Wikipedia:認識を拒絶する

ナビゲーションに移動 検索に移動

真の荒らしは往々にして慢性的な疎外や無力感に苛まれており、ウィキペディアの執筆を妨害しコミュニティを疲弊させることで承認欲求を満たします。そのような利用者は特別の注目を浴びることでエンパワーメントや見返り、鼓舞を感じます。手間暇をかけてLTAページやカテゴリ、専用のテンプレートに分類・記録されるような長期的な荒らしはとりわけこれに該当します。

動機づけ[編集]

荒らしに悪名という栄光を与えることは、強化を通じてインターネット・ミーム化を促し、気晴らしのため、悪名のおこぼれにあずかるため、権力への反抗や他人の仕事を邪魔することのスリルを味わうためなどから模倣犯を惹きつけます。認識と悪名を拒絶すれば、荒らしや妨害行為の主たる要因を排除することにつながります。

ウィキペディアにおける荒らしが報道されると、さらなる荒らしが発生します。新聞やテレビで誰かがウィキペディアに悪戯を書き込むのは簡単だと言うたびに、自分を「ハッカー」に見立てた模倣犯が発生します。この問題を必要以上に強調すると、この行動は悪化します(ポジティブフィードバックを参照)。

荒らしの対処法[編集]

ある程度の情報は荒らしに対処するのにどうしても必要になりますから、このページは荒らしが存在しないかのように振舞おうと主張するものではありません。しかし、荒らしについての情報公開は、「その情報に価値はあるか」「その価値は荒らしが宣伝されることによってもたらされる被害を上回っているか」といった基準に照らして慎重に吟味されるべきです。誰がどう見ても荒らしと分かるものを、同じ人物が行ったからといって単純に列挙することは、必ずといってよいほどその荒らしの発見・対処の迅速化には役立たず、荒らしの悪名に寄与するだけです。一方、Wikipedia:荒らし#荒らしの類型に見られるように、新たな荒らしの形態を具体的な言及を避けて記述することは、その荒らしの存在に対する意識の向上に役立つでしょう。

荒らしの予防[編集]

有益でないと思う荒らしに関する情報を載せたページを見つけた場合は、粛々と差し戻しまたは除去・白紙化しましょう。ページ自体が初版から荒らしである場合は{{即時削除|全般3}}を貼り付けましょう。削除依頼は逆効果です。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ロバート・I・サットン『あなたの職場のイヤな奴』矢口誠訳、講談社、2008年(原著2007年)。ISBN 978-4-06-214136-9
  • Doctorow, Cory (2007年5月14日). “How To Keep Hostile Jerks From Taking Over Your Online Community”. InformationWeek. https://www.informationweek.com/d/d-id/1055100 2015年9月22日閲覧。