キネシオロジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キネシオロジーとは、もともとヨーロッパから始まった学問で、アメリカで発達したカイロプラクティックが土台となっている。

キネシオロジーの語源[編集]

キネシオロジーkinesiology=ギリシャ語のキネシス(kinesis)“運動、動き”と、ロゴス(logos)“学問”を合成した言葉。

キネシオロジーの歴史[編集]

1964年にコロラド州デンバーで行われたカイロプラクティック会議で、ジョージ・グッドハード博士により発表された。当初は医療家や治療家向けのものだった。 現在は、「アプライドキネシオロジー(AK)」として、日本でも学ぶことができる。

1967年には世界で始めてキネシオロジー学科(身体運動科学科)がカナダ・オンタリオ州立のウォータールー大学応用健康科学部に設置された[1]。 運動生理学や人間工学バイオメカニクス生体力学)、神経科学などが身体運動科学分野の主要な学問領域である。

1973年にジョン・F・シー博士が、アプライドキネシオロジーを一般家庭で使えるようにと簡単にまとめ、タッチ・フォー・ヘルスという学問を作った。これ以降、キネシオロジーは世界的に広がりを見せる。 今では、キネシオロジーは200種類以上にものぼり、世界の105カ国以上で何百万人もの人々に活用されている。

日本でのキネシオロジーの広がり[編集]

日本で最も有名なキネシオロジーのひとつは、おそらくバイデジタル0リングテストと考えられる。 指の筋肉の強さを検査するテスト方法で、適切な薬やサプリメントを選ぶ方法として、医療者の間で広まっている。

その次に広まったのが、代替療法・セラピー・ヒーリングとしてのキネシオロジーである。 日本ではまず、1990年にスリーインワンという感情解放のためのキネシオロジーの最初のセミナーが、兵庫県西宮市で初めて開催された。 その後、家庭で行える健康法としてタッチ・フォー・ヘルスが1998年以後広がる。さらに2002年にブレインジム(教育キネシオロジー)のセミナーが開催され、世界の3大の民間キネシオロジーが、日本に根ざすこととなった。その後、アプライド・フィジオロジーやフェイシャル・ハーモニーなど最先端のキネシオロジーが、日本に紹介され始めており、2010年には、日本で初めてIKC(国際キネシオロジー大学)主催のキネシオロジー世界大会が、京都にて開催され、日本にキネシオロジーが広がりが期待される。 最近では、国際的なキネシオロジーの機関に認定されているインテグレイティッド・ヒーリングというキネシオロジーのセラピストが、日本に数名誕生している。 また、ここ数年、海外からウェルネス・キネシオロジーの創始者を招聘し、定期的に日本で講座を行なわれ、多くのプラクティショナーが誕生し始めている。

キネシオロジーの種類[編集]

タッチ・フォー・ヘルスの誕生により、さまざまな研究がなされ、キネシオロジーは発展していく。

  • 治療家・医療者のためのキネシオロジー(医科向けキネシオロジー)
アプライド・キネシオロジー、バイデジタル0リングテスト
  • 教育のためのキネシオロジー(教育キネシオロジー)
ブレインジム
  • 3各代替療法分野のスペシャリストを育成するためのキネシオロジー(スペシャライズド・キネシオロジー)
アプライド・フィジオロジー、インテグレイティッド・ヒーリング、ウェルネス・キネシオロジー、エンライトメント・キネシオロジー、サイバー・キネティック、スリーインワン(ワンブレイン)、タッチ・フォー・ヘルス、PKPなど
  • ウェルネス・キネシオロジー(「バイオキネシオロジー」と、「タッチフォーヘルス」を基礎に、ウェイン・トッピング博士が独自に研究を重ね「感情ストレス」の解消法、アレルギー等の講座を日本開催)

キネシオロジーの教育・認定機関(50音順)[編集]

※日本ではキネシオロジーは民間資格となる。

  • キネシードライト株式会社
  • 特定非営利活動法人 日本教育キネシオロジー協会横浜
  • 日本キネシオロジー総合学院
  • 日本タッチフォーヘルス キネシオロジー協会
  • 有限会社フォンス・アモーリス
  • 株式会社ヴォイスワークショップ(ウェルネス・キネシオロジーの講座を春、秋の年2回開催)

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • デヴィッド・R. ホーキンズ 『パワーか、フォースか―人間のレベルを測る科学』 エハン デラヴィ (翻訳), 愛知 ソニア (翻訳) 、三五館、2004年
  • 栗原 修「アプライドキネシオロジー シノプシス」、『日本生物学会誌』2009年2月。
  • ジョン・F. シー「タッチforヘルス健康法―キネシオロジーによる心身バランス健康法」、『市民出版社』石丸 裕高 (翻訳)1999年11月。