Wikipedia:あてこすり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Entwässerungskanal.JPG

とある建設作業員のチームが溝を掘るために雇われました。一人がシャベルを手に取って掘り始めました。ゆっくりと溝は長く、深くなっていきます。

ある作業員が言いました。「全力を尽くせば、もっと早く掘れるよ」

ある作業員が言いました。「使ってるシャベルの種類が悪いよ」

ある作業員が言いました。「きみはいったい設計図をちゃんと見たのかい?」

ある作業員が言いました。「下水管に当てないようにね」

ある作業員が言いました。「前はうちにももっといい仕事するやつがいたんだが」

ある作業員が言いました。「汗をかきすぎだね」

ある作業員が言いました。「適切な認可を受けているとは思えないな」

ある作業員が言いました。「あとどれくらい時間がかかる?」

ある作業員が言いました。「手で掘るなんて馬鹿げてるよ。バックホーを使うべきだ」

そして、ある作業員は溝にシャベル二、三杯分の土を蹴り戻してこう言いました。「まず第一に、その土を取り除いては駄目」

溝の中で掘っていた作業員は、シャベルを置き、群がっている他の作業員を見上げて微笑みました。「皆さんは、この溝を掘ることについて私よりはるかによくご存知なんですね[1]。もちろん、実際に掘るのも私よりずっとお上手なんでしょう。」そして彼は溝を出てトラックに乗り、その日の残りを浜辺で過ごしました。

脚注[編集]

  1. ^ dig は英語で掘るという意味のほか、あてこすりや皮肉を言うという意味もあります。

関連項目[編集]