Wikipedia:BRDの誤用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

Wikipedia:大胆な編集、差し戻し、議論のサイクルを誤用する行動を説明します。このBRDのサイクルとは、大胆な編集(Bold)、差し戻し(Revert)、議論(Discuss)が繰り返されていくということです。誤用には少なくとも2種類あります。

  • 忍者(英語版で編集忍者とか差し戻し忍者と呼ぶ)
  • 妨害者

これから述べる助言がうまくいかない場合、残念ながら、あなたがコミュニティに助けを求めるまでは、少なくとも一時的に彼らが勝利をおさめる以外に手がありません。

忍者[編集]

この階層の上位3つにて議論します。論争の解決も参照。

あなたはお茶をすすりながら、穏やかに記事を編集しています。突然、シュッ、いつのまにか編集が元に戻っています。あなたは編集時の要約欄を書き入れたことを確かめ、なぜこのような編集をするのか、議論を行うようにと相手の会話ページに残します。あなたは先の差し戻しを戻し、編集要約欄にその会話ページへのリンクを残しました。すると、シュッっと、おそらく同じ人がいつのまにか再び差し戻すのです。あなたは両方の会話ページに議論を行うようにと記しますが、そのどこにも居ないのです。あなたは三度目の差し戻しを行い、しかしまたもや元に戻されます!あなたが苛立ち、利用者の編集履歴を確認すると、いくつもの記事に同じことを行っています!

突然、さらなる忍者がヒュッ、ビシッ、バシッ、彼らは記事に好ましくない編集を行い、あなたにできることはありません!

忍者は自分のウォッチリストを見ています。忍者が何も言わないとは思わないように。

この忍者という呼び方は正確かつ丁寧な呼び方で、他の侮辱的な用語よりも有用です。 忍者たちは、記事から記事へと移動して編集を行い、しばしば中立的な観点に反し、しばしば彼らは一族として動きます。彼らは無言だが、急所をついていきます。本物の忍者のように驚くような正確さと狡猾さ、技術を兼ね備え、目的もない破壊行為を行います。本物の忍者のように、人間というより機械のようです。陰謀団のように、お互いを認識し配慮しあっています。もしあなたが忍者と編集合戦をしてしまえば、3RRの不理解でブロックされてしまう可能性も高くなります。

忍者に対処するための要点は、編集について議論することです。呼びかけによって、BRDについて知ることができます。さらなる差し戻し、あるいは一連の差し戻しの後には、なぜそうしたのかを議論することなく、あなたは大胆に編集することはできないでしょう。

忍者に関連するのは、「あなたの大胆な編集を戻している」として駆けつける編集者ですが、差し戻しの理由を議論したり、先行する議論に取り組むことははありません。彼らは忍者のように匿名性を高めていることはなく、破壊的というよりは妨害的です。自らをウィキペディアを断固として防衛している者だと、おそらく信じ込んでいるでしょう。しかし、BRDの要点はR(差し戻し)ではなくD(議論)です。先に議論を始めた人が、BRDをよく守っている人です。

妨害者[編集]

妨害者は、忍者とは正反対にBRDを誤用し、少なくとも単に迷惑なものです。

無言で編集を行うのではなく、妨害者の場合は全く反対です。彼らは、ひとつの記事に対して大胆に、そして議論を引き起こすような編集を行うでしょう。それが差し戻されると、そのノートページに10ページもの作文を書き込みます。誰かが数行の返信を寄せると、彼らは、「わたしの論点に耳を貸していない!」と返すのです。あなたが返答が欲しいことの要点は何かと尋ねると、彼らは「全部!」と言います。そうしてあなたは、あらゆるささいな点にまで返答するという、うんざりする作業を行い、投稿します。

5分後、あなたがノートページを見ると、新しい10ページの作文が増えています。これが続きます。実際に合理的で有意義な議論というよりは、どちらが先に断念するだろうかというゲームのようです。

そうしてあなたが差し戻し、すると彼らもまた編集要約欄に「合意がない!編集合戦をやめてください!私は申告する!ノートページを見よ!」と、差し戻します。

妨害者に対処するための要点は、彼らの妨害行為を指摘して、無視する英語版ことです。差し戻しが続く場合は、管理者伝言板/3RRに編集合戦を報告したり、コメント依頼を行います。BRDを誤用してあからさまに不要な議論を強制することはできないでしょう。

関連項目[編集]