ニューエイジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ニューエイジ(New Age)とは、字義どおりには「新しい時代」であるが、新しい世界、新しい思想を含意する。この表現の背景には、ヨハネの黙示録に見られ、一部のキリスト教徒が採用している千年思想がある。すなわち、神と悪魔の戦いが千年続き、最後に神が勝利して、ニューエイジ=新しい世界がやってくるというものである。基本的には、伝統的な教えの中から、古くて役に立たない教えを廃し、真の意味での教えを明らかにしようという運動である。

ただし、現在「ニューエイジ」(ニューエイジ・ムーブメントニューエイジ運動)と言うときには、アメリカ合衆国、とりわけ西海岸を発信源として、1970年代後半から80年代にかけて盛り上がり、その後商業化・ファッション化されることによって一般社会に浸透、現在に至るまで継続している、霊性復興運動およびその生産物全般、商業活動全般を指す場合が多い。以下ではこれについて述べる。

概要[編集]

ニューエイジ運動は、60年代のカウンターカルチャーをその直接の起源とする。物質的な思考のみでなく、超自然的・精神的な思想をもって既存の文明や科学、政治体制などに批判を加え、それらから解放された、真に自由で人間的な生き方を模索しようとする運動である。

その中には、以下のような共通項をもつ、新旧の多様で雑多な要素が、互いに力動的に関わり合いながら共存している。

  • 反近代、反既存科学、脱西欧文明(道教チベット仏教などの東洋思想やアメリカ・インディアンの思想、あるいは“異教”的文化への親和性)
  • ポジティブ・シンキング(個人に内在する力と可能性の強調)
  • 五感や身体性・主観的体験の重視
  • 論理的思考に対する直観的理解(「気づき」)の優位
  • 快の感覚や欲望の肯定
  • 旧来の社会道徳の否定と極端な自由主義の思想
  • 汎神論的・宇宙神的存在あるいは「大いなる意志」への信仰と、万象に対するその介在を根拠とする「偶然性」の否定
  • 自然への回帰(しばしば人間以外の生物との精神的な交感を含む)
  • 女性性の尊重

などが挙げられる。

具体的な構成要素としては、チャネリングリーディング瞑想法、前世療法催眠療法等の心理療法ヨーガや呼吸法・さまざまな整体術等の身体技法、ホーリスティック医療、心霊治療アロマテラピーパワーストーン輪廻転生信仰、さまざまな波動系グッズなどを挙げることができる。これらのうちのいくつかの物は一般に「オカルト」と呼ばれる領域に属する。書店では主に精神世界の書棚の中に置かれている。

その裾野部分では、ニューエイジは現代の行き過ぎた消費文明や経済的効率主義に対して警鐘を鳴らし、これを中和しようとするようなオールタナティヴな社会思潮として機能する可能性を期待されている。しかしその一方で、しばしば、その信奉者の理性的・論理的・科学的な思考力を鈍化させて批判力を鈍らせ、また極端な場合には、破壊的カルトやオカルト商法といった反社会的な形をとって立ち現れる。そのようなわけで、ニューエイジの功罪について、明快な評価を下すことは容易ではない。

ニューエイジ的な価値観を信奉する人のことをニューエイジャーという。

水瓶座の時代[編集]

「ニューエイジ」という呼称は、具体的には「水瓶座の時代」(みずがめ座の時代、age of aquarius)を意味する。この呼称は西洋占星術に由来し、地球歳差運動によって黄道上を移動し続けている春分点が、ちょうど20世紀の後半に、黄道十二星座うお座からみずがめ座に入る、との主張による[1]。この主張では、春分点がうお座にあった時代は、ほぼキリスト生誕から現在までの約2000年間と重なる。さらに、キリスト教には、イエスによって象徴させる慣わしがある。このことから、「ニューエイジ」という言葉には、今こそ既存の西洋文明・キリスト教の支配する時代が終息し、自由で解放された「新時代」(=水瓶座の時代)の幕が開いた、という意味が込められている。

なお、ミュージカルヘアー」の1曲目は「アクエリアス(水瓶座)」である。曲の中には「This is the dawning of the age of Aquarius」というフレーズも登場する。

思想と手法[編集]

この思想の内容として主要なことはone ness(ワンネス)といわれる。つまり、この宇宙は唯ひとつであるというものである。ニューエイジの本質は破壊的なものではなく、新しい人類のライフスタイルの提案と、今の社会システムが完全ではないという問いかけ、また新たなライフスタイルはいつでも実現可能であるという積極的な働きかけにあるというのがチャネラーによる見解である。しかし一方で、一見もっともらしいと思われる内容とひと目で分かる形式的・論理的破綻がニューエイジと呼ばれる運動の顕著な特徴であるという批判もある。[誰?]

