Help:典拠管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウィキペディア日本語版ヘルプページです。


典拠管理とは、ウィキペディアの記事に一貫した識別子を付与することです。これは記事の名前の統一や、表題が似ている記事の区別などの効果があります。特に人物記事では同姓同名の人間の区別が必要なので、典拠管理は人物記事で使われることが多くあります。ウィキペディアの典拠管理テンプレートはページ下部に表示されており、世界中の図書目録へのリンクを簡単に辿ることができます。

研究者はある特定な事柄についての資料を探すとき、典拠管理を使うことで記事名の曖昧さを自動で回避できます。例えば、音楽の記事で典拠管理を使うことで、音楽データベースのMusicBrainzに名寄せでき、相互参照が可能になります。これにより、音楽再生ソフトウェアはMusicBrainzでの識別子で検索することで、名寄せされたウィキペディア記事へリンクできます。

典拠管理は世界中の図書目録で、人物伝記の目録の作成と維持に使われています。このため、ウィキペディアの典拠管理のテンプレートでは世界中の図書目録での典拠管理データへのリンクが自動的に張られます。例えば、以下はアレクサンダー・グラハム・ベルのウィキペディア記事での典拠管理データの一部です。

このうち、WorldCatは71,000以上の図書館の蔵書を目録化した総合目録です。その後にバーチャル国際典拠ファイル(VIAF)、アメリカ議会図書館管理番号(LCCN)、国際標準名称識別子(ISNI)、統合典拠ファイル(GND)などの典拠ファイルが続いています。

ウィキペディアで使われる典拠ファイル[編集]

日本語版ウィキペディアで使われている典拠ファイルには以下のものがあります。

  1. 統合典拠ファイル: Gemeinsame Normdatei、GND)
  2. アメリカ議会図書館管理番号: Library of Congress Control Number、LCCN)
  3. バーチャル国際典拠ファイル: Virtual International Authority File、VIAF)
  4. スウェーデン国立図書館SELIBR
  5. Open Researcher and Contributor ID(ORCID)
  6. 廃止:名前典拠ファイル: Personennamendatei、PND)、現在はGNDに統合された
  7. 廃止:法人典拠ファイル: Gemeinsame Körperschaftsdatei、GKD)、現在はGNDに統合された
  8. 廃止:表題典拠ファイル: Schlagwortnormdatei、SWD)、現在はGNDに統合された

関連項目[編集]