フレドリク・ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

フレドリク・ファイヴィ・ブルース(Frederic Fyvie Bruce、1910年10月12日 - 1990年9月11日)は、イギリスの福音主義新約学者。F.F.ブルース、とも記される。考古学誌、神学誌、聖書注解の編集に携わった。所属団体はプリマス・ブレズレン。同団体内においては、比較的保守的なエクスクルーシブブレズレンにも、比較的寛容なオープンブレズレンからも、彼の学識と霊性の深さが認められている。その一方で、プリマス・ブレズレンの一部に支持されているディスペンセーション主義神学について、彼は一貫して容認しなかった。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 『The Act of the Apostle(使徒の働き)』,1951
  • 『Commentary on the Book of the Apostle』,1955(邦訳「使徒行伝」聖書図書刊行会、1958年)
  • 『Second Thoughts on the Dead Sea Scroll(死海写本についての再考)』,1956
  • 『The Defence of the Gospel in the New Testament(新約聖書の福音の弁護)』,1959
  • 『Biblical Exegesis in the Qumran Text(クムランテキストの聖書的解釈),1959
  • 『Are the New Testament Documents reliable』[1],1959(邦訳『新約聖書は信頼できるか』、聖書図書刊行会、1959年)
  • 『The dawn of christianity』,1950(邦訳『初代キリスト教の歴史』、聖書図書刊行会、1961年)

脚注[編集]

  1. ^ 2006年、アメリカの福音派雑誌クリスチャニティ・トゥディ上において、「福音主義を形成した書籍ベスト50」のうちの一冊として選ばれている。(Grass, Tim (2012). F. F. Bruce: A Life. Milton Keynes: Paternoster. p. 40. ISBN 978-0-8028-6723-0.)