Online Computer Library Center

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Online Computer Library Center, Inc. (OCLC) は世界で最も大規模な書誌ユーティリティ[1]。「非営利で会員制のコンピュータライブラリサービスと研究組織であり、世界中の情報へのアクセスを促進し、情報コストを下げること」を目的としている[2]。1967年、Ohio College Library Center として設立され[1]、1981年に名称を変更した[3]

創設時の名称からも分かる通り、当初はオハイオ州の54の大学図書館間ネットワークとして設立された[1]が、1977年にオハイオ州以外の図書館も利用できるようになり、アメリカ国内のみならず、世界各地から参加する館が現れ、2010年現在、世界中の171の国と地域にある7万以上の図書館がOCLCに参加し[3]、サービスを利用して図書館の資料を探し、取得し、カタログ化し、貸し出し、保護している[4]。創設者は Fred Kilgour で、本拠地はアメリカ合衆国オハイオ州ダブリンにある。

2002年、OCLCは世界最大の電子コンテンツプロバイダ NetLibrary を買収した。OCLCの100%子会社 OCLC PICA はオランダのライデンに本社があり、図書館自動化システム/サービスを提供する企業だったが、2007年末にOCLCに吸収された[5]。2006年6月、Research Libraries Group (RLG) がOCLCに吸収合併された。2008年1月11日、OCLCは図書館で広く使われているソフトウェア EZproxy の買収を発表した[6]

主なサービス[編集]

OCLCは、書誌情報、抄録、全文の情報を図書館、学生、教育機関、学者などそれらの情報を求めている人々に提供している。

OCLCは加盟図書館と協力し、WorldCat (OCLC Online Union Catalog) という世界最大のオンライン蔵書目録(OPAC)を作り、保守している[3]。WorldCatには世界中の主な図書館の蔵書目録が集められている。WorldCatは多くの図書館や大学のコンピュータネットワークからアクセスできる。Open WorldCat プロジェクトでは、WorldCat に集められた蔵書目録を通常のインターネット検索、書誌的サイト、書籍販売サイトで利用可能にしようとしている。2005年10月、OCLCの技術スタッフはウィキ風のサイトを公開し、WorldCat内の任意の記録に対応した情報にタグを付けつつ、読者や図書館員がコメントを付けられるようにしている。

OCLCは、印刷物のマイクロフィルム化とデジタル化を行う OCLC Preservation Service Center を運営していた(本拠地はペンシルベニア州ベスレヘム)。図書館、博物館、歴史関連団体、大学などがこれを利用し、印刷物、書籍、地図、写本、新聞などをマイクロフィルム化していた。また、印刷物やマイクロフィルムをデジタル化してコンピュータで利用できるようにするサービスも行っていた。OCLC Preservation Service Center は2009年8月1日、Backstage Library Works に売却された[7]

WorldCat[編集]

OCLCはWorldCatのデータベースを利用した図書館の目録作成サービスを提供している。以前は OCLC Passport というプログラムが使われていたが、2001年に Connexion が新たに登場し、Passport は2005年5月にサービス停止した[8]

WorldCatのデータベースには、Machine Readable Cataloging (MARC) フォーマットのレコードが集積されており、それらは目録作成ツールを利用する世界中の目録作成者から提供されたものである。MARCフォーマットのレコードを各図書館のローカルな目録システムにダウンロードし、その図書館の蔵書と同じ本のレコードを再利用し、目録作成の手間を省くことができる。

2007年2月現在、11億冊以上の目録がデータベース化されており、世界最大の書誌データベースとなっている。Connexion は図書館員であれば利用でき、ダウンロードしてインストールする形でも使えるし、connexion.oclc.org というウェブにアクセスする形でも利用できる。

WorldCat はFirstSearchというウェブベースのサービスや Open WorldCat を使って一般の人でも検索できる。

デューイ十進システム[編集]

1988年、Forest Press を買収した際に、デューイ十進分類法に関する商標や著作権も OCLC が所有することとなった。

WebJunction[編集]

WebJunctionビル&メリンダ・ゲイツ財団の寄付によって設立されたOCLCの部門である。

QuestionPoint[編集]

QuestionPoint は図書館が利用者と様々な方法でコミュニケーションをとるためのツールを提供する問い合わせ管理サービスである。世界中の加盟図書館の協力で成り立っている。

地域サービスプロバイダ[編集]

OCLCと契約した地域サービスプロバイダは、OCLCサービスのためのサポートとトレーニングを提供する。以下の表はOCLCサービスだけを表している。

名称 地域 ウェブサイト
Amigos Library Services アリゾナ州アーカンソー州ニューメキシコ州オクラホマ州テキサス州 www.amigos.org
BCR (Bibiographic Center for Research) アラスカ州コロラド州アイダホ州アイオワ州カンザス州モンタナ州ネバダ州オレゴン州ユタ州ワシントン州ワイオミング州 www.bcr.org
INCOLSA インディアナ州 www.incolsa.net
ILLINET イリノイ州
MINITEX Library Information Network ミネソタ州ノースダコタ州サウスダコタ州 www.minitex.umn.edu
MLC (Michigan Library Consortium) ミシガン州
MLNC (Missouri Library Network Corporation) ミズーリ州 www.mlnc.org
NEBASE ネブラスカ州 www.nlc.state.ne.us/netserv/nebase/nebserv.html
NELINET コネチカット州メイン州マサチューセッツ州ニューハンプシャー州ロードアイランド州バーモント州 www.nelinet.net
Nylink ニューヨーク州 nylink.org
OHIONET オハイオ州ウェストバージニア州、ペンシルベニア西部 www.ohionet.org
LYRASIS デラウェア州メリーランド州ニュージャージー州ペンシルベニア州ウェストバージニア州アラバマ州フロリダ州ジョージア州ケンタッキー州ルイジアナ州ミシシッピ州ノースカロライナ州サウスカロライナ州テネシー州バージニア州西インド諸島 www.lyrasis.org/
WILS ウィスコンシン州 www.wils.wisc.edu/
FEDLINK アメリカ連邦図書館群 www.loc.gov/flicc/
OCLCサービスセンター
OCLC Eastern Service Center ワシントンD.C.メリーランド州バージニア州
OCLC Western Service Center アラスカ州、カリフォルニア州、ハワイ州、アイダホ州、モンタナ州、オレゴン州、ワシントン州、グアム
OCLC Asia Pacific
OCLC Canada
OCLC Latin America
OCLC PICA (OCLC Europe, Middle East and Africa)

参考文献[編集]

  • 田窪直規、小林康隆、山﨑久道、渡邊隆弘、原田隆史、山本昭 『情報資源組織論』 樹村房〈現代図書館情報学シリーズ〉、2011年4月4日、初版。ISBN 978-4-88367-209-7

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 田窪直規 et al. 2011, p. 142.
  2. ^ About OCLC OCLC公式サイト
  3. ^ a b c 田窪直規 et al. 2011, p. 143.
  4. ^ OCLC renames European division”. Business First of Columbus (2007年10月22日). 2007年11月9日閲覧。
  5. ^ Michael Rogers (2007年10月22日). “CLC/OCLC Pica Merge”. Library Journal. 2007年11月9日閲覧。
  6. ^ OCLC acquires EZproxy authentication and access software OCLC News release、2008年1月11日
  7. ^ Preservation Services OCLC
  8. ^ OCLC Connexion 紀伊国屋書店

関連項目[編集]

外部リンク[編集]