プリマス・ブレザレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プリマス・ブレザレン(The Plymouth Brethren)は、保守的福音主義的なキリスト教運動であり、聖書に基づく教理を目指して興った組織である。

運動は1820年代のアイルランド島ダブリンにさかのぼり、ブレザレン(兄弟たち)の名称は聖書から来ているが、具体的に組織化されたのは1831年で、ジョージ・ウィグラム英語版ベンジャミン・ウィルズ・ニュートン英語版ジョン・ダービらを中心に組織された[1]。教職制度の否定や毎週日曜日の聖餐、教派に縛られないことなどを謳った。そして運動の拡大に伴い、教派に縛られない教会の在り方に共鳴したジョージ・ミュラーロバート・チャップマンも、この運動に関与していった。

しかし後にメンバー間の教義の違いや仲違いが原因で、プリマス・ブレザレンは1848年に決定的な内部分裂を起こし、

以上のとおり、2つの派に分かれることとなった。

なお、ブレザレン運動の言説の勢いが増した結果、ダービの思想の中心となるディスペンセーション主義患難前携挙説が大いに広まったが、ジョージ・ミュラーやベンジャミン・ウィルズ・ニュートンらは、患難前携挙説について否定的で、患難後携挙説に注目していた[2][3]

このことからもわかるように、ブレザレンの思想はグループや派閥、伝道者ひとりひとりによって異なる場合があり、「ブレザレンの思想」として単純に言い表すことは難しい。例えば、フレドリク・ブルースのように、ディスペンセーション神学を容認しない信徒も存在する。

なお日本では、ブラザレン派・同胞派・キリスト集会と呼ばれることもある。

著名なブレザレン[編集]

関連項目[編集]

キリスト集会

脚注[編集]

  1. ^ Livingstone, Elizabeth A. (2000). The Concise Oxford Dictionary of the Christian Church. Oxford: Oxford University Press. ISBN 978-0-19-280057-2.
  2. ^ Cordner, Michael. "The Rapture of the Church". Online Library. Northwestern Theological Seminary. Retrieved 27 June 2010.
  3. ^ 「背教が起こり、滅びの子が現れるまで、イエス様が来ないことを、聖書ははっきりと断言している。」とミュラーは語っていた。Mueller, Susannah Grace (1883). Preaching tours and missionary labours of George Mueller. p. 148.