スーパーワイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スーパーワイド
ジャンル ワイドショー番組
放送時間 平日14:00 - 15:55(115分)
放送期間 1992年10月5日1996年5月31日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
出演者 蓮舫
亀和田武
岡田泰典
宮崎総子
宮澤祐介 ほか
出演者を参照)
エンディング 歴代エンディングテーマ曲を参照

特記事項:
一部地域では15:00から飛び乗り。こちらを参照。
テンプレートを表示

スーパーワイド』は、1992年10月5日から1996年5月31日まで、平日の14:00 - 15:55(JST、一部地域は15:00 - 15:55)にTBS系列で放送されていたワイドショーである。

概要[編集]

前番組『3時にあいましょう』から放送時間を1時間拡大して、リニューアルスタートした。ただし、番組オープニングBGM・番組終了前のステーションブレイク直前の提供バックに使用されるBGMは『スーパーワイド』開始時から使われており、CMアイキャッチBGMは末期の『3時にあいましょう』からそのまま流用して使われていた。

初代司会者は、終了時点の『3時にあいましょう』からそのまま続投した蓮舫岡田泰典(TBSアナウンサー)と新規加入の亀和田武である。後に蓮舫の位置は1993年4月に宮崎総子、岡田の位置は1994年10月に宮澤祐介と交代している。

なおTBS平日14時開始のワイドショーは、1972年4月から1975年3月放送の『もしもしスタジオ』(30分枠。一時40分枠の時もあり)以来の事。

1990年代前半はテレビ東京を除く民放各局で午後のワイドショーを放送していたが、『スーパーワイド』はそんな熾烈極まる激戦の中、1993年〜1994年頃までは視聴率もトップを維持していた。

番組打ち切りの決定的な出来事として、前番組『3時にあいましょう』の番組制作において、坂本堤弁護士一家殺害事件の発端となる「TBSビデオ問題」が発覚したことで、国民世論からTBSに対して社会的・倫理的な批判が集中したため、TBSが報道系ワイドショー番組から完全撤退を宣言し、同番組は改編期まで持ち応えられず、急遽1996年5月31日を以って終了した。また、これらビデオ問題の発覚は系列局にも波紋が広がり、ネット局によっては同番組放送時間を1時間に縮小(15時台のみ放送)・番組の放送自体を打ち切った局もあった。

この不祥事によりTBS及びネット局では約4か月間、同時間帯を再放送など(実質つなぎ番組)で埋めていたが、準備を経て1996年9月30日から脱報道系ワイドショーを図った生放送生活情報系ワイドショー(生活情報番組)素敵なあなた』を15:00から開始した。また、この件を受けて毎日放送は、本番組のフルネット化に際して途絶えていた14時台の自社製作ワイドショー枠を復活させ、『はーい!昼ナマ』を開始した。

司会者[編集]

期間 司会者
1992年10月 1993年3月 蓮舫 亀和田武 岡田泰典
1993年4月 1994年9月 宮崎総子
1994年10月 1996年5月 宮澤祐介
  • 蓮舫、岡田泰典は『3時にあいましょう』から続投。
  • 岡田泰典、宮澤祐介(当時)はTBSアナウンサー。

コメンテーター[編集]

1992年10月〜1993年3月[編集]

隔週出演者が多かったが、山崎哲大澤孝征塩田丸男佐藤直子ピーコは原則毎週出演していた。

1993年4月〜1993年9月[編集]

隔週出演者が多かったが、山崎哲大澤孝征塩田丸男ピーコは原則毎週出演していた。

1993年10月〜1994年3月[編集]

隔週出演者が多かったが、山崎哲大澤孝征塩田丸男ピーコは原則毎週出演していた。

1994年4月〜1994年9月[編集]

隔週出演者が多かったが、山崎哲大澤孝征塩田丸男ピーコは原則毎週出演していた。

1994年10月〜1995年3月[編集]

隔週出演者が多かったが、山崎哲大澤孝征塩田丸男ピーコは原則毎週出演していた。

1995年4月〜1995年9月[編集]

隔週出演者が多かったが、大澤孝征ピーコは原則毎週出演していた。

1995年10月〜1996年3月[編集]

隔週出演者が多かったが、大澤孝征ピーコは原則毎週出演していた。

1996年4月〜1996年5月[編集]

隔週出演者が多かったが、山崎哲大澤孝征ピーコは原則毎週出演していた。

代理のコメンテーター[編集]

構成作家[編集]

レギュラーコーナー[編集]

本日発先読み編集局(毎日14時台)[編集]

  • 大木凡人
    • 現在、午後のワイドショーで放送される夕刊コーナーの先駆けともいえるもの。番組での名前テロップにはコーナーの放送時間に因んで、午後2時半の男と表示され、コーナーの終わりには必ず「以上です、編集長!」というフレーズで締めくくって、司会者に振っていた。

ワイドショー今日は何の日(毎日15時台)[編集]

  • 大木凡人
    • このコーナーは、1993年10月から1995年3月まで行われていた。
    • 過去のその日に起こった芸能の話題を紹介するものであった。ちなみに、15時台の名前テロップは何の日マンと表示された。

