二木啓孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二木 啓孝(ふたつき ひろたか、1949年11月29日 - )は、日本ジャーナリスト日本BS放送取締役(報道担当)解説委員。元日刊ゲンダイニュース編集部長。鹿児島県出身。

経歴[編集]

福岡で高校生活を送り、その際に、極左学生運動(三派全学連)の米原子力空母エンタープライズ佐世保寄港阻止闘争に強い影響を受ける。明治大学農学部食品化学味噌醤油等)を学ぶが、在学中、本格的に極左学生運動にコミットを開始。明大学生会館闘争三里塚現地常駐など、熱心な活動を行う[1]。1971年(昭和46年)9月16日、成田空港予定地の代執行の最中に反対派学生が警官3人を殺害した東峰十字路事件の時も、現場の前線で反対派として活動していた[2]。やがて、大学側から除籍される。

明治大学除籍後、長距離トラック運転手など経た後、新左翼系の情況出版に勤務。元ブント情況派。28歳で「週刊ポスト」(小学館)専属フリーライターとなる。1983年に日刊現代入社、1995年にニュース編集部部長となる。

2007年6月30日付けで日刊現代を退職し独立、現在はフリーランスのジャーナリストである傍ら、日本BS放送の取締役・解説委員を務める。

2013年6月から鈴木哲夫の後任として報道局長を兼務、その後2014年に日経出身の板井俊二へ交代した。

人物[編集]

かつて、オウム真理教事件に関する報道を行った。現在もその取材活動の手は休まる事が無い。記者時代は昼出勤、深夜締め切り、翌朝TVやラジオの出演といったハードスケジュールをこなしていた。

二木自身は週刊ポストや日刊ゲンダイ時代の記事について、歴史的な新事実や死者の出た事件に関する記事は念入りに取材をしたものの、その他の記事については「正直に言えば、過去には週刊誌と夕刊紙でずいぶんと飛ばし記事を書いてきた」と告白している。[3]

作家で元長野県知事の田中康夫、「コリア・レポート」編集長の辺真一タレント愛川欽也などと交友関係がある。また、2004年5月27日にイラク武装勢力暗殺されたジャーナリストの橋田信介は、死の直前に二木へメールを送っていた。

無類の温泉好きで、「オートバイ関東地区の温泉をのようにまわった」時期がある。 ゲンダイでは主に左派系の記事を担当し、保守系のレギュラーコラムを書く俵孝太郎とは距離をおいていた。

「ああ言えばこう言う」を捩った「ああいえば上祐」という言葉の発案者とされている。保守系政党に対しては罵詈雑言の限りを尽くすが、ロス疑惑報道の際にはワイドショーの過熱報道に釘を刺したこともある。他紙のように三浦和義の事実無根のスキャンダルを書かなかった事から三浦から一目置かれ著書で名指しで特筆すべきこととまで書かれたという逸話もある。

2015年12月9日には憲政記念会館において、辻元清美議員の「政治活動20年へ、感謝と飛躍の集い in 東京」という政治資金規正法に基づく資金集めのパーティに参加している[4]

出演番組[編集]

現在[編集]

テレビ
ラジオ

過去[編集]

テレビ
ラジオ

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『殺人心理』(アスキー
  • 『永田町の通信簿』(作品社
  • 『宗男の言い分』(飛鳥新社
  • 『理戦(77(04年夏号))季刊 理戦』

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 図書新聞公式サイト「ジャーナリストの原点は学生運動に――二木啓孝氏に聞く 60年代・70年代を検証する」
  2. ^ TBSラジオ Sessio-22 2015年5月20日(水)「三里塚闘争とは何だったのか?」と公式サイト
  3. ^ ニュースサイト「THE JOURNAL」連載「二木啓孝の事件の真相」2009年5月11日
  4. ^ 辻元清美 政治活動20年へ、感謝と飛躍の集い in 東京

外部リンク[編集]