ニューエイジャーの間で流行った占いのようなものがある。ニューエイジを理解するひとつの例として紹介する。

  • 何をするべきか迷ったとき
手近な本(または雑誌)を手に持ち、適当なページを開いて見る。
適当なページを開くと、そこに人生のヒントとなることが書かれているという。ニューエイジャーいわく「偶然というものはない」。つまり、適当なページを開くことも偶然ではなく、そこにヒントが書かれているのも必然であるという。またゴータマ・ブッダの教えを引用し、たとえ、すごいヒントにであっても、またそれがヒントにならなくても、どちらにも「こだわるな」という。

またニューエイジでは、しばしば宇宙人もしくはエンティティーという存在について語られる。これらの存在は神ではなく、信仰の対象ではないと説く。一部では熱狂的に信仰する人もいるが、ニューエイジャーにいわせれば、そういう依存する信仰はオールドエイジであるという。

キーワード[編集]

ニューエイジの特徴には「一元論」「汎神論」「自己聖化」「自己実現」などがある。

  • すべてでひとつである。
  • 偶然というものはない。
  • 弟子の準備が整ったとき、師匠は現れる。
  • しなければならないことというものはない。
  • 善悪というものはない。
  • 信じる必要はない。
  • 努力はしなくてもよい。
  • 与えたものが返ってくる。
  • すべてのものは聖なるものである。
  • 人には無限の潜在能力が備わっており、自分で自分の現実を作る。
  • どんな現象も、自分がそれに与える以外の意味を持たない。(現実は中立である)
  • アファーメーション(確認する)

啓示に基づく宗教という側面[編集]

ニューエイジでは、高次の的存在・宇宙人・死者などの超越的・常識を超えた存在、通常の精神(自己)に由来しない源泉との交信が可能であると信じられ、その交信、交信による情報の伝達は「チャネリング」と呼ばれた[2]。チャネリングを行う人はチャネル、チャネラーと呼ばれる。交信対象は、しばしば「エンティティ」と呼ばれ、「存在」とも訳される。宇宙存在、宇宙人とも呼ばれることがあるが、肉体を持っているとは限らないとされる。チャネリングの方法は憑依による口述、自動筆記などがあり、トランス状態で行われる場合や、チャネルが意識のある状態でメッセージを聞き取るような、トランス状態ではないと思われる場合もあり[3]、方法、内実ともに多様である。

根本的なニューエイジ信条の多くは、まずチャネルされたメッセージとして定式化されており、チャネリングはニューエイジ宗教の生成において決定的な重要性を持っていた[3]。オランダの西洋エソテリシズム研究者ヴァウター・ハーネフラーフ英語版は、ほとんどのニューエイジャーは、霊的権威の信頼できる唯一の源泉は「自分自身の内的自己」であるとみなすものの、ニューエイジ運動はかなりの程度において「啓示に基づく宗教」(Offenbarungsreligion)と性格づけることが可能であるとしている[3]

帝京大学の進藤英樹は、ニューエイジ宗教の中心となる啓示の大部分は、チャネルになることを学んだのではない生来のチャネルによって作られており、こうした啓示の場合、チャネリングの過程は、たいてい霊媒の不意を襲うような形で、自然発生的に開始すると指摘している[3]。そして、このようなチャネリングは、多く意図的なチャネリングに発展・移行するが、コントロールできないままのこともある[3]

ニューエイジを牽引した団体として、1960年代にスコットランド北部フィドホーン英語版に設立され、ディーヴァと呼ぶ不可視の存在のアドバイスを得て農業を行っていたというフィドホーン・サークル(現フィドホーン財団英語版)がある。ニューエイジで支持を集めたチャネルとして、ジェーン・ロバーツ英語版(1929年 – 1984年)、ジュディス・ゼブラ・ナイト英語版(1946年 - )、ケビン・ライアーソン、ジャック・パーセルなどがいる。

社会とニューエイジ[編集]

