辺真一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピョン・ジンイル
辺 真一
生誕 (1947-04-12) 1947年4月12日(72歳)
日本の旗 日本 東京都
教育 明治学院大学文学部英文学科
職業 ジャーナリスト
辺真一
各種表記
ハングル 변진일
漢字 邊眞一
発音: ピョン・ジニル
ピョン・ジンイル(通例)
ローマ字 Pyon Jinil(2000年式
Pyon Jinil(MR式
テンプレートを表示

辺 真一(ピョン・ジンイル、なべ・しんいち、韓国語:변진일、韓国語漢字表記:邊眞一1947年4月12日[1] - )は、東京都生まれの在日コリアン二世ジャーナリスト。朝鮮半島問題専門誌『コリア・レポート』創刊者、編集長。有限会社コリア・エンタープライズ代表。両親は 韓国・済州島出身だが、産みの母親は日本人なので言わばハーフである。外国人特派員協会会員、日本ペンクラブ会員

経歴[編集]

  • 実母が韓国人ではなく秋田出身の日本人であることを50歳になって知った[2]
  • 明治学院大学文学部英文学科卒業。在学中は演劇部に所属し、当時は俳優の奥田瑛二も部員として在籍していた[3]朝鮮半島問題に関わらなければ、英国シェイクスピアを研究したかったと語っている[4]
  • 朝鮮新報社で英字誌PEOPLE'S KOREA記者、 仏紙LA COREE POPULARE記者、朝鮮新報日刊紙社会部記者などを歴任。1973年から80年にかけてロシア、東ドイツ、ハンガリー、ブルガリア、ユーゴスラヴィア、アルジェリア、マルタなど多くの海外取材を手掛けていた。 1980年に退社し、35歳の1982年に神田の神保町に事務所を構え独立。朝鮮半島専門誌『コリア・レポート』を創刊し、現在にいたるまで編集長を務めている。
  • 朝鮮半島の緊張緩和、南北和解、日朝関係改善を願い、1985年には「神戸ユニバシアード」で統一応援旗を製作し、南北共同応援団を結成。1991年 には俳優の菅原文太やアントニオ猪木、評論家の田原総一朗、作曲家の三枝成彰、歌手の都はるみらに呼びけ南北国連同時加盟記念祝賀宴を東京で開催。また、金丸訪朝後は在米韓国人の「マダム朴」が手掛けた北朝鮮への名古屋からの民間直行便開設に助力している。
  • 現代財閥創業者の鄭周永の妻である邊仲錫(鄭も妻も現在の北朝鮮の江原道通川郡出身である)は父方の親戚であり、現代財閥とのコネクションから2002年日韓ワールドカップ共同開催時には鄭周永の6男でもある韓国側組織委員会委員長の鄭 夢準FIFA副会長とのインタビューにも成功している。
  • 1999年に参議院朝鮮問題調会で参考人として国会で陳述
  • 2003年に沖縄大学客員教授に就任(~2015年)
  • 2003年に海上保安庁政策アドバイザーに就任(~2015年3月)

人物[編集]

1997年に日本政府が北朝鮮に支援を行うことを決め、国内で賛否両論が起きた際に、支援に慎重であるべきとする西村眞悟氏と対立し、拉致問題解決のためにも人道支援を行うべきとの主張を譲らなかった。

2002年日朝首脳会談以前には、日本のメディアが韓国亡命した北朝鮮工作員の証言をもとに横田めぐみ拉致事件について報道したことに対して、正体不明者の発言は伝聞に過ぎず、証言ではなく、「未確認情報」とすべきと書いていたが、その後、証言者として名乗り出た工作員(安明進)とインタビューを行い、本人の口からめぐみさんに関する情報は自分が北朝鮮で目撃した情報ではなく、韓国の情報機関が別の脱北者から聴取した話を代わりに伝えたに過ぎないとの証言を得た[5]

金正日後継問題では日韓のメディアでは次男の金正哲有力説が大勢を占めていたが、三男の金正恩に決まる2009年まで長男の金正男有力説を唱えていた。

韓国への取材渡航は数十回に及ぶが、北朝鮮へは朝鮮新報記者時代の1980年に一度渡航したのみである。のちにアントニオ猪木との対談で明らかにしたところでは、名古屋平壌間のチャーター便就航事業に協力したところ、これに関われなかった朝鮮総聯から疎まれ、北朝鮮への渡航申請をしても許可が下りない状況に陥ったという[6]

日韓専門サイト『JPニュース』への寄稿で、「ザイニチ社会には、ザイニチだけが持っている水面下の人脈がある。日本芸能界およびスポーツ界、時には甲子園の出場選手まで北海道出身でも九州出身でもどこの誰でも情報が回覧板のように伝えられてくる」と証言している[7]

日テレ系「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。」で、拉致問題の解決を訴える主張に「日本が拉致のことを言うなら、北朝鮮に対し歴史を精算すべきだ」「歴史の精算が先だ」との北朝鮮側の主張を伝えていた。

キムチなどの辛い物が苦手[8]

趣味はボクシング鑑賞、読書、旅行

主要な活動[編集]

テレビ・ラジオの出演は1986年からでTBSの「情報デスク」などを皮切りに今日まで30年以上も一線で朝鮮問題第一人者としての評論家活動を続けている。

テレビ番組[編集]