辛口ピーコのファッションチェック(毎週金曜日15時台)[編集]

きく姫の!爆笑突撃ご訪問(毎週1回15時台 )[編集]

  • 林家きく姫
    • 林家きく姫は各自宅へ訪問すると必ず冷蔵庫の中身寝室のベッドをチェックしていた。

ニュースコーナー[編集]

1992年10月〜1996年3月[編集]

1996年4月〜1996年5月[編集]

歴代番組セット[編集]

1代目:1992年10月〜1994年3月[編集]

2代目:1994年4月〜1994年9月[編集]

3代目:1994年10月〜1996年3月[編集]

4代目:1996年4月〜1996年5月[編集]

  • これまで小道具の一部は前セットから流用していた物があったがこのセットではすべての物が新品を使用した。

スタジオ[編集]

この番組は、1992年10月から1994年3月までは、前身番組「3時にあいましょう」からの流れで、東京都千代田区北の丸公園にある、科学技術館内の千代田ビデオスタジオから生放送していた。

1994年4月からは、赤坂のTBS本社テレビ局舎(旧局舎)Fスタジオ(『ビッグモーニング』・『筑紫哲也 NEWS23』と一部共有)に移転。さらに、半年後の1994年10月3日からは、同日に運用を開始したTBS放送センター(ビッグハット)のCスタジオに移転された。その後1996年4月からは、Dスタジオへ移り、最終回まで続いた。

歴代エンディングテーマ曲[編集]

ネット局[編集]

ネット局では1993年10月から、15:00 - 15:55放映局14:00 - 15:55放映局(フルネットに多くの局で移行した。その理由としてスーパーワイド番組開始当初は、TBS系列の毎日放送が14時台に毎日放送制作のワイドショー(『レインボー』)を放送していた為、系列局によっては14時台はTBSでは無く、毎日放送をネットしていた局も多かった為である。またそれ以外の局でも自主制作のローカル番組や他系列の番組を放送していた。その後、1993年10月に毎日放送が午後のワイドショーから撤退した為、ほぼ全国的に『スーパーワイド』の放送時間が14:00スタートに統一した。

また、同番組には15時丁度に画面隅に番組タイトルを表示させ、飛び乗り部分が用意されていた。当初は14時のオープニングで放送されたトップニュースを15時をまたぐ形で再び放送し、その中に飛び乗りポイントを設ける形だったが、末期には、飛び乗り局が激減して配慮する必要が薄れたことと、14時台の最後の夕刊コーナーが好評のため徐々に拡大して15時をまたぐことが多くなったことから、コーナー途中に番組タイトルの字幕が出て、担当の大木凡人が記事紹介を中断し、「夕刊記事を紹介しております」と言って、飛び乗り地域に配慮する形になった。

山陰放送は前番組「3時にあいましょう」をネットしていなかったため、本番組が15時台のTBS系ワイドショー初のネットとなった。

●は毎日放送制作の『レインボー』から『スーパーワイド』のフルネットに移行した局。

放送対象地域 放送局 ネット形態 備考
関東広域圏 東京放送 フルネット 現:TBSテレビ
北海道 北海道放送 1993年10月からフルネット
青森県 青森テレビ 1996年4月からフルネット
岩手県 IBC岩手放送 1993年10月からフルネット
宮城県 東北放送 ●1993年10月からフルネット
福島県 テレビユー福島 1993年4月からフルネット
山形県 テレビユー山形 15時台のみ放送
山梨県 テレビ山梨
長野県 信越放送 フルネット ●1993年4月からフルネット[1]
新潟県 新潟放送 1993年7月からフルネット
静岡県 静岡放送 ●1993年4月からフルネット
中京広域圏 中部日本放送 現:CBCテレビ
●1993年4月からフルネット
富山県 チューリップテレビ 1993年4月からフルネット
石川県 北陸放送 1993年10月からフルネット
近畿広域圏 毎日放送 ●1993年10月からフルネット
鳥取県
島根県
山陰放送 ●1993年10月からフルネット
岡山県
香川県
山陽放送 ●1993年10月からフルネット
広島県 中国放送 ●1993年10月からフルネット
愛媛県 あいテレビ ●1993年10月からフルネット
高知県 テレビ高知 ●1993年10月からフルネット[2]
福岡県 RKB毎日放送 1993年10月からフルネット
長崎県 長崎放送 15時台のみ放送
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送 フルネット 1993年10月からネット開始・フルネット
鹿児島県 南日本放送 1993年1月からフルネット
沖縄県 琉球放送 1995年4月からフルネット

脚注[編集]

  1. ^ 1993年4月5日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  2. ^ 毎年8月は「歌って走ってキャラバンバン」を放送する為、15時台からの飛び乗り

関連項目[編集]

TBS 平日14時台
前番組 番組名 次番組
14:00 : 2時のニュース(第1期)
14:05 : 再放送枠
スーパーワイド
14:00 : 2時のニュース(第2期)
14:05 : 再放送枠
TBS 平日15時台
スーパーワイド
再放送枠