変性意識状態

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

変性意識状態(へんせいいしきじょうたい、: altered state of consciousness, ASC)とは、日常的な意識状態以外の意識状態のこと。人が幻覚などをみる状態。

概説[編集]

Altered state of consciousnessという表現は、1966にArnold M. Ludwigが提唱し[1]、1969年発行のチャールズ・タート英語版の著作[2]を通じて一般に知られるようになった。Altered state of mindまたはaltered state of awarenessともいう。

通常の覚醒時のベータ波意識とは異なる、一時的な意識状態をさす。人々がその体験を共有することも可能であり、社会学分野において研究対象となっている。

変性意識状態は「宇宙」との一体感、全知全能感、強い至福感などを伴い、この体験(変性意識体験)は時に人の世界観を一変させるほどの強烈なものといわれる。変性意識体験は精神や肉体が極限まで追い込まれた状態、瞑想や薬物の使用などによってもたらされるとされる。また、催眠などによって非常にリラックスした状態を心理学でこういうこともある。

トランスパーソナル心理学ではこれを、人間に肯定的な効果をもたらすものとして研究する。また、精神疾患に対する有効な療法として、一時的にこの状態を患者に与える手法が活用されることもある[注釈 1]。変性意識状態の代表としてトランス状態を挙げることができる[3]

宮台真司は、心理学における変性意識の、社会学的な写像(カウンターパート、対応物)がカリスマであると述べた[4]

1995年地下鉄サリン事件を引き起こしたオウム真理教の教団は、変性意識体験を「神秘体験」や「超能力」などと称して、その獲得を謳って信者を獲得した[5]。しかし、この変性意識状態は超常現象などではなく「極厳修行」と称される外部の環境から完全に遮断された状態でのプログラムによってつくられたものであり、科学的に解釈可能な現象のひとつにすぎない[5][注釈 2]

変性意識状態を扱った作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ さまざまな面で応用可能な自己の精神操作としてスポーツ、教育、ビジネスの場でも取り組まれることも多い(この操作を引き起こすため、スポーツ選手のなかには小さな仕草や動き・決まったポーズをとる「ルーティン」と称される動作をすることがある)。
  2. ^ オウム真理教の教祖麻原彰晃は、信者をASC(変性意識状態)に到達させるのにきわめて高い技量を有していた[5]。そのマインドコントロールは、「感覚遮断」、「飢餓」、「睡眠の制限」、「性欲の制限」という4つの機軸より成っていた[5]

出典[編集]

  1. ^ Altered States of Consciousness (presentation to symposium on 'Possession States in Primitive People')”. Archives of General Psychiatry, volume 15 No. 3, September 1966. 2010年9月29日閲覧。
  2. ^ Tart, Charles T. (1969)
  3. ^ 羽仁(2001)p.71
  4. ^ 宮台・宮崎『M2』(2005)苫米地英人を迎えた鼎談での発言
  5. ^ a b c d 「『麻原彰晃』はいかにして『超高学歴信者』を心服させたのか」『週刊新潮』2016年8月23日号別冊

参考文献[編集]

  • 羽仁礼『超常現象大事典』成甲書房、2001年3月。ISBN 978-4880861159
  • 宮台真司宮崎哲弥『M2:思考のロバストネス』インフォバーン、2005年12月。ISBN 978-4901873567
  • Tart, Charles T. (1969). Altered states of consciousness: a book of readings. New York: Wiley. ISBN 0-471-84560-4 

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]