン、票の誘導、裏での勧誘、フォーラム・ショッピングは、不適切なカンバスの種類です。偏ったカンバスの兆候は、新しい編集者に衝突中の意見の特定の立場をとるよう求めたり、ある議論の片方の立場にだけ連絡することです。不正な決定から防衛するため、合意を評価する際、疑わしいカンバスに参加した編集者は、差し引いて扱われる可能性があります。

ミートパペット[編集]

調査に影響を与える目的での人員勧誘とか、差し戻しを実行するため、あるいは合意させるための他の試みは、強く推奨されません。

管理者は正当な理由によって疑いの強いミートパペットを無期限ブロックすることがあります。これは編集合戦や個人攻撃のような破壊的な行動を含みますが、ほかにも合意や、議論を氾濫させ中立性をゆがめることでもあります。

適切な合意[編集]

適切な合意による決定は、コミュニティの典型的でない参加者に対して脆弱です。

なぜなら、一般に編集者の一定数だけが特定の議論に参加するため、偏った参加者、党派的な編集者の流入は、大多数に存在しないような不適切な合意の錯覚を起こす可能性があります。

対戦者一覧[編集]

ウィキペディアは戦場ではありません。恨みを抱き、個人的な闘いを持ち込んだり、憎しみや恐れを助長する場でありません。

ウィキペディアの議論から個人的な闘いを生んだり、私たちの方針や目標に正面から反しています。特に、対戦者一覧を作成したり、敵対者と受け取った者を撃退するとか懲らしめるための行動は、百科事典を作っていくために必要とされる協調的な編集環境に反します。

嫌がらせ[編集]

様々な嫌がらせ英語版や、同様の行動は、議論において望まれてない参加者の意欲を削ぎ、参加しないようにすることを目的としているかもしれません。この種の嫌がらせは、単に気晴らしのために目的なくなされた荒らしよりはマシかもしれません。望まれていない参加者が議論から去った後、偽りの合意形成に達することもあるでしょう。コミュニティを消耗させる利用者は投稿ブロックの理由となるため、適切な対処を行う必要があります。