何であれラディカルな社会運動はニューエイジと結びつきやすく、アメリカのエコロジー運動やフェミニズムヴェジタリアニズムにも、ニューエイジ的な分派がある。

アメリカでは、数多くのカルト宗教が、ニューエイジの流れの中から生まれてきている。さまざまなオカルト商品と同様、その一部は日本にも移入されている。

ニューエイジ運動の起源の一つは、エサレン研究所によるヒューマン・ポテンシャル運動(人間可能性運動、人間性回復運動)であり、1960年代以降にアメリカで発展したさまざまな心理療法の理論や技法とも関連が深い。西洋的な物質文明を批判して精神の変革を説き、東洋的な瞑想(メディテーション)の技術をその要素として持つニューエイジ運動の中でも、カルト宗教や自己啓発セミナーの領域では、一般にはあまり知られていないさまざまなマインド・コントロール技術が共有されており、これらが悪用された場合には、しばしば社会的な問題を引き起こすことになりやすい。

マインド・ビジネスを中心に、ニューエイジ関連の事物は少なからず日本に移入されているが、「ニューエイジ」という運動の存在そのものが一般にはあまり知られていないため、それと意識されることは少ない。目安として、「スピリチュアル」という形容詞とともに宣伝頒布されている商品は、おおむねニューエイジ由来のものと見ることができる。「癒し」ブームの少なからぬ部分は、ニューエイジ系商品によって支えられているといえよう。

日本ではオウム真理教事件もあり一時期は停滞したが「精神世界」市場の拡大・成熟と平行して、一定割合での支持者は再生産されている。

神智学とニューエイジ[編集]

〈神智学〉は「ニューエイジ」運動に影響を与えた[4]神智学協会自体の活動は1930年代には下火になったが、神智学協会の〈神智学〉の思想は書物などを通じて広範な影響力を有し、近現代の新宗教やニューエイジにもその影響が窺知される[5]

ニューエイジの思想や実践の大半は、1875年から1925年の神智学協会の活動にその淵源を見出すことができるという[6]。例えば、20世紀初頭の〈神智学〉の本や雑誌では、ヨーガ瞑想占星術チャクラオーラ水晶前世スピリチュアル・ヒーリング天使妖精、象徴表現、民間伝承、古代密儀宗教、世界の宗教の聖典の秘教的な解釈などが取り上げられていた[6]。20世紀の多くの西洋オカルティストたちも直接間接にブラヴァツキーや〈神智学〉運動の影響を受けており、〈神智学〉を批判したルネ・ゲノン、神智学徒たちを揶揄したアレイスター・クロウリー薔薇十字を名乗る現代の諸団体もその例外ではない[7]

宗教学者の大田俊寛によると、〈神智学〉で発展した「霊の進化」の理論は、1960年代に入るとアメリカ西海岸が中心になり、「ニューエイジ」の思想として大衆的なブームとなり、その死生観は世界中に広く普及した。ニューエイジでは、神智学協会の始祖のブラヴァツキーが唱えた現在の物質的文明から霊的文明への転換という理論を受け継ぎ、「霊的革命論」をその根幹とし、ヨーガやドラッグで霊性を高めることが目指された。そして霊的文明への転換という考えは、現在の物質文明は遠からず破局を迎えるという一種の「終末論」を必然的に引き寄せることになった[8]

岩本道人は、ブラヴァツキーの著書『シークレット・ドクトリン』でブラヴァツキーが用いた「不可視の超越者」の介入と想像力の無限の活用という手段こそ、20世紀の「ポップ・オカルティズム」の氾濫の素地をなしたことも見逃されてはならない、と述べている[9]

大田俊寛の指摘するところでは、チャネラー・心霊治療家のエドガー・ケイシーUFO研究・UFO信仰のジョージ・アダムスキーマヤ暦に神秘的な意味を求め、宇宙的存在(宇宙人)のビームの影響で地球に文明がもたらされたとするホゼ・アグエイアス爬虫類人類による陰謀論を唱えたデイビッド・アイクといったアメリカやイギリスのポップ・オカルティズム(通俗オカルティズム)の旗手にも〈神智学〉の影響が見てとれる[10]。神智学協会の〈神智学〉は下火になったが、その思想体系は大量消費社会が実現された「アメリカ」でポップ・オカルティズムへと形を変え、ニューエイジ文化の一部となったと見ることができる[10]。また大田は、日本の心霊主義においても浅野和三郎が〈神智学〉を取り入れており、スピリチュアル・カウンセラーを名乗る江原啓之の言う「人生の地図」も、その骨格は〈神智学〉だと思われると述べている[11]。〈神智学〉はヨーガを含めた日本の「精神世界ブーム」の重要な一角を占めており、幸福の科学オウム真理教GLA本山博の玉光神社、阿含宗などの日本の新宗教(新興宗教)にも、〈神智学〉の唱えた霊的進化論の隠然たる影響が見てとれる[10]。 また、ブラヴァツキーの「物質文明から精神文明への大転換」が起こるという予言は、ニューエイジやポストモダンの諸思想に広範な影響を与えたという[12]マハトマとの交信は、ウィリアム・エグリントンなどの霊媒によって、〈神智学〉とは別にも進められたが、これはニューエイジのチャネリングと共通する発想である[13]

