アレイスター・クロウリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アレイスター・クロウリー
Aleister Crowley
Aleister Crowley as Baphomet X° O.T.O.jpg
OTO主宰時の1919年
誕生 エドワード・アレグザンダー・クロウリー
Edward Alexander Crowley
(1875-10-12) 1875年10月12日
イングランドの旗 イングランドウォリックシャーロイヤル・レミントン・スパー
死没 (1947-12-01) 1947年12月1日(72歳没)
イングランドの旗 イングランドヘイスティングズ
職業 オカルティスト、著述家、登山家
国籍 イギリスの旗 イギリス
最終学歴 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ中退
代表作法の書
第四の書英語版
配偶者 ローズ・イーディス・ケリー
パートナー リーラ・ウォドル英語版
リーア・ハーシグ英語版
テンプレートを表示
クロウリーの用いた一筆書六芒星の印

アレイスター・クロウリー[1]Aleister Crowley 発音1875年10月12日 - 1947年12月1日)は、イギリスオカルティスト儀式魔術師英語版、著述家、登山家。元の本名はエドワード・アレクサンダー・クロウリー(Edward Alexander Crowley)であった。スピリチュアル哲学のセレマ思想を提唱して『法の書』を執筆した事で知られる。その波乱の生涯の中で数多くの著作を残しており、日本でも1980年代から数々の邦訳版が刊行されている。

経歴[編集]

クロウリーは、英国ウォリックシャー州でビール醸造業を営む裕福な家庭に生まれた。キリスト教福音派の敬遠な信徒であった両親の方針でミッション系スクールで教育を受けたが、成長したクロウリーは信仰を拒絶するようになった。一説には寄宿舎での人間関係トラブル(所謂いじめ)が原因とされ、彼の反動的な性格の原点になったとも言われる。父親から多額の遺産を相続し、ケンブリッジ大学に入ったクロウリーは登山と詩作に熱中した。1898年に魔術結社「黄金の夜明け団」に参入した彼はそこで数々の秘儀知識を習得したが、1901年には退団してネス湖畔の邸宅に移り自身の魔術技能に磨きをかけた。その間にインドに渡って仏教知識を学び、またヒマラヤとメキシコの登山に挑むなどした。1904年に結婚したクロウリーは新妻ローズとのハネムーン先となったエジプトのカイロで魔術儀式を行い、その中でエイワスと名乗る霊的存在から「法の書」を授けられ、これが彼の生涯をかけて追求するセレマ思想提唱の起点となった。

イギリスに帰国したクロウリーは多数の著作と詩集を発表して注目を集め始めた。1907年には魔術結社「銀の星」を結成し、自身を魔術師エリファス・レヴィの生まれ変わりと称して、セレマ思想の伝道に努めた。1912年になるとドイツの秘教団体「東方聖堂団」のイギリス支部長に就任した後にその本部を感化し、聖典をセレマ思想に置き換えさせて主導権を握った。この頃から彼の奔放な異端思想活動が世間の目を引いて物議を醸すようになり、主にスキャンダルネタを扱う複数の大衆紙に、世界で最も邪悪な男(the wickedest man in the world)などと書き立てられた。1920年にクロウリーはシチリア島に念願のセレマ僧院を設立し、数々の信奉者と共に修道生活を送ったが、クロウリーのスキャンダルを追うイギリスの大衆紙が堕落と退廃の見本のように書き立てた為、1923年にイタリア政府から国外追放を宣告された。

タロット愛好者の間では名作トート・タロットの考案者として知られている。ヘヴィメタルファンには、オジー・オズボーンのアルバム『ブリザード・オブ・オズ〜血塗られた英雄伝説』に収録されている「Mr.クロウリー -死の番人-」のモチーフとして認知されている。彼の支持者としては、ジミー・ペイジデヴィッド・ボウイ、映画監督のケネス・アンガーらがいる。ビートルズも彼に興味を示しており『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のアルバムジャケットにクロウリーの肖像が見られる。

年譜[編集]

魔法名[編集]

  • Perdurabo (ペルデュラボー) (0°=0, G∴D∴) - ラテン語で「われ耐え忍ばん」。
  • ΟΥ ΜΗ (オミクロン・ユプシロン ミュー・エータ) (7°=4, A∴A∴)
  • Vi Veri Vniversum Vivus Vici (8°=3, A∴A∴) - ラテン語で「われ、真実の力によりて生きながらに万象に打ち克てり」。
  • To Mega Therion (ト・メガ・セリオン)〔Τὸ Μεγα Θηρίον (ト・メガ・テーリオン)〕(9°=2, A∴A∴) - ギリシア語で「大いなる獣」。
  • Baphomet (バフォメット)(, O.T.O.

著書[編集]

日本語訳されたもののみ記載。

登場作品[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

アダルトアニメ[編集]

ゲーム[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 木曜の怪談』 - 怪奇倶楽部の小学生編でクラスターに解説された。

音楽[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]