Ambox humor.svg

Wikipedia:リスペクト

ナビゲーションに移動 検索に移動

デタラメを尊敬して回る地球

リ-ス-ペ-ク-ト – 世界を動かすのはどんなデタラメでも良いというわけではなく、私たちが尊敬するデタラメだけが世界を動かすのです。尊敬を得るためには多くの時間と労力が必要であり、たった一つの愚かな行為が尊敬を失う原因となります。編集者として、私たちは一般的にこの百科事典を尊重しています。しかし、ウィキペディアの外ではどうでしょうか?

4文字目の「F」の字[編集]

ペーパークリップを素手の指で持ち、コンセントに差し込むとどうなる?非常に嫌な電気ショックを受ける確率は、五分五分よりもはるかに高くなる。この事実を知っている人は、おそらく何が起こるかを知っているでしょう。だから、ペーパークリップをコンセントに差し込まないのは、電気を「恐れる」からではなく、「尊重する」(Fear)からなのです。ええ、あなたが期待していたこととは違いますよね。まあ、いいや。ほら、いいですか?

自 己 言 及[編集]

私は尊敬されていません。本当に尊敬されていません。私は医者に老化を止めたいと言いました。彼は私に銃をくれました。

もしもウィキペディアが喋れたら、今は亡き偉大なデンジャーフィールドを凌駕するくらいのウィットに富んでいて、実際にこう言うかもしれません...。

アカデミックな世界では、私に対する敬意はほとんどありません。私は、経歴や人柄、世界のどこにいるかに関わらず、そうしたいと思う誰も彼もからなる広大なコミュニティによって編集され、改善されます。アカデミックな世界で私への敬意が少ない?驚いた!

さて、尊敬の念は簡単に得られるものではないことは誰もが知っています。長い間、信頼される行動をして初めて得られるものであり、たった一度の信頼されない行動で一夜にして消えてしまうものでもあります。尊敬の度合いをどのように測ろうとも、哲学的な時間と研究の織りなす一本の糸は、そして自尊心がない限り、他人からの尊敬は得られないということです。

そこで問題となるのは、ウィキペディアのような参照作業を行うプロジェクトの成果物には、自尊心というものがあるのだろうか、ということです。

私はどんなテーマでも、どんな相手とでも議論に勝つことができます。このことを知っている人たちは、パーティーでは私を避けています。尊敬の念の表れとして、私を招待しないこともあります。

ウィキペディアのある寄稿者が問う...

ウィキペディアのパロディというカテゴリがありますが、今のところウィキペディアは含まれていません。
無意識の自己パロディとは、作者が特徴的かつ無意識に不条理なことをしている詩や文章のことです。というのも、エール大学のフレッシュマン・イングリッシュで読まされて以来、30年ぶりにあの刺激的な散文に再び目を通したとき、それがすべて自己パロディであることがわかったからです。
ドワイト・マクドナルドパロディ, 474ページ
ドワイト・マクドナルドは自己パロディを意識的なものと無意識的なものに二分しています。ウィキペディアは無意識的に、あるいは意識的な自己パロディなのでしょうか?Kiefer.Wolfowitz 2013年5月26日 21:22 (UTC)[3]
チーズとワイン
"泣き言にはチーズはいかが??"

マクドナルドの辛辣な文体はカーライルに匹敵するようですが、KWは良い指摘をしています。 しばしば、他の編集者のトークページで、「ウィキペディア」が「礼儀正しい社会」では尊敬されていないと書かれているのを読みます。 愚痴は愚痴ですが、おそらく問題は、その愚痴に合うチーズがないことではないでしょうか? ...ウィキペディアの改善に集中し、「尊敬されていない」と愚痴るのをやめないことではないでしょうか?

でたらめのよりエキサイティングなところ[編集]

ウィキペディアにおける自尊心のもう一つの側面は、ウィキペディアン同士のコミュニケーションの取り方です。記事の読者は、トークページのリンクをクリックすることで、簡単にこれを見ることができます。ウィキペディアの基本的な原則を無視したり、軽度から強度の個人的な無礼があったりと、大小さまざまなテーマについての議論が多すぎます。読者が記事のトークページでこのような状況を目にしたら、どう思われるでしょうか?あなたが彼らの立場だったらどう思うでしょうか?力強く、永続的で、尊敬される参考文献を構築する鍵は、編集者間の市民的なコミュニケーションにありますが、特に私たちは世界中にたくさんの人がいます。

将来のアカデミア[編集]

最近、ある記事で最高の仕事をしようとしていた新人投稿者RQを手伝っていたとき、彼らは突然、身を乗り出して、「もし私が時間を無駄にしているだけだったら?私たち全員が時間を無駄にしているとしたら?" その後の展開は...。

...ここで、(これは私たち全員が慣れなければならないことなのですが)...。ウィキペディアは、誰でも、いつでも、私たちの作品に編集を加えることができる場所です。願わくば、それらの編集が改善であることを。そこに、この百科事典の本当の美しさがあります。他の寄稿者が私たちの作品を土台にして、より良い参考文献を作るのです。このように考えると、私たちが行うことで時間を無駄にすることはほとんどありません。自分の持っているものでベストを尽くす。時間の無駄かもしれないと心配することなく、そこに入ってください。また、ウィキペディアを破ることも気にしてはいけません。自分のやっていることが完璧でなければ、誰かが入ってきてより良いものにしようとすることを期待します。これは一人でやっているわけではなく、RQのコミュニティの努力の結晶なのです。これに慣れるのは簡単ではありませんが、個人的には非常にやりがいのある経験になるでしょう。それでは、良い旅を。Paine Ellsworth
「最もやりがいのある個人的な経験」 -- 私もそう思います -- お待たせしました、ペインさん。観察。私は地元の大学で700レベルの大学院コースを取っているので、クラスの他の人たちと一緒にクラスやグループのプロジェクトに参加しています。しかも、私は彼らの3倍の年齢です。そのため、彼らの仕事の進め方(教授とは対照的に)に深く関わることができて興味深いです。そして、授業の講義や議論の最中に、彼らが最初に参照するのはほとんどいつもWikipediaです。ウィキペディアの質の高さと率直さは、彼らの先生や師匠、祖先がどんな疑問を持っていようとも、次の世代にとって重要なレベルに達しているのです。RQ

ウィキペディアは、これからの世界を作っていく若い学生たちの間で評価され続けているようですね。もし、そんなことを考えて眠れなくなったら、カーライルやマクドナルドを読んでみてください。それでは、いい眠りを。

最後に[編集]

en:Wikipedia:Department of Funen:Wikipedia:Expect no thanksでは、とても良いデタラメが紹介されています。編集者は感謝の気持ちを表すことも受け取ることも期待されていませんが、感謝の気持ちを表すことはとても大切なことだということを、ここで優しく教えてくれています。

関連項目[編集]

脚注[編集]