カウンターカルチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カウンターカルチャーとはサブカルチャーであり、その価値観や行動規範が主流社会のものとは大きく異なり、しばしば主流の文化的慣習に反する文化のこと[1][2]。カウンターカルチャー運動は、ある時代の特定のひとびとの精神と願望を表現する。 カウンターの力が限界以上に達すると、劇的な文化の変化を引き起こす可能性がある。 ロマン主義(1790-1840)、ボヘミアン主義(1850-1910)、ビート・ジェネレーション(1944-1964)などフラグメント(断片的)なカウンターカルチャーと1960年代のグローバル化されたカウンターカルチャー(1964-1974)があり 、通常ヒッピーのサブカルチャーと1970年代と1980年代の多様化したパンク・サブカルチャーと関連している。

概要[編集]

ヒッピー文化や、1969年のウッドストックに代表されるような、1960年代のアメリカで隆盛をきわめた若者文化にその代表例を見る意見が広く一般化している。例えばウッドストック・フェスティヴァルには、30組以上のロック・ミュージシャンなどが出演し、入場者は40万人以上であった。また、ベトナム戦争や公民権運動も、カウンターカルチャーに大きな影響を与えた[3]

しかし50年代や70年代以降にもカウンターカルチャーは存在した。

また、カウンター・カルチャー・ホール・オブ・フェイムが1997年に設立され、アレン・ギンズバーグらだけでなく、ボブ・マーリィやピーター・トッシュ、チーチ&チョンまでが殿堂入りしている[4]

日本のカウンターカルチャー[編集]

  • 1955年、共産党六全協を経て武装闘争路線の印象を払拭するために、歌声喫茶うたごえ運動のような文化運動による政治路線へと転換。それに対する反発が日本におけるカウンターカルチャーの萌芽となった。例えばジャズ喫茶は1960年代から1970年代において学生運動などカウンターカルチャーのシンボル的存在となった。

主なカウンターカルチャーの人物、グループ[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ "counterculture", Merriam-Webster's Online Dictionary, 2008, MWCCul.
  2. ^ Eric Donald Hirsch. The Dictionary of Cultural Literacy. Houghton Mifflin. ISBN 0-395-65597-8. (1993) p. 419. "Members of a cultural protest that began in the U.S. In the 1960s and Europe before fading in the 1970s... fundamentally a cultural rather than a political protest."
  3. ^ ウォルター・クロンカイト著、浅野輔訳「クロンカイトの世界」(TBSブリタニカ 1999年)
  4. ^ http://sensiseeds.com > Home > Blog > Cannabis News
  • Curl, John (2007), Memories of Drop City, The First Hippie Commune of the 1960s and the Summer of Love, a memoir, iUniverse. ISBN 0-595-42343-4. http://www.red-coral.net/DropCityIndex.html
  • Freud, S. (1905). Three essays on the theory of sexuality. In J. Strachey (Ed. and Trans.), The standard edition of the complete psychological works of Sigmund Freud. (Vol. 7, pp. 123–245). London: Hogarth Press. (Original work published 1905)
  • Gelder, Ken (2007), Subcultures: Cultural Histories and Social Practice, London: Routledge.