批判[編集]

キリスト教の中からニューエイジに対する批判がなされている。「彼が偽りを言うときは,自分にふさわしい話し方をしているのです。なぜなら彼は偽り者であり,また偽りの父であるからです。」(ヨハネ8:44) これを批判した本としてプロテスタントでは、ルーテル教会マリア福音姉妹会の『偽りのメシア運動』、水草修治著『ニューエイジの罠』、尾形守著『ニューエイジムーブメントの危険』、奥山実著『悪霊を追い出せ!』等があり、ローマ・カトリック教会は教皇庁文化評議会著、教皇庁諸宗教対話評議会による『ニューエイジについてのキリスト教的考察』を出している。水草修治はニューエイジと聖書的キリスト教の相違は「人間中心」のニューエイジと「神中心」のキリスト教にあるとし、キリスト教は神の栄光をあらわすことを目的としているのに対し、ニューエイジにおいては人間が自己実現することが究極の目的であると指摘する[14]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、実際には21世紀においても春分点はうお座のままである(詳細は「春分点#春分点と星座」を参照)。
  2. ^ 羽仁礼 著 『超常現象大事典―永久保存版』 成甲書房、2001年
  3. ^ a b c d e 進藤英樹 「ニューエイジとエソテリシズム(1)ハーネフラーフの『ニューエイジ宗教と西洋文化』」 帝京大学外国語外国文学論集 (15), 65-98, 2009
  4. ^ 吉永進一 執筆 「神智学」『現代宗教事典』 井上順孝 編、弘文堂、2005年、279-280頁。
  5. ^ 深澤英隆 「神智学」『世界宗教百科事典』 丸善出版、2012年、772-773頁。
  6. ^ a b クリストファー・パートリッジ 編、井上順孝 監訳、井上順孝・井上まどか・冨澤かな・宮坂清 訳 『現代世界宗教事典 - 現代の新宗教、セクト、代替スピリチュアリティ』 悠書館、2009年
  7. ^ 吉永進一・松田和也 「神秘学の巨人たち〈近現代編〉」『神秘学の本』 学習研究社〈Books Esoterica 18〉、1996年
  8. ^ 大田俊寛 「高橋克也被告裁判・証言草稿──地下鉄サリン事件20年に際して 2」 2015.03.18 SYNODOS
  9. ^ 岩本道人 執筆 「神智学」『世界神秘学事典』 荒俣宏 編集、平河出版社、1981年
  10. ^ a b c 大田俊寛 著 『現代オカルトの根源 - 霊性進化論の光と闇』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2013年ISBN 978-4-480-06725-8
  11. ^ 10.05.09 神智学の功罪 大田俊寛
  12. ^ 大田俊寛「オウム真理教事件の真の犯人は「思想」だった」 2014.05.15 Thu SYNODOS
  13. ^ 吉村正和 著 『心霊の文化史 - スピリチュアルな英国近代』 河出書房新社〈河出ブックス〉、2010年
  14. ^ 水草(1995) p.57

参考文献[編集]

  • 水草修治 『ニューエイジの罠』 CLC出版、1995年10月、増補改訂版。ISBN 4-87937-702-3
  • 大田俊寛 『現代オカルトの根源 - 霊性進化論の光と闇』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2013年ISBN 978-4-480-06725-8

関連文献[編集]

  • C+Fコミュニケーションズ編著 『ニューエイジ・ブック 新しい時代を読みとる42のニュー・パラダイム』 日本実業出版社、1987年5月。ISBN 4-89376-001-7
  • シャーリー・マクレーン 『ダンシング・イン・ザ・ライト 永遠の私を探して』 山川紘矢・亜希子訳、地湧社、1987年3月。ISBN 4-88503-050-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]