Wikipedia:善意にとる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エチケット
礼儀を忘れない
ノートページでの決まり
署名
説明責任
善意にとる
個人攻撃はしない
記事の所有権
新規参加者を苛めない
腕ずくで解決しようとしない
法的な脅迫をしない
多重アカウント
オープンプロクシは禁止

合意形成
論争の解決
統合提案
分割提案
改名提案
コメント依頼
投票は議論の代用とはならない
調査投票の方法

方針とガイドライン一覧
プロジェクト関連文書一覧

善意にとることは、ウィキペディアにおける基本的な行動原理です。ある編集者による記事の編集やノートのコメントが善意に基づいていると仮定するということです。プロジェクトに携わる人々は、たいていの場合、それを台無しにしようとしているのではなく、手伝おうとしているのだ、と。そうでなければ、ウィキペディアのようなプロジェクトは、始める前から失敗することが運命付けられてしまいます。

善意にとることと議論や批判を行うことは別です。意見の不一致が生じたら、問題がそれ以上こじれないよう、説明や問題解決の努力を精一杯行い、相手にはそれに気持ちよく返答できるような機会を与えてください。意見が異なるのは、単に立場が違うからだけなのかもしれないと考えてみてください。そして、合意形成に至る方法を見つけてください。礼儀を忘れずに論争の解決法に従ってください。相手の編集者と個人攻撃編集合戦に陥ってはいけません。明確な悪意がある場合を除いて、自分に対する批判には他意はないと考えるべきです。

相手に本当に善意があるのか、疑問が生じても、可能な限り善意にとり続けてください。ただし、このガイドラインは、荒らしなど、善意ではないことが明確な場合にさえ、善意にとり続けることを編集者に要求しているわけではありません。ある編集者に対して疑義を呈したい場合、それが確かなものであることを、関係する差分やそれ以外の証拠を用いて、そのような懸念があなたになぜ生じたのか、他の人も理解できるよう示してください。その際、純粋に悪意に基づく行為であるように見えても、そのような意図を問題視したところで相手を余計に怒らせるだけなので、行為のみに対処したほうがうまくいくでしょう。

このガイドラインに度を過ぎて言及することには注意してください。あなたが誰かを善意のない人だと勘違いしてしまうように、自分には善意がないとあなたが決め付けていると相手が誤解してしまうことがあるからです。誰かに対して「善意にとれ」と振りかざすことは、それ自体あなたがその人を善意にとっていないことの表れなのかもしれません。

もちろん、善意にとることと悪行を無視することとは異なります。善意がある人だと思われたいなら、それを証明する行動で示して下さい。他人に責任をお仕着せしないで下さい。「善意にとる」と叫んでいても行動していることにはなりませんし、そんなことばかりしていると確実にふまじめだと思われてしまうでしょう。

善意とは[編集]

善意による過ちだとわかる時には、破壊行為だと決め付けたり、単にリバートせずに、その過ちを正してあげてください。意見が合わない時には、思い出して下さい。彼らは自分たちがプロジェクトの役に立っていると考えているのだな、と。自分の言おうとしていることをはっきり言うために会話ページを使うことを検討して下さい、そして、他の人にも同じようにその機会を与えてあげてください。そうすることで、誤解を避け、問題が大きくなるのを抑えることができます。特に、新規参加者には寛容であれ、ということを覚えておいてください。彼らはウィキペディアの文化とルールをよく知らないことでしょうから。

新規参加者のふるまいは、当人には適切に思えるかもしれませんが、ウィキペディアの文化への誤解や無頓着といった問題が見受けられることがよくあります。他のどこかで身に着けてきた自分の経験とは違う見慣れぬ方針は変えなければならない、と信じる新規参入者も珍しくはありません。同様に、多くの新規参入者は自らの経験や専門知識を持ってきては、それらが直ちに尊重されると期待しています。こうした考え方から生じるふるまいは、特に悪意のあるものではありません。

