Wikipedia:ウィキペディアはセラピーではない

Jump to navigation Jump to search

ウィキペディアはセラピーではありません。利用者の行動に問題があり、有用な百科事典の作成という共同作業を妨害した場合、その利用者のウィキペディアへの関与は制限されるかもしれません。問題の起因は個人的な未熟さ、ウィキペディアの方針にうまく適応できなかった、社会的な技量の不足、など多くの可能性があります。

「ウィキペディアはセラピーではない」という語を使って、精神障害を持つ利用者はウィキペディアへの建設的な貢献ができない、ほかのウィキペディアンとの共同作業ができない、といったことを主張してはいけません。障害を持つ利用者はその障害だけを理由にウィキペディアの編集から追放されません。

いずれにせよ、破壊的な行為や反社会的な行為を行った利用者は投稿ブロックされたり、追放される可能性があります。極端的な場合を除いて、利用者は問題が辛抱強く、詳細に討議されるまで投稿ブロックされることはありません。しかし、破壊的な行為が止まる兆しが全くない場合、最終的にはコミュニティがウィキペディアを守るために、その利用者の関与を制限します。

ウィキペディアのセラピー効果[編集]

ウィキペディアとその姉妹プロジェクトは事典を作成する共同作業として、利用者に建設的な共同作業の機会を与えています。これはセラピーを目的としていませんが、作業療法のような効果をもたらす場合もあります。このような効果を受けることのできる利用者は、ほかの利用者と全く同じように参加することができます。

未想定の影響[編集]

1つのトピックに集中しすぎることは共同作業に有害であり、怒りや疎外感につながることも頻繁にあります。やがて、すこぶる無礼な行為に出る可能性もあります。これは、セラピー効果のアンチテーゼとなります。

1つのトピックに編集を集中させる利用者英語版はそのトピックの記事に自我を投射することが多く、「記事の所有権」に関する問題を起こしがちです。1つの記事に長く関わった後では、ほかの利用者の編集をより受け入れられないかもしれません。これは多くの経験豊富な編集者が避けたことです。より多く、さまざまな記事にかかわることで、この問題を軽減できるかもしれません。

作業のペース[編集]

大胆な編集は歓迎されますが、多くの編集者、特にそのページのトピックに関する専門家英語版が貢献しているとき、編集のペースはもう少し落とす必要があります。

多くの記事では専門家の関与が推奨され、必要とされています。専門家を編集から遠ざけないようにするためには、専門家でない編集者が編集による影響を考える必要があります。すなわち、共同作業において、ペースの早い編集は時間を多く貢献できない利用者にとって、あまり褒められたものではありません。

ウィキペディアはいつでも未完成であり、大胆な編集が行われることも多くありますが、成熟した記事においては小さな編集であっても論争を呼んだり、破壊的であったりする可能性があります。編集を始める前に記事のノートページを読んで、何か議論が進行中であるかを確認するようにしてください。未完成である以上、締め切りもないので、完璧でないところでも少しの間放置することができます。論争のある記事に遭遇したとき、議論に参加して合意形成を助けるか、ほかの記事を編集するようにしてください。

規則と権威[編集]

ウィキペディアの方針とガイドラインは複雑であり、実務での応用は難しいと感じるかもしれません。しかし、そのような場合でもWikipedia:善意にとることはいい指針になります。ミスを犯した場合、「善意にとる」のガイドラインに頼って、謝り、以降そのミスを犯さないようにしてください。公開にミスを犯したことを謝った場合、そのミスを繰り返していなければ、コミュニティは一般的にはあなたが問題を理解し、自ら進んで問題を起こそうとはしていないことを仮定します。ウィキペディアの利用者はみんなミスを犯したことがあります。あなたのミスを認めることに恐れる必要はありません。

他人の観点で考える[編集]

Wikipedia:中立的な観点は1つのトピックに関する全ての重要な観点を平等に扱うことを要求しています。これらの観点は検証可能性を満たす必要があり、あなたの考えや経験だけではいけません。その結果、ウィキペディアの編集は1つの事物に関する異なる観点を考えるいい機会になります。

このような事柄でほかの利用者と議論する場合、ほかの利用者にさまざまな提案を吟味する時間を与えてください。1つの観点が記事に書かれることを強制したり、あまり重要でない観点をあたかも重要であるよう書くことはしないでください。多くのリバートが飛び交う編集合戦破壊的であり、懲戒の処置をとられる可能性があります。

他人と円滑にコミュニケーションを行う[編集]

ウィキペディアの内容と方針の大半は利用者の間の合意によるものなので、ウィキペディアで礼儀、折衝、妥協といったスキルを鍛えることができます。ほかの利用者から強い反応、または強い言葉の返事を受けた場合、一歩下がってことを再評価してください。

合意形成ウィキペディアの五本の柱の1つです。ほかの利用者が建設的や文明的と考える行為に必ずしも同意する必要はありませんが、頑としてあなたの行為を堅持することは投稿ブロック依頼につながる可能性があります。強い反対に遭ったがそれでも自分が正しいと考えた場合、別の記事やトピックに貢献したり、論争の呼ぶ貢献や議論を避けることも考えられます。

再出発する[編集]

ウィキペディアでは昔問題を起こした利用者でも、その大半に再出発の機会を与えています。唯一の例外は昔に重大な破壊をおこし、何もしなかった場合に再発する可能性の極めて高いとコミュニティに判断された場合だけです。

短期間投稿ブロックされた場合、投稿ブロックが終わるまで待ち、より良く行動するよう心掛けてください。長期間ブロックされた場合、別のアカウントを作成しないでください。その代わり、行動の改善をし、あなた自身の会話ページか、管理者にウィキメールを送ってブロックの見直しを求めるようにしてください。無期限ブロックでも見直しを求めることができます。

より多くの責任を負う[編集]

ウィキペディアではしっかり責務を全うしている利用者に、さらなる貢献の機会を与えます。これは、共同作業の環境で管理スキルを鍛えるいい機会です。

同情心[編集]

ほかの利用者もときどきミスをしたり、助けを必要としたりするので、ウィキペディアの作業に参加することは親切と寛大に振舞うことを練習する機会になります。

適切な行動[編集]

利用者が自身の行動の問題で悩んでいるとき、適切にアドバイスし、穏やかに修正を助言してください。そして、必要があればウィキペディアにおける論争の解決の手順に従って、問題の解決を試みてください。善意にとって、破壊的な行動を行った利用者はわざと問題を起こそうとしていない場合が多いことも心掛けてください。

一部の場合には、これらの行動に効果が上がらないこともあります。その場合、ウィキペディアの破壊を止めるよう行動を起こさなければなりません。ウィキペディアの利用者はほかの利用者の行為を変える力が少なく、長期間ほかの利用者の行為を改善させる準備も整っていませんので、投稿ブロックの方針に従って投稿ブロックを依頼してください。問題を起こしている利用者が行動を改善する責任は、最終的にはコミュニティではなく、その利用者の責任であるからです。

関連項目[編集]