Help:関連ページの更新状況

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ようこそ - ガイドブック - チュートリアル - 早見表 - FAQ - ヘルプ - 用語集 - 利用案内 - 質問

ウィキペディア日本語版のヘルプページです。メタウィキヘルプが元になっています。


閲覧する
検索
記事とは何か
脚注の使い方
典拠管理
Media Viewer
ファイルの説明ページ
音声・動画の再生
ブックの作成
PDF形式でダウンロード
印刷用バージョン
リンク元の検出
特別な機能をもったページ
適応するブラウザ
携帯端末でのアクセス
ページの変更を追う
最近更新したページ(拡張版)
関連ページの更新状況
ウォッチリスト
履歴差分の表示
利用者の投稿記録
ナビゲーション・ポップアップ
フィードの利用
アカウント
ログインの仕方
個人設定
システムメッセージ
外装の詳細設定
ヘルプの目次へ
サイドバー中の「関連ページの更新状況」の場所

関連ページの更新状況」機能は閲覧中のページからリンクしている、または閲覧中のページにリンクしている全ページの最近の更新をリストする機能です。

概要[編集]

閲覧中のページのマージン中にある「関連ページの更新状況」をクリックすると、特別:関連ページの更新状況/ページ名が表示されます。ページ名には閲覧していたページ名が入ります。

このページには、閲覧していたページへリンクしているページの最近の更新状況が表示されます。ページ名は「「$1」と関連する変更」($1はページ名)となります。最近更新したページその拡張版と同様に、ウォッチリストに入っているページはボールド体で表示されます。

リストするページ数や何日前までさかのぼって表示するかを変更することができます。規定値は個人設定で上限を設定できます。ただし、表示されるデータは Recentchanges table から取得されるので、 $wgRCMaxAge より古い情報は表示されません。

「このページへのリンク元での変更の表示に切り替え」のチェックボックスをチェックし、「表示」を押すと、閲覧中のページからリンクしているページの更新状況に切り替わります[1]

この機能は、そのページへリンクされている全ページおよびそのページからリンクしている全ページの更新を監視できるので、特別なウォッチリストとして使用することができます。ただし、関連ページの更新状況にはノートページの更新を自動的に含まないので、ノートページも監視するためには、「関連ページの更新状況」を適用するページにノートページへのリンクも書きこむ必要があります。

オプション[編集]

個人設定の「細部の編集を隠す」設定は、関連ページの更新状況にも適用されます。詳しくはHelp:個人設定#最近更新したページを参照してください。

注意事項[編集]

リダイレクトへリンクしている場合、リダイレクトを経た記事のあるページではなく、リダイレクトページ自体の変更しか反映されません。この点からは、リダイレクトではない直接リンクの方が優れています。

「関連ページの更新状況」機能は画像や音声などのファイルの変更も、ファイルページの変更もリストしません(ファイルへのリンク方式[File / :File / Media]を問わない)。

サブページに「関連ページの更新状況」を適用した時には、親ページへの自動リンクは無視されますので、親ページへ明示的にリンクが貼られていない限り、親ページの変更はリストされません。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ mediazilla:6528によって対応

関連項目[編集]