誰かの誤りを訂正することは(たとえそれが意図的なものであったとしても)、その人が嘘をついているとか愚かであると責めるよりも、より良いことです。なぜなら人はそれを気持ち良くうけとめたいものなのです。また、新たに加えられた一文が間違っていることが分かっているなら、単にそれを削除するより、訂正する方が、よりいっそう良いに決まっています。

善意にとるべきなのは、行為についてではなく、意思についてです。善良な人々でも間違いを犯しますし、間違いは正すべきです。しかし、間違いがわざとであるかのように反応すべきではありません。間違いは正して下さい。ただし、叱ってはいけません。ウィキペディアには、意見の合わない人もいることでしょう。たとえ彼らの方が間違っていたとしても、それは、彼らがプロジェクトを台なしにしようとしている、ということではありません。また、一緒にやりづらいと感じる編集者もいることでしょう。それも、その人がプロジェクトを台なしにしようとしている、ということではないのです。単にあなたの気に障るだけなのです。たとえ、明確な悪意を感じたとしても、ある編集者の行為を悪意のせいにする必要性は全くありません。なぜなら、あなたが、例えば差し戻し投稿ブロックを用いて対抗しようとする場合、それは相手の意思ではなく相手の行為に基づいて行えるのですから。

編集合戦で熱くなっている時には、善意にとることを忘れてしまいがちです。もしも、善意にとることを忘れてしまうと、こんなことになるかもしれません。

  • 個人攻撃 - 一度個人攻撃をしてしまうと、相手もおそらくあなたの行為を善意にとらなくなるでしょう。編集合戦はさらにみにくいものとなるでしょう。人は、不快な行為を受けると、めったに忘れることはありません。
  • 中立的な観点の方針を見失うこと - 理想は偏りのない、公平な見解を示すことです。偏った編集を改善するのではなく、ことごとく差し戻すのであれば、中立的な観点を見失っています。その編集がいかにばかげたものであったとしても。相手はなぜそのような編集が必要だと思っているのだろうか、と考えてみてください。そして、可能ならば、相手の編集意図を、あなたも中立的だと思えるような形で記事に取り込んでください。両者がこれを実践するのならば、中立的な記述、ないしはそれに近いものにたどり着くでしょう。

善意を示す[編集]

誰かを善意にとることに加えて、あなた自身の善意を示すことによって他の人があなたのことを善意にとりやすくするようにしてください。そうするためには、あなたの正直な気持ちを直接記してもよいですし、記事の執筆を通して、他人の意見を受け入れる心構えのあること、心からウィキペディアを改善しようとしていること、方針やガイドラインに従うこと、真摯な編集だという信念、ウィキペディアのシステムを弄ばないことやそれ以外の善意のうちの行動を示してもよいでしょう。善意を示すことは必須ではありません。しかし、善意を示すと、他の編集者とうまくスムーズに作業しやすくなります。

悪意への対処の仕方[編集]

明確な悪意をもつ編集者に対しても、礼儀を忘れないようにしてください。頭に血を上らせて、個人攻撃をしてはいけません。結局、論争を解決する際に、あなたが一貫して適切に行動していれば、他の編集者はどちらが方針に違反しているのか容易に決めることができるのですから。

ウィキペディアの管理者や論争の解決に関わったことのある編集者は、明確で具体的な証拠があれば、どの行為がどの方針に反しているのか、容易に指摘することができます。たいていの場合、喜んであなたを手助けしてくれるでしょう。

他人の悪意を責める前に[編集]

善意が感じられない、悪意があると誰かを責めることには意味がありません。論争が悪化して、編集合戦が誘発されるだけです。相手の行為に明確な悪意があるという証拠がないまま、悪意があると誰かを責めることは個人攻撃とみなされたり、それを繰り返すと嫌がらせと取られるかもしれません。結局、あなたのほうにこそ悪意があると責められる結果に終わり、悪循環になるだけです。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]