Wikipedia:明日世界は終わらない

ナビゲーションに移動 検索に移動
慌てないで!トーチからの閃光を見てから、さっと隠れて頭を覆え英語版

ブルックス・ヘイトレンが言ったように、この世界は急ぎすぎる。しかし、あなたがどんなに早く百万円を稼げても、テレビでピザ出前を頼んでも、鳥インフルで亡くなっても、特筆性を得ることは一つの過程であり、一つの事件ではありません。

百科全書に必要なのは急いでいる世界に追いつくことではありません。歴史の記録であるためには進行中の事件から数歩離れて、人間の行動を観察し、議論し、消化することである。たとえ特筆性が明らかな場合でも、独自研究に関する方針により、信用できる二次資料が出来るまで待つ必要があります。編集者の一人が主張したように、ウィキペディアは「ボールの後ろにいる。つまり、先導せず、追従すること」です[1]。もちろん、王族の誕生やムハンマド風刺漫画掲載問題のような注目を集め、二次資料がすぐに出てくる話題もあるでしょう。しかし、これらはあくまでも例外であり、ニュース番組に出てこないような事柄は特筆性を得るまで待つ必要があります。

手短に言うと、明日世界は終わらない。もし明日終わるのなら、ウィキペディアはもう必要ありません。そして、明日世界が終わらないのなら、ウィキペディアが信頼できる百科全書でありたいのなら(もしかしたら、「未来の百科全書」でありたいなら)、どんな事柄に特筆性があるか時間かけてじっくり吟味すべきでしょう。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 利用者:Benjiboiより。原文は「behind the ball—that is: we don't lead, we follow」。