▲サンデーモーニング(TBS系) - 朝鮮半島での有事の際にコメンテーターとして出演することが多い
▲ひるおび!(TBS系) - 同上
▲羽鳥真一のモーニングショー(テレビ朝日系)
▲ワイドスクランブル(テレビ朝日系)
▲ビートたけしのテレビタックル(テレビ朝日系)
▲ミヤネ屋(読売テレビ系)
▲スッキリ(日本テレビ)
▲ウェーク―アップ!ぷらす(読売テレビ)
▲「深層NEWS」(BS日テレ)
▲報道ライブ インサイドOUT(BS11)
▲ワイドナショー(フジテレビ)
▲正義のミカタ(朝日放送)
▲みのもんたのよるバズ!(amebaTV)

ラジオ番組[編集]

▲森本毅郎スタンバイ(TBS)
▲JAM THE WORlD (FMJ-WAVE)
▲夕刊おがわR(北海道HBC)
▲FMクロノス(東京FM)
▲「安藤ゆたかのどんどこ~サーターディ」(RKB毎日放送)

講演活動[編集]

全国で毎年100回前後を行っている。
主な演題は;
① 人権について 「人権感覚豊かな社会実現をめざして」 「心の国際化とは何か」 「拉致問題と人権」
② 文化論 「似て非なる韓国人と日本人」 「日本人が気付かなかった日本の底力」
③ 国際情勢 「日本を取り巻く国際情勢」 「アジアの中の日本~近隣諸国とどう向き合うべきか」 「アジアの風を読む」
④ 日韓関係 「近くて近い国 日韓」 「未来志向の日韓関係とは」 「日韓の相違をいかに克服するか」
⑤ 北朝鮮関連 「拉致と核と日朝関係の行方」 「金正恩の北朝鮮と日本」 「日本と朝鮮半島の将来」

講演先[編集]

▲行政 法務省、最高検察庁、東京地検、全国地方自治体、地方行政調査会等
▲経済 経団連、商工会議所、経済同友会、法人会、生産性本部、日本証券倶楽部、商工倶楽部 経済倶楽部等
▲企業 電通、三菱商事、コスモ石油、京セラ、ヤマダ電機、AIU損保、アフラック、ファンケル、太平洋セメント、前川製作所等
▲金融 みずほ総合研究所、三菱東京UFJ、SMBC、りそな、商工中金、信用組合、信用金庫、銀行協会等
▲団体 ライオンズクラブ、ロータリクラブ、連合、トラック協会、LPガス協会、日本電気協会、税理士組合等
▲教育 市教育委員会、海上保安大学、拓殖大学、創価大学、多摩大学、九州国際大学、市民大学等
▲メディア北海道新聞、秋田魁新報、河北新報、新潟日報、中日新聞、愛媛新聞、大分合同新聞等全国地方紙  

主要著書[編集]

「一触即発の三八度線」(飛鳥新社 1988年)
「表裏の朝鮮半島」(天山出版 1992年)
「朝鮮半島Xデー」(DHC 1994年)
「韓国人と上手に付き合う法」(ジャパンミックス 1997年)
「北朝鮮知識人からの内部告発」(三笠書房 1999年)
「北朝鮮亡命730日ドキュメント」(小学館文庫 1999年)
「北朝鮮100の新常識」(ザ・マサダ 1999年)
「強者としての在日」(ザ・マサダ 2000年)
「韓国経済ハンドブック」(全日出版 2002年)
「読売vs朝日 社説対決」(中央公論者 2002年)
「金正日延命工作全貌」(小学館文庫 2002年)
「金正日の真実」(小学館文庫 2003年)
「14歳からわかる北朝鮮のすべて」(マガジンハウス 2009年)
「どうなる! これからの北朝鮮」(レッカー社 2011年)
「金正恩の北朝鮮と日本」(小学館 2012年)
「世界が一目置く日本人、残念な日本人」(三笠書房 2013年)
「大統領を殺す国 韓国」(角川文庫 2014年)
「北朝鮮と日本人 アントニオ猪木と対談」(角川文庫 2014年)
「疑獄 朴槿恵の知られざる大罪」(共著)(宝島社 2017年)
「在日の涙ー間違いだらけの日韓関係」(飛鳥新社 2017年)
「韓国経済 断末魔の全内幕」(共著)(宝島社 2018年
「赤い国 韓国」(共著)(宝島社 2018年)

主要訳書[編集]

「潜航指令」(ザ・マサダ 1997年)
「生きたい! 飢餓と絶望からの脱出」(ザ・マサダ 1997年)
「韓国人の私が韓国を嫌いになった理由」(ザ・マサダ 1998年)
「凍れる河を超えて」(上下)(講談社 2003年)
「北朝鮮が核を発射する日」(PHP研究所 2004年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.291
  2. ^ ザ・インタビュー トップランナーの肖像 BS朝日 2015年10月3日
  3. ^ ザ・インタビュー トップランナーの肖像 BS朝日 2015年10月3日
  4. ^ 「関口宏のサンデーモーニング」での発言。
  5. ^ 『コリア・レポート』328号 1997年2月
  6. ^ アントニオ猪木・辺真一『北朝鮮と日本人 金正恩体制とどう向き合うか』(角川oneテーマ21)角川書店、2014年
  7. ^ 『JPニュース』2010年7月13日
  8. ^ 「羽鳥慎一モーニングショー」(2018年1月30日)での発言

外部リンク[編集]