オウム真理教の階級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

オウム真理教の階級(おうむしんりきょうのかいきゅう)はオウム真理教の序列を示す称号である。教団としての名称はステージという。 ステージの元々の趣旨は最終解脱に向けた修行の達成度を示す称号であった。信徒は出家するとシッシャ(後にサマナ)と呼ばれ、最終目標である最終解脱者となる為に六段階のヨーガの成就が必要とされた。 入門から順にラージャ・ヨーガ(スワミ)、クンダリニー・ヨーガ(大師 / 師)、ジュニアーナ・ヨーガ(正悟師)、大乗のヨーガ(正大師)、報身のヨーガ(正報師)、コーザル・ヨーガ(正法師)とあり、次に最終解脱(天人師)へと到る。

階級一覧[編集]

初期の頃の階級
  • 尊師 - 麻原彰晃
  • 大師(クンダリニー・ヨーガの成就者)
  • スワミ(ラージャ・ヨーガの成就者)
  • シッシャ(出家修行者)
1988年頃の階級
  • 尊師
  • 大師 (クンダリニー → ジュニアーナ → 大乗 → 報身 → コーザル → 最終解脱者)
  • スワミ
  • シッシャ (ブフー → ブハー → スワハ → マハー → ジャナー → タパー)

ステージ毎に服装の色が変わるのでレインボーステージと呼ばれていた。

1990年1月の階級
  • 尊師
  • 大師 (正師 → 正悟師 → 正大師 → 大報師 → 大法師 → 天人師)
  • スワミ (行者 → 大行者 → 小師 → 師)
  • シッシャ (小学者 → 大学者)

ヨーガと教学の両面を重視する綿密なカリキュラムが組まれたが、第39回衆院選惨敗による組織激変の中で短命のまま立ち消えとなった。

1990年7月頃の階級
  • 尊師
  • 正大師(大乗のヨーガの成就者)
  • 正悟師(ジュニアーナ・ヨーガ、マハー・ムドラーの成就者)
  • 師(クンダリニー・ヨーガの成就者)
  • スワミ(ラージャ・ヨーガの成就者)
  • シャモン(出家修行者)

階級的意味合いが強くなり、各ステージの人数が増えるとその中で更に序列分けされるようになっていった。

1993年頃の階級
  • 尊師
  • 正大師
  • 正悟師 (正悟師長 ‐ 正悟師長補 ‐ 正悟師)
  • 師 (師長 ‐ 師長補 ‐ 師 ‐ 小師)
  • 師補(スワミ)
  • サマナ (サマナ長 ‐ サマナ ‐ サマナ見習)

1994年6月には省庁制を導入し「神聖法皇」「皇子」「大臣」「長官」等の擬似国家的な称号も登場した。

1994年6月頃の階級[1]
  • 尊師
  • (正報師)[2]
  • 正大師
  • 正悟師長(悟長)
  • 正悟師長補(悟長補)
  • 正悟師(悟師)
  • 菩薩師長/愛欲天師長(菩長/愛長)
  • 菩薩師長補/愛欲天師長補(菩長補/愛長補)
  • 菩薩師/愛欲天師(菩師/愛師)
  • 小師(スワミ)
  • 師補(スワミ補)
  • サマナ長
  • 沙門(サマナ)
  • 見習(サマナ見習)
  • 準サマナ

師は菩薩グループと愛欲天グループに分かれている。双方とも別グループの者には指示できない。双方は同格とされたが菩薩師の方が格上と認識されていた。

1994年9月時点では正大師4名、正悟師8名、菩薩師長13名、愛欲天師長9名、菩薩師長補28名、愛欲天師長補17名、菩薩師67名、愛欲天師58名、沙門311名、見習345名であった(警察調べ)[3]

脚注[編集]

  1. ^ 降幡賢一『オウム法廷2上』 p.27
  2. ^ 滝本太郎や麻原の次女・松本宇未によると、麻原の四女・松本聡香が正報師の位にあるという(滝本太郎ブログ「某弁護士日記」 2018年2月6日閲覧、松本宇未ブログ「木の葉が沈み石がうく」 2018/1/26閲覧)
  3. ^ 「オウム麻原体制 軍隊そっくり」 読売新聞 1995年5月26日

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『マハーヤーナ』創刊号、37号(1987年、1989年 オウム出版)
  • 『オウム法廷2(上巻)』(1998年 朝日文庫)
  • 『私にとってオウムとは何だったのか』(早川紀代秀 2005年 ポプラ社)