大田俊寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大田 俊寛(おおた としひろ、1974年 - )は、日本宗教学者。現在は埼玉大学非常勤講師[1]。専門は宗教学。博士(文学)。

略歴[編集]

一橋大学社会学部を卒業後、東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻宗教学宗教史学専門分野博士課程を修了。鶴岡賀雄に師事。 宗教分野の中でも、グノーシス主義オウム真理教を主な研究対象としており、2007年に論文「グノーシス模倣の神話学」により、東京大学博士(文学)の学位を取得[2]

著書[編集]

  • 『グノーシス主義の思想 : 〈父〉というフィクション』(春秋社、2009年)
  • 『オウム真理教の精神史 : ロマン主義・全体主義・原理主義』(春秋社、2011年)
  • 『現代オカルトの根源 : 霊性進化論の光と闇』(筑摩書房(ちくま新書))、2013年)
  • 『宗教学 : ブックガイドシリーズ 基本の30冊』(人文書院、2015年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]